小心者の杖日記

2013年12月31日

メンズサイゾーに「2013年アイドルポップスベスト10まとめ」を執筆しました

 メンズサイゾーに恒例となるアイドルポップスの年間ベスト10として「『次の10年』を生き抜こう。~2013年アイドルポップスベスト10まとめ」を執筆しました。

 すると、なんとタワーレコード新宿店様が、そのベスト10のコーナーを作ってくださったとのこと! 大晦日のお忙しい中、ありがとうございます......!




 このアイドルポップス年間ベスト10を選んだのも今年で4回目。もちろん連載当初は想像もしなかったアイドルブームが発生したという要因もありますが、継続は力だな......と痛感します。

 今年はYahoo!ニュース個人(宗像明将)で音楽記事を執筆する機会にも恵まれました。僕が心がけたのは、極力現場に足を運んで(それがたとえ女川でも京都でも)ライヴレポートを書くことでした。今後もこの枠では、そうした姿勢のジャーナリズムを堅持していきたいです。

 更新が停滞気味のこの「小心者の杖日記」も年末年始の休み中にある程度まで復旧したいと考えています。

 2013年は誠にありがとうございました。2014年も何卒よろしくお願いいたします!



BiSimulation



NHK「第64回NHK紅白歌合戦」

 NHK「第64回NHK紅白歌合戦」を見ました。

 大瀧詠一が亡くなった直後だけに、森進一には大瀧詠一作品の「冬のリヴィエラ」を歌ってほしかったですが、さすがに急すぎて無理なのも仕方ありません。

 企画コーナーでのひとつは「花は咲く」。菅野よう子が、東日本大震災後に自身の名義で発表した「きみでいて ぶじでいて」以降の流れにおける彼女の最高傑作のひとつです。

 そして今回の企画として感動したのはあまちゃんスペシャルビッグバンド。オープニングテーマは彼らによる「64回だョ!紅白歌合戦」でした。「紅白あまちゃんスペシャルビッグバンド出演決定 メンバー詳細です - 大友良英のJAMJAM日記」より。


出演 
バンマスとパーッカッション 天野アキ
まちゃんスペシャルビッグバンド
大友良英(G、バンジョー)
江藤直子(P)
近藤達郎(Org)
斉藤 寛(Fl)
井上梨江(Cl)
鈴木広志(Sax)
江川良子(Sax)
東 涼太(Sax)
佐藤秀徳(Tp)
今込 治(Tb)
木村仁哉(Tuba)
大口俊輔(Acc)
高井康生(G)
かわいしのぶ(B)
芳垣安洋(Ds)
小林武文(Per)
上原なな江(Per)
相川 瞳(Per)
Sachiko M(sinewaves)  
コーラス/サンズリバーズ(高瀬"Makoring"麻里子、飯田希和、加藤圭子)
オープニングには金原千恵子ストリングスも録音参加。
総勢三十数名による演奏です。


 「あまちゃん」の第157回「おら、紅白出るど」として用意された企画枠のカタルシスも強烈。デート・コース・ペンタゴン・ロイヤル・ガーデン以来となる大友良英と高井康生のツイン・ギターによる「暦の上ではディセンバー」は、ワイルドでスリリングなギターが鳴りまくることに。芳垣安洋も参加しており、2000年6月24日に吉祥寺Star Pine's Cafeで初めてデート・コース・ペンタゴン・ロイヤル・ガーデンを見たときには、13年後に彼らを「NHK紅白歌合戦」とは思ってもみませんでした。

 そして、能年玲奈と橋本愛(東京に来ないはずのユイが来たという趣向)、小泉今日子、薬師丸ひろ子が、大友良英率いるバンドで「潮騒のメモリー」を歌いました。特に薬師丸ひろ子が歌ったヴァージョンのストリングス主体のアレンジが素晴らしかったです。出演者が一気に出てきた「地元に帰ろう」もベタですが楽しく、NHKに料金を払っていて良かったと思うほど音楽的にも企画的にも豊かでした。あそこまで生演奏、生歌と思われる音楽を「HK紅白歌合戦」聴けたのも貴重。

 AKB48での大島優子の卒業宣言はまさにショービジネスの神髄。

 泉谷しげるは説教強盗のようでしたが、ミュージシャンとしての彼のかっこよさをテレビで見られたのが嬉しかったです。


連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック

連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック 2

あまちゃんアンコール~連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック 3~ あまコレBOX付コレクターズエディション【初回限定盤】


大瀧詠一死去

 大瀧詠一が死去

 僕が大学生の頃はちょうど大瀧詠一のナイアガラ作品を聴くのが難しい時期(再発の谷間だったと記憶しています)で、はっぴいえんどを一通りを聴き終えた僕は、東京中の図書館でアルバム情報を検索して探して借りまくった記憶があります。

 やがて待望の再発があって、ナイアガラの大瀧詠一関連作品はほぼ全て揃えました。とはいえ、再発の度に何かを変える大瀧詠一なので、完璧なコンプリートをする「ナイアガラー」には僕はなれませんでしたが。

 はっぴいえんど、大瀧詠一ソロ、変名作品、プロデュース作品、提供作品、監修・編集作品を必死に追ったつもりでしたが、その多さに若僧は振り回され続けました。一番好きなナイアガラのアルバムは、衝撃度で言えば「LET'S ONDO AGAIN」。あれはワールドミュージックです。

 近年の繰り返される「Anniversary Edition」再発には、新味を感じられずについていけなくなっていました。でも、最後までそれを繰り返してソロの新作は遂に出ませんでした。偏屈な印象を受ける大瀧詠一の死因としてまず報じられたのはリンゴ。ブラックジョークのようです(実際は解離性動脈瘤だとのこと)。

 そんな大瀧詠の音楽を聴いて、僕はこんな大人になりました。


【LPサイズジャケット絵柄カレンダーなし】NIAGARA CD BOOK I

[ 音楽 ]

