小心者の杖日記

2013年7月31日

「ミスiD2014」の寺嶋由芙写真

 「ミスiD2014」で購入した寺嶋由芙の写真が到着。アプリ「In the Loop」で購入すると、その販売数がオーディション結果に反映されるというものです。包装が特殊なので、一瞬ご飯パックかと思いました。


寺嶋由芙 @yufu_0708 のミスIDの写真届いた。包装が特殊なんで、一瞬ご飯パックかと思った。ミスIDの投票は本日3... on Twitpic


IDOL DANCE!!!: 歌って踊るカワイイ女の子がいる限り、世界は楽しい

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月30日

「証言 連合赤軍」発売

 皓星社のツイートがタイムラインに流れてきて、連合赤軍事件の全体像を残す会編「証言 連合赤軍」の発売を知りました。696ページというヴォリューム、5000円弱という価格。すぐ予約しました。




証言 連合赤軍

[ 書籍 ]
投稿者 munekata : Permalink

2013年7月29日

かせきさいだぁさんにインタビュー取材

 8月7日に「かせきさいだぁのアニソング!! バケイション!」をリリースするかせきさいだぁさんに渋谷のBounDEEでインタビュー取材。記事は「MUSIC MAGAZINE」に掲載されます。


かせきさいだぁのアニソング!! バケイション!

投稿者 munekata : Permalink

南波一海のアイドル三十六房@タワーレコード渋谷店B1F CUTUP STUDIO

 南波一海とタワーレコード嶺脇育夫社長による公開収録Ustream番組「南波一海のアイドル三十六房」にクルミクロニクルがゲスト出演するので、タワーレコード渋谷店B1F CUTUP STUDIOへ。

 この日の配信はトラブルに見舞われていたようなのですが、それが後にクルミクロニクルがタワーレコードで「優遇」される要因になると考えると、運命というのは不思議なものです。


ハロー!プロジェクトの全曲から集めちゃいました! Vol.1 アイドル三十六房編(南波一海×嶺脇育夫)

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月28日

エレクトリックリボンの皆さんにインタビュー取材

 7月24日に「星屑ハイランド」をリリースしたエレクトリックリボンの皆さんにお台場でインタビュー取材。記事はidol schedulerに掲載されます。


星屑ハイランド

投稿者 munekata : Permalink

「TOKYO IDOL FESTIVAL 2013」2日目@お台場・青海特設会場

「TOKYO IDOL FESTIVAL 2013」2日目のためお台場・青海特設会場へ。

 今日はVENUS CHURCHことビーナスフォート教会広場会場でのバンドじゃないもん!から行ったのですが、周囲にイタリア料理店があり食事してる人もいる状況。どうなるのかと思いましたが、メンバーが容赦なく「暴れてー!」と煽り、モッシュも起きる大盛りあがりでした。みさこの自己紹介でリフトしていただき、ありがとうございます!

 「TOKYO IDOL FESTIVAL 2013」を抜けて、TOWERminiダイバーシティ東京プラザ店7Fスケートパークへ。エレクトリックリボンのリリースイベントは、昨日の屋上ライヴを見られなかったリベンジとして充分。ケチャが真夏の炎天下の地獄絵図で良かったです。小桃音まいはダンサー4人を従えたステージ。




 BiSのライヴのためHOT STAGEことZepp Tokyoへ。フロア後方から見ていましたが、「primal.」でのプー・ルイとのぞしゃんのハモりがグッときました。ヲタのリフトをゲラゲラ笑いながら見ていましたが、連行されたヲタもいて、皆さんおつかれさまでした。

 僕が帰路に着いた後、「TOKYO IDOL FESTIVAL 2013」の最後でBiSの「nerve」を出演者でやったという話を知り、「nerve」が2年以上をかけてアイドルポップスのアンセムとなったことを感じました。



TOKYO IDOL FESTIVAL 2010 [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月27日

