小心者の杖日記

2013年6月30日

ザ・プーチンズ@タワーレコード新宿店

 ザ・プーチンズのリリースイベント「会えるプーチンvol.1」のためにタワーレコード新宿店へ。

 プーチンがロシアからタワーレコード新宿店9階まで来たものの、間違えて上がりのエスカレーターで降りようとして8階のステージに来るのを断念。そして約40分のステージの最後の最後のオチに僕が使われて、マンツーマンで街角マチオさんに歌われる展開に......!

 サイン会では、川島さる太郎が頑張ってサインをしてくれました。

ザ・プーチンズのリリースイベント、川島さる太郎が頑張ってサイン会してます!!... on Twitpic


 それにしてもザ・プーチンズにやってきたプーチン、話し方が宮崎吐夢のペリーみたいでしたね......。


ぷりぷり

エレクトリックリボン@タワーレコード渋谷店

 エレクトリックリボンのインストアイベントのためタワーレコード渋谷店へ。

 「バスルームでつかまえて」でNAOMiちゃんとericaちゃんがシャボン玉を吹く中で、asCaちゃんがKORGソロを弾くシーンが良かったです。そして「不安定オンライン」で、別々のメロディーが同時に歌われた瞬間、フリッパーズ・ギターの「スライド」を連想しました。




 2人体制の時代からの紆余曲折を見てきた者としては、初のインストアイベントは非常に感慨深かったです。タワーレコードでのインストアイベント、CDの全国流通、「TOKYO IDOL FESTIVAL 2013」への出演と、新曲「星屑ハイランド」を引っさげて駆け抜けてほしいです。

星屑ハイランド

2013年6月29日

BiS疲れ

 BiSの「DiE」リリースイベントに疲れて、今日は現場を休むことに。28日付のオリコンデイリーシングルランキング9位という数字を見ていました。今年に入ってからワキサカユリカ、テラシマユフの脱退が続いたので、慣性の法則のように現場に通い詰めていました。


DiE (SG+DVD)(LIVE盤)

DiE (CDのみ盤)

[ 日常 ]

2013年6月28日

BiS@タワーレコード秋葉原店

 BiSの「DiE」リリースイベントのためタワーレコード秋葉原店へ。




 今日はBiSがナース服なので、研究員は全員患者という雰囲気の病棟感が良かったです。

 それにしてもチェキ会で、女性スタッフが「小道具としてオムツをご用意させていただきました!」と言ったら、会場の研究員が「おおーっ!」とどよめくのは何かがおかしいのでは......。


DiE (SG+DVD)(LIVE盤)

DiE (CDのみ盤)

2013年6月27日

BiS@渋谷VUENOS TOKYO

 BiSの「DiE」リリースイベント「KISS会」のため渋谷VUENOS TOKYOへ。



 KISSに紛れてデーモン小暮閣下もいる大雑把なイメージのメイクが良かったです。第一部の後、研究員も白塗りメイクをしてきたために、第二部は黒魔術の集会感がすごかったです。

 今日のハイライトは、KISSメイクのメンバーに、志村けんのバカ殿メイクのくちぶるさんが急接近。プー・ルイも「珍しく面白かった」と絶賛していました。


DiE (SG+DVD)(LIVE盤)

DiE (CDのみ盤)

2013年6月26日

BiS@タワーレコード渋谷店

 BiSの「DiE」のリリースイベントのためタワーレコード渋谷店へ。

 プー・ルイの「MURA-MURA」へのやや強引なMCによる誘導、ミッチェルの雑な自己紹介、「皆の股間の釘バット」みたいな馬鹿馬鹿しいMCが良かったです。


26日のBiSリリースイベントのことを何も書いてなかった。プー・ルイの「MURA-MURA」へのやや強引なMCによる誘導、... on Twitpic


また「【スクレコ】サウンドスクランブル in clubasia ライブダイジェスト 【13.5.24】」も公開されました。BiSが松隈ケンタらによる生演奏で歌ったライヴの映像です。



DiE (SG+DVD)(LIVE盤)

DiE (CDのみ盤)

2013年6月25日

BiS@川崎CLUB CITTA'

 BiSの「DiE」のリリースイベント、チェキのためだけに川崎CLUB CITTA'へ。

 ねるすさんがチェキ25枚をミッチェルと撮った後、ミッチェルが「明日もいっぱい撮ろうね?」と言っていて、悪い女だと思いました! これがショービズや! 

