小心者の杖日記

2016年4月28日

著書「MOBSPROOF EX CREATOR LIFE is HARD『渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする』」が発売されました

 本日2016年4月28日、私の初の単著「MOBSPROOF EX CREATOR LIFE is HARD『渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする』」が出版ワークス/河出書房新社から発売されました。

渡辺淳之介:宗像明将|河出書房新社
2016年4月28日に著書「MOBSPROOF EX CREATOR LIFE is HARD『渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする』」が発売されます - 小心者の杖日記
MOBSPROOF 渡辺淳之介

Amazon.co.jpの「J-POP・日本の音楽」カテゴリでは午前0時時点で6位。ありがたいです......。

通信販売:
Amazon
タワーレコード
ローソンHMV
ディスクユニオン
Yahoo!ショッピング


何卒よろしくお願いします!


渡辺淳之介:アイドルをクリエイトする

投稿者 munekata : Permalink

2016年3月26日

3月26日深夜のテレビ東京系「ゴッドタン」に出演します

 3月26日深夜25:45(=27日1:45)から放送されるテレビ東京系「ゴッドタン」に出演します。


ナタリー - アイドル企画に清 竜人25、バニビ、あの、小池美由ら

プロインタビュアーの吉田豪、掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)、音楽評論家の宗像明将氏、たかし(トレンディエンジェル)、小池美由という5人の"アイドルエキスパート"のコメントから、現在のアイドル事情を紹介していく。


 宮城県女川町での「女川町復幸祭2016」へ行っているはずの僕は、オンエアまでに帰京できるのでしょうか......?


渡辺淳之介:アイドルをクリエイトする

投稿者 munekata : Permalink

2016年3月10日

2016年4月28日に著書「MOBSPROOF EX CREATOR LIFE is HARD『渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする』」が発売されます

 2016年4月28日に著書「MOBSPROOF EX CREATOR LIFE is HARD『渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする』」が発売されます。

 「MOBSPROOF EX CREATOR LIFE is HARD『渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする』」は、かつてアイドルグループ・BiSを世に送り出し、現在はBiSHとPOPを手掛けるマネージャーの渡辺淳之介さん(株式会社WACK代表取締役)への15時間以上に及ぶインタビューをもとに、スキャンダラスなイメージや露悪的な言動から一歩距離を置いて、幼少時から現在までの彼の内面を描き、クリエイターとしての本質に迫った書籍です。

 渡辺淳之介さんとギュウゾウさん(電撃ネットワーク)の対談、長年サウンド・プロデューサーとして渡辺淳之介さんと組んできた松隈ケンタさんのインタビュー、そして渡辺淳之介さんが現在手掛けているBiSHやPOPのメンバーのインタビューも掲載されています。

 「MOBSPROOF EX CREATOR LIFE is HARD『渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする』」には、ひとつのテーマがあります。それは一度高校からドロップアウトした渡辺淳之介さんが、音楽業界で再起するまでの物語です。そこが本書のメインであり、ぜひ若い人たちにも読んでいただきたいです。

 BiSについても、表層的な部分ではなくフィロソフィーの側面から語られているのがこの書籍の特徴です。BiSに真の決着をつけることを目指しました。

 もちろん、BiSHやPOPについても語られています。「TOKYO IDOL FESTIVAL 2015」後のPOPの解散危機について、渡辺淳之介さんとメンバーの双方が語っている初めての書籍なのではないかと思います。

 また、松隈ケンタさんがなぜ渡辺淳之介さんとずっとコンビを組み続けているのかを語ったインタビューも初めてでしょう。BiSで初めてアイドルにハマったギュウゾウさんが、自らアイドルイベント「ギュウ農フェス」を主催する理由も意外なものでした。

 「MOBSPROOF EX CREATOR LIFE is HARD『渡辺淳之 アイドルをクリエイトする』」は、BiSHのメジャー・デビュー(2016年5月4日)の前週である2016年4月28日発売です。何卒よろしくお願いします。リリースイベントもありますよ!(たぶん)


予約も受付中です!:
Amazon
タワーレコード
ローソンHMV
ディスクユニオン
Yahoo!ショッピング

書籍情報:
2016年4月28日発売
仕様:四六判/192ページ/並製本 定価:1500円(税別)
発行:出版ワークス 発売:河出書房新社
ISBN:978-4-309-92085-6 C0095

特設サイト:
http://mpex-junjun.tumblr.com


渡辺淳之介:アイドルをクリエイトする

投稿者 munekata : Permalink

2014年10月 2日

Yahoo!ニュース個人に「縁はつながり、そして続く。 寺嶋由芙、八神純子ら出演『おながわ秋刀魚収獲祭2014』レポート」を掲載しました

 Yahoo!ニュース個人で、2014年9月21日に宮城県女川町で開催された「おながわ秋刀魚収獲祭2014」のレポート「縁はつながり、そして続く。 寺嶋由芙、八神純子ら出演『おながわ秋刀魚収獲祭2014』レポート」を公開しました。

 「おながわ秋刀魚収獲祭2014」の前日である20日から始まる前編と、「おながわ秋刀魚収獲祭2014」当日である21日の後編から成るレポートです。

縁はつながり、そして続く。 寺嶋由芙、八神純子ら出演「おながわ秋刀魚収獲祭2014」レポート(前編)(宗像 明将) - Yahoo!ニュース
縁はつながり、そして続く。 寺嶋由芙、八神純子ら出演「おながわ秋刀魚収獲祭2014」レポート(後編)(宗像 明将) - Yahoo!ニュース

 よろしくお願いします。


ヤフー・トピックスの作り方 (光文社新書)

投稿者 munekata : Permalink

2014年9月16日

「レコード・コレクターズ」10月号

 「レコード・コレクターズ」10月号では、吉本秀純監修「アフロ・ポップ・ディスク・ガイド」の書評を執筆しています。


レコード・コレクターズ2014年10月号

投稿者 munekata : Permalink

2014年8月20日

(M)otocompoのインタビューをDiggityで担当しました

 (M)otocompoのインタビューDiggityで担当しました。生のサックスも導入してエレクトロとスカを融合させたサウンド、そしてライヴでコントも展開する「ドリフターズ性」あるいは「クレイジーキャッツ性」。徹底したDIYで制作した「OK SKA ep」をオリコンチャートにランクインさせた(M)otocompoに、過去から今後までをうかがいました。



WONDER of WONDER

何故なら私、妄想少女ですの [CD+DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2014年8月19日

「MUSIC MAGAZINE」9月号

 「MUSIC MAGAZINE」9月号では、オムニバス「ぞめき伍 個性派 徳島 高円寺 阿波おどり個性派」とDJまほうつかい「Ghosts in the Forest EP」のCD評、7月25日に開催された「とうようズ・デイ2014 中村とうようコレクションで聞くSP時代のアメリカ音楽」のイベント評を執筆しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2014年 09月号

投稿者 munekata : Permalink

2014年8月14日

「レコード・コレクターズ」9月号

 「レコード・コレクターズ」9月号では、シネマ「サイエンス・フィクション・マン」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ2014年09月号

投稿者 munekata : Permalink

2014年8月11日

「MARQUEE」Vol.104

 「MARQUEE」Vol.104では、バンドじゃないもん!と寺嶋由芙さんのインタビュー、寺嶋由芙さんと竹中夏海さんの対談の「誘導・まとめ」(と書いてある!)を担当しています。


MARQUEE Vol.104 特集:乃木坂46 みみめめMIMI アフィリア・サーガ Su

投稿者 munekata : Permalink

2014年7月31日

ゆるめるモ!の田家大知さんにインタビュー取材

 渋谷のスペースシャワーネットワークで、ゆるめるモ!のプロデューサーの田家大知さんにインタビュー取材。記事はリアルサウンドに掲載される予定です。


Unforgettable Final Odyssey

投稿者 munekata : Permalink

2014年7月20日

Yahoo!ニュース個人に「時代性を越えて、そしてやさしく。 鈴木博文、弦弦管管、澤部渡出演『神保町の三文楽士』レポート」を掲載しました

 Yahoo!ニュース個人に、鈴木博文(ムーンライダーズ)と澤部渡(スカート)が共演した2014年6月7日の「神保町の三文楽士」のレポート「時代性を越えて、そしてやさしく。 鈴木博文、弦弦管管、澤部渡出演『神保町の三文楽士』レポート」を掲載しました。

 よろしくお願いいたします。


ヤフー・トピックスの作り方 (光文社新書)

投稿者 munekata : Permalink

2014年6月 6日

「週刊金曜日」994号

 「週刊金曜日」994号では、BiSについての解説、BiSをめぐるアイドルとロックのアーティストの人脈図を担当しています。「週刊金曜日」の表紙をBiSが飾る日が来るとは......!

 また、この号での「『アイドル』を守れ!」特集を記念して、6月12日(木曜日)に執筆陣によるイベント「週刊金曜日アイドル特集号記念イベント『アイドルを守れ!』」も開催されます。こちらもよろしくお願いします。


週刊金曜日アイドル特集号記念イベント
「アイドルを守れ!」
日時:6月12日(木)
OPEN 19:00 / START 19:30
CHARGE¥1500(+1drinkオーダー)
場所:荻窪ベルベットサン

第一部「AKB握手会事件が物語ること」
第二部「アイドルの最前線」

司会:中森明夫(アイドル評論家)、倉本さおり(ライター)
出演者:岡島紳士(アイドル専門ライター)、栗原裕一郎(評論家)
さやわか(ライター、物語評論家)
濱野智史(情報環境研究家、批評家)
宗像明将(音楽評論家) (※五十音順)
ゲスト:姫乃たま(地下アイドル)


週刊 金曜日 2014年 6/6号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2014年6月 1日

寺嶋由芙「カンパニュラの憂鬱」ライナーノート(初期型)

 8月6日に発売される寺嶋由芙のセカンド・シングル「カンパニュラの憂鬱」のライナーノート(初期型)を執筆しました。寺嶋由芙公式サイトのトップページ一番上の「#寺嶋由芙に永遠の愛情を誓えますか?」をクリックすると表示されます。



♯ゆーふらいと[通常盤]

投稿者 munekata : Permalink

2014年5月31日

「BUBKA」7月号

 「BUBKA」7月号では、電撃ネットワークのギュウゾウさんとBiSのテンテンコさんの対談「IDOL失業前夜」の司会進行、構成をしています。


BUBKA (ブブカ) 2014年07月号

投稿者 munekata : Permalink

2014年5月21日

「MUSIC MAGAZINE」6月号

 「MUSIC MAGAZINE」6月号では、ふぇのたす「胸キュン'14」とオムニバス「カセット・レボリューションVol.1」のアルバム評、柴那典「初音ミクはなぜ世界を変えたのか?」の書評を執筆しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2014年 06月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2014年5月 2日

東京パフォーマンスドールのインタビューがidol schedulerに掲載されました

 東京パフォーマンスドールのインタビューidol schedulerに掲載されました。

 よろしくお願いいたします。


BRAND NEW STORY(初回生産限定盤A)(DVD付)

BRAND NEW STORY(期間生産限定盤)

BRAND NEW STORY

投稿者 munekata : Permalink

2014年4月30日

リアルサウンドに武藤彩未のライヴレポートを執筆しました

 リアルサウンドに昨日4月29日の武藤彩未のライヴレポート「武藤彩未はアイドルシーンの見取り図を変える? 18歳バースデイライヴで見せた『大器』の片鱗」を執筆しました。

よろしくお願いいたします。


永遠と瞬間 【セブンティーン盤】(2CD+DVD)※初回限定盤

永遠と瞬間 【永遠盤】

投稿者 munekata : Permalink

2014年4月24日

「MUSIC MAGAZINE」5月号

 「MUSIC MAGAZINE」5月号では、tofubeatsのインタビュー、リンダ3世「Viva!リンダ3世」のアルバム評を担当しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2014年 05月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2014年4月23日

Yahoo!ニュース個人に「大森靖子が『本現場』の3日間 恵比寿、下北沢、そして女川のライヴレポート」を掲載しました

 Yahoo!ニュース個人に、3月14日~16日の3日間の大森靖子のライヴレポート「大森靖子が『本現場』の3日間 恵比寿、下北沢、そして女川のライヴレポート」を掲載しました。

 よろしくお願いいたします。


ヤフー・トピックスの作り方 (光文社新書)

投稿者 munekata : Permalink

2014年4月22日

Yahoo!ニュース個人に「咲いた花が、ひとつになればよい。 ソウルフラワーBiS階段出演『闇鍋音楽祭2014』レポート」を掲載しました

 Yahoo!ニュース個人に、3月22日のソウル・フラワー・ユニオン主催、非常階段、BiS、BiS階段がゲストの「闇鍋音楽祭2014」のライヴレポート「咲いた花が、ひとつになればよい。 ソウルフラワーBiS階段出演『闇鍋音楽祭2014』レポート」を掲載しました。

 よろしくお願いいたします。


ヤフー・トピックスの作り方 (光文社新書)

投稿者 munekata : Permalink

2014年4月18日

Yahoo!ニュース個人に「いつかまた、女川で会いましょう。 BiS、大森靖子など出演『女川町復幸祭2014』レポート」を掲載しました

 Yahoo!ニュース個人に、3月16日の「女川町復幸祭2014」のレポート「いつかまた、女川で会いましょう。 BiS、大森靖子など出演『女川町復幸祭2014』レポート(前編)」「いつかまた、女川で会いましょう。 BiS、大森靖子など出演『女川町復幸祭2014』レポート(後編)」を掲載しました。

 よろしくお願いいたします。


ヤフー・トピックスの作り方 (光文社新書)

投稿者 munekata : Permalink

2014年4月14日

「レコード・コレクターズ」5月号

 「レコード・コレクターズ」5月号では、ジャック達「Forbidden Jackfruit~禁断のジャックフルーツ~」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2014年 05月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2014年4月 8日

リアルサウンドに神聖かまってちゃん「フロントメモリー」のレビューを執筆しました

 リアルサウンドに神聖かまってちゃん「フロントメモリー」のレビュー「J-POPの中心を目指す真夏のアウトサイダー 神聖かまってちゃん×川本真琴『フロントメモリー』レビュー」を執筆しました。

 よろしくお願いします。



フロントメモリー

投稿者 munekata : Permalink

2014年4月 7日

リアルサウンドのバンドじゃないもん!の記事にコメントしました

 リアルサウンドのバンドじゃないもん!の記事「元テラスハウスちゃんももが電撃加入 バンドじゃないもん!の急速な進化とは?」にコメントさせていただきました。

 よろしくお願いします。


雪降る夜にキスして(初回限定盤A)

投稿者 munekata : Permalink

2014年4月 6日

バンドじゃないもん!公式サイトのみさこさんのインタビューを担当しました

 バンドじゃないもん!の公式サイトに、僕が担当したみさこさんのインタビュー「みさこ:ロングインタビュー」が掲載されました。彼女自身の言葉で語るバンドじゃないもん!の「これまで」と「これから」。ぜひ読んでいただければと思います。




雪降る夜にキスして

投稿者 munekata : Permalink

2014年3月29日

Yahoo!ニュース個人に「この歌は誰のために歌われるのだろう くうきにみつる(空気公団×倉本美津留)ライヴレポート」を掲載しました

 Yahoo!ニュース個人に、2月11日の空気公団、くうきにみつる(空気公団×倉本美津留)のライヴレポート「この歌は誰のために歌われるのだろう くうきにみつる(空気公団×倉本美津留)ライヴレポート」を掲載しました。

 よろしくお願いいたします。


ヤフー・トピックスの作り方 (光文社新書)

投稿者 munekata : Permalink

2014年3月20日

「MUSIC MAGAZINE」4月号

 「MUSIC MAGAZINE」4月号では、冨田勲さんとハンサムケンヤさんのインタビュー記事、bonobos「HYPER FOLK」のアルバム評を担当しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2014年 04月号 [雑誌]


投稿者 munekata : Permalink

2014年3月17日

「smart」5月号

 「smart」5月号では、BiSのインタビューを担当しています。


smart (スマート) 2014年 05月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2014年3月15日

「レコード・コレクターズ」4月号

 「レコード・コレクターズ」4月号では、オムニバス「Angola Soundtrack 2: Hypnosis, Distortions & Other Sonic Innovations 1969-1978(アンゴーラ・サウンドトラック 第2集 1969-1978)」とBARIS MANCO「Yeni Bir Gun」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2014年 04月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

テレビ東京「ゴッドタン」に出演します

 3月15日(土曜日)深夜25:45~26:10にテレビ東京で放送予定の「ゴッドタン」に、アイドル特集のコメンテーター的な役割で出演します。僕がBiSとテレビで共演とか世も末で気持ちいいです。

 よろしくお願いします。


ゴッドタン 芸人マジ歌選手権ライジング

投稿者 munekata : Permalink

2014年3月12日

たんきゅん「JCJC」解説文

 たんきゅんの公式サイトに、ファースト・アルバム「JCJC」の解説文を書かせていただきました。


だから、私たちは同じ教室にいても一言も交わさずに卒業式を迎えるだろう。


よろしくお願いします。


JCJC

投稿者 munekata : Permalink

2014年2月27日

「アイドル楽曲ディスクガイド」

 「アイドル楽曲ディスクガイド」が2月27日にアスペクトから発売になりました。

 僕は広末涼子、Perfume、BiS、Cutie Pai、Aira Mitsuki、Saori@destiny、Chu!☆Lips、toutou、amU、KGY40Jr.など50枚のレビューを執筆しています。

 「南沙織からAKB48まで」と銘打たれているように、1970年代から現在までのアイドル楽曲をカヴァーした、ピロスエさん編集によるトチ狂った労作です。ピロスエさんと渋谷で最初の打ち合わせをしたとき、企画書を見て「これでは全然ライターが足りない!」と悲鳴をあげたことが懐かしく思い出されます。

 また、3月15日には新宿ロフトプラスワンでリリースイベント「『アイドル楽曲ディスクガイド』出版記念トークイベント」が開催され、こちらにも出演します。

 よろしくお願いいたします。


アイドル楽曲ディスクガイド

投稿者 munekata : Permalink

2014年2月23日

小桃音まいさんと寺嶋由芙さんの対談がidol schedulerに掲載されました

 小桃音まいさんと寺嶋由芙さんの対談idol schedulerに掲載されました。

 よろしくお願いいたします。

♯ゆーふらいと[通常盤]

♯ゆーふらいと [初回限定ビジュアル盤]

♯ゆーふらいと[初回限定DVD盤]

投稿者 munekata : Permalink

2014年2月17日

「MUSIC MAGAZINE」3月号

 「MUSIC MAGAZINE」3月号では、西村哲也「運命の彼のメロディ」、BABYMETAL「BABYMETAL」のアルバム評を執筆しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2014年 03月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2014年2月14日

「レコード・コレクターズ」3月号

 「レコード・コレクターズ」3月号では、Christie Azumah & The Uppers International Dance Band「Christie Azumah & The Uppers International Dance Band」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2014年 03月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2014年2月10日

「MARQUEE」vol.101

 「MARQUEE」vol.101では、寺嶋由芙さんのインタビューを担当しています。ソロ・デビュー・シングル「#ゆーふらいと」についての話題はもちろん、ソロになってからの現場の話も。


MARQUEE  Vol.101  マーキー101号

投稿者 munekata : Permalink

2014年1月21日

BiSのインタビューがメンズサイゾーに掲載されました

 BiSの皆さんへのインタビュー「史上最大のピンチ!? 2014年中の解散を宣言するBiSの崖っぷちインタビュー!!」がメンズサイゾーに掲載されました。メンズサイゾーでの5回目のBiSインタビューです。

 今回は8ページと、シリーズ最長です。本文をお読みいただければわかると思うのですが、メンバーが自らライヴなどについて発信できない状況であると聞き、できる限り彼女たちの言葉をそのまま掲載しようと考えました。また、一方ではコショージの面白さというか異世界感を出すには、それなりの文字数を必要とすることに。編集長からは「宗像さんが原稿をがんばれば、たくさん写真を使える」と長さについての制限がまったくなかったので、「今のBiS」を伝えられるよう注力しました。

 よろしくお願いします。


STUPiG

STUPiG (CD+DVD) (MUSIC VIDEO盤)

STUPiG (CD+DVD) (アニメ盤)

投稿者 munekata : Permalink

2014年1月20日

「MUSIC MAGAZINE」2月号

「MUSIC MAGAZINE」2月号では、笹川美和さんのインタビュー、東京快速「ウィーアーザワールド」のアルバム評、「アイドル・イズ・デッド ノンちゃんのプロバガンダ大戦争」の映画評を担当しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2014年 02月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

Feamのインタビューがidol schedulerに掲載されました

 Feamの皆さんのインタビューidol schedulerに掲載されました。

 よろしくお願いいたします。


HEART ~僕らはひとつ~

投稿者 munekata : Permalink

2014年1月15日

「レコード・コレクターズ」2月号

 「レコード・コレクターズ」2月号では、EL HADJ MOHAMED EL ANKA「Double Best - Le grand maitre du cha bi algerien(シャアビのパイオニア)」とLOS ZAFIROS「BOSSA CUBANA」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2014年 02月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2014年1月11日

「アイドル・イズ・デッド ノンちゃんのプロバガンダ大戦争」劇場用プログラム

 「アイドル・イズ・デッド ノンちゃんのプロバガンダ大戦争」劇場用プログラムで、年表「BiS HISTORY 2010-2014」の構成を担当しました。


アイドル・イズ・デッド(Blu-ray Disc)

アイドル・イズ・デッド [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2014年1月 9日

寺嶋由芙さんにインタビュー取材

 2月26日にデビュー・シングル「#ゆーふらいと」をリリースする寺嶋由芙さんにユニバーサルでインタビュー取材。記事は「MARQUEE」に掲載されます。


MARQUEE  Vol.101  マーキー101号

投稿者 munekata : Permalink

2014年1月 8日

BiSの皆さんにインタビュー取材

 渋谷のサイゾー編集部で1月22日にニュー・シングル「STUPiG」をリリースするBiSの皆さんにインタビュー取材。記事はメンズサイゾーに掲載されます。


STUPiG

STUPiG (CD+DVD) (MUSIC VIDEO盤)

STUPiG (CD+DVD) (アニメ盤)

投稿者 munekata : Permalink

のぞみけおんらいん

 四谷三丁目の「エンジン55」で、みぎちゃん主催によるのぞみけ新年会USTREAM「のぞみけおんらいん」を約2時間半配信してきました。お店を貸していただいたギュウゾウさん、ありがとうございます!

 第一部は、電撃ネットワークのギュウゾウさん、映画「アイドル・イズ・デッド ノンちゃんのプロバガンダ大戦争」の加藤行宏監督、そして「アイドル・イズ・デッド」に出演された和田みささんと、「アイドル・イズ・デッド」の1&2についてトーク。

 第二部は、ギュウゾウさん、TUMAさんと今後ののぞしゃんとBiSについてのトークでした。

 当日は回線の問題で配信がうまくいかなかったようですが、録画から再配信したさいのアーカイヴがありますのでご覧ください。




Video streaming by Ustream


アイドル・イズ・デッド(Blu-ray Disc)

アイドル・イズ・デッド [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

「ENTAME」2月号

 「ENTAME」2月号では、「グループアイドルAWARD2013」の「ロックフェスベストアクト賞」でBiSについてコメントしています。


ENTAME (エンタメ) 2014年 02月号 [雑誌] (特別付録【SKE48 オリジナル写真集】)

投稿者 munekata : Permalink

2014年1月 3日

メンズサイゾーに「音楽評論家による"ヲタ視点"からの『2014年アイドル業界への5つの提言』」を執筆しました

 メンズサイゾーに「音楽評論家による"ヲタ視点"からの『2014年アイドル業界への5つの提言』」を執筆しました。ひとり新春放談的な感じです。

 よろしくお願いいたします。


NO MUSIC,NO LIFE. AD collective

投稿者 munekata : Permalink

2014年1月 2日

タワーレコード新宿店に宗像明将の選ぶアイドルポップス年間ベスト10コーナー設置

 メンズサイゾーに「『次の10年』を生き抜こう。~2013年アイドルポップスベスト10まとめ」を執筆したところ、タワーレコード新宿店にそのベスト10のコーナーが設置されたとのことで、さっそく確認してきました。ポップまで用意していただき、タワーレコード新宿店の仲矢さん、本当にありがとうございます......!




 僕はミュージシャンではないので、突然CDショップに自分のコーナーができるというのは不思議な気分ですが、貴重な体験をさせていただきました。また、CDショップという場で、見知らぬ誰かがCDに興味を持って買う機会の一助となれたことを、音楽評論家として、そして音楽愛好家のひとりとして、心から嬉しく思います。

 タワーレコード新宿店さん、今後とも何卒よろしくお願いいたします!


NO MUSIC,NO LIFE. AD collective

投稿者 munekata : Permalink

2013年12月31日

メンズサイゾーに「2013年アイドルポップスベスト10まとめ」を執筆しました

 メンズサイゾーに恒例となるアイドルポップスの年間ベスト10として「『次の10年』を生き抜こう。~2013年アイドルポップスベスト10まとめ」を執筆しました。

 すると、なんとタワーレコード新宿店様が、そのベスト10のコーナーを作ってくださったとのこと! 大晦日のお忙しい中、ありがとうございます......!




 このアイドルポップス年間ベスト10を選んだのも今年で4回目。もちろん連載当初は想像もしなかったアイドルブームが発生したという要因もありますが、継続は力だな......と痛感します。

 今年はYahoo!ニュース個人(宗像明将)で音楽記事を執筆する機会にも恵まれました。僕が心がけたのは、極力現場に足を運んで(それがたとえ女川でも京都でも)ライヴレポートを書くことでした。今後もこの枠では、そうした姿勢のジャーナリズムを堅持していきたいです。

 更新が停滞気味のこの「小心者の杖日記」も年末年始の休み中にある程度まで復旧したいと考えています。

 2013年は誠にありがとうございました。2014年も何卒よろしくお願いいたします!



BiSimulation



投稿者 munekata : Permalink

2013年12月22日

Feamの皆さんにインタビュー取材

 高円寺のC-LipでFeamの皆さんにインタビュー取材。記事はidol schedulerに掲載される予定です。


HEART ~僕らはひとつ~

投稿者 munekata : Permalink

「BiS(新生アイドル研究会)ライブDVD ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN『WHO KiLLED IDOL?』リリース記念イベント LIVE DVD鑑賞会&研究員座談会」@新宿ロフト

 「BiS(新生アイドル研究会)ライブDVD ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN『WHO KiLLED IDOL?』リリース記念イベント LIVE DVD鑑賞会&研究員座談会」に出演するため新宿ロフトへ。BiSメンバーの来場こそありませんでしたが、新宿ロフトとタワーレコード新宿店のコラボレーション企画としてBiS側にも了承を得たイベントでした。


宗像明将 / ギュウゾウ(電撃ネットワーク)
【MC&進行】星咲優菜 / 呑みドル愛子


 まずライヴのDVDを大きなモニターで見たのですが、パブリック・ヴューイング状態に。有志がワッキーのための白いサイリウムを持ち込んでくれたのが泣けました。あの日のようだ。




 ライヴのDVDを見た後に、電撃ネットワークのギュウゾウさんと僕で研究員座談会をさせていただきました。話は尽きないもので、どんどん延びてしまいますね......。

 その後に全国ツアー前半について、全通したTUMAさんらの話を聞きながら星咲優菜さん、呑みドル愛子サンとトーク。

 最後にDVDの特典ディスクを見て終了。ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました!


ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN「WHO KiLLED IDOL?」 [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2013年12月21日

Chu!☆Lipsのインタビューがidol schedulerに掲載されました

 明日復活ライヴを開催するChu!☆Lipsの皆さんのインタビューidol schedulerに掲載されました。

 今回のChu!☆Lipsインタビューの序文は構成の宗像郁によるものです。そこに僕は追加しました。「帰ってきたChu!☆Lipsのインタビューを『idol scheduler』に掲載できることを私たちは誇りに思います」と。


コンプリート・ベスト 黄盤

コンプリート・ベスト 青盤

コンプリート・ベスト 赤盤

投稿者 munekata : Permalink

2013年12月19日

「MUSIC MAGZINE」1月号

 「MUSIC MAGZINE」1月号では、「カーネーション・トリビュート・アルバム」についての澤部渡(スカート)と佐藤優介(カメラ=万年筆)のインタビュー、Oana Catalina Chitu「Divine」とたむらぱん「love and pain」のアルバム評、クロス・レヴューを担当しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2014年 01月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2013年12月17日

笹川美和さんにインタビュー取材

 2014年1月15日に「そして太陽の光を」をリリースする笹川美和さんにエイベックスでインタビュー取材。記事は「MUSIC MAGAZINE」に掲載されます。


そして太陽の光を (ALBUM+DVD)

そして太陽の光を

投稿者 munekata : Permalink

2013年12月14日

「EX大衆」1月号

 「EX大衆」1月号で「アイドルオタクの肖像」という特集が組まれているのですが、大坪ケムタさんに田中田田田さんを紹介するという、かなり罪作りな形で協力しました。


EX (イーエックス) 大衆 2014年 01月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2013年12月13日

「レコード・コレクターズ」1月号

 「レコード・コレクターズ」1月号では、ソウル・フラワー・ユニオン「ゴースト・キネマ 1993~2013」のDVD評と、湯川潮音「濡れない音符」のCD評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2014年 01月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

「MARQUEE」vol.100

 「MARQUEE」vol.100では、バンドじゃないもん!のインタビュー記事を担当しています。

 100号おめでとうございます!