2013年12月30日

spoon+忘年会

 下北沢でspoon+忘年会。

 僕が今年はspoon+のライヴにほとんど行かずに忘年会だけ出ていた件をacoに怒られたので、反省して来年はspoon+のライヴにちゃんと行きます......! 



hear

[ 音楽 ]

フューチャーアイドルパーティースペシャル 「アイドルプラネット プレミアムLIVE DAY」@渋谷duo MUSIC EXCHANGE

 寺嶋由芙の出演する「フューチャーアイドルパーティースペシャル『アイドルプラネット プレミアムLIVE DAY』」のため渋谷duo MUSIC EXCHANGEへ。二部構成のうち第一部へ行ったのですが、予想よりも人が多くて非常に暑かったです。

 セットリストは「nip」以外の4曲。「パンケーキMIXはこの曲ですか?」と寺嶋由芙のサイン入りのヘラを持った人に聞かれたのに、第一部は準備してなくてすみません......!




 中華大衆酒家J渋谷でのゆふぃすと忘年会(3回目)では停電のアクシデント。券売機とテレビが動かないことに!


パンケーキ・ノート おいしいパンケーキ案内100

大友良英、直枝政太郎、大森靖子、前野健太、「大貫妙子トリビュート・アルバム」、あがた森魚、矢野顕子、「サザエさん音楽大全」、バンドじゃないもん!、lyrical school、Especia、モコモコ、でんぱ組.inc、Arcade Fire、Vampire Weekend、Justin Timberlake、Jellyfish、XTC、ソウル・フラワー・ユニオン、BiS etc.

 今年最後の買ったCDは、大友良英「あまちゃんアンコール ~連続テレビ小説『あまちゃん』オリジナル・サウンドトラック 3~ 」初回生産限定盤、直枝政太郎「東京ゴジラ」、大森靖子「黒歴史再録」、前野健太「ハッピーランチ」、オムニバス「大貫妙子トリビュートアルバム - Tribute to Taeko Onuki-」、あがた森魚「あがた森魚の世界史#7 シングルB面等/コンピレーション収録集」、矢野顕子「峠のわが家」、オムニバス「サザエさん音楽大全」、バンドじゃないもん!「雪降る夜にキスして」通常盤/初回限定盤A/初回限定盤B、lyrical school「わらって.net / My かわいい日常たち」初回限定盤、Especia「Our SP!CE」、モコモコ「ハロー!HATSUKOI」、でんぱ組.inc「WORLD WIDE DEMPA」初回限定盤、Arcade Fire「Reflektor」、Vampire Weekend「Modern Vampires Of The City」、Justin Timberlake「The 20/20 Experience」、Jellyfish「Radio Jellyfish」、XTC「Nonsuch(CD+Blu-Ray)」。

 他に聴いたのは、ソウル・フラワー・ユニオン「THE BEST OF SOUL FLOWER UNION」、BiS「STUPiG」、Lamp「ゆめ」、イニーミニーマニーモー「アンポンタンプンチンプンカンプン」、AKB48「ギンガムチェック」劇場盤「ハート・エレキ」劇場盤「鈴懸の木の道で『君の微笑みを夢に見る』と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」劇場盤です。


あまちゃんアンコール~連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック 3~ あまコレBOX付コレクターズエディション【初回限定盤】

東京ゴジラ

ハッピーランチ

大貫妙子トリビュートアルバム - Tribute to Taeko Onuki- (2枚組ALBUM)

シングル/コンピレーション収録集

峠のわが家

サザエさん音楽大全

雪降る夜にキスして(初回限定盤A)

雪降る夜にキスして(初回限定盤B)

雪降る夜にキスして(通常盤)

WORLD WIDE DEMPA 初回限定盤

Reflektor

Modern Vampires of the City

The 20/20 Experience (Deluxe Version)

Radio Jellyfish

Nonsuch (Cd+Blu-Ray)

ザ・ベスト・オブ・ソウル・フラワー・ユニオン 1993-2013

STUPiG (CD+DVD) (アニメ盤)

STUPiG (CD+DVD) (MUSIC VIDEO盤)

STUPiG

ゆめ

アンポンタンプンチンプンカンプン Tape A

ギンガムチェック(劇場盤)

ハート・エレキ【劇場盤】(外付け特典なし) [CD] AKB48

鈴懸(すずかけ)の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論の...

[ CD2013 ]

2013年12月29日

テレビ朝日「痛快!ビッグダディ『完結編』さすらい密着2760日! 涙と笑いの最終回スペシャル」

 テレビ朝日「痛快!ビッグダディ『完結編』さすらい密着2760日! 涙と笑いの最終回スペシャル」を見ました。とはいえ、放送時間が「18:30~24:05」であることに気づいて震撼することに......。

 前妻にしてタレントとなった美奈子さんは出演しない構成に。その代わり、横浜に住む最初の妻の佳美さんを導入する大技に度肝を抜かれました。

 2女の柔美さんは、岩手県に引越した後は高校に転入していなかったそうで、結局は母親である佳美さんのもとへ。ずっと登場していなかった長女の愛美さんが2年半ぶりに登場するも、奄美への移住までは不登校だったという話がさらりと出ていて、この家族の闇を見た気分になりました。

 以上、途中2時間寝ていましたがまとめです。「最終回」は以前にもあった気がするので、また放送があるのではと思っています。


ビッグダディ痛快レシピ29: こんな工夫で旨い! 安い! まさかのご馳走! (小学館セレクトムック)

母親失格 それでも、子どもが強く明るく育つ理由

2013年12月28日

上月祭2013冬~年末10時間スペシャル~@ 新宿 RUIDO K4

 寺嶋由芙が出演する「上月祭2013冬~年末10時間スペシャル~」のため新宿 RUIDO K4へ。

 現場の地下感にもうダメかと思ったものの、寺嶋由芙をBiS加入前から知る上月みくヲタの皆さんの加勢で、まさかのホーム並みの盛り上がり。セットリストは「nip」以外の4曲で、寺嶋由芙の発案による「パンケーキMIX」を「ぜんぜん」で発動したら、発案からわずか3日で成立していて、やっているこっちが驚きました。




