小心者の杖日記

2014年9月15日

最近聴いていたCD、レコード、配信音源、見ていたBlu-ray、DVD

 この「小心者の杖日記」の更新がどうしようもない状態で停滞していた間に聴いていたCD、レコード、配信音源、見ていたBlu-ray、DVDです。記録していないと、自分が一番困るんですよね......。大きな変化は、ハイレゾ音源を聴くためにD/Aコンバーターを導入したことと、それに伴いCDを買うことに迷いが生まれたことでしょうか。これについて書くと長くなるの。あと、2014年とは思えないほどレコードが多いです。抜けや漏れもあると思いますので、気づき次第追加します。


買ったCD
Caetano Veloso「Multishow Ao Vivo Caetano Veloso Abracaco」
Hassan Hakmoun「Unity」
Hassan Hakmoun「Bab Allah」
Seun Kuti & Egypt 80「A Long Way To The Beginning」
Tinariwen「Emmaar(エンマ~灼熱の風~)」
Yildiz Usmonova「Mendek Sevdaolasizm?」
King Wasiu Ayinde Marshal「Sunsplash」
オムニバス「Nostatalgique Vietnam(在りし日のヴェトナム)」
Virginia Lopez「La Voz De La Ternura(プエルト・リコのボレーロ姫)」
Taxi Saudade「Ja-Bossa」
司家征俊、五月家音若、初音家かをる「音頭往来 LIBERONDO」
本家秋月会(秋月八重丸、秋月勝衛丸)「秋月八重丸 五十周年 記念音頭 河内音頭 八田荘地車祭」
Fabrizio de Andre「Creuza de Ma 30 anni DX-edition」
オムニバス「Pop Africa 800 Sampler」(荻原和也『ポップ・アフリカ800 アフリカン・ミュージック・ディスク・ガイド』EL SUR RECORDS特典)
Dr. John「Ske-Dat-De-Dat...The Spirit Of Satch」
Ben Watt「Hendra」
Beck「Morning Phase」
St. Vincent「St. Vincent」
Owen Pallett「In Conflict」
Hauschka「Abandoned City」
Paul Rodgers「The Royal Sessions」
XTC「Skylarking (corrected polarity edition)」
Talking Heads「Live Chicago 1978」
The Rolling Stones「Grrr!: Deluxe Edition」
オムニバス「アメリカン・ミュージックの原点」
Patti Page「Early Years On Mercury(ニッポン人が愛したパティ・ペイジ)」
冨田勲「展覧会の絵 Ultimate Edition」
加藤和彦「バハマ・ベルリン・パリ 加藤和彦ヨーロッパ3部作」
大滝詠一「EACH TIME 30th Anniversary Edition」初回仕様限定盤
高橋幸宏&METAFIVE「TECHNO RECITAL」
矢野顕子「飛ばしていくよ」
鈴木博文「Dog Works Vol.2 Hirobumi Suzuki x Goinen Hoshino 『miting. vol.5』 ああ詞心、その綴り方、リターンズ Jun 29 2013 MUSIC BAR 道」
あがた森魚「すぴかたいず」
渡辺勝「ミナトの渡辺勝ショウ」
佐野元春&雪村いづみ「トーキョー・シック」CD+DVD
T. Mikawa「Bloody, Innocent And Strategic」
T. Mikawa「Betrayal is Spasmodic」
オムニバス「サエキけんぞうPRESENTS ハレはれナイト+7」
クレイジーケンバンド「Spark Plug」初回限定盤
玉置浩二「GOLD」初回生産限定盤
岡村靖幸w小出祐介「愛はおしゃれじゃない」
曽我部恵一「まぶしい」限定盤
山田稔明「緑の時代」
西寺郷太「TEMPLE ST.」
KIRINJI「11」初回限定盤
坂本慎太郎「ナマで踊ろう」初回盤
きゃりーぱみゅぱみゅ「ピカピカふぁんたじん」
tofubeats「Don't Stop The Music」初回生産盤CD+ソノシート仕様
tofubeats「ディスコの神様」初回限定CD+カセット
スカート「サイダーの庭」
スカート「サイダーの庭 [Bonus Disc: Instrumental]」
スカート「COMITIA 109」
神聖かまってちゃん「フロントメモリー」
神聖かまってちゃん「ズッ友」
神聖かまってちゃん「英雄syndrome」初回盤CD+DVD
アーバンギャルド「鬱くしい国」通常盤/初回限定盤
(M)otocompo「OK SKA ep」
xxx of WONDER「WONDER of WONDER」
グレンスミス「Stevenson Screen」
とんちピクルス「この世の崖」
とんちピクルス「昔の女」
滝沢朋恵「私、粉になって」
Shiggy Jr.「Listen To The Music」
大友良英スペシャルビッグバンド「ええじゃないか音頭」
オムニバス「高野寛ソングブック: TRIBUTE TO HIROSHI TAKANO」
オムニバス「SAKUMA DROPS」
椎名林檎「逆輸入 ~港湾局~」初回生産限定盤
GREAT 3「愛の関係」
禁断の多数決「エンタテインメント」
ECD「FJCD-015」
stillichimiya「死んだらどうなる」
狐火「31才のリアル」
倉内太「ペーパードライブ」
三輪二郎「III」
蓮沼執太フィル「時が奏でる」
吉田ヨウヘイGroup「Smart Citizen」
エマーソン北村「遠近 (おちこち) に」
ハンバートハンバート「むかしぼくはみじめだった」
石橋英子「car and freezer」
SIMI LAB「Page2: Mind Over Matter」初回限定盤
にげたひつじ「nigetahitsuji」
にげたひつじ「nigetahitsuji [タワーレコード オリジナル特典音源]」
Vampillia「The Divine Move」
ゆり花「daughters」
寺嶋由芙「#ゆーふらいと」通常盤/初回限定DVD盤/初回限定ビジュアル盤
寺嶋由芙「カンパニュラの憂鬱」通常盤/初回限定盤A/初回限定盤B
寺嶋由芙「好きがはじまる」
BiS「FiNAL DANCE / nerve」通常盤/MUSIC VIDEO初回盤/LIVE初回盤
BiS「WHO KiLLED IDOL?」通常盤/MUSIC VIDEO初回盤/映画初回盤
BiS「うりゃおい!!!」愛しの愛DOLL BOXセット
BiS階段「BiS階段<箱盤>」
LUI◇FRONTiC◆松隈JAPAN「JAPONiCA!!」
エレクトリックリボン「steal me」
エレクトリックリボン「波音チューニング」
クルミクロニクル「Second Spring EP」
クルミクロニクル「17」
クルミクロニクル「Touch Me」
lyrical school「brand new day」初回限定盤A/初回限定盤B
lyrical school「FRESH!!!」通常盤/初回限定盤
ゆるめるモ!「Electric Sukiyaki Girls」
ゆるめるモ!「Unforgettable Final Odyssey(忘れがたき最期の旅路)」
でんぱ組.inc「Dear☆Stageへようこそ~武道館LIVE記念限定盤~」
Perfume「Cling Cling」初回限定盤
武藤彩未「永遠と瞬間」セブンティーン盤
じゅじゅ「呪呪」
Especia「GUSTO」CD+LIVE DVD盤
GALETTe「じゃじゃ馬と呼ばないで / Candy Pop」Type-A
ナンバタタン「ガールズ・レテル・トーク」初回盤
花澤香菜「25」初回生産限定盤
ワンリルキス「realize!!」
星野みちる「E・I・E・N VOYAGE」
アップアップガールズ (仮)「セカンドアルバム (仮)」初回限定盤
アップアップガールズ (仮)「サマービーム! アプガの夏Mix」
ぱいぱいでか美「PAINPU」
ぱいぱいでか美「レッツドリーム小学校」
ベッド・イン「ワケありDANCEたてついて / POISON ~プワゾン~」
Peach sugar snow「人魚 ~泡になって消えても~」
RYUTist「Wind Chime! ~街のトンネル~」
松田聖子「SEIKO STORY 80's HITS COLLECTION」


その他聴いたCD
オムニバス「The Rough Guide To Calypso Gold(カリプソ黄金時代)」
オムニバス「Angola Soundtrack 2: Hypnosis, Distortions & Other Sonic Innovations 1969-1978」
Baris Manco「Yeni Bir Gun」
オムニバス「ぞめき 伍 個性派 徳島 高円寺 阿波おどり個性派」
カーネーション「Living / Loving」
カーネーション「Super Zoo!」
Buffalo Daughter「Konjac-tion」
シネマ「サイエンス・フィクション・マン」
杉真理「Strings of Gold」
DJまほうつかい「Ghosts in the Forest EP」
ハンサムケンヤ「アムネジア」
柴山一幸「君とオンガク」
NONA REEVES「FOREVER FOREVER」
bonobos「HYPER FOLK」
ふぇのたす「胸キュン'14」
SISTERJET「XXX」
リンダ3世「VIVA! リンダ3世」
うどん兄弟「ラストアルバム Vol.1」
Nachiko「薬屋の娘/ナチコ・ファースト +1」
Nachiko「お花畑は水びたし/ナチコ・セカンド+3」
Nachiko「髪舞/ナチコ・サード+2」
ASA「Bed Of Stone」
Bongeziwe Mabandla「Umlilo」
Ayo「Ticket To The World」
Adrian Raso & Fanfare Ciocarlia「Devil's Tale」
Penguin Cafe「The Red Book」
AZUMI「夜なし」
オムニバス「大東京ジャズ (Jazz in the Great Tokyo 1925-1940)」
オムニバス「六区風景 想ひ出の浅草 (Old Japan's Entertainment District)」
佐藤允彦&Lauren Newton「Skip the Blues」
Oncenth Trio「Philosophy Of The Secret」
たんきゅん「百物語の約束」
たんきゅん「JCJC」
spoon+「eat」
ソウル・フラワー・ユニオン「UNDERGROUND RAILROAD」
Controversial Spark「Section I」
大森靖子「きゅるきゅる」初回限定紙ジャケット仕様
空気公団「音街巡旅 I」
箱庭の室内楽「Friends」
さよならポニーテール「新世界交響楽」期間生産限定盤/初回仕様限定盤
中塚武「Disney Piano Jazz "Happiness"」
中塚武「Swinger Song Writer -10th Anniversary Best-」
在日ファンク「笑うな」
THE COLLECTORS「鳴り止まないラブソング」
エミ・マイヤーと永井聖一「エミ・マイヤーと永井聖一」
ayU tokiO「恋する団地」
柴田聡子「いじわる全集」
北村早樹子「卵のエチュード」
濵田理恵「ダリエ百葉窓」
田中茉裕「I'm Here」
AZUMA HITOMI「CHIRALITY」
モモナシ「贅沢な時間」
濱口裕自「濱口裕自フロム・カツウラ」
オムニバス「ヤバ歌謡 SUPER NONSTOP MIX ~ Mixed by DJフクタケ」
スーマー「Minstrel」
a harvest garden「ほらごらん」
アカシック「コンサバティブ」
Color Code「I LIKE DAT」
ぽわん「BLUE」
Arth「Dragon Planet」
TRUSTRICK「Eternity」
雪乃「A -エース-」
グッドモーニングアメリカ「inトーキョーシティ」
rieco「So right」
I Don't Like Mondays.「Play」
Mary's Blood「Countdown to Evolution」
北園みなみ「Promenade」
オムニバス「KGY ワンダーランド Vol.1」
東京パフォーマンスドール「BRAND NEW STORY」
小桃音まい「ダンシング☆ハイスクール」
palet「VICTORY」
Ready Candy Camp「サンプラー」


ヲタ仲間からもらったCD
Dorothy Little Happy「sky traveler」Type C
Dorothy Little Happy「STARTING OVER」CD+DVD/mu-mo、イベント会場限定盤
でんぱ組.inc「サクラあっぱれーしょん」通常盤
LUI◇FRONTiC◆松隈JAPAN「JAPONiCA!! 2」
Lucky Color's「LADY POWER」
チームしゃちほこ「いいくらし」初回限定【乙女盤】
みきちゅ「アイドルの秘密」
小池美由「宇宙かくれんぼ」初回盤ピンク
Chu-Z「Chu-Z My Music」
GALETTe「Brand-New Style / ダンスフロア☆フィーバー」B Type
AKB48「上からマリコ」劇場盤
AKB48「GIVE ME FIVE!」劇場盤
AKB48「さよならクロール」劇場盤
渡り廊下走り隊7「少年よ 嘘をつけ!」通常盤
HKT48「桜、みんなで食べた」劇場盤
乃木坂46「夏のFree & Easy」通常盤
アフィリア・サーガ「マジカル☆エクスプレス☆ジャーニー」通常盤B/通常盤C
東京女子流「Partition Love」Type-D


買った中古CD
African Jazz Pioneers「Sip 'n Fly」
アポジー&ペリジー「超時空コロダスタン旅行記」


買ったアナログ盤
トーニャハーディング「spa wars」
あがた森魚「夢が叶えられる街では」
あがた森魚「悪魔ニナル練習」
曽我部恵一「それはぼくぢゃないよ」
曽我部恵一とパラダイスバンド「汚染水」
サニーデイ・サービス「アビーロードごっこ」
スカート「ひみつ」
大森靖子「PINK」
大森靖子「魔法が使えないなら死にたい」
大森靖子「ミッドナイト清純異性交遊」
大森靖子「君と映画」
OKI DUB AINU BAND「Suma Mukar / Sakhalin Rock」
朝崎郁恵「よいすら節」
ミツメ/スカート「カーネーショントリビュートEP1 なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの?」
うどん兄弟 WITH カメラ=万年筆/曽我部恵一「カーネーショントリビュートEP2 EDO RIVER」
ヤングサウンズ「ヤングサウンズのDISCO / ヤングサウンズのテーマ」
BiS階段「BiS階段」(フランス盤)
BiS「WHO KiLLED IDOL?」
ライムベリー「フロム東京」
ライムベリー「ウインタージャム」
Negipecia「Girl's Life」
星野みちる「雨の中のドリーマー」
東京女子流「existence」
東京女子流「GAME」
チームしゃちほこ「いいくらし」


買った中古アナログ盤
とんちピクルス「RECODAS」
さそり座「おいでブランコリー」


聴いたカセットテープ
オムニバス「カセット・レボリューション vol.1」


iTunesで買った配信音源
The Beatles「The Beatles Bootleg Recordings 1963」
Blur「Parklive」
朝崎郁恵&高橋全「海美~AMAMI」
Only Love Hurts「愛のキサナドゥ~地球防衛未亡人のテーマ」
神聖かまってちゃん「ロボットノ夜」
くるり「ロックンロール・ハネムーン」
くるり「ロックンロール・ハネムーン tofubeats remix」
ユフマリ「HOTARU」
バンドじゃないもん!「もっと愛しあいましょ」
呑みドル愛子「ノミタリアン女子」


iTunesで聴いた配信音源
The Rolling Stones「Sweet Summer Sun, Live in Hyde Park 2013」
U2「Songs of Innocence」


OTOTOYで買ったハイレゾ音源
大森靖子「大森靖子 at 富士見丘教会 (5.6MHz dsd + 24bit/48kHz)」
BELLRING少女ハート「Killer Killer EP(24bit/48kHz)」


OTOTOYで買ったハイレゾMVシングル
ソウル・フラワー・ユニオン「風狂番外地」


買ったBlu-ray
Perfume「Perfume Clips」初回限定盤

見たBlu-ray
冨田勲「イーハトーヴ交響曲 SYMPHONY IHATOV」


買ったDVD
BiS「BiSなりのオールナイトニッポンDVD」


その他見たDVD
オムニバス「iDOL NEWSiNG」1


アブラサッソ・ライヴ

ユニティ

ロング・ウェイ・トゥ・ザ・ビギニング?始まりへの長い道のり(解説、歌詞対訳付き)

Emmaar

メンデク・セヴァオラシズム?

在りし日のヴェトナム 1937?1954

プエルト・リコのボレーロ姫

JA-BOSSA

音頭往来 LIBERONDO

河内音頭 八田荘地車祭

Creuza De Ma

ポップ・アフリカ800 アフリカン・ミュージック・ディスク・ガイド

Ske-Dat-De-Dat: Spirit of Satch

Hendra

Morning Phase

St. Vincent
In Conflict

Royal Sessions

Skylarking (corrected polarity edition)

LIVE CHICAGO, 1978

Grrr!: Deluxe Edition

アメリカン・ミュージックの原点(2CD/リイシュー)

ニッポン人が愛したパティ・ペイジ

展覧会の絵 ultimate edition

バハマ・ベルリン・パリ~加藤和彦ヨーロッパ3部作 (CD3枚付)

EACH TIME 30th Anniversary Edition

TECHNO RECITAL(初回限定盤)

飛ばしていくよ

Dog Works vol.2 Hirobumi Suzuki × Gainen Hoshino 「miting vol.5」ああ詞心、その綴り方、リターンズ Jun 29 2013 MUSIC BAR道

すぴかたいず

ミナトの渡辺勝ショウ

トーキョー・シック(DVD付)

BLOODY, INNOCENT AND STRATEGIC

サエキけんぞうPRESENTS ハレはれナイト+7

Spark Plug (初回限定盤)(DVD付)

GOLD(初回生産限定盤)(DVD付)

愛はおしゃれじゃない

まぶしい(限定盤)

緑の時代

テンプル・ストリート

11(初回限定盤)(DVD付)

ナマで踊ろう(初回盤)

ピカピカふぁんたじん (通常盤)

Don't Stop The Music (初回限定盤:CD+ソノシート)

ディスコの神様(初回限定盤)

サイダーの庭

フロントメモリー

ズッ友

英雄syndrome(初回限定盤)

鬱くしい国(初回限定盤)(DVD付)

鬱くしい国

WONDER of WONDER

Stevenson Screen

私、粉になって

LISTEN TO THE MUSIC

ええじゃないか音頭

高野寛 ソングブック~TRIBUTE TO HIROSHI TAKANO~

SAKUMA DROPS

逆輸入 ~港湾局~ (初回生産限定盤)

愛の関係

エンタテインメント

FJCD-015

死んだらどうなる

31才のリアル

ペーパードライブ

III

時が奏でる

Smart Citizen

遠近 (おちこち) に

むかしぼくはみじめだった

car and freezer

Page2:Mind Over Matter【初回限定盤(DVD付き)】

nigetahitsuji

the divine move

♯ゆーふらいと[初回限定DVD盤]

♯ゆーふらいと [初回限定ビジュアル盤]

♯ゆーふらいと[通常盤]

カンパニュラの憂鬱(初回限定盤A)(DVD付)

カンパニュラの憂鬱(初回限定盤B)(DVD付)

カンパニュラの憂鬱

FiNAL DANCE / nerve

FiNAL DANCE / nerve (CD+DVD) (TYPE-A)

FiNAL DANCE / nerve (CD+DVD) (TYPE-B)

WHO KiLLED IDOL?

WHO KiLLED IDOL? (ALBUM+DVD) (MUSIC VIDEO盤)

WHO KiLLED IDOL? (ALBUM+DVD) (高価映画盤)

うりゃおい!!! (CD2枚組+DVD3枚組+グッズ) (初回生産限定盤) (愛しの愛DOLL BOXセット)

BiS階段 <箱盤> (DVD4枚+Blu-ray2枚+CD4枚+グッズ)(初回受注限定生産盤 BOXセット仕様)

JAPONiCA!!

brand new day(初回限定盤A)(DVD付)

brand new day(初回限定盤B)

FRESH!!! 通常盤

FRESH!!!(+2) 限定盤

Electric Sukiyaki Girls

Unforgettable Final Odyssey

Dear☆Stageへようこそ~武道館LIVE記念限定盤~

Cling Cling (完全生産限定盤)(DVD付)

永遠と瞬間 【セブンティーン盤】(2CD+DVD)※初回限定盤

GUSTO [CD]

じゃじゃ馬と呼ばないで/Candy Pop(DVD付) [Type-A]

ガールズ・レテル・トーク(初回限定盤)

25(初回生産限定盤)

realize!!

E・I・E・N VOYAGE

セカンドアルバム(仮) (2CD / 初回限定盤)

PAINPU

レッツドリーム小学校

ワケあり DANCE たてついて / POISON~プワゾン~

Wind Chime! ~街のトンネル~

SEIKO STORY~80's HITS COLLECTION~

カリプソ黄金時代(THE ROUGH GUIDE TO CALYPSO GOLD)

Angola Soundtrack 2

ぞめき伍 個性派 徳島 高円寺 阿波おどり個性派

LIVING/LOVING

SUPER ZOO!

Konjac-tion
サイエンス・フィクション・マン

Ghosts in the Forest EP

アムネジア

君とオンガク

FOREVER FOREVER

HYPER FOLK

胸キュン'14

X X X

Viva! リンダ3世

ラストアルバムvol.1

ベッド・オブ・ストーン (国内盤:ボーナストラック2曲収録/解説、歌詞対訳付き)

ウムリロ

Ticket to the World

悪魔の物語(解説、ブックレット対訳付き)

ザ・レッド・ブック(国内盤:解説・ブックレット対訳付き)

夜なし

大東京ジャズ Jazz in The Tokyo Great Tokyo Jazz song collection 1925~1940

六区風景 想ひ出の浅草

Skip the Blues

philosophy of the secret

百約束の物語 (single CD)

JCJC

eat

Section I

きゅるきゅる (CD+DVD)

音街巡旅I

Friends

新世界交響楽(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

新世界交響楽

SWINGER SONG WRITER -10TH ANNIVERSARY BEST-

笑うな[初回盤 CD+DVD]

鳴り止まないラブソング [初回限定盤 CD+DVD]

エミ・マイヤーと永井聖一

恋する団地

いじわる全集

卵のエチュード/マイハッピーお葬式

ダリエ百葉窓

CHIIRALITY

贅沢な時間

濱口祐自 フロム・カツウラ

ヤバ歌謡 SUPER NONSTOP MIX~MIXED BY DJフクタケ

ミンストレル

ほらごらん

コンサバティブ

I LIKE DAT

BLUE

Dragon Planet

Eternity (初回盤CD+DVD)

A -エース-

inトーキョーシティ [初回限定盤 CD+DVD]

So right

Play

Countdown to Evolution【初回生産限定盤】(CD+DVD)

KGY ワンダーランド Vol.1

BRAND NEW STORY

VICTORY【Type-A】

サクラあっぱれーしょん(通常盤)

JAPONiCA!!2

LADY POWER

いいくらし<初回限定(乙女盤)>

アイドルの秘密

宇宙かくれんぼ 【初回盤 ピンク】

Chu-Z My Music 【Type-A CD+DVD】

Brand-New Style / ダンスフロア☆フィーバー(B Type)

上からマリコ(劇場盤)

GIVE ME FIVE! (劇場盤)

少年よ 嘘をつけ!  (通常盤)

桜、みんなで食べた (劇場盤)

夏のFree&Easy

マジカル☆エクスプレス☆ジャーニー【通常盤B】

マジカル☆エクスプレス☆ジャーニー【通常盤C】

超時空コロダスタン旅行記(紙ジャケット仕様)

spa wars [Analog]

汚染水 [Analog]

アビーロードごっこ [7インチレコード+CD]

ミッドナイト清純異性交遊 [7inch Analog]

カーネーショントリビュート EP1 なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの? [7inch Analog]

カーネーション トリビュート EP2 Edo River [7inch Analog]

ヤングサウンズのテーマ [7inch Analog]

雨の中のドリーマー

existence [Analog]

GAME [Analog]

チームしゃちほこ いいくらし EP 12インチレコード HMV限定盤

RECODAS [Analog]

Parklive (Live)

海美?AMAMI
愛のキサナドゥ~地球防衛未亡人のテーマ

ロボットノ夜

HOTARU


ノミタリアン女子

Perfume Clips【初回限定盤】[Blu-ray]

冨田勲イーハトーヴ交響曲 ISAO TOMITA SYMPHONY IHATOV [Blu-ray]

BiSなりのオールナイトニッポンDVD

IDOL NEWSING vol.1 [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2014年8月29日

森翔太、tofubeats、プラニメ、BiS階段

 森翔太が企画、監督、編集をしたC.C.レモンの企画「仕込み筋肉3号機」は、一発ネタになりそうな「仕込み筋肉」という奇抜なアイデアをもとに3分間でしっかりストーリーを展開していてさすがです。出演者の人選も冴えわたっています。



 tofubeats「20140803」は、10月2日発売のアルバム「First Album」の収録曲。作詞家としてのtofubeatsも好きです。



 プラニメ「Plastic 2 Mercy」は、「TOKYO IDOL FESTIVAL 2014」でのライヴ映像。撮影された現場にいましたが、客席に降りた後の全容をこれでようやく把握できました。ディレクションは浅井一仁で、これもBiS体制を継承。



 BiS階段「nerve(BiS階段 ver.)」は、解散ライヴで13回演奏された「nerve」を編集したもの。ラウンドガール(?)は、オウマーの西村新人類です。



First Album(初回限定盤)

First Album(通常盤)

BiS階段 <箱盤> (DVD4枚+Blu-ray2枚+CD4枚+グッズ)(初回受注限定生産盤 BOXセット仕様)

BiS階段 <廉価盤>(DVD+CD)

2014.5.6 BiS階段LAST GIG @ WWW

投稿者 munekata : Permalink

2014年8月26日

夏の終わりは担々麺の季節

 昨日今日と涼しいので、「夏の終わりは担々麺の季節」とばかりに久しぶりの担々麺。




 寝不足が続いているので、現場に行きたかった「MEZAME ROCKS supported by ロックの夜明け vol.8」は2.5Dで視聴。Shiggy Jr.の池田智子の可愛さは五臓六腑にしみわたるな......。 Shiggy Jr.の森夏彦は寺嶋由芙の「カンパニュラの憂鬱」でもベースを弾いています。ゆるめるモ!は、ポップ・グループ+アニマル・コレクティヴな「たびのしたく」も。


LISTEN TO THE MUSIC

Unforgettable Final Odyssey

投稿者 munekata : Permalink

2014年8月12日

渡辺勝「東京」

 何年か前、YouTubeで渡辺勝の楽曲を検索してもなくて「YouTubeのアーカイヴ性などその程度なのだよなぁ」と思ったのですが、今日、松倉如子の手で「東京」のライヴ動画が公開されていることに気づきました。感謝。



 でも渡辺勝の名曲「ラストヴァージン」はYouTubeになく、やはり自分はCDを買い続けていくのだろうな......と感じたりします。


ミナトの渡辺勝ショウ

投稿者 munekata : Permalink

2014年2月 2日

皮茶パパのおもて梨GALS「INTERESTING!!」

 皮茶パパのおもて梨GALS「INTERESTING!!」は、激烈にアシッドなサウンドと映像。KGY40Jr.の派生ユニット・梨GALSとプロデューサーの皮茶パパによる作品です。作詞作曲は皮茶パパ、編曲PsycheSayBoom!!!というこれまでの顔ぶれに加えて、CGにはEspeciaでの仕事も記憶に新しいホンマカズキを迎えています。



 皮茶パパのヴォコーダーを通したかのようなヴォーカルを聴いていると、Kraftwerkの「The Robots」も連想しますが、それだけでは済まないこの不穏な胸のざわつきは何でしょうか......。宇宙に向かっていく鎌ケ谷のSun Ra、という表現も頭に浮かびました。




Our Shining Idol 今君に会いたい

投稿者 munekata : Permalink

2014年1月31日

BiS「primal.2(Special Edit)」PV公開

 BiS「primal.2(Special Edit)」のヴィデオ・クリップが公開されました。



 この援交裏ビデオ感......。しかしそれを模すならば、もっと一線を踏み外してほしかったところです。インターポールに誤認逮捕されるぐらいがBiSの最期にはふさわしいでしょう。

 そして登場人物がBiSメンバー以外も増えていて、これまではBiSだけのストーリーだったのが、他の人々も登場してストーリーを作ろうとしています。その光景に、かつて赤軍派と革命左派が榛名ベースで「連合赤軍」となったときの永田洋子の「われわれになった」という言葉を思い出しました。

 ただ、たとえば「primal.」のヴィデオ・クリップに比べて非常に難解です。BiS本体が作れなくなっている、あるいは作り足りなくなっているストーリーを、BiSから脱退したミチバヤシリオが作っているのを目の当たりにして複雑な心境になりました。




STUPiG

STUPiG (CD+DVD) (MUSIC VIDEO盤)

STUPiG (CD+DVD) (アニメ盤)

投稿者 munekata : Permalink

2014年1月29日

ムーンライダーズ、Only Love Hurts

 ムーンライダーズ「Archives Series Vol.09 Moonriders Live At FM TOKYO HALL 1986.6.16」購入。

 Only Love Hurts(旧・面影ラッキーホール)の「愛のキサナドゥ~地球防衛未亡人のテーマ 」はiTunes Storeでダウンロード購入しました。


Archives Series Vol.09 Moonriders Live At FM TOKYO HALL 1986.6.16

投稿者 munekata : Permalink

2014年1月16日

寺嶋由芙「#ゆーふらいと」「ぜんぜん」フル試聴配信

 2月26日発売の寺嶋由芙「#ゆーふらいと」「ぜんぜん」のフル試聴がSoundCloudでスタートしました。「寺嶋由芙のSoundCloud」という文字列、もはや近未来サイバーパンク感すらあります。



 「#ゆーふらいと」の作詞はでんぱ組.incの夢眠ねむ、作編曲はrionos。rionosは、2013年11月にリリースされたムーンライダーズの「モダーン・ミュージック スペシャル・エディション」にもリミックスで参加しています。「ぜんぜん」の作詞作曲はふぇのたすのヤマモトショウ、編曲はrionos。




 そしてディレクターは、数々の新人アーティストを発掘してきた加茂啓太郎。「Vol.53 ユニバーサル ミュージック合同会社 新人発掘育成担当 Great Hunting 本部 シニア・プロデューサー 加茂 啓太郎 さん | Musicman-NET」の「これまで関わったor担当アーティストは?」より。


ウルフルズ、スーパーバタードッグ、ナンバーガール、氣志團、Art-School、フジファブリック、ベースボールベアー、相対性理論、ハナエ、The SALOVERS等の発掘育成。つボイノリオの「金太の大冒険」のシングル&ベスト再発、ロングセラーで5万枚売れました。




 寺嶋由芙をめぐるいくつもの物語が、今「#ゆーふらいと」に収斂されつつあります。物語性のカタルシスに酔うなど卑下すべきことだと考えてきたきましたが、でも今夜だけは酔わせてほしいのです。


WORLD WIDE DEMPA 通常盤

read me.

2013ねん、なつ

投稿者 munekata : Permalink

2014年1月15日

BiS「ODD FUTURE」PV公開

 BiS「ODD FUTURE」のヴィデオ・クリップが公開されました。メンバー6人分で6種類!!



 一番表情が豊かなウイカちゃんが一般層に受け、さらに「おしん」的にエジプトあたりでも受けるのではないかと思いました。ヲタ的には、カメラマンを本気で殴りだすのぞしゃんが破天荒すぎて秀逸。ヤンキー層に受けるのはコショージではないでしょうか。




STUPiG

STUPiG (CD+DVD) (MUSIC VIDEO盤)

STUPiG (CD+DVD) (アニメ盤)

投稿者 munekata : Permalink

2014年1月14日

ゆるめるモ!with ハシダカズマ(箱庭の室内楽)「SWEET ESCAPE」

 ゆるめるモ!with ハシダカズマ(箱庭の室内楽)「SWEET ESCAPE」は、1月5日の「NRFS!!vol.0」でのライヴ映像。クラウト・ロック、サイケデリック・ギター、そしてたったひとりのヲタによるMIXの叫び声。サウンドにもステージにも飲み込まれる10分間です。



箱めるモ!

投稿者 munekata : Permalink

2013年12月25日

大森靖子、Paul McCartney

 大森靖子の「君と映画」は、映像内の時系列がすでに公開された「ミッドナイト清純異性交遊」よりも前を描いていて、「君と映画」から「ミッドナイト清純異性交遊」という流れでつながっているトリッキーな構成にうなりました。ベランダのケーキまみれで寝ている男の謎がここで解けます。主演は大森靖子、橋本愛、蒼波純、稲葉友。



 Paul McCartneyの「NEW」は、世界中のファンからInstagramで集めた写真を使ったもので、そのアイデアが秀逸です。



絶対少女

New

投稿者 munekata : Permalink

2013年12月18日

大森靖子「絶対彼女」PV公開

 大森靖子の「絶対彼女」ヴィデオ・クリップがYouTubeで公開されました。編集は二宮ユーキ。

 大森靖子のニュー・アルバム「絶対少女」のサンプルをもらったときから何度も何度もリピートしている楽曲です。



絶対少女

投稿者 munekata : Permalink

2013年12月17日

The Beatles「The Beatles Bootleg Recordings 1963」

 The Beatles「The Beatles Bootleg Recordings 1963」をiTunes Storeでダウンロード購入。

 著作権対策とも言われるこの「新譜」ですが、未明に1500円で購入して寝て起きたところ一時的にiTunes Storeから消えており、復活したら6000円になっていて驚きました。一夜にして価格が4倍になる謎の新譜です。


U.S. Albums

投稿者 munekata : Permalink

2013年12月16日

クルミクロニクル「white sweet cake」

 クルミクロニクルのクリスマス・ソング「white sweet cake」が配信開始。BASEで売られているのが斬新でした。



投稿者 munekata : Permalink

2013年12月10日

大森靖子「ミッドナイト清純異性交遊」PV公開

 大森靖子の「ミッドナイト清純異性交遊」のヴィデオ・クリップが公開されました。なんと橋本愛が主演。もうひとりの主演は、「ミスID2014」グランプリの(青波純改め)蒼波純です。プレスリリースはこちらに掲載しました。



 カーネーションの直枝政広がプロデュースしたニュー・アルバム「絶対少女」について「聴く選択肢しかない」と言いたくなるのは、それは「少女」というものを女性自身の内部から抉りだしているからです。恐ろしいほどフェイクの要素がありません。

 大森靖子によるブログも強烈なものがありました。




『少女』なんて、私のようなBBAやおっさんなど、非少女の欲目でしかない単語。こういう言葉をタイトルにしたり、気安く使う人は正直苦手です。


 そこであえて「少女」を全肯定しようとする大森靖子の気迫と、直枝政広によるサウンド・プロダクションが融合したのが「絶対少女」。これは少女が聴くべき音楽です。

 半日強で「ミッドナイト清純異性交遊」が15,000再生を突破するなど、「何かが起きている」感のする大森靖子。2013年5月、7カ月前の渋谷CLUB QUATTROでのワンマンライヴのレポートもぜひご覧ください。


音楽を語る言葉を捨てよ、そして音楽へ 大森靖子ワンマンライヴレポート(宗像 明将) - 個人 - Yahoo!ニュース


絶対少女

投稿者 munekata : Permalink

2013年12月 9日

博多のBiS

 12月8日、キャナルシティ博多 B1FサンプラザステージでのBiSのイベントがかなりイカれていたようです。

 新曲「STUPiG」は、シリアスな曲調ですが、二丁ハロのミキティ本物による振り付けがいいバランスでユーモアを加えています。



 問題は「nerve」。研究員が水に飛び込んだ(本人いわく滑って落ちたとのこと)ため、新しいヲタ芸「スーサイドキャナル」が誕生しました。しかも、ふたり入水したようです......。



STUPiG (CD+DVD) (アニメ盤)

STUPiG (CD+DVD) (MUSIC VIDEO盤)

STUPiG

投稿者 munekata : Permalink

2013年12月 3日

39度の発熱

 朝起きると39度の発熱。前夜から風邪っぽかったのですが、遂に......。ひたすらに眠り続けて、深夜には37度台まで落ちてだいぶ楽になりました。

 発熱の前後に見ていたのが、まずlyrical school「My かわいい日常たち」。ヒップホップ meets こたつ。



 BiS「STUPiG」。過去最高の費用がかかったと思われるセットと衣装によるロボットレストラン感がすごいです。丹羽貴幸/浅井一仁監督作品がここまで来ました。



 バンドじゃないもん!「雪降る夜にキスして」。傑作PV「ショコラ・ラブ」を手掛けた夏目現監督らしい、すべてが何かおかしい映像。何度も見返してしまいました。



 前野健太 「ねえ、タクシー」は、松江哲明監督、今村沙緒里主演の衝撃作。



date course

STUPiG (CD+DVD) (アニメ盤)

STUPiG (CD+DVD) (MUSIC VIDEO盤)

STUPiG

雪降る夜にキスして(初回限定盤A)

雪降る夜にキスして(初回限定盤B)

雪降る夜にキスして(通常盤)

ハッピーランチ

投稿者 munekata : Permalink

2013年11月26日

BiS「Hide out cut (ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN 『WHO KiLLED IDOL?』)」

 BiS「Hide out cut (ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN 『WHO KiLLED IDOL?』)」は、12月4日発売のDVD「ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN 『WHO KiLLED IDOL?』」からの映像。



 「かつての5人時代」のBiSの最後の日である2013年3月16日の「Hide out cut」。ほんの8ヶ月前のことなのに、うまく言葉が出てきません。ただ、別々の道を歩んだメンバーがそれぞれがうまくいってくれよ、としか言えないのです。

 ノスタルジーという魔物に抗う術を僕は知らないのです。


ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN「WHO KiLLED IDOL?」 [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2013年9月17日

ゆるめるモ!「SWEET ESCAPE」

 最高。アルバム買います。



New Escape Underground!

