小心者の杖日記

2013年9月17日

渡辺淳之介のプロモーション勉強会@OTOTOY

「素人をメジャーまでもってった、渡辺淳之介のプロモーション勉強会 ~人と同じことをしてても彼らは売れない! ~」のためOTOTOYへ。真裏でBiSがリリースイベントをしているのに、研究員がなぜか少しいました。今夜のテーマは「これから必要とされる音楽ってなに? みんなで売れるアーティストを1組作ってみよう」。


Fly / Hi

Fly / Hi (CD+DVD) (MUSIC VIDEO盤)

Fly / Hi (CD+DVD) (BiS階段盤)

[ BiS ]
投稿者 munekata : Permalink

ゆるめるモ!「SWEET ESCAPE」

 最高。アルバム買います。



New Escape Underground!

投稿者 munekata : Permalink

2013年9月16日

アーバンギャルド@渋谷O-EAST

 アーバンギャルドの「恋と革命とアーバンギャルドツアー~前衛都市、五年目の真実~」ツアー追加公演のため渋谷O-WESTへ。

 オーラルヴァンパイアは、フロントのふたりのほかにギター、ベース、ドラム、キーボードを加えての6人編成のステージ。久しぶりに見たらバンド編成になっており、しかもレイヴマンがステージ上で何も楽器や機材を手にしてせず、無言でステージ上を移動していて驚きました。

 「浜崎容子と女たち」は、浜崎容子率いる3人ユニット。白いドレスの浜崎容子が現れた瞬間、フロアから悲鳴のような歓声が起きました。ギターとキーボードを従えた浜崎容子は、名盤「フィルムノワール」から2曲、新曲2曲。80年代歌謡曲っぽいメロディーの新曲が特に良かったです。

 アーバンギャルドは、ツアー18公演にフェス、フランス公演などを加えると、この夏20本目ぐらいの公演。ステージはツアーの構成を踏襲したものでしたが、冒頭2曲が手術を乗り越えた佐久間正英プロデュースの楽曲だったことによって、ツアー冒頭と何かが違って聴こえました。浜崎容子のソロによる「あした地震がおこったら」と、ツアーで続けられたKraftwerkの「The Robots」とのマッシュアップからの「コンクリートガール」が特に素晴らしく、特に後者の演奏はフィジカルでした。


恋と革命とアーバンギャルド

投稿者 munekata : Permalink

2013年9月15日

「狂気×愛×パンケーキ×ゆるキャラ!~マニアックでごめんなさい~」@新宿ロフトプラスワン

 トミヤマユキコと寺嶋由芙のトークイベント「狂気×愛×パンケーキ×ゆるキャラ!~マニアックでごめんなさい~」のため新宿ロフトプラスワンへ。

 満員のなか、寺嶋由芙はトミヤマユキコに「私は巨乳なのでサラシを巻いている」と根拠のない主張をして困惑させます。完売の特製パンケーキを味わう寺嶋由芙の満面の笑顔を見守りながら、僕は飢えていきました......。

トミヤマユキコは寺嶋由芙の大学の先生で、最初はアイドルが自分の授業にいることを知らなかったとか。しかし、最前列に誰とも話さずひとりで文庫本を持っている女の子がおり、その寺嶋由芙がアイドルの「テラシマユフ」であったそうです。という話はさておき、寺嶋由芙は2度ぐらいTシャツを脱いで3着目になりました。何がしたいのでしょう。

 また寺嶋由芙のヲタはヲタで、トミヤマユキコの左手薬指の指輪に気づいて「既婚者か......」「婚約者が......」と一斉に落胆。しかし、プロジェクターに映るトミヤマユキコのiPhoneはLTEを受信していないのでiPhone5より前の機種です。iPhone 5Sを貢ぐスキルで出し抜くべきでしょう。

