2003年12月24日

試聴だけで満足できると困るんです!

sonim_5th.jpg
メリークリスマス! 携帯サイトの会員の皆さんには、ソニンからのクリスマスメッセージが爆送された頃だと思います。

そしてSONIM official web siteでは、こっちでも「ソニンからのクリスマスプレゼント」として「ほんとはね。」の試聴がスタートしました。携帯サイトの会員向けに数日前にも携帯電話で聴ける試聴が始まったのですが、あまりにも音質が悪くて、歌っているのがソニンなのかどうかも良くわからない状態。しかし、今回の試聴ではかなりクリアな音質で聴くことができます。しかもファイルは約2分間という長さ。インディーズだからな!

そして肝心の歌なのですが……これが驚いてしまうほど良いです。こういうバラードでの彼女の巧みなボーカルのコントロールに、思わずゾクッとしました。これはたぶん僕がマジヲタだからという理由だけではないと思います。2月11日の発売が楽しみです。

Posted by munekata at 16:59

2003年12月23日

来年の先行きが見えないと困るんです!

先日の「第2回ハロプロ楽曲大賞2003」にご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。しかしソニンの場合、最高が「合コン後のファミレスにて」の43位とは……。

そんなわけで、ステージ上で話す番が回ってくるや怒り出した僕ですが、あのステージでも言っていたようにイベントのために2003年のソニンの活動をまとめて行ったんですよね。結局あの場で使わなかったので、ここに貼り付けておきます。

アンドレさんのHOP STEP EE JUMP!、みのすさんのEE!JAPANも参照させていただきました。間違いもたくさんあると思うので、このデータについてはご自由に転用して加筆したり訂正したりしてください。

1/11 ドラマ「高校教師」放送スタート
3上 サンスポのジミー情報で成宮寛貴との仲を噂される
3/10 20歳の誕生日
4/16 シングル「東京ミッドナイト/ロンリネス夏が来ない」発売(初登場7位)、池袋イベント
4/29 「徹子の部屋」出演
5上 「華」のCM「「売れないと困るんです!」放映
5/14 アルバム「華」発売(初登場5位)
5/18 「おおいた 緑・香り 夢フェスタ'03スーパーライブ!!」出演
5/19 「笑っていいとも」テレフォンショッキング出演
5下 えなりかずきがソニンに失恋して喫煙と報道される
6/6 「ソニン 1st Concert Tour 華」南足柄文化会館でスタート
7/6 ドラマ「元カレ」放送スタート
7/13 「ソニン 1st Concert Tour 華」渋谷AX
7/25 「ソニンまにあ」 発売
7/29 「LIVE GIRLPOP FACTORY 03」出演
7末 「GIRL POP」で「師匠と呼ばせて!」連載開始
8中 「クイック・ジャパン」Vol.50ソニン特集号発売
8/22 「UNDER-CDTV」で「合コン後のファミレスにて」初披露
8/27 コナミ「キャッスルヴァニア」イメージキャラクタとして起用
9 ソニンモデルギター発売
9上 「キラリ!」10月号にユウキがヘアモデルとして登場
9上 右腕を負傷
9/14 「ソニンスーパーライブ若狭路博2003」出演
9/20 NHK-BS2「夜更かしライブ缶 ソニン ミッドナイトロンリーガール」放送
10/3 「ソニン物語」単行本発売
10/8 シングル「合コン後のファミレスにて/ADA BOY & DA GIRL」発売(初登場9位→翌週30位)
10上 「キャッスルヴァニア」のソニンポスター差し替え
10中 「あゝ!一軒家プロレス」の情報が公開される
10中 「週刊女性」に現在のユウキについての記事
10/24〜11/21 学園祭ツアー
11中 「Quick Japan」Vol.51で和田マネの「和田薫芸能界日記」連載開始
11末 「ソニン好きに30の質問」
11/30 「キャッスルヴァニア」イベント
12上 次のシングルはインディーズ流通とのアナウンス

Posted by munekata at 20:53

2003年12月19日

flyer.jpg
12月20日(土曜日)に新宿ロフトプラスワンで開催される「第2回ハロプロ楽曲大賞2003」に出演させていただきます。

僕が話すようにピロスエさんから頼まれたテーマは、皆さんのお察しの通りソニンについて。 「そもそもあのイベントに集まる人々はソニンの話を聞きたいのか?」という根本的な疑問は全力で頭から追いやることにします。

土曜日の深夜24時からという時間帯のイベントですがよろしくお願いします。

Posted by munekata at 16:17

2003年12月07日

インディーズ展開の情報にクラクラして困るんです!

2004年2月11日発売のソニンの新曲「ほんとはね。」はより子。のカバー、そして発売元がハーモニーレコード、販売元がスリーディーシステムによるインディーズ流通

和田マネが新たに一発仕掛けてきやがった! そんな感じです。トイズファクトリーの契約更新問題はすでに公表されていましたが、まさか本当にインディーズから発売することになるとは。

たしかにトイズファクトリーでは、かつてEE JUMPの「EE JUMPコレクション1」が発売中止になるという大惨事が発生。そして、常にベスト10入りしていたソニンのソロ作品にしても、DVD付きながら安い価格で発売したり、テレビCMを放送したりしていたことを考えると、投資に対して期待されるほど大きな利潤を生み出してこなかったのでは、とも思います。

しかしこれだけ知名度もメディア露出もあるアイドルがインディーズに移るのはまさに異例。トイズファクトリーとの契約が更新できなかったにしても、移籍先になる他のレコード会社はあるでしょうし、そもそも同じアップフロントエージェンシー系列のレコード会社に移籍する手もあったはずです。

ところが和田マネはそれをあえて選択しなかった。その辺に彼の狙う「仕掛け」を感じるわけです。おそらく和田マネはこの展開で、ソニンに対して新たな「物語」を付与しようとしています。

正直、結局またすぐにメジャー流通のレコード会社に復帰するのでは、という予感もするんですよね。しかし、たぶんトイズファクトリーとの契約が切れた直後にインディーズでシングルを発売するという戦略には、和田マネのギラギラした目つきを感じずにはいられません。

ただし。もしもつんく♂の手から離れるのなら、音楽面のプロダクションはしっかりしてほしいです。ソニンが以前ほどチャートの高い部分に登場しなくても僕は構わないけれど、インディーズに移って楽曲やサウンドのレベルが落ちたのでは洒落にならないんで。

Sonim Blogは今後もソニンを断固支持します。

Posted by munekata at 15:55