 川崎駅のサイゼリアで反省会をして帰宅。

 そして今日公開されたのが「MURA-MURA」のヴィデオ・クリップ。



 スカコアに乗せてスキンヘッドでパンク感を強調しているはずが、茶坊主感に溢れていて将軍様が「一休、屏風から虎を出せ」と言い出しそうなローカライズ状態。6人ほど瀬戸内寂聴かのようでもあります。


DiE (SG+DVD)(LIVE盤)

DiE (CDのみ盤)

2013年6月24日

BiSのインタビューがメンズサイゾーに掲載されました

 BiSのインタビュー「解散まであと1年!? 『ハメ撮りPV』で加速するBiSインタビュー!!」メンズサイゾーに掲載されました。メンズサイゾーでの4回目のBiSインタビューです。

 よろしくお願いします。


DiE (SG+DVD)(LIVE盤)

DiE (CDのみ盤)

「素人をメジャーまでもってった、渡辺淳之介のプロモーション勉強会 ~人と同じことをしてても彼らは売れない! ~」第0回

 「素人をメジャーまでもってった、渡辺淳之介のプロモーション勉強会 ~人と同じことをしてても彼らは売れない! ~」第0回のためにOTOTOYへ。

 今回のテーマは「BiS結成~メジャーレコード会社と契約するにいたるまでの軌跡+これからのBiSに必要なものってなに??」。渡辺さんも研究員もなんだか真面目な雰囲気、しかも知らない人が多いという状況に驚きつつ、渡辺さんの発した「Aira Mitsuki」という単語が耳に深く響きました。


DiE (SG+DVD)(LIVE盤)

DiE (CDのみ盤)

[ BiS ]

2013年6月23日

TOKYO BOOTLEG CIRCUIT'13

 渋谷での「TOKYO BOOTLEG CIRCUIT'13」は、朝9時からBiSのライヴ。アホか! というわけで渋谷チェルシーホテルに行きました。朝の8時半から長蛇の列ができていました......。

 BiSは、ニュー・シングル「DiE」をやらずに、KEMURIの津田紀昭が書いたカップリング「MURA-MURA」を初披露して意表を突かれました。サキちゃんとウイカちゃんがバトルするシーン、いいね! ラストが「DiE」かと思わせて「Hide out cut」なのも意外で良かったです。

 TAKENOKO▲は、ジャージ姿に三つ編みの2人組。

 ナトカンは、相変わらずのお祭り騒ぎでした。

 というわけで、朝9時からBiS、そしてアイドル物販で疲れたので、中華大衆酒家J渋谷で休憩。

 その後、ミルキーウェイでのThis is not a businessへ。話題の天狗のお面バンドです。ヴォーカルがとにかくよく動きます。YouTubeで聴くよりエレクトリック色の薄いロックで盛り上がりました。

 WWWのサイボーグかおりへ。超満員のサブフロアで、ずっとヒューマンビートボックスのみで勝負。カンナムスタイル・ネタ、「ラジオスターの悲劇」ネタ、最後の突然の音頭など、ネタのバラエティの豊かさに度肝を抜かれました。

 同じ場所でエレクトリックリボン。満員の暑さの中で音響トラブルが起きたものの、エリカちゃんが手打ちしてきたそばを食べて乗り越えて盛り上がるDIYなステージ。新衣装、そして新曲でこの夏は勝てる!

 (M)otocompoのライヴ会場のgee-geは、焼肉のげんかやの上で驚きました......。

 チェルシーホテルに戻ってEspecia。「Good Times」で脳内麻薬が噴出する感覚が凄かったです......。もなりちゃんだけがステージに残り、他のメンバーは8月のワンマンライヴのチラシをフロアで配りました。アーバンというだけではない次元の楽曲とサウンドの洗練ぶりを満喫。


DiE (CDのみ盤)

ナントカカントカ(TYPEA)

10 goods

星屑ハイランド

ミッドナイトConfusion

2013年6月22日

YATSUI FESTIVAL! 2013

 「YATSUI FESTIVAL! 2013」のため渋谷へ。

 まず、かせきさいだぁのclub asiaが満員。土曜の午後に生で聴く「くちづけキボンヌ」は心地良く、ケチャも起きていていい雰囲気でした。

 同じくclub asiaでのアーバンギャルドは、「セーラー服を脱がないで」で始まり「都会のアリス」で終わる新旧の代表曲セットリスト。フェスなので、けっこうな割合の観客が「ベビーブーム」に衝撃を受けて笑っていたのが新鮮でした。

 O-Crestに移動すると、南波志帆はリハーサルですでに盛り上がっていました。相変わらずMCが達者。20歳になった彼女はもう「こどなの階段」を歌いませんでした。

 DUO Music Exchangeでは2013年のPPERSONZを見ましたが、熱い......!