MARQUEE vol.100 特集:でんぱ組.inc アフィリア・サーガ PASSPO☆

投稿者 munekata : Permalink

2013年12月11日

BiSライブDVD リリース記念座談会イベントにギュウゾウさん(電撃ネットワーク)の出演が決定


 12月21日深夜(日付的には22日)に開催される新宿ロフト×タワーレコード新宿店によるイベント「BiS(新生アイドル研究会)ライブDVD ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN『WHO KiLLED IDOL?』リリース記念イベント LIVE DVD鑑賞会&研究員座談会」に、電撃ネットワークのギュウゾウさんの出演が決定しました。

 というわけで、ギュウゾウさん、星咲優菜さん、呑みドル愛子さんとDVDを大画面モニタで見ながら、後先のことを考えないトークをさせていただきたいと考えています! 保身に走ったらヲタは終わりです。


OPEN 23:30 / START 24:00
DOOR¥500(1D込)
※11/27 15:00〜整理券配布

宗像明将 / ギュウゾウ(電撃ネットワーク)
【MC&進行】星咲優菜 / 呑みドル愛子
※BiS本人の出演はありません

12/4発売 BiSライブDVD「ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN 「WHO KiLLED IDOL?」」発売を記念し、ライブ映像を新宿LOFT BARコーナーの大きなモニターで見ながらお酒を飲んで朝まで語り明かそうではりませんか?!

※TOWER RECORDS新宿店での特典1ドリンクチケットの配布は終了しました。



ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN「WHO KiLLED IDOL?」 [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2013年12月 5日

澤部渡さん、佐藤優介さんインタビュー取材

 12月18日に発売されるカーネーションのトリビュート盤「なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの?」の発起人である澤部渡さん(スカート)、佐藤優介さん(カメラ=万年筆)にインタビュー取材。記事は「MUSIC MAGAZINE」に掲載されます。


カーネーション・トリビュート・アルバム なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの?

投稿者 munekata : Permalink

Chu!☆Lipsの皆さんにインタビュー取材

 12月22日に復活ライヴを開催するChu!☆Lipsの皆さんに高円寺C-Lipでインタビュー取材。記事はidol schedulerに掲載されます。


コンプリート・ベスト: 赤盤

コンプリート・ベスト 黄盤

コンプリート・ベスト 青盤

投稿者 munekata : Permalink

2013年12月 2日

Yahoo!ニュース個人に「世の中何が起こっても不思議じゃないんだ ソウルフラワーBiS階段出演『ボロフェスタ2013』レポート」を掲載しました

 Yahoo!ニュース個人に、10月27日の「ボロフェスタ2013」のレポート「世の中何が起こっても不思議じゃないんだ ソウルフラワーBiS階段出演『ボロフェスタ2013』レポート」を掲載しました。ソウルフラワーBiS階段を中心とした内容です。

 よろしくお願いいたします。


ヤフー・トピックスの作り方 (光文社新書)

投稿者 munekata : Permalink

2013年11月29日

12月21日深夜のBiSのDVDリリース記念イベントに出演します

 12月21日深夜(日付的には12月22日)に新宿ロフト×タワーレコード新宿店によるイベント「BiS(新生アイドル研究会)ライブDVD ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN『WHO KiLLED IDOL?』リリース記念イベント LIVE DVD鑑賞会&研究員座談会」に出演します。

 DVD鑑賞会&研究員座談会ということで、星咲優菜さん、呑みドル愛子さんなどとベラベラ話させていただく予定です。その夜だけ、俺たちは2013年3月16日に戻る......!




ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN「WHO KiLLED IDOL?」 [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2013年11月24日

「MUSIC MAGZINE」12月号

「MUSIC MAGZINE」12月号では、斎藤圭土のインタビュー、特集「『攻殻機動隊』とコーネリアス」でのサウンドトラック・ガイド、新・チロリン「ちろりん坂よ、永遠に」とチャラン・ポ・ランタン「悲喜劇」のアルバム評を執筆しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 12月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

「レコード・コレクターズ」12月号

 「レコード・コレクターズ」12月号では、ガカンとリョウメイ「エフェクツ・オブ・タイム」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2013年 12月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2013年10月16日

Yahoo!ニュース個人に「『また、女川で会いましょう!』と彼女は言った BiS出演『おながわ秋刀魚収穫祭2013』レポート」を掲載しました

 Yahoo!ニュース個人に、9月22日の「おながわ秋刀魚収穫祭2013」のレポート「『また、女川で会いましょう!』と彼女は言った BiS出演『おながわ秋刀魚収穫祭2013』レポート前編」「『また、女川で会いましょう!』と彼女は言った BiS出演『おながわ秋刀魚収穫祭2013』レポート後編」を掲載しました。

 今回はおすぎさんにデジタル一眼レフをお借りして、僕自身でライヴも含めたすべての写真を撮影しました。

 よろしくお願いいたします。


ヤフー・トピックスの作り方 (光文社新書)

投稿者 munekata : Permalink

2013年9月13日

バンドじゃないもん!の皆さんにインタビュー取材

 青山のワーナーミュージック・ジャパンでバンドじゃないもん!の皆さんにインタビュー取材。卒業を控えたかっちゃん、そしてなぜか欠席のみさこ......。インタビューはidol schedulerに掲載されます。


UP↑ぷらいむ / タカトコタン Forever

投稿者 munekata : Permalink

2013年9月 7日

lyrical schoolの皆さんにインタビュー取材

 9月18日にアルバム「date course」をリリースするlyrical schoolの皆さんに吉祥寺でインタビュー取材。記事はidol schedulerに掲載されます。


date course

投稿者 munekata : Permalink

2013年8月28日

菅本裕子さんのイベントレポートとインタビューがidol schedulerに掲載されました

 菅本裕子さんのイベントレポートとインタビューidol schedulerに掲載されました。

 よろしくお願いいたします。


投稿者 munekata : Permalink

2013年8月21日

Yahoo!ニュース個人に「ソウル・フラワー・モノノケ・サミットとチャラン・ポ・ランタンの『アンパンマンのマーチ』」を掲載しました

 Yahoo!ニュース個人に、8月10日のソウル・フラワー・モノノケ・サミットとチャラン・ポ・ランタンのライヴレポート「ソウル・フラワー・モノノケ・サミットとチャラン・ポ・ランタンの『アンパンマンのマーチ』」を掲載しました。

 よろしくお願いいたします。


ヤフー・トピックスの作り方 (光文社新書)

投稿者 munekata : Permalink

2013年8月20日

「MUSIC MAGAZINE」9月号

 「MUSIC MAGAZINE」9月号では、かせきさいだぁさんのインタビュー記事、あがた森魚「『女と男のいる舗道』あがた森魚デビュー40周年記念コンサート」とSo many tears「LOVE & WANDER」のアルバム評を担当しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 09月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

八王子Pさんにインタビュー取材

 八王子Pさんに渋谷のトイズファクトリーでインタビュー取材。記事は「MUSIC MAGAZINE」に掲載されます。


ViViD WAVE (初回盤CD+DVD) <※豪華三方背BOX仕様>


投稿者 munekata : Permalink

2013年8月17日

2.5D「TIF2013全方位アンケート~アイドル、ファン、スタッフに聞いてみた~」

 2.5Dの特集記事「TIF2013全方位アンケート~アイドル、ファン、スタッフに聞いてみた~」でアンケートに回答しています。

 ちなみに僕の写真を撮ってくださったのは、BiSのアートワークを手掛ける真田礼さんです。「TOKYO IDOL FESTIVAL 2013」2日目のBiSのZepp Tokyo終了後に、2.5Dスタッフの皆さんに会ったところ突然取材されて、その場に居合わせた真田さんに写真も撮っていただきました。ありがとうございます!


TOKYO IDOL FESTIVAL 2013 feat.アイドリング!!! [Blu-ray]

投稿者 munekata : Permalink

2013年8月14日

「レコード・コレクターズ」9月号

 「レコード・コレクターズ」9月号では、HETTY KOES ENDANG「14 Best Of The Best(ベスト・オヴ・ザ・ベスト)」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2013年 09月号 [雑誌]


投稿者 munekata : Permalink

2013年8月13日

小桃音まいさんのインタビューがidol schedulerに掲載されました

 小桃音まいさんのインタビューがidol schedulerに掲載されました。構成は宗像郁。まいにゃは明日「BANG BANG 鼓笛サンバ」でメジャー・デビュー、おめでとうございます!

 よろしくお願いいたします。


BANG BANG 鼓笛サンバ

BANG BANG 鼓笛サンバ(初回限定盤A)(DVD付)

BANG BANG 鼓笛サンバ(初回限定盤B)

BANG BANG 鼓笛サンバ(初回限定盤C)

BANG BANG 鼓笛サンバ(初回限定盤D)

投稿者 munekata : Permalink

2013年8月12日

「Quick Japan」vol.109

 「Quick Japan」vol.109では、BiSとJOJO広重さん、Soggy Cheerios(鈴木惣一朗さん+直枝政広さん)のインタビューを担当しています。


クイック・ジャパン 109

投稿者 munekata : Permalink

2013年8月11日

菅本裕子さんにインタビュー取材

 「ゆうこすカフェ」を開催した菅本裕子さんにインタビュー取材。記事はイベント・レポートとともにidol schedulerに掲載される予定です。


投稿者 munekata : Permalink

2013年8月10日

クルミクロニクルさんのFM西東京「teknohauswt」収録

 FM西東京の番組「teknohauswt」のために、渋谷でクルミクロニクルさんのインタビューを収録。9月24日と10月4日の2回にわたって放送予定です。また、後日その文字起こしをidol schedulerにも掲載する予定です。


喫茶室ルノアール

投稿者 munekata : Permalink

2013年8月 8日

エレクトリックリボンのインタビューがidol schedulerに掲載されました

 エレクトリックリボンのインタビューがidol schedulerに掲載されました。CD全国流通で、やっとエレクトリックリボンと取材という形で一緒に仕事ができて嬉しい限りです。

 よろしくお願いいたします。


星屑ハイランド


投稿者 munekata : Permalink

2013年8月 6日

Yahoo!ニュース個人に「テクノポップを蘇生させる100の方法 エレクトリックリボン主催イベントレポート」を掲載しました

 Yahoo!ニュース個人に、7月21日のエレクトリックリボン主催イベントのライヴレポート「テクノポップを蘇生させる100の方法 エレクトリックリボン主催イベントレポート」を掲載しました。

 よろしくお願いいたします。


ヤフー・トピックスの作り方 (光文社新書)

投稿者 munekata : Permalink

2013年8月 1日

小桃音まいさんにインタビュー取材

 8月14日に「BANG BANG 鼓笛サンバ」をリリースする小桃音まいさんに渋谷のビクターエンタテインメントでインタビュー取材。記事はidol schedulerに掲載されます。


BANG BANG 鼓笛サンバ

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月29日

かせきさいだぁさんにインタビュー取材

 8月7日に「かせきさいだぁのアニソング!! バケイション!」をリリースするかせきさいだぁさんに渋谷のBounDEEでインタビュー取材。記事は「MUSIC MAGAZINE」に掲載されます。


かせきさいだぁのアニソング!! バケイション!

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月28日

エレクトリックリボンの皆さんにインタビュー取材

 7月24日に「星屑ハイランド」をリリースしたエレクトリックリボンの皆さんにお台場でインタビュー取材。記事はidol schedulerに掲載されます。


星屑ハイランド

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月17日

「MUSIC MAGZINE」8月号

 「MUSIC MAGZINE」8月号では、特集「"ポスト戦国時代"のアイドル最前線」で「今どきのアイドル・シーンがわかるディスク10枚」のディスク選考と紹介を行っています。また、SALOMA「Dendang Saloma(ポリネシア・マンボ~南海の国際都市(コスモポリタン・シティ)歌謡)」、黒沢健一「BANDING TOGETHER in Dreams」のアルバム評を執筆しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 08月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月15日

BiSの皆さんにインタビュー取材

 エイベックスでBiSの皆さんにインタビュー取材。記事は「Quick Japan」に掲載されます。


Fly / Hi

Fly / Hi (CD+DVD) (MUSIC VIDEO盤)

Fly / Hi (CD+DVD) (BiS階段盤)

投稿者 munekata : Permalink

idol schedulerにスマイル学園電音部 UNDER FACEとSMILE 4 the futureのインタビューが掲載されました

 idol schedulerにスマイル学園電音部 UNDER FACEとSMILE 4 the futureの皆さんのインタビューが掲載されました。idol schedulerの新コンテンツ、アイドルインタビューの第一弾。構成は宗像郁です。


充電少女

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月10日

Soggy Cheeriosの鈴木惣一朗さん、直枝政広さんにインタビュー取材

 Soggy Cheeriosの鈴木惣一朗さん、直枝政広さんに渋谷のP-VINEでインタビュー取材。記事は「Quick Japan」に掲載されます。


1959

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月 8日

JOJO広重さんにインタビュー取材

 非常階段、BiS階段のJOJO広重さんにエイベックスでインタビュー取材。記事は「Quick Japan」に掲載されます。


BiS階段

BiS階段 [Analog]

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月 4日

スマイル学園電音部UNDER FACE、SMILE 4 the futureの皆さんにインタビュー取材

 スマイル学園電音部UNDER FACE、SMILE 4 the futureの皆さんに渋谷でインタビュー取材。記事はidol schedulerに掲載されます。


充電少女

投稿者 munekata : Permalink

2013年6月24日

BiSのインタビューがメンズサイゾーに掲載されました

 BiSのインタビュー「解散まであと1年!? 『ハメ撮りPV』で加速するBiSインタビュー!!」メンズサイゾーに掲載されました。メンズサイゾーでの4回目のBiSインタビューです。

 よろしくお願いします。


DiE (SG+DVD)(LIVE盤)

DiE (CDのみ盤)

投稿者 munekata : Permalink

2013年6月21日

「MUSIC MAGAZINE」7月号

 「MUSIC MAGAZINE」7月号では、きゃりーぱみゅぱみゅ特集でのディスク・ガイド、畠山美由紀「rain falls」のアルバム評を執筆しています。




MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 07月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2013年6月18日

アーバンギャルド『恋と革命とアーバンギャルド』発売記念生放送

 アーバンギャルドの「アーバンギャルド『恋と革命とアーバンギャルド』発売記念生放送」に出演するために原宿のニコニコ本社へ。


アーバンギャルド 再びニコニコ本社でイベント決定!!!

松永天馬,アーバンギャルドを語る

出演:アーバンギャルド ゲスト:宗形明将 


 僕の名前が微妙に違う......!

 ニコニコ生放送を終えて妻に感想を求めたところ、第一声は「姿勢が悪い」でした。気をつけます。

 ありがとうございました!


恋と革命とアーバンギャルド

投稿者 munekata : Permalink

2013年6月14日

「レコード・コレクターズ」7月号

 「レコード・コレクターズ」7月号では、Orchestre Poly-rythmo De Cotonou「Volume 3: Skeletal Essences Of Afro Funk 1969-1980(第3集)」、Hetty Koes Endang「Sorga Dan Neraka(天国と地獄)」、Alicia Y Carlos「Alicia Y Carlos」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2013年 07月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2013年6月13日

Yahoo!ニュース個人に「『新しい青の時代』を生きよう 山田稔明ワンマンライヴレポート」を掲載しました

 Yahoo!ニュース個人に、6月2日の山田稔明のライヴレポート「『新しい青の時代』を生きよう 山田稔明ワンマンライヴレポート」を掲載しました。

 よろしくお願いいたします。


ヤフー・トピックスの作り方 (光文社新書)

投稿者 munekata : Permalink

2013年6月 1日

BiSの皆さんにインタビュー取材

 渋谷のカフェ・ミヤマでBiSの皆さんにインタビュー取材。記事はメンズサイゾーに掲載されます。


DiE (SG+DVD)(LIVE盤)

DiE (CDのみ盤)


投稿者 munekata : Permalink

2013年5月21日

「MUSIC MAGAZINE」6月号

 「MUSIC MAGAZINE」6月号では、細野晴臣特集でのアルバム紹介、クレイジーケンバンドの横山剣インタビュー記事、大工哲弘「BLUE YAIMA」とコシミハル「Madame Crooner」のアルバム評を担当しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 06月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2013年5月19日

Yahoo!ニュース個人に「音楽を語る言葉を捨てよ、そして音楽へ 大森靖子ワンマンライヴレポート」を掲載しました

 Yahoo!ニュース個人に、5月13日の大森靖子のライヴレポート「音楽を語る言葉を捨てよ、そして音楽へ 大森靖子ワンマンライヴレポート」を掲載しました。

 よろしくお願いいたします。


ヤフー・トピックスの作り方 (光文社新書)

投稿者 munekata : Permalink

2013年5月16日

「レコード・コレクターズ」6月号

 「レコード・コレクターズ」6月号では、MOHAMED ABDEL WAHAB「Double Best(近代アラブ音楽の父〜録音集)」とRAUL GARCIA ZARATE「La Guitarra Andina De Peru(アンデス・ギターの至宝)」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2013年 06月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2013年4月29日

クレイジーケンバンドの横山剣さんにインタビュー取材

 青山一丁目のユニバーサルで、5月22日にニュー・アルバム「FLYING SAUCER」をリリースするクレイジーケンバンドの横山剣さんにインタビュー取材。記事は次号の「MUSIC MAGAZINE」に掲載される予定です。


FLYING SAUCER(初回限定盤)(DVD付)

FLYING SAUCER

投稿者 munekata : Permalink

2013年4月27日

メンズサイゾーで「新宿にビッグダディ登場!! 家族も駆けつけ異様な熱気に」が公開されました

 「痛快!ビッグダディ」でおなじみの林下清志さんの「ビッグダディの流儀」発売記念イベントのため福家書店新宿サブナード店へ。念願のビッグダディとの接触イベントです!

 そして、終了直後に近くの店で書いて送信した原稿が、メンズサイゾーに「新宿にビッグダディ登場!! 家族も駆けつけ異様な熱気に」として公開されました。

 よろしくお願いします。


ビッグダディの流儀

投稿者 munekata : Permalink

2013年4月23日

Yahoo!ニュース個人に「恋と革命、インターネットと音楽産業、そしてアーバンギャルド」を掲載しました

 Yahoo!ニュース個人に、4月20日のアーバンギャルドのライヴレポート「恋と革命、インターネットと音楽産業、そしてアーバンギャルド」を掲載しました。

 よろしくお願いいたします。


ヤフー・トピックスの作り方 (光文社新書)

投稿者 munekata : Permalink

2013年4月20日

「MUSIC MAGAZINE」5月号

 「MUSIC MAGAZINE」5月号では、ももいろクローバーZ特集での楽曲解説、大森靖子さんのインタビュー記事、オムニバス「Frantic Brown Beat!」と伊吹留香「反面教師」のアルバム評を担当しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 05月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2013年4月18日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第50回はリンダIII世とhy4_4yhです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第50回では、「群馬発の日系ブラジル人アイドルグループ、インドネシア音楽ファンコット…アイドルはワールドミュージックの夢を見るか?」と題して、Saori@destinyや9nineを経由しつつリンダIII世「未来世紀eZ zoo」とhy4_4yh「ティッケー大作戦!〜YAVAY / HYPER TICKEEE QUEENの歌」を紹介しています。

 よろしくお願いいたします。


未来世紀EZ ZOO [DVD]

ティッケー大作戦!~YAVAY / HYPER TICKEEE QUEENの歌 ※ハイパー・デラックス・エディション

ティッケー大作戦!~YAVAY / HYPER TICKEEE QUEENの歌 ※通常エディション

投稿者 munekata : Permalink

2013年4月15日

「レコード・コレクターズ」5月号

 「レコード・コレクターズ」5月号では、 Tete「NU LA-BAS(裸のままで)」、オムニバス「Chanteurs juifs de Tunisie」、オムニバス「musique dessinee 01.1 - Just a Groove!」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2013年 05月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2013年4月 1日

Yahoo!ニュース個人にオーサーとして参加しました

 Yahoo!ニュース個人にオーサーとして参加させていただき、「宗像明将 / 音盤が消えても再び鳴り響く音楽のために」が開設されました。今後、音楽についての記事を執筆していく予定です。

 その最初の記事は、3月24日に開催された「女川町商店街復幸祭2013」のカーネーション、BiSを中心にしたレポートです。長いため2本に分割しています。

また、女川で会いましょう。 カーネーション、BiS出演「女川町商店街復幸祭2013」レポート(前編)

また、女川で会いましょう。 カーネーション、BiS出演「女川町商店街復幸祭2013」レポート(後編)

 僕のコーナーのタイトルは、昨年女川町へ行ったときの忘れがたい記憶から付けたものです。

 また、今回の記事の作成にあたって、INMUSICの山田秀樹編集長にライヴ写真を提供していただきました。改めて感謝いたします。

 これに合わせてTwitterアカウント・@munekataも公開に戻しました。

 今後ともよろしくお願いいたします。


ヤフー・トピックスの作り方 (光文社新書)

投稿者 munekata : Permalink

2013年3月27日

大森靖子さんにインタビュー取材

 神保町のミュージック・マガジン社で、アルバム「魔法が使えないなら死にたい」をリリースした大森靖子さんにインタビュー取材。記事は次号の「MUSIC MAGAZINE」に掲載される予定です。


魔法が使えないなら死にたい


投稿者 munekata : Permalink

2013年3月22日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第49回はBiSです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第49回では、「またひとり去っていった輝かしいアイドルの記憶とともに BiS『BiSimulation』」と題してBiS「BiSimulation」を紹介しています。

 よろしくお願いいたします。


BiSimulation  (SINGLE+DVD) 【LIVE盤】

タイトル未定 (SINGLE+DVD) 【Music Video盤】

BiSimulation

投稿者 munekata : Permalink

「MUSIC MAGAZINE」4月号

 「MUSIC MAGAZINE」4月号では、初音家石若「カストリ・オンド -石若艶尽くし-」、鉄砲博三郎「音頭師 ONDOSTER」、徳永憲「ねじまき」のアルバム評と、「ポイント・オブ・ヴュー」のコラム「音楽雑誌は楔を打ち続けるように読者に音楽を語れるのか」を執筆しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 04月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2013年3月21日

「レコード・コレクターズ」4月号

 「レコード・コレクターズ」4月号では、Malavoi「L'essentiel 1981-2012(究極のベスト)」とAsiko Rock Group「Asiko Rock Group」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2013年 04月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2013年3月 5日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第48回はNegiccoです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第48回では、「新潟で生まれ渋谷で夢を見る極上のアイドルポップス Negicco『愛のタワー・オブ・ラヴ』」と題してNegicco「愛のタワー・オブ・ラヴ」を紹介しています。

 よろしくお願いいたします。


愛のタワー・オブ・ラヴ

投稿者 munekata : Permalink

2013年2月28日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第47回はバンドじゃないもん!です

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第47回では、「チョコまみれでフェチなバレンタイン!? バンドじゃないもん!『ショコラ・ラブ』」と題してバンドじゃないもん!「ショコラ・ラブ」を紹介しています。

 よろしくお願いいたします。


ショコラ・ラブ(初回限定盤)

ショコラ・ラブ(通常盤)

投稿者 munekata : Permalink

2013年2月24日

「アイドル最前線2013」

 3月25日に洋泉社から発売される「アイドル最前線2013」では、「『ライブアイドル』の今」を執筆しています。


アイドル最前線2013 (洋泉社MOOK)

投稿者 munekata : Permalink

2013年2月19日

「MUSIC MAGAZINE」3月号

 「MUSIC MAGAZINE」3月号では、中塚武さんのインタビュー記事、Khaled「C'est La Vie」とカジヒデキ「Sweet Swedish Winter」のアルバム評を担当しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 03月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2013年2月18日

「レコード・コレクターズ」3月号

 「レコード・コレクターズ」3月号では、Pazy & The Black Hippies「Wa Ho Ha」、オムニバス「Guitarra Portuguesa(ポルトガル・ギターの名手たち)」、オムニバス「Istanbul Tango 1927 - 1953(世界のタンゴ 第4集〜トルコ篇)」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2013年 03月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2013年2月14日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第46回はいずこねこです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第46回では、「グループアイドル全盛時代の“いずこねこ”というソロアイドルの『謎』」と題していずこねこ「ROOM EP」を紹介しています。

 よろしくお願いいたします。


ROOM EP

投稿者 munekata : Permalink

2013年1月24日

中塚武さんインタビュー取材

 渋谷のTOKYO FAMILY RESTAURANTで、2月6日にアルバム「LYRICS」をリリースする中塚武さんのインタビュー取材。記事は次号の「MUSIC MAGAZINE」に掲載される予定です。


LYRICS

投稿者 munekata : Permalink

2013年1月22日

「MUSIC MAGAZINE」2月号

 「MUSIC MAGAZINE」2月号では、ジャンク フジヤマのインタビュー、特集「2013年はこれを聴け!」、NIKIIE「Equal」と中村よお「ヘンリー・ミラーのように」のアルバム評、クロス・レヴュー、登川誠仁&大城美佐子のライヴ評を担当しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 02月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2013年1月18日

「teknohausw」放送予定


 エフエム西東京のEDM番組「teknohausw」のspoon+インタビュー前後編にMCとして出演しています。後編は2月1日、ストリーミングでも聞くことが可能です。


hear

投稿者 munekata : Permalink

2013年1月14日

「TRASH-UP」vol.14

 「TRASH-UP」vol.14では、BiS特集で「BiSとは何者なのか?」とディスコグラフィーを執筆しています。

 ディスコグラフィーはBiS名義はもちろん、DiS、プー・ルイの過去のソロ作品、1月23日発売のおとぎ話のアルバムのユフちゃん参加曲まで網羅した完全版、のはずです。


季刊 TRASH-UP!! vol.14

投稿者 munekata : Permalink

2013年1月12日

「レコード・コレクターズ」2月号

 「レコード・コレクターズ」2月号では、オムニバス「Double BEST: Musique Chaabi D'algerie(アルジェリアのシャアビ)」、Lili Boniche「Anthologie」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2013年 02月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2013年1月 9日

東京アイドルプロデューサー新年会2013@阿佐ヶ谷ロフトA

 阿佐ヶ谷ロフトAで開催された「東京アイドルプロデューサー新年会2013」で、TUMAさんとともに司会を務めさせていただきました。


「東京アイドルプロデューサー新年会2013」

【出演(五十音順)】
江崎マサル(hy4_4yh プロデューサー)
かながわIQ(ベイビーレイズ プロデューサー)
皮茶パパ(KGY40Jr. プロデューサー)
KAZY渡辺(usa☆usa少女倶楽部、ライムベリー、ほか プロデューサー)
ほか

【司会】
宗像明将(音楽評論家)

【オブザーバー】
Doppelgängerメンバー
 北条まみ
 由井香織
 加藤遥
 加藤桃子


 予約の時点ではもうダメかと思いましたが、蓋を開けたら平日にも関わらず会場が埋まってくてれ本当にありがたかったです。
 
 5人(途中でlyrical schoolのキムヤスヒロさんも来てくださいました)のプロデューサーの皆さんは、それぞれにキャラクター、方向性が大きく異なりながらもビジョンを明確に持たれていることを痛感しました。

 Doppelgängeの皆さん、特に北条まみさんは酸いも甘いも知ったさすがのキャラクターで株を上げすきです!

 至らぬ点も多々あったかと思いますが、プロデューサーの皆さん、そしてご来場いただいたみなさん、本当にありがとうございました!