 ゆふぃすと忘年会(2回目)をめだかでして帰宅。


Shining Days☆

2013年12月27日

女川原発、再稼働へ審査申請

 「女川原発、再稼働へ審査申請 被災した原発で初 - 朝日新聞デジタル」「女川原発の安全審査申請 被災原発では初 - NHKニュース」というニュースが。

 安全審査申請への動きはすでに報じられていましたが、NHKの記事によれば「規制委員会は新たに申請が出された原発の審査体制を決めておらず、女川原発の審査がどのように進められるか見通しはたっていません」とのこと。今後の動きを注視したいです。


女川原発はなぜ助かったのか (朝日新聞デジタルSELECT)

[ 社会 ]

2013年12月26日

「NHK紅白歌合戦」に大友良英

 「【紅白歌合戦】OPテーマ、『あまちゃん』大友良英が担当 能年玲奈も演奏参加 - ORICON STYLE」というニュースが。


大みそか恒例の『第64回NHK紅白歌合戦』で、連続テレビ小説『あまちゃん』の音楽を担当した大友良英氏がオープニングテーマを担当することが26日、同局より発表された。能年玲奈演じるヒロイン・天野アキ率いる「あまちゃんスペシャルビッグバンド」の演奏をバックに、軽快なメロディーで紅白を盛り上げる。


 さらに「紅白あまちゃんスペシャルビッグバンド出演決定 メンバー詳細です - 大友良英のJAMJAM日記」には出演メンバーの一覧が。大友良英、江藤直子、近藤達郎、高井康生、芳垣安洋、Sachiko Mらが出演とか、大変なことになってきました。


連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック

連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック 2

あまちゃんアンコール~連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック 3~ あまコレBOX付コレクターズエディション【初回限定盤】

2013年12月25日

大森靖子、Paul McCartney

 大森靖子の「君と映画」は、映像内の時系列がすでに公開された「ミッドナイト清純異性交遊」よりも前を描いていて、「君と映画」から「ミッドナイト清純異性交遊」という流れでつながっているトリッキーな構成にうなりました。ベランダのケーキまみれで寝ている男の謎がここで解けます。主演は大森靖子、橋本愛、蒼波純、稲葉友。



 Paul McCartneyの「NEW」は、世界中のファンからInstagramで集めた写真を使ったもので、そのアイデアが秀逸です。



絶対少女

New

2013年12月24日

Perfume@東京ドーム

 Perfumeの「Perfume 4th Tour in DOME 『LEVEL3』 supported by チョコラ BB」のため東京ドームへ。

 先月のPaul McCartneyと比較するのは酷というものでしょうが、音響はもうちょっとなんとかならなかったのでしょうか。

 序盤はともかくとして、上下するステージとレーザーと映像を駆使した「Party Maker」、照明を多用した「spending all my time」、そこからの「コンピューターシティ」のカタルシスは強烈でした。さらに「コンピューターシティ」から「エレクトロ・ワールド」の流れが一番興奮しました。「エレクトロ・ワールド」を2013年に聴けただけである程度満足。

 「PTAのコーナー」よりも楽曲をやってほしいのは相変わらず。終盤、「ポリリズム」を聴きながらいろいろなことを思い出しました。

 それにしてもクリスマス・イヴの夜に「Twinkle Snow Powdery Snow」やらないの!?


LEVEL3(初回限定盤)(DVD付)

LEVEL3


2013年12月23日

ゆっふぃープレゼンツ まじめなアイドルたちのクリスマス@赤坂元気劇場

 寺嶋由芙の主催イベント「ゆっふぃープレゼンツ まじめなアイドルたちのクリスマス」のために赤坂元気劇場へ。二部公演です。

 まず第一部。

 大森靖子は、冒頭が「ミッドナイト清純異性交遊」。新作にして名盤「絶対少女」のリード・ナンバーをオケで歌い、ケチャも起きる状況に。その後、ご機嫌な感じで「アイドルが好きだ」というMCが続いて、さだまさし状態に突入したらどうしようかと思いましたが、弾き語りを始めるさすがのステージ。

 クルミクロニクルは、新幹線を乗り間違えるも無事到着。ちゃんと入りの出囃子がクリスマス仕様になっていました。「ずっと大森靖子さんを聴いていたので、その後にやりたくないと思ってた」とMCで話していると、僕の背後に大森靖子さんがいたので最前列を譲ったら、大森靖子さんがクルミクロニクルからハイタッチのレスもらっていて素敵な絵でした。

 おとぎ話の有馬和樹は、アコースティック・ギターにもうひとり牛尾健太を連れての弾き語り。途中で寺嶋由芙を迎え、おとぎ話の「THE WORLD」にかつて「テラシマユフ」を迎えて収録した「BlS」の再演、B'zの「いつかのメリークリスマス」のカヴァー、おとぎ話の「Boys don't cry」も披露しました。

 BELLRING少女ハートは、相変わらず場を選ばぬ壮絶な盛り上がり。新曲「キャンディー」は初めて聴きましたが、グランジロックみたいなギター・サウンドでした。

 そして寺嶋由芙は、「ゆーふらいと(仮)」の2月26日CD発売を発表。おめでとう! 「サクラノート」を改題し、歌詞も変えたものになるとのこと。




 「nip」のアレンジが変わっていてアウトロが長くなったのでヲタがMIXで対応できないというアクシデントも。そして、従来の持ち曲4曲を歌った後にアンコールで80年代オマージュな新曲「ヒロインになりたい」を初披露しました。作曲はハジメタル、作詞は西浦謙助とのこと。




 ファンはこの日の「サクラノート」のためにピンクのサイリウムを大量に用意していたのですが、CDでは「サクラノート」のタイトルと歌詞が変更になるということで、「サクラノート」への別れと来年の新しいスタートへ向けたサイリウムになりました。