「TOKYO IDOL FESTIVAL 2013」1日目@お台場・青海特設会場

 「TOKYO IDOL FESTIVAL 2013」1日目のためお台場・青海特設会場へ。

 オープニングを務めるバンドじゃないもん!のためにタクシーを飛ばして会場に着くと、野外のSMILE GARDENは灼熱地獄。バンドじゃないもん!は、容赦ない暑さの中、オープニングにふさわしく盛り上がりました。みさこの自己紹介のときはリフトしてもらいました、ありがとうございます! サークルモッシュも楽しかったです。最後はメンバーによる「TOKYO IDOL FESTIVAL」開会宣言で締め。

 HOT STAGEことZepp TokyoでのリンダIII世は、メンバーとその他5人がステージに出てきて、ステージの脇でスーツの男と柔道着の男がずっと立ってるという異様なステージ。楽曲によって全身銀色の男とサンバダンサーの女性ふたりが登場します。トチ狂っていました。

 INFO CENTERでのバンドじゃないもん!のトーク、エレクトリックリボンの握手会にも。

 そして再びSMILE GARDEN、BiSの地獄の白昼灼熱野外ライヴです。ヲタが水鉄砲やペットボトルで水をまいたり、「チャリできた」と自転車ごとリフトしたり、馬鹿馬鹿しくて盛り上がりました。野外ステージの両脇や後ろまで人がいて壮観。



チャリフト(自転車リフト) - Togetterまとめ


 ぱすぽ☆のメンバーが僕の目の前を歩いていき、その芸能人オーラにハッとしたものの、彼女たちもこれから野外で握手会なので大変です。

 ENJOY STUDIUMでのエレクトリックリボンには、思わず目頭が熱くなりました。テレビの歌番組のような大きくて派手なステージで、asCaちゃんが後ろの客も煽って、NAOMiちゃんとericaちゃんはステージの端から端まで動きます。「レプリカプリコ」は現体制で完全に塗り替えられたと言えるでしょう。ericaちゃんがおひつに米を入れてステージに持ってきて、巻き寿司を作ったのにはどうなるかと思いました......!

 lyrical schoolは、突如ステージに6人が登場。そう、いきなり新メンバーが登場したのです。彼女の名はminan、22歳。オーディションから約2週間でステージをこなすのには驚きました。最後は去年の「TOKYO IDOL FESTIVAL 2012」で野外を歩いて歌った「おいでよ」。

 SMILE GARDENの小桃音まいは、雨と雷で楽曲を中断してまさかの中止......。雨が降ってヲタのテンションが逆に上がっていたのですが、落雷しそうなのでやむをえません。

 エレクトリックリボンのトークは、雨でSMILE GARDENが中止になった影響で人を多く収容するために客を立たすことになり、「係員は落ち着いてお客様をいれてください」とアナウンスされる中、エレクトリックリボンのヲタが「納豆くれー!」などと叫んで落ち着かなくなったところで終了。

 スルースキルズも見ましたが、トークを聞いているだけでいたたまれなくなってきました。西村さやかは仕切りだけではなく、もっと面白いことを言えないとなぁ。メンバーはもちろん、客層も微妙。

 本日のラストはHOT STAGEでのBiS。Zepp Tokyo2階最後列のスタンディングスペースから見たのですが、1階フロアはもちろん、2階の後ろでも「nerve」のえびぞりや「primal.」の振り向きが行われる光景にちょっと感動しました。2階では出演者も振りコピをしていたのです。


TOKYO IDOL FESTIVAL 2010 [DVD]

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月26日

Especia「ミッドナイトConfusion」

 Especia「ミッドナイトConfusion」をiTunes Storeでダウンロード購入。このジャケットを見たら買っちゃいますね......。


ミッドナイトConfusion (CD+DVD)【初回盤】

ミッドナイトConfusion

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月25日

ライムベリー、片想い

 ライムベリー「SUPERMCZTOKYO」のヴィデオ・クリップが公開、八戸のホテルでiPadで必死に見ました。



 帰宅してから見た片想い「Daily Disco」のヴィデオ・クリップにはメンバーがほとんど出てこない......!