130109a.jpg


HYPER SINGLE COLLECTION+2 :The Early Days 2008-2010

ベイビーレボリューション 初回限定盤A (CD+DVD)

HEY!BROTHER

投稿者 munekata : Permalink

2012年12月30日

spoon+@FM西東京

 spoon+のFM西東京の番組収録のため、MCとして出演してきました。約1年半ぶり。放送は来年の予定です。


121230a.jpg


hear

投稿者 munekata : Permalink

2012年12月28日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第45回は2012年の年間ベスト10です

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第45回では、「産業が滅び、文化だけが残るだろう 〜2012年アイドルポップスベスト10まとめ」と題して恒例の年間ベスト10を紹介しています。

 よろしくお願いいたします。


サイゾー 2013年 01月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2012年12月25日

ジャンク フジヤマさんにインタビュー取材

 ジャンク フジヤマさんに渋谷のビクターエンタテインメントでインタビュー取材。記事は「MUSIC MAGAZINE」に掲載される予定です。


シェダル

投稿者 munekata : Permalink

2012年12月20日

「MUSIC MAGAZINE」1月号

 「MUSIC MAGAZINE」1月号では、「コモンズ:スコラ」第11巻についての批評、特撮の大槻ケンヂさんのインタビュー記事、、白井良明「ポートレイト・オブ・ア・レジェンド 1972〜2012」とMAMALAID RAG「Day and Night Blues」のアルバム評を担当しています。

 なお、「コモンズ:スコラ」第11巻についての記事の終盤に、


書籍の巻末には100枚の推薦版が紹介されているが


 とありますが、この「100枚」は「10枚」の誤植で、次号に編集部から訂正が掲載されるとのことです。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 01月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2012年12月14日

「レコード・レコクターズ」1月号

 「レコード・レコクターズ」1月号では、オムニバス「Chanteurs Juifs D' Algeria(アルジェリア〜ユダヤ人歌手たちの遺産)」とブルームーンカルテット「ブルークリスマス」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2013年 01月号

投稿者 munekata : Permalink

2012年12月 3日

大槻ケンヂさんにインタビュー取材

 ニュー・アルバム「パナギアの恩恵」をリリースする特撮の大槻ケンヂさんにキングレコードでインタビュー取材。記事は「MUSIC MAGAZINE」に掲載される予定です。


5年後の世界

投稿者 munekata : Permalink

2012年11月30日

「GiRLPOP」2013 WINTER

 「GiRLPOP」2013 WINTERでは、BiSのインタビュー記事を担当しています。


GiRLPOP 2013 WINTER 表紙&巻頭特集 渡辺麻友 (エムオンアネックス)

投稿者 munekata : Permalink

2012年11月26日

「MUSIC MAGAZINE」12月号

 「MUSIC MAGAZINE」12月号では、松任谷由実特集のオリジナル・アルバム・ガイド4枚、中川敬さんのインタビュー、Mio Fou「III」と上妻宏光「楔 -KUSABI-」のアルバム評を担当しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2012年 12月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

同人誌「アーバンギャルは死ぬことにした」

 アーバンギャルドのファンによる同人誌「アーバンギャルは死ぬことにした」が発売されました。僕もパソコンの不調で原稿が一度完全に消滅する苦境を乗り越えて参加させてもらいました。

 すでにまんだらけの通信販売で売り切れていますが、他にまんだらけの店舗販売やコミケでの販売、さらに制作陣による手売りもあります。


121126a.jpg


◆発行日:2012年11月11日(*11/24〜頒布開始)
◆発行者:アーバンギャルドユニオン(urbangardeunion@gmail.com)
◆特別寄稿:タブロヲ上野航/宗像明将
◆執筆者:あか/赤井腸詰先生/海豹/飴屋イツキ/あやめ/宇佐見キイ/うさやま/香夏子/KIKU/凶極霊子/口枷屋モイラ/原発牛乳/ゴゾウ/小鳥りここ/小林駄々/犀川みしま/さゆ/澁澤ななめ/新藤世過/堕天使みー/田之倉みしま/ちはや/にみ/NEGI/猫又ヨオスケ/ねじねじ/ねないもち/葉/bippo/ひめこ/ぴよ/広瀬/福永/プルネラ/ぺも/まきげ/ミサオ/むぎのとーこ/宗像郁/ももちの/モモナガ/森夜ユカ/やわわ/有/ribontou/rimo/六角屋根子/ロッタ
◆表紙デザイン:あんず/斉藤コウジ
◆編 集:NEGI
◆企画・発行:タナカカオリ(geruchxxxx@gmail.com)
◆サイズ:A5
◆頁 数:約120頁
◆価 格:1000円
◆頒布方法:
(1)手渡し…タナカカオリ(geruchxxxx@gmail.com)、NEGIまで。
(2)店頭頒布…まんだらけ 各店舗
(3)通販…まんだらけ通販ページ(「アーバンギャルは死ぬことにした」で検索)
(4)冬コミ(コミックマーケット83)委託頒布…詳細少々お待ちください。


ガイガーカウンターカルチャー(初回限定盤)(DVD付)

ガイガーカウンターカルチャー


投稿者 munekata : Permalink

2012年11月24日

spoon+「hear」

 11月9日に発売されたspoon+のセカンド・アルバム「hear」に、以下の文章を贈りました。


感情は形を持たないし、そもそも自分がどんな感情を抱いているのかも目には見えない。ところがそれを音楽で表現することにかけては、spoon+のacoという女の子は凶悪なほど優秀だ。

「hear」はspoon+のセカンド・アルバム。

不敵な曲名の「バカにあげよう」のメロディーやサウンドに潜むソウルな要素、「上等な眩暈」のぶっといブレイクビーツ、「イチゴオンザショートケーキ」で歌われる恋という身勝手な感情、「ワンダー・タイマー」の聴く者の記憶を呼び覚ますかのような感覚など、何度も強い波動が押し寄せる。何度も感情が揺さぶられる。

KARAの「ガールズパワー」の編曲を手掛けたKouhei Yokono、アップアップガールズ(仮)の「アッパーカット!」の作詞作曲編曲を担当したPandaBoY、トイズファクトリーの珠妃にデビュー以降作品を提供しているhoshinega☆;、レコライドや猛毒を経てソロとして活動中のFQTQ、秋葉原のクラブ「MOGRA」やUSTREAM放送局「2.5D」などで活躍するDJ集団「Marginal Rec.」のDJ USYN、hoshinega☆;と同様にamU時代からのacoの仲間のCodi、名古屋の元チカチカの中島竹清、大阪の新鋭トラックメイカーの山本真平(あんどりいらんど。)と、アレンジャー陣も尖鋭的な顔ぶれだ。

そして、エレクトロなサウンドを主軸にしたspoon+のポップスを聴いていると、「acoがワガママ言いまくって作ったんだろうなぁ」と苦笑いしてしまうほどのクオリティの高さだ。

可愛い顔をして人の感情をえぐるような曲を歌う女の子なんて、本当にタチが悪い。でも、「hear」は彼女が差し出すスプーンから溢れだした蜜のような音楽だ。不意に苦かったりもするけれど、その蜜はとてもとても甘い。

(音楽評論家・宗像明将)



hear

投稿者 munekata : Permalink

2012年11月16日

「メディア/アイドルの楽しみ方」

 SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアムで11月21日から開催される企画展「メディア/アイドルミュージアム」の内容を紹介する配信番組「メディア/アイドルの楽しみ方」に出演するためにSKIPシティへ。

 ところが西川口駅に着いたものの予想外にSKIPシティが遠くて途方に暮れていたところ、いるぼんちゃんが近くで飲んでいるというので大衆酒場へ行くことに。下戸なので一杯ひっかけただけで酔ってフラフラになりながら、タクシーに乗って配信会場へ向かいしました。

 会場にほうほうのていで到着すると、弁当が用意してあるわ、クレーンでカメラが動くわと立派な設備。岡島紳士さん、岡田康宏さん、さやわかさん、ピストルさんと僕という川口組と、いずこねこさん、ガリバーさん、サクライケンタさんというSkype中継の大阪組での約2時間の放送となりました。

  USTREAMやニコニコ生放送で視聴してくださった皆さん、ありがとうございました!


121116b.jpg


グループアイドル進化論 〜「アイドル戦国時代」がやってきた!〜 (マイコミ新書)

投稿者 munekata : Permalink

2012年11月15日

「レコード・レコクターズ」12月号

 「レコード・レコクターズ」12月号では、青木孝明「さようなら、夢」、OM.SONETA & RHOMA IRAMA「VOL.5/VOL.6(ムシック〜1億3500万)」、オムニバス「Melodies Judeo-arabes D'autrefois - Maghreb & Moyen Orient(いにしえのユダヤ・アラブ音楽)」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2012年 12月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

BiSの皆さんにインタビュー取材

 恵比寿リキッドルームのTIMEOUT CAFEでBiSの皆さんにインタビュー取材。次号の「GiRLPOP」に掲載される予定です。


GiRLPOP 2012 AUTUMN 表紙&巻頭特集 AKB48 (M-ON! ANNEX 558号)

投稿者 munekata : Permalink

2012年11月 1日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第43回はBiSです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第44回では、「全裸になっても内部抗争に押し流される!? エモさを武器にしたBiS『IDOL is DEAD』!」と題してBiS「IDOL is DEAD」を紹介しています。

 よろしくお願いいたします。


IDOL IS DEAD(仮) (期間限定生産) (ALBUM+DVD) (映画盤)

IDOL IS DEAD(仮) (ALBUM+DVD) (Music Video盤)

IDOL IS DEAD(仮)

投稿者 munekata : Permalink

中川敬さんにインタビュー取材

 11月28日に「銀河のほとり、路上の花」をリリースする中川敬さんに北品川のブレスト音楽出版でインタビュー取材。記事は「MUSIC MAGAZINE」に掲載される予定です。


銀河のほとり、路上の花

街道筋の着地しないブルース (紙ジャケット仕様)

投稿者 munekata : Permalink

2012年10月23日

「WHAT'S IN?」10月号

 見本誌が届いていないことに僕が気づくまで時間がかかったので前号の話で恐縮なのですが、「WHAT'S IN?」10月号ではAKB48の東京ドームのライヴレポートを執筆しています。


WHAT'S IN? (ワッツ イン) 2012年 10月号

投稿者 munekata : Permalink

2012年10月20日

「MUSIC MAGAZINE」11月号

 「MUSIC MAGAZINE」11月号では、小泉今日子特集でのオリジナル・アルバム・ガイド、りんけんバンド「黄金三星」とIZA「An Partan」のアルバム評、小林よしのり、中森明夫、宇野常寛、濱野智史「AKB48白熱論争」の書評を執筆しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2012年 11月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2012年10月19日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第43回はバンドじゃないもん!です

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第43回では、「女の子ふたりがドラムを叩き狂ってアイドル!? 『バンドじゃないもん!』」と題して、バンドじゃないもん!「バンドじゃないもん!」を紹介しています。

 よろしくお願いいたします。


バンドじゃないもん!

投稿者 munekata : Permalink

2012年10月16日

「レコード・コレクターズ」11月号

 「レコード・コレクターズ」11月号では、カーネーション「SWEET ROMANCE」、森高千里「ザ・シングルス」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2012年 11月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2012年10月11日

「MARQUEE」vol.93

 「MARQUEE」vol.93では、アーバンギャルド「ガイガーカウンターカルチャー」について松永天馬さんにインタビューしています。

 ある作品についての記事がウェブよりも紙媒体のほうで先に出るというパターンは昨今珍しいのではないかと思います。なぜそれができたのかというと、「急いだから」としか言えないレベルで僕も松永天馬さんも松本編集長も急いだのです。夏の終わりに。


MARQUEE Vol.93   マーキー93号

投稿者 munekata : Permalink

2012年10月 3日

あがた森魚「僕は天使ぢゃないよ」

 ベルウッド・レコード40周年記念リイシュー「Bellwood 40th Anniversary Collection」で再発された、あがた森魚「僕は天使ぢゃないよ」の解説を執筆させていただきました。光栄です。


僕は天使ぢゃないよ

投稿者 munekata : Permalink

2012年9月25日

「MUSIC MAGAZINE」10月号

 「MUSIC MAGAZINE」10月号では、加藤千晶「蟻と梨」とEKD「ぐるぐる」のアルバム評を執筆しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2012年 10月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2012年9月15日

我闘雲舞 Gatoh-talk・1 さくらえみトークイベント「こんなにアイドルがいるのに、なぜ女子プロレスラーになりたい子はいないのだろう?」@新大久保ネイキッドロフト

 「我闘雲舞 Gatoh-talk・1 さくらえみトークイベント『こんなにアイドルがいるのに、なぜ女子プロレスラーになりたい子はいないのだろう?』」に出演するために新大久保ネイキッドロフトへ。

 ご来場いただいた皆さん、本当にありがとうございました!


我闘雲舞 Gatoh-talk・1 さくらえみトークイベント

「こんなにアイドルがいるのに、なぜ女子プロレスラーになりたい子はいないのだろう?」

【出演】さくらえみ(我闘雲舞)、大坪ケムタ(フリーライター)

【ゲスト】渡辺淳之介(BiS−新生アイドル研究会−マネージャー)、宗像明将(音楽ライター)

9月15日(土)開場12:00/開演12:30 会場:ネイキッドロフト

予約¥1800/当日¥2000(共に飲食代別)

※ご予約はネイキッドロフト店頭電話03-3205-1556(16:30〜24:00)まで。

日本マットを後にして、プロレス未開の地・タイで女子プロレス団体・我闘雲舞(ガトームーブ)を立ち上げたさくらえみ選手。彼女が気になるお題や人を招いてみっちり語る異種トークイベントがスタート!第1回テーマは彼女も日々癒されてるという「アイドル」。今回はavextraxからまさかのメジャーデビューしたばかりのBiS−新生アイドル研究会−マネージャー・渡辺氏、そして音楽ライターの宗像氏を招いて、女の子の育て方やプロデュース法、さらには女子プロレスとアイドルの共通点や問題点まで露わに!?両ジャンルの一番尖った部分をクリエイトしてきた、危険女子取扱業者な2人のここでしか聞けない異種格闘トーク!


 僕もBiSのマネージャーの渡辺さんもプロレスに疎いのでどうなるかと思いましたが、無事進行できて安心しました……。最後は渡辺さんがさくらえみさんを好きだと言いだし、さくらえみさんが歌って締め。最後の歌は僕らも聞いてなかったので驚きましたよ!


2012.9.15我闘雲舞Gatoh-talk・1さくらえみトークイベント「こんなにアイドルがいるのに、なぜ女子プロレスラーになりたい子はいないのだろう?」実況・感想まとめ - Togetter


 終了後は、渡辺さんたちと新大久保の韓国料理屋へ。


120915a.jpg


世界が100人のAV女優だったら

IDOL IS DEAD(仮) (期間限定生産) (ALBUM+2枚組DVD)

投稿者 munekata : Permalink

2012年9月14日

「レコード・コレクターズ」10月号

 「レコード・コレクターズ」10月号では、 岡田徹「架空映画音楽集II 〜エレホンの麓で〜」とオムニバス「Aux Sources Du Rai(ライのルーツ〜ベドウィンの伝統からオランのキャバレーまで)」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2012年 10月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2012年9月 5日

「GiRLPOP」2012 AUTUMN

 「GiRLPOP」2012 AUTUMNでは、まなみのりさの皆さんのインタビューを担当しています。


GiRLPOP 2012 AUTUMN 表紙&巻頭特集 AKB48 (M-ON! ANNEX 558号)

投稿者 munekata : Permalink

2012年8月30日

ミュージックマガジン増刊「アイドル・ソング・クロニクル2002〜2012」

 ミュージックマガジン増刊「アイドル・ソング・クロニクル2002〜2012」では、「私が選ぶこの10曲」で自分にとってのこの10年間のアイドル・ソング・ベスト10を選んで執筆しています。


私が選ぶこの10曲(宇多丸、掟ポルシェ。、高橋修、成瀬心美、西脇彩華、嶺脇育夫、宗像明将、レナ、ロマン優光)


ミュージックマガジン増刊 アイドル・ソング・クロニクル2002~2012

投稿者 munekata : Permalink

2012年8月20日

「MUSIC MAGAZINE」9月号

 「MUSIC MAGAZINE」9月号では、マレウレウ「もっといて、ひっそりね。」と笹川美和「愚かな願い」のアルバム評を執筆しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2012年 09月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2012年8月18日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第42回はTomato n' Pineです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第42回では、「濃い色彩で彩られた『最後の楽園』! Tomato n' Pine『PS4U』」と題して、Tomato n' Pine「PS4U」を紹介しています。

 また、前回からこの連載の扱いがコラム枠になり、僕のプロフィールが写真付きで右カラムに載るようになりました。メンズサイゾー編集部、そして読んでくださっている皆さんのおかげです。

 引き続き、よろしくお願いいたします。


PS4U(初回生産限定盤)(DVD付)

PS4U

投稿者 munekata : Permalink

2012年8月14日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第41回はKGY40Jr.です

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第41回では、「『ロコドル』という次元を超越した異境! KGY40Jr.『BALLPARK V-DANCE』」と題して、KGY40Jr.「BALLPARK V-DANCE」を紹介しています。

 よろしくお願いします。

投稿者 munekata : Permalink

2012年8月10日

「レコード・コレクターズ」9月号

 「レコード・コレクターズ」9月号では、Rene Paulo「Duet」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2012年 09月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2012年8月 6日

「アーバンギャルドの病めるアイドル五番勝負!!!!!」のレポートがメンズサイゾーに掲載されました

 7月にアーバンギャルドが開催した「アーバンギャルドの病めるアイドル五番勝負!!!!!」でのBiS、でんぱ組inc.、Negicco、バニラビーンズ、ぱすぽ☆との全対バンを追ったレポート「『アイドル』はバンドが下に見て済む文化なのか? 『アーバンギャルドの病めるアイドル五番勝負!!!!!』レポ」がメンズサイゾーに掲載されました。写真は名鹿祥史さんです。

 よろしくお願いいたします。


ガイガーカウンターカルチャー(初回限定盤)(DVD付)

IDOL is DEAD  (ALBUM+DVD) (映画盤)

キラキラチューン/Sabotage (初回限定盤A) CD+DVD

あなたとPop With You!

バニラビーンズ III(限定盤)

WING(初回限定盤)(ファーストクラス盤)(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

まなみのりさの皆さんにインタビュー取材

 まなみのりさの皆さんに虎ノ門のポニーキャニオンでインタビュー取材。記事は「GiRLPOP」に掲載される予定です。


BLISTER (初回限定盤 DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2012年8月 1日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第40回はBiSです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第40回では、「スクール水着とケツバットで殺してくれ! BiS『PPCC』でメジャー・デビュー!!」と題して、BiS「PPCC」を紹介しています。

 よろしくお願いします。


PPCC

PPCC(SINGLE+DVD)

PPCC(SINGLE+DVD) 

投稿者 munekata : Permalink

2012年7月26日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第39回はライムベリーです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第39回では、「中学生のアイドルラップユニットがダメな大人を叩き起こす!『HEY!BROTHER』ライムベリー」と題してライムベリー「HEY!BROTHER」を紹介しています。

 よろしくお願いいたします。


HEY!BROTHER

投稿者 munekata : Permalink

2012年7月22日

「MUSIC MAGAZINE」8月号

 「MUSIC MAGAZINE」8月号では、坂本真綾「モアザンワーズ」特集での坂本真綾さんと菅野よう子さんのインタビューとアルバム・ガイド、喜納昌吉「Nirai Pana」のアルバム評を担当しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2012年 08月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2012年7月21日

新・音樂夜噺@渋谷ダイニングバーLi-Po

 関口義人さん主催の「新・音樂夜噺」の「第70夜:アジアを席巻するK-POP旋風とアイドルブームの背景」のため渋谷ダイニングバーLi-Poへ。

 論者が鈴木妄想さん、聞き手が宗像明将、さらにVJにxcorp_さんを迎えて、予定の時間を大幅に超えて約3時間話させていただきました。ご来場の皆さん、ありがとうございました。

 終了後は、KGY40Jr.のライヴ終了後の「スーパークールファンの集い」に合流。


新大久保とK-POP (マイコミ新書)

図説 ジプシー (ふくろうの本/世界の歴史)

投稿者 munekata : Permalink

2012年7月18日

VOBOにインタビュー記事が掲載されました

 ウェブマガジン「VOBO」に僕のインタビュー記事「地上から地下までアイドルシーンを知り尽くす宗像明将に教わる現場のススメ」が掲載されました。去年暮れに「スーパー写真塾」用に受けたインタビューを2号分まとめて掲載したものです。

 取材を受けるにあたって、ヲタとしての正装であるtoutou Tシャツを着用しています。


スーパー写真塾 2012年 01月号 [雑誌]

スーパー写真塾 2012年 02月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2012年7月12日

CDジャーナルムック「青島幸男読本」

 北中正和さん監修のCDジャーナルムック「青島幸男読本」で、青島幸男が声優として主役を演じた「千夜一夜物語」について執筆しています。


CDジャーナルムック 青島幸男読本

投稿者 munekata : Permalink

2012年7月 5日

BiSのインタビューがメンズサイゾーに掲載されました

 BiSのインタビュー「アイドルシーンを掻き回し続ける『異物』BiS、メジャーデビュー記念インタビュー!!」がメンズサイゾーに掲載されました。エイベックスからのメジャー・デビューを前にした3回目のインタビューです。5ページ分割!


PPCC

PPCC(SINGLE+DVD)

PPCC(SINGLE+DVD)

投稿者 munekata : Permalink

2012年6月21日

「GiRLPOP」2012 SUMMER

 「GiRLPOP」2012 SUMMERでは、LinQの皆さんのインタビューを担当しています。


GiRLPOP 2012 SUMMER 表紙&巻頭特集 モーニング娘。 (M-ON! ANNEX 552号)

投稿者 munekata : Permalink

BiSの皆さんにインタビュー取材

 渋谷の「サイゾー」編集部で、エイベックスからのメジャー・デビューをひかえたBiSの皆さんにインタビュー取材。記事は「メンズサイゾー」で公開される予定です。


PPCC

PPCC(SINGLE+DVD)

PPCC(SINGLE+DVD)

投稿者 munekata : Permalink

2012年6月20日

「MUSIC MAGAZINE」7月号

 「MUSIC MAGAZINE」7月号では、ももいろクローバー特集での楽曲提供者の解説、Mory Kante「La Guinéenne」のアルバム評を執筆しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2012年 07月号

投稿者 munekata : Permalink

2012年6月15日

坂本真綾さん、菅野よう子さんにインタビュー取材

 渋谷のフライングドッグで坂本真綾さん、菅野よう子さんにインタビュー取材。素晴らしい師弟、姉妹、あるいは母子の関係を見ました。

 記事は「MUSIC MAGAZINE」に掲載される予定です。


モアザンワーズ【初回限定盤】

モアザンワーズ【通常盤】

投稿者 munekata : Permalink

2012年6月14日

「レコード・コレクターズ」7月号

 「レコード・コレクターズ」7月号では、Le Super Borgou de Parakou「The Bariba Sound」とT.R. Mahalingam「Portrait of a Prodigy: His Early Years 1940s-50s」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2012年 07月号

投稿者 munekata : Permalink

2012年5月19日

「MUSIC MAGAZINE」6月号

 「MUSIC MAGAZINE」6月号では、大島保克さんのインタビューを担当したほか、Los Miticos Del Ritmo「Los Miticos Del Ritmo」と宇宙人「慟哭」のアルバム評を執筆しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2012年 06月号

投稿者 munekata : Permalink

2012年5月14日

「WHAT'S IN?」6月号

 「WHAT'S IN?」6月号では、特集「アイドルノススメ」でLinQのインタビューを担当し、さらにアイドルディスクガイドの監修、執筆をしました。僕が監修なのでKGY40Jr.やいずこねこも入っていますし、枠外でCDを出してないライムベリーやミライスカートにも触れています。


WHAT'S IN? (ワッツ イン) 2012年 06月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

「レコード・コレクターズ」6月号

 「レコード・コレクターズ」6月号では、Thonghuad Faited「Diew Sor Isan : The North East Thai Violin of Thonghuad Faited」とkarantamba「Ndigal」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2012年 06月号

投稿者 munekata : Permalink

2012年4月22日

「MUSIC MAGZINE」5月号

 「MUSIC MAGZINE」5月号では、毛皮のマリーズ「完全犯罪、或いはそれに似た」のDVD評、中村中「聞こえる」のアルバム評、野宮真貴のライヴ評を執筆しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2012年 05月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2012年4月20日

LinQの皆さんにインタビュー取材

 LinQの天野なつさん、坂井朝香さん、高木悠未さん、姫崎愛未さん、瑞稀もえさんにタワーレコード平和島オフィスでインタビュー取材。記事はエムオン・エンタテインメントの雑誌に掲載される予定です。


Love in Qushu ~LinQ 第一楽章~(+1/限定盤)

投稿者 munekata : Permalink

2012年4月19日

「あがた森魚読本」

 音楽出版社から発売された「あがた森魚読本」では、「"永遠少年"の情熱と感性が生んだ21世紀の初頭の作品群」と題して「佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど」「ギネオベルデ(青いバナナ)」「Taruphology」の3作品を解説しています。


あがた森魚読本 (CDジャーナルムック)

投稿者 munekata : Permalink

2012年4月14日

「レコード・コレクターズ」5月号

 「レコード・コレクターズ」5月号では、Sonny Chillingworth「Sonny Solo」、Ray Kane「Punahele」、オムニバス「モンマルトル、愛の夜。」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2012年 05月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2012年4月 6日

メンズサイゾーに「ビッグダディ最新作は演技かドキュメントか?」を執筆しました

 メンズサイゾー編集部のUGさんの産休からの復帰を祝して、タイトルと本文に「排卵日」が3回出てくる記事「排卵日に計画的子作り ビッグダディ最新作は演技かドキュメントか?」を執筆しました。

 よろしくお願いします。


子どもの心に風邪をひかせない子育て 7男2女 一家11人の大家族 石田さんチ

投稿者 munekata : Permalink

2012年3月31日

「2011年度末総決算『解題・アイドル戦国時代』〜10年代のアイドル論壇ここに始めます〜」@新宿ロフトプラスワン

 新宿ロフトプラスワンでの「2011年度末総決算『解題・アイドル戦国時代』〜10年代のアイドル論壇ここに始めます〜」に出演。ご来場いただいた皆さん、昼の1時からありがとうございました!


【出演】
岡島紳士
岡田康宏
さやわか
宗像明将

【ゲスト】
わんこ☆そば(SKiCCO JOURNAL)
O.D.A.(WASTE OF POPS 80s-90s)
トーニャハーディング
武田俊(KAI-YOU代表)
坂本寛(タブロイド)

【司会】
越智灯子

【物販】
映画秘宝EX「激動!アイドル10年史」
「アイドル領域」
「What Is Idol?」
「界遊」
ナグリアイ


 2011年度末総決算 「解題・アイドル戦国時代」レポート - Togetterにも感想ツイートがまとめられています。

 個人的に反省点と感じたのは、テーマをわけすぎたこと、ゲストの皆さんの持ち時間が少なかったこと、総論を優先したためにアイドルの固有名詞が出てくるような細論が少なかったことです。

 というわけで、主催した越智灯子が出演者など形式は変わるかもしれないけれど続けていく、と宣言したこのシリーズを今後ともよろしくお願いします。 


映画秘宝EX激動!アイドル10年史 (洋泉社MOOK)

投稿者 munekata : Permalink

2012年3月30日

「解題・アイドル戦国時代」限定スペシャルメニュー

 3月31日に新宿ロフトプラスワンで開催される「2011年度末総決算『解題・アイドル戦国時代』〜10年代のアイドル論壇ここに始めます〜」で販売される当日限定スペシャルメニューが公開されました。ハグ券付き?


【当日限定スペシャルメニュー】
■Mr.デフスタープロデュース 揚げた!エビフライ
■渡辺淳之介最後の贈り物 しなないおつまみ豆腐(ハグ券付き)
■おでんぱ組.inc スカイツリー盛り!(ステッカー付き)


映画秘宝EX激動!アイドル10年史 (洋泉社MOOK)

投稿者 munekata : Permalink

2012年3月29日

「解題・アイドル戦国時代」議題出しUst 〜ひとつも没にはいたしません〜

 新宿のロフトプロジェクトの事務所から配信されたUSTREAM番組「『解題・アイドル戦国時代』議題出しUst 〜ひとつも没にはいたしません〜」に出演。なぜかロフト報道チャンネルで約2時間40分もアイドルの話のみが配信されました……。この3月31日のイベントに向けた岡田康宏さん×岡島紳士さん×さやわかさん×宗像明将×越智智子さん(司会)のUSTREAM番組、アーカイヴもあります。



映画秘宝EX激動!アイドル10年史 (洋泉社MOOK)

投稿者 munekata : Permalink

2012年3月27日

大島保克さんにインタビュー取材

 4月18日に「島渡る〜Across the Islands〜」をリリースする大島保克さんに渋谷のビクターエンタテインメントでインタビュー取材。記事は「MUSIC MAGAZINE」に掲載される予定です。



島渡る~Across the Islands~

投稿者 munekata : Permalink

2012年3月23日

Rooftop「短期連載『アイドル戦国時代って?』 [2]宗像明将編」

 3月31日に新宿ロフトプラスワンで開催される「2011年度末総決算『解題・アイドル戦国時代』〜10年代のアイドル論壇ここに始めます〜」に向けて、ロフトプロジェクトの公式サイト・Rooftopに「短期連載『アイドル戦国時代って?』 [2]宗像明将編」が掲載されました。

 よろしくお願いします。


映画秘宝EX激動!アイドル10年史 (洋泉社MOOK)

投稿者 munekata : Permalink

2012年3月22日

「MUSIC MAGZINE」4月号

 「MUSIC MAGZINE」4月号では、菊地成孔特集で菊地成孔名義のサウンドトラック、共演作など9枚を解説しているほか、坂田明&ちかもらち「ちかもらち空を飛ぶ!」と志人「Zymolytic Human〜発酵人間〜」のアルバム評を執筆しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2012年 04月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2012年3月21日

「映画秘宝EX 激動!アイドル10年史」

 洋泉社から発売されたムック「映画秘宝EX 激動!アイドル10年史」では、toutou、Chu!☆Lips、BiSについて執筆しているほか、「アイドルたちの2012」、10年間の総括「アイドル50年、戦国時代は本当にあったのか?」(僕に書かせてくれる編集さんの心意気にこちらが驚きました)、「2012年注目のアイドル」も執筆しています。


映画秘宝EX激動!アイドル10年史 (洋泉社MOOK)

投稿者 munekata : Permalink

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第38回はKGY40Jr.です

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第38回では、「アイドルシーンへ奇襲した鎌ケ谷からの伏兵! KGY40Jr『「コスプレイヤー』」と題して、KGY40Jr.「コスプレイヤー」を紹介しています。

 よろしくお願いします。


淡路島 玉ねぎ皮茶約1ヶ月分(2パック) 淡路島産 玉葱の皮に多く含まれる成分、ケルセチンが、脂肪のつきにくい体にしてくれます。肌荒れ、ニキビ、むくみにも!!

投稿者 munekata : Permalink

2012年3月15日

「レコード・コレクターズ」4月号

 「レコード・コレクターズ」4月号では、オムニバス「Kosher Nostra」とa harvest garden「昨日よりも若く」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2012年 04月号

投稿者 munekata : Permalink

2012年2月29日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第37回はNegiccoです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第37回では、「なんと足掛け10年分! Negiccoが新潟から届けた名曲集『Negicco 2003〜2012 -BEST-』」と題して、Negicco「Negicco 2003〜2012 -BEST-」を紹介しています。

 よろしくお願いします。


Negicco 2003~2012 -BEST-

投稿者 munekata : Permalink

2012年2月23日

「MUSIC MAGAZINE」3月号

 「MUSIC MAGAZINE」3月号では、大西ユカリ「直撃!韓流婦人拳(日本盤)」「直撃!韓流婦人拳(韓国盤)」のアルバム評、クロス・レヴュー、キウイとパパイヤ、マンゴーズ×サカキマンゴーのライヴ評を担当しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2012年 03月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2012年2月16日

「レコード・コレクターズ」3月号

 「レコード・コレクターズ」3月号では、Tom Ze「Grande Liquidacao」とOzel Turkbas「Alla Turca」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2012年 03月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2012年1月16日

「レコード・コレクターズ」2月号

 「レコード・コレクターズ」2月号では、Guelewar「Halleli N'Dakarou(ダカールの子供たち)」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2012年 02月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2011年12月28日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第36回は2011年ベスト10です

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第36回では、「『アイドル戦国時代』なんて勝手にやってろ!! 2011年アイドルポップスベスト10!!」と題して、恒例(まだ2度目ですが)の年間ベスト10を選出しています。

 よろしくお願いします。


サイゾー 2012年 01月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2011年12月27日

「スーパー写真塾」2月号

 「スーパー写真塾」2月号の「童貞新聞」というコーナーで、アイドルのヲタと現場について(アイドルについてではない)僕が受けたインタビューが1ページ掲載されています。前号に続く後半です。今回も僕は写真で、正装としてtoutou Tシャツを着用しています。


スーパー写真塾 2012年 02月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2011年12月25日

「MUSIC MAGAZINE」1月号

 「MUSIC MAGAZINE」1月号では、大貫妙子「TAEKO ONUKI WORKS 1983-2011 CM / TV Music Collection」とソウル・フラワー・ユニオン「キセキの渚」のアルバム評、宮入恭平、佐藤生実「ライブシーンよ、どこへいく〜ライブカルチャーとポピュラー音楽」の書評を執筆しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2012年 01月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2011年12月24日

「レコード・コレクターズ」1月号

 「レコード・コレクターズ」1月号では、オムニバス「KING ソングス of ニューウェイヴ」「初音ミク sings ニューウェイヴ」「Happy Holidays!〜CITY POPS COVERS〜」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2012年 01月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2011年12月22日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第35回はBiSです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第35回では、「『アイドル』という修羅の道を進むBiSの生きざまが刻まれた『primal.』」と題して、BiS「primal.」を紹介しています。アイドルという修羅、あるいはヲタがアイドルを愛することの原罪について。

 よろしくお願いします。


primal.(初回限定盤)(DVD付)

primal.

