2004年06月11日

月刊と言わずしょっちゅうメディアに露出してないと困るんです!

gekkansonim.jpg

「ソニンって今、痩せてるの、太ってるの?」
「うーん……ソニンって感じ」

慢性化したソニン不足に苦しむことさえも忘れはじめた我々ソニンヲタへ投下された久しぶりの福音、それが「月刊ソニン」(新潮社)の発売でした。雑誌ではありますが、「ソニンまにあ」(光文社)に続く2冊目の写真集です。久しぶりにまとめてソニンの写真を見ましたが、やはりソニンは変わらずにソニンでした。

誌面の構成は、1ページに何本かのフィルムが並べられていて、たくさんの小さな写真が中心。そこに撮影されているのは、ツアーのリハーサルやステージ、「うたばん」企画の全国巡業、そしてソニンの自室などなど。ノーメイクのソニンがセパレートの水着(?)を着て自室のベッドに寝転んでいる写真がこの「月刊ソニン」の山場でしょうか。ただ、数をたくさん並べるよりも、厳選されたショットを大きく載せてくれたほうが個人的には嬉しかったです。

そんな僕のベストショットは、左端に「27」と書かれた後半のページでの、浴衣姿の髪の短いソニン。こういう写真を大きく載せてほしかったなぁ。

インタビュー記事での聞き役は、映画監督の天願大介。内容的には他のインタビューで既出のものがほとんどですが、恋愛について語った最後のページは一読の価値があります。ちゃんと付き合った、という相手は現在までに高校時代の1人だけなのだとか。安心するような、でもちゃんと付き合ってはなくてもいろいろとあったのかなと深読みをしたくなるような、複雑な心の動きを味わえます。

そんなわけで、強烈なインパクトには欠けるな思いつつも、結局自分がソニンヲタであることを再確認したのでした。人間である前に、ひとりのソニンヲタでありたいです。(逆だよ)

Posted by munekata at 01:16 | TrackBack

2003年11月22日

和田マネ日記が面白すぎて困るんです!

quickjapan51.jpg
読みましたよ、「Quick Japan」Vol.51。ソニンヲタ的には今号の話題はなんと言っても和田マネの新連載「和田薫芸能界日記」なんでしょうが、これがやばい。何がやばいって面白すぎる。あんまりにも面白いので誰かが代筆でもしてるんじゃないかと勘ぐったのですが、和田マネ本人が書いたとしか思えないようなテイストに溢れているんです。

この日記で和田マネは単に事務所社長&マネージャーとしての生活を語るだけではなく、キャバクラについて語り、意外にも中国映画について語り、恋人の両親に会った話まで書き、そして撮影現場でのトラブルにまで触れていて、一部のソニンファンに苦言まで呈しています。

もちろんソニンのマイナス思考にも触れていて、彼女が和田マネを怖がっていることについてはちょっと落ち込んだりも。ただこの原稿ではむしろソニンのマネージャーとしてよりも、豪胆でいて時にもろい和田薫という一個人の面白さが前面に出ています。

で、本当に「やばい」と感じさせる一番の原因ってのは、「俺らがソニンに関して感じている面白さのかなりの部分は、実は和田マネの面白さなんじゃないのか?」という疑問が湧いてくることなんですね。でもまぁ、ページをめくると載っているリリー・フランキーのコラムにはソニンが金魚を口に入れてぶっ倒れる話とか出てくるんで、そんなこともないかと気を取り直すんですが。

それぞれに因果を抱えた者たち(ソニン・和田・つんく♂・ユウキほか)が織り成す曼荼羅をより深く理解するための貴重なテキストが「和田薫芸能界日記」だと思います。

Posted by munekata at 00:38

2003年10月24日

ケンがいないと困るんです!