 続いて第二部。

 the peggiesの北澤ゆうほは、「これが16歳か」と思うようなエモーショナルなアコースティック・ギターの弾き語り。加茂啓太郎さんにマイクを待たせて弾き語りする光景は、静かに熱かったです。

 みきちゅは、シンガーソングライターにしてアイドルという存在ながら、今夜はみきちゅMIXも発動されてアイドル的な盛り上がり。いろいろな場に対応できるのは彼女の強みです。

 妄想キャリブレーションは、ディアステージ直送といった感のある盛り上がり。イエローパンチョスが発動されていました。

 いずこねこは、客に前に来いと煽るなど冒頭から見事なステージング。「にゃんにゃん」と客に言わせてるタイミングが実は変拍子で複雑なのもさすがでした。

 そして寺嶋由芙では、クリスマス仕様になったファンの中から、サンタがソリに乗ってくる「ソリフト」が誕生......!




 今回の寺嶋由芙自主企画は、今年屈指の楽しさのアイドルイベントでした。いい夢を見られそうだし、いい夢を見せてくれるのがアイドルというものです。2月26日のCDリリースに向けていい夢を見ましょう。何かがこれから始まるんだよ。


絶対少女

THE WORLD

BedHead

I☆SSW

2013年12月22日

Chu!☆Lips@高円寺HIGH

 Chu!☆Lipsの再結成ライヴ「第2回チキチキ チュップス&チュッパー夢のゆあーしょっく!?」のために高円寺HIGHへ。錚々たるヲタが集まってきて、開演前から熱い予感しかしない状況に。

 そして1曲目の「飛びっきり!恋の大ジャンプはK点越え!」が鳴った瞬間、僕はメガネを妻に預けてフロアに突っ込み、気づくとサビの「ひとりにひとつの」の部分で最前列でなっちんとハートマークを作っていました。

 Chu!☆Lipsは歌もパフォーマンスもしっかりしているグループだな、と2年ぶりの復活ステージを見ながら再確認しました。特にトークパートを挟んだ2曲のバラード。そして、チュッパー(Chu!☆Lipsのヲタの総称)の側からはサンタコスプレ、巨大クラッカー、紙吹雪などが次々に繰り出されていきます。

 今夜のハイライトは「100万馬力のお年頃」。チュッパーが支える板にいっしーが乗り、会場を走り回ります。僕もその板に駆けつけ、大量の水が巻き散らかされる中で、その板を夢中で支えました。


131222a.jpg


 Chu!☆Lipsとチュッパーの作る、あの強烈にして独特な空間はなんなのでしょう? いわゆる「ロキノン」のようなくだらない予定調和なロックなノリではない、それこそ「アイドルステーション」という閉鎖空間で毎週昼夜公演があってこそ生まれた土着のアイドル文化です。それが一夜だけ蘇りました。

 Chu!☆Lipsは至高にして頂点。今夜のChu!☆Lipsを見てないライターにアイドルがどうのと書く資格はない、と暴論を吐きつつ帰路につきました。


コンプリート・ベスト 黄盤

コンプリート・ベスト 青盤

コンプリート・ベスト 赤盤

Feamの皆さんにインタビュー取材

 高円寺のC-LipでFeamの皆さんにインタビュー取材。記事はidol schedulerに掲載される予定です。


HEART ~僕らはひとつ~

「BiS(新生アイドル研究会)ライブDVD ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN『WHO KiLLED IDOL?』リリース記念イベント LIVE DVD鑑賞会&研究員座談会」@新宿ロフト

 「BiS(新生アイドル研究会)ライブDVD ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN『WHO KiLLED IDOL?』リリース記念イベント LIVE DVD鑑賞会&研究員座談会」に出演するため新宿ロフトへ。BiSメンバーの来場こそありませんでしたが、新宿ロフトとタワーレコード新宿店のコラボレーション企画としてBiS側にも了承を得たイベントでした。


宗像明将 / ギュウゾウ(電撃ネットワーク)
【MC&進行】星咲優菜 / 呑みドル愛子


 まずライヴのDVDを大きなモニターで見たのですが、パブリック・ヴューイング状態に。有志がワッキーのための白いサイリウムを持ち込んでくれたのが泣けました。あの日のようだ。




 ライヴのDVDを見た後に、電撃ネットワークのギュウゾウさんと僕で研究員座談会をさせていただきました。話は尽きないもので、どんどん延びてしまいますね......。

 その後に全国ツアー前半について、全通したTUMAさんらの話を聞きながら星咲優菜さん、呑みドル愛子サンとトーク。

 最後にDVDの特典ディスクを見て終了。ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました!


ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN「WHO KiLLED IDOL?」 [DVD]

2013年12月21日

Chu!☆Lipsのインタビューがidol schedulerに掲載されました

 明日復活ライヴを開催するChu!☆Lipsの皆さんのインタビューidol schedulerに掲載されました。

 今回のChu!☆Lipsインタビューの序文は構成の宗像郁によるものです。そこに僕は追加しました。「帰ってきたChu!☆Lipsのインタビューを『idol scheduler』に掲載できることを私たちは誇りに思います」と。


コンプリート・ベスト 黄盤

コンプリート・ベスト 青盤

コンプリート・ベスト 赤盤

ムーンライダーズ公式Twitterアカウントによるかしぶち哲郎再発盤についてのツイート

 ムーンライダーズの公式Twitterアカウントが、今年リリースされたかしぶち哲郎の3枚のソロ・アルバムの再発盤についてツイートしています。




リラのホテル(紙ジャケット仕様)

彼女の時(紙ジャケット仕様)

Fin~めぐり逢い~

[ 音楽 ]

2013年12月20日

KEMURI、BiS@ZEPP Diver City TOKYO

 KEMURI、BiSが出演する「KEMURI presents "GENERATION x GENERATION"」のためZEPP Diver City TOKYOへ。