投稿者 munekata : Permalink

2011年12月 3日

「アーバンギャルになるつもりじゃなかった」vol.1

 アーバンギャルド同人誌「アーバンギャルになるつもりじゃなかった」vol.1の高円寺マッチングモールでの発売記念イベントから妻が帰宅して、現物を手にしました。企画・発行のタナカカオリさん、編集のNEGI、おつかれさまでした!


「アーバンギャルになるつもりじゃなかった」vol.1

投稿者 munekata : Permalink

2011年11月29日

「週刊SPA!」12/6号

 「週刊SPA!」12/6号では、僕とあがた森魚さんがムーンライダーズについて2ページ見開きで話しています。


「週刊SPA!」12/6号

投稿者 munekata : Permalink

2011年11月24日

アーバンギャルドニュースレター

 ユニバーサルJから発行されるアーバンギャルドのメールマガジン「アーバンギャルドニュースレター」で「アーバンギャルドのディストピア2011」のライヴレポートを執筆しています。


メンタルヘルズ(初回限定盤)(DVD付)

メンタルヘルズ

投稿者 munekata : Permalink

2011年11月23日

「スーパー写真塾」1月号

 「スーパー写真塾」1月号の「童貞新聞」というコーナーで、アイドルのヲタと現場について(アイドルについてではない)僕が受けたインタビューが1ページ掲載されています。これは前半なので、後半は次号に掲載。僕は写真で、正装としてtoutou Tシャツを着用しています。


スーパー写真塾 2012年 01月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2011年11月22日

「MUSIC MAGAZINE」12月号

 「MUSIC MAGAZINE」12月号では、カーネーションのインタビュー記事、Perfume「JPN」のアルバム評、Asa & Teteのライヴ評を担当しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2011年 12月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2011年11月16日

「レコード・コレクターズ」12月号

 「レコード・コレクターズ」12月号では、ソウル・フラワー・ユニオン「SOUL FLOWER BOX 1993-1999」と里国隆「WANDERING SHADOW OF SOUTHERN STREETS: Blind Itinerant Musician from Amami Island(奄美の黒声)」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2011年 12月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2011年11月10日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第34回はtengal6です

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第34回では、「『アイドルとしてのヒップホップ』を突き詰めたパーティー・チューン! tengal6『プチャヘンザ!』」と題して、tengal6「プチャヘンザ!」を紹介しています。

 よろしくお願いします。


プチャヘンザ!(紙ジャケット仕様)(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2011年11月 2日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第33回はLinQです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第33回では、「福岡の地元産業密着型アイドルは全国で成功できるか!? LinQ『ハジメマシテ』」と題してLinQ「ハジメマシテ」を紹介しています。

 よろしくお願いします。


ハジメマシテ

投稿者 munekata : Permalink

2011年10月28日

アーバンギャルド ニュースレター

 アーバンギャルドのメールマガジン「アーバンギャルド ニュースレター」で、「入荷日&発売日、巨大キューピー渋谷にあらあわる!」のレポートを執筆しました。



メンタルヘルズ(初回限定盤)(DVD付)

メンタルヘルズ

投稿者 munekata : Permalink

2011年10月25日

カーネーションにインタビュー取材

 11月16日に「UTOPIA」をリリースするカーネーションの直枝政広さんに渋谷Pヴァインでインタビュー取材。この記事は次号の「MUSIC MAGAZINE」に掲載される予定です。


UTOPIA

投稿者 munekata : Permalink

2011年10月21日

「MUSIC MAGAZINE」11月号

 「MUSIC MAGAZINE」11月号では、青山陽一「Blues For Tomato」のアルバム評、宮内優里のライヴ評を執筆しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2011年 11月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2011年10月18日

BiSのインタビューがメンズサイゾーに掲載されました

 BiSのインタビュー「ワンマンライブ失敗で解散フラグ? 全裸PVでも話題のBiS再臨!!」がメンズサイゾーに掲載されました。タワーレコード限定シングル「nerve」発売、リキッドルームチケット一般発売に合わせての公開です。撮りおろしの写真の撮影は前回と同じく川しまゆうこさん。

 なお、担当は別の方ですが「サイゾー」本誌にもBiSが1ページ登場しています。BiSとサイゾーの親和性は異常。


サイゾー 2011年 11月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2011年10月17日

たむらぱんさんにインタビュー取材

 たむらぱんさんにソニー六番町ビルのアリオラでインタビュー取材。これはオフィシャル資料向けの取材でした。


しんぱい【初回盤】

投稿者 munekata : Permalink

2011年10月14日

「レコード・コレクターズ」11月号

 「レコード・コレクターズ」11月号では、CHICANO BATMAN「CHICANO BATMAN」、PINK「ゴールデン☆ベスト ULTIMATE」、ZABADAK「ゴールデン☆ベスト」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2011年 11月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2011年10月12日

「MARQUEE」Vol.87

 「MARQUEE」Vol.87では、アーバンギャルドの浜崎容子さんと松永天馬さんへのインタビュー記事、さよならポニーテールのクロスレヴューを担当しています。


MARQUEE Vol.87 マーキー87号

投稿者 munekata : Permalink

2011年10月11日

BiSの皆さんにインタビュー取材

 BiSの皆さんにサイゾー編集部で2回目のインタビュー取材。この記事はメンズサイゾーに掲載される予定です。


My Ixxx

投稿者 munekata : Permalink

2011年10月 7日

アーバンギャルド ニュースレター

 アーバンギャルドのメールマガジン「アーバンギャルド ニュースレター」で、9月28日の戸川純×アーバンギャルドのライヴレポートを執筆しました。

 原文とほぼ同じものが「Excite ArtistMall : 9月に戸川純と2マンを行なった、現代日本の病理をギリギリで表現するアーバンギャルドがアルバムを発売」にも掲載されています。


メンタルヘルズ(初回限定盤)(DVD付)

メンタルヘルズ

投稿者 munekata : Permalink

2011年9月20日

「MUSIC MAGAZINE」10月号

 「MUSIC MAGAZINE」10月号では、安全地帯「安全地帯 Ⅻ」、オムニバス「ローオン歌謡列伝II」のアルバム評を執筆しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2011年 10月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

アーバンギャルドにインタビュー取材

 アーバンギャルドの浜崎容子さんと松永天馬さんにユニバーサルでインタビュー取材。記事は「MARQEE」に掲載される予定です。


メンタルヘルズ(初回限定盤)(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2011年9月14日

「レコード・コレクターズ」10月号

 「レコード・コレクターズ」10月号では、「FADO Always! Yesterday, Today and Tomorrow(ファドよ永遠に!〜ファドの過去、現在、そして未来)」のアルバム評を執筆しています。CD4枚組。


レコード・コレクターズ 2011年 10月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2011年8月28日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第32回はTomato n'Pineです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第32回では、「『アイドルっぽい音』から大胆に逸脱していくTomato n'Pine『なないろ☆ナミダ』」と題してTomato n'Pine「なないろ☆ナミダ」を紹介しています。

 よろしくお願いします。


なないろ☆ナミダ(初回生産限定盤)(DVD付)

なないろ☆ナミダ

なないろ☆ナミダ(期間生産限定盤)(アニメ盤)

投稿者 munekata : Permalink

2011年8月22日

「MUSIC MAGAZINE」9月号

 「MUSIC MAGAZINE」9月号では、fennesz+sakamotoの「TUNE IN!」、神聖かまってちゃん「8月32日へ」のアルバム評、アーバンギャルドのライヴ評、口琴の用語解説を執筆しています。

 そして、最後の中村とうようさんの「とうようズ・トーク」。あの軽妙な文章から、新しいマンションを買ったときの恐ろしい感想への展開に震撼しました。終盤は飄々としすぎていて、逆に深い闇を感じるほどです。ともあれ、文筆家としての中村とうようの最期、しかと見届けました。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2011年 09月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2011年8月15日

「レコード・コレクターズ」9月号

 「レコード・コレクターズ」9月号では、YELLOW MAGIC ORCHESTRA「YMO」、二階堂和美「にじみ」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2011年 09月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2011年8月14日

「MC ミューズクリップ」8月25日号

 「MC ミューズクリップ」8月25日号では、渡り廊下走り隊7の「へたっぴウィンク」の記事を執筆しています。


「MC ミューズクリップ」8月25日号

投稿者 munekata : Permalink

2011年8月12日

アーバンギャルドの配信用公式ライヴレポート

 ユニバーサルJさんにアーバンギャルドの配信用公式ライヴレポートを執筆しました。「夏フェスに対抗し『鬱フェス』開催!?8月10日・11日の二日間、超満員で盛り上がった異色バンド、アーバンギャルドの夏」が原文です。


スカート革命

投稿者 munekata : Permalink

2011年8月10日

「MARQUEE」Vol.86 

 「MARQUEE」Vol.86では、アーバンギャルドのインタビュー記事を担当しています。


MARQUEE Vol.86  マーキー 86号

投稿者 munekata : Permalink

2011年8月 4日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第31回はBiSです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第31回では、「暴走するアイドル・BiSが圧倒的なサウンド・プロダクションとともに届ける傑作『My Ixxx』!」と題してBiS「My Ixxx」を紹介しています。

 よろしくお願いします。


My Ixxx

投稿者 munekata : Permalink

2011年7月26日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第30回はtengal6です

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第30回では、「ヘタウマラップがクセになる『清純派ヒップホップアイドル』tengal6」と題してtengal6「まちがう」を紹介しています。

 よろしくお願いします。


まちがう

投稿者 munekata : Permalink

2011年7月20日

「MUSIC MAGAZINE」8月号

 「MUSIC MAGAZINE」8月号では、南波志帆のインタビュー記事、AKB48の「AKBがいっぱい」「ここにいたこと」評を担当しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2011年 08月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

「レコード・コレクターズ」8月号

 「レコード・コレクターズ」8月号では、Amalia Rodrigues「Amalia no olympia(オランピアのアマリア・ロドリゲス)」、Joxe Ripiau「Bizitza Triste Eta Ederra(悲しくも美しきこの世界)」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2011年 08月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

「MC ミューズクリップ」7月10日号、7月25日号

 「MC ミューズクリップ」7月10日号では前田敦子「Flower」、7月25日号ではNot yet「波乗りかき氷」の記事を執筆しています。


「MC ミューズクリップ」7月10日号

「MC ミューズクリップ」7月25日号

投稿者 munekata : Permalink

2011年7月 5日

アーバンギャルドにインタビュー取材

 アーバンギャルドの浜崎容子さん、松永天馬さんに青山のユニバーサルでインタビュー取材。記事は「MARQUEE」に掲載される予定です。


スカート革命

投稿者 munekata : Permalink

2011年6月24日

南波志帆さんにインタビュー取材

 7月20日に「水色ジェネレーション」をリリースする南波志帆さんに、虎ノ門のポニーキャニオンでインタビュー取材。記事は「MUSIC MAGAZINE」に掲載される予定です。


水色ジェネレーション

投稿者 munekata : Permalink

2011年6月21日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第29回はSaori@destinyです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第29回では、「まるでシャーマン!! ファンに"熱"をもたらすSaori@destinyの魔力」と題してSaori@destiny「Domestic domain」を紹介しています。

 よろしくお願いします。


Domestic domain

投稿者 munekata : Permalink

「GIRL POP」2011 Summer

 「GIRL POP」2011 Summerでは、「GIRL POP 2011 Summer CATALOG」を執筆しています。


GIRL POP 2011 Summer(表紙・裏表紙 前田敦子) (ソニー・マガジンズ アネックス)

投稿者 munekata : Permalink

「MUSIC MAGAZINE」7月号

 「MUSIC MAGAZINE」7月号では、YMO特集でアルバム解説と松武秀樹のインタビュー、Lady Gaga「Born This Way」とMassilia Sound System「Live E Libertat」のアルバム評、Lampのライヴ評を担当しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2011年 07月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2011年6月16日

「レコード・コレクターズ」7月号

 「レコード・コレクターズ」7月号では、ノーナ・リーヴス「"CHOICE" by NONA REEVES」のアルバム評を執筆しています。

 キャンディーズ特集では、中村とうようさんがラスト・コンサートを見た話を執筆しているのに驚きました。DVDでしか見たことのない世代としてうらやましいです。


レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2011年6月 2日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第28回は東京女子流*です

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第28回では「ダウナー映像をも使いアグレッシヴな美意識を打ち出す! アイドル戦国時代を彩り始めた『東京女子流*』」と題して、東京女子流*「鼓動の秘密」(→amazon.co.jp)を紹介しています。

 よろしくお願いします。


鼓動の秘密(DVD付)

鼓動の秘密

鼓動の秘密(初回限定盤)

投稿者 munekata : Permalink

2011年5月30日

松武秀樹さんにインタビュー取材

 5月18日に「RMXLOGIX」(→amazon.co.jp)をリリースしたLOGIC SYSTEMの松武秀樹さんに目黒のミュージックエアポートでインタビュー取材。記事は「MUSIC MAGAZINE」に掲載される予定です。


RMXLOGIX(with special tracks)

投稿者 munekata : Permalink

2011年5月29日

spoon+@FM西東京

 spoon+のFM西東京の番組収録のため、MCとして出演してきました。自分がMCの立場で2本分とるとなかなか疲れますね……。


spoon+@FM西東京


birth

投稿者 munekata : Permalink

2011年5月24日

「MUSIC MAGAZINE」6月号

 「MUSIC MAGAZINE」6月号(→amazon.co.jp)では、小西康陽特集でのピチカート・ファイヴのオリジナル・アルバム以外の作品紹介、KOKIAのインタビュー記事、前園直樹グループ「遠くへ。 前園直樹グループ第二集。」とSPENCER「SPENCER」(→amazon.co.jp)のアルバム評を担当しています。

 小西康陽特集では、ピチカート・ファイヴのソニー時代のオリジナル・アルバムの当時のジャケットも提供しました。型番が大きくジャケットにプリントされるデザインの多かったピチカート・ファイヴらしいニーズです。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2011年 06月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2011年5月22日

「レコード・コレクターズ」6月号

 「レコード・コレクターズ」6月号(→amazon.co.jp)では、キノコホテル「マリアンヌの恍惚」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2011年 06月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2011年5月19日

BiSのインタビューがメンズサイゾーに掲載されました

 BiSのインタビュー「アイドルの定義なんて彼女たちには無意味? BiS(新生アイドル研究会)インタビュー」がメンズサイゾーに掲載されました。撮り下ろしの写真とサイン入りCDプレゼントもあります。


Brand-new idol Society

投稿者 munekata : Permalink

2011年5月14日

BiSの皆さんにインタビュー取材

 BiSの皆さんにサイゾー編集部でインタビュー取材。メンズサイゾーに掲載予定で、5月21日の下北沢シェルターまでに記事を公開することを目指します。


Brand-new idol Society

投稿者 munekata : Permalink

2011年5月11日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第27回はさくら学院です

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第27回では「学校生活と部活動をテーマに音楽ジャンルを網羅する! 成長期限定アイドルユニット さくら学院」と題して、さくら学院「さくら学院 2010年度 〜message〜」(→amazon.co.jp)を紹介しています。

 よろしくお願いします。


1st Album 「さくら学院 2010年度 〜message〜」初回盤「さ」盤

1st Album 「さくら学院 2010年度 〜message〜」初回盤「く」盤

1st Album 「さくら学院 2010年度 〜message〜」初回盤「ら」盤

1st Album 「さくら学院 2010年度 〜message〜」通常盤

投稿者 munekata : Permalink

2011年5月 6日

Lamp@渋谷DUO Music Exchange

 Lampのライヴのために渋谷DUO Music Exchangeへ。ライヴ評は「MUSIC MAGAZINE」に執筆する予定です。


東京ユウトピア通信

投稿者 munekata : Permalink

2011年4月27日

KOKIAさんにインタビュー取材

 表参道のビクターエンタテインメントで、5月18日に「moment」をリリースするKOKIAさんにインタビュー取材。記事は「MUSIC MAGAZINE」に掲載される予定です。


moment with THE SECRET OF A moment~「moment」の作り方~(初回限定盤)(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2011年4月25日

「MUSIC MAGAZINE」5月号

 「MUSIC MAGAZINE」5月号では、OKI DUB AINU BAND「ヒマラヤン・ダブ」とムーンライダーズ「カメラ=万年筆スペシャル・エディション」のアルバム評、井上貴子編著「音楽文化の現在4:アジアのポピュラー音楽〜グローバルとローカルの相克」の書評を執筆しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2011年 05月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2011年4月17日

「レコード・コレクターズ」5月号

 「レコード・コレクターズ」5月号では、Joao Gilberto「O Amor O Sorriso E a Flor(愛と微笑みと花)」とMaria Tanase「Ciuleandra(ルーマニア歌謡の伝説 第2集)」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2011年 05月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2011年4月12日

「MARQUEE」vol.84

 「MARQUEE」vol.84では、「電波女と青春男」の新房昭之監督と、主題歌「Os-宇宙人」を大亀あすかとのコラボレーションで制作した神聖かまってちゃんのみさこさんとの対談の司会進行を担当しています。


MARQUEE vol.84

投稿者 munekata : Permalink

2011年4月 2日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第26回はBiSです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第26回では「新しいアイドル社会の誕生宣言!? BiS『Brand-new idol Society』」と題して、BiS「Brand-new idol Society」(→amazon.co.jp)を紹介しています。

 よろしくお願いします。


Brand-new idol Society

投稿者 munekata : Permalink

2011年4月 1日

フレディー「SAKURA」

 演歌+ソウル=エンソウルのフレディーの「SAKURA」のビデオ・クリップが4月に合わせて届きました。日本的情緒をこれほど美しく表現してしまう彼のセンスに改めて感服。



マイ・ワールド・マイ・ミュージック~愛しいの神戸

投稿者 munekata : Permalink

2011年3月23日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第25回は番外編です

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第25回は、編集部のリクエストによる番外編です。「歌舞音曲『自粛ムード』が漂う中、今こそ見たい"元気の出る"アイドル動画」と題して、3月から4月に発売されるアイドルのCDのビデオ・クリップなどを紹介しています。

 よろしくお願いします。

ミライボウル(初回限定盤A)(DVD付)

旅立ちトランスファー(初回生産限定盤)(DVD付)

Brand-new idol Society

1st Album 「さくら学院 2010年度 〜message〜」初回盤「さ」盤

少女飛行

鼓動の秘密(DVD付)

涙のパン工場「コンセル・カマタ」~SINGLE VERSION~

投稿者 munekata : Permalink

2011年3月22日

「MC ミューズクリップ」4月10日号

 「MC ミューズクリップ」4月10日号では、Hundred Percent Free「JET!JET!!JET!!!」の記事を執筆しています。


「MC ミューズクリップ」4月10日号

投稿者 munekata : Permalink

2011年3月21日

新房昭之監督×神聖かまってちゃんのみさこさんの対談の司会進行

 新房昭之監督×神聖かまってちゃんのみさこさんの対談の司会進行。4月から放送予定の新房監督によるアニメ「電波女と青春男」のオープニングは、神聖かまってちゃん×大亀あすかによる「エリオをかまってちゃん」が歌う「Os-宇宙人」です。対談は「MARQUEE」に掲載される予定。


Os-宇宙人

投稿者 munekata : Permalink

2011年3月20日

「MUSIC MAGAZINE」4月号

 「MUSIC MAGAZINE」4月号では、冨田恵一さんのインタビュー、レ・フレール「ピアノ・スパシアル」とモーモールルギャバン「BeVeci Calopueno」のアルバム評、「マレウレウ祭り」のライヴ評を担当しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2011年 04月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2011年3月16日

「レコード・コレクターズ」4月号

 「レコード・コレクターズ」4月号では、山口洋、 細海魚「SPEECHLESS」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2011年 04月号

投稿者 munekata : Permalink

2011年3月 8日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第24回はStarmarieです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第24回では「白々しい泣き歌が溢れるJ-POP界にStarmarieが真の悲壮感を叩き込む!」と題して、Starmarie「ファンタジーワールド」(→amazon.co.jp)を紹介しています。

 よろしくお願いします。

投稿者 munekata : Permalink

2011年2月28日

冨田恵一さんにインタビュー取材

 「冨田恵一 WORKS BEST〜beautiful songs to remember〜」をリリースする冨田恵一さんに、ソニーミュージックアーティストでインタビュー取材。記事は「MUSIC MAGAZINE」に掲載される予定です。


冨田恵一 WORKS BEST~beautiful songs to remember~

冨田恵一 WORKS BEST~beautiful songs to remember~

投稿者 munekata : Permalink

2011年2月 2日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第23回は板野友美です

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第23回では「『アイドル戦国時代』終了!! 板野友美『Dear J』を16万枚売り上げるAKB48リリースラッシュの裏側」と題して、板野友美「Dear J」(→amazon.co.jp)を紹介しています。

 よろしくお願いします。


【特典生写真付き】Dear J(Type-A)(DVD付)[1月11日以降のご注文は通常仕様 抽選券/封入生写真なし]

【特典生写真付き】Dear J(Type-B)(DVD付)[初回仕様 抽選券/封入生写真付き]

【特典生写真付き】Dear J(Type-C)(DVD付)[初回仕様 抽選券/封入生写真付き]

投稿者 munekata : Permalink

2011年1月25日

「MC ミューズクリップ」2月10日号

 「MC ミューズクリップ」2月10日号では、Hundred Percent Freeの記事を担当しています。


「MC ミューズクリップ」2月10日号

投稿者 munekata : Permalink

2011年1月21日

「MUSIC MAGAZINE」2月号

 「MUSIC MAGAZINE」2月号(→amazon.co.jp)では、佐野元春特集、坂本真綾インタビュー、ランダム・ノート、安全地帯「安全地帯 “完全復活” コンサートツアー2010 Special at 日本武道館〜Start & Hits〜『またね…。』」(→amazon.co.jp)とフレディー「マイ・ワールド・マイ・ミュージック〜愛しいの神戸」(→amazon.co.jp)のレヴュー、クロス・レヴューで記事を担当しました。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2011年 02月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2011年1月16日

「レコード・コレクターズ」2月号

 「レコード・コレクターズ」2月号(→amazon.co.jp)では、直枝政広「HOPKINS CREEK 10th Anniversary Deluxe Edition」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2011年 02月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2011年1月 7日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第22回はCutie Paiです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第22回では「死ぬまで見守れる稀有なアイドル・Cutie Pai」と題して、Cutie Pai「お人形と魔法のレストラン」(→amazon.co.jp)を紹介しています。

 よろしくお願いします。



お人形と魔法のレストラン

投稿者 munekata : Permalink

2010年12月29日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第21回は2010年のアイドル・シーン総括です

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第21回では「アイドル戦国時代とは何だったのか? 2010アイドル音楽シーン総括評」と題して、2010年のアイドル・シーンを総括し、作品のベスト10を選出しました。

 よろしくお願いします。

投稿者 munekata : Permalink

2010年12月24日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第20回はぱすぽ☆です

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第20回では「"救済"を求めるアイドルヲタ......ぱすぽ☆周辺のアツすぎる上昇気流」と題して、ぱすぽ☆「TAKE☆OFF」(→amazon.co.jp)を取りあげました。

 よろしくお願いします。


TAKE☆OFF

TAKE☆OFF

投稿者 munekata : Permalink

2010年12月20日

「MUSIC MAGAZINE」1月号

 「MUSIC MAGAZINE」1月号(→amazon.co.jp)では、柳原陽一郎「DREAMER’S HIGH」(→amazon.co.jp)、Kila「Once Upon a Time...」(→amazon.co.jp)「Soisin〜素心」(→amazon.co.jp)のCD、DVD評、「DE LA FANTASIA 2010」のライヴ評を執筆しています。


MUSIC MAGAZINE ( ミュージックマガジン ) 2011年 1月号

投稿者 munekata : Permalink

2010年12月16日

「レコード・コレクターズ」1月号

 「レコード・コレクターズ」1月号(→amazon.co.jp)では、サエキけんぞう & Boogie the マッハモータース「21世紀さん sings ハルメンズ」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2011年 1月号

投稿者 munekata : Permalink

2010年12月14日

「MARQUEE」Vol.82

 「MARQUEE」Vol.82(→amazon.co.jp)では、神聖かまってちゃんのmonno+みさこ+ちばぎんのインタビュー記事、BEAT CRUSADERS「LOST CRUSADERS」(→amazon.co.jp)とamazarashi「ワンルーム叙事詩」(→amazon.co.jp)のクロス・レヴューを担当しています。


MARQUEE vol.82   マーキー82号

投稿者 munekata : Permalink

「MC ミューズクリップ」12月25日号

 「MC ミューズクリップ」12月25日号では、たむらぱんのインタビュー記事を担当しています。


101214a.jpg

投稿者 munekata : Permalink

2010年12月10日

坂本真綾さんにインタビュー取材

 2011年1月12日に「You can't catch me」(→amazon.co.jp)をリリースする坂本真綾さんにビクター青山ビルでインタビュー取材。記事は来年1月発売(次の次の号)の「MUSIC MAGAZINE」に掲載される予定です。


You can’t catch me(初回限定盤)

投稿者 munekata : Permalink

2010年12月 2日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第19回はKARAです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第19回では、「右傾化する日本社会でK-POPはどう受容されていくか KARA『ガールズトーク』」と題して、KARA「ガールズトーク」(→amazon.co.jp)を取りあげました。

 よろしくお願いします。


ガールズトーク(初回盤A)(DVD付)

ガールズトーク(初回盤B)(フォトブック付)

ガールズトーク(初回盤C)(ボーナストラック収録)

ガールズトーク

投稿者 munekata : Permalink

2010年11月30日

「W100 LIVEアイドル」

 サエキけんぞうさんのプロデュースによる「W100 LIVEアイドル」→amazon.co.jp)に「LIVEアイドル論」を執筆しました。アイドルたちへのアンケート、サエキけんぞうさんや冨田明宏さんなどの評論がまとめられたムックです。


W100 LIVEアイドル (シンコー・ミュージックMOOK)

投稿者 munekata : Permalink

2010年11月26日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第18回はSKE48です

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第18回では、「これぞ鉄板! 完成度抜群、SKE48のアイドル×ソウル『1!2!3!4! ヨロシク!』」と題して、SKE48「1!2!3!4! ヨロシク!」(→amazon.co.jp)を取りあげました。

 よろしくお願いします。


1!2!3!4! ヨロシク!(typeA)

1!2!3!4! ヨロシク!(typeB)

投稿者 munekata : Permalink

2010年11月19日

ソウル・フラワー・ユニオン「キャンプ・パンゲア」特設サイトにコメントを贈りました

 12月15日に発売されるソウル・フラワー・ユニオンのニュー・アルバム「キャンプ・パンゲア」(→amazon.co.jp)の特設サイトにコメントを贈りました。


 「キャンプ・パンゲア」の楽曲たちは軽やか、そして穏やかだ。お囃子、ファンク、カリブ、トラッド、ジャズなどをミクスチャーした、ロックンロールにして大衆歌謡でもある稀有な音楽。思想と音楽がナチュラルに結晶した「ダンスは機会均等」はそうした楽曲の代表格だ。
 近年のソウル・フラワー・ユニオンは、喜怒哀楽にユーモアをまじえて「うた」の説得力が増し、さらに深い味わいを感じさせるようになった。銃ではなく楽器を手にして理想を目指す苦難をソウル・フラワー・ユニオンは乗り越え続ける。自分たちの信条を堅持しながらも、人々とともにある音楽。「キャンプ・パンゲア」はそんなアルバムだ。


 そして、ソウル・フラワー・ユニオンの新作がどんなジャケットか一番楽しみにしてたのはこの僕です! いつもより大きな画像貼りますよ!