SUPERMCZTOKYO(初回限定盤)

SUPERMCZTOKYO

片想インダハウス

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月24日

アーバンギャルド@八戸ROXX

 アーバンギャルドの「恋と革命とアーバンギャルドツアー」八戸公演のため八戸ROXXへ。東北新幹線で青森まで来た!

 会場に着いてみると、1階がカラオケスナックで、2階の八戸ROXXはライヴハウスというよりバー。建物の外にいると、カラオケスナックのサウンドシステムから歌謡曲がガンガンに流れてきます。

 そしてアーバンギャルドのライヴは、これまで見た中で一番ロックンロール。50人も入ればパンパンのロック・バーがソールドアウトで、最前は汗まみれの状態、クーラーを最強にしても効かずに、ペットボトル2本分ぐらい水をメンバーがファンにかけてちょっとだけ涼しくなるという現場でした。

 今回のツアーでは毎日セットリストやアレンジを変えているそうですが、「保健室で会った人なの」での浜崎容子のシャウトによる煽り、「コンクリートガール」とKraftwerkの「The Robots」の人力マッシュアップからの谷地村啓のショルダーキーボード・ソロ、瀬々信の花道(フロアとカウンターの間の通路)でのギター・ソロ、会場的にシンセドラムが使えないので鍵山喬一がワンステージ叩いた生ドラムなど、この会場ならではの見どころも多かったです。そして、松永天馬のスーツからは汗が滴っていうという状況でした。

 ととや鳥賊煎で一泊組のももちのと僕ら夫婦で飲んで反省会。


恋と革命とアーバンギャルド

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月23日

どついたるねん「バサラガマフィン」

 どついたるねん「バサラガマフィン」のヴィデオ・クリップが公開された話題を書きたかったのですが、その後に岩淵弘樹監督のYouTubeアカウントごと消されてしまったそうで、スカートや大森靖子の関連映像も消えてしまい、東京のインディーズ・シーンに静かに影響を及ぼしています。




MY BEST FRIENDS どついたるねん写真集 (SPACE SHOWER BOOks)

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月22日

エレクトリックリボン「星屑ハイランド」

 昨日主催イベントを成功させたエレクトリックリボン。彼女たちの「星屑ハイランド」のヴィデオ・クリップのフル・ヴァージョンが公開されました。



星屑ハイランド

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月21日

リボンを浮かべる100の方法@渋谷スターラウンジ

 エレクトリック・リボン主催イベント「リボンを浮かべる100の方法」のため渋谷スターラウンジへ。

 クルミクロニクルは可愛く、(M)otocompoはコントとヲタ芸を盛り込みまくったステージ。メンバー脱退を逆手に取って笑いに変えるエネルギーに満ちていました。


栄光の7人(M)otocompo on Twitpic


 バニラビーンズはピチカート・ファイヴのカヴァー「東京は夜の七時」も。

 そしてエレクトリックリボン。長い間活動休止していた彼女たちがこんな主催イベントをできて感慨深いです。「鳴り響くファンキーディスコミュージック」を聴きながらそう感じていました。




星屑ハイランド

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月20日

CROSSOVER NMJ@高円寺HIGH

 バンドじゃないもん!が出演する「CROSSOVER NMJ」のため高円寺HIGHへ。

 今日はバンドじゃないもん!のかっちゃん生誕祭。皆さんおつかれさまでした! バンドじゃないもん!TOのあんなちゃんが単独でかっちゃんに出した花にも胸打たれましたよ。


バンドじゃないもん!初代TOのあんなちゃんが単独でかっちゃんに出した花に胸打たれたわ。... on Twitpic


 新曲のヘドバン曲も初めて聴きました。そして今夜の発表は、5人体制で初のCD発売のアナウンス。


バンドじゃないもん!