 続く第二部は、寺嶋由芙のゆるキャラトーク。「もともと可愛いキャラが好きで、サンリオとか市内のゴミ収集のキャラとか」。大雑把だな! さらに「私に接触の喜びを教えてくれたのはチーバくん」「ゆるキャラ現場にはおまいつがいる」と、ロクな単語を使いません。「ポムポムプリンちゃんはポムポムでプリンなんです!」という発言に、トミヤマユキコが「はぁ?」と返したのは痛快でした。「私はサブカルを勉強したくて先生の授業に潜ったんですけど、サブカルなゆるキャラがこれです!」と出したのは、オカザえもん......。「接触がオススメのキャラはこれで、抱かれた夜は......」という寺嶋由芙に、トミヤマユキコが「言い方気をつけてくれるかな?」と突っ込む場面もありました。素敵な師弟ですね......。

 最終的に、寺嶋由芙はTシャツを脱ぎ続けて7枚目ぐらいになっていました。

 トークイベントは、トミヤマユキコのトークスキルが高く、あんなに長時間のトークは初めてだったのではないかと言う寺嶋由芙にもソリッドなツッコミを入れてて楽しかったです。



パンケーキ・ノート おいしいパンケーキ案内100

投稿者 munekata : Permalink

クルミクロニクル「午前11時」

 クルミクロニクル「午前11時」は、ファースト・アルバム「クルミクロニクル」収録曲。日傘をした女の子がiPhoneで場所を確認して田舎道を歩く。それだけで絵になっている不思議な魅力のある映像です。


投稿者 munekata : Permalink

2013年9月14日

いつだって行かなかった現場ほど楽しそうに見えるもの

 Twitter経由で見る「夏の魔物」の現場が楽しそうなので、USTREAMでもしたい気分に。いつだって行かなかった現場ほど楽しそうに見えるものです......(昨年のBiSのREDLINEツアーとか)。


夏の魔物エンタメユニット「DPG」登場!!!

[ 日常 ]
投稿者 munekata : Permalink

2013年9月13日

バンドじゃないもん!の皆さんにインタビュー取材

 青山のワーナーミュージック・ジャパンでバンドじゃないもん!の皆さんにインタビュー取材。卒業を控えたかっちゃん、そしてなぜか欠席のみさこ......。インタビューはidol schedulerに掲載されます。


UP↑ぷらいむ / タカトコタン Forever

投稿者 munekata : Permalink

バンドじゃないもん!@HMVルミネエスト新宿

 バンドじゃないもん!の「UP↑ぷらいむ / タカトコタン~Forever~」のリリースイベントのためHMVルミネエスト新宿へ。メンバーがハロウィン仕様で、恋汐りんごさんの胸元がヤバかったですね......。


UP↑ぷらいむ / タカトコタン Forever

投稿者 munekata : Permalink

2013年9月12日

アーバンギャルド@渋谷O-WEST

 アーバンギャルドのライヴ「恋と革命とアーバンギャルドツアー~前衛都市、五年目の真実~」のため渋谷O-WESTへ。ツアー最終公演です。

 本人たちに自覚があるかはわかりませんが、17公演を終えた彼らは、完全に「次のステップ」へと進むオーラを出しているバンドでした。

 アーバンギャルドの今回のツアーでは、僕と妻は八戸へも行きました。遠征で最北記録です。そのときよりさらに変化していて、たとえば「処女の奇妙な冒険」での浜崎容子の煽りから鍵山喬一のドラムソロへの流れなど、初めて見ました。

 Kraftwerkの「The Robots」とアーバンギャルドの「コンクリートガール」のマッシュアップもあり、本編ラストの「プリントクラブ」から「ガイガーカウンターの夜」への流れのカタルシスは強烈でした。たくましく、しなやかになったアーバンギャルド。

 アーバンギャルドのMCでメンバーがツアーを振り返ったとき、谷地村啓は突然松永天馬との16年について語りました。松永天馬がツアー中に起きたメンバーのいさかいについて「バンドを続けられるのかと思った、僕がリーダーとしての自覚が足りなかった」と言った瞬間の会場の静寂が耳に残っています。


恋と革命とアーバンギャルド


投稿者 munekata : Permalink

2013年9月11日

テクノ妹子「結婚 -marriage-」

 終戦記念日や9.11にしか新曲を公開しないテクノ妹子が、2013年の9月11日に公開した新曲が「結婚 -marriage-」。エレクトリックにしてリリカルです。



テクノポップ・ルネサンス (TECHNOPOP RENAISSANCE)

