2005年04月25日

雨が降る寒い中で突いたり蹴ったりさせられると困るんです!

トータル・ワークアウト六本木ヒルズ店のオープン記念イベントにソニンが出演するというので、昼休みに六本木ヒルズアリーナへ行ってきました。ちなみにトータル・ワークアウトがオープンした場所は、長らくシャッターが降りたままになっていたヴィレッジヴァンガードの跡地です。やっとあの場所が埋まったのか……。

事前の情報では司会は関根勤とのことでしたが、始まってみたら違う人でした。イベントでは、まずトータル・ワークアウトの代表であるケビン山崎が挨拶。彼が以前ソニンのトレーナーだった関係で、このイベントに彼女が引っ張り出されたようです。

六本木ヒルズのトータル・ワークアウトはK-1の公式ジムにもなるそうで、K-1の選手なども登場したのですが、僕は角田信朗しかわかりませんでした。そしてソニンも登場して、トータル・ワークアウトでのトレーニングの型のようなものをまず披露。突きとか蹴りとかを5人ぐらいでやっていました。

その後のトークではあまりソニンが話す場面もなく、雨が降る中で寒そうにしていましたが、終盤では人を相手に豪快な蹴りも披露。画像をクリックすると拡大しますよ。

そんなわけで、何を目指しているのかわからなかった肉体改造時代のソニンを思い出させるようなイベントでした。いや、今のソニンも何を目指しているのかよくわかりませんが……。

Posted by munekata at 22:54 | TrackBack

2005年01月22日

眉間に皺が寄りすぎていると困るんです!

050122.jpg

渋谷HMVでミニライヴと握手会。せっかくの生のイベントなのに思わず目を閉じて聴き入ってしまうぐらい、彼女のボーカルは表現力と安定感を増していました。

 ただ、披露された5曲のうち「あすなろ銀河」(→amazon.co.jp)など4曲はバラードで、しかも5曲ともソニンが眉間に皺を寄せて歌うシリアスな楽曲ばかりだったので、そろそろアッパーな楽曲も歌ってほしいところです。

 会場ではせきねさんヒラヤマさん、藤ヰさんといったソニンヲタ諸氏とご挨拶。

Posted by munekata at 01:45 | TrackBack

2004年09月18日

胸の中のジグソーパズルが埋まらないと困るんです!


puzzle2.jpg

9月16日は、タワーレコード渋谷店で「ジグソーパズル」(→amazon.co.jp)をリリースしたソニンのインストアイベント。このイベントに夫婦で参加するために、昨日「ジグソーパズル」を2枚買ったのでした。

会場ではヒラヤマさん、フジヰさん、水谷さんらソニンヲタ諸氏と合流。


それにしても驚いたのは、ソニンがバンドを従えて登場したことです。通常のライヴではいつもバックはカラオケだったので、荒いプレイながらも生で演奏される「ジグソーパズル」には思わずテンションが上がりました。しかもタンクトップ姿のソニンは乳の揺れも激しく、何のライヴだよと一瞬思ったほどです。

今日は歌わないだろうと思っていた「カレーライスの女」もバンドで披露。「ほんとはね。」だけカラオケで歌っていました。女性マネージャーさんがキーボードを弾いてくれたら生演奏になったけど、そこまではやってくれないか。

そして「日本はつくづく平和だと思う」というようなコメントの後に他人の曲を歌うと言うので、「『世界に一つだけの花』? ま、まさか『イムジン河』……!?」とか思っていたら、ジローズの「戦争を知らない子供たち」でした。微妙です。ソニンは椅子に座り、ギターの弾き語りで歌い上げていました。そして最後は再びバンドとともに、韓国語による尾崎豊の「I LOVE YOU」。


これだけでも満足度の高いイベントでしたが、今回はさらに握手会もあるのです。会場には、ソニンと握手をするファンが不埒な真似をしないか目をギラつかせる和田薫マネージャーの姿が。その和田マネにいくと水谷さんが話し掛けに行ったのにはヒヤヒヤしました。度胸あるな!

 そして僕にもソニンと握手をする番が。「僕も妻もファンで今年結婚したんです。夫婦で応援してます」と、舌を噛むことなく無事に言えました。ただ、「僕」で妻を指差し、「妻」で自分を指差してしまった程度には緊張したんですけどね。「嬉しいです!」と手に力を入れてくれたソニンは、本当にファンに丁寧に応対してくれる人だなぁ……。

こうして僕たちは、躁状態気味になって会場を後にしたのでした。


終了後、興奮の反動で抜け殻のようになっていたらしいりえさんと合流し、水谷さん、いく、僕の4人で食事。いやー、ソニンって本当に素晴らしいですね。

Posted by munekata at 03:48 | TrackBack