 BiSはツアー前半を終えて、久しぶりの東京でのライヴ。生歌で荒々しくて良かったです。周囲のKEMURIファンの反応も良く、のぞしゃんの自己紹介のときの研究員による「犬神家リフト」(足を上に、頭を下にしてリフトされる)が馬鹿受けしていました。モニタの返しが悪かったのか、リズムと歌がズレれるのは気になりましたが、今はがむしゃらに全力でやればいいと思います。

 KEMURIは、トランペット、サックス、トロンボーンの3管を加えた7人編成でのステージ。歌や演奏やステージングはもちろん、ファンのモッシュやダイヴの激しさに度肝を抜かれました。2階から見ながら、しばらく口を開けていたほど。圧巻です。格が違う。

 そしてKEMURIは、誕生日の女の子をステージに上げて一緒に歌ったりと、圧倒的にポジティヴなエネルギーを放ち続けていました。そして、後輩に当たるBiSを立てるMCもさすが。

 アンコールではBiSも登場、ウイカちゃんがヴォーカルをとったり、サキちゃんが2回ダイヴをしたりと、今夜がカウントダウンライヴか、という勢いのステージでした。


STUPiG (CD+DVD) (アニメ盤)

STUPiG (CD+DVD) (MUSIC VIDEO盤)

STUPiG

TOUR 2012 ~REUNION~ (DVD)

かしぶち哲郎死去


 ムーンライダーズのかしぶち哲郎さんが、食道癌のために12月17日夜半に永眠されたとのこと。早すぎます。

 この知らせを聞いた後、2006年にムーンライダーズの30周年記念本のために白金台のホテルのカフェでかしぶち哲郎さんにインタビューしたときのことをしばらく思い出していました。そして、ちょうど2年前の中野サンプラザの終演後にご挨拶したのが最後になってしまいました。

 あまりに突然すぎる訃報ですが、最後までファンに心配をかけまいとしたかしぶち哲郎さんのダンディズムを感じます。

 僕のライターとしての商業誌デビューは、ムーンライダーズ20周年本「20世紀のムーンライダーズ」でした。高校生からムーンライダーズを聴いて、ときに愛しときに反発しながら、大人になりました。今、かしぶち哲郎さんの訃報に、「6人の父」のひとりを失った気分です。




リラのホテル(紙ジャケット仕様)

彼女の時(紙ジャケット仕様)

Fin~めぐり逢い~

[ 音楽 ]

2013年12月19日

「MUSIC MAGZINE」1月号

 「MUSIC MAGZINE」1月号では、「カーネーション・トリビュート・アルバム」についての澤部渡(スカート)と佐藤優介(カメラ=万年筆)のインタビュー、Oana Catalina Chitu「Divine」とたむらぱん「love and pain」のアルバム評、クロス・レヴューを担当しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2014年 01月号 [雑誌]

2013年12月18日

大森靖子「絶対彼女」PV公開

 大森靖子の「絶対彼女」ヴィデオ・クリップがYouTubeで公開されました。編集は二宮ユーキ。

 大森靖子のニュー・アルバム「絶対少女」のサンプルをもらったときから何度も何度もリピートしている楽曲です。



絶対少女

2013年12月17日

笹川美和さんにインタビュー取材

 2014年1月15日に「そして太陽の光を」をリリースする笹川美和さんにエイベックスでインタビュー取材。記事は「MUSIC MAGAZINE」に掲載されます。


そして太陽の光を (ALBUM+DVD)

そして太陽の光を

バンドじゃないもん!@キングスクロストーキョー

 バンドじゃないもん!の「プレミアムナイト!Vol.3」のためキングスクロストーキョーへ。

 まだ正式オープン前の会場でしたが、酸欠のように頭が痛くなるし体温がおかしくなるしで、空調効かないレベルで暑かったです......真冬なのに。抽選式の無料イベントなのに、ワンマンライヴ並みにライヴが長い(約80分)ことが新編成で過去の楽曲に追いつこうとする意気込み感じさせました。

 ステージで意表を突かれたのは、みさことみゆちぃの人格が入れ替わる茶番からの、みゆちぃがまさかのドラムを叩いての「ショコラ・ラブ」。この編成になってから初めての「UP↑プライム」も披露。メンバー全員とのチェキの列が長かったことも何かの変化を感じさせました。


雪降る夜にキスして(初回限定盤A)

雪降る夜にキスして(初回限定盤B)

雪降る夜にキスして(通常盤)

The Beatles「The Beatles Bootleg Recordings 1963」

 The Beatles「The Beatles Bootleg Recordings 1963」をiTunes Storeでダウンロード購入。

 著作権対策とも言われるこの「新譜」ですが、未明に1500円で購入して寝て起きたところ一時的にiTunes Storeから消えており、復活したら6000円になっていて驚きました。一夜にして価格が4倍になる謎の新譜です。


U.S. Albums

2013年12月16日

クルミクロニクル「white sweet cake」

 クルミクロニクルのクリスマス・ソング「white sweet cake」が配信開始。BASEで売られているのが斬新でした。



2013年12月15日

青山☆聖ハチャメチャハイスクール presents「ハチャメチャ祭Vol.8」@吉祥寺CLUB SEATA

 寺嶋由芙、バンドじゃないもん!などが出演する「青山☆聖ハチャメチャハイスクール presents『ハチャメチャ祭Vol.8』」のため吉祥寺CLUB SEATAへ。

 寺嶋由芙は「nip」で始まったことに意表を突かれて、続く3曲でテンションを上げたら非常に疲れました......。「サクラノート」と「ぜんぜん」で盛りあがって、「好きが始まる」できれいに(ヲタのケチャを除く)で終わるステージ。