キャンプ・パンゲア

投稿者 munekata : Permalink

2010年11月18日

「MUSIC MAGAZINE」12月号

 「MUSIC MAGAZINE」12月号(→amazon.co.jp)では、たむらぱんのインタビュー記事と、Nancy Ajram「7」(→amazon.co.jp)のアルバム評を担当しています。

 なお、今月号の中村とうようさんの「とうようズトーク」で、彼が株式会社ミュージック・マガジンの会長職を退いたと記しているのには衝撃を受けました。中村とうようさんが東長寺で墓を買い、かつてそこで若松若太夫の公演を見たことも書かれていますが、その際に受付をしたのは若き日の僕でした。


MUSIC MAGAZINE ( ミュージックマガジン ) 2010年 12月号


投稿者 munekata : Permalink

2010年11月16日

「レコード・コレクターズ」12月号

 「レコード・コレクターズ」12月号(→amazon.co.jp)では、岡大介、小林寛明「かんからそんぐII 詩人・有馬敲をうたう」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2010年 12月号

投稿者 munekata : Permalink

2010年11月12日

神聖かまってちゃんの皆さんにインタビュー取材

 12月22日に「つまんね」(→amazon.co.jp)「みんな死ね」(→amazon.co.jp)を2枚同時にリリースする神聖かまってちゃんのちばぎんさん、みさこさん、monoさんにワーナミュージック・ジャパンでインタビュー取材。次号の「MARQUEE」に掲載される予定です。


つまんね

みんな死ね

投稿者 munekata : Permalink

2010年11月 4日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第17回はAKB48(のPV)です

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第17回では、「AKB48新曲バカ売れの背景――僕らはいつまでアイドルに『陶酔』していられるか」と題して、AKB48「Beginner」(→amazon.co.jp)のビデオ・クリップを取りあげました。

 よろしくお願いします。


Beginner(A)(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2010年11月 1日

たむらぱんさんインタビュー取材

 12月15日に「ナクナイ」(→amazon.co.jp)をリリースするたむらぱんさんにアリオラアーティストでインタビュー取材。次号の「MUSIC MAGAZINE」に掲載される予定です。


ナクナイ(初回限定盤)(DVD付)

ナクナイ

投稿者 munekata : Permalink

2010年10月29日

「サイゾー増刊 タブー破りの本300冊」

 今発売中の「サイゾー増刊 タブー破りの本300冊」(→amazon.co.jp)に、以前私が司会進行と構成を担当した渡部直己さんと小谷野敦さんの対談記事が再録されています。


サイゾー増刊 タブー破りの本300冊 2010年 11月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2010年10月25日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第16回は渡り廊下走り隊です

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第16回では、「やっぱりAKB48は20世紀の延長だった!? 『80年代風アイドル』渡り廊下走り隊」と題して、渡り廊下走り隊「廊下は走るな!」(→amazon.co.jp)を取りあげました。

 よろしくお願いします。


廊下は走るな!(初回盤A)

廊下は走るな!(初回盤B)

廊下は走るな!(通常盤)

投稿者 munekata : Permalink

2010年10月20日

「MUSIC MAGAZINE」11月号

 「MUSIC MAGAZINE」11月号(→amazon.co.jp)では、スピッツ特集での「オーロラになれなかった人のために」のアルバム評、KARA「KARA BEST 2007-2010」(→amazon.co.jp)と高浪慶太郎となんがさき・ふぁいぶ「幕末のラウンジ・ミュージック 龍馬のハナ唄 青盤」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


MUSIC MAGAZINE ( ミュージックマガジン ) 2010年 11月号

投稿者 munekata : Permalink

2010年10月17日

「レコード・コレクターズ」11月号

 「レコード・コレクターズ」11月号(→amazon.co.jp)では、オムニバス「Afro-Beat Airways(アフロビート・エアウェイズ〜ガーナ&トーゴ 1972-1978)」(→amazon.co.jp)とオムニバス「The Rough Guide To Paris Cafe(ラフ・ガイド・トゥ・パリのカフェ・ミュージック)」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2010年 11月号

投稿者 munekata : Permalink

2010年10月13日

「MARQUEE」Vol.81

 「MARQUEE」Vol.81(→amazon.co.jp)では、アーバンギャルド特集「ズタズタになった都市の聖性を、鏡写しに再構成していくアーバンギャルドという装置」で評論を執筆しています。最新作「少女の証明」(→amazon.co.jp)を聴き終えた瞬間から書き始めた原稿です。


MARQUEE vol.81   マーキー81号

少女の証明

投稿者 munekata : Permalink

2010年10月 9日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第15回は小桃音まいです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第15回では、「『○○商法』で結構!! 限定リリース戦法でじりじりチャートを上る小桃音まい」と題して小桃音まい「コズミック☆UNIVERSE」(→amazon.co.jp)を取りあげました。

 よろしくお願いします。

投稿者 munekata : Permalink

2010年9月24日

Julie Watai「はーどうぇあ・がーるず」プレス・関係者イベントのレポート記事が「メンズサイゾー」に掲載されました

 9月18日のJulie Watai「はーどうぇあ・がーるず」(→amazon.co.jp)プレス・関係者イベントのレポート記事「Amazon洋書ランキング1位のグラドルが手掛けたセクシー写真集!!」がメンズサイゾーに掲載されました。

 よろしくお願いします。


『はーどうぇあ・がーるず』 HARDWARE GIRLS

投稿者 munekata : Permalink

2010年9月21日

「MUSIC MAGAZINE」10月号

 「MUSIC MAGAZINE」10月号(→amazon.co.jp)では、紅龍のインタビュー記事、キリンジ特集での「BUOYANCY」のアルバム評、ムーンライダーズ「ARCHIVES SERIES VOL.06 moonriders LIVE at SHIBUYA 2010.3.23“Tokyo7”」(→amazon.co.jp)とSMOD「SMOD」(→amazon.co.jp)のアルバム評、a filettaのライヴ評を担当しています。


MUSIC MAGAZINE ( ミュージックマガジン ) 2010年 10月号

投稿者 munekata : Permalink

2010年9月20日

「レコード・コレクターズ」10月号

 「レコード・コレクターズ」10月号(→amazon.co.jp)では、ATEETA「Chapters」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2010年 10月号

投稿者 munekata : Permalink

2010年9月16日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第14回はbump.yです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第14回では、「99年生まれも!! 国産アイドル・bump.yのもたらす脳内麻薬と安心感」と題してbump.y「voice」(→amazon.co.jp)を取りあげました。

 よろしくお願いします。


voice(初回生産限定盤A)(DVD付)

voice(初回生産限定盤B)(ジャケカード付)

voice

投稿者 munekata : Permalink

2010年9月 8日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第13回はTomato n'Pineです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第13回では、「非武装中立地帯的なアイドル・Tomato n'Pine」と題してTomato n'Pine「キャプテンは君だ!」(→amazon.co.jp)を取りあげました。

 よろしくお願いします。


キャプテンは君だ!(通常版)

RED SCARLET(写真集付)

BLUE SPLASH(写真集付) [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2010年8月27日

紅龍さんにインタビュー取材

 9月22日にソロ・アルバム「バルド」(→amazon.co.jp)をリリースする上々颱風の紅龍さんにM&Iでインタビュー取材。次号の「MUSIC MAGAZINE」に掲載される予定です。


バルド

投稿者 munekata : Permalink

2010年8月21日

「MUSIC MAGAZINE」9月号

 「MUSIC MAGAZINE」9月号(→amazon.co.jp)では、安藤裕子さんのインタビュー、クレイジーケンバンド「MINT CONDITION」(→amazon.co.jp)「HONMOKU MASSIVE」(→amazon.co.jp)評を担当しています。

 この雑誌で読んできた今野雄二さんの連載が、突然終わってしまったことが残念です。ご冥福をお祈りいたします。


MUSIC MAGAZINE ( ミュージックマガジン ) 2010年 09月号

投稿者 munekata : Permalink

2010年8月19日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」番外編はChu!☆Lipsです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」番外編では、「『ヲタがアイドルの活動を支えられるかどうかは、現場を見ればすぐに分かる』Chu!☆Lipsとチュッパーの幸福な関係」と題してChu!☆LipsのライヴDVD「ワケあって結成日から1ヶ月遅れで6周年突入! ワンマンライブだよ全員集合!!」を取りあげました。

 よろしくお願いします。


コンプリート・ベスト 赤盤

投稿者 munekata : Permalink

2010年8月17日

「レコード・コレクターズ」9月号

 「レコード・コレクターズ」9月号(→amazon.co.jp)では、Etoile de Dakar featuring Youssou N'Dour「Once Upon A Time In Senegal - The Birth of Mbalax 1979-1981(ンバラの誕生 1979−1981)」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2010年 09月号

投稿者 munekata : Permalink

2010年8月16日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第12回はアイドリング!!!です

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第12回では、「おニャン子クラブの正当な後継者はAKB48ではない――『アイドル戦国時代』の行く末」と題してアイドリング!!!「プールサイド大作戦」→amazon.co.jp)を取りあげました。「TOKYO IDOL FESTIVAL 2010」の総括も兼ねた内容です。

 よろしくお願いします。


プールサイド大作戦 初回限定盤B

プールサイド大作戦 通常盤

投稿者 munekata : Permalink

2010年7月30日

「NICE IDOL(FAN) MUST PURE!!!」にレコメンド文を書きました

 岡島紳士さんとエリンギさんというふたりのアイドルライターが制作したDVDマガジン「NICE IDOL(FAN) MUST PURE!!!」→amazon.co.jp)。そのDVDを岡島さんからいただき拝見したところいたく感銘を受けたので、「レコメンド文 その1 - NICE IDOL(FAN) MUST PURE!!!」にレコメンド文を書かせていただきました。感銘を受けすぎて、ひとりだけ文章が長いです。


NICE IDOL(FAN) MUST PURE!!! [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2010年7月29日

安藤裕子さんにインタビュー取材

 9月8日にニュー・アルバム「JAPANESE POP」(→amazon.co.jp)をリリースする安藤裕子さんにエイベックスでインタビュー取材。次号の「MUSIC MAGAZINE」に掲載される予定です。


JAPANESE POP

投稿者 munekata : Permalink

2010年7月20日

「MUSIC MAGAZINE」8月号

 「MUSIC MAGAZINE」8月号(→amazon.co.jp)では、菅野よう子のインタビュー記事、CTO LAB.「Okie Dokie!」(→amazon.co.jp)と上妻宏光「十季」(→amazon.co.jp)のアルバム評、La Caravane Passeのライヴ評を担当しています。


「MUSIC MAGAZINE」8月号

投稿者 munekata : Permalink

2010年7月13日

「レコード・コレクターズ」8月号

 「レコード・コレクターズ」8月号(→amazon.co.jp)では、Amalia Rodrigues「no Cafe Lusa(カフェ・ルーゾのアマリア・ロドリゲス)」(→amazon.co.jp)、Salif Keita「The best of Salif Keita The Golden Voice(ベスト・セレクション)」(→amazon.co.jp)、Tony Allen「BLACK VOICES : REVISITED」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」8月号

投稿者 munekata : Permalink

2010年7月 7日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第11回は南波志帆です

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第11回では、「アイドル戦争と一線を画す17歳美少女 そこにユートピアがあった」と題して南波志帆「ごめんね、私。」(→amazon.co.jp)を取りあげました。

 よろしくお願いします。


南波志帆「ごめんね、私。」

投稿者 munekata : Permalink

2010年6月24日

菅野よう子さんにインタビュー取材

 乃木坂のGRAND FUNKで、7月7日に「SURELY SOMEDAY」(→amazon.co.jp)をリリースする菅野よう子さんにインタビュー取材。「MUSIC MAGAZINE」の7月発売号に掲載される予定です。


菅野よう子「SURELY SOMEDAY」

投稿者 munekata : Permalink

2010年6月22日

「MUSIC MAGAZINE」7月号

 「MUSIC MAGAZINE」7月号(→amazon.co.jp)では、特集「ゼロ年代アルバム・ベスト100[邦楽編]」に参加したほか、ウラニーノ「World end Happy end」(→amazon.co.jp)とオムニバス「TOgether SONGS Neo girls 2010」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。

 「ゼロ年代アルバム・ベスト100[邦楽編]」では、沖縄、奄美、アイヌは投票数が少ないことを予想して、自分の上位にブッ込みましたが、自分の1位すらベスト100に入れられなかったのが悔しいです。また、Perfumeのゼロ年代の最高傑作は「Perfume〜Complete Best〜」。これこそが至宝であり、絶対に譲れません。


「MUSIC MAGAZINE」7月号

投稿者 munekata : Permalink

2010年6月15日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第10回はAira Mitsukiです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第10回では、「テクノポップが死んでも......Aira Mitsuki is not Dead!!」と題してAira Mitsuki「6 FORCE」(→amazon.co.jp)を取りあげました。

 よろしくお願いします。


Aira Mitsuki「6 FORCE」(初回限定盤)

Aira Mitsuki「6 FORCE」

投稿者 munekata : Permalink

2010年6月13日

「レコード・コレクターズ」7月号

 「レコード・コレクターズ」7月号(→amazon.co.jp)では、Pjotr Leschenko「1931 Gipsy Songs & Other Passions」(→amazon.co.jp)「1935 Tangos, Foxtrots & Romances」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」7月号

投稿者 munekata : Permalink

2010年5月26日

ソウル・フラワー・ユニオン「死ぬまで生きろ!」の宣伝文を執筆しました

 ソウル・フラワー・ユニオンの6月30日発売のマキシ・シングル「死ぬまで生きろ!」(→amazon.co.jp)の宣伝文を執筆しました。特設ページはこちら

 タイトル曲の「死ぬまで生きろ!」は、ソウル・フラワー・ユニオンの思想と音楽が見事にひとつの実を結んでいる楽曲です。こういう路線でくるとは思わなかったので、完全に意表を突かれました。

 また、字数の関係で触れられなかったのですが、「夏到来」のライブ音源も名演。初めて聴いたときも今も、あのメロディーに「夏到来」という歌詞が乗る瞬間の気持ちよさは変わりません。


ソウル・フラワー・ユニオン「死ぬまで生きろ!」

投稿者 munekata : Permalink

2010年5月25日

「NEO GIRLS FESTIVAL TOgether〜プレミアム〜」のレポート記事が「メンズサイゾー」に掲載されました

 5月18日の「NEO GIRLS FESTIVAL TOgether〜プレミアム〜」のレポート記事「渋谷でヲタ芸が炸裂した熱すぎる夜 "アングラ"アイドルフェス『TOgether』!!」がメンズサイゾーに掲載されました。

 よろしくお願いします。


TOgether SONGS Neo girls 2010

投稿者 munekata : Permalink

2010年5月23日

「MUSIC MAGAZINE」6月号

 「MUSIC MAGAZINE」6月号(→amazon.co.jp)では、特集「ゼロ年代アルバム・ベスト100[洋楽編]」に参加、執筆しています。また、「嘉手苅林昌追善公演 白雲ぬ如に…」(→amazon.co.jp)のDVD評、Markscheider「Utopia」(→amazon.co.jp)のアルバム評を担当しています。


「MUSIC MAGAZINE」6月号

投稿者 munekata : Permalink

2010年5月21日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第9回は東京女子流です

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第9回では、「いよいよエイベックスが本気を出す!! 東京女子流という産業」と題して東京女子流「キラリ☆」(→amazon.co.jp)「おんなじキモチ」(→amazon.co.jp)を取りあげました。

 よろしくお願いします。


東京女子流「キラリ☆」(DVD付)(ジャケットA)

東京女子流「おんなじキモチ」(DVD付)(ジャケットA)

投稿者 munekata : Permalink

2010年5月20日

「レコード・コレクターズ」6月号

 「レコード・コレクターズ」6月号(→amazon.co.jp)では、SALIM HALALI「TRESORS DE LA CHANSON JUDEO-ARABE(ユダヤ・アラブ音楽の至宝 第5集」(→amazon.co.jp)とISSA JUMA & SUPER WANYIKA STARS「WORLD DEFEATS THE GRANDFATHERS(スウィンギング・スワヒリ・ルンバ 1982−1986)」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」6月号

投稿者 munekata : Permalink

2010年5月14日

日刊サイゾーで「TOgether」の紹介記事を書きました

 日刊サイゾーで、5月18日に開催される「TOgether」の紹介記事「モモーイ降臨! サエキけんぞうプロデュースのアイドルフェス『TOgether』」を執筆しました。

 よろしくお願いします。


桃井はるこ「へんじがない、ただのしつれんのようだ。」


投稿者 munekata : Permalink

2010年4月20日

「MUSIC MAGAZINE」5月号

 「MUSIC MAGAZINE」5月号(→amazon.co.jp)では、今堀恒雄さんのインタビュー記事、□□□「クチロロのワンダーランド 2」のDVD評を担当しています。


「MUSIC MAGAZINE」5月号

投稿者 munekata : Permalink

2010年4月13日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第8回はSaori@destinyです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第8回では、「アイドルよ、海を渡れ 変容するSaori@destiny『WORLD WILD 2010』」と題してSaori@destiny「WORLD WILD 2010」→amazon.co.jp)を取りあげました。

 最後の段落の「今年の4月はまだ寒くて春が来てない」はピチカート・ファイヴの「皆笑った」からの引用です。サブカル的にサンプリング。

 よろしくお願いします。

Saori@destiny「WORLD WILD 2010」

投稿者 munekata : Permalink

2010年4月 1日

今堀恒雄さんにインタビュー取材

 ビクター青山ビルで、4月21日に「TRIGUN Badlands Rumble オリジナルサウンドトラック」(→amazon.co.jp)をリリースする今堀恒雄さんにインタビュー取材。記事は次号の「MUSIC MAGAZINE」に掲載される予定です。


今堀恒雄「TRIGUN Badlands Rumble オリジナルサウンドトラック」

投稿者 munekata : Permalink

2010年3月25日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第7回はキャンパスナイターズです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第7回では、「エロくないのにエロく聴こえる!! 聴けば聴くほど頭が悪くなる名曲誕生」と題してキャンパスナイターズ「エロくないのにエロく聴こえる歌 〜しこたまがんばれ!〜」(→amazon.co.jp)を取りあげました。

 よろしくお願いします。


キャンパスナイターズ「エロくないのにエロく聴こえる歌 〜しこたまがんばれ!〜」(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2010年3月24日

「MUSIC MAGAZINE」4月号

 「MUSIC MAGAZINE」4月号(→amazon.co.jp)では、坂本真綾特集でのディスク・ガイド、「チャンドマニ」の映画評、小坂忠「HORO2010」(→amazon.co.jp)のアルバム評、ザ・ラストショウのライヴ評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」4月号

投稿者 munekata : Permalink

2010年3月15日

「レコード・コレクターズ」4月号

 「レコード・コレクターズ」4月号(→amazon.co.jp)では、Damia「シャンソンの悲劇女優」(→amazon.co.jp)、Munadjat Yulchieva & Ensemble Shavkat Mirzaev「The Haunting Voice(ウズベキスタンの魂〜消え去らない歌声)」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」4月号

投稿者 munekata : Permalink

2010年2月23日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第5回はAKB48です

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第6回では、「AKB48『桜の栞』は、秋元康による"20世紀再開"のお知らせだった!?」と題してAKB48「桜の栞」(→amazon.co.jp)を取りあげました。

 よろしくお願いします。

AKB48「桜の栞」(TypeA)(DVD付)

AKB48「桜の栞」(TypeB)(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2010年2月13日

「レコード・コレクターズ」3月号

 「レコード・コレクターズ」3月号(→amazon.co.jp)では、オムニバス「Echoes From Afar - Old World Tangos Vol.1(世界のタンゴ 第1集)」(→amazon.co.jp)とMaria Tanase「Magic Bird - The Early Yeras(ルーマニアの歌姫〜初期録音集)」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」3月号

投稿者 munekata : Permalink

2010年2月 4日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第5回は9nineです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第5回では、「全員かわいい!! 過剰なほど甘酸っぱく、幸福な輝きを放つ『9nine』のイマ」と題して9nine「ヒカリノカゲ」(→amazon.co.jp)を取りあげました。

 よろしくお願いします。


9nine「ヒカリノカゲ」(初回限定盤A)

9nine「ヒカリノカゲ」(初回限定盤B)

投稿者 munekata : Permalink

2010年1月26日

「MUSIC MAGAZINE」2月号

 「MUSIC MAGAZINE」2月号(→amazon.co.jp)では、オトナモードのインタビュー、Toto La Momposina「La Bodega」(→amazon.co.jp)のアルバム評、クロスレヴュー、馬の骨のライヴ評を担当しています。


「MUSIC MAGAZINE」2月号

投稿者 munekata : Permalink

2010年1月20日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第4回は黒木メイサです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第4回では、「黒木メイサ、歌手としての実力は? 女優の余芸を超える"ヤル気満々"新譜の出来」と題して黒木メイサ「ATTITUDE」(→amazon.co.jp)を取りあげました。

 よろしくお願いします。


黒木メイサ「ATTITUDE」(初回生産限定盤)(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2010年1月18日

「レコード・コレクターズ」2月号

 「レコード・コレクターズ」2月号(→amazon.co.jp)では、Orchestre Poly-Rythmo「Echos Hypnotiques(第2集 エコ・イプノティック 1969-1979)」(→amazon.co.jp)、Orchestra Baobab「La Belle Epoque(ラ・ベル・エポック 1971-1978)」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」2月号

投稿者 munekata : Permalink

2009年12月30日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第3回はNeko Jumpです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第3回では、「タイ×ニッポン 文化衝突的逆輸入アイドル・Neko Jump」と題してNeko Jump「Poo / Chuai Mad Noi」(→amazon.co.jp)を取りあげました。

 よろしくお願いします。


Neko Jump「Poo / Chuai Mad Noi」

投稿者 munekata : Permalink

2009年12月28日

オトナモードにインタビュー取材

 2010年1月20日に松本隆トリビュートアルバム「雨の色 風の色」(→amazon.co.jp)をリリースするオトナモードの高橋啓太さんにインタビュー取材。記事は1月発売の「MUSIC MAGAZINE」に掲載される予定です。


オトナモード「雨の色 風の色」

投稿者 munekata : Permalink

2009年12月25日

「MUSIC MAGAZINE」1月号

 「MUSIC MAGAZINE」1月号(→amazon.co.jp)では、安室奈美恵「PAST<FUTURE」(→amazon.co.jp)とRafven「NEXT TIME WE TAKE YOUR INSTRUMENTS! + LIVE IN GOTHENBURG」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」1月号

投稿者 munekata : Permalink

2009年12月16日

「レコード・コレクターズ」1月号

 「レコード・コレクターズ」1月号(→amazon.co.jp)では、Ayuo and Seashell「dna」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」1月号

投稿者 munekata : Permalink

2009年12月 9日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第2回はamU「prism」です

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第2回では、「アイドルが"アイドル"から脱皮するとき amU『prism』 - メンズサイゾー」と題してamU「prism」(→amazon.co.jp)を取りあげました。

 よろしくお願いします。


amU「prism」

投稿者 munekata : Permalink

2009年12月 1日

天野あいさんのインタビュー記事が「メンズサイゾー」に掲載されました

 天野あいさんのインタビュー記事「マルチすぎるアイドル・天野あい降臨! アラーキーにも認められた才能とは - メンズサイゾー」がメンズサイゾーに掲載されました。

 天野あいさんに「MENSサイゾーでインタビュー掲載ちゅう!|天野あいブログ『〜あいタソと不思議な大冒険〜』」でこう書かれるぐらい長いインタビューになっています。


アイドルとしてもアーティストとしても、かなり過去をさかのぼって細かいところまでインタビューされてしまった…w


 よろしくお願いします。


天野あい あいちゃんねる [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2009年11月30日

羊毛とおはなにインタビュー取材

 12月15日にニュー・アルバム「どっちにしようかな」(→amazon.co.jp)をリリースする羊毛とおはなのおふたりに渋谷のLD&Kでインタビュー取材。記事は次号の「MUSIC MAGAZINE」に掲載される予定です。


羊毛とおはな「どっちにしようかな」

投稿者 munekata : Permalink

2009年11月25日

「MUSIC MAGAZINE」12月号

 「MUSIC MAGAZINE」12月号(→amazon.co.jp)では、カーネーション「Velvet Velvet」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」12月号

投稿者 munekata : Permalink

2009年11月21日

「レコード・コレクターズ」12月号

 「レコード・コレクターズ」12月号(→amazon.co.jp)では、ANTONIO "CHOCOLATE" DIAZ MENA「Afrocuban Magic」(→amazon.co.jp)とTITO RODRIGUEZ「Live At Birdland」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」12月号

投稿者 munekata : Permalink

2009年11月17日

天野あいさんにインタビュー取材

 渋谷のサイゾーで天野あいさんにインタビュー取材。「インタビューおわたー|天野あいブログ『〜あいタソと不思議な大冒険〜』」より。


昔の活動内容から現在に至るまで、今まであまり人に話したことないような部分まで話してきました。ふふ…


 というわけで、結果的にいろいろ突っ込んだ内容になったインタビューの公開まで今しばらくお待ちください。


天野あい あいちゃんねる [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2009年11月15日

海猫沢めろん「全滅脳フューチャー!!!」にコメントをしました

 海猫沢めろんの最新刊「全滅脳フューチャー!!!」(→amazon.co.jp)にコメントを贈ったのですが、それが「雑誌『ダ・ヴィンチ』さんゑ | 本人編集部ブログ | 本人」で紹介されています。


海猫沢めろん「全滅脳フューチャー!!!」

投稿者 munekata : Permalink

2009年11月11日

A-bee「A-bee remixes -FACE-」

 A-bee「A-bee remixes -FACE-」(→amazon.co.jp)ではライナーノートを執筆しました。参加しているリミキサーは、Oddity、藤澤志保、metalmouse、★STAR GUiTAR、the samos、そしてA-bee自身です。


A-bee「A-bee remixes -FACE-」

投稿者 munekata : Permalink

2009年10月22日

「MUSIC MAGAZINE」11月号

 「MUSIC MAGAZINE」11月号(→amazon.co.jp)では、MiChiと彼女のプロデューサーである松澤友和へのインタビューを軸にした、シンガーとトラック・メイカーの関係についての記事を執筆しています。Les Triaboliques「Rivermudtwilight」(→amazon.co.jp)とCurly Giraffe「Thank You For Being A Friend」(→amazon.co.jp)のアルバム評も担当。


「MUSIC MAGAZINE」11月号

投稿者 munekata : Permalink

2009年10月21日

「CD Journal」11月号

 「CD Journal」11月号(→amazon.co.jp)では、アニメ音楽特集で「マクロスF」の音楽についての記事と、J-POPとアニソンの関係についての記事を執筆しています。


「CD Journal」11月号

投稿者 munekata : Permalink

2009年10月20日

「レコード・コレクターズ」11月号

 「レコード・コレクターズ」11月号(→amazon.co.jp)では、Lounes Matoub「Une Vie(軌跡 1983-1998)」(→amazon.co.jp)とKeletigui Et Ses Tambourinis「THE SYLIPHONE YEARS」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」11月号

投稿者 munekata : Permalink

2009年10月 1日

「TOgether2 A→B→C」のレポートを「メンズサイゾー」に執筆しました

 9月26日の「TOgether2 A→B→C」のレポート「奇跡の"アングラ"アイドルフェス鴬谷に降臨でヲタ芸師たちが乱れ舞う!! 」メンズサイゾーに執筆しました。編集部に矢田さんが戻ってきたので、久しぶりに「サイゾー」で仕事。


サイゾー 2009年 10月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2009年9月30日

MiChiさんにインタビュー取材

 「UP TO YOU」(→amazon.co.jp)をリリースしたMiChiさんに、ソニーミュージックの乃木坂スタジオでインタビュー取材。記事は次号の「MUSIC MAGAZINE」に掲載されます。


MiChi「UP TO YOU」


投稿者 munekata : Permalink

2009年9月29日

「別冊宝島1653 音楽誌が書かないJポップ批評61 DREAMS COME TRUE 恋愛歌マジック!」

 「別冊宝島1653 音楽誌が書かないJポップ批評61 DREAMS COME TRUE 恋愛歌マジック!」→amazon.co.jp)では、楽曲解説を執筆しています。


「別冊宝島1653 音楽誌が書かないJポップ批評61 DREAMS COME TRUE 恋愛歌マジック!」

投稿者 munekata : Permalink

2009年9月28日

ソウル・フラワー・ユニオン「エグザイル・オン・メイン・ビーチ」にコメントを贈りました

 10月7日発売のソウル・フラワー・ユニオン「エグザイル・オン・メイン・ビーチ」(→amazon.co.jp)にコメントを贈りました。「ソウル・フラワー・ユニオン『エグザイル・オン・メイン・ビーチ』 SPECIAL CONTENTS」に掲載されています。


ソウル・フラワー・ユニオン「エグザイル・オン・メイン・ビーチ」

投稿者 munekata : Permalink

2009年9月25日

松澤友和さんにインタビュー取材

 MiChiのプロデューサーの松澤友和さんに、ソニーミュージックの乃木坂スタジオでインタビュー取材。記事は次号の「MUSIC MAGAZINE」に掲載されます。


MiChi「UP TO YOU」

投稿者 munekata : Permalink

2009年9月21日

「MUSIC MAGAZINE」10月号

 「MUSIC MAGAZINE」10月号(→amazon.co.jp)では、MiChi「UP TO YOU」(→amazon.co.jp)とBassekou Kouyate & Ngoni ba「I speak fula」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」10月号

投稿者 munekata : Permalink

2009年9月15日

「レコード・コレクターズ」10月号

 「レコード・コレクターズ」10月号(→amazon.co.jp)では、HUKWE ZAWOSE「Bagamoyo」(→amazon.co.jp)、オムニバス「Stranded in the USA: Early Songs of Emigration(アメリカ合衆国にたどり着いた〜移民たちの望郷歌)」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2009年 10月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2009年8月20日

「MUSIC MAGAZINE」9月号

 「MUSIC MAGAZINE」9月号(→amazon.co.jp)では、クレイジーケンバンド特集でのアルバム・ガイド、電気グルーヴ「20」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」9月号

投稿者 munekata : Permalink

2009年8月12日

「レコード・コレクターズ」9月号

 「レコード・コレクターズ」9月号(→amazon.co.jp)では、オムニバス「IL ETAIT UNE FOIS LE RAI l'age d'or 1985-1995(黄金時代のライ 1985〜1995)」(→amazon.co.jp)とCheika Remitti「Intemporelle(永遠のシェイハ・レミッティ)」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」9月号

投稿者 munekata : Permalink

2009年7月21日

「MUSIC MAGAZINE」8月号

 「MUSIC MAGAZINE」8月号(→amazon.co.jp)では、特集「Perfume現象は続く」の巻頭言4ページと楽曲ガイドのほか、Amadou & Mariam「The Magic Couple」(→amazon.co.jp)のアルバム評、「LAFORET SOUND MUSEUM 2009」のライヴ評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」8月号


投稿者 munekata : Permalink

2009年6月23日

「MUSIC MAGAZINE」7月号

 「MUSIC MAGAZINE」7月号(→amazon.co.jp)では、菅野よう子特集のアルバム・ガイドのほか、渡辺勝「渡辺勝」(→amazon.co.jp)と松倉如子「パンパラハラッパ」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」7月号

投稿者 munekata : Permalink

2009年6月21日

「別冊宝島1637 音楽誌が書かないJポップ批評60 THE ALFEE 爛熱の35年ヒストリー探訪!」

 「別冊宝島1637 音楽誌が書かないJポップ批評60 THE ALFEE 爛熱の35年ヒストリー探訪!」(→amazon.co.jp)では、エッセイとアルバム・レビューを執筆しています。