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月19日

とうようズ・デイ 2013@六本木 音楽実験室 新世界

 「とうようズ・デイ 2013」のため六本木の音楽実験室 新世界へ。

 会場に着くと、中村とうようさんを偲ぶトーク中。司会は大鷹俊一さんで、折田育造さんは「とうようさんは意外と共産主義が嫌いなんだよね、キューバ行ったのに」と語って会場からは笑いが。湯川れい子さんは「でもそういうところが私は合ったのよ。本当に彼はリベラリスト、ロマンティストだったと思う」。

 大鷹俊一さんが保存していたラジオ番組「とうようの珍盤博物館」も会場で流されました。こういう中村とうようさんのトークは初めて聴きました。Loudon Wainwright IIIを紹介している回で、「あなたが『こんなの音痴だ』と思うだけならもう音楽なんて聴かないほうがいい」と言い放つなど、リスナーにも容赦がありません。

 ラジオ番組が終わった後は、小倉エージさんと北中正和さんを迎えてのトーク。ふたりの中村とうようさんとの出会いから「MUSIC MAGAZINE」の創成期の話が非常に面白かったです。気の短さ、マメさ、熱さ、スタイリッシュさ。編集者にして同時にフリーの音楽評論家という存在。

 関西で放送されていた「中村とうようのワールドネットワーク」という番組の音源も流されました。ワールドミュージックのアーティストなどによるThe Beatlesのカヴァー特集の回で、Joyceの歌詞について「楽観的すぎる。20世紀までにブラジルの経済が復活するなんて絶対ない」とコメントしているなど、もう全方位的に容赦がありません。

 中村とうようさんの最初の秘書だった関谷元子さんと、遺品整理もした深沢美樹さんのトークも。深沢美樹さんが中村とうようさんの自死を予感していた話題では、「自分の美学を貫いた人」と語られました。10代の頃から大学の生徒とした怒られてきたという関谷元子さんが、怒った中村とうようさんに喫茶店で三色アイスクリームを注文された話も可笑しかったです。

 1980年代のフジテレビの番組「SUPER講義」の「世界の楽器史」という回に中村とうようさんが出演した映像も。自宅からスタジオに運ばれた大量の民俗楽器が紹介され、ひとりで楽器の講義が長く続きます。

 最後の出演者は亀渕昭信さん。「あのバリトンの声が良かった、先生と呼ばれるのを嫌った」とのこと。

 最後の映像は、「レココレTV」でSPレコードを紹介する中村とうようさん。70歳直前の映像だから2002年でしょうか?

 田中勝則さんが音や映像を出力していたのですが、ミュージックマガジン社の社員旅行で、宴会ステージで浴衣姿でカラオケを歌ってる写真が衝撃的でしたね......。乳児の頃から大人になるまでの写真もいろいろ感じるところがありました。

 帰りの電車の中では、気づくと「孤独は人の数だけある」という凡庸な結論に帰着していました。


大衆音楽の真実 (Compact books)

[ 音楽 ]
投稿者 munekata : Permalink

2013年7月18日

HETTY KOES ENDANG

 今日は、HETTY KOES ENDANG「14 Best Of The Best(ベスト・オヴ・ザ・ベスト)」を聴いていました。


ベスト・オヴ・ザ・ベスト

[ CD2013 ]
投稿者 munekata : Permalink

「熱風」2013年7月号

スタジオジブリによる小冊子「熱風」2013年7月号の特集「憲法改正」が、期間限定で特集ページのみPDF版をダウンロードできます。

 読んでみると、宮崎駿の父親の自由っぷりが面白く、そして宮崎駿の自衛隊への高い評価が印象的でした。自衛隊については、左派がなかなか口にしないこと(本人も黙っていたと書いています)をこの情勢だからこそ踏み込んで書いている気がします。


かぐや姫の物語 ビジュアルガイド (アニメ関係単行本)

[ 社会 ]
投稿者 munekata : Permalink

2013年7月17日

「MUSIC MAGZINE」8月号

 「MUSIC MAGZINE」8月号では、特集「"ポスト戦国時代"のアイドル最前線」で「今どきのアイドル・シーンがわかるディスク10枚」のディスク選考と紹介を行っています。また、SALOMA「Dendang Saloma(ポリネシア・マンボ~南海の国際都市(コスモポリタン・シティ)歌謡)」、黒沢健一「BANDING TOGETHER in Dreams」のアルバム評を執筆しています。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 08月号 [雑誌]