 玉屋2060%(from Wienners)のDJではサークルモッシュが発生していました。

 バンドじゃないもん!は、何度合図をしても音が出ないトラブルをらむね中心のMCで乗り切っていて、「成長したなぁ」としみじみしつつ、「タカトコタン-Forever-」が始まらないたびに僕が勝手に歌い出す、という茶番をやらせていただきました。「雪降る夜にキスして」の歌詞にあわせてファンがミラーボールを回していたのが馬鹿馬鹿しくて面白かったです。

 終演後は渋谷でバンドじゃないもん!忘年会。スタッフの成田さん、渡邉さん、さらにジャケット・イラストを担当する愛まどんなさんをゲストを迎えての忘年会でした。実はバンドじゃないもん!のファンで飲むというのは僕は初めて。




 バンドじゃないもん!はどこに向かうかわからない部分もありますが、今は完全に上がり調子だし、来年もこうして忘年会できたらな......と思いました。


雪降る夜にキスして(初回限定盤A)

雪降る夜にキスして(初回限定盤B)

雪降る夜にキスして(通常盤)

2013年12月14日

「EX大衆」1月号

 「EX大衆」1月号で「アイドルオタクの肖像」という特集が組まれているのですが、大坪ケムタさんに田中田田田さんを紹介するという、かなり罪作りな形で協力しました。


EX (イーエックス) 大衆 2014年 01月号 [雑誌]

BasementOffice忘年会2013(BOB2013)@高円寺スタジオK

 年末恒例の「BasementOffice忘年会2013(BOB2013)」のため高円寺スタジオKへ。

 今年は宗像夫婦3曲、宗像明将ソロによる面影ラッキーホール・メドレー4曲を歌いました。声がガラガラになってしまい、プロの皆さんの喉の強さを尊敬する事態に......。

 今日初披露した宗像夫婦の新曲「インターネット」は、ライムベリーのプロデューサーでもあるE TICKET PRODUCTIONが作詞、作曲、プロデュースしてくれた書き下ろし楽曲でした。90年代テキストサイトがクラブイベントを始めたあたりの時期を歌詞にしてもらったものです。E TICKET PRODUCTIONに深く感謝。




 ドスケベイビーメンタルは、失われたものへの思いを込めた歌詞が予想外に感動的でした。いくとゆうぎ王によるワイドルは、ゆうぎ王が結婚して遂に2人ともワイフ、人妻に! 「性癖占いの唄」がひどくて良かったです。「IDEA」「Quick Japan」をいきなり制覇した女、モコモコは取ってつけたようなシャボン玉がドリーミング。漢そらまめは、中学生マインド溢れる猥語を上品に読みあげていました。KJIは「キムジョンイルスクワッド」とか意味わかんなくて笑いましたが、結婚したもてちとゆうぎ王に捧げた「地下現場にI LOVE YOU」は今回で一番感動的なシーンとなりました。ゆうぎ王は、愛する武藤彩未と一緒の「Quick Japan」に名前が載って良かったねぇ、としみじみ。トリはTNR with モコモコでした。



 現場自体は早く終わったので、後は延々と高円寺駅前で反省会。


R.O.D./世界中にアイラブユー

[ 日常 ]

2013年12月13日

「レコード・コレクターズ」1月号

 「レコード・コレクターズ」1月号では、ソウル・フラワー・ユニオン「ゴースト・キネマ 1993~2013」のDVD評と、湯川潮音「濡れない音符」のCD評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2014年 01月号 [雑誌]

「MARQUEE」vol.100

 「MARQUEE」vol.100では、バンドじゃないもん!のインタビュー記事を担当しています。

 100号おめでとうございます!


MARQUEE vol.100 特集:でんぱ組.inc アフィリア・サーガ PASSPO☆

「Quick Japan」vol.111

 明日発売の「Quick Japan」vol.111の見本誌を発行人の北尾さんのご厚意で送っていただいたのですが、BiSの記事が想像を超えて壮絶なことになってますね......公開されている裏表紙はまだ序の口という......。


クイック・ジャパン 111

[ BiS , 雑誌 ]

2013年12月12日

禁断の多数決@渋谷WWW

 禁断の多数決のワンマンライヴ「宇田川の禁断の多数決」のため渋谷WWWへ。

 オープニングアクトはサイボーグかおり。ヒューマンビートボックスを鳴らしつつ、人力ブレイクビーツから突然祭囃子に変化して終わるインパクトが強烈でした。

 禁断の多数決のライヴ前には、ステージ上に着ぐるみの姿も。巨大な幕がステージから天井へと吊るされ、謎のオブジェも置かれた、OleO(R-type-L) によるサイケデリック空間。演奏していたのはサポートを含めて7人。ギター2人、ベース、ドラム、パーカッション、キーボード2人で、このうち川上優、堀川達、MC.sirafuはサポート。主にギターとキーボードの女の子、そしてパーカッションの男性が歌います。

 CDよりもはるかにフィジカルな演奏で、ファンキーな楽曲や日本民謡調の楽曲が良かったので、あの路線をもっとやってほしいところ。そして女の子たちのMCが絶望的に話せなかったけれど可愛かったです。

 アンコールはヴァイオリンとトランペット追加で9人編成に。


アラビアの禁断の多数決

EL HADJ MOHAMED EL ANKA、LOS ZAFIROS

 今日はEL HADJ MOHAMED EL ANKA「Double Best - Le grand maitre du cha bi algerien(シャアビのパイオニア)」、LOS ZAFIROS「BOSSA CUBANA」を聴いていました。


シャアビのパイオニア

ボッサ・クバーナ

[ CD2013 ]

12月14日「BasementOffice忘年会2013(BOB2013)」に出演します

 年末恒例の「BasementOffice忘年会」に出演します。申し込みはアテンドからどうぞ。


BasementOffice忘年会は誰でも参加できる,非常に敷居の低いイベントです。
ライブ・DJ・余興などでワイワイするイベントです。
昨年に引き続き会場は高円寺・スタジオKです。
※ 参加者の概要把握のための参加表明ですので、登録は必須ではありません(連絡等のため,なるべく登録をお願いします)
※ 会費は会場にて集めます(チケットの発券・印刷などは不要です)