「別冊宝島1637 音楽誌が書かないJポップ批評60 THE ALFEE 爛熱の35年ヒストリー探訪!」


投稿者 munekata : Permalink

2009年6月17日

「レコード・コレクターズ」7月号

 「レコード・コレクターズ」7月号(→amazon.co.jp)では、Rail Band「3 Dioba(ジョバ〜黄金時代のレイル・バンド 第3集)」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」7月号

投稿者 munekata : Permalink

2009年4月28日

「井上陽水 FILE FROM 1969」

 FM TOKYO出版から発売された「井上陽水 FILE FROM 1969」(→amazon.co.jp)は、今年デビュー40周年を迎える井上陽水のインタビュー、関係者の証言、ディスコグラフィー、レコード評、ツアースケジュールなどをまとめたアーカイブス本。

 この書籍には、僕が「MUSIC MAGAZINE」に執筆した2002年のアルバム「カシス」についての評論が収録されています。


「井上陽水 FILE FROM 1969」

投稿者 munekata : Permalink

2009年4月21日

「MUSIC MAGAZINE」5月号

 「MUSIC MAGAZINE」5月号(→amazon.co.jp)では、bonobosのインタビュー、Mavis Staples「Live: Hope at the Hideout」(→amazon.co.jp)と豊田道倫「ギター」(→amazon.co.jp)のアルバム評、そしてクロス・レヴューを担当しています。


「MUSIC MAGAZINE」5月号

投稿者 munekata : Permalink

2009年4月16日

「レコード・コレクターズ」5月号

 「レコード・コレクターズ」5月号(→amazon.co.jp)では、Stelios Kazantzidis「Gecikmis Turkce Bir Merhaba!(アナトリアの歌)」(→amazon.co.jp)とドン・マツオ「NEW STONE AGE」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」5月号

投稿者 munekata : Permalink

2009年3月31日

鈴木慶一さんのインタビュー記事がe-daysに掲載されました

 僕がインタビューを担当した鈴木慶一さんの記事「鈴木慶一 × サッカー」e-daysに掲載されました。よろしくお願いいたします。


ムーンライダーズ「MOONRIDERS 1980.10.11 at HIROSHIMA KENSHIN KODO」

投稿者 munekata : Permalink

2009年3月28日

bonobosの皆さんにインタビュー取材

 4月15日に3年ぶりのオリジナル・アルバム「オリハルコン日和」(→amazon.co.jp)を発売するbonobosの皆さんに下北沢でインタビュー取材。記事は次号の「MUSIC MAGAZINE」に掲載される予定です。


bonobos「オリハルコン日和」

投稿者 munekata : Permalink

2009年3月23日

「MUSIC MAGAZINE」4月号

 「MUSIC MAGAZINE」4月号(→amazon.co.jp)では、高橋幸宏のインタビューとディスコグラフィー解説、上々颱風「上々颱風12〜土民の歌〜」(→amazon.co.jp)と黒沢健一「Focus」(→amazon.co.jp)のアルバム評、あがた森魚のライヴ評を担当しています。


「MUSIC MAGAZINE」4月号

投稿者 munekata : Permalink

2009年3月12日

「レコードコレクターズ」4月号

 「レコードコレクターズ」4月号(→amazon.co.jp)では、CESARIA EVORA「Radio Mindelo - Early Recordings(ラジオ・ミンデロ - 初期録音集)」(→amazon.co.jp)とZABADAK「平行世界」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコードコレクターズ」4月号

投稿者 munekata : Permalink

2009年3月11日

鈴木慶一さんにインタビュー取材

 鈴木慶一さんに中目黒のMOONRIDERS DIVISONでインタビュー取材。記事はe-daysに掲載される予定です。

 これでムーンライダーズの6人のうち、鈴木博文さん、かしぶち哲郎さん、岡田徹さん、鈴木慶一さんに取材できました。残る白井良明さんと武川雅寛さんにもいつか取材したいところです。


鈴木慶一「ヘイト船長とラヴ航海士」

投稿者 munekata : Permalink

2009年3月 5日

アーバンギャルドのインタビュー記事がbounce.comに掲載されました

 僕がインタビューを担当したアーバンギャルドの記事「アーバンギャルド - bounce.com アーティストスペシャル」bounce.comに掲載されました。

 僕は「少女は二度死ぬ」(→amazon.co.jp)の冒頭を飾る「水玉病」のビデオクリップをずっと見ています。メンバーの松永天馬さんが監督・編集をしているのですが、「理詰めで作っている」というだけあって、見れば見るほど面白いです。


プロモ・クリップとか撮るときは、小津安二郎が笠智衆に言ったように「ここで3秒後にこっち向いて」とか(笑)、彼女に対しても理詰めで実行させてみる。そうやって作ると、結果的にいいものが生まれてくるんですよね。



アーバンギャルド「少女は二度死ぬ」

投稿者 munekata : Permalink

2009年3月 1日

FM西東京の笹公人さんの番組に出演

 FM西東京で、笹公人さんの番組「宇宙ヤングの超光速ナイト」の収録。昨日あれだけコールしても枯れない声になっていて助かりました。

 番組では、4月29日に「細野晴臣の歌謡曲〜20世紀BOX -細野晴臣提供楽曲集-」(→amazon.co.jp)をリリースする細野晴臣さんについて4回分を収録。笹公人さんと僕がそれぞれ4曲ずつ選曲して、時代順に細野晴臣さんの活動を振り返ってみました。

 放送は4月以降になる予定です。


ヘンなあさ (キラキラえほん 7) (キラキラえほん)



投稿者 munekata : Permalink

2009年2月27日

アーバンギャルドの皆さんにインタビュー取材

 3月6日に「少女は二度死ぬ」(→amazon.co.jp)を全国発売するアーバンギャルドの浜崎容子さんと松永天馬さんにタワーレコード桜ヶ丘オフィスでインタビュー取材。

 インタビューが盛り上がりすぎて、原稿に使えない単語まで大量に飛び出してしまいました……。浜崎容子さんのブログ松永天馬さんのブログでも触れていただいて恐縮です。

 記事はbounce.comに掲載される予定です。


アーバンギャルド「少女は二度死ぬ」


投稿者 munekata : Permalink

2009年2月25日

高橋幸宏さんにインタビュー取材

 3月11日に「Page by Page」(→amazon.co.jp)をリリースする高橋幸宏さんにEMI Music Japanでインタビュー取材。

 僕が「今日の空」をリアルタイムで聴いてファンにった話から始まり、最新作や今後の活動についてうかがってきました。インタビュー記事は次号の「MUSIC MAGAZINE」に掲載される予定です。


高橋幸宏「Page by Page」

投稿者 munekata : Permalink

2009年2月19日

「MUSIC MAGAZINE」3月号

 「MUSIC MAGAZINE」3月号(→amazon.co.jp)では、坂本龍一特集で90年以降のヒストリーを執筆したほか、クノシンジ「光のアルバム」(→amazon.co.jp)とA.K.I.PRODUCTIONS「DO MY BEST」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」3月号

投稿者 munekata : Permalink

2009年1月19日

「MUSIC MAGAZINE」2月号

 「MUSIC MAGAZINE」2月号(→amazon.co.jp)では、上原知子「多幸山」(→amazon.co.jp)と東京スカパラダイスオーケストラ「PARADISE BLUE」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」2月号

投稿者 munekata : Permalink

2009年1月13日

「レコード・コレクターズ」2月号

 「レコード・コレクターズ」2月号(→amazon.co.jp)では、The Klezmatics「TUML = LEBN The Best Of The First 20 Years(ベスト〜20年の軌跡)」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」2月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年12月26日

「MUSIC MAGAZINE」1月号

 「MUSIC MAGAZINE」1月号(→amazon.co.jp)では、オムニバス「Perfect! - Tokyo Independent Music」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」1月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年12月11日

「レコード・コレクターズ」1月号

 「レコード・コレクターズ」1月号(→amazon.co.jp)では、久保田洋司「ゆめゆめ」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」1月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年12月 6日

ユービック「テクノ歌謡」研究チーム「『テクノ歌謡』ディスクガイド」

 ユービック「テクノ歌謡」研究チーム「『テクノ歌謡』ディスクガイド」→amazon.co.jp)では、近田春夫さんと掟ポルシェさんの対談の司会進行と構成のほか、Perfumeのパーフェクト・ディスコグラフィーをはじめ、コラム部分を含めると80本に及ぶディスクガイドを執筆しています。

 僕が担当した作品だけでも、イモ欽トリオ、真鍋ちえみ、ピンク・レディー、伊藤つかさなどのYMO関連のテクノ歌謡、近田春夫、シーナ&ザ・ロケッツ、サンディー、ゴダイゴ、ユニコーンなどのテクノ化したロック、五木ひろし、前川清、森進一、北島三郎、美空ひばり、三波春夫などの演歌系テクノ歌謡、そしてcapsule、Cutie Pai、Aira Mitsuki、Saori@destiny、toutouという幅広さで、書籍全体になるともっとディープ。また、鈴木慶一、小西康陽、つんく♂のインタビューも掲載されています。

 ユービック「テクノ歌謡」研究チームのメンバーは、坂本寛さん瀧坂亮さん、澤田大輔さん、ばるぼらさん冨田明宏さん鈴木亮一さんうーちゃかさん、宗像明将。そして総論を速水健朗さんが執筆しています。

 この「小心者の杖日記」を読んでいるような方なら誰でも楽しめる内容になっていると思いますので、よろしくお願いいたします。


ユービック「テクノ歌謡」研究チーム「『テクノ歌謡』ディスクガイド」

投稿者 munekata : Permalink

2008年11月22日

「MUSIC MAGAZINE」12月号

 「MUSIC MAGAZINE」12月号(→amazon.co.jp)では、「中田ヤスタカ / capsuleの時代」の特集記事と、鈴木博文「凹凸」(→amazon.co.jp)とVITAMIN-Q featuring ANZA「VITAMIN-Q」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。「中田ヤスタカ / capsuleの時代」では、中田ヤスタカ作品がヒットしてからのJ-POPシーンの変化と、こしじまとしこのアイコン性についての記事を担当しました。高橋修編集長によるPerfumeインタビューも掲載されているのですが、冒頭でいきなりゲームをさせるなど、ある意味で「MUSIC MAGAZINE」史上に残りそうな内容です。

 売り切れになっていた、「Perfume現象」特集の「MUSIC MAGAZINE」10月号(→amazon.co.jp)も緊急増刷され、すでに書店に入荷しているようです。こちらもよろしくお願いします。


「MUSIC MAGAZINE」12月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年11月20日

「『テクノ歌謡』ディスクガイド」打ち上げ

 11月30日に扶桑社から発売される「『テクノ歌謡』ディスクガイド」(→amazon.co.jp)の執筆陣による打ち上げ。一次会は人形町の寿司屋、二次会はタブロイドで労をねぎらいました。参加者は、一次会が坂本寛さん瀧坂亮さんピロスエさん、僕で、二次会は澤田大輔さん、冨田明宏さん、そしてタブロイド社長の久保内さんと京都土産を渡しに来たユービックの高木さん。

 この書籍と連動して、11月26日には「テクノ歌謡 アルティメット・コレクション1」→amazon.co.jp)も発売されます。今日聴いていたのですが、おすすめは高橋幸宏が最初から最後までドラムを叩きまくるピンク・レディーの「Last Pretender」ですね。そして、やはり安田成美の「風の谷のナウシカ」は名曲。


ユービック「テクノ歌謡」研究チーム「『テクノ歌謡』ディスクガイド」

「テクノ歌謡 アルティメット・コレクション1」

投稿者 munekata : Permalink

2008年11月17日

「レコード・コレクターズ」12月号

 「レコード・コレクターズ」12月号(→amazon.co.jp)では、浜口茂外也「月影の恋」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」12月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年10月22日

「別冊宝島1570 音楽誌が書かないJポップ批評56 JUN SKY WALKER(S)と青春ロック80'Sの大逆襲!」

 「別冊宝島1570 音楽誌が書かないJポップ批評56 JUN SKY WALKER(S)と青春ロック80'Sの大逆襲!」→amazon.co.jp
)では、「俺たちの青春バンド・アーカイブス」や「レイト80's"ネオ懐メロ"30曲聴きどころレビュー」を執筆しています。


「別冊宝島1570 音楽誌が書かないJポップ批評56 JUN SKY WALKER(S)と青春ロック80'Sの大逆襲!」

投稿者 munekata : Permalink

2008年10月21日

「MUSIC MAGAZINE」11月号

 「MUSIC MAGAZINE」11月号(→amazon.co.jp)では、ワールドスタンダード「花音(カノン)」(→amazon.co.jp)とToguna「Sans frontières(〜国境なきリズム〜)」(→amazon.co.jp)のアルバム評、初音ミクについてのランダム・ノーツを執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」11月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年10月20日

「レコード・コレクターズ」11月号

 「レコード・コレクターズ」11月号(→amazon.co.jp)では、オムニバス「GIVE ME LOVE : SONGS OF THE BROKENHEATED - BAGHDAD, 1925-1929(バグダッドの恋歌 1925−1929)」(→amazon.co.jp)と鈴木祥子「SWEET SERENITY」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」11月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年10月11日

近田春夫さん×掟ポルシェさんの対談の司会進行

 中華街で、近田春夫さん×掟ポルシェさんの対談の司会進行。僕はビブラストーン時代からのファンでライヴにも行っていましたが、近田春夫さんとは初対面。個人的には、Perfumeの新曲「Dream Fighter」「願い」を聴く近田春夫さんの姿を見ることができたのが嬉しかったです。あの姿、あの表情から近田春夫さんの批評が生み出されるのか……とひそかに感動しました。


近田春夫「星くず兄弟の伝説」

近田春夫&ビブラトーンズ「Vibra-Tones Fun」

ロマンポルシェ。「もう少しまじめにやっておくべきだった」

投稿者 munekata : Permalink

2008年9月20日

「MUSIC MAGAZINE」10月号

 「MUSIC MAGAZINE」10月号(→amazon.co.jp)では、「Perfume現象」の特集で、ヒストリー、ディスクガイド、中田ヤスタカの活動解説、Perfume後のテクノシーンの紹介、世界のPerfumeファンの紹介、現場系ヲタとしてのエッセイを執筆しています。12ページ以上書いたのでさすがに燃え尽きました。また、「WORLD HAPPINESS」のライヴ評も執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」10月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年9月12日

「レコード・コレクターズ」10月号

 「レコード・コレクターズ」10月号(→amazon.co.jp)では、Rail Band「2 Mansa(マンサ〜黄金時代のレイル・バンド 第2集)」(→amazon.co.jp)と上野洋子「TOKYO HUMMING」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」10月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年9月 1日

「BUBKA」10月号

 「BUBKA」10月号(→amazon.co.jp)では、Perfumeヲタ座談会の司会進行や構成、ライヴレポートの執筆などをしています。


「BUBKA」10月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年8月28日

「別冊宝島1553 音楽誌が書かないJポップ批評55 安室奈美恵 音楽・人・センス」

 「別冊宝島1553 音楽誌が書かないJポップ批評55 安室奈美恵 音楽・人・センス」→amazon.co.jp)では、ディスク・ガイドや楽曲解説を執筆しています。


「別冊宝島1553 音楽誌が書かないJポップ批評55 安室奈美恵 音楽・人・センス」


投稿者 munekata : Permalink

2008年8月27日

「MUSIC MAGAZINE」9月号

 「MUSIC MAGAZINE」9月号(→amazon.co.jp)では、ROSE-UNLIMITED「picnic at cape rose」(→amazon.co.jp)とThe Souljazz Orchestra「Freedom No Go Die」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」9月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年8月24日

「UNGA!」NO.119

 「UNGA!」NO.119では、MEG「STEP」(→amazon.co.jp)とハンバートハンバート「まっくらやみのにらめっこ」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「UNGA!」NO.119

投稿者 munekata : Permalink

2008年8月17日

「レコード・コレクターズ」9月号

 「レコード・コレクターズ」9月号(→amazon.co.jp)では、オムニバス「Nigeria Rock Special」(→amazon.co.jp)とオムニバス「Nigeria Disco Funk Special」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」9月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年8月15日

「STUDIO VOICE」9月号

 「STUDIO VOICE」9月号(→amazon.co.jp)では、細野晴臣特集でディスクガイドを執筆しています。


「STUDIO VOICE」9月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年7月29日

「日刊サイゾー」で鳥居みゆき単独ライヴの記事を執筆しました

 というわけで日刊サイゾー「鳥居みゆき死去!? 激レア単独ライヴ潜入レポート!!」を執筆しました。

 また、最近日刊サイゾーではmixiニュースへの配信が始まり、「日本人アイドルがイギリスから強制送還! ライブ中止に……」がトップに掲載されてアクセスランキング1位になったときには驚いたのですが、今回の記事もmixiのトップに掲載していただきました。多くの方に読んでいただけてありがたいことです。


鳥居みゆき ハッピーマンデー

投稿者 munekata : Permalink

2008年7月22日

「MUSIC MAGAZINE」8月号

 「MUSIC MAGAZINE」8月号(→amazon.co.jp)では、コシミハルのインタビュー、CSS「Donkey」(→amazon.co.jp)のアルバム評を担当しています。


「MUSIC MAGAZINE」8月号

投稿者 munekata : Permalink

「レコード・コレクターズ」8月号

 「レコード・コレクターズ」8月号(→amazon.co.jp)では、オムニバス「Buena Vista Social Club」(→amazon.co.jp)とCheikh El Afrite「Tresors De La Chanson Judeo-arabe(ユダヤ・アラブ音楽の至宝 第3集)」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」8月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年7月11日

「日刊サイゾー」で80_panのイギリス強制送還事件の記事を執筆しました

 日刊サイゾーで、80_panのイギリス強制送還事件の記事「日本人アイドルがイギリスから強制送還! ライブ中止に……」を執筆しました。よろしくお願いします。


80_pan「DISCO BABY」

投稿者 munekata : Permalink

2008年7月 2日

コシミハルさんにインタビュー取材

 8月6日にニュー・アルバム「覗き窓」(→amazon.co.jp)をリリースするコシミハルさんにインタビュー取材。予定より早く所属事務所の前に着いて手持ち無沙汰にしていたところ、出てきた細野晴臣さんにお会いして、中に入ることを勧めていただきました。突然だったので緊張するのも忘れたほどです……。記事は次号の「MUSIC MAGAZINE」に掲載されます。


デイジー・ホリデー presented by 細野晴臣

投稿者 munekata : Permalink

2008年6月30日

「BUBKA」8月号

 「BUBKA」8月号(→amazon.co.jp)では、Perfumeの特集記事「Perfumeバイブル2008」で2ページ分ぐらい執筆しています。「ヲタ濃度1000%!」と銘打たれているように、現場系のヲタが中心となって記事を担当しました。よろしくお願いします。


「BUBKA」8月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年6月24日

「MUSIC MAGAZINE」7月号

 「MUSIC MAGAZINE」7月号(→amazon.co.jp)では、tobaccojuiceのインタビュー記事、久保田麻琴「バリ・ドリーム」(→amazon.co.jp)と原マスミ「シングルズ&コレクションズ」(→amazon.co.jp)のアルバム評を担当しています。


「MUSIC MAGAZINE」7月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年6月19日

「電脳コイルナイト」のレポート記事を「MouRa」で担当しました

 6月14日に開催された「電脳コイルナイト」のレポート記事「人類を驚かせたアニメ『電脳コイル』のイベント『電脳コイルナイト』潜入ルポ」の執筆、撮影を講談社の「MouRa」で担当しました。磯光雄監督から「MouRa」の読者の皆さんへのメッセージ付き。よろしくお願いします。


電脳コイル 第9巻 限定版

投稿者 munekata : Permalink

2008年6月12日

「レコード・コレクターズ」7月号

 「レコード・コレクターズ」7月号(→amazon.co.jp)では、オムニバス「AFRICAN SCREAM CONTEST」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」7月号

投稿者 munekata : Permalink

「UNGA!」NO.118

 「UNGA!」NO.118では、MEG「HEART」(→amazon.co.jp)のレヴューを執筆しています。


「UNGA!」NO.118

投稿者 munekata : Permalink

2008年6月 3日

「メカビ」休止

 講談社から発売されていた季刊誌「メカビ」の休止が「メカビ編集室Blog: 『メカビ』休止のお知らせ」で発表されました。「メカビ」で「テキストサイト・グラフィティ」を連載させてもらっていた僕にはだいぶ前に松下編集長から連絡をいただいたのですが、やはり残念です。

 とはいえ、またいつか復活することを願って、「テキストサイト・グラフィティ」は全4回のうち第2回までで凍結しておこうと思います。松下編集長、またいつか!


メカビ ’08年冬号 (2008) (講談社MOOK)

メカビ ’07年秋号 (2007) (講談社MOOK)

投稿者 munekata : Permalink

2008年5月30日

tobaccojuiceにインタビュー取材

 6月18日に「HEADPHONE GHOST」(→amazon.co.jp)をリリースするtobaccojuiceの皆さんに吉祥寺でインタビュー取材。いつもはボーカルの松本敏将さんが代表して取材に応じることが多いそうなのですが、今日はメンバーの皆さん全員にお話をうかがえました。記事は次号の「MUSIC MAGAZINE」に掲載されます。


tobaccojuice「HEADPHONE GHOST」


投稿者 munekata : Permalink

2008年5月22日

「MUSIC MAGAZINE」6月号

 「MUSIC MAGAZINE」6月号(→amazon.co.jp)では、Orchestre National De Barbes「Alik」(→amazon.co.jp)のアルバム評、鈴木祥子のライヴ評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」6月号

投稿者 munekata : Permalink

「別冊宝島1532 音楽誌が書かないJポップ批評53 TMN&小室哲哉[ポップス神話創世]」

 「別冊宝島1532 音楽誌が書かないJポップ批評53 TMN&小室哲哉[ポップス神話創世]」→amazon.co.jp)では、記事を3本執筆しています。


「別冊宝島1532 音楽誌が書かないJポップ批評53 TMN&小室哲哉[ポップス神話創世]」

投稿者 munekata : Permalink

「レコード・コレクターズ」6月号

 「レコード・コレクターズ」6月号(→amazon.co.jp)では、杉真理「HAVE A HOT DAY!」(→amazon.co.jp)「Wonderful Life」(→amazon.co.jp)「MADE IN HEAVEN」(→amazon.co.jp)「WORLD OF LOVE」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」6月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年5月17日

Cutie Pai「Cutie MANIA」

 5月17日発売のCutie Pai「Cutie MANIA」(→amazon.co.jp)でライナーノートを執筆しました。もうひとりのライナー執筆者はサエキけんぞうさんです。


Cutie Pai「Cutie MANIA」

投稿者 munekata : Permalink

2008年5月 3日

「日刊サイゾー」でCutie Paiのメディア戦略についての記事を執筆しました

 日刊サイゾーで、「JASRACは必要か? Cutie Paiに見るメディア戦略の可能性」を執筆しました。JASRAC(日本音楽著作権協会)への公正取引委員会の立ち入り検査を受けて、ニュー・アルバム「Cutie MANIA」の楽曲をJASRACへ信託しないCutie Paiのスタッフに話を聞いた記事です。よろしくお願いいたします。

 そのCutie Pai「Cutie MANIA」のリリースイベントは、5月4日17時から秋葉原ソフマップ アミューズメント館8Fイベントスペースで開催。ソフマップ音楽CD館で予約すれば、たぶんまだ参加できますよ。


Cutie Pai「Cutie MANIA」

投稿者 munekata : Permalink

2008年4月28日

「日刊サイゾー」で倉持結香さんのインタビュー記事を担当しました

 日刊サイゾーで倉持結香さんのインタビュー記事「炎上上等!? お騒がせブログアイドル・倉持結香の本音に迫る」を担当しました。記事の上2枚の写真の撮影も担当しています。よろしくお願いいたします。


「サイゾー」5月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年4月26日

「プレイボーイ」No.18

 「プレイボーイ」No.18では、タレントブログ記事でコメントしています。


「プレイボーイ」No.18

投稿者 munekata : Permalink

2008年4月24日

倉持結香さんにインタビュー取材

 倉持結香さんにインタビュー取材。所属事務所の東京図鑑さんの近くのバス停で待っていたら、倉持結香さんご本人が迎えに来てくださって驚きました。記事は来週日刊サイゾーに掲載される予定です。


「サイゾー」5月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年4月22日

「日刊サイゾー」でモーニング娘。ビデオクリップ流出事件の記事を担当しました

 日刊サイゾーで、モーニング娘。のビデオクリップ流出事件の記事「話題性はアニメ以下? 動画流出に見るモー娘。の低迷ぶり」を執筆しました。よろしくお願いいたします。


サイゾー 2008年 05月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

「MUSIC MAGAZINE」5月号

 「MUSIC MAGAZINE」5月号(→amazon.co.jp)では、曽我部恵一BANDの曽我部恵一の4ページインタビュー、Etran Finatawa「Desert Crossroads(砂漠の交差路)」(→amazon.co.jp)のアルバム評を担当しています。


「MUSIC MAGAZINE」5月号

投稿者 munekata : Permalink

「サイゾー」5月号

 「サイゾー」5月号(→amazon.co.jp)では、ジャニーズ特集で記事を1本執筆しています。


サイゾー 2008年 05月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

「レコード・コレクターズ」5月号

 「レコード・コレクターズ」5月号(→amazon.co.jp)では、オムニバス「マグレブ音楽紀行 第1集〜アラブ・アンダルース音楽歴史物語」(→amazon.co.jp)、Tanburi Cemil Bey「Vol.II&III(オスマン・トルコ古典の最後の英雄 第2集)」(→amazon.co.jp)「Vols.IV&V(オスマン・トルコ古典の最後の英雄 第3集)」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」5月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年4月11日

Saori@destinyさんのインタビュー記事を「MouRa」で担当しました

 Saori@destinyさんのインタビュー記事を、講談社の「MouRa」で担当しました。記事は「『アキバの最終兵器』Saori@destinyがメジャー・デビュー!テクノポップとヲタ芸をつなぐ!」前回のCutie Paiと同様に、約1万字のインタビュー+写真+動画という盛りに盛った内容になっています。よろしくお願いいたします。


Saori@destiny「sakura」

投稿者 munekata : Permalink

2008年4月 2日

「実話ナックルズ」5月号

 「実話ナックルズ」5月号(→amazon.co.jp)では、ニュース記事を2本執筆しています。


「実話ナックルズ」5月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年3月28日

Saori@destinyさんにインタビュー取材

 3月26日に「sakura」(→amazon.co.jp)でメジャー・デビューしたSaori@destinyさんにインタビュー取材。野外で写真や動画の撮影も行ったのですが、一時は雨でどうなるかと思ったものの、やがて晴れてくれて本当に良かったです。記事は来週ぐらいに講談社の「MouRa」に掲載されます。


Saori@destiny「sakura」

投稿者 munekata : Permalink

2008年3月24日

曽我部恵一さんにインタビュー取材

 4月15日に「キラキラ!」(→amazon.co.jp)をリリースする曽我部恵一BANDの曽我部恵一さんにインタビュー取材。ふたりの娘さんが遊ぶROSE RECORDSのオフィスで取材をして、最中をおみやげにいただいて帰りました。記事は次号の「MUSIC MAGAZINE」に掲載されます。


曽我部恵一BAND「キラキラ!」

投稿者 munekata : Permalink

「日刊サイゾー」で森山花奈さんのインタビュー記事を担当しました

 日刊サイゾーで、DVD「ミラクル★アイドル」(→amazon.co.jp)をリリースした森山花奈さんのインタビュー記事「この美尻にナマで○○!? 異色アイドルのキワどい魅力とは?」を担当しました。トップページから見るとお尻しかない斬新な構成は、プロデューサー生命を賭けた川原崎さんの英断によるものです。よろしくお願いいたします。


森山花奈 「ミラクル★アイドル」

投稿者 munekata : Permalink

「MUSIC MAGAZINE」4月号

 「MUSIC MAGAZINE」4月号(→amazon.co.jp)では、坂本龍一とコモンズの特集記事、「Yestermorrow Village」(→amazon.co.jp)をリリースしたLife Goes Onの岡田徹のインタビュー記事、ソウル・フラワー・ユニオン「満月の夕〜90's シングルズ」(→amazon.co.jp)のアルバム評とソウル・フラワー・ユニオン&モノノケ・サミット「ライヴ辺野古」(→amazon.co.jp)のDVD評を担当しています。

 電気グルーヴ特集では、TGV渡辺兵馬くんが「オリジナル・アルバム以外の重要作」のページを担当。まさに適材適所です。


「MUSIC MAGAZINE」4月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年3月18日

Cutie Paiのインタビュー記事を「MouRa」で担当しました

 Cutie Paiの皆さんのインタビュー記事を、講談社の「MouRa」で担当しました。記事は「『魔法の国からやってきたお人形』アイドルユニット『Cutie Pai』が講談社にやってきた!」。約1万字のインタビュー、写真、メッセージ動画と盛りだくさんの内容です。

 5月17日にニュー・アルバム「Cutie MANIA」がリリースされるという情報は、この記事が初出でした。Cutie Paiの皆さん、ありがとうございます。他にも、モバイル公式サイトの「Cutie Pai大作戦!」、3月31日にスタートする映像配信サービス・brancoといった今後の展開のほか、Cutie Paiの音楽面にも字数を費やしました。

 よろしくお願いいたします。


Cutie Pai「eve」

投稿者 munekata : Permalink

2008年3月17日

「別冊宝島1520 音楽誌が書かないJポップ批評52 X JAPANの全軌跡」

 「別冊宝島1520 音楽誌が書かないJポップ批評52 X JAPANの全軌跡」→amazon.co.jp)ではコラムを執筆しました。


「別冊宝島1520 音楽誌が書かないJポップ批評52 X JAPANの全軌跡」

投稿者 munekata : Permalink

2008年3月15日

鳥居みゆきさんの公式プロフィール写真を担当しました

 鳥居みゆきさんの公式プロフィールである「サンミュージック プロフィール 鳥居みゆき」が更新されてプロフィール写真が新しくなりましたが、僕が撮影した写真を使っていただきました。

 この写真は「サイゾー」1月号の「危険なポップさをまとう鳥居みゆきは、友達募集中!!」に掲載された写真と同じもの。記事掲載時にサンミュージックさんからこの写真に指定がきて、後から鳥居みゆきさんご本人が気に入っているので宣材資料に使わせてほしいという連絡をいただきました。光栄です。

 他にも「サイゾー」では、2月号の「大正時代の演歌の旋律が、日本人の古き良き魂を呼び覚ます?」、3月号の「癒し系?地下アイドル・東京メトロちゃんの秘めたる野望とは!?」の写真も僕が撮影しています。

 また、「MUSIC MAGAZINE」3月号(→amazon.co.jp)の東京ローカル・ホンクのライヴ評でも、写真撮影を同時に担当しました。

 デジタル一眼レフカメラを購入してから約2年。今後も精進したいと思います。


鳥居みゆき ハッピーマンデー

投稿者 munekata : Permalink

2008年3月 7日

森山花奈さんにインタビュー取材

 森山花奈さんに所属事務所でインタビュー取材。記事は日刊サイゾーに掲載される予定です。


森山花奈 「ミラクル★アイドル」

投稿者 munekata : Permalink

2008年3月 6日

「日刊サイゾー」でAira Mitsukiさんのインタビュー記事を担当しました(後編)

 日刊サイゾーで、3月5日にメジャー・デビュー・シングル「チャイナ・ディスコティカ」(→amazon.co.jp)をリリースするAira Mitsukiさんのインタビュー記事「Perfumeから餃子問題まで Aira Mitsukiの本音に迫る!(後編)」を担当しました。前編に続き、今回は中国ギョーザ問題の話題が出てくる後編です。2枚目の写真のポーズ、好きだなぁ。


Aira Mitsuki「チャイナ・ディスコティカ」

投稿者 munekata : Permalink

2008年3月 5日

「日刊サイゾー」でAira Mitsukiさんのインタビュー記事を担当しました(前編)

 日刊サイゾーで、3月5日にメジャー・デビュー・シングル「チャイナ・ディスコティカ」(→amazon.co.jp)をリリースするAira Mitsukiさんのインタビュー記事「Perfumeから餃子問題まで Aira Mitsukiの本音に迫る!(前編)」を担当しました。日刊サイゾーのオリジナル記事には珍しい前後編で、まずはPerfumeの話題が出てくる前編です。


Aira Mitsuki「チャイナ・ディスコティカ」

投稿者 munekata : Permalink

2008年3月 4日

Cutie Paiにインタビュー取材

 講談社でCutie Paiの皆さんにインタビュー取材。写真や動画の撮影も行われました。記事は、3月17日頃にMouRaに掲載される予定です。


Cutie Pai「eve」


投稿者 munekata : Permalink

2008年2月28日

Aira Mitsukiさんにインタビュー取材

 渋谷の「サイゾー」編集部で、3月5日にメジャー・デビュー・シングル「チャイナ・ディスコティカ」(→amazon.co.jp)をリリースするAira Mitsukiさんにインタビュー取材。「AiraMitsukiのカラフル・NO.9ブログ:サイゾー&スターデジオ」でもご紹介いただきました。


サイゾーではいつもあまり聞かれない質問もあって、突っ込んで喋れたかな〜って思うよ!


