2003年10月24日

ケンがいないと困るんです!

といっても、元EE JUMPのケンではなくクレイジーケンバンドの横山剣のこと。でも「ソニン×ケン」という文字の並びについ反応してしまう自分がいます。

要は「vita」12月号の横山剣の連載コーナーにソニンが招かれてるだけなんですけどね。

Posted by munekata at 14:04

2003年10月20日

期待通り過ぎて困るんです!

そういえば、この間ukitさんのサイトに「週刊女性」にユウキ記事が載ってるという情報があったので誌面を確認してみました。

記事は「ユウキがいてもいなくても困るんです!」で紹介した例の「キラリ!」10月号のモデル写真についてのもので、「週刊女性」の記者はなんとユウキの自宅を訪問。居ないとなると今度は近所に聞き込みをして、「この間まで鳶をやっていた」「友達とつるんで自転車でウロウロしていた」という、あまりにも我々の期待通りの情報を得ていました。下町育ちの僕だから。

そして「週刊女性」は、ユウキをカットした美容師にまで直撃(すげぇな)。ユウキは表参道で普通にスカウトされてモデルになったとのことです。なんていうか、ユウキ周辺へ迫る女性週刊誌のパワーを見せつけられた気になりましたね。

Posted by munekata at 22:09

2003年10月13日

デコッパチだと困るんです!

ここ数日出演ラッシュだったソニン。「Matthew's Best Hit TV」と「志村流」を見逃した悲劇を繰り替えさないため、片っ端から録画です。

10月9日 TBS「うたばん」

ソニンの出演部分には、濁っていて相手に食いかかりそうな目をした和田マネが例によって登場。いろいろ理由をつけながらオフの日のソニンを尾行していて、「ソニンは渋谷にいても誰にも声をかけられない」という秋の風が身にしみる事実だけが残りました。

10月10日放送 日本テレビ「FUN」

sonim_14_years_old.jpg

かつてオデコを出した髪型だったために「デコッパチ」呼ばわりされたソニンが、イメージ一新のため前髪を伸ばしたのが、今回掲げたこの画像の髪型。「これはヤバい」と見た瞬間に感じさせる何かを内包するヘアスタイルです。

10月10日放送 TBS「U-CDTV」

以前この番組の企画で出産を手伝った(さらりと文章に書けてしまうが冷静に考えるととんでもない企画)夫妻の家を訪問し、その時に生まれた子供の一日ママさん役を引き受けるソニン。昼寝をしたがらない子供に、ソニンはヤケになったのか「合コン後のファミレスにて」を歌い、結局昼寝させることを諦める事態になるのでした。

10月11日放送 NHK「ポップジャム」

収録時の模様は「お父さんが怒ると困るんです!」に。トークはやはり編集されてましたね。ソニンの登場時に3階席から僕が我を忘れて絶叫した「ソニーン!」という声も、いきなり歌から始まっていたので当然放送されることはありませんでした。

Posted by munekata at 04:06

2003年10月11日

インチキ療法だと困るんです!

帰宅して食事をしながらTBSの「中居正広の金曜日のスマたちへ」を見ていたんですが、その番組の「夏に海の家としてうなぎ屋を開いたものの苦労の連続」みたいな企画に、どこか、いや明らかに見覚えのある人物が登場しました。

彼の名は、ディレクターの渡辺直道さん(下の名がちょいあやふや)。そう、彼は昨年「うたばん」や「深夜の星」で放送された、ソニンのドミノテラピー企画(『小心者の杖日記 2002年11月』の21日分をご参照ください)に「ドミノテラピー研究者」として登場していた人物でした。忘れてねぇぞ、そのヒゲ!

放送された後に「ドミノテラピー」や「ドミノテラピー 渡辺」をGoogleで検索しても、モーヲタかソニンヲタのサイトしか出てこないので怪しいとは思っていましたが、やはり。

「じゃあ、あのソニンの発狂や嗚咽や苦悩はなんだったの?」

今となってはどうでもいいことじゃないですか。だって僕は、あの日床に転がって錯乱し、嗚咽し、なぜか笑い、小刻みに痙攣するソニンを見てから、彼女から目を離せない体になってしまったんですから――。

Posted by munekata at 03:14

2003年10月09日

ラストシングルだと困るんです!