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月16日

「素人をメジャーまでもってった、渡辺淳之介のプロモーション勉強会 ~人と同じことをしてても彼らは売れない! ~」第1回

 「素人をメジャーまでもってった、渡辺淳之介のプロモーション勉強会 ~人と同じことをしてても彼らは売れない! ~」第1回のためにOTOTOYへ。

 今回のテーマは「アイドルってどうやったら売れるの?? ももいろクロー●ーについてみんなで学ぼう」。伏字の意味がない! ゲストとしてBiSのミッチェルが登場しました。

 終了後には参加者特典の飲み会も開催されたのですが、30人近くいるのに女の子がひとりもいない状況に。ミッチェルを呼び戻すべきでした。

 その飲み会でギュウゾウさんに「Perfumeにとっての木村カエラのような存在が、BiSにとってはギュウゾウさん」という話をしたら「BiSのために宗像さんが売れてください」と言われたので、売れるようにがんばります!

 書くことができない精神状態は書くことでしか乗り越えられないので、とにかく書くしかないと肝に銘じます。


Fly / Hi

Fly / Hi (CD+DVD) (MUSIC VIDEO盤)

Fly / Hi (CD+DVD) (BiS階段盤)

[ BiS ]
投稿者 munekata : Permalink

2013年7月15日

BiSの皆さんにインタビュー取材

 エイベックスでBiSの皆さんにインタビュー取材。記事は「Quick Japan」に掲載されます。


Fly / Hi

Fly / Hi (CD+DVD) (MUSIC VIDEO盤)

Fly / Hi (CD+DVD) (BiS階段盤)

投稿者 munekata : Permalink

idol schedulerにスマイル学園電音部 UNDER FACEとSMILE 4 the futureのインタビューが掲載されました

 idol schedulerにスマイル学園電音部 UNDER FACEとSMILE 4 the futureの皆さんのインタビューが掲載されました。idol schedulerの新コンテンツ、アイドルインタビューの第一弾。構成は宗像郁です。


充電少女

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月14日

義妹来訪

 義妹が来たので、ビッグダディと林下美奈子の本(両方サイン入り)をあげたところ、異常に喜んでいて心配になってくるレベルでした。


義妹が来た。ビッグダディと林下美奈子の本(両方サイン入り)をあげたら異常に喜んでいて心配になってくるレベル... on Twitpic


 そんなわけで、フランク、耳、フチザキを迎えて宗像家Ustreamを配信。


ビッグダディの流儀

ハダカの美奈子

[ 映画 ]
投稿者 munekata : Permalink

2013年7月13日

班長&副班長の結婚式二次会

 班長と副班長の結婚式二次会のため六本木L'ESTASIへ。

 かつて血で血を洗う抗争を繰り広げたPerfume系DJイベントの「E3!!!」と「Perfume Night」。遂に和解を迎えました......! 長い茶番だった。




渋谷club asiaのステージでプロポーズしたときの映像も上映されたのですが、「結婚してくれるなら手を上げてください!」と班長が言って、副班長が手を上げた瞬間にPerfumeの「MY COLOR」の「手のひらが~」という歌が流れ出す演出、やっぱり粋だね。

 お幸せに!