投稿者 munekata : Permalink

2013年9月15日

クルミクロニクル「午前11時」

 クルミクロニクル「午前11時」は、ファースト・アルバム「クルミクロニクル」収録曲。日傘をした女の子がiPhoneで場所を確認して田舎道を歩く。それだけで絵になっている不思議な魅力のある映像です。


投稿者 munekata : Permalink

2013年9月11日

テクノ妹子「結婚 -marriage-」

 終戦記念日や9.11にしか新曲を公開しないテクノ妹子が、2013年の9月11日に公開した新曲が「結婚 -marriage-」。エレクトリックにしてリリカルです。



テクノポップ・ルネサンス (TECHNOPOP RENAISSANCE)

投稿者 munekata : Permalink

2013年9月 9日

BiS「"Hi (Special Edit)"」PV公開

 BiS「"Hi (Special Edit)"」のヴィデオ・クリップが公開されました。



 難波章浩作曲による3分に満たない爽快なロック・ナンバー。そして狂気のSHELTER 7DAYSの映像を編集したヴィデオ・クリップです。


Fly / Hi

Fly / Hi (CD+DVD) (MUSIC VIDEO盤)

Fly / Hi (CD+DVD) (BiS階段盤)

投稿者 munekata : Permalink

2013年9月 5日

ソウル・フラワー・ユニオン「踊れ! 踊らされる前に<ミュージック・ビデオ>」

 ソウル・フラワー・ユニオンの「踊れ! 踊らされる前に<ミュージック・ビデオ>」をototoyからダウンロード購入。先行してYouTubeで公開されていたトレイラーを見たときは、Bob Dylanの「Subterranean Homesick Blues」を連想させる紙の使い方が印象に残りましたが、全編通してみると強烈なメッセージを打ち込んでくるリリック・ヴィデオでした。



踊れ!踊らされる前に

投稿者 munekata : Permalink

2013年9月 4日

カーネーション「『30 years of SOUND FACTORY』Live at SHIBUYA WWW」

 カーネーションの「『30 years of SOUND FACTORY』Live at SHIBUYA WWW」のFLAC/Apple Lossless版をLIVECARNATIONからダウンロード購入。1.8GB!


130904a.jpg

投稿者 munekata : Permalink

2013年9月 3日

NHK「連続テレビ小説 あまちゃん」第134話

 NHK「連続テレビ小説 あまちゃん」第134話を見ました。

 東日本大震災当日が描かれ、ただ不安だった昨日の放送分よりも、今日の放送分のほうが胸に来るものがありました。震災後、エンターテインメントが不要、不謹慎とされたあの時期のことを思い出したからです。

 ちょうどYouTubeでは7月13日の「FREEDOMMUNE 0<ZERO> ONE THOUSAND 2013」のオフィシャル映像が公開されました。大友良英スペシャルビッグバンドによる「あまちゃん」の楽曲のライヴ映像。



 91歳の瀬戸内寂聴が「恋と革命」を訴える映像も。



連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック

連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック 2

あまちゃん 歌のアルバム

投稿者 munekata : Permalink

2013年8月16日

BiSからミチバヤシリオ脱退

 「ミチバヤシリオ、BiS脱退のお知らせ - BiS official website / 新生アイドル研究会(Brand-new Idol Society)公式ウェブサイト」

 BiS「Fly」のヴィデオ・クリップも公開されました。



Fly / Hi

Fly / Hi (CD+DVD) (MUSIC VIDEO盤)

Fly / Hi (CD+DVD) (BiS階段盤)

投稿者 munekata : Permalink

2013年8月15日

テクノ妹子「境界 -edge-」

 終戦の日や9.11にしか楽曲をアップロードしない男、テクノ妹子。2013年8月15日に公開された新曲「境界 -edge-」には、テクノポップの「ポップ」が抜けた内省的なシンガーソングライター感があります。



テクノポップ・ルネサンス (TECHNOPOP RENAISSANCE)

投稿者 munekata : Permalink

2013年8月 7日

かせきさいだぁ、うみのて

 かせきさいだぁ「ルージュの伝言」のヴィデオ・クリップは、映像もカヴァーのアレンジも素晴らしい作品。



 「うみのて【もはや平和ではない】【正常異常】2013/8/5 新宿LOFT」のライヴ映像は、なんで冒頭で英語MCしてるの......。



かせきさいだぁのアニソング!! バケイション!

NEW WAR(IN THE WORLD)

投稿者 munekata : Permalink

2013年8月 3日

クルミクロニクル、SOGGY CHEERIOS、大森靖子

 「20130712 EXTRAVE!!! vol.2 クルミクロニクル」は、7月12日の「EXTRAVE!!!」vol.2でのクルミクロニクルのライヴ全編。東京初ライヴでの異様な興奮が記録された映像です。



 「SOGGY CHEERIOS 『1959』Trailer」は、SOGGY CHEERIOSのアルバム「1959」のトレイラー映像。



 「[TIF2013]大森靖子@Zepp Tokyo」は、「TOKYO IDOLFESTIVAL 2013」でのライヴ全編。Zepp Tokyoの観衆を前に、大森靖子は最後にアカペラで歌います。



1959

絶対少女

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月26日

Especia「ミッドナイトConfusion」

 Especia「ミッドナイトConfusion」をiTunes Storeでダウンロード購入。このジャケットを見たら買っちゃいますね......。


ミッドナイトConfusion (CD+DVD)【初回盤】

ミッドナイトConfusion

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月25日

ライムベリー、片想い

 ライムベリー「SUPERMCZTOKYO」のヴィデオ・クリップが公開、八戸のホテルでiPadで必死に見ました。



 帰宅してから見た片想い「Daily Disco」のヴィデオ・クリップにはメンバーがほとんど出てこない......!



SUPERMCZTOKYO(初回限定盤)

SUPERMCZTOKYO

片想インダハウス

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月23日

どついたるねん「バサラガマフィン」

 どついたるねん「バサラガマフィン」のヴィデオ・クリップが公開された話題を書きたかったのですが、その後に岩淵弘樹監督のYouTubeアカウントごと消されてしまったそうで、スカートや大森靖子の関連映像も消えてしまい、東京のインディーズ・シーンに静かに影響を及ぼしています。




MY BEST FRIENDS どついたるねん写真集 (SPACE SHOWER BOOks)

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月22日

エレクトリックリボン「星屑ハイランド」

 昨日主催イベントを成功させたエレクトリックリボン。彼女たちの「星屑ハイランド」のヴィデオ・クリップのフル・ヴァージョンが公開されました。



星屑ハイランド

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月 9日

tofubeats「No.1 feat.G.RINA(official MV)」

 tofubeats「No.1 feat.G.RINA(official MV)」に、スカートの澤部渡が出演しているのですが、「ウォーリーを探せ!」ならぬ「澤部渡を探せ!」状態になっています。それにしても、研ぎ澄まされたセンスの塊のようなヴィデオ・クリップです。



lost decade

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月 6日

山田稔明「新しい青の時代」ダイジェスト

 明日発売される山田稔明「新しい青の時代」のダイジェストがSoundCloudで公開されました。



新しい青の時代

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月 5日

ソウル・フラワー・ユニオン「踊れ!踊らされる前に」

 ソウル・フラワー・ユニオン「踊れ!踊らされる前に」の特設サイトで、「踊れ!踊らされる前に」のトレーラーが公開されました。Bob Dylanの「Subterranean Homesick Blues」方式!



踊れ!踊らされる前に

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月 3日

「暦の上ではディセンバー」iTunes Store1位

 iTunes Storeの1位が「作曲:大友良英、Sachiko M、江藤直子、高井康生」による、アメ横女学園芸能コースの「暦の上ではディセンバー」とは痛快この上ない光景です。もちろんダウンロード購入!


あまちゃん 歌のアルバム

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月 1日

BiS階段「好き好き大好き」

 BiSと非常階段によるユニット・BiS階段による戸川純「好き好き大好き」のカヴァーのヴィデオ・クリップが公開されました。



 「あまちゃん」による大友良英の大ブレイクに続いて、非常階段がBiS階段でオリコンチャートに入ったら、僕らは数年前には想像し得なかった未来にいることになります。


BiS階段

BiS階段 [Analog]

投稿者 munekata : Permalink

2013年6月19日

スカート「おばけのピアノ」

 スカート「おばけのピアノ」のライヴ動画が公開されています。CD-R「COMITIA 100」に収録後、アルバム「ひみつ」に収録された楽曲です。



ひみつ

投稿者 munekata : Permalink

2013年6月16日

うみのて「SAYONARA BABY BLUE」

 うみのての最新アルバム「IN RAINBOW TOKYO」は、「SAYONARA BABY BLUE」から「東京駅」への流れが最高でした。この「SAYONARA BABY BLUE」のヴィデオ・クリップも終盤が素晴らしいです。



SAYONARA BABY BLUE

投稿者 munekata : Permalink

2013年6月15日

アーバンギャルド「都会のアリス」

 アーバンギャルド「都会のアリス」のサウンドは佐久間正英プロデュース。女子高生ダンサー8人を投入して静岡の砂丘で撮影された映像が素晴らしすぎてリピートし続けています。



恋と革命とアーバンギャルド

投稿者 munekata : Permalink

2013年6月12日

Thomas Mapfumoのライヴ動画

 ジンバブエ出身のThomas Mapfumoのライヴ動画がフルで公開されています。



Rise Up

投稿者 munekata : Permalink

2013年6月11日

RE-EXTRA!!!のライヴ動画

 5月15日に開催された「RE-EXTRA!!!」のライヴ動画が3本公開されています。エレクトリックリボン、BELLRING少女ハート、ナグリアイです。



星屑ハイランド

BedHead

ナグリアイ

投稿者 munekata : Permalink

2013年6月10日

tofubeats live at RUBYSTAR

 YouTubeに「tofubeats live at RUBYSTAR@神戸旧グッケンハイム邸 20130609」というライヴ動画が4本公開されています。個人的には、1本目からいきなりlyrical schoolに提供した「おいでよ」のtofubeats自身が歌うデモが流されていることに驚きました。



そりゃ夏だ! / おいでよ

投稿者 munekata : Permalink

2013年5月30日

モルヒネ東京、lyrical school

 モルヒネ東京「ColorSchemer」を見ていると、紆余曲折あってここまでやってるナカヤマユキコはすごいなと素直に思います。



lyrical school「PARADE~プチャヘンザ!~photograph~S.T.A.G.E」はタワーレコード新宿店でのライヴ動画。



ループする

PARADE

投稿者 munekata : Permalink

2013年5月29日

David Byrne & St. Vincentが「Brass Tactics EP」ダウンロード配信

 「デヴィッド・バーンとセイント・ヴィンセントが未発表曲を含む5曲入りEPを無料DL配信中 - amass」を見て、David Byrne & St. Vincentの「Brass Tactics EP」をダウンロード。


Love This Giant

投稿者 munekata : Permalink

2013年5月27日

BiS「DiE」PV公開

 昨日の「BiS4」「BiS48」の余韻も冷めぬうちに、0時を回ったところでBiSの「DiE」のヴィデオ・クリップが公開されました。





DiE (SG+DVD)(LIVE盤)

DiE (CDのみ盤)

投稿者 munekata : Permalink

2013年5月23日

倉内太

 倉内太「時を踊る少女」のビデオ・クリップは、我妻三輪子が出演。魅力的な音楽と魅力的な少女。素晴らしいです。



刺繍

投稿者 munekata : Permalink

2013年5月22日

ガール椿+大森靖子+チャンシマ

 ガール椿+大森靖子+チャンシマによる「F式もえこ」は、2013年5月17日の新宿ロフトでのライヴ映像。後半、岡村靖幸の「だいすき」のフレーズが登場します。



13分34秒だけの狼

魔法が使えないなら死にたい

投稿者 munekata : Permalink

2013年5月 6日

きゃりーぱみゅぱみゅ「インベーダーインベーダー」PV公開

 きゃりーぱみゅぱみゅ「インベーダーインベーダー」のビデオクリップがYouTubeで公開されました。

 中田ヤスタカがダブステップっぽい音を導入。きゃりーぱみゅぱみゅだとこういうこともするのか……と驚きました。



インベーダーインベーダー(初回限定盤)

インベーダーインベーダー(通常盤)

投稿者 munekata : Permalink

2013年5月 2日

EXPO、うみのて、玉置浩二、向井秀徳アコースティック&エレクトリック、Especia、Negicco、BELLRING少女ハート

 「EXPO【MV】電影少年 -VIDEO BOY-」はコンセプト、演出などがすべてヤバいほど秀逸な作品。必見です。



 「うみのて【東京駅】2013/4/29 TOKYO春告ジャンボリー」はライヴ映像。



 玉置浩二「純情」はまたしても強烈に迫ってくる楽曲。



 向井秀徳アコースティック&エレクトリック「はあとぶれいく」は彼ひとりによる演奏ながら聴き入ってしまいました。



 Especia「パーラメント」は2013年に突如蘇ったバブル景気時代。



 Negicco「アイドルばかり聴かないで MV(short ver.)」は小西康陽プロデュース。



 BELLRING少女ハート「ライスとチューニング」は、渋谷WWWのゲネプロで聴いたみずほのラップ曲。やっと曲名を把握しました。



純情

AMARGA-Tarde-

AMARGA-Noche-

アイドルばかり聴かないで(初回限定盤) [CD+DVD]

アイドルばかり聴かないで

投稿者 munekata : Permalink

2013年4月28日

ニコニコ超会議2

 咳がひどくなってきたので「ニコニコ超会議2」へ行くのを断念。「ニコニコ超アイドルステージ【アイドリング!!! ℃-ute ほか】生中継@ニコニコ超会議2」「エイベックスブース生中継 2日目」でのBiSのライヴをタイムシフト視聴していました。


ニコニコ的。〈無料試食版〉―若者に熱狂をもたらすビジネスの方程式

投稿者 munekata : Permalink

2013年4月26日

狐火、カーネーション、大森靖子、浜崎容子、みさこ、「まるちゃんの静岡音頭」、安全地帯

 「放射能の季節 / 狐火 Track by free design」には、言葉を聴いて言葉を失うという経験をしました。



 「カーネーション『YOUNG WISE MEN』@Shangri-La 2013.4.7」は大阪でのライヴ映像。「CARNATION EARLY YEARS BOX」収録の原曲と聴き比べるのも一興です。



 「大森靖子@TowerRecords新宿 2013年4月19日」は、冒頭でなぜかタンポポの「I&YOU&I&YOU&I」を歌っているのに驚きました。



 「大鵬薬品 ゼノール『ぐりぐり』」で歌っているのはアーバンギャルドの浜崎容子。



 ソニーの「KAWAII meets EXTRA BASS」には神聖かまってちゃん、バンドじゃないもん!のみさこが出演。使われているねごとの楽曲をリミックスしているのはtofubeatsです。



 「まるちゃんの静岡音頭(静岡市)」は、さくらももこ作詞、細野晴臣作曲、小山田圭吾編曲による楽曲をピエール瀧が歌っているというもの。ある種の世代の特定の層を狙い撃ちにしています。



 安全地帯「愛を鳴らせ」は、玉置浩二の髪型に気圧されますが楽曲の良さは相変わらずです。



29才のリアル

アーリー・イヤーズ・ボックス

魔法が使えないなら死にたい

ガイガーカウンターカルチャー(初回限定盤)(DVD付)

ショコラ・ラブ(初回限定盤)

Heavenly Music

安全地帯XIV~The Saltmoderate Show~

投稿者 munekata : Permalink

2013年4月16日

前野健太、佐野元春 & THE COYOTE BAND、BiS×gonoturn、C@n-dols

 前野健太「興味があるの」のビデオ・クリップには衝撃を受けました。「僕は君に興味があるの / 君の生きてることに興味があるの / 興味があるの / 今日海が見たいの」という歌詞の歌に聴き入っていると、最後に撮影場所が明かされます。宮城県の七ヶ浜町菖蒲田浜です。監督は岩淵弘樹。



 佐野元春 & THE COYOTE BANDは、YouTube公式チャンネルに最新作「ZOOEY」から4曲のスタジオライヴ映像を公開。ここでは「La Vita è Bella(ラ・ヴィータ・エ・ベラ)」を。



 BiSとgonoturnのコラボレーション映像「The Harlem Shake」も公開されてます。マスクとTシャツも販売予定



 C@n-dols「C@n-dols生バンドライブ映像」は、平成のキャンディーズことC@n-dolsのステージ。ハチマキの親衛隊のコール、乱れ飛ぶ紙テープなどが熱いです。2013年にこんな現場はC@n-dolsにしかありません。



オレらは肉の歩く朝

ZOOEY(デラックス盤)(DVD付)

BiSimulation  (SINGLE+DVD) 【LIVE盤】

年下の男の子(Type-A)(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2013年4月10日

松永天馬と谷地村啓、SAKA

 アーバンギャルドのライヴでの音源「都市は優しい(2013年3月24日渋谷クラブクアトロ、松永天馬と谷地村啓による地下演劇を見てから、死ね)」が公開されています。この終盤のカタルシス。



 以前「AKB48のインドネシアにおける受容(とクロンチョン)」で紹介したインドネシアのSAKAは、再びクロンチョンでAKB48/JKT48の「Baby! Baby! Baby!」をカヴァー。ウクレレの音色とコーラスが心地良いです。



ガイガーカウンターカルチャー(初回限定盤)(DVD付)

JKT48 Heavy Rotation ヘビーローテーション CD(Type-B) 1st Album【じゃんけんカード付き】

投稿者 munekata : Permalink

2013年4月 4日

大森靖子×BiS、ナグリアイ

 昨日の「OMOCHI★MOOSIC presents MOOSIC LAB OPENING PARTY!」でのライヴ映像「大森靖子 × BiS 『primal.』2013/04/03」が公開されました。



 これを見ると、約5カ月前のBiS研究イベントでの「Psychesayboom!!!、大森靖子 with 研究員『primal.』 at 阿佐ヶ谷ロフトA 2012/10/14 」も続けて見たくなりました。



 ちなみにナグリアイの女川町でのライヴ映像「ナグリアイ 2013/03/24 女川町商店街復幸祭2013」も公開されています。22:10あたりで、ケチャするBiSのプー・ルイの頭上にシャチが落下するシーンが熱いです。



魔法が使えないなら死にたい

BiSimulation  (SINGLE+DVD) 【LIVE盤】

投稿者 munekata : Permalink

2013年3月29日

iTunes Storeで登川誠仁特集

 3月19日に亡くなった登川誠仁の特集ページがiTunes Storeで公開されました。




デュエット

投稿者 munekata : Permalink

2013年3月28日

ライムベリー、リンダIII世

 ライムベリー「世界中にアイラブユー」は初めてのビデオ・クリップ。マイクを持たないDJ HIKARUの扱い方が光ります。



 リンダIII世「未来世紀eZ zoo」は、群馬出身の日系ブラジル人によるユニット。アイドルもグローカルな時代です。



R.O.D./世界中にアイラブユー

投稿者 munekata : Permalink

2013年3月18日

リリカルスクール新メンバー

 昨日のリリカルスクールのイベントでの新メンバーお披露目の映像のインパクトに衝撃を受けました。新メンバーは16歳のhina。脱退したMarikoとまったく違うキャラクター、そしてこの垢抜けなさ!



リボンをきゅっと

投稿者 munekata : Permalink

2013年3月15日

David Byrneの「Psychedelic Afternoon」についてのコメント

 Zapuniにより公開された、音楽がDavid Byrneと坂本龍一、アニメーションがうるまでるびによる「Psychedelic Afternoon」。そのプレスリリースが長谷川真吾さんのTwitterで紹介されていました。




 David Byrneの歌う「Psychedelic Afternoon」はiTunes Storeで配信中。200円。販売収益は全額がこどもの音楽再生基金に募金されます。



Love This Giant

投稿者 munekata : Permalink

2013年3月14日

仕込みiPhone男 meets □□□

 2012年12月26日の「仕込みiPhoneとペットボトル人形」で紹介した森翔太さんが、なんと□□□の「ふたりは恋人」のビデオ・クリップを制作。これが素晴らしい仕上がりです。「PVって、なにをすればいいんだろう。」というところから始まり、鮮やかに展開していくストーリー。



JAPANESE COUPLE

投稿者 munekata : Permalink

2013年3月13日

BiS「Hide out cut」PV公開

 BiS「Hide out cut」の「Special Edit」と題されたビデオ・クリップが公開されました。



 最近やけに現場でカメラが回っていると思ったらこのためだったようで、つい最近の映像も。「内部紛争をあんだけネタにしといて、ワッキー脱退になったら感動的な流れに持ってこうとしやがって」と憎まれ口を叩きつつ、これを見て泣いてるBiS研究員もBiSも大好きです。

 演出はこれまでのBiSのビデオ・クリップを監督してきた浅井一仁。よく見るとプー・ルイとユッフィーが話しているシーンが1秒もないことに唸りました。




 この楽曲はほぼ英語なのですが、INMUSICの山田秀樹編集長による訳詩「ヒダカ(Hide out cut)」を読むといろいろ邪推ができて楽しいです。僕は当初、マネージャーを辞めた辻本翔君への渡辺淳之介マネージャーからの歌詞かと思い、「マネージャー同士で歌詞を贈りあってるってどういうアイドルだよ!」と笑いました。「BiS 『BiSimulation』インタビュー - Billboard JAPAN」を読むと違うらしいのですが。


目を覚ませってお前は俺の全て知ってるたった一人の存在だぞ
俺はもうどうしたらいいか分からないし足らないことばかりだ
誰かの声が頭のなかで鳴り響いてるけどこれは自分の声なのか?
お前のことはいつでも待ってるよ


 「Hide out cut」を収録したシングル「BiSimulation」のクレジットには、まだ辻本翔君の名前が記されています。


BiSimulation  (SINGLE+DVD) 【LIVE盤】

タイトル未定 (SINGLE+DVD) 【Music Video盤】

BiSimulation

投稿者 munekata : Permalink

2013年3月11日

Zapuniによるアニメ作品にDavid Byrneら参加

 日本のビジュアルアーティストと世界のミュージシャンによる作品を制作するチャリティ団体・Zapuniが2本のアニメーション作品をYouTubeで公開しました。


第1弾として、東日本大震災の2周年である2013年3月11日に「サイケデリック・アフタヌーン」と「blossom」と題した2本のアニメーションを公開しました。完成した作品は無償で配信され、関連グッズの販売収益や寄付は全額こどもの音楽再生基金に募金されます。


 David Byrneと坂本龍一による「Psychedelic Afternoon」は、もともとは1994年の坂本龍一のアルバム「Sweet Revenge」の収録曲。しかしヴァージョンが異なり、David Byrne自身のヴォーカルで新録されたもののようです。iTunes Storeで購入が可能。アニメーションは「おしりかじり虫」で知られるうるまでるび。



 Sigur Rosの楽曲のアニメーションを「らき☆すた」などで知られる山本寛が監督した「blossom」も初めて見ました。



sweet revenge

HEIMA~故郷 [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2013年3月 8日

BiS階段、ギュウゾウ+ザ・ショッキング feat.BiS、ECDILLREME

 SPACE SHOWER Digital Archive Xに2012年11月18日の「自家発電vol.00」のライヴ動画がアップロードされました。

 BiS+非常階段によるBiS階段の映像では、辞めてしまった辻本翔マネージャーが上半身裸にマスクという姿で肉塊や麺をBiSに渡しているのがエモいです。



 ギュウゾウ+ザ・ショッキング feat.BiSは、電撃ネットワークとBiSの記念すべき出会いですが、これ音楽と全然関係ないですね......。



 ECDとイルリメによる「The Bridge 反レイシズムRemix ECDILLREME」は、SoundCloudとYouTubeで公開されました。イルリメがこういうテーマでラップすることに驚きましたが、いや、変わったのは社会状況なのでしょう。



(ILLREME)
元気そうだな、動画サイトでみたよ
顔隠しててもわかるよ 君が集団のなか紛れて
「殺せ殺せ」と叫んでる顔をみてたらさ
何だか洗脳されてるみたいでびっくりしたんだ
あどけなかったあの顔をもう見れないと思うと
叫んでるその言葉が君を追い込んでるようにみえた

君の友達を世界が「殺せ」と叫ぶ未来が
君の家族を世界が「殺せ」と迫る未来が
なにより君自身が世界に絶望する可能性が
君の好きな国が傲慢になって潰される可能性が
始まったんだ その火種をつけてるのは
まぎれもない、そうだ集団の中にいた君なんだ

(ILLREME)
それにさ
このさき君は集団のなかで更にエスカレートするだろう
仲間内で承認欲求を満たそうとするチキンレースを
反応があれば、さらに火に油を注ぐだろうし
反応がなけりゃ絶望して更に油を注ぐだろうから


BiSimulation  (SINGLE+DVD) 【LIVE盤】

生きている価値なしBOX

The Bridge-明日に架ける橋

(((さらうんど)))

投稿者 munekata : Permalink

2013年3月 2日

スカートのインストアライヴ映像

 3月3日にニュー・アルバム「ひみつ」が発売になるスカート。ココナッツディスク吉祥寺店でのインストアライヴのUSTREAMアーカイヴが全編公開されています。




Video streaming by Ustream


 観客の撮影による2曲の動画も。



ひみつ

投稿者 munekata : Permalink

2013年2月26日

yanokami×U-zhaan、小山田圭吾×U-zhaan

 最近YouTubeのSPACE SHOWER Digital Archive Xチャンネルにアップロードされた、2012年7月30日の「100%ユザーン vol.3」のライヴ映像から、yanokami×U-zhaanによるくるりのカヴァー「ばらの花」。素晴らしい演奏です。



 小山田圭吾×U-zhaanによるYMOの「TECHNOPOLIS」のカヴァーも公開されています。



yanokamick-yanokami English version-

YMONHK [Blu-ray]

投稿者 munekata : Permalink

2013年2月21日

モルヒネ東京「トウキョウナイト」PV公開

 BiSを脱退したユケが結成したバンド・モルヒネ東京は、現場に行かないとどんなサウンドがまったくわかりませんでしたが、「トウキョウナイト」のビデオ・クリップが公開されました。BiSの「パプリカ」「nerve」と同じく田中紘治監督作品。冒頭のシティポップ感に驚かされました。



 モルヒネ東京とナグリアイの対バン、という不思議なライヴも開催されます。


■4/6 @関内BAYJUNGLE
OPEN 17:00 START 17:30
\2000(1D別)
Leafi/Ins'clade/THE STEPHANIES/ナグリアイ/モルヒネ東京 …and more


 ナグリアイの出演情報をもうひとつ。




Brand-new idol Society

投稿者 munekata : Permalink

2013年2月20日

スカート「月光密造の夜」配信

 スカートの3月3日発売のアルバム「ひみつ」から「月光密造の夜」がSoundCloudでフル配信されています。



ひみつ

投稿者 munekata : Permalink

2013年2月15日

さよならポニーテール、坂本真綾

 さよならポニーテール「恋するスポーツ」は、3月6日発売のアルバム「青春ファンタジア」収録曲。初回限定盤にはBiS、lyrical schoolも参加しています。



 坂本真綾「ニコラ」は、3月27日発売のアルバム「シンガーソングライター」の収録曲。アルバムタイトル通り、全曲の作詞、作曲、プロデュースを坂本真綾自身が手掛けています。



青春ファンタジア(初回生産限定盤)

シンガーソングライター【初回限定盤】

投稿者 munekata : Permalink

2013年2月12日

キリンジ「いつも可愛い」PV、特設サイト公開

 キリンジ「いつも可愛い」のビデオクリップが公開。昨年リリースされた「SUPER VIEW」の収録曲です。出演は蓮佛美沙子。



 また、13日になるとInteractive Film いつも可愛い - キリンジも開設されました。操作によって映像の最後が変わるという仕掛けですが、Internet Explorer 10推奨というのはややキツいです。


SUPER VIEW (初回盤)

投稿者 munekata : Permalink

2013年2月 9日

中塚武、ワッツーシゾンビ、神聖かまってちゃん、うみのて、Negicco、でんぱ組.inc×かせきさいだぁ

 中塚武「冷たい情熱」は、2月6日発売のアルバム「Lyrics」の収録曲。アルバムタイトル通り、歌詞が映像にどんどん登場してきます。



 ワッツーシゾンビ「N.O.」は、2月6日発売のアルバム「W.Z.」の収録曲。もちろん電気グルーヴのカヴァーです。



 神聖かまってちゃんの新曲「マイスリー全部ゆめ」は内省的なミディアムナンバー。



 うみのて「東京駅」は1月30日の新宿ロフトでのライヴ映像。



 Negicco「愛のタワー・オブ・ラヴ」は、西寺郷太の手による2月13日発売のシングル。



 でんぱ組.inc×かせきさいだぁ「くちづけキボンヌ」は、「節分のMEME TOKYO FESTIVAL2013」でのライヴ映像。途中でかせきさいだぁが突如ラップしながら現れます。



LYRICS

W.Z.

楽しいね

NEW WAR(IN THE WORLD)

愛のタワー・オブ・ラヴ

ねぇきいて?宇宙を救うのは、きっとお寿司…ではなく、でんぱ組.inc![通常盤]

投稿者 munekata : Permalink

2013年1月31日

BiS「BiSimulaton」PV公開

 BiS「BiSimulaton」のビデオ・クリップが公開。グチャグチャになる感じや、液体が飛びまくっているもののその装置は映らない点が、若松孝二の「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」の終盤っぽいです。つまり、予算がなくてもがんばっています。



BiSimulation  (SINGLE+DVD) 【LIVE盤】

タイトル未定 (SINGLE+DVD) 【Music Video盤】

BiSimulation

投稿者 munekata : Permalink

2013年1月30日

佐野元春 & THE COYOTE BAND、Especia

 佐野元春 & THE COYOTE BAND「世界は慈悲を待っている」は、3月13日発売のニュー・アルバム「ZOOEY」の収録曲。フル・ヴァージョンはMoto's Web Serverで視聴可能です。



 Especia「『FunkyRock』福岡タワーで踊ってみた」は、「DULCE」収録曲のダンス映像。Especia「DULCE」踊ってみたシリーズのリストも作成されています。



佐野元春 ベスト・オブ・ベスト DQCL-2056

投稿者 munekata : Permalink

2013年1月29日

David Byrne & St. Vincentのテレビ映像

 「デヴィッド・バーンとセイント・ヴィンセントが米TV番組『Late Show with David Letterman』に出演しパフォーマンスを披露 - amass」より、David Byrne & St. Vincentが「Late Show with David Letterman」に出演した際の「I Should Watch TV」のパフォーマンス。このブラスセクションを従えた編成は、音楽的な面白さはもちろんのこと、映像的にも強烈です。



Love This Giant

投稿者 munekata : Permalink

2013年1月24日

バンドじゃないもん!「ショコラ・ラブ」PV公開

 バンドじゃないもん!「ショコラ・ラブ」のビデオ・クリップが公開されました。

 美しい。可愛い。そしてフェティッシュ。泣きそうになりました。これまで2年ほど最前列でメガネを掲げてきた僕への爆レスだという怪電波を勝手に受信しました。



ショコラ・ラブ(初回限定盤)

ショコラ・ラブ(通常盤)

投稿者 munekata : Permalink

2013年1月15日

笹川美和、spoon+

 笹川美和「都会の灯」は、1月16日発売のミニ・アルバムのタイトル曲。


 spoon+「イチゴオンザショートケーキ」は、アルバム「hear」収録曲のフル・ヴァージョン。



都会(ルビ:まち)の灯(ルビ:あかり)

hear

投稿者 munekata : Permalink

2013年1月10日

きゃりーぱみゅぱみゅ、spoon+、BiS

 きゃりーぱみゅぱみゅ「ふりそでーしょん」は、成人式という音楽的にニッチな行事をポップスに昇華した楽曲。映像の80年代ニューウェイヴの要素も見逃せません。



 spoon+「イチゴオンザショートケーキ」はビデオクリップをフル公開。インディーズでここまで作った監督は重光亜沙美です。



 「2012りんご音楽祭秋 bis」は、BiSの2012年9月8日の松本でのライヴ映像。BiS研究員の黒いTシャツがどんどん泥まみれになり、周囲を巻き込んで盛り上がっていきます。胸が熱くなる映像。そしてBiSと研究員はこの後に東京に戻って同じ日に「本屋ナイト」に出演しているのです。タフ!


キミに100パーセント/ふりそでーしょん(初回限定盤)

hear

GET YOU (BiS盤)

GET YOU (Dorothy Little Happy盤)

投稿者 munekata : Permalink

2013年1月 9日

tofubeats「夢の中まで feat.ERA」

 tofubeats「夢の中まで feat.ERA」をiTunes Storeでダウンロード購入。


投稿者 munekata : Permalink

2013年1月 6日

岩渕マネージャー、坂本慎太郎、スカート、Soosan Firooz

 元旦にアップロードされた岩渕マネージャー「苺のショート」は、lyrical schoolのマネージャーが自らミキサーを操りながらtengal6時代の「苺のショート」をラップする映像。アイドルの運営が元旦に自らの動画を公開するのも珍しいですが、それにしてもマイク&ミキサーさばきがうまいなぁ。



 坂本慎太郎「死者より(From The Dead)」は新曲のビデオ・クリップ。



 スカート「花百景」は1月3日の池袋ミュージックオルグでのライヴ映像。



 「The First Afghan Female Rapper-Soosan Firooz」はアフガニスタン初の女性ラッパーだというSoosan Firoozの映像。アラブ色の強いトラックです。



CITY

まともがわからない(初回限定盤)

ストーリー

投稿者 munekata : Permalink

2012年12月27日

Especia&ナンブヒトシ「Good Times」

 Especia&ナンブヒトシ「Good Times」がOTOTOYで無料ダウンロード開始。ナンブヒトシを迎えてのラップ・ナンバーなのですが、Especiaが「ディスコに私を連れてって」だの「バブルのあの日をもう一度」だの言っていて最高です。


バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 スタンダード・エディション [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2012年12月21日

喜納昌吉+久保田麻琴「花〜すべての人の心に花を」

 ニューヨークタイムズのサイトに喜納昌吉の「花〜すべての人の心に花を」の動画「Shima Uta | Hana」が公開されています。三線の弾き語りをする喜納昌吉、そしてエレキ・ギターで伴奏をするのは久保田麻琴。短い演奏ながらニュアンス豊かな久保田麻琴のギターも味わえます。


Blood Line

投稿者 munekata : Permalink

2012年12月18日

でんぱ組inc.「冬へと走りだすお!」

 かせきさいだぁが作詞、木暮晋也が作編曲したでんぱ組inc.の「冬へと走りだすお!」は、1995年のかせきさいだぁの「冬へと走りだそう」のフレーズが入っていてグッときました。

 かせきさいだぁの「冬へと走りだそう」の歌詞の「煙草の匂いのシャツ」というフレーズは、松本隆作詞の松田聖子「赤いスイートピー」へのオマージュでしょうし、そういう「冬へと走りだそう」の歌詞をまた自分で引用してでんぱ組inc.というアイドルへと提供しているわけです。

 日本のポップスシーンのメインストリームの一角に根強く「風街的なるもの」が存在し続けていることを感じます。



W.W.D / 冬へと走りだすお!  【初回限定盤A】(CD+DVD)

W.W.D / 冬へと走りだすお!  【初回限定盤B】(CD+DVD)

W.W.D / 冬へと走りだすお!  通常盤

投稿者 munekata : Permalink

2012年12月 7日

BiSとDorothy Little Happy「GET YOU」PV公開

 BiSとDorothy Little Happy「GET YOU」のビデオ・クリップが公開されました。白と黒の衣装にわかれて平手打ち合戦。キャッチーな映像です。



GET YOU (BiS盤)

GET YOU (Dorothy Little Happy盤)

投稿者 munekata : Permalink

2012年11月26日

Prince、Especia、うみのて、lyrical school

 Prince「Rock and Roll Love Affair」はソウル風味がきいた心地いい楽曲。



 大阪のEspeciaの「My lxxx(S&L remix with palm)」はBiSのカヴァー。原曲は、Especiaを手掛けているSchtein & Longerがリミックスしたトラックです。



 うみのて「もはや平和ではない」は、11月22日の高円寺HIGHでのライヴの映像。ライヴ当日に公開されていました。



 lyrical school「リボンをきゅっと」は、tofubeatsのサウンド・プロデュースによるパーティーチューン。映像もフックがきいています。



Rock & Roll Love Affair

My Ixxx

NEW WAR(IN THE WORLD)

リボンをきゅっと

投稿者 munekata : Permalink

2012年11月12日

東京ローカル・ホンク、中川敬、KGY40Jr×.いずこねこ

 東京ローカル・ホンク「おいのりのうた」は、うずまき名義のアルバム「ヒコーキのうた」にも収録されていた楽曲のアコースティック編成による演奏。演奏もコーラス・ワークも素晴らしいです。



 中川敬は「銀河のほとり、路上の花」の予告編動画が公開。最初の楽曲が、僕に強烈な衝撃を与えた「それでも私は海が好き」です。



 KGY40Jr.×いずこねこは、いずこねこの「最後の猫工場」に収録されていた「rainy irony (皮茶パパ&PsycheSayBoom!!! remix)」のライヴ映像。先日のファーストワンマンライヴでは披露されなかったトラックなので嬉しい映像です。



 そして、12月2日(日曜日)の「皮茶パパ・ワンダーランド」には、KGY40Jr、京都のミライスカートに加えてナグリアイも出演させてもらえることになりました……!




さよならカーゴカルト

銀河のほとり、路上の花

投稿者 munekata : Permalink

2012年11月 6日

倉内太と彼のクラスメイト、うみのて、They Might Be Giants

 倉内太と彼のクラスメイト「倉庫内作業員の恋〜So Goog Night〜」のビデオ・クリップには、BiSののぞしゃんことヒラノノゾミ、そして渡辺淳之介マネージャーが出演! 黒猫チェルシーの渡辺大知の敵役として渡辺淳之介が目立ちすぎ!