 そんな「あまり聞かれない質問」も含むインタビューは、3月5日に日刊サイゾーに掲載予定です。


Aira Mitsuki「チャイナ・ディスコティカ」

投稿者 munekata : Permalink

2008年2月26日

岡田徹さんにインタビュー取材

 市ヶ谷のソニー・ミュージックエンタテインメントで、「Yestermorrow Village」(→amazon.co.jp)をリリースしたLife Goes On岡田徹さんにインタビュー取材。これで鈴木博文さん、かしぶち哲郎さんに続いて、ムーンライダーズのメンバーの半分に取材したことになるので感慨深いです。記事は次号の「MUSIC MAGAZINE」に掲載されます。


Life Goes On「Yestermorrow Village」

投稿者 munekata : Permalink

2008年2月22日

「日刊サイゾー」に赤松佳音さん会社設立の記事を書きました

 「日刊サイゾー」に、赤松佳音さん会社設立の記事「『ネギま!』赤松夫人、今度は会社設立で社長に就任!」を書きました。よろしくお願いいたします。


「サイゾー」3月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年2月18日

「サイゾー」3月号

 「サイゾー」3月号(→amazon.co.jp)では、大家族・青木家の青木あざみさん、東京メトロちゃんのインタビューを担当しています。

 表紙とグラビアは鳥居みゆき!


「サイゾー」3月号

投稿者 munekata : Permalink

「MUSIC MAGAZINE」3月号

 「MUSIC MAGAZINE」3月号(→amazon.co.jp)では、Think Of One「Camping Shaabi」(→amazon.co.jp)とLife Goes On「Yestermorrow Village」(→amazon.co.jp)のアルバム評、東京ローカル・ホンクのライヴ評と撮影を担当しています。


「MUSIC MAGAZINE」3月号

投稿者 munekata : Permalink

「レコード・コレクターズ」3月号

 「レコード・コレクターズ」3月号(→amazon.co.jp)では、杉真理「魔法の領域 」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」3月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年2月15日

「日刊サイゾー」に中川翔子ブログ完全移籍についての記事を書きました

 日刊サイゾーに、しょこたんこと中川翔子のブログ完全移籍についての記事「しょこたん涙目? ブログ完全移籍と大人の“裏”事情」を書きました。よろしくお願いいたします。


「サイゾー」3月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年2月 3日

岡大介、小林寛明「かんからそんぐ 添田唖然坊・知道をうたう」

 2月3日にオフノートから発売された岡大介、小林寛明「かんからそんぐ 添田唖然坊・知道をうたう」(→amazon.co.jp)でライナーノートを執筆しました。

 添田唖然坊などの大正演歌を、ともに1978年生まれの岡大介と小林寛明がカバーした異色作。岡大介がカンカラ三線、小林寛明がラッパ二胡という編成も特異です。参加ミュージシャンは、中尾勘ニ、関島岳郎戸次和歌子熊坂路得子。「東京節」「復興節」といった有名曲に岡大介の自作曲も織り交ぜ、日本の忘れられた音楽の再生を試みた意欲作です。


岡大介、小林寛明「かんからそんぐ 添田唖然坊・知道をうたう」

投稿者 munekata : Permalink

2008年1月25日

青木あざみさんにインタビュー取材

 大家族・青木家の青木あざみさんにインタビュー取材。彼女が雑誌メディアのインタビューに応じるのはこれが初めてのことです。さとみちゃんを前にして行われたインタビューは、次号の「サイゾー」に掲載されます。


青木あざみ「まっすぐに。」

青木あざみ「いつも。」

投稿者 munekata : Permalink

2008年1月22日

「日刊サイゾー」に中川翔子ブログ移転?記事を書きました

 日刊サイゾーに、しょこたんこと中川翔子のブログ移転?についての記事「しょこたんブログ移籍!? ナゾの真相に迫る」を書きました。よろしくお願いいたします。


「サイゾー」2月号

投稿者 munekata : Permalink

「MUSIC MAGAZINE」2月号

 「MUSIC MAGAZINE」2月号(→amazon.co.jp)では、キセル「magic hour」(→amazon.co.jp)、Boban i Marko Markovic Orkestar「Go Marko Go!」(→amazon.co.jp)、Fanfara Tirana「Albanian Wedding」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」2月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年1月18日

東京メトロちゃんさんにインタビュー取材

 東京メトロちゃんさんのインタビュー取材と撮影。撮影では編集部の男性ひとりに犠牲になっていただきました……。記事は次号「サイゾー」に掲載されます。

 その後、「サイゾー」新年会。


「サイゾー」2月号

投稿者 munekata : Permalink

「サイゾー」2月号

 「サイゾー」2月号(→amazon.co.jp)では、初音ミク、岡大介&小林寛明、アップフロントスタイルについての原稿を執筆しています。


「サイゾー」2月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年1月16日

「日刊サイゾー」に「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」流出事件の記事を執筆しました

 「日刊サイゾー」に、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」のStage6への流出事件の記事「映画版『ヱヴァ』、早くも流出! 犯人は内部関係者?」を執筆しました。今回はアニオタフォースのaniotaさんからコメントをいただき、夢のコラボレーションが実現。よろしくお願いいたします。


「サイゾー」1月号

投稿者 munekata : Permalink

2008年1月15日

「レコード・コレクターズ」2月号

 「レコード・コレクターズ」2月号(→amazon.co.jp)では、Bhundu Boys「The Shed Sessions」(→amazon.co.jp)とMbilia Bel「Bel Canto」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」2月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年12月26日

「メカビ」2008年冬号

 「メカビ」2008年冬号(→amazon.co.jp)では、初期テキストサイトについてのエッセイ「テキストサイト・グラフィティ」の第2回を執筆しています。


「メカビ」2008年冬号

投稿者 munekata : Permalink

「MUSIC MAGAZINE」1月号

 「MUSIC MAGAZINE」1月号(→amazon.co.jp)では、空気公団「空気公団作品集」(→amazon.co.jp)とCHEIKHA RABIA「Liberti」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2008年 01月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

「レコード・コレクターズ」1月号

 「レコード・コレクターズ」1月号(→amazon.co.jp)では、Sinead O'Connor「Theology」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」1月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年12月19日

岡大介さんにインタビュー取材

 21世紀に大正時代の演歌をカバーしたアルバム「かんからそんぐ」を2008年2月3日にリリースする岡大介、小林寛明の岡大介さんにメタカンパニーでインタビュー取材。記事は次号の「サイゾー」に掲載されます。


「サイゾー」1月号

投稿者 munekata : Permalink

「サイゾー」1月号

 「サイゾー」1月号(→amazon.co.jp)では、Cutie Paiのインタビュー、鳥居みゆきのインタビューと写真撮影、きこうでんみさ×櫻井ゆうこ×山崎亜美座談会の司会進行と構成を担当しています。

 ところで、さっそく購入してくださったmoteciさん「メガネ++: CutiePai『サイゾー』に掲載!」より。


そういう自分を含めたいろんな人の行動がこの雑誌掲載につながったと考えると非常に感慨深いんです


 これは本当にその通りで、Cutie Paiの存在を教えてくれたライヴ現場仲間の皆さんに感謝したいです。

 また、Cutie PaiのCDの入手方法を聞かれることが多いのですが、108recordで試聴できるので、そこで選んでからソフマップの通信販売を利用すると良いと思います。僕のおすすめは、Cutie Pai最強のキラー・チューン「ミュージック・ランデヴー」と「cosmic少女」です。


追記:Cutie Paiの楽曲のアレンジを多く手掛けている百八つ煩悩丸ひろしさんの音源が公開されている「mF247 | gR² | 百八つ煩悩丸ひろし」でも「Cutie Pai スペシャルデモ for mf247」と題したMP3ファイルを無料ダウンロードできます。


「サイゾー」1月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年12月14日

「ボクらの平成20年史」

 晋遊舎から発売された単行本「ボクらの平成20年史」→amazon.co.jp)では、平成のJ-POP史をまとめた4ページ記事を執筆しています。1989年から2007年までを対象にした内容で、図表の最後のCDがポイントです。


「ボクらの平成20年史」

投稿者 munekata : Permalink

「アニソンマガジン」Vol.3

 「アニソンマガジン」Vol.3(→amazon.co.jp)では、坂本真綾特集でディスクレビューを執筆しています。


「アニソンマガジン」Vol.3

投稿者 munekata : Permalink

2007年11月30日

きこうでんみささん×櫻井ゆうこさん×山崎亜美さん座談会

 新中野のソフト・オン・デマンドで、きこうでんみささん×櫻井ゆうこさん×山崎亜美さんの座談会の司会。強力な援軍として岡沢宏志さんを迎えて進行しました。スタジオで撮影された麗しい写真とともに、記事は次号の「サイゾー」に掲載されます。


「サイゾー」12月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年11月28日

大坪ケムタさんにインタビュー取材

 「世界が100人のAV女優だったら」(→amazon.co.jp)で知られる大坪ケムタさんに高田馬場でインタビュー取材。来るべき企画に向けて、貴重なお話をうかがえました。


大坪ケムタ「世界が100人のAV女優だったら」

投稿者 munekata : Permalink

2007年11月26日

「MUSIC MAGAZINE」12月号

 「MUSIC MAGAZINE」12月号(→amazon.co.jp)では、政風会のインタビューを担当したほか、Youssou N'dour「Rokku MI Rokka (Give and Take)」(→amazon.co.jp)とシネマ「CINEMA RETURNS」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」12月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年11月22日

「日刊サイゾー」にひこにゃん記事を執筆しました(後編)

 日刊サイゾーに、「“ひこにゃん”彦根市vs作者闘争で大ピンチだにゃん!(前編)」に続いて「“ひこにゃん”彦根市vs作者闘争で大ピンチだにゃん!(後編)」が掲載されました。よろしくお願いいたします。


「サイゾー」12月号

投稿者 munekata : Permalink

「日刊サイゾー」にひこにゃん記事を執筆しました(前編)

 日刊サイゾーに、ひこにゃんを巡る騒動をまとめた記事「“ひこにゃん”彦根市vs作者闘争で大ピンチだにゃん!(前編)」を執筆しました。「サイゾー」に掲載された記事が「日刊サイゾー」に再掲載されたことはありましたが、書き下ろしはこれが初めてになります。

 彦根市と、ひこにゃんの原作者であるもへろん氏が所属する桜井デザインの双方に取材し、彦根市の調停答弁書や桜井デザインの作成した資料などをもとに、これまでの経過や11月19日に開かれた調停をレポートしました。

 記事が長いので、分割されてまず前編です。よろしくお願いいたします。


「サイゾー」12月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年11月21日

鳥居みゆきさんにインタビュー取材

 鳥居みゆきさんにサンミュージックでインタビュー取材。彼女はインタビュー時もいつものあのテンションでした。そして、話している間ずっと僕の目を直視する鳥居みゆきさん……。今日は撮影も僕が担当したのですが、素の表情になるととたんに美人に戻るのが印象的でした。記事は次号の「サイゾー」に掲載されます。

 ちなみに鳥居みゆきさんは、11月25日にHMV渋谷での「カンニングの恋愛中毒 天狗芸人カンニング竹山を告発する!」発売記念イベントにカンニング竹山さんとともに出演する予定です。まだ整理券はあるのかな?


カンニングの恋愛中毒 ~天狗芸人カンニング竹山を告発する!~

投稿者 munekata : Permalink

「サイゾー」12月号

 「サイゾー」12月号(→amazon.co.jp)では、特集「ヤバい本100冊」で大家族関連書籍の記事を執筆しています。


「サイゾー」12月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年11月17日

「レコード・コレクターズ」12月号

 「レコード・コレクターズ」12月号(→amazon.co.jp)では、外人部隊「RAINBOW ON THE FRONT -虹色の衝撃-」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」12月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年10月23日

Cutie Paiにインタビュー取材

 Cutie Paiの皆さんにインフォバーンでインタビュー取材。さらに渋谷のセンター街などでの写真撮影も行われ、見慣れた渋谷の風景もCutie Paiの皆さんの笑顔とともにキューティーらんどに一変したのでした。記事は次の次の号、つまり11月発売ではなく12月発売の「サイゾー」に掲載されます。


Cutie Pai「cosmic少女」

Cutie Pai「ミュージック・ランデヴー」

投稿者 munekata : Permalink

「MUSIC MAGAZINE」11月号

 「MUSIC MAGAZINE」11月号(→amazon.co.jp)では、巻頭カラー「Tune In!」でPerfumeの紹介、多羅尾伴内楽團「多羅尾伴内楽團Vol.1&Vol.2 30th Anniversary Edition」(→amazon.co.jp)のアルバム評、Teteのライヴ評を執筆しています。

 また、今月号では僭越ながら著者紹介のページ「よこがお」で紹介していただきました。僕の音楽遍歴などに1ページを費やしていただいて恐縮至極です。ご笑覧いただければ幸いです。


「MUSIC MAGAZINE」11月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年10月18日

政風会にインタビュー取材

 MOONRIDERS DIVISIONで、10月26日発売に「政風会」(→amazon.co.jp)をリリースする政風会鈴木博文さん直枝政広さんにインタビュー取材。長年お付き合いさせていただいているおふたりですが、「政風会」としてのおふたりに取材するのは初めてなのでなんだか不思議な気分でした。記事は「MUSIC MAGAZINE」に掲載されます。


政風会「政風会」

投稿者 munekata : Permalink

「サイゾー」11月号

 「サイゾー」11月号(→amazon.co.jp)では、特集「スキャンダルの経済学」で記事を執筆しています。同特集で岡沢宏志さんもサイゾー・デビュー。


「サイゾー」11月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年10月 2日

講談社のサイト「MouRa」での連載「ネット幸福論」最終回更新

*最新の更新はこのエントリーの下になります。

 講談社が運営するサイト「MouRa」での私の連載「ネット幸福論」が更新されました。遂に最終回!最終回である第24回は「ブラウザを見つめているだけで幸せになれはしないけれど」。 今回はアクセスの変動とテレビの影響、そして誰かが必ずあなたのサイトを見ていることについてです。よろしくお願いいたします。


ネット幸福論


 半年間の連載でしたが、約5000字の連載を毎週していると、6ヶ月なんてあっという間でした。え、もう10月!?

 本文にも書たことですが、「ネット幸福論」の連載開始当初は、最初の3回のアクセス状況で連載回数を決めると言われたので必死に宣伝しました。そして、無事に企画当初の予定通り全24回を完走できたのは、まさにこの連載を読んでくださった皆さんのおかげです。心から感謝します、本当にありがとうございました。担当編集さん、引き合わせてくれたテルくん、妻にも格別の感謝を。

 記事の最後に「宗像明将先生の次回作にご期待ください!」とあるのは、「さよなら絶望先生」のネタのパロディです。担当編集さん、くだらないお願いをしてすみませんでした……。

 そして、講談社の雑誌「メカビ」では、「ネット幸福論」の外伝ともいうべき連載「テキストサイト・グラフィティ」がスタートしました。全4回ですが季刊なので完結までに1年かかります。気長にお付き合いいただければ幸いです。

 最後に、全24回のサブタイトルを載せておきます。これでどの回に何のネタが書いてあったかわかるでしょうか?

第一回「ブラウザを見つめているだけで幸せになれると思ったのかい」
第二回「日本のインターネットが燃え殻になる日」
第三回「YouTubeという巨大な映像アーカイブの中を泳ぐ『魚』たち」
第四回「回線速度と幸せは比例すると信じていたナローバンドのあの夏の終わり」
第五回「インターネットでつぶやいてはならないたったひとつの言葉」
第六回「カルト宗教みたいなWeb 2.0は迷惑メールフォルダへ」
第七回「インターネットはグーテンベルクの夢を見るか」
第八回「何の報酬もない世界で乞御高評」
第九回「近代が生み出した幻想である個性を捨ててインターネットで朽ち果てろ」
第十回「逃げ場のない世界でロボットとともに追いかけるのか、それとも追いかけられるのか」
第十一回「プロザックという希望があった20世紀の終焉」
第十二回「この際はっきり言っておくけどアイドルと結婚は別腹」
第十三回「テキストを書く代わりにターンテーブルを回すという発明」
第十四回「パソコンの前に座っているだけで世界中の音楽を聴いているかのような気分になれる時代」
第十五回「添い寝するインターネットと社会の微妙な愛憎関係」
第十六回「諸行無常のインターネットで生み出され続ける『ニュース』とは」
第十七回「あなたがこの世を去ってもデータはインターネットをさまよい続ける」
第十八回「失われ続けるインターネットの歴史の紐解き方」
第十九回「恋愛の費用対効果とその上限」
第二十回「大家族で学ぶアフィリエイトの秘訣と商才の問題」
第二十一回「ブロゴスフィアから遠く離れて」
第二十二回「コミュニケーションと記憶の連環」
第二十三回「放浪と漂流の辿り着く先は」
第二十四回「ブラウザを見つめているだけで幸せになれはしないけれど」

投稿者 munekata : Permalink

2007年9月29日

「メカビ」2007年秋号

 「メカビ」2007年秋号(→amazon.co.jp)では、新連載「テキストサイト・グラフィティ」をスタートしました。全4回ですが、季刊なので完結まで1年かかります。気長にお付き合いいただければ幸いです。


「メカビ」2007年秋号

投稿者 munekata : Permalink

2007年9月26日

「MUSIC MAGAZINE」10月号

 「MUSIC MAGAZINE」10月号(→amazon.co.jp)では、あがた森魚「Taruphology」(→amazon.co.jp)のアルバム評、yanokamiのライヴ評を執筆しているほか、クロス・レヴューに参加しています。


「MUSIC MAGAZINE」10月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年9月25日

講談社のサイト「MouRa」での連載「ネット幸福論」第23回更新

 講談社が運営するサイト「MouRa」での私の連載「ネット幸福論」が更新されました。第23回は「放浪と漂流の辿り着く先は」。今回はひたすらにMovable Typeの話題です。だったらタイトルに入れろよ。よろしくお願いいたします。


ネット幸福論

投稿者 munekata : Permalink

2007年9月19日

「サイゾー」10月号

 「サイゾー」10月号(→amazon.co.jp)では、特集「人気マンガの罪と罰」で2本原稿を執筆しています。


「サイゾー」10月号

投稿者 munekata : Permalink

「レコード・コレクターズ」10月号

 「レコード・コレクターズ」10月号(→amazon.co.jp)では、松尾清憲「松尾清憲の肖像―ロマンの三原色」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」10月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年9月18日

「UNGA!」No.114

 「UNGA!」No.114ではPerfumeのインタビューを担当しています。現在配布中ですので、配布店はこちらをご参照ください。

 この2ページ記事のほか、レコード会社担当者がイチ押しのCDを紹介するコーナーでは徳間ジャパンの永田さんが「ポリリズム」を紹介し、「ポリリズム」初回限定盤(→amazon.co.jp)通常盤(→amazon.co.jp)の1ページカラー広告も載るなど、なんだかPerfume率の高い号になっています。

 Perfumeに関しては、「エレクトロ・ワールド」「Perfume〜Complete Best〜」リリース前に取材した「UNGA!」NO.107(表紙を含めて7ページ記事)が最初で、その後「ファン・サーヴィス[sweet]」「ファン・サーヴィス[bitter]」リリース前に取材した「UNGA!」No.111(2ページ記事)、そして「ポリリズム」リリース前に取材した「UNGA!」No.114と、3回に渡ってインタビューをする機会に恵まれました。

 「UNGA!」は基本的にロックの雑誌ですが、昨年5月頃に「エレクトロ・ワールド」が大傑作であると津田健編集長と僕の意見が一致し、いわゆる「アイドル」にカテゴライズされるPerfumeを表紙と巻頭インタビューに起用することを編集長が決断。その「エレクトロ・ワールド」こそセールス的には不振だったものの、こうして「ポリリズム」が大ヒットするまでを、計11ページに渡って取材できたことは非常に幸運なことでした。この11ページで、Perfumeの広島アマチュア時代から「10年後」までをカバーしています。

 改めて、「UNGA!」の津田健編集長の英断を讃えるとともに、アミューズと徳間ジャパンのスタッフの皆さんに深く感謝し、そして大きな飛躍を遂げたPerfumeの3人を今後も応援し続けたいと思います。


「UNGA!」No.114

投稿者 munekata : Permalink

講談社のサイト「MouRa」での連載「ネット幸福論」第22回更新

 講談社が運営するサイト「MouRa」での私の連載「ネット幸福論」が更新されました。第22回は「コミュニケーションと記憶の連環」。今回は、「ツラリンク」「orkut」「Twitter」とともにたどるソーシャル・ネットワーキング・サービスの話題です。よろしくお願いいたします。


ネット幸福論

投稿者 munekata : Permalink

2007年9月11日

講談社のサイト「MouRa」での連載「ネット幸福論」第21回更新

 講談社が運営するサイト「MouRa」での私の連載「ネット幸福論」が更新されました。第21回は「ブロゴスフィアから遠く離れて」。今回は、「Weblog」という文化が日本に上陸した当時の話題です。よろしくお願いいたします。


ネット幸福論

投稿者 munekata : Permalink

2007年9月 8日

「アニソンマガジン」Vol.2

 「アニソンマガジン」Vol.2(→amazon.co.jp)では、菅野よう子さんへのインタビュー、坂本真綾のアルバム紹介を担当しています。


「アニソンマガジン」Vol.2

投稿者 munekata : Permalink

2007年9月 4日

講談社のサイト「MouRa」での連載「ネット幸福論」第20回更新

 講談社が運営するサイト「MouRa」での私の連載「ネット幸福論」が更新されました。第20回は「大家族で学ぶアフィリエイトの秘訣と商才の問題」。今回はアフィリエイト(と大家族)の話題です。よろしくお願いいたします。


ネット幸福論

投稿者 munekata : Permalink

2007年8月28日

講談社のサイト「MouRa」での連載「ネット幸福論」第19回更新

 講談社が運営するサイト「MouRa」での私の連載「ネット幸福論」が更新されました。第19回は「恋愛の費用対効果とその上限」。今回は「奥さんとはどこで知り合ったんですか?」「アクセス解析です」といった話題です。よろしくお願いいたします。


ネット幸福論

投稿者 munekata : Permalink

2007年8月27日

「MUSIC MAGAZINE」9月号

 「MUSIC MAGAZINE」9月号(→amazon.co.jp)では、渋谷系特集のアルバム・ガイド、Gnawa Diffusion「Fucking Cowboys: Live in Paris」(→amazon.co.jp)のアルバム評、青山陽一のライヴ評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」9月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年8月21日

講談社のサイト「MouRa」での連載「ネット幸福論」第18回更新

 講談社が運営するサイト「MouRa」での私の連載「ネット幸福論」が更新されました。第18回は「失われ続けるインターネットの歴史の紐解き方」。今回はインターネットとその歴史の蓄積の話題です。よろしくお願いいたします。


ネット幸福論

投稿者 munekata : Permalink

2007年8月20日

「サイゾー」9月号

 「サイゾー」9月号(→amazon.co.jp)では、赤松佳音さんのインタビュー、「オバケのQ太郎」をめぐる現状やブログ・タブーといった記事を執筆しています。

 また、8月号(→amazon.co.jp)に掲載された、AKB48についての秋元康さんへのインタビュー「AKB48はどこへ行く?仕掛人・秋元康ロングインタビュー!」がlivedoor ニュースでも前編後編にわけて掲載中です。

 そしてちょうどいいタイミングで、GIGAZINEに「新興宗教や芸能界の裏情報も扱う月刊誌『サイゾー』の編集部に突撃」という記事が掲載されました。


「サイゾー」9月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年8月14日

講談社のサイト「MouRa」での連載「ネット幸福論」第17回更新

 講談社が運営するサイト「MouRa」での私の連載「ネット幸福論」が更新されました。第17回は「あなたがこの世を去ってもデータはインターネットをさまよい続ける」。今回はインターネットと死の話題です。よろしくお願いいたします。


ネット幸福論

投稿者 munekata : Permalink

2007年8月13日

鈴木志保の2作品が8月16日に同時発売

 鈴木志保の2作品が8月16日に秋田書店から同時発売されます。

 まず1冊は、名作「船を建てる」上巻(→amazon.co.jp)。旧版は全6巻でしたが、今回は上下巻に再編集されて復刊されました。下巻は9月14日発売予定です。

 そして描き下ろしの新作が「ちむちむ☆パレード」(→amazon.co.jp)。パルコアーバナートで大賞を受賞したCD-ROM作品「海洋系 ちむちむDEPT.」をマンガ化したものです。

 そしてこの「ちむちむ☆パレード」の帯に、鈴木志保先生の直々のご指名で僕もコメントを書かせていただきました。まさか鈴木志保先生に自分の文章を読まれているとは思わなかったので度肝を抜かれたのですが、まさにファン冥利に尽きました。光栄です。ゲラの段階で拝読したのですが、その時点ですでに素晴らしい作品。完成した「船を建てる」上巻と「ちむちむ☆パレード」を送っていただいたので、改めて読み直すのが楽しみです。

 なお、9月2日にはジュンク堂書店池袋本店でサイン会が開催されます。50名限定なので、ファンの方は店頭に確認してみてください。


鈴木志保「船を建てる」上巻

鈴木志保「ちむちむ☆パレード」

投稿者 munekata : Permalink

2007年8月 8日

Perfumeにインタビュー取材

 徳間ジャパンでPerfumeの皆さんにインタビュー取材。「UNGA!」で3回目となるインタビューです。9月12日の「ポリリズム」初回限定盤(→amazon.co.jp)通常盤(→amazon.co.jp)のリリース、そして8月11日の「SUMMER SONIC 07」出演をひかえたPerfumeの皆さんに、最初の取材から約1年の間に彼女たちを巡る状況が大きく変化したことなどについてうかがってきました。

 「UNGA!」の配布日については、編集部から連絡があり次第このブログでもお知らせします。


Perfume「Perfume~Complete Best~」(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2007年8月 7日

講談社のサイト「MouRa」での連載「ネット幸福論」第16回更新

 講談社が運営するサイト「MouRa」での私の連載「ネット幸福論」が更新されました。第16回は「諸行無常のインターネットで生み出され続ける『ニュース』とは」。今回は懐かしの「TINAMIX」や、個人ニュースサイトや企業ニュースサイトなどの話題です。よろしくお願いいたします。


ネット幸福論

投稿者 munekata : Permalink

2007年8月 5日

「UNGA!」No.113

 「UNGA!」No.113では、里アンナ「きゅらうた」(→amazon.co.jp)のCD評を執筆しています。


「UNGA!」No.113

投稿者 munekata : Permalink

2007年7月31日

講談社のサイト「MouRa」での連載「ネット幸福論」第15回更新

 講談社が運営するサイト「MouRa」での私の連載「ネット幸福論」が更新されました。第15回は「添い寝するインターネットと社会の微妙な愛憎関係」。今回はインターネットと社会の関係についての話題です。タイトルのまんまですね。よろしくお願いいたします。


ネット幸福論

投稿者 munekata : Permalink

2007年7月24日

講談社のサイト「MouRa」での連載「ネット幸福論」第14回更新

 講談社が運営するサイト「MouRa」での私の連載「ネット幸福論」が更新されました。第14回は「パソコンの前に座っているだけで世界中の音楽を聴いているかのような気分になれる時代」。今回はインターネットと音楽の関係についての話題です。よろしくお願いいたします。