031007.jpg
「合コン後のファミレスにて」は、「まともに恋愛もしたことないから 一度や二度Hした相手を 本気になっちゃうのね」という歌詞に気をとられてしまいがちですが、CDで改めて聴いてみると実によくできたフォークロック・ナンバーでした。ちなみに観客の歓声も楽曲の一部という擬似ライヴ音源。

アコースティック・ギターをつんく♂が弾いているのにも驚きましたが、他にも元ORIGINAL LOVEの小松秀行がベース、数々のセッションで知られる中西康晴と佐野康夫がそれぞれピアノとドラムを担当しています。ちなみに中西康晴と佐野康夫もORIGINAL LOVEのレコーディングに参加しているので、思わぬところにソニンと田島貴男を結ぶ線が。

賛否が分かれる身も蓋もない歌詞にしても、描写の細かさとユーモアがいい具合に同居していて、僕はかなりつんく♂の本気を感じます。バックの熟れたプレイとソニンの達者なボーカルがうまく噛み合っていて、ソニンの作品としてもつんく♂ワークスとしても、意外なほど新鮮でした。つんく♂の公式サイトでのコメントの「フォッ、フォッ、フォッ、フォッ、フォッ」もこの出来なら許しましょう。

EE JUMPの幻の未発売アルバム「EE JUMPコレクション1」の収録曲だった「ADA BOY & DA GIRL」も、カップリングとして遂に陽の目を見ました。EE JUMP史上最強のグルーヴ・チューンであるこの曲を、正規音源のクリアな音で聴くとなんか不思議な気分。そして、最近のつんく♂ラップはなんであんなに声を潰しているのかは、それ以上に不思議です。

初回限定盤のDVDでは、ステージ前にいるukitさんの姿を激しく確認しました。

あと、3日に放送された「ソニンのオールナイトニッポンフライデースペシャル」では、トイズファクトリーと契約を更新していないと話していたとか。そりゃもう僕はソニンがソニンである限り彼女を支持しますが、アンドレさんも書いていたように、やはり彼女の歌が聴けなくなったら残念です。

なにしろ僕は、ファンの間でも賛否が分かれるこの「合コン後のファミレスにて」をとても気に入っているのですから。

Posted by munekata at 03:11

Plumpだったら困るんです!

ソニンのポスター差し替え問題は、Video-fenkyを通して海外の人々のもとにまで

コメント欄を見てみると、「plump」なんて単語があったり、こんな画像があったりして大変です。

Posted by munekata at 00:04

2003年10月07日

マンガみたいな人生だと困るんです!(リターンズ)

sonimmono.jpg

単行本が発売された姫野かげまる「ソニン物語」は、ユウキの顔が誤魔化されているとか、ケンに至っては存在自体が描かれていないとか、和田マネが爽やかすぎるとか、いろいろツッコミどころはありますが、姫野かげまるが描くソニンはわりと似ていて好きです。

巻末に掲載されたソニンの生い立ちを紹介するコーナーには、デビュー後なのにアルバイトをした時の写真や、松浦亜弥がらみの人形とのツーショット、「カレーライスの女」のプロモーションビデオ撮影時の写真などが並んでいるので、その点でもファンにとってはマストアイテム決定。

Posted by munekata at 01:18

2003年10月06日

ファミコンプラザさんからの情報がなかったら困るんです!

いろいろとネタはありますが、「差し替えられると困るんです!」の続報について。

ファミコンプラザ的 ゲーム最新情報によると、「基本的にソニンを採用し続ける事は間違いないようです。もう少し可愛く撮れている写真と交換するという事のようです」とのこと。

ファミコンプラザさんありがとうございました、安心しました。

Posted by munekata at 03:51

2003年10月03日

差し替えられると困るんです!

gameonlineに「『キャッスルヴァニア』の店頭用ポスターが差し替わる!?」という記事が。ここで紹介されている理由は本当なんですかね……。

Posted by munekata at 15:24