JPN(通常盤)

[ 日常 ]
投稿者 munekata : Permalink

七月祭

 Pasela Resorts新宿本店でNEGIとタナカカオリ主催の七月祭。なぜ我々は7月に誕生日の仲間が多いからとコスプレをしているのでしょう......。



 うさやまにもらったiPhone用魚眼レンズを今後活用します!



olloclip iPhone 5用拡張レンズ 魚眼、マクロ、ワイドの3つの機能を備えたレンズ ブラック OLO-LENS-IP5-BLK2

[ 日常 ]
投稿者 munekata : Permalink

2013年7月12日

EXTRAVE!!! vol.2@新宿ロフト

 「EXTRAVE!!! vol.2」のために新宿ロフトへ。出演は大森靖子、クルミクロニクル、プー・ルイ、ナグリアイ、南波志帆、MID(JOVO)。

 ナグリアイでは、「Give Me Your Love全部」のケチャパートで、僕の横をすり抜けてプー・ルイ、ウイカちゃん、テンコちゃんが前へ行ってケチャをしていて笑いました。

 大森靖子は、「アイドルと抱き合わせのイベントはもうこりごり、可愛い子と一緒だと家を出るときに落ち込む」とMCしていましたが......靖子かわいいよ靖子。「新宿」で始まり、あれだけ楽曲の表情を変えられるパフォーマンスに感服。

 クルミクロニクルは待望の東京初ライヴ。最高だった......! 16歳! 黒髪! EDM! 緊張のあまりの照れたような笑顔をしていて、こちらが正気を保てないほどの輝きを放っていました。

 そうこうしている間にプー・ルイのチェキ開始。BiSのミッチェルがプー・ルイのチェキ列に並んで笑いました。

 そしてプー・ルイのソロ・ライヴでは、研究員のはからいで最前列にBiSのミッチェルが。トリを務めたプー・ルイは、ドラムにBiSのファーストサマーウイカを迎えた3ピースバンドを従えた編成。「One Day」を聴きながらBiSがどこから生まれ、そして来年の夏、僕らがどこにいるのだろうか、と考えました。プー・ルイは緊張していたとMCで話していましたが、ゆーやんが撮影した動画で見るデビュー・ライヴでのたよりなげな彼女はもういませんでした。



魔法が使えないなら死にたい

みんなのプー・ルイ

ナグリアイ

乙女失格。

GALACTICA

投稿者 munekata : Permalink

「ミスiD 2014」セミファイナリストに寺嶋由芙

 「ミスiD 2014」のセミファイナリストに寺嶋由芙がエントリー。そう、彼女は元BiSのテラシマユフです。「miss id(アイドル)2014 エントリーNO.28 寺嶋 由芙」で講談社の企画とともにシーンへ帰還しました。





IDOL DANCE!!!: 歌って踊るカワイイ女の子がいる限り、世界は楽しい

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月11日

テレビ東京「ロック兄弟」

 テレビ東京「ロック兄弟」を見ました。

 ソウル・フラワー・ユニオンの「踊れ!踊らさる前に」のヴィデオ・クリップを、「反原発」などのボードのメッセージごと流すテレビ東京、さすが僕たちの世代にとっての「東京12チャンネル」です。

 そしてTBS「ツボ娘」にはBiSが出るのでツイートしたら、ウイカちゃんがバンドでソウル・フラワー・ユニオンの「満月の夕」をカヴァーしていたという過去が判明しました......!




踊れ!踊らされる前に

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月10日

Soggy Cheeriosの鈴木惣一朗さん、直枝政広さんにインタビュー取材

 Soggy Cheeriosの鈴木惣一朗さん、直枝政広さんに渋谷のP-VINEでインタビュー取材。記事は「Quick Japan」に掲載されます。


1959

投稿者 munekata : Permalink

スカート@渋谷WWW

 スカート主催の「第四回 月光密造の夜」のため渋谷WWWへ。

 トリプルファイヤーは、プロフィールが「ソリッドなビートに等身大の歌詞をのせていてかっこいい。人気がある。メンバーはみな性格が良く、友達が多い」と書かれており、ここまで言い切られるとそんな気がしてきます。かっこいい。

 スカートは、「おばけのピアノ」でライヴが始まった瞬間に、楽曲、演奏、ヴォーカルから放たれるポップ・ミュージックの魔法が聴き手の頭の先までを満たして、「ストーリー」で終わるステージ。キラーチューン3連発で攻めたアンコールも最高。素晴らしいライヴでした。