 倉内太と彼のクラスメイトは「あの娘ほんとリズムギター」も名曲です。人呼んで「下北沢のジョナサン・リッチマン」。


 その倉内太と彼のクラスメイトといい、うみのて「もはや平和ではない」といい、最近のDECKRECは絶好調の感があります。



 They Might Be Giants「Vote or Don't」はアメリカ大統領選挙に合わせて公開されました。



NEW WAR(IN THE WORLD)

Join Us

投稿者 munekata : Permalink

2012年11月 3日

ゆうぎ王の和光大学学園祭ライヴUSTREAM

 今日はずっと明日のナグリアイの準備をしていて、ゆうぎ王が出演した和光大学の学園祭のUSTREAMもリアルタイムでは見られなかったのですが、アーカイヴを見て感銘を受けました。




Video streaming by Ustream


 ちぇりぃ☆えんじぇるの楽曲のセルフ・カヴァー「ちぇりぃなキ・モ・チ」「サマーマーメイド」、定番の清乃のカヴァー「check it girl」、そしてドラムンベースな新曲「湿気ガール」。野外ステージでソロとしては約2年ぶりのライヴでした。ルンペンレコードからリリースされた「湿気ガール」、早く買いたいです。




 明日のナグリアイもがんばろう。やるの僕ではありませんが。


『皮茶パパ・ワンダーランド』
日程: 2012年11月4日(日)
開場: 渋谷CLUB CRAWL
出演: KGY40Jr. / ナグリアイ/ テクプリ
時間: OPEN 11:30 / START 12:00
料金: ADV 2,000 / DOOR 2,500 (+1Dオーダー)
LAWSON TICKETにて発売中※Lコード: 74821


※皮茶パパさん、PsychesayBoomさん楽曲制作によるオリジナルデビュー曲「ア・ア・アもアイドル」を公開予定。



清乃 Dream Passport~夢のはじまり~ [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2012年11月 2日

うみのて「もはや平和ではない」CM

 「うみのて 1stSINGLE【もはや平和ではない EP】CM」は、12月12日発売のタワーレコード限定ワンコインシングルのCM動画。2分しかないのに面白いなぁ。



 この10月14日の「もはや平和ではない」のライヴ動画は歌詞入り。



NEW WAR(IN THE WORLD)

投稿者 munekata : Permalink

2012年10月29日

BiS 「IDOL is DEAD」アルバム全曲再現ライブ

 腰痛のために「BiS『IDOL is DEAD』アルバム全曲再現ライブ」をニコニコ生放送で視聴。

 「IDOL is DEAD」の13曲をノンストップで再現するセットリスト。先日の赤坂ブリッツの構成を考えると最初からやりかねなかったとはいえ驚きました。特に笑顔で汗まみれで歌われるシューゲイザー「Our Song」は胸に迫るものがありました。

 さらに驚いたのは、休憩を挟んで行われた「Brand-new idol Society」全曲再現ライヴ。同じ阿佐ヶ谷ロフトAで2011年3月23日に開催された(本当の)初のワンマンライヴでは、最後がたしか今夜と同様「レリビ」で、プー・ルイがどんどん客の腕をつかんでステージに上げていき、「僕は別にいいかな......」と思った瞬間プー・ルイに腕をつかまれてステージにあげらたことを思い出します。

 あの日の「ティーンネイヂフレイバ」は、ひとりだけ20代だったプー・ルイが研究員と一緒に床に体育座りして、他のメンバーのステージを見ていたのですが、それから約19ヶ月後、同じ楽曲で全員がステージから去ったのは歴史を踏まえた潔さでした。現在のBiSに10代はもういません。

 また、BiSがステージでやらなくなってナグリアイだけがカバーしてる状態だった「let me sleep」が久しぶりに披露されましたが、今のBiSの振り付けと比べると極端に動かないことを再確認。

 ニコニコ生放送が腰痛に優しいと感謝した夜でした。一夜明けて起床後に病院へ。

 なお、同じ阿佐ヶ谷ロフトAで2週間前に開催された非公式ファンイベント「新生アイドル研究会 報告会DX-Z」の黒字分から1万円が女川町に義捐金として送られたそうです。




IDOL IS DEAD(仮) (期間限定生産) (ALBUM+DVD) (映画盤)

IDOL IS DEAD(仮) (ALBUM+DVD) (Music Video盤)

IDOL IS DEAD(仮)

投稿者 munekata : Permalink

2012年10月17日

バンドじゃないもん!「Back in you」

 バンドじゃないもん!「Back in you」の「〜二人は仲良し 想い出MOVIE〜」と題された映像がYouTubeで公開されました。


 泣けてくるからこんな動画を昼から公開するのはやめてください! ミナミトモヤ、いい曲書きやがって! みさことかっちゃん、こんなウィスパーヴォイスで歌いやがって! 泣けてくる!

 最近、CDデビューの肝心なタイミングで現場に行けてないのがつらいです。


バンドじゃないもん!

投稿者 munekata : Permalink

2012年10月16日

Psychesayboom!!!、大森靖子 with 研究員「primal.」

 10月14日の「新生アイドル研究会 報告会DX-Z」のラストで、Psychesayboom!!!と大森靖子さん、そして研究員で唄われたBiSの「primal.」の動画をYouTubeで公開しました。公開の許可をくださったPsychesayboom!!!と大森靖子さん、ありがとうございます!



 以下、この動画に書いた説明です。


2012年10月14日に阿佐ヶ谷ロフトAで開催されたBiSの非公式ファンイベント「新生アイドル研究会 報告会DX-Z〜イェイイェイイェイイェイのウォウウォウウォウウォウ、スターダストでサバイバルダンス、そして輝くウルトラソウル〜」での映像です。
大森靖子さんは、「夏の魔物」へひょんなことから研究員の自動車で移動した縁でこのイベントにご出演いただきました。
また、サビで研究員が掲げている「女川愛」のタオルは、「夏の魔物」の翌日に女川で開催された「おながわ秋刀魚収穫祭」でのBiSのライヴの際に買われたものです。
さらに、このイベントのために、女川の蒲鉾本舗高政様から「BiS」のロゴ入りのカマボコをたくさん提供していただきました。
この映像は、青森での「夏の魔物」から女川での「おながわ秋刀魚収穫祭」までにBiSが紡いだ「縁」の記録です。



primal.(初回限定盤)(DVD付)

primal.

PINK

投稿者 munekata : Permalink

2012年10月15日

Brian Wilsonのライヴ動画

 YouTubeのBrian Wilsonの公式チャンネルで、過去のライヴDVD「Brian Wilson On Tour」「Brian Wilson Presents Pet Sounds Live in London」に収録されていた映像から数本の動画が公開されています。



On Tour [DVD] [Import]

Pet Sounds Live in London [DVD] [Import]

ペット・サウンズ・ライヴ・イン・ロンドン [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2012年10月 4日

BiS「ASH」PV公開




 ということなのですがここはソニンの故事にならい、BiSのプー・ルイとユフちゃんは、赤坂ブリッツで6万個のドミノ並べ競争をして錯乱した方を勝ちとしたり、韓国まで570キロマラソンをして途中で錯乱した方を勝ちとしたりした方が面白いと思います!


IDOL IS DEAD(仮) (期間限定生産) (ALBUM+DVD) (映画盤)

IDOL IS DEAD(仮) (ALBUM+DVD) (Music Video盤)

IDOL IS DEAD(仮)

投稿者 munekata : Permalink

2012年10月 3日

They Might Be Giants、PANDA 1/2

 They Might Be Giants「Alphabet of Nations」を見て、彼らも歳を食ったなーと驚きましたが自分も一緒か!



 PANDA 1/2「ぼくらがスリジャヤワルダナプラコッテへ旅に出る理由」は、サブカルこじらせ系女子の鏡の感があります。



Join Us

投稿者 munekata : Permalink

2012年9月27日

カーネーション、八代亜紀、「必ずよくなるから」

 カーネーション 「I LOVE YOU」は、アルバム「SWEET ROMANCE」収録曲。



 八代亜紀「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」は、小西康陽プロデュースによるジャズ・アルバム「夜のアルバム」の収録曲です。



 そして音楽ではないのですがここで紹介したいのが、パトリック・リネハン駐大阪・神戸アメリカ総領事がいじめを受けている人々に贈る「必ずよくなるから」と題された動画。ここで彼は夫のエマーソン・カネグスケ氏とともに登場します。つまり彼はゲイであり、そのためにいじめられた過去を話しつつ「必ずよくなるから」と訴えます。胸を打たれました。



SWEET ROMANCE[初回限定盤]

夜のアルバム

投稿者 munekata : Permalink

2012年9月25日

The Beach Boys、Peter Gabriel、イ・パクサ、青山陽一 the BM's、狐火

 The Beach Boysのロンドンでのライヴ音源がBBCの「BBC Radio 2 - Radio 2 In Concert, Beach Boys」で配信されています。10月の頭までの期間限定配信。

 Peter Gabrielの「Sledgehammer」は、「So」25周年記念のデジタル修復HDヴァージョン。今見直してもトチ狂っていて、そして最初から最後まで完璧な作品です。



 イ・パクサの最新ビデオ・クリップは、ポンチャックのアップデートに完全に成功しており、少女時代にも負けていません。



 青山陽一 the BM'sの「難破船のセイラー」は、バンド・アンサンブルが素晴らしい演奏。


 狐火「29才のリアル」は、すべての社会人に届いてほしい楽曲です。


That's Why God Made the Radio

So (25th Anniversary)

So: 25th Anniversary Edition (3 CD)

So (25th Anniversary)

李博士(イ・パクサ)のポンチャック大百科

ブルーズ・フォー・トマト

PRAY FOR FINAL

投稿者 munekata : Permalink

2012年9月19日

アーバンギャルド、Especia、カーネーション、森高千里、坂本真綾

 アーバンギャルド「さよならサブカルチャー」購入。

 配信限定のEspecia「DULCE」はiTunes Storeでダウンロード購入しました。BiSでおなじみのSchtein&Longerワークスです。公式サイトも思い切ったセンス。

 他に聴いていたのは、カーネーション「SWEET ROMANCE」、森高千里「ザ・シングルス」、坂本真綾「シングルコレクション+ミツバチ」です。


さよならサブカルチャー

SWEET ROMANCE[初回限定盤]

ザ・シングルス(初回生産限定仕様)

投稿者 munekata : Permalink

Randy Newman「I'm Dreaming」

 Randy Newman「I'm Dreaming」はアメリカ大統領選に合わせて公開された楽曲。Soundcloudで無料ダウンロードが可能です。



Original Album Series

投稿者 munekata : Permalink

2012年9月18日

バンドじゃないもん!、BiS、ナグリアイ

 バンドじゃないもん!の初のビデオ・クリップは意外にも「パヒパヒ」。しかし、メンバーがいきなり13歳の中学生を演じていて、しかもちゃんとショート・ムービーにドラムを絡めてくる構成にしびれました。馬鹿馬鹿しくて、なのに感動的。素晴らしい!



 BiSの新曲「IDOL is DEAD」は、同名のアルバムのタイトル・ナンバー。初めてBiSを見る人にはメンバーの顔をほとんど視認できないであろうハードルの高さに笑いました。



 そのBiSの女ヲタ集団であるナグリアイの「nerve」のビデオ・クリップも公開。撮影が2月なのでまだちだちゃんが不在の3人編成です。この日、僕は発熱で寝込んでいたので映像を初めて見ました。



バンドじゃないもん!

IDOL IS DEAD(仮) (期間限定生産) (ALBUM+DVD) (映画盤)

IDOL IS DEAD(仮) (ALBUM+DVD) (Music Video盤)

IDOL IS DEAD(仮)

投稿者 munekata : Permalink

2012年9月11日

David ByrneとSt.Vincentのテレビ映像

 「デヴィッド・バーンとセイント・ヴィンセントが米TV番組に出演しパフォーマンスを披露 - amass」で知ったNBC「Late Night with Jimmy Fallon」出演時のライヴ映像。ブラス・セクションを含む演奏がいい味わいです。



Love This Giant

投稿者 munekata : Permalink

2012年9月 7日

アーバンギャルド「さよならサブカルチャー」PV公開

 アーバンギャルド「さよならサブカルチャー」のビデオ・クリップがYouTubeで公開されました。



 ちょうど「SHERLOCK」第2シーズンの第2話を見ていたのですが、終盤のヒントは序盤にある、という法則を地でいく構成で痺れました。さよなら、少女たち。さよなら、私たち。

投稿者 munekata : Permalink

2012年9月 5日

山田稔明

 山田稔明「あさってくらいの未来 ep」をiTunes Storeでダウンロード購入。


山田稔明「あさってくらいの未来 ep」


SWEET VOICES -GENTLE BOYFRIENDS-

投稿者 munekata : Permalink

David Byrne & St. Vincent、在日ファンク、KGY40Jr.

 David Byrne & St. Vincent「Who」は、もうすぐ出るアルバム「Love This Giant」からのヴィデオ・クリップ。



 在日ファンク「嘘」は、10月発売のミニ・アルバム「連絡」の収録曲。



 KGY40Jr.「Doggy Gang 皮茶パパワンダーランド 2012.9.2」は先日のライヴの映像。ブログにも書いたように、冒頭のガッド・ギターの演奏からラップへの流れが予想外すぎて衝撃を受けました。この会場のどよめきをご覧あれ!



Love This Giant

爆弾こわい 岡村靖幸REMIX

投稿者 munekata : Permalink

2012年9月 3日

spoon+のライヴ映像

 spoon+のacoのYouTubeチャンネルで、8月31日のライヴの映像が公開されました。

 「ワンダー・タイマー」では、当日のブログにも書いたようにamU時代の映像がVJで大量に使われていることに衝撃を受けました。



 「世界のおしまいには泡ブロでキスをしよう」はおもちゃのピアノの演奏から、ピアノとストリングスによるバックトラックへ。



birth(紙ジャケット)

投稿者 munekata : Permalink

2012年8月29日

Antibalas、佐野元春

 Antibalas「Antibalas」購入、佐野元春「La Vita e Bella」はiTunes Storeでダウンロード購入。


Antibalas

佐野元春「La Vita e Bella」

投稿者 munekata : Permalink

2012年8月28日

苔作、東京天水連

 YouTubeに今年の高円寺阿波おどりでの苔作、東京天水連の動画がアップロードされています。



発祥は1967年、阿波踊りの正調連を飛び出した7人に若者達がたたき出すフライパンとスネアドラムの音だったということです。
苔作と自称したその革命的な連は今の通称"一拍子"系、あるいはドカドカ系の始祖です。



ぞめき壱 高円寺阿波おどり(2枚組)

ぞめき弐 徳島阿波おどり 正調連

ぞめき参 徳島阿波おどり 路上派

ぞめき四 AWA GROOVES & REMIXES

投稿者 munekata : Permalink

2012年8月21日

鈴木博文、うみのて、狐火

 YouTubeで7月26日のジャック達+鈴木博文+美尾洋乃による「ボクハナク」、ジャック達+鈴木博文による「裸足のリタ」が公開されています。



 「うみのて 2012/8/18 SUMMER SONIC2012」は、「出れんの!?サマソニ!?」でのうみのてのライヴ映像。「出れんの!?サマソニ!?」のソーシャルメディアを使ったうざったい宣伝、そして何より選考方法には多大な疑問がありますが、うみのてのエッジが尖りまくった演奏を見ている間だけはそれを忘れました。



 同じく「出れんの!?サマソニ!?」の枠で「SUMMER SONIC」に出演した狐火は、その出演前に新曲「雨降りのiwakiSONIC」を公開しています。



家族が被災しても続けた音楽は
音楽に否定的だった家族の願いに変わった


弾き語り四人衆~朧月夜編~ 大音源

NEW WAR(IN THE WORLD)

PRAY FOR FINAL

投稿者 munekata : Permalink

2012年8月15日

七尾旅人「湘南が遠くなっていく」PV公開

 七尾旅人「湘南が遠くなっていく」のビデオ・クリップが公開されています。この胸を掻き毟られる感覚。



リトルメロディ

投稿者 munekata : Permalink

2012年8月11日

lyrical school「おいでよ」

 lyrical school「おいでよ」は、リリカルスクールが「TOKYO IDOL FESTIVAL」で行ったサイファーの映像によるビデオ・クリップ。ちょっと夏の感傷に浸りました。



そりゃ夏だ! / おいでよ

投稿者 munekata : Permalink

2012年8月 8日

吉谷彩子 「恋のオーケストラ」

 iTunes Storeで「謎の彼女X」のオープニング・テーマである吉谷彩子 「恋のオーケストラ」 が発売されました。1曲250円ですが、これまでDVDやBlu-rayを買わないと聴けなかったので、それよりは安いです。作詞は山田稔明、作編曲はROUND TABLEの北川勝利による極上のポップス。

 「パッケージもないiTunes Storeで1曲250円はいくらなんでもおかしいだろ」と言い続けていましたが、Yellow Magic Orchestra 「Fire Bird」 、南波志帆 「天国のキッス」に続いて吉谷彩子 「恋のオーケストラ」を250円で購入。


120808a.jpg

投稿者 munekata : Permalink

2012年8月 7日

面影ラッキーホール、スカート、テラシマユフ

 面影ラッキーホール「おかあさんといっしょう」は、8月15日発売の「on the border」の収録曲。



 スカート「こんな感じ」「(新曲)」は8月4日の渋谷O-nestでのライヴ映像。



 テラシマユフ (BiS)「ポムプリダンスを踊ってみた」は、「精神病院の閉鎖病棟でテラシマユフが見た夢」という雰囲気。BiS「PPCC」のライブDVDの副音声でプー・ルイが松沢病院に遠回しに触れていたので、この動画も松沢病院の閉鎖病棟の設定だという電波を受信しました。



on the border(通常盤)

ストーリー

PPCC(SINGLE+DVD)

投稿者 munekata : Permalink

2012年8月 5日

リリカルスクールのサイファー

 tengal6改めリリカルスクール(lyrical school)が「TOKYO IDOL FESTIVAL」に出演したものの、一部のステージが崩壊してライヴが中止になったため、会場内をアカペラでラップしながら歩く「サイファー」をしたときの映像がまぶしいです。



 8月22日には「そりゃ夏だ! / おいでよ」がリリースされます。「そりゃ夏だ!」の作詞作曲はtofubeats。



そりゃ夏だ! / おいでよ

投稿者 munekata : Permalink

2012年8月 1日

Perfume「Spending all my time」PV公開

 Perfume「Spending all my time」のビデオ・クリップには東欧感が漂っており、この夜に革命が起きてすべてが水晶のように割れて消える予感もします。



Spending all my time (初回限定盤)(DVD付)

Spending all my time

投稿者 munekata : Permalink

Yellow Magic Orchestra「Fire Bird」

 Yellow Magic Orchestra「Fire Bird」をiTunes Storeで購入。ただ、DRMフリーとはいえダウンロードで250円はいただけません。別に金はあるのですが、いつの間にか相場が上がるのは慣例化してほしくないところです。


120801a.jpg


YMONHK [Blu-ray]

投稿者 munekata : Permalink

2012年7月28日

Kraftwerk「Radioactivity」

 Kraftwerkの公式サイトで、7月7日の「NO NUKES 2012」での「Radioactivity」のライヴ動画が公開されています。「CONCERTS」の「07 JUL 2012」の横の「VIDEO」をクリック。


Kraftwerk: The Catalogue Box Set

投稿者 munekata : Permalink

2012年7月26日

岡田徹、ライムベリー

 岡田徹 w/ 5MBS+little moa「幸せの場所」は、アルバム「架空映画音楽集II〜エレホンの麓で〜」の収録曲。ムーンライダーズのセルフカヴァーでもあります。



 ライムベリー「まず太鼓」は遂にYouTubeでライヴ動画公開! ECD「マス対コア」へのオマージュに満ちた楽曲です。



架空映画音楽集II~エレホンの麓で~

HEY!BROTHER

投稿者 munekata : Permalink

2012年7月24日

KGY40Jr.のReAlly Sisters

 「【KGY40Jr.】第3幕予告 ReAlly Sisters 2012.7.21」は、7月21日のKGY40Jr.のライヴから、スピンオフユニットであるReAlly Sistersのパートを抜粋したものです。REIKAと梨ギャルの姉妹によるこのダンスを見ていると、KGY40Jr.がアイドルであっても「ヴォーカルグループ」ではなく「ダンスユニット」であるという特殊な存在であることを再認識させられます。


投稿者 munekata : Permalink

2012年7月10日

スカート「だれかれ」「まだ」

 スカート「だれかれ」「まだ(チャクラcover)」は7月8日の「POP鈴木祭り」でのライヴ動画。さすがのアップロードの早さです。そしてこのPOP鈴木のドラミング、素晴らしいなぁ……。



ストーリー

投稿者 munekata : Permalink

2012年7月 9日

神聖かまってちゃん、キウイとパパイヤ、サカキマンゴーズ

 神聖かまってちゃん「夏のゆーれい部員スタートっ!」には、このタイミングで「自殺」という単語が出てくる歌詞に驚きました。



 キウイとパパイヤ、サカキマンゴーズの「奥美濃節」は、キウイとパパイヤ、マンゴーズとサカキマンゴーが共演した1月28日の月見る君想フでのライヴの映像。



知恵ちゃんの聖書

ワールド・ワイド・ローカルズ&アワ・ジェイ・ポップス

オイ!リンバ Oi!limba

投稿者 munekata : Permalink

2012年7月 5日

喜納昌吉、KGY40Jr.

 「喜納昌吉『ニライパナ』発売記念ライブ」は、6月16日の那覇でのライヴをフルで配信。



 KGY40Jr.の「BALLPARK V-DANCE [公式PV]」は、iMovieの「予告編」で作成しているのがヤバいです。



投稿者 munekata : Permalink

2012年7月 2日

アーバンギャルドの病めるアイドル五番勝負!前夜祭@ニコニコ本社

 「アーバンギャルドの病めるアイドル五番勝負!前夜祭」の司会進行のためニコニコ本社へ。

 あずかり知らぬ間に、本日はヲタ芸講座まですることになっていました……。




 明日から始まる「病めるアイドル五番勝負!!!!!」についてトーク、ヲタ芸講座、出演アイドルからの動画やコメントの紹介などをさせていただきました。

 帰宅後にタイムシフトで見直しましたが、自分が「病めるアイドル」でMIXを打つ姿を見つつ、「人間はこうやって一線を超えていくのか……」と感じた次第です。

 明日からの「病めるアイドル五番勝負!!!!!」、楽しみです!


病めるアイドル

投稿者 munekata : Permalink

2012年6月30日

tofubeats

 tofubeats「水星」をiTunes Storeでダウンロード購入。アルバムチャート総合1位を獲得したのには本気で驚きました。若い才能は老いた僕らをも勇気づけます。



水星

投稿者 munekata : Permalink

2012年6月28日

BiS、石橋英子

 BiSの「BiS in 白子テニスフェスティバル」は、6月10日に出演したクローズドなイベントの動画。



 石橋英子「imitation of life」はアルバム「imitation of life」の収録曲。



IDOL IS DEAD(仮) (期間限定生産) (ALBUM+2枚組DVD)

Imitation of life

投稿者 munekata : Permalink

2012年6月27日

中川敬

 中川敬「世界はお前を待っている / そら〜この空はあの空につながっている」をiTunes Storeでダウンロード購入。

 この配信限定アコースティック・ソロ・シングル、特設サイトで歌詞カードを無料ダウンロードできます。


世界はお前を待っている C/W そら 〜この空はあの空につながっている

投稿者 munekata : Permalink

2012年6月25日

KGY40Jr.

 KGY40Jr.の「渋谷Club CRAWL 新曲発表会! 2012年6月17日」は、4分過ぎから始まるむらっちさん表彰、うのうさんを加えてのカラオケ大会が尋常ではないものを感じさせます。


投稿者 munekata : Permalink

2012年6月22日

BABYMETAL、Tomato n' Pine

 BABYMETAL「ヘドバンギャー!!」は7月4日発売のシングル。



 Tomato n' Pine「踊れカルナヴァル」は8月1日発売のアルバム「PS4U」の収録曲。



ヘドバンギャー!!【通常盤】

PS4U(初回生産限定盤)(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2012年6月20日

BiS「PPCC」PV公開

 BiS「PPCC」のビデオ・クリップの「Special Edit」が公開されました。



 暴力とスクール水着とフェティズム。

 プー・ルイの過去の映像を大量に使って見る者と強引に記憶を「共有」させた「primal.」や、大量のアイコンを埋め込んだ「IDOL」といった近作と違って、「PPCC」ではそうしたコンテクストをざっくり捨てていて、大胆にリセットしている印象を受けました。


PPCC

PPCC(SINGLE+DVD)

PPCC(SINGLE+DVD)

投稿者 munekata : Permalink

2012年6月18日

空気公団のライヴ動画

 空気公団・バストリオによる6月14日のライヴ動画「あなたはわたし」「元気ですさよなら」は、パフォーミングアートのような人が出てきて面白いです。



LIVE春愁秋思DVD

投稿者 munekata : Permalink

2012年6月15日

アーバンギャルド「コスプレイヤー」

 アーバンギャルドの「コスプレイヤー」は、ライヴDVD「SHIBUYA-AXは病気」の同梱アルバム「不良少女のアーバンギャルド」収録曲。



アーバンギャルドのSHIBUYA-AXは、病気。[DVD+CD]


投稿者 munekata : Permalink

2012年6月14日

tofubeats 「水星 feat,オノマトペ大臣」PV公開

 6月30日にデジタルリリースされるtofubeats 「水星 feat,オノマトペ大臣」のビデオ・クリップが公開されました。素晴らしくて泣けてくるなぁ。才能ある若者たちの姿に鼓舞されます。監督は争うなら王冠燃やせ。



 「製作 : オオギシトモヒロ×重光あさみ(Fochaca!)」 とのクレジットも。Fochaca!の重光亜沙美はspoon+「カメレオン」「イチゴオンザショートケーキ」の監督をした人でもあります。


水星

投稿者 munekata : Permalink

2012年6月11日

新チロリン、オノマトペ大臣とTOFUBEATS

 「新チロリン/途中にしてね (short edit) Offical Video」は、ムーンライダーズの岡田徹プロデュースのチロリンの楽曲を新メンバーでカヴァーしたもの。編曲はCTO LAB.、ビデオ・クリップの監督は名嘉真法久。


新チロリンはガジェット系女子未来鼓笛隊を目指す!
この夏(2012/08/08)VALBレーベルからアルバム「Chit Chat Chiroline/おしゃべりチロリン」リリース予定。
プロデュースは岡田 徹(ムーンライダーズ)


 これは期待せずにはいられません。



 「歌舞伎町マルチネフューチャーパーク - オノマトペ大臣とTOFUBEATS」1〜4は、先日の歌舞伎町マルチネフューチャーパークの映像。なかでも3番目の動画で、tofubeatsが作詞作曲編曲プロデュースしたtengal6「プチャヘンザ!」を、そのメンバーのyumiがひとりでラップして「tengal1」状態なのが素敵です。



Okie Dokie!

街の踊り [12 inch Analog]

水星 EP [12 inch Analog]

CITY

投稿者 munekata : Permalink

2012年6月 9日

「アーバンギャルドのSHIBUYA-AXは病気。」紹介映像

 アーバンギャルドの「『アーバンギャルドのSHIBUYA-AXは病気。』紹介映像」が公開されました。3月20日のライヴを収録したもの。



アーバンギャルドのSHIBUYA-AXは、病気。[DVD+CD]

投稿者 munekata : Permalink

2012年6月 8日

ムーンライダーズ「moonriders LIVE at SHIBUYA KOKAIDO 1982.11.16 青空百景 for ototoy only」

 ムーンライダーズのお蔵出しライヴ映像「moonriders LIVE at SHIBUYA KOKAIDO 1982.11.16 青空百景 for ototoy only」のOTOTOYでの配信が始まりました。が、1.8GBが残り5時間のまま微動だにしない状況に。結局サポートの方に助けていただいて、やっとファイルをダウンロードできました。



Ciao!THE MOONRIDERS LIVE 2011 [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2012年6月 7日

スカート、キリンジ

 スカートの「スウィッチ」のビデオ・クリップが公開されました。アニメーションで澤部渡!



 キリンジ「祈れ呪うな」は、5月30日に配信限定リリースの楽曲。



エス・オー・エス

祈れ呪うな / 涙にあきたら [7 inch Analog]

投稿者 munekata : Permalink

2012年6月 4日

KGY40Jr.「Happiness!! / 2012.5.27」

 KGY40Jr.のライヴ動画「Happiness!! / 2012.5.27」がYouTubeで公開されました。KGY40Jr.+梨ギャル+まゆ犬(研究生)+皮茶パパという最強の布陣によるステージのハイライト集です。


投稿者 munekata : Permalink

2012年6月 1日

アーバンギャルド、BiS

 アーバンギャルドの「『病めるアイドル』本人だけど踊ってみた」、これがバンド......!



 BiSの「『PPCC』trailerウザver.」は本当にウザい! エイベックスに移籍してもまだこういうブツが制作される点によくわからない希望を感じます。



病めるアイドル

PPCC(SINGLE+DVD)

PPCC(SINGLE+DVD)

PPCC

投稿者 munekata : Permalink

2012年5月29日

豊田道倫、KGY40Jr.

 豊田道倫の「I love you」は昨日のライヴ動画が早くもアップロードされたもの。撮影はスカートの撮影でおなじみのhiroki19830110さん。



 KGY40Jr.の「タワレコ新宿リニューアル記念 新宿ロフト2012.5.26」は、06:00あたりからヲタをステージに上げての「NORINORI-Danece大会」がヤバいです。



実験の夜,発見の朝 -12th Anniversary Deluxe Edition-

投稿者 munekata : Permalink

2012年5月28日

tofubeats「朝が来るまで終わる事の無いダンスを(2012mix)」フリーダウンロード

 tofubeatsの「朝が来るまで終わる事の無いダンスを(2012mix)」のフリーダウンロードが開始されました。


蛇足
そもそもこの楽曲は風営法と全く!関係の!無い!経緯で作ったものです。
ですが、僕の住む関西では風営法による取り締まりが日々厳しくなっており、
それは無視できないレベルに達しています。し、これをクラブで聞いたらそういうことだと思ってしまうでしょう。
結局後からこのような意味になってしまったのは悲しいことなのですが、
(何かしろとか、何か書けとか、そういうのは僕は曲ではあまり言いません。)
こうなった以上この楽曲を通して少しでも興味を持って、考えてくれたらと思います。
トーフ



水星

投稿者 munekata : Permalink

2012年5月27日

神聖かまってちゃん「おっさんの夢」

 神聖かまってちゃんの久しぶりの新曲「おっさんの夢」がYouTubeで公開されました。不協和音をバックに、こんなに歌いあげてるの子が新鮮です。そして、このビデオ・クリップの子がおっさんを演じているように、の子が他人の視点で書いている楽曲でもあります。



知恵ちゃんの聖書

投稿者 munekata : Permalink

2012年5月24日

BiS「PPCC」トレイラー第2弾公開

 BiSの「PPCC」のトレイラー第2弾が公開、最後に「PPCC」が流れています。



PPCC

PPCC(SINGLE+DVD)

PPCC(SINGLE+DVD)

投稿者 munekata : Permalink

2012年5月23日

tengal6のライヴ動画

 tengal6の5月15日のライヴのファン撮影と思われる動画、画面の左端で頭を揺らしているのが僕です。楽曲は「決戦はフライデー」。yumiさん好きです!



CITY

投稿者 munekata : Permalink

2012年5月22日

パブリック娘。

 パブリック娘。「そんなことより早く、このパーティーから連れ出して」は、tengal6の「プチャヘンザ!」の作者であるtofubeatsと同じ関西からの「プチャヘンザ!」へのアンサーのように響きます。作曲のSEKITOVAは1985年生まれ。



Inverted Qualia E.P.

投稿者 munekata : Permalink

2012年5月18日

ナグリアイ「primal.」 at "BELLRING / ナグリアイの壁" 2012/4/15

 5月19日に向けて、「ナグリアイ『primal.』 at "BELLRING / ナグリアイの壁" 2012/4/15」を最後のダメ押し宣伝的に公開しました。



 すでに公開した「ナグリアイ at "BELLRING / ナグリアイの壁" 2012/4/15」と同じステージでの「primal.」なのですが、 TDCさんに撮影していただいた別アングルです。


primal.(初回限定盤)(DVD付)

primal.

投稿者 munekata : Permalink

MEG「TRAP」PV公開

 岡村靖幸が作曲、大沢伸一が編曲を手掛けたMEGの新曲「TRAP」のヴィデオ・クリップが公開されました。シングルとして6月13日に発売。


 


TRAP(通常盤)

TRAP(初回限定盤)(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2012年5月17日

BiS、tengal6、KGY40Jr.

 「Font Me 」はAdobeのデジタルアトラクションですが、BiSがAdobeと絡むとは予想外すぎて驚きました。共通するのはアルファベット表記ぐらい......というぐらいハイブロウな仕事です。



 tengal6の新曲「しってる/しらない」は作詞作曲がtofubeats。



 KGY40Jr.の「KGY40Jr.劇場 アクロスモール新鎌ケ谷2F 2012.5.3」は、ヲタをステージに上げての「norinoriカラオケ大会」が正気の沙汰ではありません......そもそも彼らを知らない人はこれをどう受容するのでしょうか......。



IDOL IS DEAD(仮) (期間限定生産) (ALBUM+2枚組DVD)

CITY

投稿者 munekata : Permalink

2012年5月16日

とんちピクルス「どうだいドラえもん」

 ザ・プーチンズのライヴでもカヴァーされたという、とんちピクルスがのび太の30年後を歌った「どうだいドラえもん」を聴くと胸に刺さって困ります。このパラレルワールドでは、のび太は離婚して子供の親権を元妻に渡し、ひとりで仕事と酒と煙草の日々なのです。


お願いだ今生きてる時代がもっともいい時代だと言ってくれ 心に悲しみが灰のようにつもる 灰のようにつもる



とんちピクルス

投稿者 munekata : Permalink

2012年5月11日

LISMO Unlimited

 LISMO UnlimitedがiPhoneに対応したので試しに使いましたが、無意味に矢沢永吉の「止まらないHa〜Ha」を検索してみたところライヴ音源を含めて何種類も出てきたり、ひめキュンフルーツ缶もあったりと、品揃えは悪くない印象。

 月額1480円という価格設定と、自分が買うCDを聴くので精一杯なのがネックです。


Best of LISMO!

投稿者 munekata : Permalink

2012年5月 9日

佐野元春&雪村いづみ「トーキョー・シック」

 佐野元春&雪村いづみ「トーキョー・シック」をiTune Storeでダウンロード購入。



佐野元春&雪村いづみ「トーキョー・シック」g

投稿者 munekata : Permalink

2012年4月23日

Akoya Afrobeat Ensembleの震災復興支援ライヴ

 「Akoya Afrobeat Live at Studio BPM, 3/10/2012 -@Japan disaster fundraising event by studio BPM for Japan vol.4」は、Akoya Afrobeat Ensembleの震災復興支援ライヴの映像。アフロビートのAkoya Afrobeat Ensembleは、日本人のヨシ・タケマサを中心にニューヨークで結成されたバンドです。




Video streaming by Ustream


イントロデューシング・アコヤ・アフロビート・アンサンブル

投稿者 munekata : Permalink

2012年4月21日

ザ・プーチンズ、スカート

 「『ザ・プーチンズのぷ道館』@原宿アストロホールCM」は、5月19日のワンマンライヴのCM。ザ・プーチンズのCMは実際に本編に反映された前例があるのですが、はたしてこれは……?



 「スカート『夜のめじるし』『セブンスター』2012/4/19」は、スカートのライヴ映像をその日のうちにアップロードしています。



川島さる太郎の自己破産 [DVD]

ストーリー

投稿者 munekata : Permalink

2012年4月18日

電気グルーヴ、MINT

 電気グルーヴの「SHAMEFUL」の映像には、個人的に不安のスィッチを押され続けました。体育館と崩壊。



 「2012.3.10 トキオーミント」は、MINTが3月10日(=ミントの日)に開催した「トキオーミント『MMMM (MOTTO MINT MEGA MIX)』リリパなー」のライヴの映像。冒頭ではPerfumeの「レーザービーム」でラップしています。



SHAMEFUL

ミンちゃん

投稿者 munekata : Permalink

2012年4月10日

BiS「IDOL」

 3月14日に公開された新曲「アイドル」は嘘でした! というわけで、4月11日にローソン・HMV限定発売されるワンコインシングル「IDOL」のビデオクリップが公開されました。



 このカルト教団的なイメージ、「Occupy Wall Street」を連想させるアノニマス、そうした不気味さとユーモアの絶妙な対比と、素晴らしいビデオ・クリップです。

 さて「BiS is BACK!!!!」ということですが、この数週間のヲタの苦悩は何だったんだよ! 今回はなんかいろんなしこりが残りそうで不安。個人的にはこの期間ライヴへ行けなくてむしろ良かったです。

 まぁBiSの今回の仕込みに関しては、ヲタのなかでも古参研究員と現場系研究員がダメージを受ける形になったのは事実で、でも僕らが踏み台になるのはしょうがないか、という気もします。

 それにしても、まさかローソン・HMV限定発売のシングルにここまで仕掛けてくるとは思いもしませんでした。ディレクター・渡辺淳之介の最後の仕事、しかと見届けました。

 あとはもう僕がBiSへの想いを血の涙を流しながら書いた「映画秘宝EX アイドル10年史」を、BiSが宣伝してくれればいいです。

 だって僕を超えるBiSについての文章はまだ誰も書いてないですから。


映画秘宝EX激動!アイドル10年史 (洋泉社MOOK)

IDOL

PPCC(SINGLE+DVD)

PPCC

PPCC(SINGLE+DVD)

投稿者 munekata : Permalink

鈴木祥子、でんぱ組inc.

 鈴木祥子の4月21日発売のシングル「愛と幻想の旅立ち」のダイジェスト。



 でんぱ組inc.による小沢健二カヴァー「強い気持ち・強い愛」もすごいことになってます。



でんぱれーどJAPAN/強い気持ち・強い愛(通常盤)


投稿者 munekata : Permalink

2012年4月 2日

spoon+「イチゴオンザショートケーキ」PV公開

 spoon+「イチゴオンザショートケーキ」のビデオ・クリップが公開されました。監督は重光亜沙美。acoの相手役として男性がいる、という点が新鮮です。



birth(紙ジャケット)

投稿者 munekata : Permalink

2012年3月26日

KGY40Jr.、Recto Berso

 「【KGY40Jr.】渋谷Club CRAWL 2012年3月20日」は先日のワンマンライヴの映像。。皮茶パパが「ダクトさんミックスで行ってみましょう!」と言ったり、アンコールが「\お願いしまーす/」だったり、すごい光景です。



 「My Bird Has Flown Away / レクト・ベルソ」は、岡田徹プロデュースのRecto Bersoのビデオ・クリップ。クレジットはないですが、監督はエイプリルズの名嘉真法久とのことです。



My Bird Has Flown Away TOKYO BOOT UP!エントリーソング

投稿者 munekata : Permalink

2012年3月17日

KYG40Jr.のライヴ動画

 KYG40Jr.のライヴ動画「[KGY40Jr.]鎌ヶ谷ファイターズフェスタ'12 」は、プロデューサーの皮茶パパがコールでは飽き足らず遂に歌い出してリードヴォーカルを務めてる07:49からの流れがヤバいです。



【送料無料】淡路島 玉ねぎ皮茶約3ヶ月分(6パック) 淡路島産 玉葱の皮に多く含まれる成分、ケルセチンが、脂肪のつきにくい体にしてくれます。肌荒れ、ニキビ...