 BiSの握手会を終えて、club asiaに帰還。RAM RIDERはやついいちろうが登場し、VJのナレーションがバカリズムであるなど、お笑いとのコラボ感が強かったです。

 やはりclub asiaでのバンドじゃないもん!は、新曲で遂にサークルモッシュに参加。先日の5人編成初ライヴでは、最前列だったのでサークルモッシュに加われなかったのです。ぜひ今ぐらいの現場のテンションが続いてほしいところ。

 DUO Music Exchangeに戻ると、でんぱ組.incがライヴ中で初めて「W.W.D」や「でんでんぱっしょん」を聴きました。「W.W.D」ではリフトされるヲタの姿もミュージカルっぽかったです。

 BiSは、点胡界隈をはじめとする新メンバーのヲタ参入でフロアの雰囲気がちょっと変わったな、と荒れ狂う現場で感じていました。リリースイベントの消耗戦、頑張ってほしいです。ミッチェルの自己紹介が雑なのも良かったのですが、僕が握手会で干され気味なのは気のせいではないような......。


かせきさいだぁのアニソング!! バケイション!

恋と革命とアーバンギャルド

乙女失格。

ゴールデン☆ベスト

AUDIO GALAXY-RAM RIDER vs STARS!!!-

ショコラ・ラブ(通常盤)

W.W.D / 冬へと走りだすお!  通常盤

DiE (CDのみ盤)

2013年6月21日

「MUSIC MAGAZINE」7月号

 「MUSIC MAGAZINE」7月号では、きゃりーぱみゅぱみゅ特集でのディスク・ガイド、畠山美由紀「rain falls」のアルバム評を執筆しています。




MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 07月号 [雑誌]

2013年6月20日

ツギクルアイドルナイト@原宿ヒミツキチオブスクラップ

 BiSの出演する「ツギクルアイドルナイト」のため原宿ヒミツキチオブスクラップへ。

 ハイレベルなプレゼンテーションがプロデューサーとアイドルによって展開される中、BiSはいきなり会場のヲタにハグして回り、耳元で「挿れて」もとい「入れて」と囁く最狂にして最強の展開に......!


性の乱れを体現して得票を狙うBiS、圧倒的な狂度......... on Twitpic


 「BiSが日経エンタに掲載されたら?」という質問に「メンバー全員が全裸でインタビューします」と回答するプー・ルイ。完全に狂った現場となりました。司会は渡辺淳之介マネージャーを指して「あの人はいつか捕まる」と言うほど。今夜のBiSの性奴隷感は、国連が調査に動いても不思議ではないレベルでした。

 そしてBiSが優勝で「日経エンタテインメント!」掲載決定! プー・ルイは一言、「抱いたのに負けたらヤリ逃げされた感じだった」。司会がミッチェルに「目に鈍い光しかない」と指摘していたのが印象的でした。


BiS優勝で日経エンタ掲載決定!プー・ルイ「抱いたのに負けたらヤリ逃げされた感じだった」司会「目に精気がない」ミッチェル「... on Twitpic


DiE (SG+DVD)(LIVE盤)

DiE (CDのみ盤)

[ BiS ]

2013年6月19日

スカート「おばけのピアノ」

 スカート「おばけのピアノ」のライヴ動画が公開されています。CD-R「COMITIA 100」に収録後、アルバム「ひみつ」に収録された楽曲です。



ひみつ

2013年6月18日

アーバンギャルド『恋と革命とアーバンギャルド』発売記念生放送

 アーバンギャルドの「アーバンギャルド『恋と革命とアーバンギャルド』発売記念生放送」に出演するために原宿のニコニコ本社へ。


アーバンギャルド 再びニコニコ本社でイベント決定!!!

松永天馬,アーバンギャルドを語る

出演:アーバンギャルド ゲスト:宗形明将 


 僕の名前が微妙に違う......!

 ニコニコ生放送を終えて妻に感想を求めたところ、第一声は「姿勢が悪い」でした。気をつけます。

 ありがとうございました!