【開催日】 2012/12/15 (土) 13:30~16:30
【OPEN/START】 13:30
※ 13時より会場設営をしておりますので,準備段階からの参加も歓迎です

【会場】高円寺・スタジオK(1階・Studio3)
http://www.kobayashi-yk.com/html/studio-k/tizu.html

【会費】 3,000円
※ フリーソフトドリンク & フリーアルコール飲料(酒好きが厳選するお酒。もちろん持ち込みも歓迎です!)
※ フードの持ち込みも可能です

【出演者】
●Basement Office
(ライブ)
ゆうぎ王,ワイドル,宗像夫婦,TNR,漢そらまめ
(DJ)
moteci
(ドリンク)
思春期

●ゲスト
(VJ)
aniota
(ライブ)
KJI
ドスケベイビーメンタル
モコモコ
※ モコモコのCDリリースもあります!
(司会・進行)
むらっち

【タイムテーブル】
13:30 moteci(DJ)
14:00 むらっち,ICHIRO(挨拶・乾杯)
14:05 ドスケベイビーメンタル(ライブ)
14:15 ワイドル(ライブ)
14:30 モコモコ(ライブ)
14:45 宗像夫妻(ライブ)
15:15 ゆうぎ王(ライブ)
15:30 漢そらまめ(朗読)
15:40 KJI(ライブ)
16:00 TNR(DJ)
16:20 ICHIRO(閉会の挨拶)
16:30 終了


 宗像夫婦のパートでは、完全オリジナル新曲(!)と、宗像明将ソロによる面影ラッキーホール・ヒットパレードを予定しております。

 よろしくお願いいたします。

[ 日常 ]

2013年12月11日

BiSライブDVD リリース記念座談会イベントにギュウゾウさん(電撃ネットワーク)の出演が決定


 12月21日深夜(日付的には22日)に開催される新宿ロフト×タワーレコード新宿店によるイベント「BiS(新生アイドル研究会)ライブDVD ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN『WHO KiLLED IDOL?』リリース記念イベント LIVE DVD鑑賞会&研究員座談会」に、電撃ネットワークのギュウゾウさんの出演が決定しました。

 というわけで、ギュウゾウさん、星咲優菜さん、呑みドル愛子さんとDVDを大画面モニタで見ながら、後先のことを考えないトークをさせていただきたいと考えています! 保身に走ったらヲタは終わりです。


OPEN 23:30 / START 24:00
DOOR¥500(1D込)
※11/27 15:00〜整理券配布

宗像明将 / ギュウゾウ(電撃ネットワーク)
【MC&進行】星咲優菜 / 呑みドル愛子
※BiS本人の出演はありません

12/4発売 BiSライブDVD「ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN 「WHO KiLLED IDOL?」」発売を記念し、ライブ映像を新宿LOFT BARコーナーの大きなモニターで見ながらお酒を飲んで朝まで語り明かそうではりませんか?!

※TOWER RECORDS新宿店での特典1ドリンクチケットの配布は終了しました。



ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN「WHO KiLLED IDOL?」 [DVD]

2013年12月10日

大森靖子「ミッドナイト清純異性交遊」PV公開

 大森靖子の「ミッドナイト清純異性交遊」のヴィデオ・クリップが公開されました。なんと橋本愛が主演。もうひとりの主演は、「ミスID2014」グランプリの(青波純改め)蒼波純です。プレスリリースはこちらに掲載しました。



 カーネーションの直枝政広がプロデュースしたニュー・アルバム「絶対少女」について「聴く選択肢しかない」と言いたくなるのは、それは「少女」というものを女性自身の内部から抉りだしているからです。恐ろしいほどフェイクの要素がありません。

 大森靖子によるブログも強烈なものがありました。




『少女』なんて、私のようなBBAやおっさんなど、非少女の欲目でしかない単語。こういう言葉をタイトルにしたり、気安く使う人は正直苦手です。


 そこであえて「少女」を全肯定しようとする大森靖子の気迫と、直枝政広によるサウンド・プロダクションが融合したのが「絶対少女」。これは少女が聴くべき音楽です。

 半日強で「ミッドナイト清純異性交遊」が15,000再生を突破するなど、「何かが起きている」感のする大森靖子。2013年5月、7カ月前の渋谷CLUB QUATTROでのワンマンライヴのレポートもぜひご覧ください。


音楽を語る言葉を捨てよ、そして音楽へ 大森靖子ワンマンライヴレポート(宗像 明将) - 個人 - Yahoo!ニュース


絶対少女

2013年12月 9日

博多のBiS

 12月8日、キャナルシティ博多 B1FサンプラザステージでのBiSのイベントがかなりイカれていたようです。

 新曲「STUPiG」は、シリアスな曲調ですが、二丁ハロのミキティ本物による振り付けがいいバランスでユーモアを加えています。



 問題は「nerve」。研究員が水に飛び込んだ(本人いわく滑って落ちたとのこと)ため、新しいヲタ芸「スーサイドキャナル」が誕生しました。しかも、ふたり入水したようです......。



STUPiG (CD+DVD) (アニメ盤)

STUPiG (CD+DVD) (MUSIC VIDEO盤)

STUPiG

2013年12月 8日

日本酒会

 宗像家にNEGI、うさやま、フランク、耳が来て日本酒会が開催されましたが、家主である僕は下戸で酒が一滴も飲めません。我が家のキッチンドランカーの介抱係です。


131208a.jpg


Hanako FOR MEN vol.10 モテる日本酒。 (マガジンハウスムック Hanako FOR MEN)

[ 日常 ]

2013年12月 7日

曽我部恵一、(M)otocompo、BiS

 最近買ったアナログ盤は、曽我部恵一「汚染水」。



 DVDは、(M)otocompo「太陽を盗んだOTOCOたち」、BiS「ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN『WHO KiLLED IDOL?』」を買いました。

