小心者の杖日記

2014年1月 6日

ゆうぎ王家のガレット・デ・ロワ

 もてちとゆうぎ王の新婚家庭で「ガレット・デ・ロワ」なるものを食べる儀式が行われるというので行ってきました。

 ガレット・デ・ロワはフランスでは1月6日の「公現節」で食べられるお菓子だそうで、「フェーヴ」と呼ばれる人形が入っているというもの。今夜は、もてち、ゆうぎ王、モコモコ、うめぼしさん、そして僕ら夫婦で2個を食べたのですが、ひとつにはムーミン、もうひとつにはアーモンドがフェーヴとして入っていました。これを当てると王または女王になれるのだとか。僕は当てられず、王様になり損ねました。



ガレット・デ・ロワ

[ 日常 ]
投稿者 munekata : 2014年01月06日
この記事に関連しているかもしれない商品
コメント
コメントはまだありません。
コメントする





保存しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.outdex.net/mt5/mt-tb.cgi/16789

月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.