2005年01月14日

9分もあるPVがすごいシロモノで困るんです!


asunaro.jpg

ソニンのニューシングル「あすなろ銀河」は、公式サイトでビデオクリップのフルバージョンが公開されています。見終わった直後に、軽く混乱してしまうようなシロモノでした。

 ソニンが演じるのは盲目の少女。あざといなぁとは思いましたが、それよりこれ、9分もあるドラマ仕立ての作品なんです。マイケルかよ!

 相手役の男性の演技は下手だし、話の筋もベタで荒いんですが、冬の空や部屋の中など日常の風景を鮮やかに切り取った映像と、ヤバさを感じさせるほど役の世界に入り込んだソニンの演技が、この9分間を重みのあるものにしています。そして、展開の過剰さゆえに変な磁場を生み出しているというか。楽曲自体にはあまり魅力を感じない「あすなろ銀河」ですが、このビデオクリップを見たら、まんまとグッときてしまいました。監督は、これまでの作品と同じく竹石渉なんですかね。

 相手役の男性は、僕の脳内で完全にユウキに変換されました。ええ、一目見た瞬間に。でもよく考えてみたら、彼はソニンと同じ事務所のオミなんですね。公式サイトの「現在のところ、出演予定はありません」という文字が悲しいです。

 そして、予算も手間もかかった9分ものビデオクリップを現在のソニンのために制作してしまう、和田薫社長勝負師(ギャンブラー)ぶりにも感服しました。負けたよ……! 安めぐみが稼いだ金を、湯水のようにソニンに費やしてほしいです。

 年末年始にソニンが全然テレビに出なかったので、彼女への熱もすっかり冷めていたのですが、このビデオクリップを見て俄然ヒートアップしてきました。この熱で冬を乗り切ります。

Posted by munekata at 2005年01月14日 03:07 | TrackBack