投稿者 munekata : Permalink

2013年9月10日

米原康正撮影の「BiSそして終わりのない悲しみ」

 米原康正撮影による「『BiSそして終わりのない悲しみ』at RADHALL nagoya.sep.08.2013.」。名古屋でのミッチェル生誕ライヴの熱気が嫌というほど伝わってきます。


Fly / Hi

Fly / Hi (CD+DVD) (MUSIC VIDEO盤)

Fly / Hi (CD+DVD) (BiS階段盤)

[ BiS ]
投稿者 munekata : Permalink

2013年9月 9日

BiS「"Hi (Special Edit)"」PV公開

 BiS「"Hi (Special Edit)"」のヴィデオ・クリップが公開されました。



 難波章浩作曲による3分に満たない爽快なロック・ナンバー。そして狂気のSHELTER 7DAYSの映像を編集したヴィデオ・クリップです。


Fly / Hi

Fly / Hi (CD+DVD) (MUSIC VIDEO盤)

Fly / Hi (CD+DVD) (BiS階段盤)

投稿者 munekata : Permalink

2013年9月 8日

東京オリンピック決定

 石原慎太郎が東京都知事だった時代に言い出した東京オリンピックが、安倍晋三政権下で決定。明るい未来を見出すのは僕には難しいです。原発事故への国際社会の厳しい視線とはなんだったのでしょうか。

 震災以降、支援活動を続けてきた桃梨のJIGENさんによる南三陸町のレポート。Facebookを見られる人はぜひ読んでださい。


南三陸町からの手紙 3.11を体験した22人が自ら綴った言葉

[ 社会 ]
投稿者 munekata : Permalink

2013年9月 7日

lyrical schoolの皆さんにインタビュー取材

 9月18日にアルバム「date course」をリリースするlyrical schoolの皆さんに吉祥寺でインタビュー取材。記事はidol schedulerに掲載されます。


date course

投稿者 munekata : Permalink

ナグリアイ@タワーレコード新宿店

 寺嶋由芙ちゃんがナグリアイのリリースイベントの楽屋にお菓子を届けてくれたという話を聞いて、3月の「女川町商店街復幸祭」でナグリアイがライヴさせてもらったとき、由芙ちゃんたち当時のBiSのメンバーが見てくれてたことを思い出して感傷的になりました。この動画を撮影したのは僕。



 その後、由芙ちゃんはBiSを辞めて、ミッチェルも今月の「おながわ秋刀魚収穫祭」で抜けてしまうし、僕はナグリアイに一切関わらなくなりました。まぁ、いろいろあるよね。

 ナグリアイのリリースイベントは、なぜかPerfume亀戸古参~新古参の同窓会のようでした。KEMURIの津田紀昭さんが来てくれたのには度肝を抜かれて挨拶に走りましたね......。


ナグリアイ

投稿者 munekata : Permalink

lyrical school@TOWER RECORDS吉祥寺店

 lyrical schoolの「date course」リリースイベントのためTOWER RECORDS吉祥寺店へ。

 第二部を見たのですが、tengal6時代からの古い楽曲で終わる構成にカタルシスがありました。


date course

投稿者 munekata : Permalink

2013年9月 6日

ナグリアイ「ナグリアイ」

 僕は制作に一切関わっていないのですが、メンバーに知っている人間がいるナグリアイの「ナグリアイ」がリリースされた模様です。


ナグリアイ

投稿者 munekata : Permalink

2013年9月 5日

ソウル・フラワー・ユニオン「踊れ! 踊らされる前に<ミュージック・ビデオ>」

 ソウル・フラワー・ユニオンの「踊れ! 踊らされる前に<ミュージック・ビデオ>」をototoyからダウンロード購入。先行してYouTubeで公開されていたトレイラーを見たときは、Bob Dylanの「Subterranean Homesick Blues」を連想させる紙の使い方が印象に残りましたが、全編通してみると強烈なメッセージを打ち込んでくるリリック・ヴィデオでした。



踊れ!踊らされる前に

投稿者 munekata : Permalink

2013年9月 4日

カーネーション「『30 years of SOUND FACTORY』Live at SHIBUYA WWW」

 カーネーションの「『30 years of SOUND FACTORY』Live at SHIBUYA WWW」のFLAC/Apple Lossless版をLIVECARNATIONからダウンロード購入。1.8GB!