といっても、元EE JUMPのケンではなくクレイジーケンバンドの横山剣のこと。でも「ソニン×ケン」という文字の並びについ反応してしまう自分がいます。

要は「vita」12月号の横山剣の連載コーナーにソニンが招かれてるだけなんですけどね。

Posted by munekata at 14:04

2003年10月07日

マンガみたいな人生だと困るんです!(リターンズ)

sonimmono.jpg

単行本が発売された姫野かげまる「ソニン物語」は、ユウキの顔が誤魔化されているとか、ケンに至っては存在自体が描かれていないとか、和田マネが爽やかすぎるとか、いろいろツッコミどころはありますが、姫野かげまるが描くソニンはわりと似ていて好きです。

巻末に掲載されたソニンの生い立ちを紹介するコーナーには、デビュー後なのにアルバイトをした時の写真や、松浦亜弥がらみの人形とのツーショット、「カレーライスの女」のプロモーションビデオ撮影時の写真などが並んでいるので、その点でもファンにとってはマストアイテム決定。

Posted by munekata at 01:18

2003年09月07日

マンガみたいな人生だと困るんです!

sonimmono.jpg
10月3日に発売されるコミックス「ソニン物語」の情報が、ザッピイのサイトに続いてソニンの公式サイトにも。描き下ろし分が追加されるほか、ソニンのコメントや写真も載るそうです。

でも両サイトとも、漫画家の名前を書いてないのはかわいそうだなぁ。描いてる人は姫野かげまるで、ファンサイトのひめまる〜むを見るとポケモンのマンガも描いていた人みたいです。この人の描くソニン、わりと似ていて僕は好きです。

Posted by munekata at 04:35

2003年08月22日

ロックじゃないと困るんです!

SONIM official web siteの雑誌情報によると、9月20日発売の「ロッキング・オン・ジャパン」にソニンが登場するそうです。どういう文脈ですか。

Posted by munekata at 18:21

2003年08月17日

3冊あっても困るんです!

QJ3.jpg
いや、正直ちょっと嬉しいんですけどね。

昨日「Quick Japan」の見本誌がなぜか2冊届いたので、待ちきれずに自分で買った分と合わせて、ソニンの表紙が3つ並ぶことになりました。

Posted by munekata at 17:02

2003年08月16日

渋谷にもないと困るんです!

15日はLove Distortion IIというイベントでDJをしてきました。分別をわきまえてソニンは流しませんでした。

出番が終わったあと、会場の近くのパルコブックセンターへ行ったのですが、「Quick Japan」はまさに山積みでした。山が4つほどありました。

週明けには全国に「Quick Japan」が届いてそうですね。

Posted by munekata at 04:56

2003年08月14日

名古屋にもないと困るんです!

あー疲れた。名古屋行ってきましたよ、名古屋。

「Quick Japan」、HMV栄店に置いてありました。なんか国内盤新品CDを値引きして売るセールをやっていて、小沢健二の「Eclectic」とかブライアン・ウィルソンの「ペット・サウンズ・ライヴ」が40%引きでした。

Posted by munekata at 19:22

2003年08月12日

本屋にないと困るんです!

「Quick Japan」、ヴィレッジ ヴァンガード六本木ヒルズ店では平積みになっています。

「Quick Japan」編集部の望月さんによると、都内では明日(13日)ぐらいに店頭に並ぶのではないかという話なので、まずはお近くの本屋をチェックしてみてください。

で、僕も見本誌を待ちわびていたのですが、今日望月さんからの電話が「北尾編集長が休みでムネカタさんの住所がわからないので教えてください」という主旨のものだったので、思わずヴィレッジヴァンガード六本木ヒルズ店で見つけて買ってしまいました。

その内容は、アンドレさんの素晴らしきEE JUMP生活で詳しく紹介されています。

僕は「EE JUMP/ソニン公式音源 全作品解説」を執筆しましたが、つんく♂兄貴インタビューと同じページに掲載されています。感慨深いです。ちなみに、松本亀吉さんによる「EE JUMPコレクション1」の原稿の右上にある太文字の曲解説も僕なんで、これでリミックスを除く公式&非公式音源にすべて触れているはずです。

それにしてもこの特集、非ソニンヲタの読者にはどう思われるのかな……。

Posted by munekata at 23:37