投稿者 munekata : Permalink

2012年3月13日

KGY40jr. "POP SCUM UNCLE =KIAI= MEGA MIX"

 PsycheSayBoom!!!ことダクトによるKGY40Jr.のメガミックス「KGY40jr. "POP SCUM UNCLE =KIAI= MEGA MIX" 」が公開されました。プロデューサーの皮茶パパの声を大々的にフィーチャリングしたミックスです。もう聴いてるだけで発狂しそう。



【送料無料】 ≪お徳用≫国産の手作り玉葱の皮茶2g×50包

投稿者 munekata : Permalink

2012年3月 9日

狐火「あの娘は夜通しツイッター」

 狐火「あの娘は夜通しツイッター」は、2011年のアルバム「27才のリアル」の収録曲。



27才のリアル

投稿者 munekata : Permalink

2012年3月 7日

テクノ妹子 with Chii☆のライヴ映像

 テクノ妹子 with Chii☆のライヴのUSTREAMアーカイヴが公開されています。「恋と革命」は演奏されていません。未CD化の名曲「記憶媒体」は06:20あたりから。




Video streaming by Ustream


テクノポップ・ルネサンス (TECHNOPOP RENAISSANCE)

投稿者 munekata : Permalink

2012年3月 2日

曽我部恵一BAND、レコライド、忘れらんねえよ、BABYMETAL

 曽我部恵一BAND「ロックンロール tofubeats remix」は7インチアナログ盤の収録曲。



 レコライド「星屑のmp3」は、ふだんのたったちゃんが暴れまくるライヴを見ていると逆に衝撃的な80年代VHSビデオテープな感触のヴィデオ・クリップ。



 忘れらんねえよ「忘れらんねえよ」は、VAPからのアルバムの収録曲。



 BABYMETAL「いいね![ Iine! ](Edit ver.) 」は、ヘヴィメタ、パラパラ、R&Bと展開するのが豪快です。



曽我部恵一BAND

MP3の断末魔

ファーストへたれアルバム「忘れらんねえよ」

BABYMETAL×キバオブアキバ

投稿者 munekata : Permalink

2012年3月 1日

Cutie Pai「Trancetic Mode」

 Cutie Pai「Trancetic Mode」をiTunes Storeでダウンロード購入。DRMフリーのiTunes Plusになってから買った初めて買った音源でもあります。


120301a.jpg

投稿者 munekata : Permalink

2012年2月24日

狐火のYouTubeチャンネル

 狐火のYouTubeチャンネルで、以前は見られなかった動画が再公開されている気がします。

 「福島からの風向き」は、「PRAY FOR FINAL」の「FUKUSHIMAからの風向き」とタイトル表記だけではなくバックトラックがまったく異なります。



PRAY FOR FINAL

投稿者 munekata : Permalink

2012年2月22日

アップルがiTunes in the Cloudを日本でもサービス開始

 唐突にこの日が来ました。「 【速報】いきなりこの日がきた! アップル、iTunes in the Cloudを日本でサービス開始!|ギズモード・ジャパン」。 iPhoneのiTunesで、これまでiTunes Storeで買った楽曲たちがiCloudからダウンロードできるようになっていて、「え、心の準備ができてない!」という状態でした。

 海外では当初からあったiCloudの音楽サービスですが、「iTunes Storeで買った曲ならどこでもWi-Fi経由でiPodに自由に入れられる」というのを実際に日本でやられると新鮮です。僕はCDでは買えない音源だけiTunes Storeで買っていますが、この便利さはCD離れ加速させるでしょう。

 さらに、iTunes Storeの楽曲がDRMフリーに。すでに購入した分には追加料金がかかってしまいますが。また、洋楽が中心とはいえ遂にソニー音源の取り扱いも始まりました。エキサイティングな革命が突如日本で起こった感覚です。


iTunes 10.5基本ワザ&便利ワザ Windows & Mac対応

iCloud使いこなしガイド (三才ムック vol.460)

投稿者 munekata : Permalink

2012年2月18日

ザ・プーチンズのライヴ映像

 今日はバンドじゃないもん!やBiSとかぶったのでザ・プーチンズのライヴを見に行けなかったのですが、USTREAMにIIDでのライヴがアーカイヴされていました。



川島さる太郎の自己破産 [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2012年2月17日

マレウレウ、キウイとパパイヤ、サカキマンゴーズ、Yellow Magic Orchestra、東京女子流、ぱすぽ☆

 「"マレウレウ祭り" Live (MAREWREW MATSURI, Nov. 2011) 」は2011年11月20日のライヴ映像。



 「キウイとパパイヤ、サカキマンゴーズ Kiwi & the Sakaki Mangoes 」は、2012年1月28日のキウイとパパイヤ、マンゴーズとサカキマンゴーの共演ライヴのダイジェスト映像。



 「『Yellow Magic Orchestra Live in San Francisco 2011』ダイジェスト版」は、DVD化される2011年6月27日のライヴからの映像。



 「東京女子流 / Rock you!」は、床に身体を付けるライヴでのパフォーマンスも圧巻です。



 「ぱすぽ☆ - 君は僕を好きになる」は、むっしゅこと佐久間夏帆の脱退後初のシングル。



マレウレウ

ワールド・ワイド・ローカルズ&アワ・ジェイ・ポップス

リンバ・マリンバ・ライヴ・アット・ムサビ(初回盤DVD付き)

Yellow Magic Orchestra Live in San Francisco 2011 [DVD]

Rock you! / おんなじキモチ -YMCK REMIX-(DVD付A)

君は僕を好きになる(初回限定盤)(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2012年2月16日

The Beach Boys「Do It Again - 50th Anniversary Edition」のPV公開

 The Beach Boysの「Do It Again - 50th Anniversary Edition」のビデオ・クリップが公開されました。



Friends / 20/20

投稿者 munekata : Permalink

2012年2月15日

Bjorkのライヴ音源がフリーダウンロード可能

 Bjorkのライヴ音源がnyctaperでフリーダウンロード可能です。19曲収録。


Biophilia: Deluxe Edition

投稿者 munekata : Permalink

2012年2月14日

James Blakeのライヴ音源がフリーダウンロード可能

 James Blakeのライヴ音源がThe Wilhelm Screamでフリーダウンロード可能です。15曲収録。


James Blake

投稿者 munekata : Permalink

2012年2月13日

The Beach Boysのグラミー賞でのパフォーマンス

 The Beach Boysのグラミー賞でのパフォーマンスが92.9 NIN Today’s Hit Musicで公開されています。再集結したThe Beach Boysが「Good Vibrations」を歌うのをLady Gagaが見ているとか、すごい光景です。



212212211147 投稿者 YardieGoals


スマイル(デラックス・エディション)

投稿者 munekata : Permalink

2012年2月 9日

カーネーション「『Carnation tour 2012 "UTOPIA"』Live at TOKYO KINEMA CLUB 2011.12.3」

 カーネーション「『Carnation tour 2012 "UTOPIA"』Live at TOKYO KINEMA CLUB 2011.12.3」をApple Lossless版で購入。

 2月15日までキャンペーン価格なのですが、MP3なら25トラックが1000円とか安すぎませんか。以前も書きましたが、Live CarnationはFLAC、Apple Lossless、MP3など、購入できるファイル形式に選択の幅があるのが素晴らしいです。


カーネーション「『Carnation tour 2012

投稿者 munekata : Permalink

2012年2月 7日

スカート、北朝鮮の「Take On Me」、OK Go

 スカートの昨日の下北沢シェルターでのライヴの動画がすでに公開されています。1台のカメラ(たぶんiPhone)で角度や位置を変えながら約14分撮影し続けられるのはすごいなぁ。



 a-haの「Take On Me」を北朝鮮の若者5人がアコーディオンで合奏する動画。構図の奥行き、演奏のうまさ、そしてなにより選曲ゆえに不思議な感動すら覚えました。ノルウェーのイベントの企画のために撮影されたもののようです。



 OK Go「Needing/Getting」は彼らだけに期待値を上げまくっても唖然とするような映像でした。



ストーリー

Hunting High & Low

180/365

投稿者 munekata : Permalink

2012年1月31日

青春狂走曲 in 新春バンドマン綱引き合戦

 スペースシャワーTVの番組「ナンダコーレ」で「新春バンドマン綱引き合戦」前後編が放送され、さらにそこで演奏された「青春狂走曲」のフル・ヴァージョンがYouTubeで公開されました。曽我部恵一BANDにサニーデイ・サービスの田中貴が加わった「青春狂走曲」!



本日は晴天なり


ハピネス!

GUM

ASTRA/クレイマー、クレイマー

ダディ

投稿者 munekata : Permalink

2012年1月29日

新春バンドマン綱引き合戦 後編

 スペースシャワーTVの番組「ナンダコーレ」で「新春バンドマン綱引き合戦」という企画が放送され、その後編がYouTubeで公開されました。サニーデイ・サービスの田中貴が乱入! 綱引きに!



本日は晴天なり

ハピネス!

GUM

ASTRA/クレイマー、クレイマー

ダディ


投稿者 munekata : Permalink

2012年1月27日

ソウル・フラワー・ユニオン「キセキの渚」PV

 ソウル・フラワー・ユニオン「キセキの渚」のビデオクリップをOTOTOYで購入。300MB以上ある.MOVファイルが僕のWindows Vistaを再起動してもコマ落ちするなか見続けました。

 被災地の生々しい写真が出てくるのだろうと身構えていましたが、その悲しみを乗り越えて楽曲のエネルギーを映像に落とし込むソウルフラワーすげぇ、と素直に思いました。そりゃ「満月の夕」のバンドだもんな。

 なお、僕のパソコンだと処理が追いつかない問題は、Craving ExplorerでiPhone向けのMP4に変換して解決しました。何度もやり直す。しつこく巻き返す。



キセキの渚

投稿者 munekata : Permalink

2012年1月25日

アーバンギャルド、南波志帆、一青窈

 アーバンギャルド「わたしになって生まれてみたい」は3月7日発売のシングル「生まれてみたい」の予告編。



 南波志帆「少女、ふたたび」も3月7日発売のシングル。作詞はBase Ball Bearの小出祐介、作曲は矢野博康、ビデオクリップの監督は関和亮。


 一青窈「Lesson」は配信限定シングルで、岡村靖幸が作曲、編曲、プロデュースした作品。まさかの相性の良さです。



少女、ふたたび

投稿者 munekata : Permalink

2012年1月24日

新春バンドマン綱引き合戦 前編

 スペースシャワーTVの番組「ナンダコーレ」で「新春バンドマン綱引き合戦」という企画が放送され、その前編がYouTubeで公開されました。


出演:曽我部恵一BAND,シャムキャッツ,
昆虫キッズ,どついたるねん


 昆虫キッズにはスカートの澤部渡も参加。曽我部恵一の綱引きへの寸評が入るのが妙に可笑しいです。



ハピネス!

GUM

ASTRA/クレイマー、クレイマー

ダディ

投稿者 munekata : Permalink

2012年1月10日

空気公団、スカートのライヴ動画

 昨日の空気公団のUSTREAM配信ライヴのアーカイヴが公開されています。3人だけによる演奏が逆に新鮮です。



 スカートのライヴ動画は連日のように公開されている気がします。これは1月8日のタワーレコード渋谷店1Fラウンジでの演奏です。



LIVE春愁秋思DVD

ストーリー

投稿者 munekata : Permalink

2012年1月 9日

スカート、エレクトリックリボン、Malignant Co.のライヴ動画

 「スカート 2011/10/22 日本ロックフェスティバル at 高円寺」は、昨年10月22日にスカートが行った10曲を約25分でノンストップ演奏するライヴの動画です。近藤真彦と岡村靖幸のカヴァーも。



 エレクトリックリボン「レプリカプリコ」は、去年10月25日の活動休止前のiRia脱退ライヴの動画。すでに公開されているものとは別アングルです。



 Malignant Co.「おっぱいが2倍」 は、去年10月29日に渋谷CYCLONEで開催された「マリグ☆ナイト6」でのライヴ動画。この楽曲でのヴォーカルは、そろほまつ、ki☆ki、ゆうぎ王です。



ストーリー

投稿者 munekata : Permalink

2012年1月 5日

空気公団のUSTREAMライヴ配信

 空気公団のUSTREAMライヴ配信が、1月9日の21時から行われるとTwitterやFacebookでアナウンスされています。




 DVD、ダウンロード配信、アナログ盤でそれぞれ音源が異なる「LIVE春愁秋思」3作品は1月25日発売。



春愁秋思

投稿者 munekata : Permalink

2012年1月 3日

BiSの大晦日のライヴ動画

 BiSの昨年の大晦日の下北沢SHELTERでのライヴ動画がYouTubeで公開されました。ユケの脱退ライヴです。



 この日は1曲目からユケのファンがリフトされてて「早すぎるだろ!」と笑ったのですが、動画に激しいリフトが記録されていてまた爆笑しました。ユケの最後にふさわしいハードコアさです。


primal.(初回限定盤)(DVD付)

primal.

投稿者 munekata : Permalink

2011年12月29日

アーバンギャルドのライヴ動画

 アーバンギャルドが11月に開催した「アーバンギャルドのディストピア2011」のうち、多数のサポートミュージシャンを迎えた20日の映像が公開されました。楽曲は「スカート革命」と「ももいろクロニクル」。ライン音源は会場で聴いた感触と異なっていて新鮮です。



プロパガンダヴィデオ 2012 [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2011年12月17日

ザ・プーチンズ「川島さる太郎の自己破産」PV公開

 ザ・プーチンズ「川島さる太郎の自己破産」のビデオ・クリップが公開されました。本公演「川島さる太郎の自己破産」の映像がまったく出てこない! しかし内容的に本公演とクロスしている! そんな映像です。この楽曲「川島さる太郎の自己破産」も何度も聴いてしまう味わいがあります。



川島さる太郎の自己破産 [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2011年12月16日

スカートのライヴ動画とニュース記事

 スカートのライヴ動画「スカート『ハレンチ(岡村靖幸カバー)/ガール』2011/12/11」がYouTubeで公開されています。



 「スカート『だれかれ』『ストーリー』2011/10/1 新潟golden pigs」も公開されました。



 「【J-POP】24歳120kgのポップモンスター澤部渡a.k.aスカート - ウレぴあ総研」の記事では、スカートとBiSの対バンのエピソードが非常に良いです。この出会いを体験したひとりが、まさに僕なのですから。


ストーリー

投稿者 munekata : Permalink

2011年12月15日

狐火「ガスマスク着けたサンタクロース」公開

 狐火の新曲「ガスマスク着けたサンタクロース」がYouTubeで公開されました。

 福島出身の狐火による「PRAY FOR FINAL」は2011年の重要作です。



ガスマスク着けたサンタクロース
シャンデリアの上で踊った
大雪が降った東北の夜 ジングルベルなんて程遠い街 
メーリークリスマス
シャンデリアの上で踊った
大雪が降った東北の夜 ジングルベルなんて程遠い街 

ハローよりも上の方 塀をまたいで利子付けて貼りかえすレッテル
不謹慎と無理心中したあんたあの日に一緒に死んだ
紙に書きなぐったありがとうが帰りたそうに
どこに引っ越したお隣の坊や 今年はトナカイも避けて通る

福島浜通り 凍りついた路面に通り過ぎた最後の各駅停車
あのレールはこの先何百年 3.11で止まったままか
メヒカリの光も奪ったモノノケ 近い物でも視界は透明
共鳴・共感はくれてやるからオレは独断でここで仁王立ち

ガスマスク着けたサンタクロース
シャンデリアの上で踊った
大雪が降った東北の夜 ジングルベルなんて程遠い街 
メーリークリスマス
シャンデリアの上で踊った
大雪が降った東北の夜 ジングルベルなんて程遠い街 

クリスマスプレゼントにガスマスク
ブラックジョークも黒の比率増す
欲しいものはただの日常 嫌気指すくらいダルイ月曜の朝
活発で生意気な年下の上司ですら幸せの断片に思えた 
マスク越し見えた故郷はとても苦くて美しかった

どうせ全部うそだったんでしょ 七面鳥も逃げ出すくらい
プライドがそうさせた暗いドア 辛いのはスーツ来たチンパンジー
が向かう審判に 大人だったらバレない嘘を突き通す覚悟
それが出来なきゃ惨めなサンタ そこで夢から覚めた坊や良く見な

ガスマスク着けたサンタクロース
シャンデリアの上で踊った
大雪が降った東北の夜 ジングルベルなんて程遠い街 
メーリークリスマス
シャンデリアの上で踊った
大雪が降った東北の夜 ジングルベルなんて程遠い街 

足並み揃えるか足場踏み外すか 
叩くしか能がない割にNOが言えない内心
amazonが届けるガイガーカウンターが描いた丸が
正義の味方か見方変えたら引き算ばっかの人生に祝杯を
遠き日落日同時に描く質感が捕えた今だけは見逃さぬように

雪の積もらない第一原発 一生冷めない熱なら心に
一生覚めない夢ならまぶたに フタをしたい忘れたい過去
をループし繰り返すかすれた声でも ジングルベルが鳴り響く頃
シーンとする町に無い子供の足音

ガスマスク着けたサンタクロース
シャンデリアの上で踊った
大雪が降った東北の夜 ジングルベルなんて程遠い街 
メーリークリスマス
シャンデリアの上で踊った
大雪が降った東北の夜 ジングルベルなんて程遠い街 

大人だったらバレない嘘を突き通す覚悟
それが出来なきゃ惨めなサンタ そこで夢から覚めた坊や良く見な
靴下の中身 夢のエネルギーはどうやら悪夢だったらしい
テレビが繰り返す健康に影響はない
どこかから聞こえるジングルベルより早く逃げなきゃ

ガスマスク着けたサンタクロース
シャンデリアの上で踊った
大雪が降った東北の夜 ジングルベルなんて程遠い街 
メーリークリスマス
シャンデリアの上で踊った
大雪が降った東北の夜 ジングルベルなんて程遠い街


PRAY FOR FINAL

投稿者 munekata : Permalink

2011年12月 8日

きゃりーぱみゅぱみゅ、DiS、響レイ奈、「プチャヘンザ!」

 きゃりーぱみゅぱみゅ「つけまつける」のビデオ・クリップは、無意味ゆえの強度がすごいです。「クールジャパン」も「アート」も関係なく、どの文脈にも依存していないから単体での強度が異常な高さに達しています。



 BiSのプー・ルイとのんちゃんによるDiS、追い打ちをかけるようにリミックス「DEAR BEEF Bertin Chamberlain Mix」まで公開されました。



 響レイ奈「『悪い女』〜ある女の独り言編〜LIVE」 、昭和歌謡テイストの楽曲とジャジーな演奏が素晴らしいです。



 12月22日(木)六本木Super Deluxeに開催される「プチャヘンザ!」のCM。いい味出してます。



つけまつける (初回限定盤 フォトブック仕様パッケージ)

つけまつける (通常盤)

primal.(初回限定盤)(DVD付)

primal.

プチャヘンザ!(紙ジャケット仕様)(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2011年12月 5日

DiS「DEAR BEEF」

 SPACE SHOWER TVの番組「ナンダコーレ」の企画として、BiSのプー・ルイとのんちゃんが扮する「DiS」による「DEAR BEEF」がYouTubeに公開されました。監督は浅井一仁、トラックはSchtein&Longer。



 元ネタのSEEDA & OKI (GEEK) 「TERIYAKI BEEF」と比べると、冒頭のてりやきバーガーの段階で出落ち感がすごいです。



 なお、「音楽主義」No.17の「ソーシャルメディア実例アンケート」での「WEBプロモーションをする際にタブーと思う事例を教えてください」の項目で、プー・ルイは「Disること」と回答していました。リキッドルームでのワンマンライヴのために禁断の果実をかじった感があります。


primal.(初回限定盤)(DVD付)

primal.

投稿者 munekata : Permalink

2011年12月 1日

スカートのライヴ映像とCM

 澤部渡とPOP鈴木という編成によるスカートの11月29日下北沢シェルターでのライヴ映像「魔女」がYouTubeに公開されました。



 澤部渡が「急に呼び出されて撮影しました」とツイートしていた「だれかれ」(アカペラVer.) は、12月15日のシングル「ストーリー」のCM映像です。



ストーリー

投稿者 munekata : Permalink

2011年11月30日

ザ・プーチンズ「僕のプリン食べないで」

 ザ・プーチンズ「僕のプリン食べないで」の11月26日六本木LODGEでのライヴ映像が早くもYouTubeで公開されました。曲が始まるまで7分以上もある!



川島さる太郎の自己破産 [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2011年11月29日

冨田勲×松武秀樹、小沢健二USTREAM

 冨田勲×松武秀樹師弟がタンスシンセを前に放送するDOMMUNEの合間に、小沢健二がUSTREAM。来年のツアーの告知をして約17分で終了というやり逃げ感がすごかったです。一方で冨田勲と松武秀樹は、「先生、この音どうやって作ったんですか?」「教えません」など師弟の会話が軽妙でした。


冨田勲×松武秀樹


PLANET ZERO〜FREEDOMMUNE○ZERO session with DAWN CHORUS

RMXLOGIX(with special tracks)

Ecology Of Everyday Life 毎日の環境学

投稿者 munekata : Permalink

2011年11月21日

tengal6 「プチャヘンザ!」 PV公開

 tengal6 「プチャヘンザ!」 のビデオ・クリップがYouTubeで公開されました。遂に! 長回しの一発録りだったという作品です。



プチャヘンザ!(紙ジャケット仕様)(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2011年11月18日

Tomato n' Pine「ジングルガール上位時代」PV公開

 Tomato n' Pine「ジングルガール上位時代」のビデオ・クリップがYouTubeで公開されました。この映像に一瞬登場するシーンのブルーノート感など、相変わらず抜きんでたセンスを感じさせる作品です。



ジングルガール上位時代(初回生産限定盤)(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2011年11月15日

BiS、東京ローカル・ホンク、ザ・プーチンズ

 BiS「primal.」は12月21日発売のシングルで、ビデオ・クリップは「My Ixxx」に続いて丹羽貴幸/浅井一仁監督作品。露悪的でグロテスクで、​せつなくて、挑発的。感動しました。「俺の負けだわ」という言葉が出てくる作品です。​贅沢を言えば、メンバーの健康診断を兼ねてCTスキャンもしてほし​かったね!



 東京ローカル・ホンク「おいでおいで」は、最新アルバム「さよならカーゴカルト」の収録曲。



 ザ・プーチンズ「僕のプリン食べないで」 は、11月12日の「鼻血市」でのライヴ映像。ガット・ギターからヒップホップへと異次元展開をします。



さよならカーゴカルト

投稿者 munekata : Permalink

2011年11月11日

カーネーション 「UTOPIA (Short Version)」PV公開

 カーネーション 「UTOPIA (Short Version)」のビデオ・クリップがYouTubeで公開されました。ミニ・アルバム「UTOPIA」に収録されるタイトル・チューンのショート・ヴァージョン。



ユートピア

投稿者 munekata : Permalink

2011年11月 3日

「芯空のコンサート」告知映像

 窪田渡が空気公団の楽曲を器楽曲としてインストルメンタルにしたアルバム「芯空」。そのライヴの告知映像として、6月18日に開催された空気公団の「LIVE春愁秋思」での芯空バンドの演奏が公開されています。あの日生で見たバンドと、こういう形で再会できるとは。



芯空

投稿者 munekata : Permalink

2011年11月 1日

「Sketches of MYAHK」、青山陽一、スカート

 久保田麻琴が宮古島で出会った唄を描いた映画「Sketches of MYAHK」の予告編が公開されています。予告編だけでも耳に残る唄。



 青山陽一の最新アルバム「Blues For Tomato」のトレイラーも公開されています。



 スカートの12月15日発売のシングルに収録される「ストーリー」「返信」のライヴ動画も公開されています。ドラムがPOP鈴木で、10月20日の「曽我部恵一 presents "shimokitazawa concert" 第十夜・十月」での演奏です。



スケッチ・オブ・ミャーク

ブルーズ・フォー・トマト

エス・オー・エス

投稿者 munekata : Permalink

2011年10月28日

スカートのライヴ映像

 10月20日の「曽我部恵一 presents "shimokitazawa concert" 第十夜・十月」でのスカートのライヴ映像がYouTubeで公開されました。ドラムはPOP鈴木。演奏されている楽曲は「ストーリー」「返信」です。



エス・オー・エス

投稿者 munekata : Permalink

2011年10月23日

Saori@destinyのライヴUSTREAM

 Saori@destinyの渋谷GladでのワンマンライヴのUSTREAMを視聴。

 最初こそ映像が途切れたり音が割れたりしていたものの、途中で音質も劇的に改善されて現場の盛り上がりを見ることができました。複数のカメラを使っていましたが、後からVJ beatさんによるカメラワークと知って納得。

 アーカイヴされている映像のうち、33分あたりからの「I'cant」の熱狂は必見です。これが今のSaori@destinyなんだよ!



 終盤にはゲストとしてAira Mitsukiが登場。12月7日に、Aira MitsukiとSaori@destinyが「Aira Mitsuki×Saori@destiny」名義でアルバム「×〜PARK OF THE SAFARI」をリリースするそうです。


Domestic domain

WORLD WILD 2010

投稿者 munekata : Permalink

スカートのライヴ映像

 10月2日の阿佐ヶ谷rojiでのスカートのワンマンライヴで、アンコールとして最後に歌われたチャクラのカヴァー「まだ」の映像がYouTubeで公開されています。



エス・オー・エス

投稿者 munekata : Permalink

2011年10月12日

Saori@destiny、BABYMETAL (さくら学院重音部) 

 Saori@destiny「I can't」 のライヴ映像、BABYMETAL (さくら学院重音部) 「ド・キ・ド・キ☆モーニング」のビデオ・クリップが公開されました。Saori@destinyは、7月3日のあの熱気がやっと公開された、という感慨があります。



WORLD WILD 2010

1st Album 「さくら学院 2010年度 〜message〜」初回盤「さ」盤

投稿者 munekata : Permalink

2011年10月 4日

spoon+のライヴ動画

 spoon+の7月31日のライヴの動画がYouTubeで公開されています。


birth(紙ジャケット)

真夜中おかし女の子 知らない扉とコンコンコン (1st.PASSPORT) [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2011年9月29日

アーバンギャルド「ときめきに死す」PV

 アーバンギャルド「ときめきに死す」のビデオクリップをiTunes Storeで購入。「その発想はなかった」というシーンが多く、ヘアメイク担当のゴールドシップの盛り髪テクニックの真骨頂も見ました。


メンタルヘルズ(初回限定盤)(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2011年9月25日

神聖かまってちゃんのPV3本

 神聖かまってちゃんのビデオ・クリップが3本が公開されています。「友達なんていらない死ね」「鳥みたくあるいてこっ」「ベルセウスの空」のうち、「友達なんていらない死ね」が強烈。



8月32日へ

投稿者 munekata : Permalink

2011年9月21日

Children of the Radiation

 2011年9月19日の脱原発集会「NO NUKES ! ALL ST☆R DEMO 2011」で、中西俊夫、PANTA、久保田麻琴、MIYAVIというメンバーによって演奏された「Children of the Radiation」の動画が公開されました。原曲はT.Rexの「children of the revolution」。


中西俊夫氏がT-REX マーク・ボランの遺族に許可を得えて、Children of the Radiationにしています。



Children of the Revolution

投稿者 munekata : Permalink

2011年9月15日

響レイ奈「ピストルと女」

 響レイ奈「ピストルと女」のビデオ・クリップが配信されました。待望のアルバム「ピストルと女」は9月10日発売。


投稿者 munekata : Permalink

2011年9月 6日

tengal6、Mr.Christmas

 tengal6「photograph」のビデオ・クリップがYouTubeにアップロードされました。このセンスの良さ一発で突っ走る爽快感。



また、Mr.Christmasのヴォーカルだった松浦祥隆さんが活動当時のライヴ動画を大量にYouTubeにアップロードしていますので、id:yumimikuをチェックしてください。ここにはアフリカ路線の「TEKU TEKU」を貼ります。



プチャヘンザ!(紙ジャケット仕様)(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2011年8月26日

神聖かまってちゃん、tengal6、錦糸町河内音頭

 神聖かまってちゃん「映画」は丹羽貴幸監督、浅井一仁編集による作品。BiS「My Ixxx」のコンビですよ! ツアーを追った映像の中でも、終盤のメンバーが落ち込んでいる雰囲気の映像が好きです。



 tengal6は昨日のライヴの映像がUSTREAMのアーカイヴに。20分28秒からがtofubeatsによる作詞、作曲、プロデュースの新曲「プチャヘンザ!」です。










Video streaming by Ustream


 同じく昨日、そして一昨日に開催されていた錦糸町河内音頭の映像も。途中で初音ミクのコスプレイヤーが現れて笑いました。



8月32日へ (外付け特典DVD付き)

まちがう

東京殴り込みライヴ『完全盤』

投稿者 munekata : Permalink

2011年8月20日

アーバンギャルド「ときめきに死す(30秒SPOT)」

 9月28日発売のアーバンギャルド「ときめきに死す」のCM「ときめきに死す(30秒SPOT)」が公開されました。この浜崎容子さんと松永天馬さんの距離、その発想はなかった……。



 アーバンギャルドの公式サイトでジャケットも公開されましたが、8月10日に発売された「MARQUEE」の松永天馬さんの連載「天馬人語」でこの元画像が使われていた、というわけです。

投稿者 munekata : Permalink

2011年8月15日

テクノ妹子 with Chii☆のPV4曲公開

 テクノ妹子 with Chii☆のビデオ・クリップが新たに4曲公開されました。今日は8月15日。テクノ妹子は、こういう日や9月11日にビデオ・クリップをアップロードします。

 新曲の中では、90年代のtrfのようなサウンドにしてポリティカルな歌詞の「記憶媒体」が好きです。



 そして、終戦の日には旧作から「恋と革命(More Rock)」を。



テクノポップ・ルネサンス (TECHNOPOP RENAISSANCE)

投稿者 munekata : Permalink

2011年8月 8日

tengal6ライヴ動画

 tengal6のタワーレコード新宿店でのライヴ動画が公開されました。一言でまとめると、yumiさん好きです。



まちがう

投稿者 munekata : Permalink

2011年8月 3日

yanokami「Bamboo Music」

 yanokamiの新曲「Bamboo Music」をiTunes Storeからダウンロード購入。レイ・ハラカミの生前から発売が予定されていた、坂本龍一とDavid Sylvianによる楽曲のカヴァーです。


yanokami

投稿者 munekata : Permalink

2011年8月 2日

岡村靖幸、森山良子、苗場からうたは自由をめざす

 岡村靖幸「だいすき from エチケット」は8月24日発売のニュー・アルバム「エチケット」からの動画。



 森山良子「6つの来し方行く末」はムーンライダーズのカヴァー。ビデオ・クリップにも鈴木慶一と岡田徹が出演しています。



 そして今年もフジロック会場から、ソウル・フラワー・ユニオンの終演後に「うたは自由をめざす!」を観客が大合唱する動画が。「苗場からうたは自由をめざす!」。



6つの来し方行く末/Verse~ほほえみに包まれて~

シャローム・サラーム

投稿者 munekata : Permalink

2011年7月29日

メトロトロン・レコードがYouTubeチャンネル開設

 鈴木博文のメトロトロン・レコードがYouTubeチャンネルを開設。まず7月23日のライヴから「プールサイド」の映像が公開されました。



弾き語り四人衆~朧月夜編~ 大音源

投稿者 munekata : Permalink

2011年7月27日

ECD、エレクトリックリボン

 ECDの「まだ夢の中(VIDEO EDIT)」は冒頭の歌詞が強烈です。登場しているのはECDの実の娘たち。


平成生まれのうちの娘たち
どうゆう人生が行く手に待ち
受けているのか誰も知らない



 エレクトリックリボンの「エレクトリックリボンのばんぐみ。 vol.04」は夏祭り編。今回は演奏シーンがない!



何にもしないで生きていらんねぇ

投稿者 munekata : Permalink

2011年7月20日

直枝政広&LOVE EXPERIENCE、朝崎郁恵、Negicco、9nine、サカナクション、宇宙人

 ダウンロード配信で直枝政広&LOVE EXPERIENCE「ホプキンス・クリークの逆襲 2011.2.12」(→Live Carnation)、朝崎郁恵「あはがり」(→iTunes)を購入。

 CDでは、Negicco「GET IT ON!」、9nine「夏 wanna say love U」初回生産限定盤A、サカナクション「バッハの旋律を夜に聴いたせいです。」を買いました。

 他に聴いたのは、宇宙人「アメーバダンス / あこがれのネクタイ」です。



直枝政広&LOVE EXPERIENCE「ホプキンス・クリークの逆襲 2011.2.12」

朝崎郁恵「あはがり」

GET IT ON!

夏 wanna say love U(初回生産限定盤A)(DVD付)

『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』【初回限定盤】(CD-EXTRA)

アメーバダンス/あこがれのネクタイ

投稿者 munekata : Permalink

2011年7月19日

アーバンギャルドのスカート革命前夜祭

 ニコニコ生放送「アーバンギャルドのスカート革命前夜祭」の進行役のためユニバーサルへ。会議室がスタジオ代わりです。

 その直前まで浜崎容子さん、松永天馬さん、谷地村啓さんがラジオの収録だったため、彼らが到着するまで瀬々信さん、鍵山喬一さんと僕の3人で話す展開になるのかと思っていましたが、無事に全員揃って22時に放送開始。放送事故的なラストまで1時間の放送でした。最後にはパソコンを操作していた藤井亮次さんも登場してくれて嬉しかったなぁ。

 数日前にTwitterで突然進行役に指名されて驚いたのですが(寝ていたら妻に起こされた)、翌日にはアーバンギャルドがメジャー・デビューするというタイミングで呼んでいただけて非常に光栄でした。

 なお、アーバンギャルドの皆さんが荒ぶって放送が終了したあと、ユニバーサルの方が「あのマークのネタ良かった」と言っていて、非常に理解があると思いました。アーバンギャルドのメジャー・デビューおめでとうございます!

 次号「MARQUEE」に掲載される浜崎さん、松永さんのインタビュー記事もよろしくお願いいたします。

 
スカート革命

投稿者 munekata : Permalink

2011年7月 6日

BiS「My Ixxx」PV公開

 BiS「My Ixxx」のビデオ・クリップが公開されました。丹羽貴幸/浅井一仁監督作品。



 僕は「藤岡弘、探検隊シリーズ」の「南米の奥地に謎の地底人を見た!」の回をまっさきに思い出しました。こうしてBiSは、 t.A.T.uからThe Slitsへ旅立ったのです、南米の奥地へ......。

 僕たちコンテクスト厨は、冷戦崩壊後のロシアのt.A.T.uから、サッチャー政権下と活動時期を同じくするThe Slitsへの変化にコンテクストを読み取ります。ガールズブラボー、と叫びながら、ニューウェーヴへ逆行するのです。

 そんな適当なことはさておき、周囲ではSigur Ros「Gobbledigook」、「思春の森」、フリッパーズ・ギター、アントニオーニの「砂丘」、ピナ・バウシュの「春の祭典」、ゴダールの「ワン・プラス・ワン」といったキーワードが出ていました。コンテクスト祭りや!


Brand-new idol Society

投稿者 munekata : Permalink

2011年7月 2日

二階堂和美「女はつらいよ」

 二階堂和美「女はつらいよ」 のビデオ・クリップが公開されました。伊藤ガビン監督、新津保建秀撮影。



にじみ [初回特典CD付き盤]

投稿者 munekata : Permalink

2011年6月29日

BiS「nerve」ビデオ・クリップ公開

 BiS「nerve」のビデオ・クリップがYouTubeで公開されました。田中紘治監督による作品。4月9日に撮影されたもののりなはむ脱退によってお蔵入りかと思われた映像が、こうして無事公開されました。



 これが僕の愛したBiS。一部の隙もなく救済を信じていた時代のBiS。りなはむ脱退前のBiS。

 ファンなどの16台のiPhone4で撮影された映像です。BiSをカメラが囲んで撮影するバレットタイムも多用されています。サビから現れる男の子は田中監督の息子さん。途中で現れる警備員はガチです......。

 「nerve」はりなはむの映像から始まって「おつかりなはむー」で終わるという、りなはむへのはなむけのような構造になっていて編集が心憎いと感じました。


Brand-new idol Society

投稿者 munekata : Permalink

2011年6月23日

かせきさいだぁ、大久保由希

 かせきさいだぁ「CIDERが止まらない」のビデオ・クリップは、楽曲はいいし踊る平岩紙も可愛いし!



 大久保由希「HAPPY」は非常に泥臭くてかっこいいです。



SOUND  BURGER  PLANET

大久保由希

投稿者 munekata : Permalink

2011年6月20日

フレディー「愛しいの神戸」PV公開

 フレディーの名曲「愛しいの神戸」のビデオ・クリップが公開されました。この演歌とソウルの見事なブレンド。今、神戸の財産はフレディーとtofubeats!



マイ・ワールド・マイ・ミュージック~愛しいの神戸

投稿者 munekata : Permalink

2011年6月17日

アーバンギャルド「スカート革命」PV公開

 7月20日発売のアーバンギャルド「スカート革命」のビデオ・クリップが公開されました。昨日何か幻を見た気がしましたが、こちらは720HD!