ネット幸福論

投稿者 munekata : Permalink

2007年7月23日

「MUSIC MAGAZINE」8月号

 「MUSIC MAGAZINE」8月号(→amazon.co.jp)では、MUSEMENT「Random Access Melody」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」8月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年7月19日

「サイゾー」8月号

 「サイゾー」8月号(→amazon.co.jp)では、AKB48についての秋元康さんへのインタビュー、「涼宮ハルヒの憂鬱」のパロディAVについてのTMAさんへの取材を担当しています。


サイゾー 2007年 08月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

「レコード・コレクターズ」8月号

 「レコード・コレクターズ」8月号(→amazon.co.jp)では、渚十吾「green box」のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」8月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年7月18日

赤松佳音さんに取材

 赤松佳音さんにご自宅で取材。「魔法先生ネギま!」でおなじみの漫画家・赤松健先生の奥様にして、iDeaとして音楽活動もされている方です。

 7月27日の「☆ナナヒカリ☆ツアーズ2007〜5th ウエディングパーティー〜」を前にしてお忙しい中、丁寧なおもてなしをしていただいて恐縮でした……。赤松健先生との出会いから結婚、ブログや公式サイトの開設の経緯などについてうかがった記事は、赤松佳音さんのコスプレ写真とともに8月発売の「サイゾー」に掲載されます。


魔法先生ネギま! 19 (19) (少年マガジンコミックス)

投稿者 munekata : Permalink

2007年7月17日

講談社のサイト「MouRa」での連載「ネット幸福論」第13回更新

 講談社が運営するサイト「MouRa」での私の連載「ネット幸福論」が更新されました。第13回は「テキストを書く代わりにターンテーブルを回すという発明」。今回はコジャレ系やテキストサイトとクラブ・イベントの話題です。よろしくお願いいたします。


ネット幸福論

投稿者 munekata : Permalink

2007年7月10日

講談社のサイト「MouRa」での連載「ネット幸福論」第12回更新

 講談社が運営するサイト「MouRa」での私の連載「ネット幸福論」が更新されました。第12回は「この際はっきり言っておくけどアイドルと結婚は別腹」。今回はインターネットとアイドル文化の話題です。よろしくお願いいたします。


ネット幸福論

投稿者 munekata : Permalink

2007年7月 3日

講談社のサイト「MouRa」での連載「ネット幸福論」第11回更新(修正版)

 講談社が運営するサイト「MouRa」での私の連載「ネット幸福論」が更新されましたが、本来あるべき段落がまるごと欠落していることに更新後に気づきました。

 それにともない、修正版の第11回「プロザックという希望があった20世紀の終焉」を公開しました。いったいどの段落が欠落していたのか、間違い探し感覚で読んでいただければ幸いです。

 今回はインターネットとメンタルヘルスの話題です。改めてよろしくお願いいたします。


ネット幸福論

投稿者 munekata : Permalink

2007年7月 1日

「週刊プレイボーイ」7/9号No.28

 「週刊プレイボーイ」7/9号No.28では、「流出『北沢署マル秘捜査データ』闇のサイバー争奪戦!」でコメントしています。名字にふりがなを振っていただいたのですが、「むなかた」になっていました……。


「週刊プレイボーイ」7/9号No.28

投稿者 munekata : Permalink

2007年6月29日

秋元康さんにインタビュー取材

 秋元康事務所で秋元康さんにインタビュー取材。「夕やけニャンニャン」世代をアピールすべく、とんねるずの1985年作「仏滅そだち」のアナログ盤を持っていきました。AKB48について熱く語っていただいたインタビューは、次号の「サイゾー」に掲載されます。


AKB48「軽蔑していた愛情」 (初回限定盤)

投稿者 munekata : Permalink

2007年6月26日

TMAさんに取材

 「涼宮ハルヒの憂鬱」のパロディAV「涼宮ハヒルの憂鬱」→amazon.co.jp)でおなじみのTMAさんに取材してきました。アニメやゲームのパロディに賭ける彼らの並々ならぬ情熱は、はたしてどこから湧き出るものなのか? 記事は次号の「サイゾー」に掲載されます。


涼宮ハヒルの憂鬱 香坂百合

投稿者 munekata : Permalink

講談社のサイト「MouRa」での連載「ネット幸福論」第10回更新

 講談社が運営するサイト「MouRa」での私の連載「ネット幸福論」が更新されました。第10回は「逃げ場のない世界でロボットとともに追いかけるのか、それとも追いかけられるのか」。今回は検索エンジンの話題です。よろしくお願いいたします。


ネット幸福論

投稿者 munekata : Permalink

2007年6月23日

「MUSIC MAGAZINE」7月号

 「MUSIC MAGAZINE」7月号(→amazon.co.jp)では、くるり特集で「TEAM ROCK」(→amazon.co.jp)のアルバム評、アルバム・ピックアップで佐野元春「COYOTE」(→amazon.co.jp)、サー・ディンディン「アライヴ」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」7月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年6月19日

講談社のサイト「MouRa」での連載「ネット幸福論」第9回更新

 講談社が運営するサイト「MouRa」での私の連載「ネット幸福論」が更新されました。第9回は「近代が生み出した幻想である個性を捨ててインターネットで朽ち果てろ」。インターネット上でのアイデンティティの話題です。ツール紹介はTumblr。よろしくお願いいたします。


ネット幸福論

投稿者 munekata : Permalink

2007年6月18日

「サイゾー」7月号

 「サイゾー」7月号(→amazon.co.jp)では、特集「あのテレビ番組の裏暴きます。」で平井理央の2ページ記事を執筆しました。


「サイゾー」7月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年6月15日

「レコード・コレクターズ」7月号

 「レコード・コレクターズ」7月号(→amazon.co.jp)では、サディスティック・ミカ・バンド「LIVE in Tokyo」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。

 ところで、25周年企画として、1960年代、1970年代のベスト・アルバムを決めてきた特集も今号が最後で、いよいよ1980年代。1位の作品には納得しました。僕も大好きなアルバムです。


「レコード・コレクターズ」7月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年6月12日

講談社のサイト「MouRa」での連載「ネット幸福論」第8回更新

 講談社が運営するサイト「MouRa」での私の連載「ネット幸福論」が更新されました。第8回は「何の報酬もない世界で乞御高評」。「そもそもブログって何のために開設するの?」という話です。 よろしくお願いいたします。


ネット幸福論

投稿者 munekata : Permalink

2007年6月11日

菅野よう子さんにインタビュー取材

 ソニーミュージックで菅野よう子さんにインタビュー取材。噂通り、天才性を感じさせる方でした。記事は次号の「アニソンマガジン」に掲載される予定です。


【完全生産限定版】DARKER THAN BLACK-黒の契約者- 1

投稿者 munekata : Permalink

2007年6月 5日

講談社のサイト「MouRa」での連載「ネット幸福論」第7回更新

 講談社が運営するサイト「MouRa」での私の連載「ネット幸福論」が更新されました。 第7回は「インターネットはグーテンベルクの夢を見るか」。アンダーグラウンドやセキュリティの話題です。 よろしくお願いいたします。


ネット幸福論

投稿者 munekata : Permalink

2007年5月29日

講談社のサイト「MouRa」での連載「ネット幸福論」第6回更新

 講談社が運営するサイト「MouRa」での私の連載「ネット幸福論」が更新されました。 第6回は「カルト宗教みたいなWeb 2.0は迷惑メールフォルダへ」です。 よろしくお願いいたします。


ネット幸福論

投稿者 munekata : Permalink

2007年5月24日

「MUSIC MAGAZINE」6月号

 「MUSIC MAGAZINE」6月号(→amazon.co.jp)では、サンディー「Sandii’s Tahitian Passions」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」6月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年5月22日

講談社のサイト「MouRa」での連載「ネット幸福論」第5回更新

 講談社が運営するサイト「MouRa」での私の連載「ネット幸福論」が更新されました。 第5回は「インターネットでつぶやいてはならないたったひとつの言葉」です。よろしくお願いいたします。


ネット幸福論

投稿者 munekata : Permalink

2007年5月18日

「サイゾー」6月号

 「サイゾー」6月号(→amazon.co.jp)では、特集「日本の裏側が見える!タブー破りの本100冊」で文壇タブーのコーナーの構成を担当しています。渡部直己さんと小谷野敦さんの対談と、山崎行太郎さんへのインタビューから構成されている記事です。


「サイゾー」6月号


投稿者 munekata : Permalink

「レコード・コレクターズ」6月号

 「レコード・コレクターズ」6月号(→amazon.co.jp)では、大貫妙子「Boucles d'oreilles」(→amazon.co.jp)、マリ・アンド・レッド・ストライプス「Mari & Red Stripes」(→amazon.co.jp)、杉真理&レッド・ストライプス「Swingy」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」6月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年5月15日

講談社のサイト「MouRa」での連載「ネット幸福論」第4回更新

 講談社が運営するサイト「MouRa」での私の連載「ネット幸福論」が更新されました。第4回は「回線速度と幸せは比例すると信じていたナローバンドのあの夏の終わり」。タイトルが長くてすみません。連載4回目にしてやっと、初めてインターネットに接続した時代の話題になりました。以前の3回分は1月から2月に書き溜めていたもので、ここから連載スタート以降に書いた記事になります。


「ネット幸福論」第4回


 ちなみに「MouRa」では、toutouが出演しているNHK教育「きょうから英会話」のドラマ部分で茜役を演じているTORICOさんの連載「不思議ナ国ノ TORICO」もスタートしていて驚きました。

投稿者 munekata : Permalink

2007年5月 2日

渡部直己さん、小谷野敦さん対談

 「サイゾー」の企画で、渡部直己さんと小谷野敦さんの対談の進行役。刺激的な対談でした。


スガ秀実、渡部直己「新・それでも作家になりたい人のためのブックガイド」

小谷野敦「反=文芸評論―文壇を遠く離れて」

投稿者 munekata : Permalink

2007年5月 1日

講談社のサイト「MouRa」での連載「ネット幸福論」第3回更新

 講談社が運営するサイト「MouRa」での私の連載「ネット幸福論」が更新されました。第3回は「YouTubeという巨大な映像アーカイブの中を泳ぐ『魚』たち」です。「新世紀エヴァンゲリオン」の回想から現在のStage6とVeohまで突っ走ります。よろしくお願いいたします。


ネット幸福論

投稿者 munekata : Permalink

2007年4月30日

山崎行太郎さんにインタビュー取材

 「サイゾー」の取材で、渋谷で文藝評論家の山崎行太郎さんにインタビュー。興味深いお話をたくさんうかがえました。


山崎行太郎「小説三島由紀夫事件」

投稿者 munekata : Permalink

2007年4月25日

「MUSIC MAGAZINE」5月号

 「MUSIC MAGAZINE」5月号(→amazon.co.jp)では、空気公団のライヴ評、ムーンライダーズ「MOONRIDERS 30th Anniversary Premium BOX」(→amazon.co.jp)のDVD評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」5月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年4月24日

講談社のサイト「MouRa」での連載「ネット幸福論」第2回更新

 講談社が運営するサイト「MouRa」での私の連載「ネット幸福論」が更新されました。第2回は「日本のインターネットが燃え殻になる日」です。よろしくお願いいたします。


ネット幸福論

投稿者 munekata : Permalink

2007年4月17日

講談社のサイト「MouRa」での連載「ネット幸福論」が始まりました

 講談社が運営するサイト「MouRa」で、私の連載「ネット幸福論」がスタートしました。第1回「ブラウザを見つめているだけで幸せになれると思ったのかい」


ネット幸福論


 2006年12月14日に私のサイト「小心者杖日記」はスタートから10周年を迎えました。「ネット幸福論」は、「MouRa」という場をお借りして、その10年間の自分のインターネット生活を総括すると同時に、「Web2.0」という言葉で表現されるこれからのインターネットの世界についていくばくかの展望を述べていく連載です。「ネット幸福論」というタイトルは、そうしたコンセプトのもとに編集部にお任せして決まりました。

 この連載にあたっては、これまで自分がインターネットや商業誌などで、書き手としての自分自身に課してきたいくつかのルールを外して臨もうと考えています。これからも続く自分の人生に漠然とした不安を感じる今だからこそ書けるようなものを。そして、「ブロゴスフィア」と呼ばれるブログの世界を超えて、できるだけ遠くへ届くようなものを書いていこうと思います。

 この連載は、おそらくインターネットの歴史の資料になるようなものではありません。その代わり、10年分の「小心者の杖日記」の記述を元にして、ひとりの人間がインターネットに触れて人生がどう変化したかを描くエッセイとして、「ネット幸福論」というタイトル通りの内容になれば良いと考えています。

 更新ペースは週1回を予定しています。1回あたり約5000字と、長文の続く連載ですが、お読みいただければ幸いです。そして、もし短期間で連載が終了してしまった場合には、「あーあ」と思って心の中で合掌してください……。皆様からのアクセスだけが頼りですので、ブログなどで紹介していただけると非常に有難いです!

 感想やご意見などありましたら、ぜひお知らせください。

 よろしくお願いいたします。

投稿者 munekata : Permalink

2007年4月15日

「レコード・コレクターズ」5月号

 「レコード・コレクターズ」5月号(→amazon.co.jp)では、登川誠仁「It's only セイ小(グヮ)〜ザ・ベスト・オブ・登川誠仁 1975-2004〜」(→amazon.co.jp)、あがた森魚「乗物図鑑」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」5月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年4月13日

北中正和監修「世界は音楽でできている」[中南米・北米・アフリカ編][ヨーロッパ・アジア・太平洋・ロシア&NIS編]

 北中正和さんの監修のもと制作されたワールドミュージックのガイド・ブック「世界は音楽でできている[中南米・北米・アフリカ編]」→amazon.co.jp)、「世界は音楽でできている[ヨーロッパ・アジア・太平洋・ロシア&NIS編]」→amazon.co.jp)が発売されました。僕は両方でアーティスト紹介とディスク・ガイドを執筆しています。

 この2冊、いわゆる民族音楽的な「ワールドミュージック」にとどまらず、ロックやポップス寄りの音楽も含めて、広く世界の新旧のポピュラー・ミュージックを紹介する内容になっています。地域ごとの音楽ジャンルの紹介、アーティスト紹介、ディスク・ガイドなどから構成された、密度の濃い2冊です。


北中正和監修「世界は音楽でできている[中南米・北米・アフリカ編]」

北中正和監修「世界は音楽でできている[ヨーロッパ・アジア・太平洋・ロシア&NIS編]」

投稿者 munekata : Permalink

2007年3月24日

「MUSIC MAGAZINE」4月号

 「MUSIC MAGAZINE」4月号(→amazon.co.jp)では、中島美嘉「YES」(→amazon.co.jp)とCheba Djamila & Liberte「Enregistrement public au festival Les Escales 2005」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」4月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年3月12日

「UNGA!」No.111

 Perfumeのインタビューが掲載された「UNGA!」No.111が、今日には全国のCDショップに届く予定だそうです。 僕はPerfumeのインタビューを担当したほか、笹川美和「まよいなく」(→amazon.co.jp)のアルバム評も執筆しています。


「UNGA!」No.111

投稿者 munekata : Permalink

2007年2月21日

「MUSIC MAGAZINE」3月号

 「MUSIC MAGAZINE」3月号(→amazon.co.jp)では、aikoのライヴ評、キャプテンストライダム「BAN BAN BAN」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」3月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年2月16日

「レコード・コレクターズ」3月号

 「レコード・コレクターズ」3月号(→amazon.co.jp)では、バービーボーイズ「1st OPTION」(→amazon.co.jp)「FREEBEE」(→amazon.co.jp)「3rd BREAK」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」3月号

投稿者 munekata : Permalink

2007年2月13日

Perfumeにインタビュー取材

 渋谷のアミューズで、2月14日に「ファン・サーヴィス[sweet]」(→amazon.co.jp)と「Perfume〜Complete Best〜」再発盤(→amazon.co.jp)、3月14日に「ファン・サーヴィス[bitter]」(→amazon.co.jp)を連続リリースするPerfumeの皆さんにインタビュー取材。ファン層の拡大、高校卒業など、とりまく環境が変わりつつあるPerfumeの興味深い話をたくさんうかがえました。インタビューは「UNGA!」に掲載されます。


Perfume「ファン・サーヴィス[sweet]」(DVD付)

Perfume「Perfume~Complete Best~」(DVD付)

投稿者 munekata : Permalink

2007年1月22日

「MUSIC MAGAZINE」2月号

 「MUSIC MAGAZINE」2月号(→amazon.co.jp)では、曽我部恵一とサニーデイ・サービス特集でサニーデイ・サービスの「若者たち」(→amazon.co.jp)と曽我部恵一の「sketch of shimokitazawa」(→amazon.co.jp)のアルバム・ガイド、小坂忠「まだ夢の続き」(→amazon.co.jp)の書評、サンボマスター「僕と君の全ては日比谷野外音楽堂で唄え」(→amazon.co.jp)のDVD評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」2月号

投稿者 munekata : Permalink

2006年12月20日

「MUSIC MAGAZINE」1月号

 「MUSIC MAGAZINE」1月号(→amazon.co.jp)では、ムーンライダーズのライヴ評、Tete「Le Sacre des Lemmings」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」1月号

投稿者 munekata : Permalink

2006年11月22日

ミュージック・マガジン増刊「ムーンライダーズの30年」

 ミュージック・マガジン増刊「ムーンライダーズの30年」では、かしぶち哲郎さんのインタビューを担当したほか、編集アルバム7枚のディスク・ガイド、30周年記念盤のリリース予定をまとめた「この秋の発売を総ざらい」、メンバーのソロ&ユニット作品8枚のディスク・ガイドを執筆しています。


ミュージック・マガジン増刊「ムーンライダーズの30年」

投稿者 munekata : Permalink

「MUSIC MAGAZINE」12月号

 「MUSIC MAGAZINE」12月号(→amazon.co.jp)では、矢野顕子特集でエピック・ソニー作品10枚のアルバム・ガイドを執筆したほか、アルバム・ピックアップで松田美緒「ピタンガ!」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」12月号

投稿者 munekata : Permalink

2006年11月10日

「別冊宝島1362 音楽誌が書かないJポップ批評45 忌野清志郎のブルースを捜して」

 「別冊宝島1362 音楽誌が書かないJポップ批評45 忌野清志郎のブルースを捜して」(→amazon.co.jp)では、RCサクセションの「カバーズ」のアルバム・レビューを執筆しています。


「別冊宝島1362 音楽誌が書かないJポップ批評45 忌野清志郎のブルースを捜して」

投稿者 munekata : Permalink

2006年10月25日

「MUSIC MAGAZINE」11月号

 「MUSIC MAGAZINE」11月号(→amazon.co.jp)では、曽我部恵一「東京コンサート」(→amazon.co.jp)とキリンジ「DODECAGON」(→amazon.co.jp)のアルバム評、Kilaのライヴ評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」11月号

投稿者 munekata : Permalink

2006年10月18日

「レコード・コレクターズ」11月号

 「レコード・コレクターズ」11月号(→amazon.co.jp)では、フリッパーズ・ギター「THREE CHEERS FOR OUR SIDE〜海へ行くつもりじゃなかった〜」(→amazon.co.jp)「CAMERA TALK」(→amazon.co.jp)、糸井重里「ペンギニズム」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」11月号

投稿者 munekata : Permalink

2006年10月 9日

「UNGA!」NO.108

 「UNGA!」NO.108では、ANATAKIKOU「シンデレラ」(→amazon.co.jp)のレビューを執筆しています。


「UNGA!」NO.108

投稿者 munekata : Permalink

2006年10月 2日

ムーンライダーズのかしぶち哲郎さんにインタビュー取材

 10月25日に新作「MOON OVER the ROSEBUD」(→amazon.co.jp)をリリースするムーンライダーズかしぶち哲郎さんに白金台でインタビュー取材。これまでの30年について一気にお話をうかがいました。

 カメラマンは富井昌弘さん。短い時間でかしぶち哲郎さんのダンディーな魅力を写真に収めていて、さすがプロは違うなぁ……と素人の自分は感じました。

 僕らの後に同じ場所でインタビュー取材のあった、鈴木博文さん志田歩さんにもご挨拶して帰路に。


ムーンライダーズ「MOON OVER the ROSEBUD」

ムーンライダーズ「ゆうがたフレンド(公園にて)」

投稿者 munekata : Permalink

2006年9月22日

「MUSIC MAGAZINE」10月号

 「MUSIC MAGAZINE」10月号(→amazon.co.jp)では、「クロス・レヴュー」に参加しているほか、aiko「彼女」(→amazon.co.jp)のアルバム評、フィッシュマンズ「THE LONG SEASON REVUE」(→amazon.co.jp)のDVD評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」10月号

投稿者 munekata : Permalink

2006年9月17日

「レコード・コレクターズ」10月号

 「レコード・コレクターズ」10月号(→amazon.co.jp)では、青山陽一「DEADLINES」(→amazon.co.jp)、有賀啓雄「ゴールデン★ベスト」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」10月号

投稿者 munekata : Permalink

2006年9月 4日

「UNGA!」NO.107

 すでに配布は終了しているかもしれませんが、「UNGA!」NO.107ではPerfumeへのインタビュー取材を担当しています。写真、インタビュー、プロデューサーの中田ヤスタカのコメント、編集長の檄文(!)など、計6ページの記事です。また、キリンジ「ロマンティック街道」(→amazon.co.jp)のレビューも執筆しています。


「UNGA!」NO.107

投稿者 munekata : Permalink

2006年8月22日

「MUSIC MAGAZINE」9月号

 「MUSIC MAGAZINE」9月号(→amazon.co.jp)では、パール兄弟のインタビュー記事、GANGA ZUMBA「HABATAKE!」(→amazon.co.jp)、JANTARMANTAR「ジャンタルマンタル」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」9月号

投稿者 munekata : Permalink

2006年8月16日

「レコード・コレクターズ」9月号

 「レコード・コレクターズ」9月号(→amazon.co.jp)では、シネマ「ゴールデン☆ベスト」(→amazon.co.jp)、ヴァージンVS「ゴールデン☆ベスト」(→amazon.co.jp)、DATE OF BIRTH「ゴールデン☆ベスト」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」9月号

投稿者 munekata : Permalink

2006年8月 3日

「レコード・コレクターズ」8月号

 ご紹介が遅れましたが、「レコード・コレクターズ」8月号(→amazon.co.jp)では、サディスティック・ミカ・バンド「超別嬪」(→amazon.co.jp)、Dr. John「Mercernary(シングス・スタンダード)」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」8月号

投稿者 munekata : Permalink

2006年7月22日

「MUSIC MAGAZINE」8月号

 7月20日に発売された「MUSIC MAGAZINE」8月号(→amazon.co.jp)では、Moreno-Domenico-Kasshin+2のライヴ評、ミホミホマコト「ミホミホマコト」(→amazon.co.jp)とビューティフルハミングバード「空へ」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」8月号

投稿者 munekata : Permalink

パール兄弟インタビュー取材

 7月20日は、8月23日にアニメ「N・H・Kにようこそ!」のサウンドトラック盤「ダークサイドにようこそ!」(→amazon.co.jp)をリリースするパール兄弟のサエキけんぞうさんに表参道でインタビュー取材。サブカルチャー通のサエキさんだけあって、楽しいお話をたくさんうかがうことができました。


パール兄弟「ダークサイドにようこそ!」

投稿者 munekata : Permalink

2006年6月21日

「MUSIC MAGAZINE」7月号

 「MUSIC MAGAZINE」7月号(→amazon.co.jp)では、最近の久保田麻琴の活動についての評論文「ますます活発に世界を駆け巡る"音の錬金術師" 久保田麻琴の最近の活動から見えてくるもの」と、Ron Sexsmith「Time Being」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」7月号

投稿者 munekata : Permalink

2006年6月15日

「レコード・コレクターズ」7月号

 「レコード・コレクターズ」7月号(→amazon.co.jp)では、タイツ「GIRLIC REPLICA」(→amazon.co.jp)、D-DAY「crossed fingers」(→amazon.co.jp)、田中良「神様がくれた僕らの日々」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」7月号

投稿者 munekata : Permalink

2006年6月 9日

Perfumeの皆さんにインタビュー取材

 「UNGA!」の取材で、Perfumeの皆さんに徳間ジャパンコミュニケーションズでインタビューをしてきました。

 ライターとしてインタビュー取材はそれなりの数をこなしてきましたが、いわゆる「アイドル」という立ち位置の人に取材するのは初めての経験。そのため、普段とは違った緊張感を味わいました。しかも、徳間ジャパンコミュニケーションズの入っているビルのロビーで「UNGA!」編集長のツダケンさんを待っていたら、高校の制服姿のPerfumeの皆さんが目の前を通り過ぎていったじゃないですか。軽い衝撃を受けました。

 そんなわけで、のっちさん、かしゆかさん、あーちゃんさんのキュートな3人組に1時間ちょっとインタビュー。6月28日発売の大傑作にして超名曲「エレクトロ・ワールド」と、同じく素晴らしいカップリングの「wonder2」についてうかがってきました。次号(たぶん)の「UNGA!」をお楽しみに!


追記:Perfume関連リンク集に海外ファンサイトを追加しました。


Perfume「エレクトロ・ワールド」

投稿者 munekata : Permalink

2006年6月 5日

「UNGA!」NO.106

 「UNGA!」NO.106では、bonobos「Beautiful」(→amazon.co.jp)のレビューを執筆しています。


「UNGA!」NO.106

投稿者 munekata : Permalink

2006年5月21日

「MUSIC MAGAZINE」6月号

 「MUSIC MAGAZINE」6月号(→amazon.co.jp)では、まず特集「ムーンライダーズの30年」で、1977年〜1980年の活動の解説と、パナム/クラウン時代のアルバム5枚の紹介、そして鈴木博文と武川雅寛のメンバー紹介を執筆しています。

 また、いつものアルバム評では元ちとせ「ハナダイロ」(→amazon.co.jp)を担当しました。


「MUSIC MAGAZINE」6月号

投稿者 munekata : Permalink

2006年5月17日

「レコード・コレクターズ」6月号

 「レコード・コレクターズ」6月号(→amazon.co.jp)では、普久原恒勇「芭蕉布 〜普久原恒勇作品集〜」(→amazon.co.jp)、SURF TRIP「6 keys to Surf Jazz」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」6月号

投稿者 munekata : Permalink

2006年4月22日

「MUSIC MAGAZINE」5月号

 「MUSIC MAGAZINE」5月号(→amazon.co.jp)では、玉置浩二「PRESENT」のアルバム評を執筆しています。

 そして、遂に「MUSIC MAGAZINE」もAmazon.co.jpで買えるようになりました!


「MUSIC MAGAZINE」5月号

投稿者 munekata : Permalink

2006年4月18日

「レコード・コレクターズ」5月号

 「レコード・コレクターズ」5月号(→amazon.co.jp)では、ゲルニカ「改造への躍動」、戸川純「玉姫様」、戸川純とヤプーズ「裏玉姫」、戸川純「玉姫伝〜ライブ含有」、アポジー&ペリジー「超時空コロダスタン旅行記」、戸川純ユニット「極東慰安唱歌」、戸川純「好き好き大好き」、上野耕路「Music For Silent Movies」、戸川純とヤプーズ「TOUR-LIVE '85〜'86」、戸川純「東京の野蛮」の計10作品のレヴューを執筆しています。

 あ、今気づいたのですが、遂にAmazon.co.jpでも「レコード・コレクターズ」を買えるようになったみたいです!


「レコード・コレクターズ」5月号

投稿者 munekata : Permalink

2006年3月24日

「MUSIC MAGAZINE」4月号

 「MUSIC MAGAZINE」4月号では、ohana「オハナ百景」のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」4月号

投稿者 munekata : Permalink

2006年3月14日

「レコード・コレクターズ」4月号

 「レコード・コレクターズ」4月号では、冨田ラボ「Shiplaunching」のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」4月号

投稿者 munekata : Permalink

2006年3月10日

「ネットランナー」4月号

 「ネットランナー」4月号(→amazon.co.jp)では、ニュースコーナー「要注目!! 話題の真相」の「加護亜依が活動自粛! 各社の報道姿勢は?」という記事でコメントをしています。記事の執筆は鈴木芳樹さん


「ネットランナー」4月号

投稿者 munekata : Permalink

2006年2月22日

「MUSIC MAGAZINE」3月号

 「MUSIC MAGAZINE」3月号では、ウルフルズ「YOU」のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」3月号

投稿者 munekata : Permalink

2006年2月 3日

「別冊宝島1265 音楽誌が書かないJポップ批評41 ブルーハーツ / ハイロウズ ヒロトとマーシーの20年」

 「別冊宝島1265 音楽誌が書かないJポップ批評41 ブルーハーツ / ハイロウズ ヒロトとマーシーの20年」→amazon.co.jp)では、ブルーハーツの「人にやさしく」についてのエッセイを執筆しています。


「別冊宝島1265 音楽誌が書かないJポップ批評41 ブルーハーツ / ハイロウズ ヒロトとマーシーの20年」

投稿者 munekata : Permalink

2006年1月24日

「MUSIC MAGAZINE」2月号

 「MUSIC MAGAZINE」2月号では、特集「フィッシュマンズは生き続ける!」の「オレンジ」評と「オリジナル・アルバム未収録の音源」の解説、湯川潮音「湯川潮音」のアルバム評、今井紀明さんとの出会いについて書いたコラム「ポイント・オブ・ヴュー」を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」2月号

投稿者 munekata : Permalink

2005年12月20日

「MUSIC MAGAZINE」1月号

「MUSIC MAGAZINE」1月号では、オムニバス「昭和元禄NOW! 第1集」のアルバム評を執筆しています。

051220a.jpg

投稿者 munekata : Permalink

2005年12月17日

「レコード・コレクターズ」1月号

 「レコード・コレクターズ」1月号では、矢口博康「Gastronomic」とオムニバス「We Wish You A Merry Christmas」のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」1月号

投稿者 munekata : Permalink
月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.