2004年03月19日

名作PVの数々を忘れ去られると困るんです!


sonim_collection.jpg

公式サイトがリニューアルしたソニンのDVD「ソニンコレクション」(→amazon.co.jp)の予約特典は、収録されている7曲のシングルのポスターセット。予約してなくてももらえるだろうと考えて、ポスターがでかいと大変だからと家の近所のCD屋へ買いに行ったのですが、入荷しているはずの商品自体がありませんでした。そして店員はなんと「もう予約でいっぱいでして……」と言うじゃないですか。こ、この街のどこにそんなにソニンヲタが!? 結局、渋谷のタワーレコードへ行ったら、予約特典のポスターもしっかりもらえました。渋谷まで行った甲斐があった。

「ソニンコレクション」はEE JUMP時代からソロまでのシングルのうち7曲のプロモーションビデオを収録したDVD。僕にとっての目玉は、なんといってもこれまで見たことがなかった「LOVE IS ENERGY!」と「HELLO! 新しい私」で、これを見ることができただけでも買った甲斐がありました。以下、ミムさんのソニン特集のキャプチャ画像を参照してください。

デビューシングル「LOVE IS ENERGY!」は、ニューヨークのダウンタウンみたいな場所で撮影されたPV。グラフィティ!スケボー!ダンス!といった感じのヒップホップなブラザーたちに囲まれたソニンとユウキが実に初々しいです。後にいろいろあるせいで、ユウキが自転車に乗って街にEE JUMPシールを貼りまくっていると「すでに非行を!」とか思っちゃいますが。

それにしてもここでのソニンは可愛い。もう何の芸もなく書いちゃいますが可愛いんです。現在はいろんな意味で肉体派になってしまった彼女ですが、この頃はまるで別人(現在は可愛くないという意味では決してない)。SPEEDに憧れてオーディションを受け、デビューするために朝鮮人学校をやめて上京してきた時代の彼女の姿は、希望に溢れていてまぶしいぐらいです。その後のソニンを待つ運命を考えると涙が出てきそうですが、ここで泣いてると話が進まないので次に行きます。

「HELLO! 新しい私」は、ショップのシーンの洋服のカラフルさとダンスシーンの背景のモノトーンがうまくアクセントになっている作品です。楽曲のグルーヴに合った編集も秀逸。そしてここでのソニンときたら、「LOVE IS ENERGY!」のときよりも可愛いのです。たぶん一番痩せていた時期だと思うのですが、とにかく華奢。誰なのかと思うほどです。肌というかメイクが今のミムラっぽいのもいいなぁ。

また、みのすさんがユウキが可愛いと指摘していましたが、まったく同感。後藤真希ファンの皆さんも後学のためにこのDNAの奥深さを確認しておくことをお勧めします。後にいろいろあるせいで、彼が店にいるだけでなんだか万引きしそうだと思っちゃいますが。

「HELLO! 新しい私」以降はすべて竹石渉による監督作品で、どれも程度の差こそあれアイデアが練られていて、そして馬鹿馬鹿しいテイストが織り込まれた、よくできた作品ばかりです。ソニンファンは全員思っていることでしょうが、これであとはシングル全曲のPVを収録してくれていたら文句はなかったのになぁ。

Posted by munekata at 04:37 | TrackBack