130904a.jpg

投稿者 munekata : Permalink

2013年9月 3日

NHK「連続テレビ小説 あまちゃん」第134話

 NHK「連続テレビ小説 あまちゃん」第134話を見ました。

 東日本大震災当日が描かれ、ただ不安だった昨日の放送分よりも、今日の放送分のほうが胸に来るものがありました。震災後、エンターテインメントが不要、不謹慎とされたあの時期のことを思い出したからです。

 ちょうどYouTubeでは7月13日の「FREEDOMMUNE 0<ZERO> ONE THOUSAND 2013」のオフィシャル映像が公開されました。大友良英スペシャルビッグバンドによる「あまちゃん」の楽曲のライヴ映像。



 91歳の瀬戸内寂聴が「恋と革命」を訴える映像も。



連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック

連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック 2

あまちゃん 歌のアルバム

投稿者 munekata : Permalink

2013年9月 2日

けもの、Oreka TX

 今日は、けもの「LE KEMONO INTOXIQUE」、Oreka TX「Nomadak Tx」を聴いていました。


LE KEMONO INTOXIQUE

Nomadak Tx

[ CD2013 ]
投稿者 munekata : Permalink

2013年9月 1日

BiS@Zepp DIVER CITY

 BiSのワンマンライブ「IDOL SUiCiDE」のためにZepp DIVER CITYへ。

 8月16日から22日まで7日連続で下北沢SHELTERで開催された 「SHELTER 7DAYS」でやれることをやり尽くしてしまった雰囲気からどう先へ進み、その初日に会場で販売された書籍「BiStory」の重さをどう乗り越えていくのか。そう身構えながら臨んだZepp DIVER CITYは、2012年10月21日の赤坂BLITZでの「IDOL is DEAD -repetition-」を思い出させるようなライヴでした。つまり、当日にメンバーの加入や脱退のない、東京の大箱でのストレートなワンマンライヴ。


130901a.jpg


 ライヴは約25分押しでスタートしたものの、高熱を出していたというテンテンコは当初不在。おそらくかなりの無理をして5曲目の「パプリカ」から参加し、「やらせてください、今日で死んでもいいから」という主旨の発言をしていました。まるでステージ袖で見守る田渕マネージャーに向けて懇願するかのように。そんな状態でも彼女は高速の「デモサヨナラ」も踊りきっていました。

 序盤こそ高額なプラチナチケット、ゴールドチケット、シルバーチケットのゾーンと一般チケットのゾーンとの温度差を感じましたが、それを破ったのが6曲目の「Give me your love全部」、つまりファースト・アルバム「Brand-new idol Society」の収録曲だったのは痛快でした。2011年に作られた「My Ixxx」の口上を千人規模で今もしている光景は壮観。「nerve」での指差しは、もはや地引き網による漁に多数の魚が集まっているかのようでした。「IDOL」では10人ぐらいが同時にダイヴをしていて、もはやフロアがダイバーで渋滞しているかのような眺めに。

 アンコールには新衣装で登場。そして今夜の「DiE」は、倒れている役がいつもののぞしゃんではなく、9月22日に脱退をひかえたミッチエルであるという演出の「自殺仕様」でした。「Fly」では研究員がフライしすぎてまさにダイヴァーシティ。新旧の実に28曲を歌いましたが、現在のメンバーにはやはり現行の体制になってからの楽曲がよく映えていました。

 本編は、メンバーが黒い衣装にしてバックも黒い幕で、遠目には簡素なステージとあいまってやや地味だったので、終盤のライトによる派手な演出を冒頭からしても良かったかもしれません。次はなんと15000人規模(!)の会場を押さえているそうなので、そのときはメンバーのパフォーマンスを演出面でもっともっとバックアップしてあげてほしいです。


Fly / Hi

Fly / Hi (CD+DVD) (MUSIC VIDEO盤)

Fly / Hi (CD+DVD) (BiS階段盤)

投稿者 munekata : Permalink
記事一覧
月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.