スカート革命

投稿者 munekata : Permalink

2011年6月13日

TK Presents BROADJ ♯331 2-Hour Special Live Set by TETSUYA KOMURO

 小室哲哉が出演するDOMMUNEでの「TK Presents BROADJ ♯331 2-Hour Special Live Set by TETSUYA KOMURO」を視聴。シンセサイザーが多いとそれだけで高まるわー。タイムラインがDOMMUNEの話題で埋まるのを見ながら、「小室哲哉のことおまえら好きすぎだろ!」と笑いつつ、自分も彼が血まで流す演奏を見ていました。ああいうノンストップでの演奏、いいね。


Digitalian is eating breakfast 2

投稿者 munekata : Permalink

2011年6月11日

エレクトリックリボン、面影ラッキーホール

 エレクトリックリボン面影ラッキーホールの動画がYouTubeに公開されています。

 「エレクトリックリボンのばんぐみ。vol.03」はシリーズ3回目。



 面影ラッキーホール「ゴムまり」 は、最新作「ティピカル・アフェア」(→amazon.co.jp)からのビデオ・クリップです。



ティピカル・アフェア

投稿者 munekata : Permalink

2011年6月 8日

アーバンギャルド「スカート革命(15秒SPOT)」

 アーバンギャルドの7月20日発売のメジャー・デビュー・シングル(→amazon.co.jp)の「スカート革命(15秒SPOT)」が公開されました。今回からユニバーサルJのチャンネルです。



 名鹿祥史さんが撮影した「2011年5月15日 渋谷クラブクアトロ アーバンギャルドの独立宣言」も公開されています。

投稿者 munekata : Permalink

スダマニ×朝崎郁恵×ウロツテノヤ子

 東日本大震災義援金募集 DIY HEARTSで、スダマニ×朝崎郁恵×ウロツテノヤ子「Live at Seijyo hall on 10th sep 2010」をダウンロード購入。奄美島唄とガムランの共演です。


スダマニ×朝崎郁恵×ウロツテノヤ子「Live at Seijyo hall on 10th sep 2010」

投稿者 munekata : Permalink

2011年6月 4日

エレクトリックリボン、バンドじゃないもん!

 エレクトリックリボン、バンドじゃないもん!の動画がYouTubeにアップロードされました。

 エレクトリックリボンの「『レプリカプリコ』CD販促movie!」はシングルの収録曲を紹介。このシングルはいいです。



 「バンドじゃないもん!【32th(パヒパヒ☆)】2011/6/3 下北沢GARDEN」は昨日のライヴの動画を早くも公開。



Os-宇宙人

ラッシュ(DVD付)

SISTERS【初回限定盤A】

投稿者 munekata : Permalink

2011年5月23日

空気公団「まとめを読まないままにして」

 「6月号記事連動動画:空気公団PV『まとめを読まないままにして』 | ビデオSALON.Web」で、空気公団の名盤「春愁秋思」(→amazon.co.jp)の収録曲「まとめをよまないままにして」のビデオ・クリップをリニアPCMレコーダーを使って制作する様子が紹介されています。



春愁秋思

投稿者 munekata : Permalink

2011年5月22日

神聖かまってちゃん「さわやかな朝」「花ちゃんはリスかっ!」

 神聖かまってちゃんの動画が次々にアップロードされています。「さわやかな朝」は丹羽貴幸監督。「花ちゃんはリスかっ!」 はの子制作だと思われます。



 楽曲のほか、「神聖かまってちゃん * の子さん ドキュメンタリー #009」も。



Os-宇宙人

投稿者 munekata : Permalink

2011年5月18日

Saori@destiny「BEATBOP」

 6月15日にニュー・アルバム「Domestic domain」(→amazon.co.jp)をリリースするSaori@destinyの最新アーティスト写真が届いたので貼っておきます。クリックで拡大。


110518a.jpg


 YouTubeには収録曲「BEATBOP」 もアップロードされました。ビッグビート!



Domestic domain

投稿者 munekata : Permalink

2011年5月17日

Rankin & Dub Ainu Band "You can't see it, and you can't smell it either "

 ランキン・タクシー&ダブアイヌバンド「誰にも見えない、匂いもない 2011」の英語字幕版である「Rankin & Dub Ainu Band "You can't see it, and you can't smell it either " 」が公開されました。音源を配信中の「DIY Hearts」には英語版ページも用意されています。



火事だぁ

ヒマラヤン・ダブ-ミックスド・バイ・OKI vs 内田直之-

投稿者 munekata : Permalink

2011年5月16日

GirlsNews!のBiS映像

 GirlsNews!のYouTubeチャンネルにアップロードされたBiSの動画。ライヴ、自己紹介、PVの約10分。プー・ルイとユケのライヴでのキスシーンを初めてちゃんと見ましたよ、僕は僕であのときいろいろ忙しかったので……。


Brand-new idol Society

投稿者 munekata : Permalink

2011年5月12日

ランキン・タクシー&ダブアイヌバンド「誰にも見えない、匂いもない 2011」

 ランキン・タクシー&ダブアイヌバンド「誰にも見えない、匂いもない 2011」のビデオ・クリップが公開されました。監督は森田貴宏。昔のFlashアニメみたいなテイストがいいです。楽曲は「DIY Hearts/東日本大震災義援金募集プロジェクト」で配信中。



火事だぁ

ヒマラヤン・ダブ-ミックスド・バイ・OKI vs 内田直之-

投稿者 munekata : Permalink

2011年5月11日

BiS x tengal6「いんたああくしょん」

 BiStengal6がコラボレーションした「いんたああくしょん」の無料配信が開始されました。作曲はSchtein&Longer!


Brand-new idol Society

まちがう

投稿者 munekata : Permalink

2011年5月 9日

鬼、The High Llamas、ZAZEN BOYS

 「湊」(→amazon.co.jp)、The High Llamas「Talahomi Way」(→amazon.co.jp)購入。

 DIY HEARTS 東日本大震災義援金募集プロジェクトからは、ZAZEN BOYS「赤とんぼ」をダウンロード購入しました。なんと「東京節」の動画ファイルも同梱されています。


湊

Talahomi Way

ZAZEN BOYS「赤とんぼ」

投稿者 munekata : Permalink

Cutie Pai、バンドじゃないもん!のライヴ動画

 Cutie Pai、バンドじゃないもん!のゴールデンウィーク中のライヴの映像が早くもYouTubeにアップロードされました。

 Cutie Paiは5月5日の「TOgetherHOLIDAY」での映像なので、まゆちゃんがこいのぼりを持っています。それにしても2分47秒のケチャひどい……。記憶がありませんが、まゆちゃんのスカートの下にいるのは自分の気がします……。



 バンドじゃないもん!は5月7日の「ASTRO HALL 11th anniversary『PRIVATE LESSON』」での映像。バンドじゃないもん!は、神聖かまってちゃんのみさこ、かっちゃん、あらかじめ決められた恋人たちへ/神聖かまってちゃんマネジャーの劔樹人、アイドリング!!!などへの楽曲提供で活躍するミナミトモヤによるバンドです。この「歌うMUSIC」はミナミトモヤの作詞作曲編曲による新曲で、ラップを大胆に導入したポップで爽快な曲です。最高!



お人形と魔法のレストラン

Os-宇宙人

ラッシュ(DVD付)

SISTERS【初回限定盤A】

投稿者 munekata : Permalink

2011年4月30日

東京ローカル・ホンク「はじまりのうた」

 東京ローカル・ホンクの配信シングル「はじまりのうた」をiTunesでダウンロード購入。


東京ローカル・ホンク「はじまりのうた」


投稿者 munekata : Permalink

2011年4月28日

ランキン・タクシー&ダブアイヌバンド「誰にも見えない、匂いもない 2011」

 東日本大震災義援金募集 DIY HEARTSで、ランキン・タクシー&ダブアイヌバンド「誰にも見えない、匂いもない 2011」をダウンロード購入。あわせて、梅津和時 × 熊谷和徳「東北」、大友良英「after10days」も買いました。


ランキン・タクシー&ダブアイヌバンド「誰にも見えない、匂いもない 2011」

投稿者 munekata : Permalink

2011年4月27日

南波志帆「こどなの階段」

 南波志帆「こどなの階段」。監督は関和亮、作詞はBase Ball Bearの小出祐介、作曲はサカナクションの山口一郎。6月15日発売のタワーレコード限定販売のシングルです。



オーロラに隠れて

投稿者 munekata : Permalink

2011年4月23日

tengal6「ルービックキューブ-Fragment remix」short ver.

 tengal6「ルービックキューブ-Fragment remix」short ver. 、かっこいいなぁ……。5月21日にはBiSとのツーマンライヴです。



TENGA ディープスロート・カップ <DEEP THROAT CUP>

投稿者 munekata : Permalink

2011年4月19日

いとうせいこう×ダブマスターX「道との遭遇 DUB祝辞」

 いとうせいこう×ダブマスターX「道との遭遇 DUB祝辞」は、4月17日に収録された映像。

 いとうせいこうは、ヒップホップもカッワーリーも浄瑠璃も通過した果ての圧倒的な演説家ぶりを見せます。



MESS/AGE

投稿者 munekata : Permalink

2011年4月16日

アーバンギャルド「セーラー服を脱がないで」

 アーバンギャルド「セーラー服を脱がないで」は、2010年11月23日の赤坂BLITZでのライヴ映像。この終盤の展開は改めて見てもすごいわぁ……。



少女の証明

投稿者 munekata : Permalink

2011年4月14日

BiS「パプリカ」

 BiS「パプリカ」のビデオ・クリップが「remember t.A.T.u.」と銘打って公開されました。



 頭でシンバル叩き、無意味な紙吹雪と掃除、とってつけたかのような百合、脈絡なくストッキングかぶるとか最高! t.A.T.u古参で知られるプーチンが激怒して、田中監督と渡辺マネージャーの暗殺をKGBに命じるレベルです。


Brand-new idol Society

投稿者 munekata : Permalink

2011年4月13日

山田稔明「clementine(live at noya,sapporo)」

 山田稔明「clementine(live at noya,sapporo)」を放たれた光を浴びるかのように聴いていました。2009年の「pilgrim」に収録されていた名曲。


clementine(live at noya,sapporo) by gomesthehitmancom

投稿者 munekata : Permalink

2011年4月11日

平和に生きる権利

 ジンタらムータ、ソウル・フラワー、渋さ知らずらのメンバーによるVíctor Jaraのカヴァー「平和に生きる権利」。4月10日の高円寺での反原発デモで収録された映像です。



平和に生きる権利

投稿者 munekata : Permalink

2011年4月 9日

アーバンギャルド「水玉病」

 アーバンギャルド「水玉病」は、2010年11月23日の赤坂BLITZでのライヴ映像。



 それにしても、アーバンギャルドから藤井亮二さんが抜けて専属スタッフになる、という発表に愕然としました。制作チームを新しく編成するとはいえ、メンバーから藤井さんの名がなくなるのはさびしいなぁ……。


少女の証明

投稿者 munekata : Permalink

2011年4月 2日

アーバンギャルド「傷だらけのマリア」

 アーバンギャルド「傷だらけのマリア」は、2010年11月23日の赤坂BLITZでのライヴ映像。



少女の証明

投稿者 munekata : Permalink

2011年3月31日

神聖かまってちゃん「僕は頑張るよっ」

 神聖かまってちゃん「僕は頑張るよっ」は、震災を受けて、とにかく個の内面に向かって研ぎ澄まされた音楽です。



 3月21日に新房昭之監督とみさこさんの対談を司会進行したとき、神聖かまってちゃんの他のメンバーの様子も聞いたのですが、の子がこういう楽曲を作って届けてくるとは思いませんでした。説明には一言だけ「僕へ」と記されています。


Os-宇宙人

投稿者 munekata : Permalink

2011年3月30日

佐野元春「太陽」

 佐野元春「太陽」は、2005年のDVD「THE SUN LIVE and RECORDINGS」に収録されていたライヴ映像をそのまま公開したもの。



 震災後に佐野元春が公式サイトに掲載した「それを『希望』と名づけよう : 佐野元春 - Moto's Web Server」にも胸打たれました。特に以下の部分。


不謹慎だとわめく偽善者を後に残し
君が光を放つことで、友を弔うんだ

それを「希望」と名づけていいんだよ

余震は続く


THE SUN LIVE and RECORDINGS [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2011年3月27日

あがた森魚のUSTREAM

 あがた森魚の「月刊TV『Qpola Purple Hz』第3回『ジャニーギター川口元郷芝川鋳造編#3 大停電編』」をUSTREAMで視聴。駒沢裕城のペダル・スティール・ギターと武川雅寛のヴァイオリンが会場を浮遊感で満たす一方、「骨」や「サブマリン」でのソリッドな演奏も良かったです。


俺の知らない内田裕也は俺の知ってる宇宙の夕焼け

投稿者 munekata : Permalink

2011年3月17日

中川敬 (with伊丹英子) fromソウルフラワーユニオン、向井秀徳、空気公団+山下浩平、七尾旅人、Jeff Mills、ECD

 中川敬 (with伊丹英子) fromソウルフラワーユニオン「満月の夕」。


 この地震が起きる寸前まで、初のアコースティック・ソロ・アルバム(中川敬『街道筋の着地しないブルース(仮題)』)のレコーディング作業を続けていました。その中に、ソウル・フラワー・ユニオン「満月の夕(ゆうべ)」(1995年2月、神戸と大阪を往復する中で作った曲)のセルフ・カヴァーがあります。阪神淡路大震災から16年目の1月に録音して、まだミックス途中段階のラフな状態なのですが、聴きたい方のためにネット公開することにしました。


 向井秀徳「ふるさと」。



 空気公団+山下浩平「優しさ」。



 七尾旅人「帰り道 (2011,3,14) 」。



 Jeff Mills「Phoenix」。



 ECD「EXODUS11」。



満月の夕~90’s シングルズ

投稿者 munekata : Permalink

2011年3月15日

BiS「nerve」

 3月中のライヴは、震災と原発事故を受けてほぼ中止の流れ(そう考えるとBELLE AND SEBASTIANの来日公演を忘れてチケットを紙ゴミにしたことが......)。CDの発売延期も次々に決定しています。

 BiS「nerve」は、ライヴが中止になってしまったのでせめて映像だけでもと届けられたライヴ動画。



Brand-new idol Society

投稿者 munekata : Permalink

2011年3月14日

山田稔明、曽我部恵一、S.l.a.c.k. TAMU PUNPEE 仙人掌

 山田稔明「平凡な毎日の暮らし」。



 曽我部恵一「春の嵐」。


 S.l.a.c.k. TAMU PUNPEE 仙人掌「But This is Way」。


投稿者 munekata : Permalink

2011年3月13日

佐野元春を思い出しながら、菅野よう子、高木正勝

 福島第一原子力発電所の事故のニュースでNHKが「スリーマイル」を例に出すようになってから、そのたびに佐野元春の「警告どおり 計画どおり」を思い出します。

 菅野よう子「きみでいて ぶじでいて」。



 高木正勝「World is so beautiful」。



 夜になって、明日の計画停電がニュースで伝えられたので混乱することに。

投稿者 munekata : Permalink

2011年3月 9日

山田稔明「ひそやかな魔法」

 山田稔明「ひそやかな魔法」をiTunesでダウンロード購入。


山田稔明「ひそやかな魔法」

投稿者 munekata : Permalink

2011年3月 5日

BiSの大阪城公園

 BiSの大阪城公園でのゲリラライヴがUSTREAMで放送されましたが……ゲリラ以前に人がいない! 真っ暗闇の中でのBiSヲタ諸兄の奮闘ぶりに、今僕は熱い涙を流しました。USTREAMの画面も暗かったけれど、輝いてるBiSとヲタの姿が見えたよ……!










Video streaming by Ustream


Brand-new idol Society

投稿者 munekata : Permalink

2011年3月 1日

spoon+のライヴ動画

 spoon+の2月7日のライヴ動画がYouTubeにアップロードされました。ほぼフルとのこと。


投稿者 munekata : Permalink

2011年2月28日

カーネーション「1995.8.31 東京」

 カーネーション「1995.8.31 東京」をLive Carnationからダウンロード購入。今回もApple Lossless形式のファイルを選びました。


a Beautiful Day(Deluxe Edition)

投稿者 munekata : Permalink

2011年2月26日

□□□「ヒップホップの経年変化」

 □□□「ヒップホップの経年変化」 のビデオ・クリップ公開。最高すぎるんでいとうせいこうはソロ・アルバム作ってください。



CD

投稿者 munekata : Permalink

2011年2月16日

Van Dyke Parksのライヴ音源配信

 「Van Dyke Parks: Daytrotter Session recorded Feb 14, 2011」でVan Dyke Parksのライヴ音源が配信中。メールアドレスを登録すれば無料でダウンロードもできます。


Song Cycle

投稿者 munekata : Permalink

2011年2月14日

おまつとまさる氏、神聖かまってちゃん、SIMI LAB、□□□、安藤裕子

 おまつとまさる氏は松倉如子と渡辺勝によるユニット。SIMI LABは「interview with Simi lab 異邦人たちの夢 - ele-king Powerd by DOMMUNE | エレキング」にインタビュー記事が掲載されています。中毒性がある。安藤裕子には途中で本物の樹木希林が登場。



パンパラハラッパ

渡辺勝

友だちを殺してまで。

THE SHELL

CD

大人のまじめなカバーシリーズ (初回生産限定盤) (DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2011年2月 9日

エジプトから届く音楽

 反体制運動に揺れるエジプトから届いた楽曲を2曲。Arabian Knightz feat Shadia MansourとArabian Knightz feat Shadia Mansour。



Taam El Biyout

投稿者 munekata : Permalink

2011年2月 8日

tengal6、バンドじゃないもん!

 tengal6はTENGAがスポンサーの清純派ヒップホップアイドルユニット。



 バンドじゃないもん!は、神聖かまってちゃんのみさこ、マネージャーの劔樹人、アイドリング!!!などに楽曲提供するミナミトモヤらによるバンドです。



TENGA ディープスロート・カップ <DEEP THROAT CUP>

友だちを殺してまで。

投稿者 munekata : Permalink

2011年1月28日

SINDEE & FORESTONES、ももいろクローバー

 鈴木祥子がプロデュースするSINDEE & FORESTONESの「Lucky Lips」のビデオ・クリップは、エイプリルズの名嘉真法久の監督作品。しかも坂本真綾がMCとして特別出演しています。

 鈴木祥子は、ムーンライダーズの武川雅寛とのユニット・クジラとショーコでの活動も楽しみです。



 ビデオ・クリップといえば、ももいろクローバーの「ミライボウル」も公開されました。ミュージカルな世界。



Sindee&Forestones Sings Leiber&Stoller

青空のように

もも本~ももいろクロ-バ-公式

投稿者 munekata : Permalink

2011年1月27日

カーネーション「『PERFECT JOY』Live at SHIBUYA CLUB QUATTRO 2010.12.25」

 Live Carnationで、カーネーションのライヴ音源「『PERFECT JOY』Live at SHIBUYA CLUB QUATTRO 2010.12.25」の配信が開始されました。曽我部恵一とのコラボレーション楽曲「流星」も収録。

 自前の配信サイトがあることはもちろん、ファイルを3種類から選べるのが素晴らしいです。リスナーに選択の幅が存在するのですから。僕はiTunesやiPodでも聴けるApple Lossless形式のファイルを買いました。


Velvet Velvet (初回限定盤)(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2011年1月19日

空気公団「なんとなく今日の為に」PV公開

 空気公団「なんとなく今日の為に」のビデオ・クリップがYouTubeで公開されています。2月16日発売のニュー・アルバム「春愁秋思」(→amazon.co.jp)の収録曲。「春愁秋思」は、僕にとって2011年最初の名盤です。


投稿者 munekata : Permalink

2011年1月15日

湾岸USTREAM

 湾岸スタジオから「練習」として放送された鈴木博文のUSTREAMを視聴。「fence」「モダーン・ラヴァーズ」「駅は今、朝の中」など、譜面を探しながらもファン泣かせの選曲でした。


弾き語り四人衆~朧月夜編~ 大音源

投稿者 munekata : Permalink

2011年1月12日

佐野元春「月と専制君主 - Boys & Girls Version」

 佐野元春「月と専制君主 - Boys & Girls Version」をiTunes Storeで購入。これはCoccoがコーラスに参加したヴァージョンで、1月26日に発売される「月と専制君主」(→amazon.co.jp)には収録されない配信限定ヴァージョンだとアナウンスされています。


月と専制君主(CD+DVD)

投稿者 munekata : Permalink

2010年12月24日

神を忘れて、祝へよ X'mas time

 クリスマスというと、高橋幸宏の「神を忘れて、祝へよ X'mas time」です。あれは日本人にしか作れない歌詞。今年はCutie Paiの「eve」を聴きながら帰路を歩いていました。

 GOMES THE HITMANの山田稔明の「monoblog:Merrry Christmas」では、12月11日のライヴから「sweet december」の動画が公開されました。

 ツジコノリコは「from T to N | Slow motion」で今年も新曲を無料ダウンロード可能に。「Slow motion」という楽曲です。


クリスマスケーキ

 
A Day in The Next Life【SHM-CD】

お人形と魔法のレストラン

ripple

U

投稿者 munekata : Permalink

Tomato n' Pine「ためいき、オカリナ、ほら猫が笑う。」PV公開

 Tomato n' Pine「ためいき、オカリナ、ほら猫が笑う。」のビデオ・クリップがUSTREAM、そしてYouTubeで公開されました。サビの部分でユラユラ揺れているだけなのに絵になるのが素晴らしいです。



キャプテンは君だ!(通常版)


投稿者 munekata : Permalink

2010年12月16日

R.E.M.、Shing02の新曲が無料ダウンロード可能

 R.E.M.の新曲「Discoverer」がREMHQ.comでダウンロード可能です。メールアドレスと国の入力が必要。

 Shing02は「Luv(sic) Part 5」を「Blogos & Pathos » Archive » Luv(sic) Part 5」でダウンロードできます。こちらはアカペラ・ヴァージョンともども、MP3ファイルを直接ダウンロード可能。


R.E.M.~ライヴ・フロム・オースティン・テキサス [DVD]

400[甦]


投稿者 munekata : Permalink

2010年12月 7日

狐火「ラッパーて時点で問題内」

 狐火「ラッパーて時点で問題内」を聴いて痺れました。「海老蔵」というトピカルなワードまで出てくるラップ。Yahoo!ニュースがラップの歌詞に出てくる時代です。



BTTB

投稿者 munekata : Permalink

2010年12月 3日

Cutie PaiのUSTREAM2本

 明日の「ベースメントオフィス忘年会2010」の仕込みのため、今夜はCutie Paiが出演するMOGRAどころかclub asiaにも行けない流れに。

 「まゆちゃんのクリスマスソングCD」が気になっていましたが、MOGRAでのライヴでの「eve」をUSTREAMで聴いて、思わず現場のもてちに購入を依頼しました。

 Cutie Paiのアルバムは12月22日発売!


Eve - Single


投稿者 munekata : Permalink

2010年11月30日

ムーンライダーズの「ほぼ日刊イトイ新聞 - temaeで逢いましょう。〜一夜限りのセッションライブ」

 「ほぼ日刊イトイ新聞 - temaeで逢いましょう。〜一夜限りのセッションライブ」、言い換えるとムーンライダーズの10時間USTREAMを視聴。

 昼のアーカイヴ映像では、やはり「青空百景」のライヴ映像が良かったです。「マニア・マニエラ」から「青空百景」と続いた後の、アヴァンとポップが同居するステージ。というか、昼からすでに視聴者数が1000人超えです。

 夕方には、鈴木博文の弾き語りソロ・ライヴも。「fence」「ボクハナク」「さよならは夜明けの夢に」 の3曲でしたが、この時点で21時からのムーンライダーズ全員でのライヴを待たずして満足度が高かったです。

 そして21時から数十分押して始まったムーンライダーズのライヴは、冒頭が「重荷」! 「弾き語り四人衆〜朧月夜編〜大音源」(→amazon.co.jp)に許諾が下りなくて収録されなかったThe Band「The Weight」の日本語ヴァージョンです。来年35周年のバンドが、USTREAM視聴数世界一の最中に盛大にトチる場面もありましたが、それも含めてムーンライダーズらしい楽しい放送でした。


弾き語り四人衆~朧月夜編~ 大音源

ゲゲゲの女房のうた

火の玉ボーイ(紙ジャケット仕様,SHM-CD)

投稿者 munekata : Permalink

2010年11月28日

spoon+@大阪中津Vi-code

 spoon+の大阪中津Vi-codeでのライヴをUSTREAMで視聴。「カメレオン」、「MOVIE STAR」、「break up rain」、「世界のおしまいには泡ブロでキスをしよう」、「ジェニスラック」に加えて、ロックっぽい味付けの新曲も披露されました。









 後日、別アングルのカメラも含めて編集された映像がYouTubeで公開されました。


投稿者 munekata : Permalink

2010年11月11日

ビッグポルノ feat. 宇都宮まき

 「日本の2 Live Crew」 ことビッグポルノ feat. 宇都宮まきの「ALL NIGHT NEED」(2分12秒から)に痺れました。



 夏の終わりを感じさせるメロウな「KING TIMER」が、2分23秒からのポエム・リーディングがTOKYO No.1 SOUL SETやかせきさいだぁっぽいです。



KING TIMER

投稿者 munekata : Permalink

2010年11月 9日

Enjo-Gのシャッシャッシャッ

 BUBBLE-B feat. Enjo-G「Enjo-Gのシャッシャッシャッ」の理詰めのマッチョ感がすごいです。



 原曲のLMFAO ft. Lil Jon「Shots」を見るとより味わいが増します。



えんじょうじのシャッシャッシャッ

投稿者 munekata : Permalink

2010年10月18日

サエキけんぞう&Boogie the マッハモータース feat. 浜崎容子 from アーバンギャルド「ノスタル爺」

 YouTubeでサエキけんぞうBoogie the マッハモータース feat. 浜崎容子 from アーバンギャルドの「ノスタル爺」のビデオ・クリップが公開されました。「21世紀さんsingsハルメンズ」(→amazon.co.jp)の収録曲。



21世紀さんsingsハルメンズ

投稿者 munekata : Permalink

2010年10月14日

Van Dyke Parks、Antony & The Johnsons、ムーンライダーズ feat. 小島麻由美、Tomato n'Pine、破滅パーティズ

 ここ数日で見たYouTubeの動画のことなど。

 まずBrian Wilsonのツイートで知ったのが「Van Dyke Parks "Heroes and Villains" on WNYC's Spinning On Air」。Van Dyke Parksが来日して出演する「De La FANTASIA 2010」の先行予約は、長丁場になりそうなので指定席を申し込んだら外れました。



 新作「Swanlights」をリリースしたAntony & The Johnsonsの「The Spirit Was Gone」は、今年亡くなった舞踏家の大野一雄の映像で構成された作品。



 ムーンライダーズ feat. 小島麻由美「ゲゲゲの女房のうた」も公開。



 Tomato n'Pineのキラー・チューン「POP SONG 2 U」のライヴ映像も公開されました。



 最後に破滅パーティズは、「MP3 KILLED THE CD STAR?」に収録されているパジャマパーティーズの「MP3」をnatant_、ykic、pha、yuiseki、itkzが練習している映像。



スマイル

Swanlights

ゲゲゲの女房のうた

キャプテンは君だ!(通常版)

MP3 KILLED THE CD STAR?

投稿者 munekata : Permalink

2010年10月12日

ELEKTEL「Bit Stream Lounge」再配信開始

 「Bit Stream Lounge/ELEKTELがiTunesStoreで配信再開! - polymoog’s topics」より。


2005年にリリースされ、翌年までiTunesStoreで販売されていたELEKTEL 2nd アルバム「Bit Stream Lounge」のiTunesStoreの配信がついに再開されました!


 わずか5年前の作品なのに現在はCDが流通しておらず、配信も止まっていたアルバムがこうして再び配信されたことを祝いたいです。polymoogさんのTwitterでは、アルバムのライナーノート的なツイート読めます。

 配信と言えば、Cutie Paiの「MAGNET LOVE」もiTunes Storeで配信中です。「Welcome to CUTIEらんど : iTunes Storeで『MAGNET LOVE』の販売スタート!」からどうぞ。


Bit Stream Lounge

投稿者 munekata : Permalink

2010年10月10日

spoon+のライヴ動画

 spoon+の9月25日の名古屋ライヴの動画「2010 09 25 spoon+LIVE@名古屋CLUBabout」がYouTubeで公開されました。個人的には、この2分50秒から始まる「カメレオン」という楽曲が歌詞の内容も含め大好きです。


投稿者 munekata : Permalink

2010年10月 5日

Project AngNing

 amU PlanetのCodiによるUSTREAM「Project AngNing」を視聴しました。

 いきなりamUの「moco」のデモ・ヴァージョンからはじまり、現在彼が進めているProject AngNingのデモ曲、そして先日のacoのDJで使用されたamU Remixが流されるなど、短時間ながら濃厚な内容。

 そして、amU Remixを聴きながら、今amUが活動していたらこういうバックトラックで踊っていたのだろうなと勝手に想像してしまいました。


prism

投稿者 munekata : Permalink

2010年10月 4日

天野あい「Synchronicity」

 天野あい「Synchronicity」の動画がやっとYouTubeでも公開されました。アニメーション制作はフチザキ



『はーどうぇあ・がーるず』 HARDWARE GIRLS

投稿者 munekata : Permalink

2010年10月 3日

アーバンギャルドのニコニコ生放送

 アーバンギャルドのニコニコ生放送を前夜から朝4時ごろまで試聴。実に約6時間で、前半を妻が、彼女の寝た後の後半を僕が見るという共同作業になりました。

 放送は、藤井亮次が以前の特典のキューピー紙人形の拡大コピー版を制作するというもの。随時他のメンバーもトークに参加します。完成後に彼によるピロートークあるいはアフタートークが30分、という構成でした。


少女の証明

投稿者 munekata : Permalink

2010年9月30日

Chris Cunninghamの新作はGil Scott-HeronのPV

 「white-screen.jp:クリス・カニンガム監督、四年ぶりの新作MV!『New York Is Killing Me』」という記事が。新作に過激さはなく、どんどん闇の中に沈んでいくかのような映像。しかもサウンドもChris Cunninghamがリミックスしているそうです。


さらに音楽もカニンガム監督が新バージョンを制作。UKのアパートで10年間にわたって収集した電車の音を加え、原曲の90%を改変してしまうミュージック・コンクレート・バージョンを創り上げた。



Rubber Johnny [国内盤1500枚限定プレス / オフィシャル・インタビュー対訳・特典ステッカー付きDVD+ART BOOK]

投稿者 munekata : Permalink

2010年9月20日

アーバンギャルド「プリント・クラブ」PV公開

 アーバンギャルドが10月8日に発売するニュー・アルバム「少女の証明」(→amazon.co.jp)から新曲「プリント・クラブ」のビデオ・クリップを公開しました。



 このビデオ・クリップは、シングル「傷だらけのマリア」に封入されていたハガキにファンが自由に描き込んだものを返信してもらい使ったもの。無作為に一時停止してハガキを見ているだけでも楽しめます。


前衛都市への手紙が、一本のフィルムになりました。
この場を借りて深く感謝いたします。
ありがとう。
あなたはプリントされました。


 なお、この日の丸ならぬ「血の丸」が問題視されて公共の放送は難しいとか。アーバンギャルドの現代社会への批評性がもっとも反映された部分なのに。


少女の証明

投稿者 munekata : Permalink

2010年9月11日

テクノ妹子のビデオクリップが再アップロード

 以前アップロードされていたものの削除されていたテクノ妹子 with Chii☆の「恋と革命」「新世紀」のビデオクリップが、「9.11」に合わせて再びアップロードされました。



 「新世紀 (Strings and XXX Ver.)」 は映像のモチーフに9.11を使った作品。「破滅する国の中枢で燃え上る夢の新世紀」。



 「恋と革命 (More Rock)」は左翼テクノポップ。「恋と革命に生きるあなた歴史を殺して」。



 9日に「テクノ妹子のテーマ」 が再アップロードされていたのが、この前フリだとは気付きませんでした。


テクノポップ・ルネサンス (TECHNOPOP RENAISSANCE)

投稿者 munekata : Permalink

2010年9月10日

YouTubeにAKB48公式チャンネル開設

 YouTubeにAKB48公式チャンネルが開設されました。攻めるねー。



 AKB48のビデオクリップの最高傑作としては、あえて「マジジョテッペンブルース」を挙げたいです。ヤンキーとパラパラで氣志團みたいな世界。対立するふたつの集団に途中で仲裁が入る、という構成はMichael Jacksonの「Beat It」を連想させます。



 「言い訳Maybe」の冒頭の寸劇には、宗像夫婦の小芝居の台本を書く上でかなり影響を受けましたね。こういうの大好き。



 楽曲としてもっとも好きなのは今も「RIVER」です。


AKB48総選挙!水着サプライズ発表2010 (集英社ムック)

投稿者 munekata : Permalink

2010年9月 6日

神聖かまってちゃん「聖マリア記念病院」「22才の夏休み」PV公開

 神聖かまってちゃんの新曲「聖マリア記念病院」「22才の夏休み」のビデオクリップが、YouTubeで公開されたと昨日公式サイトでアナウンスされていました。

 「聖マリア記念病院」はインストルメンタル。「美ちなる方へ」へのサウンドといい、の子が作っているのであろうこういう宅録的なサウンドの不思議な響きは気になります。



 「22才の夏休み」は「23才の夏休み」の改作。若返っています。



友だちを殺してまで。

投稿者 munekata : Permalink

2010年9月 5日

MAREWREW、OKI動画

 Twitterで知ったのが、MAREWREWのライヴ動画。



 MAREWREWは、「北海道各地域に残るアイヌの伝承歌(ウポポ)や踊り(リムセ)を披露する、女性4名によるユニット」です。@_marewrew_ でツイートもしています。

 彼女たちのミニ・アルバム「マレウレウ」(→amazon.co.jp)がリリースされた当初は、OKIが主宰するCHIKAR STUDIOからの通販だったと記憶しているのですが、今年になって僕はタワーレコード渋谷で購入しました。現在ではamazon.co.jpでも扱われています。


マレウレウ


 久しぶりにCHIKAR STUDIOの公式サイトに行ったら、OKI DUB AINU BAND「SAKHALIN ROCK」のビデオ・クリップが! 今年の僕のベスト・アルバム候補です。



SAKHALIN ROCK

投稿者 munekata : Permalink

2010年8月13日

Peter Gabrielがライヴ音源を無料配信

 「ピーター・ガブリエル(Peter Gabriel)、最新セッション音源を無料ダウンロード配信中! - CDJournal.com ニュース」を見て、Peter Gabrielの公式サイトへ。メールアドレスを登録すると、「Here Comes the Flood」のピアノ弾き語りによるライヴ音源をダウンロードできます。


Scratch My Back

投稿者 munekata : Permalink

2010年8月12日

テクノ妹子 with Chii☆「恋と革命」(Ver.2.0)

 テクノ妹子が「テクノ妹子 with Chii☆『恋と革命』(Ver.2.0) 」をYouTubeで公開しました。ずいぶん芸風というかサウンドが変わりました。これのCD化も早く……!