 珍しくCDがないのですが、アナログ盤も便宜上CDとしてカテゴリ分類しておきます。


131207b.jpg

131207a.jpg

ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN「WHO KiLLED IDOL?」 [DVD]

[ CD2013 , DVD ]

2013年12月 6日

特定秘密保護法案が成立

 特定秘密保護法案が成立。

 「表現人の会(特定秘密保護法案に反対する音楽・美術・演劇・映像・出版など表現に関わる人の会)」に僕も音楽評論家として賛同していましたが、極めて残念な結果です。施行までの時間がまだ残されているので、活動できる部分を模索したいと思います。


秘密保護法は何をねらうか

[ 社会 ]

2013年12月 5日

澤部渡さん、佐藤優介さんインタビュー取材

 12月18日に発売されるカーネーションのトリビュート盤「なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの?」の発起人である澤部渡さん(スカート)、佐藤優介さん(カメラ=万年筆)にインタビュー取材。記事は「MUSIC MAGAZINE」に掲載されます。


カーネーション・トリビュート・アルバム なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの?

Chu!☆Lipsの皆さんにインタビュー取材

 12月22日に復活ライヴを開催するChu!☆Lipsの皆さんに高円寺C-Lipでインタビュー取材。記事はidol schedulerに掲載されます。


コンプリート・ベスト: 赤盤

コンプリート・ベスト 黄盤

コンプリート・ベスト 青盤

Oana Catalina Chitu、たむらぱん

 今日は、Oana Catalina Chitu「Divine(ディヴァイン~マリア・タナセを歌う)」、たむらぱん「love and pain」を聴いていました。


ディヴァイン〜マリア・タナセを歌う

love and pain(初回限定盤CD+DVD)

love and pain(通常盤)

[ CD2013 ]

2013年12月 4日

アラゲホンジ、Robert Glasper、K-CI&JOJO、John Lennon McCullagh

 今日は、アラゲホンジ「たからかぜ」、Robert Glasper「Black Radio 2」、K-CI&JOJO「My Brother's Keeper」、John Lennon McCullagh「North South Divide」を聴いていました。


たからかぜ

ブラック・レディオ2

マイ・ブラザーズ・キーパー

ノース・サウス・ディヴァイド (North South Divide) (直輸入盤帯ライナー付国内仕様)

[ CD2013 ]

2013年12月 3日

39度の発熱

 朝起きると39度の発熱。前夜から風邪っぽかったのですが、遂に......。ひたすらに眠り続けて、深夜には37度台まで落ちてだいぶ楽になりました。

 発熱の前後に見ていたのが、まずlyrical school「My かわいい日常たち」。ヒップホップ meets こたつ。



 BiS「STUPiG」。過去最高の費用がかかったと思われるセットと衣装によるロボットレストラン感がすごいです。丹羽貴幸/浅井一仁監督作品がここまで来ました。



 バンドじゃないもん!「雪降る夜にキスして」。傑作PV「ショコラ・ラブ」を手掛けた夏目現監督らしい、すべてが何かおかしい映像。何度も見返してしまいました。



 前野健太 「ねえ、タクシー」は、松江哲明監督、今村沙緒里主演の衝撃作。



date course

STUPiG (CD+DVD) (アニメ盤)

STUPiG (CD+DVD) (MUSIC VIDEO盤)

STUPiG

雪降る夜にキスして(初回限定盤A)

雪降る夜にキスして(初回限定盤B)

雪降る夜にキスして(通常盤)

ハッピーランチ

2013年12月 2日

Yahoo!ニュース個人に「世の中何が起こっても不思議じゃないんだ ソウルフラワーBiS階段出演『ボロフェスタ2013』レポート」を掲載しました

 Yahoo!ニュース個人に、10月27日の「ボロフェスタ2013」のレポート「世の中何が起こっても不思議じゃないんだ ソウルフラワーBiS階段出演『ボロフェスタ2013』レポート」を掲載しました。ソウルフラワーBiS階段を中心とした内容です。

 よろしくお願いいたします。


ヤフー・トピックスの作り方 (光文社新書)

あきらかにいいにおいのするイベント@渋谷CLUB QUATTRO

 BiSの出演する「あきらかにいいにおいのするイベント」のため渋谷CLUB QUATTROへ。出演は、Vampillia (guest vo ツジコノリコ)、BiS、赤い公園、EXPO、MC NERIMA。

 最初のMC NERIMAは、1MCと1DJにして、iPhoneを見ながらラップもMCもこなす斬新なスタイル......! 真似したいです。YouTubeの動画でもiPhoneで歌詞を見ながらラップしています。



 思わぬタイミングでライヴを見ることになったEXPOは、ヤバさの塊。Mr.麿のひとり二役コント(サーキットシティ)から始まり、バイザーつけたDATAとTURBOは背後でそのまま直立不動。そしてやっと楽曲が始まると、Mr.麿のニューロマ魂にメロメロにされました。



 BiSは、「GET YOU」や「IDOL IS DEAD」をこのメンバー編成で初めて見ました。明日からのツアーに向けて、ウイカちゃんが炊飯器を掲げながら歌った「Fly」のケチャポイントが良かったです。それにしても明日からの車中泊全国ツアーが心配......!

 BiSの特典会後に、マネージャーの田渕さんの生誕を研究員で開催させていただきました、おめでとうございます!


STUPiG (CD+DVD) (アニメ盤)

STUPiG (CD+DVD) (MUSIC VIDEO盤)

STUPiG

hefner trombones vol.1

公園デビュー(初回限定盤)(DVD付)

2013年12月 1日

しぎょういつみ「よりみち英単語」

 しぎょういつみさんから「よりみち英単語」の献本をいただきました。

 英単語学習を無味乾燥なものにしないために、英単語の思わぬ語源に焦点をあてた本。冒頭の「旅は拷問」からパンチが効いてます。正方形の形状で装丁もかわいらしいです。


よりみち英単語

[ 書籍 ]
記事一覧
月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.