 スカートは、澤部渡と佐久間裕太が「動」、清水瑶志郎と佐藤優介が「静」という感も。佐藤優介は、もはやフロアに背を向けてキーボードを弾いていました。今夜出演したミツメ、トリプルファイヤー、スカートはどれもフロントマンが1987年生まれだそうで、なのに澤部渡は「脱サラして音楽やってる人かと思った」と言われたというエピソードに笑いました。

 去年もスカートの「月光密造の夜」は満員御礼でしたが、2年連続で見て一番の変化は、最前列を埋めるスカートギャルの増え方。若者が多くて完全にユースカルチャーという雰囲気が漂っており、僕ら夫婦はもう年寄りの部類でした。

 今夜はスカートのアナログ盤「エス・オー・エス」「ストーリー」を購入。針を落とすのが楽しみです。




ひみつ

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月 9日

tofubeats「No.1 feat.G.RINA(official MV)」

 tofubeats「No.1 feat.G.RINA(official MV)」に、スカートの澤部渡が出演しているのですが、「ウォーリーを探せ!」ならぬ「澤部渡を探せ!」状態になっています。それにしても、研ぎ澄まされたセンスの塊のようなヴィデオ・クリップです。



lost decade

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月 8日

JOJO広重さんにインタビュー取材

 非常階段、BiS階段のJOJO広重さんにエイベックスでインタビュー取材。記事は「Quick Japan」に掲載されます。


BiS階段

BiS階段 [Analog]

投稿者 munekata : Permalink

SALOMA、黒沢健一

 今日は、SALOMA「Dendang Saloma(ポリネシア・マンボ~南海の国際都市(コスモポリタン・シティ)歌謡)」、黒沢健一「BANDING TOGETHER in Dreams」を聴いていました。


ポリネシア・マンボ〜南海の国際都市(コスモポリタン・シティ)歌謡

[ CD2013 ]
投稿者 munekata : Permalink

2013年7月 7日

ザ・プーチンズのぷ道館@IID 世田谷ものづくり学校

 ザ・プーチンズの「ザ・プーチンズのぷ道館」のためIID 世田谷ものづくり学校へ。

 今夜のザ・プーチンズは、IIDの部屋に丸イスを並べ、板を敷いてステージにして、その左右後の白い壁を使ってねるやま研究所が総力を挙げて3面VJを行う、というライヴでした。街角マチコの歌う「淋しい熱帯魚」良かった......。ザ・プーチンズ・グレイテスト・ヒッツという趣の中で、新曲「読者モデル」の不条理さが光っていました。「anan」読者は写メを一緒に撮れるという楽曲です。

 ザ・プーチンズの入場時に渡された謎の棒は、「大ガンジー様」を殴るためのものでした。皆ガンガンに街角マチオを殴っていたけれど、僕はえらく躊躇したよ! そして会場で上映してお蔵入りする予定だというPV、帰宅したら公開されているというオチに期待しています!


ザ・プーチンズの入場時に渡された謎の棒は、大ガンジー様を殴るためのものでした。皆ガンガンしてたけど、僕はえらく躊躇したよ!... on Twitpic


ぷりぷり

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月 6日

山田稔明「新しい青の時代」ダイジェスト

 明日発売される山田稔明「新しい青の時代」のダイジェストがSoundCloudで公開されました。



新しい青の時代

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月 5日

ソウル・フラワー・ユニオン「踊れ!踊らされる前に」

 ソウル・フラワー・ユニオン「踊れ!踊らされる前に」の特設サイトで、「踊れ!踊らされる前に」のトレーラーが公開されました。Bob Dylanの「Subterranean Homesick Blues」方式!