テクノポップ・ルネサンス (TECHNOPOP RENAISSANCE)

投稿者 munekata : Permalink

2010年8月 9日

【3DアニメPV】TECHNO DoLL PROJECT 「プラモガ」

 「【3DアニメPV】TECHNO DoLL PROJECT『プラモガ』」が公開されました。楽曲はCutie Paiの「プラモガ」。新録のヴォーカルに思わず聴き入りました。



Cutie MANIA

投稿者 munekata : Permalink

2010年7月28日

ムーンライダーズ「I hate and I love you」PV配信

 ムーンライダーズ「I hate and I love you」のビデオ・クリップがYouTubeの公式チャンネルで公開されました。「Tokyo7」(→amazon.co.jp)の収録曲。



Tokyo7

投稿者 munekata : Permalink

2010年7月26日

「Brian Wilson Reimagines Gershwin」試聴開始

 Brian Wilsonの新作「Brian Wilson Reimagines Gershwin」(→amazon.co.jp)の全曲試聴がamazon.comでスタート。幕開けは「Rhapsody In Blue」です。



Brian Wilson Reimagines Gershwin

投稿者 munekata : Permalink

2010年7月15日

Max TundraによるDaft Punk「Digital Love」のカヴァー

 SoundCloudで、Max TundraがDaft Punkの「Digital Love」のカヴァーしているのを見つけました。両者ともにPerfumeの元ネタ的な。Max Tundraには「ナチュラルに恋して」もカヴァーしてほしいです。


Parallax Error Beheads You

Discovery

投稿者 munekata : Permalink

2010年7月 8日

「ディスク百合おん ディィジェェケオリィィズガァァバァァ」

 「Perfume Night」などで一緒にイベントをしてきたVJのホンマくんによる「ディスク百合おん ディィジェェケオリィィズガァァバァァ」がYouTubeで公開されました。多くは語りませんが、最近はOHPを使うという斬新なVJもしている彼らしい作品です。

 ホンマくんとは無関係ですが、DJケオリのTwitterもまだまだ稼働してますね……。



DJ KAORI’S JMIXIII

投稿者 munekata : Permalink

2010年7月 7日

「神聖かまってちゃん * の子さん ドキュメンタリー #008@ARABAKI ROCK FEST.10」

 「神聖かまってちゃん * の子さん ドキュメンタリー #008@ARABAKI ROCK FEST.10」がYouTubeで公開されました。これを見てやっとの子が泣いていた理由を理解できた気がしました。



神聖かまってちゃん「夕方のピアノ」

投稿者 munekata : Permalink

2010年7月 6日

小沢健二の新曲「シッカショ節」配信

 小沢健二の新曲「シッカショ節」がいわゆる「投げ銭方式」で配信されました。ダウンロードした人が自由な額を銀行口座へ振り込む方式です。

 聴いてみたら、日本の伝統音楽を継承したワールドミュージックで驚きました。実は最初に連想したのはトニー谷の「ガッポリ節」だったのですが、それは中盤までやけに低音がないサウンドだからだと思います。


小沢健二「LIFE」

投稿者 munekata : Permalink

神聖かまってちゃん「ベイビーレイニーデイリー」PV公開

 神聖かまってちゃんの新曲「ベイビーレイニーデイリー」のビデオ・クリップがYouTubeで公開されました。この聴く者を不安にさせるかのようなピアノ。



神聖かまってちゃん「夕方のピアノ」

投稿者 munekata : Permalink

2010年7月 4日

KOR=GIRLがアルバム全曲を無料配信

 KOR=GIRLが公式サイトで7月21日発売の「KOR=GIRL I 」(→amazon.co.jp)の全曲を無料配信。

 すでにアルバムの無料配布はPrinceのような「収益を上げるのはライヴ、CDはその触媒に過ぎない」と考えるアーティストが行っていますが、KOR=GIRLの場合はライヴも予定されていないので、これはビジネスモデルとしてリスキーな賭けを意図的に行っているな、と感じます。

 一方で、最近iPhoneではMadonnaが過去の作品を試聴、視聴できるアプリを無料で配布したり、K-POPの少女時代やf(x)も1曲のみフル視聴できるようなコンテンツを含む無料アプリを出しています。たぶんKOR=GIRLが進むべきはこういう道なのでしょう。

 音楽が無料になるとしたら、パッケージメディアにどうやって付加価値を付与できるかが鍵だと思います。日本のマーケットになると、現時点での先行例は実は神聖かまってちゃんなのかな、とも考えました。


f(x)MiniAlbum1集(初回限定版)(CD+Photocard)(韓国盤)

投稿者 munekata : Permalink

2010年7月 1日

spoon+の公式MySpace、YouTube、Twitter開設

 amUのacoの新ユニット・spoon+の公式MySpaceYouTubeTwitterが一気に開設されました。

 MySpaceで3曲の音源が公開され、「spoon+ Myspace!! OPEN★★」にそのクレジットが掲載されています。


●「世界のおしまいには泡ブロでキスをしよう」

MUSIC.WORDS/ aco    Arranger/地獄

●「やめました。」

MUSIC.WORDS/ aco    Arranger/FQTQ

●「RuRu chaka MonTe」

MUSIC.WORDS/ aco   Arranger/Birdmen


 さらなる音源、そしてライヴへの期待が募ります。


投稿者 munekata : Permalink

2010年6月29日

Brian Wilson「Reimagine Gershwin」試聴

 8月にリリースされるBrian Wilson「Reimagine Gershwin」(→amazon.co.jp)の試聴が彼の公式サイトで始まりました。生年月日とメールアドレスの入力が必要です。


Brian Wilson「Brian Wilson Reimagines Gershwin」


投稿者 munekata : Permalink

2010年6月18日

Cutie Pai「テクノ*ドール」「スパイシーチェルシー」ライヴ動画公開

 Cutie Paiの「テクノ*ドール」と「スパイシーチェルシー」のライヴ動画がYouTubeで公開されました。「スパイシーチェルシー」はゲッカンプロボーラー楽曲のカヴァーです。



空想活劇

投稿者 munekata : Permalink

「神聖かまってちゃん*の子さんドキュメンタリー (ダイジェスト版)」

 「神聖かまってちゃん*の子さんドキュメンタリー (ダイジェスト版)」がYouTubeで公開されました。これまでの一連のシリーズに新しい動画を加えて構成した動画。たった3分間ながらヤバいものを感じさせます。



神聖かまってちゃん「夕方のピアノ」

投稿者 munekata : Permalink

2010年6月11日

響レイ奈のライヴ動画

 4月25日の「浜崎容子ソロアルバム『フィルムノワール』リリースパーティ『容子の部屋』」で素晴らしいステージを見せた元その名はスペィドの響レイ奈。当日の彼女のライヴ動画がYouTubeにあったのでご紹介します。この「星降る丘」はオリジナル曲ながら見事な昭和歌謡テイスト。響レイ奈のヴォーカルも実に魅力的です。



ダイヤル“S”をまわせ!

投稿者 munekata : Permalink

南波志帆「ごめんね、私。」PV期間限定フル配信中

 6月23日にメジャー・デビュー・アルバム「ごめんね、私。」(→amazon.co.jp)をリリースする南波志帆が、タイトル曲「ごめんね、私。」(土岐麻子作詞、矢野博康作曲)のビデオ・クリップを、7月10日までの期間限定でフル公開中です。監督は児玉裕一で、まるで「時をかける少女」のような世界。



南波志帆「ごめんね、私。」

投稿者 munekata : Permalink

2010年6月 9日

Cutie Pai「板橋蕾」

 YouTubeにCutie Paiの「板橋蕾」の動画がアップロードされていました。3月28日の板橋区「仲町地区 桜まつり」でのライヴ映像。「板橋蕾」は演歌調の楽曲で、「歌謡曲ユニット」としてのCutie Paiの真骨頂です。まゆちゃんの動きもいちいち決まっています。



空想活劇

投稿者 munekata : Permalink

2010年6月 4日

神聖かまってちゃん「夕方のピアノ」新PV公開

 神聖かまってちゃんの7月7日発売のシングル「夕方のピアノ」(→amazon.co.jp)の新しいビデオ・クリップが公開され、軽い衝撃を受けました。「PV作りました☆」じゃねぇよ! 10歳の女の子が刃物を手にして叫ぶ「死ね」。



夕方のピアノ

投稿者 munekata : Permalink

2010年5月31日

「神聖かまってちゃん * の子さん ドキュメンタリー #007」

 「神聖かまってちゃん * の子さん ドキュメンタリー #007」がYouTubeで公開されました。の子のリストカットすごい……。



友だちを殺してまで。

投稿者 munekata : Permalink

2010年5月28日

Jeff MillsがDOMMUNE出演

 Jeff MillsDOMMUNEに出演し、裏番組が広瀬香美というJeff Mills vs 広瀬香美の対バンをUstream.tvで視聴しました。4月27日のDerrick May vs 勝間和代に続く大一番です。なんでこういう組み合わせが続くかな……。

 Jeff MillsのDJを聴きながら、「テクノって名のつく音楽はなんかペラペラした音が多いな……」と渋谷WAVEに通いながら思っていた1992年、出会った理想の「テクノ」がJeff Millsの「Waveform Transmission Vol.1」だったことなどをつぶやいていました。


Jeff Mills vs 広瀬香美


スリーパー・ウェイクス

Waveform Transmission Vol. 1

投稿者 munekata : Permalink

2010年5月12日

PLASTICS

 PLASTICSのライヴをUstream.tvで視聴。生中継自体をTwitterのタイムラインでいきなり知りました。

 「ROBOT」で布袋寅泰が参加。久しぶりに聴いた「COPY」にはテンションが上がりました。


PLASTICS「PLASTICS ORIGATO25」

投稿者 munekata : Permalink

2010年5月11日

Ustream.tvとTwitter、個とコミュニティ

 「佐野元春が語るネットと音楽の最先端(上)ツイッター、ユーストリームから見えたエンタメ新風景」を読んでいろいろ考えるところがありました。

 ここ数日は音楽と共同体のことを考えています。いわばコミュニケーション・ツールとしての音楽。音楽は原初はコミュニティで共有されるためのものだったはずで、個人の表現となったのは歴史的に見れば「最近」のことでしょう。

 ライヴやUstream.tvは、CDのようなパッケージメディアと比較されることが多い気がします。でも現在のUstream.tvの本質的な特徴は、「個とコミュニティ」の問題であるように感じます。Ustream.tvは基本的にTwitterのRTやハッシュタグによりコミュニティに共有されていきます。

 「CDは売れないがフェスには人が入る」と言いますが、フェスはそのまま「祭り」の意味。ではUstream.tvでは何が起きているかと言うと、ネットジャーゴン的な意味での「祭り」であって、それがRTの連鎖を生みます。最近はUstream.tvで視聴者10000人突破もよく見るようになりました。

 それをマスメディアからのプロモーションの奪還と見ることもできるでしょう。しかしRTは本当にインフルエンサーを介さなくても多数の視聴者を集めることができるのでしょうか? つまりそこに幻想はないでしょうか?

 「Ustream.tvがあればテレビは不要」のような考え方があるとしたら、それはTwitterで多くのフォロワーを抱えて影響力を持つ人々の多くがマスメディアの有名人であることを無視しすぎだとも思うのです。

 ただひとつ僕が非常に興味があるのは、もしUstream.tvなどを介して音楽が「コミュニティで共有される文化」という原初的なスタイルに立ち返ったとき、比較的「最近」生み出された「個人の表現としての音楽」がどういう発展を見せていくかです。それを見極めるために冷静でありたいと思います。


USTREAM 世界を変えるネット生中継 (ソフトバンク新書)

投稿者 munekata : Permalink

2010年4月30日

万葉シャオニャン

 奈良平城遷都1300年祭を記念して結成されたのが万葉シャオニャン。ワールドミュージック系ポストPerfumeの筆頭です。書いてて意味がわかりませんが。「アオニヨシ奈良ノ都デてんつくてん!」 (→amazon.co.jp)ではラップまで飛び出します。



投稿者 munekata : Permalink

2010年4月29日

神聖かまってちゃん * の子さん ドキュメンタリー #005 LIVE@渋谷屋根裏

 「神聖かまってちゃん * の子さん ドキュメンタリー #005 LIVE」が公開されました。今回は渋谷屋根裏でのワンマンライヴの映像。暴れすぎだろ……。みさこヲタは終盤をどうぞ。



神聖かまってちゃん「友だちを殺してまで。」

投稿者 munekata : Permalink

ももいろクローバー「行くぜっ!怪盗少女」

 ももいろクローバー「行くぜっ!怪盗少女」のビデオクリップが公開されました。低予算っぽい雰囲気ですが、これが素晴らしい。メンバーの個性を引き出す楽しい演出に溢れています。

 冒頭のラップはこれだけ抜き出してサンプリングしてループしたくなります。



ももいろクローバー「行くぜっ!怪盗少女」(通常盤)

投稿者 munekata : Permalink

2010年4月27日

M.I.A.「Born Free」のPV公開

 M.I.A.「Born Free」のビデオ・クリップが大変なことになっています。グロ注意、というか血とか肉片とかが平気な人はどうぞ。トップページを開いた瞬間に始まります。

 このショッキングな映像は詳細がまったくわからないのですが、転載されたYouTubeのコメント欄に「スリランカにおけるタミル人を西欧に置き換えたパラレルワールドではないか」というような解釈があり、共産主義国的な連想しかしてなかった僕はハッとしました。

 なお、監督のRomain Gavrasはjustice「stress」も撮ってるとのこと。こんな物騒なビデオ・クリップだったのか……。「Perfumeの掟」で使われた曲というイメージしかありませんでした。



M.I.A.「Kala」

投稿者 munekata : Permalink

Derrick MayがDOMMUNE出演

 今夜のUstream.tvでは、Derrick MayがDOMMUNEに出演し、裏では勝間和代も生放送をするという世紀の対バンが行われました。Derrick Mayは納得の視聴者1万越え。

 勝間和代のウィンドウを2面開けてエコー効果かけると、さらにDerrick Mayの音がドゥープになるライフハックを開発しました。


世紀の対バン


Derrick May「INNOVATOR」 [2CD]

投稿者 munekata : Permalink

2010年4月22日

「神聖かまってちゃん* の子さん ドキュメンタリー」続き

 丹羽貴幸映像ディレクターのもと撮影された、神聖かまってちゃんののの子を追ったドキュメンタリーが引き続きYouTubeで公開されています。

 「神聖かまってちゃん * の子さん ドキュメンタリー #003」。の子のお父さんがいい味を出しています。「MUSIC JAPAN」での「俺の時代である!」はこれが伏線なのでしょうか。みさこが足りない映像です。



 「神聖かまってちゃん * の子さん ドキュメンタリー #004 」。タイマーズのゼリーを意識した格好でストリートライヴをするの子。みさこヲタは5分過ぎからどうぞ。



神聖かまってちゃん「友だちを殺してまで。」

投稿者 munekata : Permalink

2010年4月19日

浜崎容子「暗くなるまで待って」PV公開

 4月25日に初のソロ・アルバム「フィルムノワール」をリリースする浜崎容子。彼女のアルバムから「暗くなるまで待って」のヴィデオ・クリップが公開されました。

 「暗くなるまで待って」の作詞は、同じアーバンギャルドの松永天馬。


テレビでフェリーニ 眠くなる
退屈な恋ね
ビデオでゴダール 眠くなる
うんざりな男ね



浜崎容子「フィルムノワール」

投稿者 munekata : Permalink

A.N.P.が動画を2本公開

 PerfumeのフリコピユニットのA.N.P.が、動画2本をYouTubeに公開しました。

 一本は「【A.N.P.】スーパージェットシューズ【歌ってみた】」で、これは彼女たちが歌ったヴァージョンが写真のスライドとともに流れる動画。



 問題はもう一本の方です。この「and U / A.N.P.」は、かしゆか〜どが作詞作曲して提供した、Marginal Recプロデュース第1弾。もはやPerfumeのコピーからオリジナルの制作へと駒を進めているのです。ファンの側から新しい文化が生まれつつあります。

 そしてMarginal Recの連中がすごいのは、僕にまでこの楽曲のリミックスを依頼してくることです。機材も技術もないよ!



Peachy「スーパージェットシューズ〜未来を歩くくつ〜」

投稿者 munekata : Permalink

2010年4月14日

Cutie Pai@渋谷club asia

 Cutie Paiが出演する「EARTHBOUND 10」のために渋谷club asiaへ……行くはずだったものの、風邪のために自宅でUstream.tvで見ることに。

 「SA」でのキャンディーがラップするとか、キャンディーがまゆちゃんを姫だっこするとか意味がわからないけれどすごいことになっているので、Ustream.tvだとやはり音や映像止まるし、現場行かないとな! という結論になりました。

 今のまゆちゃん、eyeタソ、キャンディー(+ダンサーもうひとり入れてもいい)の体制でこのまま続けてほしいです。僕はまゆちゃんの「Cutie Paiに何が起きても続ける意志の強さ」が大好きなのですから。


Cutie Pai「Cutie MANIA」

投稿者 munekata : Permalink

2010年4月12日

Wools「Deep fog」

 宗像芳明さん(not 宗像明将)率いるWoolsの新曲「Deep fog」、シルキー&ドゥープなソウルに陶酔しました。ムネキュンさんのヴォーカルやストリングスの厚さ、中毒性あります。


投稿者 munekata : Permalink

2010年4月 7日

カーネーションの音楽配信サイト「Live Carnation」

 カーネーションの音楽配信サイト・Live Carnationがオープンしました。

 これはOrinoco株式会社と株式会社カーネーションオフィスによる配信サイトで、MP3のほかFLACフォーマットでも音源を提供。カーネーションや直枝政広のライヴ音源がダウンロード可能です。

 以下、プレスリリースより直枝政広のコメント。


配信サイト『LIVE CARNATION』が動き出します。
ここでは最新のライヴ音源はもちろん、ライヴ・アーカイヴス、秘蔵音源、録り下ろしのオリジナル作品などを配信販売していきます。

米国のバンド、PhishがFLACでのライヴ音源配信サイトを始めていることは知っていましたが、その理想の実現化にあたっては、どうしてもシステムの構築やその維持がネックになるのでした。
もちろん、そのユーザーの規模も違うわけですし、ましてや国内ではアーティスト専用の配信サイトという前例はほぼありません。
なので、ぼくらのこのやり方が国内で成り立つかどうかはまるで未知数な中でのスタートになります。

音楽配信に対しては違和感を覚える方もいらっしゃると思います。
ただ、カーネーションは従来通り、本道であるオリジナル・アルバムの制作においてはその形態やパッケージにこだわり続けます。
アナログ盤やカセットに異常な愛を持つバンドが配信だけで納得するわけがありません。

ただ、このような音楽ドキュメントとも言えるレアな音源を発表してゆくにあたってはパッケージ制作の無駄を省いたかたち、その音源重視の安価な配信システムを利用しない手はないだろうと判断しています。
しかもここでは迅速な音源の高音質での提供が可能なのです。

はたして今後、このような試みがどう面白く化けるかは、音楽のクォリティやサイトの柔軟なアイデアにかかっています。
でも、ぼくたちは考える前にまずは動き出してみたい。
「LIVE CARNATION」が充実の音源コレクションになるよう努力していきます。
楽しみましょう。

直枝政広(カーネーション)


カーネーション「Velvet Velvet」 (初回限定盤)(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2010年4月 5日

アーバンギャルド「四月戦争」

 「四月ですね。戦争ですね。それでは、四月戦争をお楽しみ下さい」よりアーバンギャルドの「四月戦争」のビデオ・クリップを。

 タイポグラフィの使い方の巧さ、赤い炎で燃える本、鮮烈な青空。冗談抜きで100回ぐらい繰り返し見ている作品です。



アーバンギャルド「少女は二度死ぬ」

投稿者 munekata : Permalink

2010年4月 2日

サニーデイ・サービス「ふたつのハート」PV公開

 4月21日に10年ぶりのニュー・アルバム「本日は晴天なり」(→amazon.co.jp)をリリースするサニーデイ・サービス。そのアルバムから「ふたつのハート」のビデオ・クリップがYouTubeで公開されました。たしかにサニーデイ・サービスの感触があります。



サニーデイ・サービス「本日は晴天なり」

投稿者 munekata : Permalink

2010年3月23日

ムーンライダーズ@ほぼ日刊イトイ新聞

 ムーンライダーズのライヴ生中継をほぼ日刊イトイ新聞で見ました。

 ムーンライダーズというバンドは「新し物好き」というイメージがあったものの、最近は新しいツールにキャッチアップできていない印象で寂しい部分がありました。ところが放送が開始されてみると、LivestreamとUstream.tvの二刀流という体制で映像も音声もクリア。しかもカメラも複数台でスイッチングしていました。Twitterと特に連動せずに、スパムまがいの誘導をしない点も好感を持った理由のひとつです。


ムーンライダーズ「Tokyo7」

投稿者 munekata : Permalink

2010年3月19日

Perfume「ナチュラルに恋して」PV公開

 児玉裕一監督によるPerfume「ナチュラルに恋して」(→amazon.co.jp)のビデオ・クリップがYouTubeで公開されました。



 ただ、関和亮監督によるサカナクション「アルクアラウンド」を見た後だと物足りないものがあるのも事実。シングル曲は従来通り関和亮監督作品にしてほしかったなぁ……。


投稿者 munekata : Permalink

2010年3月18日

佐野元春30周年アニバーサリー前夜祭「アンジェリーナの日」

 佐野元春が「佐野元春30周年アニバーサリー前夜祭『アンジェリーナの日』」と題して、恵比寿LIQUIDROOMでのイベントをUstream.tvで生中継するというので見ていたのですが、「ライブのUst中継はいろいろ課題あり、今日の所はごめんなさい」とのことでライヴの生中継はなし。その代わり、YouTubeに速報的なライヴ動画が3曲アップロードされました。

 ファンをモニタの前に集めていただけにもったいなかったですが、わざわざ「Twitterの使い方マニュアル - Moto's Web Server」をファンのために用意するなど、その心意気は買いたいです。



佐野元春「THE SINGLES EPIC YEARS 1980-2004」

投稿者 munekata : Permalink

2010年3月14日

神聖かまってちゃんの新曲3曲のPV公開

 ワンマンライヴのチケットもソールドアウトで入手できない神聖かまってちゃん。冨田明宏さんが担当した「神聖かまってちゃん 『友だちを殺してまで。』 - インタビュー - TOWER RECORDS ONLINE」は、の子がいない状況でのインタビューながら、逆にの子のポジションが他のメンバーの口から明確に語られている内容になっています。

 その神聖かまってちゃんの新曲3曲のビデオクリップが公開されました。撮影はの子のお父さんだとか。

 そのなかでも、鬱屈を通過して未知の世界へ向かおうとする歌詞が生みだす「美ちなる方へ」の美しさには衝撃を受けました。ローファイだけれど、このロックには表現しようとする衝動があります。



神聖かまってちゃん「友だちを殺してまで。」

投稿者 munekata : Permalink

2010年3月 9日

鬼「小名浜」

 THA BLUE HERBの公式サイトの「ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB) MONTHLY REPORT 2010.03」で、ILL-BOSSTINOがRHYMESTERの宇多丸へアンサーしているのを読んでいたら、そのILL-BOSSTINOを最新作でdisしているラッパーがいるというので見たのが鬼の「小名浜」のビデオ・クリップ。



部落育ち 団地の鍵っ子 駄菓子屋集合 近所のガキんちょ
ヤクザの倅か母子家庭 親父がいたのも七つの歳まで


 という冒頭のリリックからして強烈。「鬼|INTERVIEW[インタビュー]|Amebreak[アメブレイク]」にあるように、鬼一家名義による前作「赤落」収録曲のビデオクリップだそうですが、この楽曲との出会いは非常にショッキングでした。


鬼一家「赤落」

鬼「獄窓」

投稿者 munekata : Permalink

2010年3月 4日

テクノ妹子 with Chii☆のライヴ動画

 テクノ妹子 with Chii☆のライヴ動画がYouTubeに4本アップロードされました。2月28日のライヴの映像です。



テクノ妹子 with Chii☆「テクノポップ・ルネサンス」

投稿者 munekata : Permalink

2010年3月 3日

小西康陽、Salif Keita、tofubeats

 小西康陽「ATTRACTIONS! KONISHI YASUHARU Remixes 1996-2010」(→amazon.co.jp)、Salif Keita「La Difference」(→amazon.co.jp)購入。

 また、tofubeats「BIG SHOUT IT OUT E.P.」(→iTunes)をiTunes Storeで買いました。



小西康陽「ATTRACTIONS! KONISHI YASUHARU Remixes 1996-2010」

ラ・ディフェロンス

tofubeats「BIG SHOUT IT OUT E.P.」

投稿者 munekata : Permalink

2010年2月15日

We Are The World 25 For HaitiとHelping Haiti

 We Are The World 25 For HaitiとHelping Haitiの公式ビデオ・クリップが公開されているのを石田昌隆さんのTwitterで知りました。

 We Are The World 25 For Haitiは「Brian Wilsonを探せ!」といった趣も。iTunes Storeで購入可能です。



 Helping Haitiの「Everybody Hurts」(→amazon.co.jp)はR.E.M.のカヴァー。



Helping Haiti「Everybody Hurts」

投稿者 munekata : Permalink

2010年2月 1日

神聖かまってちゃん「ロックンロールは鳴り止まないっ」

 神聖かまってちゃん「ロックンロールは鳴り止まないっ」の新しいビデオ・クリップが公開されました。以前のビデオ・クリップは他のアーティストの映像を使っていたのですが、今回はその辺の問題のないヴァージョンです。



【MyX 10.02】神聖かまってちゃん / ロックンロールは鳴り止まないっ

MyX | MySpace動画


 全編から溢れるロックンロールの初期衝動。高度な何かがなくても、聴き手をとらえて離さない熱がここには存在します。

 こちらは「SUMMER SONIC 09」に出演した時の「ロックンロールは鳴り止まないっ」。ドラムのみさこが可愛い。



 神聖かまってちゃんの名前を僕が知ったのは、amUのマネージャーのひろ4さんやうさ山からで、いつの間にか彼らの動画を大量に見ていました。ニコニコ生放送を行い、ヴォーカルのの子(男です)はPeerCastでの配信も行います。なんなんだこいつら。

 僕は神聖かまってちゃんを見ていると、無性に不安になります。それはヴォーカルのの子に、若き日のどんとの姿を重ねてしまうからです。勝手な思い込みなのですが……。

 近いうちにライヴを見たいバンドです。ミニ・アルバム「友だちを殺してまで。」(→amazon.co.jp)は3月10日発売。


神聖かまってちゃん「友だちを殺してまで。」

投稿者 munekata : Permalink

2010年1月13日

サカナクション「アルクアラウンド」のビデオ・クリップ

 サカナクション「アルクアラウンド」(→amazon.co.jp)のビデオ・クリップは関和亮が監督。文字の使い方のアイデアが凄いです。しかもループ構造。



サカナクション「アルクアラウンド」

投稿者 munekata : Permalink

2009年12月19日

テクノ妹子 with Chii☆

 テクノ妹子 with Chii☆のビデオクリップ3本が次々とYouTubeにアップロードされたのを1さん経由で知りました。テクノ妹子の存在はすでに知っていたのですが、Chii☆を迎えてからのこれらの作品はこれまでになくフックするところがあります。ベタなことを堂々と行う確信犯のみが持ち得る快感。それをChii☆の存在が引きたてています。



テクノ妹子 with Chii☆「テクノポップ・ルネサンス」

投稿者 munekata : Permalink

2009年12月14日

二階堂和美の祝島ライヴ

 「祝島島民の会blog | 炉心予定地から250mの場所に島民の会の小屋が完成しました」で11月30日に二階堂和美が祝島で行ったライヴの映像が公開されています。「買い物ブギ」「お祭りマンボ」「三百六十五歩のマーチ」などを歌い、祝島の人々に笑顔をもたらす二階堂和美の姿。歌い手としての凄さを実感させます。



 祝島で僕が真っ先に思い出すのは、「森住卓のフォトブログ: 祝島月曜定例デモ」に載せられた、同じ人物の20年前と現在を撮った2枚の写真。

 ソウル・フラワー・ユニオンの「アクア・ヴィテ」(→amazon.co.jp)のジャケットもまた祝島の猫の写真です。


二階堂和美「ニカセトラ」


ソウル・フラワー・ユニオン「アクア・ヴィテ」

投稿者 munekata : Permalink

2009年12月 7日

□□□がライヴ映像配信

 □□□が12月5日に代官山UNITで行ったライヴは、Ustream.tvで配信され、ハッシュタグとともにTwitterのタイムラインを埋めていました。これほどUstream.tvとTwitterを有効に活用しているアーティストも珍しいです。

 その映像が「□□□"everyday is a symphony"御披露目会WEB特設会場」で配信中。45分頃からライヴ開始、1時間15分頃から「ヒップホップの初期衝動」です。

 また、ニュー・アルバム「everyday is a symphony」(→amazon.co.jp)から「飽きる」と「Re:Re:Re:」のビデオクリップも公開されました。


□□□「everyday is a symphony」

投稿者 munekata : Permalink

2009年12月 4日

岡田昌告別式 瑞生からお父さんへ。


 舞踏家・歌舞伎昌三の2008年12月12日の告別式で息子の瑞生さんが、ソウル・フラワーの中川敬も見守るなか歌う「満月の夕」。

 歌はこうして「うた」になってうたいつがれるのだなぁ。そう感じさせる映像です。


ソウル・フラワー・ユニオン「満月の夕~90’s シングルズ」

投稿者 munekata : Permalink

2009年12月 3日

ソウル・フラワー・ユニオンのMySpace開設

 ソウル・フラワー・ユニオンMySpaceアカウントが開設されました。考えてみたら、今までなかったのが不思議です。



ソウル・フラワー・ユニオン「アクア・ヴィテ」

投稿者 munekata : Permalink

2009年11月27日

いとうせいこうというラッパーの帰還

 高木完とZEEBRAがレジデントDJの「HARDCORE FLASH」での、いとうせいこう&DUB MASTER Xのライヴ映像がアップロードされました。「噂だけの世紀末」「ヒップホップの初期衝動」「東京ブロンクス」。しびれました。



 これを繰り返し見てる最中に、□□□「ヒップホップの初期衝動」のビデオクリップのフル・ヴァージョンがアップロードされていることに気付きました(その動画は削除されて現在は公式チャンネルで公開中)。



 泣けてきますね。僕がいとうせいこうの「MESS/AGE」や近田春夫&ビブラストーンの「Vibra is Back」を聴いてた1989年は、17歳の鬱屈した高校生でした。あの頃の自分に「20年後のお前は女房もいて仲間たちと馬鹿馬鹿しいことしてそこそこ楽しく暮らしてて、おまけに余興で人前でラップしてるぞ」と伝えてやりたくなりました。

 いとうせいこうが90年代に意識的にラップから離れていた理由を語る「いとうせいこう インタビュー | Tune in | WEBマガジン e-days『イーデイズ』」。「パキスタンのヌスラット・ファテ・アリ・ハーンについて語るいとうせいこう」というのも懐かしいです。


その一方で、ここしばらく日本の古典芸能にずっとハマってるんですよ。小唄も十何年の間稽古してるし、浄瑠璃の良さについても勉強してきた。それ以外にもパキスタンのヌスラット・ファテ・アリ・ハーンっていうもの凄いヴォーカリストを追いかけていたり、そういうこと全部が僕のラップにハネ返ってきたんですよ。昔だったらできなかった表現を掴み取れている感覚があったわけですね。だから、今、ヴォーカリストとしてようやく演奏者と対等に音楽をできているっていう感覚があるんです。


 「HARDCORE FLASH」でのいとうせいこうのラップは何かがすごく引っ掛かるんですよね。フロウとはまた次元の異なる、言葉の粘りのようなものです。それは、引用した発言でいとうせいこうが述べている「ハネ返ってきた」ものなのかもしれません。

 いとうせいこうは、DUB MASTER X、かせきさいだぁ≡らとTHE DUB FLOWERを今年結成して活動中。こちらの活動も注目したいです。


いとうせいこう「MESS/AGE」

□□□「everyday is a symphony」

 いとうせいこう&TINNIE PUNX「建設的」

投稿者 munekata : Permalink

2009年11月18日

オフノートのMySpaceアカウント

 オフノートのMySpaceアカウントが存在していることに気付きました。アルバム「ぜいご」の楽曲がドラマ「深夜食堂」の挿入歌に使われた鈴木常吉などの試聴が可能。先日、7月4日の浅草木馬亭のライヴの模様がNHKで紹介された岡大介、小林寛明のライヴ動画も公開されています。


岡大介、小林寛明「かんからそんぐ 添田唖蝉坊・知道をうたう」

投稿者 munekata : Permalink

2009年11月17日

「check it girls」PV公開

 昨年ゆうぎ王出演でフチザキにより勝手に制作された清乃「check it girls」のビデオクリップがYouTubeで公開されました。大量の写真により構成された傑作です。



清乃 Dream Passport~夢のはじまり~ [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2009年11月16日

カーネーション「Velvet Velvet」のPVがYouTubeで公開

 11月25日にニュー・アルバム「Velvet Velvet」(→amazon.co.jp)をリリースするカーネーションが、タイトル曲「Velvet Velvet」のビデオクリップをYouTubeで公開しました。



カーネーション「Velvet Velvet」(初回限定盤)(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2009年11月13日

桜組「くのいちサッカー」

 経団連理事の西山由之が仕掛ける中国人姉妹アイドル・桜組の新曲「くのいちサッカー」(→amazon.co.jp)。楽曲の昭和っぽさ、背景の一色感、サッカーと映像の無連動ぶりが常軌を逸しています。なお、映像にいる姉妹ではないひとりの扱いが微妙なのは仕様です。



桜組「くのいちサッカー」

投稿者 munekata : Permalink

2009年11月10日

□□□のニュー・アルバムからショート・ヴァージョンの映像がYouTubeで公開

 12月2日にニュー・アルバム「everyday is a symphony」(→amazon.co.jp)をリリースする□□□が、2本のショート・ヴァージョンの映像をYouTubeで公開しました。

 まずアルバムの収録曲名が発表された時点から高まった「ヒップホップの初期衝動」。「ヒップホップの初期衝動 intro ver.」は、いとうせいこうによる話し言葉のフロウがすごいです。何度も見返してしまいました。



 「00:00:00 short ver.」はいつもの□□□なんですが、いとうせいこうの後だと物足りない……。



everyday is a symphony

投稿者 munekata : Permalink

2009年11月 8日

omodaka「plum song」

 omodaka「plum song」は、YouTubeで公開中の寺田創一のユニットの楽曲。端唄 meets ゲームミュージック! 金沢明子との「東京音頭」から連なる彼の日本の伝統音楽へのアプローチの系譜上にある作品です。


投稿者 munekata : Permalink

2009年10月19日

amU@城天のライヴ映像

 amUが10月11日に大阪城公園の「城天」で行った野外ライヴの映像がアップロードされているのでご紹介します。

 まずm0m0iさんが3回のライヴのうちから映像を組み合わせて編集した動画。複数台のビデオカメラで撮影したかのように楽しめます。



 また、tetsu.yさんが3回の全編をアップロードしてくれています。


投稿者 munekata : Permalink

2009年10月 9日

加藤登紀子「1968」ビデオクリップがYouTubeでフル配信

 加藤登紀子のタワーレコード限定発売シングル「1968」のビデオクリップがYouTubeでフル配信中。楽曲だけ聴くとまるで東欧の音楽のような憂いをたたえていてしびれます。



GOLDEN☆BEST/加藤登紀子

投稿者 munekata : Permalink

2009年10月 6日

Negicco「圧倒的なスタイル」

 Negiccoの「圧倒的なスタイル」のライヴ動画がYouTubeにあったのでよく見ています。これは良いソウルとテクノポップとヲタの融合。



地方発 アイドル大集合!!

投稿者 munekata : Permalink

2009年9月24日

アーバンギャルド「コンクリートガール」ビデオクリップ

 10月9日にニュー・アルバム「少女都市計画」(→amazon.co.jp)をリリースするアーバンギャルドが、その新作から「コンクリートガール」のビデオクリップをYouTubeで公開しました。



 前作の「水玉病」は冗談抜きで100回ぐらい見たほど好きなのですが、「コンクリートガール」では新機軸の魅力が詰まっていて、今回もYouTubeをリピートしています。派手な曲ではないのに、冒頭の歌詞の「つかみ」から始まって、Perfumeやcapsuleの曲名のパロディを挟み、しかし胸に刺さるものがあって感銘を受けました。まさに「切ったら血の出るテクノ」


アーバンギャルド「少女都市計画」

投稿者 munekata : Permalink

2009年9月19日

amUがiTunesで配信開始

 amUがiTunesで楽曲の配信を開始したそうで、「amU | eo Music Tribe(イオ・ミュージックトライブ) | iTunes Debut Artist」に特集記事が。amU Planetのメンバーを含む6人編成、と記されています。

 今回配信されたのは「Glueck Glueck」と「Secret Call」。前者はCDも持っていて、この間のDJでも使った楽曲ですが、ご祝儀的に両方とも買ってみました。流通網が広がるといいなぁ。

 ちなみに、今週は「amU シャレコメッツTV 【vol.4】」も公開されましたよ。



amU「Glueck Glueck / Secret Call」

投稿者 munekata : Permalink

2009年9月 3日

パジャマパーティズ「degital nativ EP」

 パジャマパーティズ「degital nativ EP」Maltine Recordsからリリース。2MCによるラップユニットのデビュー・シングルを無料ダウンロードできます。

 これを聴いて、8月22日の「帰り際モラトリアム」のライヴ動画の2曲目が「マテリアル」だという曲名だとわかりました。というか、「図書館の中で和姦だなんて / そんな恋空みたいな絵空事」って歌詞なんて普通思いつかないよ! 最高!



パジャマパーティズ「degital nativ EP」

投稿者 munekata : Permalink

2009年8月27日

パジャマパーティーズ

 僕の好きなラッパーはパジャマパーティーズです。

 というわけで、8月22日の高円寺Club Mission'sでの「帰り際モラトリアム」での彼らのライヴ動画がYouTubeにHQ版で! 最初の動画の6分あたりからの2曲目が大好きです。「不愉快不愉快マジョリティ 気取るはハンパなマイノリティ」!


投稿者 munekata : Permalink

2009年8月11日

動くRocket or Chiritori

 Rocket or Chiritoriが動く姿を初めて見ました。彼女のMySpaceで知ったもので、映像は5月6日の廃校フェスでのライヴです。1997年の「Tokyo Young Winner」(→amazon.co.jp)から12年後に初めて見る柴原聡子の姿。


投稿者 munekata : Permalink

2009年7月28日

MC紳士&MAD刃物「三十路の衝動」

 一昨日の「ぱいなっちゅる!@自由ヶ丘ACID PANDA CAFE」に関連して「【レポ】アシパン四周年パーリー 前半 DA MEGAROGOLITH 20XX」を読んでいて気になったのがこの部分。


アシパンが生んだ「ガヤから主役へ」を見事に体現したMC紳士&MAD刃物。
二人ともただの日本語ラップ好きのおじさんが30歳になってラップを開始。
(中略)
そして四周年記念テーマソング「三十路の衝動」
MAD刃物のラップ処女曲であり、そこに居たほとんどの人の胸を熱くさせた名曲。
このふざけたイベントの中で、唯一感動的な空気が流れた瞬間でもあった。


 検索したところ、MC紳士&MAD刃物「三十路の衝動」はYouTubeに音源がありました。「いつか生まれ変われるかな / ラッパーになれるかな」。とにかく歌詞が素晴らしく、同じく三十路の身には実に感動的。この楽曲が披露された場にいなかったことを後悔しつつ、つい1日中聴いていました。



ZEEBRA「The Anthology」(DELUXE EDITION)

投稿者 munekata : Permalink

2009年7月13日

YouTube動画いろいろ

 最近見たYouTubeで面白かったものを紹介します。

 まずスウェーデンのストックホルムでのフラッシュモブ。Michael Jacksonの「Beat it」を突然踊り出すという追悼フラッシュモブです。



 以前「Perfumeの海外ファンによる『Dance Cover』」でも紹介したオーストラリアのLynceeさんの新作「Twinkle Snow Powdery Snow」と「シークレットシークレット」。編集もがんばっています。



 7月4日にライヴを見た岡大介の映像も2本を。カントリー風味の「東京節」と、先日のライヴのアンコールでも歌われた「東京」。



 SOURの「日々の音色」のビデオクリップは、「ビデオで使われている映像は全て、ラップトップのwebcamによって撮影しています」という凝った作品で、「どうやって作っているんだ?」と考えてしまうほどです。



YouTube 完全攻略マニュアル

投稿者 munekata : Permalink

2009年6月25日

渡辺勝「花蓙」ビデオクリップ公開

 渡辺勝「花蓙」のビデオクリップがYouTubeで公開されました。編集は新進映画監督の高橋明大。渡辺勝と船戸博史による演奏をバックにした、桜の花びらの散る映像が美しいです。



渡辺勝「渡辺勝」

投稿者 munekata : Permalink

2009年6月 9日

「Perfume Night」vol.5でのTOFUBEATSのDJ音源公開

 「Perfume Night」vol.5でDJをしてくれたTOFUBEATSのプレイ音源が「TOFUBEATS WEBLOG イベント後記など」で公開されました。これ、22時台の盛りあがりなんだぜ……? ミキサーとターンテーブルの間に置いておいたICレコーダーにこれだけフロアの歓声が入っている点に、当日の現場の盛りあがりっぷりを想像してみてください。TOFUBEATS、ありがとう!


TOFUBEATS「HIGH-SCHOOL OF REMIX」

投稿者 munekata : Permalink

2009年5月19日

Brian Wilson「That Lucky Old Sun (AOL Sessions)」

 Brian Wilson「That Lucky Old Sun (AOL Sessions)」をiTunes Storeで購入。「That Lucky Old Sun」に収録された5曲のAOLスタジオでのセッション音源です。


Brian Wilson「That Lucky Old Sun」


投稿者 munekata : Permalink

2009年5月 7日

Aira Mitsuki「BARBiE BARBiE」PVなどYouTubeで公開

 5月20日に発売されるAira Mitsuki「BARBiE BARBiE」(→amazon.co.jp)のビデオクリップなどがYouTubeで公開されました。タイトル曲よりも「FREEDOM STAR TOKYO F*NKadeLiKKK rmx」や「CHANGE MY WILL Modular Modular rmx」のサウンドが大変なことになっていることのほうが印象に残ります。



Aira Mitsuki「BARBiE BARBiE」

投稿者 munekata : Permalink

2009年4月25日

Sonic Youthの新曲のMP3の無料ダウンロード開始

 6月にニュー・アルバム「The Eternal」(→amazon.co.jp)をリリースするSonic Youthが、新曲「Sacred Trickster」のMP3の無料ダウンロードを開始しました。日本語公式サイトはsonic-youth_Sacred Trickster


Sonic Youth「The Eternal」

投稿者 munekata : Permalink

2009年4月18日

amUライヴ動画追加

 YouTubeにamUのライヴ動画が追加されたのでご紹介します。マニピュレーターが加わった体制になってからのステージです。



追記:もう1本見つけたので追加しますね。


投稿者 munekata : Permalink

2009年2月12日

Saori@destiny、ムーンライダーズ

 iTunes Storeで、Saori@destiny「WOW WAR TECHNO」「ステンレス・スターライト」、ムーンライダーズ「恋はアマリリス」購入。ともに配信限定シングルです。


Saori@destiny「WOW WAR TECHNO」「ステンレス・スターライト」

ムーンライダーズ「恋はアマリリス」

投稿者 munekata : Permalink

2009年1月27日

Saori@destiny「WOW WAR TECHNO」試聴開始

 3月14日(土曜日)に開催される「Perfume Night」vol.4にも出演してくれるSaori@destiny。彼女の2月11日にリリースされる配信限定シングル「WOW WAR TECHNO」の試聴が「Saori@destiny's note:My Space先行試聴開始!」で始まりました。ウォウォ言ってる大胆さが痛快。シャレオツになりすぎない、この辺の匙加減で進んでほしいです。



Saori@destiny「JAPANESE CHAOS」

投稿者 munekata : Permalink

2009年1月20日

amUの動画がYouTubeに追加

 amUの動画がYouTubeに追加されたのでご紹介します。

 まず、1月7日のあさがやドラムでのライヴから「カプセルガール」。



 同じく「room132」。



 同じく「デビルズステップ・デビルズキッス」。この楽曲もインターネット上で聴けるようになりました。



 続いて、やはり今月の大阪でのライヴから「あの娘とベルモンテ」。



 同じく「room132」。



 ここまではマネージャーさんがアップロードした動画でしたが、別のユーザーの手で去年末にアップロードされたのが以下の動画。友人たちによると、Hazel Nuts Chocolateの「Future☆Popp」をカヴァーしているそうで、そこからMCと「room132」へ続いています。「ファン太日記 | インタビューーーーー!!!」でもacoが語っているように、Hazel Nuts Chocolateは彼女が好きなアーティスト。



オムニバス「contemode(2)」

投稿者 munekata : Permalink

2009年1月11日

Candyの「ポリリズム」

 CandyことラヴァーズソウルのCHIHIROがPerfumeの「ポリリズム」をカヴァーしていることを「2009-01-11 - 雲の磁力」で知りました。



 Candyは元アミューズ所属で、PerfumeとともにBEE-HIVE寮で暮らしていたアーティスト。「ファン・サーヴィス[bitter]」(→amazon.co.jp)ではカットされていますが、BUZZとともに当日のオープニングアクトを務め、アンコールではPerfumeやBUZZと一緒にクリスマスソングも歌っていました。

 Candyは以前も「ポリリズム」をバンド形式でカヴァーしていましたが、今回はアコースティック・ギターによる弾き語り。ポリループ部分までフルコーラスを歌っています。

 感情を込めてCandyが歌いあげる、BEE-HIVEから分岐したもうひとつの「ポリリズム」。


ラヴァーズソウル「for example」

投稿者 munekata : Permalink

2008年12月31日

Cutie Paiが新曲「miss you」を公開

 Cutie Paiが新曲「miss you」を本日YouTubeで初公開しました。きわサン脱退後、公開された初の新曲でしょうか。ちょうどki☆kiちゃんのブログが消滅した後というタイミング。現在の体制でもCutie Paiの新曲が公開されたことを喜びたいです。



 それでは皆さま良いお年を。


Cutie Pai「Cutie MANIA」

投稿者 munekata : Permalink

2008年12月24日

capsule、ムーンライダーズ

 iTunes Store限定配信のcapsule「iTunes Live From Tokyo」を購入。11月29日のライヴ音源です。ついでに、12月3日に配信限定でリリースされたムーンライダーズ「Tokyo, Round & Round」も購入。

 今年、iTunes Storeで楽曲単位以外で他に買ったのは、細野晴臣&ワールド・シャイネス「細野晴臣&ワールド・シャイネス (08.04.22@Billboard Live TYO)」と矢野顕子「JAPANESE GIRL -Piano Solo Live 2008-」のみ。つくづく自分は「盤」が欲しい時代遅れのタイプなのだと思います。


capsule「iTunes Live From Tokyo」

ムーンライダーズ「Tokyo, Round & Round」

細野晴臣&ワールド・シャイネス「細野晴臣&ワールド・シャイネス (08.04.22@Billboard Live TYO)」

矢野顕子「JAPANESE GIRL -Piano Solo Live 2008-」

投稿者 munekata : Permalink

2008年12月22日

Brian Wilson公式サイトでクリスマスソング配信中

 Brian Wilson Official Websiteで、クリスマスソング「The Christmas Song」が公開されています。

 Brian Wilson関連では、DVD「That Lucky Old Sun」(→amazon.co.jp)が2009年2月25日に日本でも発売予定です。


Brian Wilson「That Lucky Old Sun」

Brian Wilson「What I Really Want for Christmas」

投稿者 munekata : Permalink

2008年11月16日

Saori@destiny@SPACE SHOWER TV Digital Archives X

 Saori@destinyのライヴが生中継されるというのでSPACE SHOWER TV Digital Archives Xを見ていました。

 11月19日発売の「JAPANESE CHAOS」(→amazon.co.jp)の楽曲のほか、まったく新作に関係ないランカ・リー=中島愛の「星間飛行」(→amazon.co.jp)を歌うなど、ヲタ心をつかむ選曲が相変わらず素晴らしかったです。

 そして、このライヴの生中継では、自分が現場にいなかったからか、普段よりもヲタのMIXに魂を打たれました。アイヌ語のMIXも覚えようという気になるレベル。Saori@destinyと彼女のヲタには、「そこに行きたかった」と思わせられる良い現場を見せてもらいました。


Saori@destiny@SPACE SHOWER TV Digital Archives X


Saori@destiny「JAPANESE CHAOS」

投稿者 munekata : Permalink

2008年11月 8日

Perfume「Dream Fighter」のビデオクリップがYahoo!動画でフル配信

 武道館2DAYSの終了を待っていたかのように、Perfume「Dream Fighter」(→amazon.co.jp)のビデオクリップのフル配信がYahoo!動画で始まりました。武道館で「Dream Fighter」を歌うときに流れていた映像と同じものですね。「コンピューターシティ」を連想させる、ダンスをメインにしたビデオクリップ。


Perfume「Dream Fighter」(初回限定盤)

Perfume「Dream Fighter」

投稿者 munekata : Permalink

2008年10月31日

MTV MUSIC

 MTV MUSICは、ビデオクリップを2万曲以上も配信していて、もはや何から見ていいのかわからないサービス。rickdomで知りました。

 とりあえず、ピチカート・ファイヴの「Happy Sad」のアメリカ版のビデオクリップは初めて見ました。これは「THE BAND OF 20TH CENTURY : PIZZICATO FIVE THE SIX DVD SET」(→amazon.co.jp)にも入っていないはず。


MTV20 DVD-BOX 〜MTV20 ロックス、ポップ&ジャムズ〜

投稿者 munekata : Permalink

2008年10月 1日

Perfume「ポリリズム」のライヴDVD映像がYahoo!動画でフル配信

 10月15日に発売されるPerfumeのライヴDVD「Perfume First Tour 『GAME』」(→amazon.co.jp)から、「ポリリズム」のフル配信がYahoo!動画でスタートしました。


Perfume「Perfume First Tour 『GAME』」

投稿者 munekata : Permalink

2008年9月11日

鈴木博文がMySpace開設、10月には新作「凹凸」もリリース

 鈴木博文公式MySpaceが開設されました。現在、期間限定で10月25日発売の新作「凹凸」からタイトル曲をフル配信中。その他3曲の試聴も可能です。「凹凸」のジャケットを担当しているのはマンガ家の山田参助。

 また、ライヴ情報をプレス・リリースから転載しておきます。


【アルバム発売記念ライヴ決定】

鈴木博文『凹凸』発売記念ライヴ
「Concave-Convex Band From AUTREY」

日程: 2008年11月2日(日)
会場: 渋谷・青山・月見ル君想フ
開場: 18:30 開演:19:00
料金: 前売 4,200円 (1ドリンク代別) 当日 4,500円 (1ドリンク代別)
出演: 鈴木博文 & Concave-Convex Band
 [青木孝明・大田譲(CARNATION)・夏秋文尚(ジャック達)・西村哲也]

○9/13〜9/30の間、メトロトロン・メール予約にて、チケット予約先行受付!

○一般発売(10/2〜)
月見ル君想フ 店頭及びメール予約  http://www.moonromantic.com/

■お問い合わせ先
メトロトロン・レコード info@metrotron-records.com
青山・月見ル君想フ 03-5474-8115 (14:00〜22:00)
http://www.moonromantic.com/

○ アルバム先行発売について
・ライブ先行発売(9/22,9/23)
9月22日 大阪 RAINDOGS 及び 9月23日 京都 陰陽-NEGAPOSI- で行われる、鈴木博文ソロツアーにおいて、当アルバムを先行発売決定。
・ 公式site通販先行発売(9/25〜)
メトロトロン・レコード公式siteにて9月25日より、メール通販にて先行発売決定。
http://metrotron-records.com/


鈴木博文「凹凸」

投稿者 munekata : Permalink

2008年8月13日

Yahoo!動画で「HASYMO スペシャル」公開

 「Yahoo!動画 - 音楽 - HASYMO スペシャル」で、HASYMOからのコメントと「Tokyo Town Pages」(→amazon.co.jp)が配信されています。

 「坂本龍一です、高橋幸宏です、細野晴臣です、3人揃ってHASYMOです」という挨拶は、8月10日のWORLD HAPPINESSへあえてPerfumeのTシャツを着ていった僕への爆レスという電波を受信しました。


HASYMO「The City of Light」

投稿者 munekata : Permalink

2008年8月 1日

「Cutie Pai recorded Tower ver.1」

 brancoで「Cutie Pai recorded Tower ver.1」放送。ライヴ映像を見ながら、Cutie Paiとチャットができる企画でした。

 事前にアナウンスされていた6月9日の映像のほか、早くも一部で伝説化している6月8日のデパートメントHの映像も! 後者での0列突入の異常事態っぷりをやっとカメラからの視点で確認できました。


Cutie Pai「Cutie MANIA」

投稿者 munekata : Permalink

2008年7月19日

百八つ煩悩丸ひろしのMySpaceオープン

 108recordを主宰し、Cutie Paiのアレンジも担当している百八つ煩悩丸ひろしのMySpaceがオープンしました。Cutieマニアはこちらも要チェック。


Cutie Pai「Cutie MANIA」


投稿者 munekata : Permalink

2008年6月27日

Perfume「love the world」のビデオ・クリップがYahoo!動画でフル配信

 Yahoo!動画で、Perfumeの新曲「love the world」初回限定盤(→amazon.co.jp)通常盤(→amazon.co.jp)のビデオ・クリップのフル配信がスタートしました。

 また、同じくYahoo!動画のポルノグラフィティ スペシャルでは、Perfumeが出演してビデオ・クリップでのみ歌っている「痛い立ち位置」も配信中です。


Perfume「love the world」(初回限定盤)(DVD付)

Perfume「love the world」

投稿者 munekata : Permalink

2008年6月20日

Cutie PaiがMySpaceニュースに登場、新曲「RECORDED TOWER」の試聴も

 Cutie PaiがMySpaceニュース「ポストPerfume!? テクノ・ポップ・ユニットCutie PaiがMySpaceプロフィールを開設」で紹介されました。Perfumeと並べて語られることについてはCutieマニアの間で否定的な声もありますが、メディアが取りあげるようとすると、どうしても読者への「つかみ」としてこういう表現が入ってしまうことは個人的には理解できます。メディアに乗らないよりはマシだと思うので、大事なのはCutieマニアが記事を受けて「音楽性はテクノポップだけじゃないよ」とその魅力について説明することでしょう。僕もがんばります。

 さて、そのCutie Paiの公式MySpaceで、新曲「RECORDED TOWER(DEMO)」の試聴が開始されました。現在6曲が試聴可能です。


Cutie Pai「Cutie MANIA」

投稿者 munekata : Permalink

2008年5月28日

岡大介、小林寛明「かんからそんぐ 添田唖然坊・知道をうたう」のチラシ完成、MySpaceも開設

 2月3日に発売された岡大介、小林寛明「かんからそんぐ 添田唖然坊・知道をうたう」」(→amazon.co.jp)のチラシが完成したそうで、ライナーノートを執筆した僕のもとにも岡大介さんが送ってくださいました。なぎら健壱さんのコメント入り。以下、クリックで拡大します。


「かんからそんぐ」チラシ表

「かんからそんぐ」チラシ裏


 また、僕もこのチラシで初めて知ったのですが、MySpaceも開設したそうです。現在、「東京節」「ホロホロ節」「マックロ節」をフル試聴できます。


岡大介、小林寛明「かんからそんぐ 添田唖然坊・知道をうたう」

投稿者 munekata : Permalink

2008年5月25日

Cutie Pai「ミュージック・ランデヴー(キューティー リズムマニア リミックス)」無料ダウンロード可能

 Sound Design & Web Publish Label 108recordの公式サイトがリニューアルされ、Cutie Paiが昨年開催したマンスリー・イベント「777」についての「トリプルセブン資料館」が新設されました。

 このページでは、「777」でリリースされた楽曲のサンプル音源を聴くことができるのですが、よく見ると「ミュージック・ランデヴー(キューティー リズムマニア リミックス)」のフル音源を無料ダウンロードできます。「ミュージック・ランデヴー」の12分に及ぶリミックス音源で、途中から8分の6拍も挿入される野心作。一聴の価値があります。


Cutie Pai「Cutie MANIA」


投稿者 munekata : Permalink

2008年5月22日

branco「Cutie Pai Live 2.14」

 5月17日に「Cutie MANIA」(→amazon.co.jp)をリリースしたCutie Paiが、branco「brancoチャットWeek」に登場しました。今回のための番組「Cutie Pai Live 2.14」を放送しながらCutie Paiのメンバーとチャットができるという趣向で、その様子はbranco park〜編成局ブログ〜で見ることができます。

 ライヴ映像では、自分の姿が実に邪魔で……。というのはさておき、「イエスノウ」のステージを映像で改めて見ることができたのが収穫でした。

 また、チャットによると6月7日に鶯谷の東京キネマ倶楽部でオールナイトのイベントに出演するとのこと。今後はバスツアーも実施したいとのことで、俄然高まりました。


Cutie Pai「Cutie MANIA」

投稿者 munekata : Permalink

2008年5月10日

Cutie Pai、公式MySpaceとYouTubeアカウントを開設

 Cutie Pai公式MySpaceを開設したことがアニマモ放送局!マモウのブログ Cutie Pai Love!で発表されました。そこからたどると、YouTubeの公式アカウントにもたどりつけます。現在は「ミュージック・ランデヴー」「小っちゃな翼」を配信中です。



Cutie Pai「Cutie MANIA」

投稿者 munekata : Permalink

2008年5月 5日

Cutie Pai「Cutie MANIA」の新曲の試聴開始

 Cutie Pai「Cutie MANIA」に収録されている新曲「イエスノウ」「美人形」の試聴が108recordでスタートしました。CD音質で聴くとさらにいいですよ!


Cutie Pai「Cutie MANIA」


投稿者 munekata : Permalink

2008年4月 3日

Perfume「Baby cruising Love」のライヴ映像がYahoo!動画でフル配信

 Perfume「Baby cruising Love」のライヴ映像のフル配信がYahoo!動画でスタートしました。配信されているのは、2月12日のSHIBUYA-AXでの映像。現場でも見ましたが、こうしてアップやいろいろな角度で見られるのは嬉しいですね。PerfumeのライヴをもっとDVDでリリースしてほしくなりました。


Perfume「GAME」(DVD付) 【初回限定盤】

Perfume「GAME」


投稿者 munekata : Permalink

2008年3月21日

くるりと高校の吹奏楽部が共演する動画が配信中

 くるりが、卒業する高校生の門出を祝うために浜松海の星高等学校吹奏楽部と共演している動画が「MY GENERATION 卒業ライブ × くるり」で配信中です。心が高鳴るような「Bremen」の演奏風景。くるりのふたりだけで名曲「春風」を演奏する部分も良いです。


Philharmonic or die


投稿者 munekata : Permalink

Cutie Pai「ミュージック・ランデヴー キューティーリズムマニアリミックス」が無料ダウンロード可能

 Cutie Paiの「ミュージック・ランデヴー キューティーリズムマニアリミックス」が、この楽曲のリミキサーであり、108recordを主宰する百八つ煩悩丸ひろしさんの「mF247 | gR² | 百八つ煩悩丸ひろし」で無料ダウンロード可能です。

 この「ミュージック・ランデヴー」のリミックスは、講談社の「MouRa」の「『魔法の国からやってきたお人形』アイドルユニット『Cutie Pai』が講談社にやってきた!」でも話題が出た、8分の6拍が途中で出てくるリミックス。12分もあるので2分割されていますが、ぜひ続けて聴いてみてください。


Cutie Pai「ミュージック・ランデヴー」

投稿者 munekata : Permalink

2008年3月20日

Perfumeをカバーするオーストラリアの男性2人組「COLOGNE」

 MySpace.comで、Perfumeをカバーしているオーストラリアの男性2人組・COLOGNEの楽曲を聴くことができます。現在聴くことができるのは「ポリリズム」と「Baby cruising Love」の2曲。男性の声で歌われるとなんだか新鮮です。


Perfume「GAME」(DVD付) 【初回限定盤】

Perfume「GAME」

投稿者 munekata : Permalink

2008年3月14日

Cutie Paiのまゆちゃん参加の「CLO CLO MADE IN JAPAN」のビデオ・クリップ公開

 Cutie Paiのまゆちゃんがコーラスで参加している、サエキけんぞうプロデュースによるクロード・フランソワのトリビュート盤「CLO CLO MADE IN JAPAN」(→amazon.co.jp)のビデオ・クリップが公開されました。


 そのサエキけんぞう&クラブ・ジュテーム「マグノリア・フォーエヴァー」。



 他に、YMCK、かしぶち哲郎、ELEKTEL featuring 松尾清憲なども参加しています。


オムニバス「CLO CLO MADE IN JAPAN」

投稿者 munekata : Permalink

2008年1月16日

Perfume「マカロニ」をYahoo!動画がフル配信

 Perfumeの新曲「マカロニ」(→amazon.co.jp)のビデオ・クリップのフル配信がYahoo!動画でスタートしました。今回のシングルには残念ながらこのビデオ・クリップは収録されていないので、現在はここでしか見ることができません。

 そしてこの作品が素晴らしいのです。これまでのビデオ・クリップとは違い、すべてが野外で撮影されています。低予算、短期間で制作したものと推測されるのですが、アイデアとセンスと構成力でこれほど魅力的な作品を作れることに感動しました。

 監督がいつもの関和亮なのかは不明ですが、この作品を貫く感覚は、「ファン・サーヴィス[bitter]」(→amazon.co.jp)の途中に挿入される、午前1時の街を走るPerfumeの姿の延長線上にあるようにも感じられます。

 そして、ビデオカメラを回すのっちの姿には、1997年の原将人監督作品「20世紀ノスタルジア」(→amazon.co.jp)での広末涼子を連想。彼女が終盤で見せる思わぬ展開に、僕ら夫婦は感嘆の声をあげてしまいました。いわば「マカロニ」は、Perfumeによる「20世紀ノスタルジア」ならぬ「21世紀ノスタルジア」。素晴らしい映像作品だと思います。


Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」初回限定盤

Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」通常盤

Perfume「Fan Service ~Prima Box~」(DVD付)

Perfume「FAN SERVICE〜BITTER〜 Normal Edition」

投稿者 munekata : Permalink

2008年1月 7日

Perfume「Baby cruising Love」をYahoo!動画がフル配信

 「Yahoo!動画 - 音楽 - Perfume スペシャル - Perfume『Baby cruising Love』(フル)」で、Perfumeの2008年1月16日発売の新曲「Baby cruising Love」(→amazon.co.jp)のビデオ・クリップがフル公開されました。

 また、「Yahoo!動画 - 音楽 - Perfume スペシャル - Perfume『期間限定:新年コメント』」も公開。期間限定ながら配信終了日未定というアバウトさが良いです。


Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」初回限定盤

Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」通常盤

投稿者 munekata : Permalink

2007年12月25日

Cutie Paiの公式サイトが移転、ライヴ映像を配信

 Cutie Paiの公式サイトが、なぜか「.com」ドメインから「.net」ドメインに移転しました。

 移転した公式サイトの目玉は、「Gallery」で「cosmic少女」と「プラモガ」のライヴ映像が約4分配信されていることでしょう。「プラモガ」は「cosmic少女」のカップリング。クリアな音質と映像で2曲のライヴを見ることができます。


Cutie Pai「cosmic少女」

投稿者 munekata : Permalink

Perfume「Baby cruising Love」PVが30秒間公開

 「Yahoo!動画 - 音楽 - Perfume スペシャル - Perfume『Baby cruising Love』」で、Perfumeの2008年1月16日発売の新曲「Baby cruising Love」(→amazon.co.jp)のビデオ・クリップが30秒間だけ公開されました。今回はCG無し。ライトを多用した映像で、暗闇で光の軌跡が描かれるシーンが印象的です。


Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」初回限定盤

Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」通常盤

投稿者 munekata : Permalink

2007年12月19日

東京ローカル・ホンクの動画が公開中

 東京ローカル・ホンクの動画がYouTubeで公開中です。アップロードしているのは、マニアには有名なレコード店の芽瑠璃堂

 楽曲がフルで公開されているのは、2005年の傑作「東京ローカル・ホンク」(→amazon.co.jp)の冒頭を飾る名曲「お手紙」のビデオ・クリップとライヴ映像です。このライヴ映像は初めて見ました。



 また、今年リリースされた「生きものについて」(→amazon.co.jp)から「ハイウェイソング」の短い楽曲紹介もあります。



 東京ローカル・ホンクは、今夜19:30から東中野の驢馬駱駝でライヴを開催します。僕は先約があって行けませんが、気になった方はぜひどうぞ。


東京ローカル・ホンク「東京ローカル・ホンク」

東京ローカル・ホンク「生きものについて」

投稿者 munekata : Permalink

2007年12月10日

Perfumeのコメント映像とライヴ映像をYahoo!動画が配信

 Perfumeのコメント映像とライヴ映像が「Yahoo!動画 - 音楽 - Perfume スペシャル - Perfume 『最新コメント+未公開LIVE映像』」で公開されました。

 コメントには新衣装で登場。ライヴ映像は11月8日の恵比寿LIQUIDROOMから「ポリリズム」「チョコレイト・ディスコ」が紹介されています。コメントでは、1月16日発売の新曲「Baby cruising Love / マカロニ」初回限定盤(→amazon.co.jp)通常盤(→amazon.co.jp)や、2月13日発売の「FAN SERVICE~BITTER~ Normal Edition」(→amazon.co.jp)や「Fan Service ~Prima Box~」(→amazon.co.jp)の話題も。動画は約7分です。


Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」初回限定盤

Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」通常盤

投稿者 munekata : Permalink

2007年11月 9日

小島よしおネタをジャマイカのレゲエDJ・PATEXXが導入

 ジャマイカのレゲエDJであるPATEXXが、小島よしおのおなじみのネタ「そんなの関係ねぇ!」を大胆に導入した「Japaneeze Dance ft Cutty」をMySpace.com - PATEXXで公開中です。サビで「そんなの関係ねぇ!」と繰り返される不思議なトラック。


DJ TASAKA presents Mix of Colors

投稿者 munekata : Permalink

2007年9月14日

BOREDOMSのドラム77台ライヴの動画公開

 7月7日にニューヨークで開催されたBOREDOMSのドラム77台ライヴの動画が「77 BOADRUM | VIDEO | VIVA-RADIO.COM」で公開されました。準備や演奏の模様を収録した約11分のドキュメンタリー。



 「77 BOADRUM | DRUMMERS | VIVA-RADIO.COM」を見ると、EYEを中心に77台のドラムがどう配置されていたかもわかります。


BOREDOMS(V∞REDOMS)「SUPERROOTS 9」

投稿者 munekata : Permalink

2007年9月11日

Perfume「ポリリズム」(配信限定バージョン)無料配信開始

 いよいよ今日からCDショップの店頭にPerfume「ポリリズム」初回限定盤(→amazon.co.jp)通常盤(→amazon.co.jp)が並びます。

 それに先駆けて、Yahoo!動画 で「Perfume スペシャル - Perfume『ポリリズム』(配信限定バージョン)」が公開されました。


通常のビデオクリップ以上に、そのストーリーを強調したのがこのバージョン。


 たしかに通常のビデオ・クリップと比べると、00:36からのダンスがないなど編集が異なり、Perfumeの3人の表情やCGが占める率が増えています。


Perfume「ポリリズム」(初回限定盤)(DVD付)

Perfume「ポリリズム」

投稿者 munekata : Permalink

2007年9月 5日

Brian Wilsonが新曲「Midnight's Another Day」を公式サイトで無料配信

 Brian Wilsonが新曲「Midnight's Another Day」を公式サイトで無料配信しています。bounce.comの「BRIAN WILSONが新曲“Midnight's Another Day”をオフィシャル・サイトにて公開」によると、この楽曲はVan Dyke Parksと制作した組曲「That Lucky Old Sun(A Narrative)」の一部だそうです。この組曲は9月10日にロンドンで初披露される予定だそうで、CD化への期待も膨らみます。


Brian Wilson「SMiLE」

投稿者 munekata : Permalink

2007年8月22日

メロン記念日「お願い魅惑のターゲット」のビデオクリップがあまりにもロック

 「メロン記念日『お願い魅惑のターゲット』のジャケットが斬新」で9月5日に発売されるメロン記念日「お願い魅惑のターゲット」(→amazon.co.jp)のジャケットをご紹介しましたが、今度はそのビデオ・クリップが公開されたことをDozy daysで知りました。

 ……ジャケットのあの4人かよ! しかも舞台はどこかの公園。とはいえ、振り付けが微妙にバラバラだったり、ジャケット写真の口の部分だけパクパク動かしたり、スクリーン幅が伸縮したり、終盤で上半身裸になったりと、一見チープなようでかなりセンスを感じさせます。監督は誰なのかなぁ。ともあれ、アイドルの枠を軽く吹っ飛ばしていて、さすがメロン記念日と感じました。

 最後にまたでかいジャケット画像を貼っておきますね。


メロン記念日「お願い魅惑のターゲット」

投稿者 munekata : Permalink

Perfume「ポリリズム」のビデオ・クリップがYahoo!動画でフル配信

 9月12日に発売されるPerfume「ポリリズム」初回限定盤(→amazon.co.jp)通常盤(→amazon.co.jp)のビデオ・クリップのフル配信がYahoo!動画でスタートしました。公式サイトのポップアップ画面でも少し見ることができます。

 ビデオ・クリップは、従来通りCGを使って近未来感を出しながら、微妙なボカシを使った淡い映像なのが新鮮。ダンスは終盤にして、これまで以上にPerfumeの3人の表情をクローズアップしている印象も受けました。


Perfume「ポリリズム」(初回限定盤)(DVD付)

Perfume「ポリリズム」

投稿者 munekata : Permalink

2007年7月31日

Perfumeのライヴ映像がYahoo!動画で配信開始

 7月5日6日に開催されたPerfumeのワンマンライヴ「ひこぼし☆募集中」の映像がYahoo!動画で配信されはじめました。

 配信されたのは、「チョコレイト・ディスコ」「コンピューター・シティ」、そしてなぜか広島インディーズ時代の「彼氏募集中」。「彼氏募集中」だけ途中でフェイド・アウトしますが、「チョコレイト・ディスコ」と「コンピューター・シティ」はフル視聴できます。

 とりあえず「チョコレイト・ディスコ」だけでも見て、Perfumeのライヴにおけるフロアの異常な熱狂ぶりを目の当たりにしてください。実際にフロアの最前列にいると、この映像の数倍の咆哮と嬌声が鼓膜に飛び込んできます。


Perfume「ファン・サーヴィス [bitter]」

投稿者 munekata : Permalink

2007年7月 8日

YMOのライヴ映像が無料配信中

 7月7日に開催された「Save Our Selves | Live Earth Japan | 7.7.07」。その京都の東寺でのYMOのライヴ映像がLive Earthで無料配信中であることを「あたしのあたまんなか - mixiに張ってあった」で知りました。

 この日の演奏楽曲は以下の4曲。

1.以心電信
2.RESCUE
3.War and Peace
4.RYDEEN 79/07

 このうち「RYDEEN 79/07」以外の3曲が配信されています。


HASYMO「RESCUE/RYDEEN79/07」

投稿者 munekata : Permalink

2007年7月 7日

モーニング娘。新曲「女に 幸あれ」PV公開

 Dohhh UP!でモーニング娘。の7月25日発売の新曲「女に 幸あれ」(→amazon.co.jp)ビデオ・クリップが公開されました。吉澤ひとみの卒業、藤本美貴の脱退を経ての第一弾。楽曲も映像ももう一工夫ほしいところです。ハッタリというか。新加入のジュンジュンとリンリンがあまり目立ってないのは意外でした。

 ところでモーニング娘。と言えば、元メンバーの飯田圭織が妊娠、結婚。辻希美のときほど衝撃的ではないのは、25歳という年齢のせいでしょうか、仕事量の差のせいでしょうか。


モーニング娘。「女に 幸あれ」(初回生産限定盤)(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2007年6月10日

They Might Be Giantsが新曲「With The Dark」のビデオ・クリップをYouTubeで公開

 They Might Be Giantsが、7月11日発売の新作「The Else」(→amazon.co.jp)に収録されている「With The Dark」のビデオ・クリップをYouTubeで公開しました。この人形劇によるビデオ・クリップを制作しのたは、カナダ在住の日本人のhineさんです。



They Might Be Giants「The Else」

投稿者 munekata : Permalink

2007年5月29日

スリランカ音楽を聴ける「J9 RADIO」

 先日のスリランカフェスティバル2007でスリランカのCDをまとめて買ったのですが、一番CDを買ったお店でチラシを渡されたのがJ9 RADIO。アクセスして右上に「ON AIR」のライトが点いていたら、あとは音質を選ぶだけでスリランカ音楽を流しっぱなしで聴くことができます。


地球の歩き方 ガイドブック D30 スリランカ

投稿者 munekata : Permalink

2007年5月23日

Paul McCartneyが新曲「Dance Tonight」のPVをYouTubeで公開

 Paul McCartneyが新曲「Dance Tonight」のビデオクリップをYouTubeで公開しました。マンドリンの響きが楽しい楽曲です。



 この楽曲が収録される新作「Memory Almost Full」は、輸入盤と日本盤が6月4日から6日にかけて発売されます。そしてCDJournal.comの「ポール・マッカートニーの新作、デラックス盤も日本発売決定」より。


 このデラックス版は、3曲のボーナス・トラックと25分に及ぶポールのインタビューを収録したボーナス・ディスク付き。日本盤には、インタビューと楽曲解説の日本語訳を収めたブックレットが付属されることになっています。また、ピクチャー・レーベル及びクロス・フォルダーパックという豪華な仕様。全世界的に初回プレス・オンリー、日本では1万枚の完全限定盤となりますので、マニアは早めの入手を。ちなみにこのデラックス版、輸入盤はアルバム発売と同日の6月5日に登場。また、日本盤は直輸入仕様となりますので、通常日本盤のボーナス・トラックは収録されません。


 なんだかややこしいですね。

 まず2枚組仕様のUS盤。4,208円。

Paul McCartney「Memory Almost Full」

 そして1枚のみのUK盤。3,868円。

Paul McCartney「Memory Almost Full」

 さらにまず1枚のみの日本盤。2,500円。

ポール・マッカートニー「追憶の彼方に~メモリー・オールモスト・フル」

 輸入盤の価格がAmazon.co.jpではちょっと高めなので、3,300円の日本盤の「追憶の彼方に~メモリー・オールモスト・フル(デラックス・エディション) 」(→amazon.co.jp)がいいかなと思うのですが、発売が7月18日と遅いので迷うところです。

投稿者 munekata : Permalink

2007年5月22日

イルリメ「元気でやってるのかい?」PV公開

 イルリメが6月6日にリリースする新作「イルリメ・ア・ゴーゴー」(→amazon.co.jp)から、「元気でやってるのかい?」のビデオクリップが公開されたことをIndiesNews.comで知りました。SPACE SHOWER Digital Archives Xでイルリメをクリックして、上のほうに表示される小さい四角から「元気でやってるのかい?」を選ぶと見ることができます。


イルリメ「イルリメ・ア・ゴーゴー」

投稿者 munekata : Permalink

2007年5月21日

佐野元春「君が気高い孤独なら」プロモーションビデオ公開

 佐野元春の6月13日発売の新作「COYOTE」(→amazon.co.jp)から、「君が気高い孤独なら」のプロモーションビデオが公開されました。これはアルバムへの期待が膨らむ楽曲です。


佐野元春「COYOTE」(初回限定盤)(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2007年5月19日

200万曲を無料フル配信するfinetuneをデスクトップで聴ける「Finetune Desktop」

 以前「200万曲を無料でフル配信するSNS『finetune』」でご紹介したfinetuneで、ブラウザを起動しなくてもデスクトップ上で聴けるソフトウェア「Finetune Desktop」が公開されました。finetuneの規約上、このエントリーはアメリカに在住している方向けの内容です。

 まずは「1」のリンク先に飛んで、「I have read the Adobe Apollo Runtime License, and by downloading the software listed below I agree to the terms of the agreement. 」にチェックを入れ、MacintoshかWindowsかを選んでApollo Runtimeをダウンロードしてインストールします。


Finetune Desktop


 ページを戻って「2」からFinetune Desktopをダウンロードしてインストールします。


Finetune Desktop


 インストールが完了したら、右上からサイン・インしましょう。


Finetune Desktop


 Finetune Desktopが起動します。自分のプレイリストと「favorite playlists」が表示されるので、プレイリストを選んで「PLAY」をクリックすると聴けます。


Finetune Desktop


 星型のアイコンをクリックすると、「favorite artists」に登録しているアーティストが表示されます。これもアーティストを選んで「PLAY」をクリックすると聴けます。


Finetune Desktop


 面白いのは、iTuneのアイコンをクリックすると、iTuneのライブラリにあるアーティストのうち英字のものが表示されるところです。ただし、アーティストを選んで「PLAY」をクリックすると、iTuneのライブラリのデータが再生されるのではなく、そのアーティストのfinetuneにある楽曲が再生されます。


Finetune Desktop


ネットコンテンツ・ビジネスの行方 ~動画・音楽配信の最新トレンドを追う~

投稿者 munekata : Permalink

2007年4月27日

朝崎郁恵×ヨシダダイキチのライヴ音源が配信中

 今年コラボレーション・アルバム「はまさき」(→amazon.co.jp)をリリースした朝崎郁恵×ヨシダダイキチ。彼らのライヴとインタビューの音源がJJazz.Netで配信中です。約59分。5月1日までの公開だそうなのでお早めにどうぞ。


朝崎郁恵×ヨシダダイキチ「はまさき」(紙ジャケット仕様)

投稿者 munekata : Permalink

2007年4月22日

Paul McCartneyの新曲「Ever Present Past」が無料フル配信中

 Paul McCartneyの新曲「Ever Present Past」が無料フル配信中であることを音楽中心日記で知りました。これは来るべきアルバムが期待できる強力なナンバーです。

 その6月発売の新作「Memories Almost Full」(→amazon.co.jp)は、スターバックス・エンターテイメントとコンコード・ミュージック・グループが設立した「ヒア・ミュージック」レーベルからリリース予定。日本ではユニバーサル ミュージックの発売が決定しています。


Paul McCartney「Memory Almost Full」

投稿者 munekata : Permalink

2007年4月19日

佐野元春 MusicUnited.「世界は誰の為に」

 佐野元春 MusicUnited.「世界は誰の為に」(→iTunes)の配信がiTunes STOREでのみスタートしたので購入。

 「佐野元春 MusicUnited」名義のこの楽曲に参加しているのは、mellowheadの深沼元昭、HEATWAVEの山口洋、THE GROOVERSの藤井一彦。彼らに佐野元春を加えた4人で歌いあげる、歌詞もサウンドもボーカルも気骨に溢れたロック・ナンバーです。演奏には、NONA REEVESの小松シゲル、GREAT3の高桑圭、kyOnも参加。


佐野元春 MusicUnited.「世界は誰の為に」

投稿者 munekata : Permalink

2007年4月15日

バクーンTVでPerfumeインタビュー動画配信中

 バクーンTVでPerfumeのインタビュー動画が配信中であることを「さよなら、タオルケット - ☆帰省完了...」で知りました。北海道の感想やビデオ・クリップ撮影時の話題などを話しています。


Perfume「ファン・サーヴィス [bitter]」

投稿者 munekata : Permalink

2007年4月 8日

モーニング娘。「悲しみトワイライト」のビデオ・クリップのフル配信開始

 4月25日発売のモーニング娘。「悲しみトワイライト」(→amazon.co.jp)のビデオ・クリップのフル配信が開始されたことをM推セで知りました。この楽曲でモーニング娘。を卒業する吉澤ひとみがかっこよすぎます。


モーニング娘。「悲しみトワイライト」

投稿者 munekata : Permalink

2007年4月 3日

EMI Group、iTunes StoreでDRMフリーの楽曲を販売へ

 CNET Japanに「EMI Group、iTunes StoreでDRMフリーの楽曲を販売へ」 という記事が。iTunes Storeで著作権保護のDRM無しのファイルが販売されるというのは画期的です。この記事によれば、価格は上がるものの音質は向上するとのこと。他のレコード会社、そして日本のiTunes Storeにもぜひ波及してほしいところです。


Apple iTunes Music プリペイドカード 5,000円 [MA164J/A]

投稿者 munekata : Permalink

2007年3月23日

Kokujin Tensai(黒人天才)来日ライヴ動画

 アメリカ人ながら流暢な日本語でラップするKokujin Tensai(黒人天才)。3月11日に渋谷ONESTで行われた彼の来日ライヴの動画がYouTubeで公開されています。楽曲はもちろん「Waruguchi Sensei」!