踊れ!踊らされる前に

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月 4日

スマイル学園電音部UNDER FACE、SMILE 4 the futureの皆さんにインタビュー取材

 スマイル学園電音部UNDER FACE、SMILE 4 the futureの皆さんに渋谷でインタビュー取材。記事はidol schedulerに掲載されます。


充電少女

投稿者 munekata : Permalink

BiS@2.5D

 BiSの「もしもしシブヤZ ! vol.3」のために2.5Dへ。

 今夜はウィークリー6位を祝うために、「#一晩でケリつける」チーム制作によるくす玉が用意されました。皆さん2回のリハーサルも含めておつかれさまでした。あれを許してくれた2.5Dの皆さんもありがたいです。


BiSのウィークリー6位を祝うくす玉の入念なリハーサルの模様。 #一晩でケリつける の皆さんおつかれさまでした。あれを許し... on Twitpic

くす玉のリハーサルは2回行われる入念なものでした。 #一晩でケリつける ... on Twitpic


 今夜の「MURS-MURA」の祝祭感は格別でした。


DiE (SG+DVD)(LIVE盤)

DiE (CDのみ盤)

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月 3日

「暦の上ではディセンバー」iTunes Store1位

 iTunes Storeの1位が「作曲:大友良英、Sachiko M、江藤直子、高井康生」による、アメ横女学園芸能コースの「暦の上ではディセンバー」とは痛快この上ない光景です。もちろんダウンロード購入!


あまちゃん 歌のアルバム

投稿者 munekata : Permalink

2013年7月 2日

BiS階段結成記者会見@DOMMUNE

 「BiS階段結成記者会見」のために渋谷DOMMUNEへ。

 DOMMUNEに放送の途中から着くと、それからは延々とクイズ大会が続きました。「JOJO広重さんの好みのメンバーは?」「T.美川さんが娘にしたいメンバーは?」などで、最後は最下位だったテンテンコがマムシをガチ食いし、JOJO広重の詩の朗読で終了。

 しかもミッチェルは僕の後に来ていたので本当にクイズだけ。......記者会見は!?


BiS階段

BiS階段 [Analog]

投稿者 munekata : Permalink

BiS「DiE」オリコン週間シングルランキング6位

 BiS「DiE」オリコン週間シングルランキング6位、おめでとう! メンバーに、研究員に、スタッフに。

 2011年2月28日に初めて見たBiSが、2年4ヶ月後に初動12000枚越えでベスト10入りするなんて、SFでも見ているかのようです。

 今回のBiS「DiE」のベスト10入りは、ユフちゃん脱退前の予約会の効果もあったと思います。そこに触れないジャーナリズムはクソです。しかし、プー・ルイがユフちゃんの名も挙げていて「さすがだよ、あんたは」と胸を撫で下ろしました。




 BiSは、2010年にプー・ルイが渡辺淳之介さんに言い出して、OTOTOYの飯田仁一郎さんや渡辺裕也さんを巻き込みながら、ユケ、りなはむ、のぞしゃんと作ったグループです。そのメンバー変遷に一番言及してるのがプーなのはさすがだと思いました。

 そして、ミッチェルのブログ。ワッキーとユフちゃんに捧げられた多くの言葉に泣きました。


DiE (SG+DVD)(LIVE盤)

DiE (CDのみ盤)

[ BiS ]
投稿者 munekata : Permalink

2013年7月 1日

BiS階段「好き好き大好き」

 BiSと非常階段によるユニット・BiS階段による戸川純「好き好き大好き」のカヴァーのヴィデオ・クリップが公開されました。



 「あまちゃん」による大友良英の大ブレイクに続いて、非常階段がBiS階段でオリコンチャートに入ったら、僕らは数年前には想像し得なかった未来にいることになります。


BiS階段

BiS階段 [Analog]

投稿者 munekata : Permalink

Controversial Spark活動開始

 OTOTOYに「鈴木慶一、新バンド『コントロバーシャル・スパーク』の活動をスタート」という記事が。

 メンバーは、鈴木慶一、近藤研二、矢部浩志、岩崎なおみ、konore。矢部浩志がバンドに参加するのはカーネーション以来ではないでしょうか。

 アナログ限定500枚、争奪戦を勝ち抜きたいです。


Controversial Music Spark

[ 音楽 ]
投稿者 munekata : Permalink
記事一覧
月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.