 「けつとびレクチャー」という動画もあります。



 この日のライヴ模様は「サプリメント遁走 - おれ、ハードボイルドなモードで黒人天才を初めて見る」に詳しいです。


「ケツ飛び」なる造語は、"HIP HOP"の直訳だったのか…


 ……そうだったのか!


投稿者 munekata : Permalink

2007年3月20日

Perfume「ファン・サーヴィス[bitter]」リリース記念インストアイベント&コメントがmuuteで配信中

  Perfume「ファン・サーヴィス[bitter]」(→amazon.co.jp)リリース記念インストアイベント&コメント映像がmuuteで配信中。無料の会員登録で視聴可能です。

 このPerfume「ファン・サーヴィス[bitter]」、オリコンの音楽DVDの3月14日付デイリーランキングでは7位をマーク。ウィークリーでどういう結果になるのか楽しみです。


Perfume「ファン・サーヴィス [bitter]」

投稿者 munekata : Permalink

2007年3月11日

200万曲を無料でフル配信するSNS「finetune」

 finetune「くらやみのスキャナー - FINETUNE!」で知り、すっかり夢中になったのでご紹介します。

 一応ソーシャル・ネットワーキング・サービスのfinetuneですが、すごいのは無料で200万曲をフル配信しているところ。洋楽は有名どころからマイナーなところまであり、旧作が多いのかと思うとJohnny Cashの昨年のアルバムが聴けたりします。

 そして妙に日本のアーティストがあるのも特徴。最初こそピチカート・ファイヴ、コーネリアス、嶺川貴子、坂本龍一あたりを見て納得していたのですが、モーニング娘。、サザンオールスターズ、aiko、安室奈美恵、Kinki Kidsなどもあります。Pre YMOがあるのも驚きました。

 また、アフリカ、アラブ、ヨーロッパ、ラテンなどのワールド・ミュージック系もけっこうあります。

 このfinetuneはどういう権利処理をしているのかと思ったのですが、「ポッドキャストとけものみち「BONCHICAST Log」 | 選曲SNS『finetune』の使い方」によるとSoundExchangeを利用しているとのこと。合法です(日本での利用も前提にされているのかはわかりませんが)。


追記:登録時には気付かなかったのですが、「register」のページの「Yes, I agree to the finetune terms and conditions.」のリンク先を確認したところ、以下のような記述がありました。そのため、このエントリーの記述はアメリカにお住まいの方のご参考にどうぞ。


Currently, Finetune Services are available for use only by United States residents who are 13 years of age or older.


 ちなみにそれなりの制限もあり、まず自分のプレイリストを最低でも45曲揃えないと、楽曲をフルで聴くことはできません。また、1アーティストは3曲まで。再生はシャッフルのみで、一定の曲数(時間かも?)を聴かないと次の楽曲へスキップできないという部分もあります。よく聴いていると音量も微妙にバラバラです。

 しかし、Flashを適度に使ったわかりやすいインターフェイスで200万曲を聴けるというだけでもう充分でしょう。個人的には、パソコンで音楽を聴くスタイルならNapsterがなくてもfinetuneがあればいいと感じました。

 ちなみに、各アルバム紹介ページなどからamazonやiTunesへのリンクがあり、その辺で利益を得るビジネスモデルのようです。

 最後に一応使い方を。まずfinetuneへアクセスして、右上の「REGISTER」をクリック。


finetune


 登録に必要な情報をガシガシ入力します。


finetune


 ログインできたらあとは楽曲を追加していきます。検索などでも探せるのですが、誰かのプレイリストを起点にすると便利です。手前味噌ですが、僕のページもどうぞ。あえてジャンル無視でカオス状態にしたmunekata's playlistをご用意しました。


finetune


 finetuneは「related artists」がなかなかよくできています。これで関連アーティストを探しましょう。


finetune


 僕のプロフィールの「favorite artists」には、「これ!」という1曲を選べなかったけれど気になるアーティストを入れてあるので、これもご参考にどうぞ。また、「STATIONS」にある各年代の「Top 40」もそれぞれ1000曲ぐらいあって強力です。


 各アーティストのページで「+」のアイコンをクリックすれば、プレイリストに追加できます。


finetune


 また、自分のプロフィールの画面の右の「profile」→「embed profile」で、ブログやMySpace用のプレイヤーを設置するためのタグも表示されます。


finetune


 僕はすでに200曲以上プレイリストに入れてしまいました。約20年の音楽リスナー生活を、洋楽を中心に一部を切り出してしまったような感覚です。


おまけ:聴けるのが1、2曲というパターンも多いのですが、finetuneで見つけた日本のアーティストを以下に挙げておきます。finetuneでの検索はもちろん英字で。

愛内里菜
相川七瀬
aiko
安室奈美恵
宇多田ヒカル
Every Little Thing
m-flo
大友良英
Kahimi Karie
喜多郎
Kinki Kids
倉木麻衣
globe
Kokia
Cocco
Cornelius
小柳ゆき
坂本九
坂本龍一
サザンオールスターズ
嶋野百恵
鈴木亜美
砂原良徳
SPEED
竹村延和
DA PUMP
Cibo Matto
Chara & Yuki
trf
Do As Infinity
Dragon Ash
Hi-Standard
hi-posi
Puffy
bird
浜崎あゆみ
平井堅
Buffalo Daughter
hitomi
Pizzicato Five
Fantastic Plastic Machine
Pre YMO
Boom Boom Satellites
Boredoms
MAX
Misia
ミニモニ。
嶺川貴子
Melt-Banana
モーニング娘。
矢野顕子
Yukari Fresh
ゆず
L'Arc-en-Ciel


追記:「200万曲を無料フル配信するfinetuneをデスクトップで聴ける『Finetune Desktop』」もご参照ください。


Pre YMO「InDo」

投稿者 munekata : Permalink

2007年3月10日

mF247に直枝政広のライヴ・レポート、そして元気ロケッツ

 mF247に、3月3日に青山月見ル君想フで開催された「直枝政広(カーネーション)presents<Mixed Up Confusion 2007>」のライヴ・レポートが掲載されています。鈴木博文との政風会も復活したこのライヴ、行きたかったなぁ……。当日の様子は「Straight Branch 直枝政広『ドンキー日記』 : ナオエのドンキー日記 # 27」「wangan-noteron - 政風会の風は桃色」でもうかがえます。ライヴの音源、mF247で配信してくれないでしょうか。

 そのmF247では、チャートの1位がテクノ・ポップ好きに話題の元気ロケッツ。「Heavenly Star (Space Walk Remix)」が無料ダウンロード可能です。


カーネーション「WILD FANTASY」

投稿者 munekata : Permalink

2007年3月 7日

クノシンジ「ポータブルポップミュージック」PVが無料フル視聴可能

 BARKSで、クノシンジ「ポータブルポップミュージック」(→amazon.co.jp)のビデオ・クリップが無料フル視聴可能です。4月7日までの期間限定。歌い踊る152センチの小柄なクノシンジと、彼を囲む極道のお兄さんとのギャップが可笑しいです。また、「恋をしたよ!」のビデオ・クリップの45秒スポットも公開中


ポータブルポップミュージック(初回限定盤)(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2007年3月 6日

Kokujin Tensai is cool!

 myspaceで活動中のラップ・アーティスト、Kokujin Tensainamuさんに教えてもらいました。このKokujin Tensai、アメリカ生まれなのに日本語でラップをしています。特に日本語と英語の「悪い言葉」を丁寧な口調でレッスンする「Waruguchi Sensei」には軽い衝撃を覚えました。3月11日には渋谷O-nestでの来日公演も予定されています。



投稿者 munekata : Permalink

2007年3月 3日

Berryz工房「VERY BEAUTY」PVフル配信中

 3月7日にリリースされるBerryz工房の新曲「VERY BEAUTY」(→amazon.co.jp)のビデオ・クリップがフル配信中であることをM推セで知りました。凝ったメロディーの楽曲です。

 この他にもDohhh UP!では、Hello! Project関連の動画が大量に配信されています。


Berryz工房「VERY BEAUTY」


投稿者 munekata : Permalink

2007年2月28日

中田ヤスタカらのリミックスを含む「もじぴったん」のMP3の無料ダウンロードが可能

 ゲーム「ことばのパズル もじぴったん」のサイトで、9曲のMP3の無料ダウンロードが可能です。そのなかには、capsuleの中田ヤスタカやPlus-Tech Squeeze Boxのハヤシベトモノリによるリミックス音源も含まれています。

 すでにYouTubeでは、この音源を使った「涼宮ハルヒの憂鬱」とのマッシュアップ動画も公開中。この動画、完成度が高いです。



ことばのパズル もじぴったんDS

投稿者 munekata : Permalink

2007年2月26日

渡辺勝がYouTubeでライヴ映像を公開

 渡辺勝がYouTubeで2曲のライヴ映像を公開しました。上に貼った「あなたの船」も下に貼った「白粉」もピアノの弾き語りで、特に「あなたの船」が胸にしみます。


投稿者 munekata : Permalink

2007年2月24日

北村大沢楽隊のインタビュー、ライヴ映像が公開中

 「BBっといー東北 | 2007年2月号 | とうほく唯物論」で、北村大沢楽隊のインタビューとライヴ映像が公開中であることをwhatwedidonourholidays*で知りました。インタビュー記事で使われている写真も非常に良いです。ライヴ映像では、3曲の演奏を聴くことができます。


北村大沢楽隊「疾風怒濤!!!」

投稿者 munekata : Permalink

OKI DUB AINU BANDのライヴ音源が配信中

 「JJazz.Net- New Program#001062」で、OKI DUB AINU BANDのライヴ音源「OKI DUB AINU BAND @UNIT "THE HALL"」が配信中です。インタビューも含め、1時間40分以上あります。

 このJJazz.Net、朝崎郁恵のインタビューも掲載しています。


OKI DUB AINU BAND「オキ ダブアイヌ バンド」

投稿者 munekata : Permalink

2007年2月23日

2006年の有料音楽配信売り上げ、CDシングル抜く(そして着うたを考える)

 ITmedia Newsに「06年の有料音楽配信売り上げ、CDシングル抜く」という記事が。


 有料音楽配信のうち、PC向けは172%増の50億2700万円、着メロや着うたなどの携帯電話向けは49%増の482億400万円、その他が2億1100万円。合計で初めて500億円を超え、CDシングル(8センチと12センチ)の生産実績・508億4700万円(前年比4%増)を上回った。


 この数字を見てまっさきに思い浮かべたのは、mF247主宰の丸山茂雄さんが丸山茂雄の音楽予報で連載している「着うたはCDシングルの後継」というエントリーでした。そこで彼はこのような指摘をしています。


「着うた・フル」は音をそれ程劣化させないで携帯で長い曲一曲をまるまるDLできる新しい技術です。

でもこの技術が出て来る前に「着うた」が世の中に登場し、長い曲の一部を切り取ることが普通になった時、ユーザー(リスナー)は気づいちゃったんですよね。

この曲はこの「サビ」が命なんだから、これで十分だよね!と。

それでCDシングルを買う人がどんどん減少し、「着うた」がどんどん伸びるという現象になってしまいました。

J・Popを作る優れたプロ作家は「超派手なサビ」や「超わかりやすいサビ」を作るし、ラップ系は「サビ」に行くまでがやたら単調で地味なので「サビ」しかユーザー(リスナー)は覚えられませんから、どちらも「着うた」で十分 といってしまえば十分なのかもしれません。

それに比べるとロック、シンガーソングライター系の作る曲は「着うた」では中途半端です。


 丸山茂雄さんは、日本レコード協会が発表している着うたのランキングに着目して、ロック、シンガーソングライター系のアーティストの楽曲が少ないことを分析し、引用部分のような傾向を指摘しています。これは、iTune Storeなどを利用することはあっても着うたは利用したことのない僕には非常に興味深い指摘でした。着うたが日本の音楽シーンの構造を変えてしまう日が来るのでしょうか?


Apple iTunes Music プリペイドカード 5,000円 [MA164J/A]

投稿者 munekata : Permalink

2007年2月19日

Richard Thompsonの新曲「Dad's Gonna Kill Me」が無料ダウンロード可能

 Richard Thompsonの新曲「Dad's Gonna Kill Me」が無料ダウンロード可能であることを、「"Tadd"pole galaxy: RT - Dad's Gonna Kill Me mp3」で知りました。5月発売のアルバム「Sweet Warrior」に収録予定の楽曲で、イラクで戦うアメリカ軍兵士が主人公です。


Richard Thompson「RT: The Life and Music of Richard Thompson」

投稿者 munekata : Permalink

2007年2月11日

ZAZEN BOYS/向井秀徳「感覚的にNG」無料ダウンロード可能

 向井秀徳の公式サイト・mukaishutoku.comのダウンロードのページで、ZAZEN BOYSと向井秀徳アコースティック&エレクトリックによる2バージョンの「感覚的にNG」がダウンロードできます。前者は「ZAZEN BOYS III」のレコーディング時の未音源化曲で、先日脱退したベースの日向秀和の在籍時の音源です。


ZAZEN BOYS「ZAZEN BOYSIII」

投稿者 munekata : Permalink

2007年2月10日

モーニング娘。「笑顔YESヌード」のビデオ・クリップのフル配信開始

 2月14日発売のモーニング娘。「笑顔YESヌード」(→amazon.co.jp)のビデオ・クリップのフル配信がDohhh UP!で開始されました。この楽曲のCD、すでにAmazon.co.jpでは2種類の限定盤が在庫切れです。


モーニング娘。「笑顔YESヌード」(初回生産限定盤)(DVD付)

モーニング娘。「笑顔YESヌード」(初回生産限定盤)

モーニング娘。「笑顔YESヌード」

投稿者 munekata : Permalink

2007年2月 4日

イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)「RYDEEN 79/07」

 イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)「RYDEEN 79/07」(→iTunes Storeicon)購入。

 繊細な手触りのエレクトロニカによる「RYDEEN」の新バージョン。YMOは前回の再結成時といい、今回の再々結成といい、時代のサウンドをうまく反映させていて感心させられます。


イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)「RYDEEN 79/07」icon

投稿者 munekata : Permalink

2007年2月 1日

Perfume「チョコレイト・ディスコ」のビデオ・クリップ、無料フル配信開始

 「Yahoo!動画 - 音楽 - Perfume(パフューム)」で、2月14日に発売されるPerfume「ファン・サーヴィス[sweet]」(→amazon.co.jp)に収録される新曲「チョコレイト・ディスコ」のビデオ・クリップの無料フル配信が開始されました。

 今回もcapsuleの中田ヤスタカのプロデュースによるチャーミングでキャッチーな楽曲。ライトとミラーを多用したビデオ・クリップも新機軸です。

 また、Perfumeは2月8日にYahoo!ライブトークにも出演する予定です。


Perfume「ファン・サーヴィス[sweet]」(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2006年12月31日

紅白歌ブロ合戦

 紅白出演者の楽曲を有名人や素人がカラオケで歌うのを配信する「紅白歌ブロ合戦」がGYAOうたブロで開催中なのを屋根裏で知りました。

 GYAOうたブロには前田健や小嶺麗奈のような有名人も出演しているほか、独特の唱法でセンセーションを巻き起こした「養老の星 幸ちゃん」こと佐竹幸二さんも8曲でエントリー。なぜか歌いながら服を脱ぎだす蟹沢可名さんなど、濃いキャラクターが集まっています。


簡単!!!ストリーミングぶっこ抜き!!!―Gyaoを簡単に保存する裏技!

投稿者 munekata : Permalink

2006年12月29日

Johnny Cash「God's Gonna Cut You Down」のビデオ・クリップ配信中

 Lost Highway Recordsの公式サイトで、Johnny Cash「God's Gonna Cut You Down」のビデオ・クリップが配信中であることを「Clue's pick-up: Johnny Cash『God's Gonna Cut You Down』PV」で知りました。終盤、Brian Wilsonも登場します。


Johnny Cash「American 5: A Hundred Highways」

投稿者 munekata : Permalink

2006年12月20日

カーネーション「CARNATION WILD FANTASY TOUR 2006」

 カーネーション「CARNATION WILD FANTASY TOUR 2006」は、リッスンジャパンで配信されているライヴ音源。Windows Media Audio(.wma)形式のファイルで、CD-Rへの書き込みも10回まで可能です。

 3ピースの編成でのワイルドかつヘヴィな演奏を聴くことができます。やはりCD-DAの音質でも聴きたくなるなぁ。「幻想列車」やアコースティック・ギターの弾き語りによる「Angel」には男泣き。

 全曲をまとめて購入すると、収録された各曲ついての「直枝政広セルフ・ボイス・コメント」が付いてきます。


カーネーション「CARNATION WILD FANTASY TOUR 2006」

投稿者 munekata : Permalink

Perfume「Twinkle Snow Powdery Snow」

 Perfume「Twinkle Snow Powdery Snow」のダウンロード販売がYahoo!ミュージックMoraでスタートしています。配信限定の新曲。Perfumeらしいチャーミングでアッパーなテクノ・ポップです。特設ページもあります。

 またYahoo!動画では、過去の楽曲のビデオクリップの配信も開始されました。


Perfume「Twinkle Snow Powdery Snow」

投稿者 munekata : Permalink

2006年12月15日

ムーンライダーズ「ゆうがたフレンド(公園にて)」のライヴ映像がほぼ日刊イトイ新聞で配信中

 11月24日の渋谷C.C.Lemonホールでのムーンライダーズのライヴから、「ゆうがたフレンド(公園にて)」の映像が「ほぼ日刊イトイ新聞 - がんばれ、ゆうがたフレンド。」で配信中です。大晦日までの期間限定配信。


ムーンライダーズ「ゆうがたフレンド」

投稿者 munekata : Permalink

2006年12月12日

mF247で小室哲哉リミックスの佐野元春「アンジェリーナ」が無料ダウンロード可能

 mF247で、DJ TKこと小室哲哉が佐野元春をリミックスした「アンジェリーナ mF Prepromix」が無料ダウンロード可能であることをMoto's Web Serverで知りました。あの話題を呼んだ「SOMEDAY 2006」に続く第2弾。今回は手数が増えた印象を受けました。


佐野元春「The Essential Cafe Bohemia」(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2006年12月 1日

カーネーションのライヴ音源と映像をリッスンジャパンが配信

 カーネーションのライヴ音源と映像がリッスンジャパンで配信されはじめました。配信されるのは、ライヴ・アルバム「CARNATION WILD FANTASY TOUR 2006」と同名のライヴ映像。配信ページでは、直枝政広のインタビューやライヴ写真も掲載されています。


カーネーション「WILD FANTASY」

投稿者 munekata : Permalink

2006年10月26日

BMGジャパン、iTunes Storeに楽曲提供を開始

 asahi.comに「BMGジャパン、『iTunes・ストア』に曲提供」という記事が。


国内大手ではソニー・ミュージックエンタテインメントとワーナーミュージック・ジャパンが今のところ加わっていない。


 現在、iTunes Storeのトップページでは、BMGジャパン所属のSEAMOやスガシカオがフィーチャーされています。


Apple iTunes Music プリペイドカード 5,000円 [MA164J/A]

投稿者 munekata : Permalink

2006年10月10日

Napster Japanを使ってみて気になったいくつかのこと

 Napster Japanを使ってみて気になったことを簡単にいくつか。

1.必ずしもフル配信されているわけではなく、30秒間の試聴だけであとは販売というパターンもある。

2.アルバムをフル配信している場合でも、接続状態が悪いと楽曲が飛ばされることがあるので要注意。

3.洋楽の旧譜をたくさん聴きたい人には勧められるけれど、現状では邦楽の新譜を聴きたい人向けではないかも。

 そして、フリートライアルが終わって解約したい場合、どうしたらいいのかいまいちわかりません。


追記:「アカウントステータス」の下に「無料トライアルのキャンセル」というのがありました。


ナップスター狂騒曲

投稿者 munekata : Permalink

2006年10月 4日

Napster Japanを実際に使ってみました

 遂にスタートした定額制音楽配信サービスのNapster Japan。さっそく専用ソフトウェアをインストールして使ってみました。1週間のフリートライアルが可能です。

 選んだコースはNapster Basic。ストリーミング再生はいたってスムーズです。ただ、音質は癖があるように感じました。

 用意されている楽曲は150万曲以上。インド映画音楽など、多くのプレイリストやチャンネルが用意されていて、未知の音楽との出会いのきっかけもありそうです。

 パソコンで音楽を聴く習慣があって、この音質に満足できる人にとっては、聴き放題のNapster Japanはお得なサービスなのではないでしょうか。個人的には、買ったまま聴いていないCDが40枚以上ある状態なので、そちらを優先しそうですが。

 Napster JapanとiTunes Storeが日本に揃い、音楽配信がひとつのステージを迎えた気がして、ある種の感慨すら感じました。


Napster Japan


ナップスター狂騒曲

投稿者 munekata : Permalink

2006年10月 3日

ナップスタージャパンがスタート

 定額制音楽配信サービスのナップスタージャパンが、遂に22時からスタートしました。CNET Japanの「[速報]ナップスタージャパンがいよいよ始動、月額1280円で聞き放題に」では以下のように紹介されています。


聞き放題サービスの月額料金はPCのみの場合が1280円、携帯音楽プレイヤー対応の場合は1980円となる。


 利用には専用ソフトウェアのダウンロードが必要。開始時点での参加レーベルは、国内外の276社になるそうです。


ナップスター狂騒曲

投稿者 munekata : Permalink

2006年10月 1日

鈴木博文がmF247のポッドキャスティングに出演中

 現在、mF247のポッドキャスティング・mF Living Room 247ムーンライダーズ鈴木博文が出演しています。ムーンライダーズの10月25日発売の新作「MOON OVER the ROSEBUD」(→amazon.co.jp)などについて語っていますよ。


ムーンライダーズ「MOON OVER the ROSEBUD」

投稿者 munekata : Permalink

2006年9月27日

松浦亜弥、GAMの楽曲がiTunes Storeで配信開始

 遂にHello! Projectの楽曲がiTunes Storeで配信されました。「『i-Tunes Store』にてGAM、松浦亜弥の楽曲配信スタート!」ということで、第一弾は松浦亜弥とGAM。値段は残念ながら1曲200円です。


iTunes Store

投稿者 munekata : Permalink

2006年9月22日

ナップスタージャパンへの参加レーベルは260社以上に

 今秋、定額制音楽配信サービスの開始を予定しているナップスタージャパン。その参加レーベルが日米で260社以上になると発表され、国内参加レーベルのリストがINTERNET Watchの「ナップスターが国内の参加レーベル発表。ソニーやBMG、東芝EMIらが参加」に掲載されています。

 CNET Japanの「ナップスタージャパンの参加レーベルはソニー、BMGほか260社以上に」によれば、以下のようなシステムになるそうです。


月額定額の会員制で、PC上に楽曲をダウンロードして一定期間聴き放題となる「Napster Basic」と、月額定額の会員制で、PC上に楽曲をダウンロードし、Napsterサービスに対応するポータブルプレーヤーへも楽曲を転送できる「Napster To Go」、さらに楽曲1曲単位での購入ができる「Napster a la carte」となっている。


 150万曲以上を用意する予定だそうで、これは期待できそうです。


ナップスター狂騒曲

投稿者 munekata : Permalink

2006年9月15日

秋山羊子「指一本で倒されるだろう」がmF247で無料ダウンロード可能

 ITmediaに「アンカーデスク:mF247の丸山茂雄さんが考えた『焼きそば屋的Web2.0ビジネス』(上)」という記事があり、久しぶりにmF247を見たところ、秋山羊子「指一本で倒されるだろう」のMP3が無料ダウンロード可能になっていました。僕も大好きなアルバム「指一本で倒されるだろう」(→amazon.co.jp)のタイトル曲です。


秋山羊子「指一本で倒されるだろう」


投稿者 munekata : Permalink

2006年9月12日

Perfume「エレクトロ・ワールド 癒しversion」が寺田創一公式サイトで無料ダウンロード可能

 テレビ東京の番組「NEO WAVE」の企画として、Perfume寺田創一が自然音を収集して、彼女たちの「エレクトロ・ワールド」を寺田創一がリミックスして制作されたのが「エレクトロ・ワールド 癒しversion」。そのMP3が、寺田創一公式サイトの「Far East Recording:"perfume"テレビ東京"NEO WAVE"企画最終報告書」で無料ダウンロード可能です。7月から公開されていたようですが、今頃気づきました。


Perfume~Complete Best~(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2006年8月19日

Patti Smithの新曲「Qana」が無料ダウンロード可能

 Patti Smithの新曲「Qana」が、彼女の公式サイトの「pattismith.net: ihavesomeinformationforyou」で無料ダウンロードできることを「wabisabiland pop diary: Patti Smith ' Qana'」で知りました。北中正和さんによれば、QANAとは先日イスラエルに爆撃たレバノン南部の村の名前だそうです。


Patti Smith「Trampin'」


投稿者 munekata : Permalink

カーネーションのデモ音源をListen Japanが無料配信中

 カーネーションのデモ音源「Magic (Home Demo)」をListen Japanの「カーネーションスペシャル」で無料ダウンロードできることを「Yahoo! JAPAN - 新着情報 > 話題先読み情報」で知りました。無料のID取得でWMA形式のファイルをダウンロードできます。


カーネーション「WILD FANTASY」

投稿者 munekata : Permalink

2006年8月18日

Fripper's Guitarの動画をSPACE SHOWER Digital Archives Xが期間限定配信

 SPACE SHOWER Digital Archives Xの「Fripper's Guitar SPECIAL」で、8本の動画がフル配信されているのをOOPS!で知りました。期間は9月15日まで。OOPS!は二階堂和美インタビューも掲載中。

 8月25日には、Fripper's Guitarの「THREE CHEERS FOR OUR SIDE〜海へ行くつもりじゃなかった〜」(→amazon.co.jp)、「カメラ・トーク」(→amazon.co.jp)が紙ジャケット仕様で再発されます。


Fripper's Guitar「THREE CHEERS FOR OUR SIDE〜海へ行くつもりじゃなかった〜」(紙ジャケット仕様)

Fripper's Guitar「カメラ・トーク」(紙ジャケット仕様)

投稿者 munekata : Permalink

2006年8月 8日

カーネーション「オフィーリア」のビデオ・クリップをSPACE SHOWER Digital Archives Xが配信中

 SPACE SHOWER Digital Archives Xが、カーネーション「WILD FANTASY」(→amazon.co.jp)の収録曲「オフィーリア」のビデオ・クリップをフル配信中です。いい曲。


カーネーション「WILD FANTASY」

投稿者 munekata : Permalink

2006年8月 3日

二階堂和美の動画をSPACE SHOWER Digital Archives Xが期間限定配信

 SPACE SHOWER Digital Archives Xの「二階堂和美SPECIAL」で、名曲「脈拍」など8本の動画がフル配信されています。期間は9月1日まで。

 アルバム「二階堂和美のアルバム」(→amazon.co.jp)は明日発売です。


二階堂和美「二階堂和美のアルバム」

投稿者 munekata : Permalink

2006年7月31日

hi-posiの新曲「kanashimi no ame」がstop-rokkasho.orgで配信中

 青森県六ヶ所村にある核燃料再処理工場による放射能汚染の危険性を訴えるためのプロジェクト・STOP ROKKASHOによるstop-rokkasho.orgで、hi-posiの新曲「kanashimi no ame」が無料ダウンロードできます。


hi-posi「性善説」

投稿者 munekata : Permalink

2006年7月27日

二階堂和美「Lover's Rock」

 iTunes Music Storeの「フリーダウンロード 今週のシングル」は二階堂和美「Lover's Rock」(→iTMS)ですよ。甘く緩やかなナンバー。

 彼女の新作、その名も「二階堂和美のアルバム」(→amazon.co.jp)は8月4日発売です。


二階堂和美「Lover's Rock」

投稿者 munekata : Permalink

2006年7月 4日

Sadistic Mica Band Revisited「タイムマシンにおねがい (06 version)」

 Sadistic Mica Band Revisited「タイムマシンにおねがい (06 version)」(→iTMSicon)購入。木村カエラを迎えて加藤和彦、高橋幸宏、高中正義、小原礼で再結成されたサディスティック・ミカ・バンドの音楽配信のみで販売されている楽曲です。

 ボーカリストとしての木村カエラは堂々としたものです。ただ、初代のボーカルのミカのようなエキセントリックさがないので物足りない気分になりました。あと、新しいアレンジとちゃんとしたジャケット画像も用意してほしかったところです。


Sadistic Mica Band Revisited「タイムマシンにおねがい (06 version)」
icon

投稿者 munekata : Permalink

2006年6月22日

Perfume「エレクトロ・ワールド」リリースコメント&PV

 「Perfume『エレクトロ・ワールド』リリースコメント&PV」muuteで公開されていることを「exトロニカ - Perfume『エレクトロ・ワールド』TV-SPOT試聴」で知りました。話には聞いていましたが、本当にCGを使いまくっていてスケールが大きいですね。楽曲に加えてビデオ・クリップも大傑作の予感……! 無料会員登録で視聴可能ですよ。

 Perfume「エレクトロ・ワールド」(→amazon.co.jp)は6月28日発売です。


Perfume「エレクトロ・ワールド」

投稿者 munekata : Permalink

2006年6月17日

ZAZEN BOYSの「LIVE AT OKINAWA」のMP3が無料ダウンロード可能

 向井秀徳情報で、今年5月28日の沖縄でのライヴ音源「LIVE AT OKINAWA」のMP3が無料ダウンロード可能です。全20曲というボリューム。


ZAZEN BOYS「ZAZEN BOYSIII」

投稿者 munekata : Permalink

2006年6月13日

ムーンライダーズのライヴ映像をGyaOが配信中

 5月18日に開催された「SHAKE THE MUSIC LIVE」の映像がGyaOで配信中で、ムーンライダーズのライヴも8曲が配信されていることを「charming sister,kiss me dead! - 怪しい隣人」で知りました。

 
ムーンライダーズ「P.W Babies Paperback」


投稿者 munekata : Permalink

2006年5月31日

神々とともに 帯広カムイトウウポポ保存会の歌と踊り

 地域文化資産ポータルで、「神々とともに 帯広カムイトウウポポ保存会の歌と踊り」という動画が公開されていることをwhatwedidonourholidays*で知りました。

 アイヌ古式舞踊を中心にアイヌ文化を紹介している映像で、本編は45分。生前の安東ウメ子、尾関昇も登場していて、アイヌの歌と踊りを見ることができます。


安東ウメ子「ウポポ サンケ」

投稿者 munekata : Permalink

2006年5月25日

カーネーションなどのライヴ音源をmF247が限定無料配信中

 5月4日に行われたライヴ「Wild Horses」でのカーネーション、THE COLLECTORS、THE GROOVERSのライヴ音源のMP3がmF247で無料ダウンロード可能です。ダウンロードはこちらからどうぞ。

 カーネーションの配信曲は「Angel」。7分に及ぶ熱演です。


カーネーション「RUNNIN' WILD LIVE ( Amazon.co.jp 独占限定盤 )」

投稿者 munekata : Permalink

2006年5月23日

セーラー服おじさん「ナイス・ピース」プロモーション・ビデオ公開

 話題の「セーラー服おじさん」こと安穂野香さん(本名・重松修二さん)の新曲「ナイス・ピース」のプロモーション・ビデオが公開されたことをYellowTearDropsで知りました。リズムが意外とプログレッシヴです。

 そして、清純派の長めのスカートを揺らすセーラー服おじさんに、いろんな意味でドキリとしました。「スカート、ひらり」→amazon.co.jp)で扇情的なダンスを披露するAKB48の好敵手だと思います。

 YouTubeでは「サイア」という楽曲のライヴ映像も見ることができますよ。


投稿者 munekata : Permalink

2006年5月11日

Sonic Youthの新作「Rather Ripped」がネットでフル試聴可能

 Sonic Youthの新作「Rather Ripped」(→amazon.co.jp)が、公式サイトの「Rather Ripped」でフル試聴可能です。音楽中心日記で知りました。


Sonic Youth「Rather Ripped」

投稿者 munekata : Permalink

2006年4月29日

Neil Youngの新作「Living With War」がネットでフル試聴可能

 Neil Youngの新作「Living With War」(→amazon.co.jp)が、スペシャルサイトのNEIL YOUNG - Living With Warこちらでフル試聴可能であることをWoodenshipsのharurinさんから教えていただきました。早送りやスキップはできませんが、アルバムをフル試聴させてしまうとは太っ腹。このアルバムをCDで聴くのも楽しみです。


Neil Young「Living With War」

投稿者 munekata : Permalink

2006年4月11日

fishing with john「夏でもなく秋でもなく / 夜に塗れて」

 fishing with john「夏でもなく秋でもなく / 夜に塗れて」(→iTMSicon)は、iTunes Music Storeでのみ配信がスタートしたシングル。ギターなどのアコースティック楽器を中心にした、繊細な音響のインストルメンタルを聴くことができます。


fishing with john「夏でもなく秋でもなく / 夜に塗れて」
icon

投稿者 munekata : Permalink

2006年2月28日

矢野顕子「Live at Ginza Store (iTunes Exclusive)」

 iTunes Music Store矢野顕子「Live at Ginza Store (iTunes Exclusive)」(→iTMSicon)を購入。2005年11月23日にApple Store Ginzaで行なわれた弾き語りライヴから「Too Good to Be True」「Nobuko」を収録しています。


矢野顕子「Live at Ginza Store (iTunes Exclusive)」
icon

投稿者 munekata : Permalink

2006年2月16日

イルリメの動画をSPACE SHOWER Digital Archives Xが配信中

 SPACE SHOWER Digital Archives Xイルリメが特集されていて、ライヴ、スタジオ、ビデオ・クリップといった7曲の映像を配信中です。RIOW ARAI、にせんねんもんだい、ECDとの共演もあります。


イルリメ「www.illreme.com」

投稿者 munekata : Permalink

2006年2月11日

動画配信サービス「MORRICH」が3月で終了

 ソニーミュージックネットワークが運営する動画配信サービス・MORRICHが3月で終了するそうです。「音楽配信メモ:SMEの動画配信サービス『MORRICH』が3月で終了&音楽動画サービス2.0は?」で知りました。ソニーの話となると津田さん、熱いぜ!

 このエントリーの中にYouTubeの話題が出てきますが、僕も先日mixiで「YouTubeって月5000円払ってもいいから完全合法にならないかな、ファイルをアップロードすると、YouTube側が代行して著作権関連の許諾業務を行ってくれるというrecommuni方式で」なんてことを書いたところでした。でももし実現したら、理想の動画配信サービスじゃないですか?

 また、同じエントリーで紹介されている読売新聞の記事「ネット番組、許諾を簡素化…著作権法改正へ」も要注目です。


城島明彦「ソニー病」

投稿者 munekata : Permalink

2006年2月10日

Perfumeのイベント動画がmuuteで配信中

 muutePerfumeの「コンピューターシティ」リリースイベントの動画が配信されています。無料の会員登録で視聴可能。「ex - Perfumeトーク&握手会レポート(要muuteID:無料)」で知りました。

 トーク&握手会だったのですが、最後に特別に「コンピューターシティ」を歌っています。行けばよかった……。この映像も、生で「コンピューターシティ」を踊る彼女たちを見ることができて貴重です。


Perfume「コンピューターシティ」

投稿者 munekata : Permalink

2006年1月26日

GyaOで中島みゆきのビデオクリップ配信中

 パソコンテレビのGyaOで、中島みゆきのビデオクリップ14曲が配信中です。

 CNET Japanの「USEN、『GyaO』などで『プロジェクトX』をはじめとしたNHK番組の配信実験」によると今後はNHKの番組まで配信されるそうなので目が離せません。


中島みゆき「帰れない者たちへ」

投稿者 munekata : Permalink

2006年1月24日

XTC、新曲「Spiral」をMP3で無料配信

 Download.com Musicで、XTCの新曲「Spiral」のMP3を無料ダウンロードできます。「音楽配信メモ XTCがDownload.comで新曲『Spiral』のMP3を無料配信」で知りました。XTCらしいヒネリの利いた楽曲です。