恋と革命とアーバンギャルド

2000年までが僕らの「テキストサイト」だった

 ヨッピーさんの「【今更】あれだけ流行ったテキストサイトが何故廃れたのか考えてみる【考察】 - オモコロ特集」を読んだのですが、2000年までの初期テキストサイトへの言及がほぼなくてさびしかったです。2000年までが僕らの「テキストサイト」でした。

 この記事のはてなブックマークを見ていると、1990年代後半のインターネットを見ていた人間はもう絶滅危惧種で、このようにして歴史は闇に葬られるのだなぁ......と嘆息してしまいます。失われた記憶をリカヴァーするものが記録であるはずなのに。

 今後はこのような状況を懸念し、怒られるまで初期テキストサイト老害感をガンガンに出していきたいです。ばるぼらさんの「教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書」にインタビューが掲載されているのが僕です。




教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書

テキストサイト大全

2013年6月17日

MOOSIC LAB 2013 名古屋編 CM

 「MOOSIC LAB 2013 名古屋編 CM」の動画にはオカザえもんが出演。赤ちゃんは誰の子なのか、オカザえもんはどこからホウレン草を食べているのか、男の髪型は一体何なのか、訪問員がいい表情をしすぎではないか、そして結局「MOOSIC LAB 2013」へ行くのか。ツッコミどころが多すぎて、ついリピートしてしまします。



オカザえもん お座りまねき OK-1403

[ 映画 ]

2013年6月16日

屋形船

 トモコの誕生日祝いで屋形船に乗船。東京湾を航海中、突如ゆるキャラを乗せた選挙カーならぬ選挙船に遭遇しました。



東京屋形船あそび

[ 日常 ]

うみのて「SAYONARA BABY BLUE」

 うみのての最新アルバム「IN RAINBOW TOKYO」は、「SAYONARA BABY BLUE」から「東京駅」への流れが最高でした。この「SAYONARA BABY BLUE」のヴィデオ・クリップも終盤が素晴らしいです。



SAYONARA BABY BLUE

2013年6月15日

アーバンギャルド「都会のアリス」

 アーバンギャルド「都会のアリス」のサウンドは佐久間正英プロデュース。女子高生ダンサー8人を投入して静岡の砂丘で撮影された映像が素晴らしすぎてリピートし続けています。



恋と革命とアーバンギャルド

2013年6月14日

「レコード・コレクターズ」7月号

 「レコード・コレクターズ」7月号では、Orchestre Poly-rythmo De Cotonou「Volume 3: Skeletal Essences Of Afro Funk 1969-1980(第3集)」、Hetty Koes Endang「Sorga Dan Neraka(天国と地獄)」、Alicia Y Carlos「Alicia Y Carlos」のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2013年 07月号 [雑誌]

2013年6月13日

Yahoo!ニュース個人に「『新しい青の時代』を生きよう 山田稔明ワンマンライヴレポート」を掲載しました

 Yahoo!ニュース個人に、6月2日の山田稔明のライヴレポート「『新しい青の時代』を生きよう 山田稔明ワンマンライヴレポート」を掲載しました。

 よろしくお願いいたします。


ヤフー・トピックスの作り方 (光文社新書)

2013年6月12日

Thomas Mapfumoのライヴ動画

 ジンバブエ出身のThomas Mapfumoのライヴ動画がフルで公開されています。



Rise Up

2013年6月11日

RE-EXTRA!!!のライヴ動画

 5月15日に開催された「RE-EXTRA!!!」のライヴ動画が3本公開されています。エレクトリックリボン、BELLRING少女ハート、ナグリアイです。



星屑ハイランド

BedHead

ナグリアイ

2013年6月10日

tofubeats live at RUBYSTAR

 YouTubeに「tofubeats live at RUBYSTAR@神戸旧グッケンハイム邸 20130609」というライヴ動画が4本公開されています。個人的には、1本目からいきなりlyrical schoolに提供した「おいでよ」のtofubeats自身が歌うデモが流されていることに驚きました。



そりゃ夏だ! / おいでよ

2013年6月 9日

「極東学園天国」とBiSの縁

 最近はBiSの現場やイベントで電撃ネットワークのギュウゾウさんとご一緒させていただくことが多いのですが、実はふたりが10年以上前に同じ見開きにコメントを寄せていたことをいくに指摘されました。日本橋ヨヲコさんの「極東学園天国」第4巻巻末です。




新装版 極東学園天国(1) (KCデラックス)

新装版 極東学園天国(2) (KCデラックス)

新装版 極東学園天国(3) (KCデラックス)

新装版 極東学園天国(4) (KCデラックス)

[ BiS ]

2013年6月 8日

バンドじゃないもん!@秋葉原ディアステージ

 5人体制となったバンドじゃないもん!のワンマンライヴ「バンドじゃないもん!~the genesis of "Quintette!"~」のため秋葉原ディアステージへ。

 前夜のイベントから寝ずに行ったので、二回公演の間で「もうダメだ」と帰りそうになりましたが、ゴリさんの励ましでなんとか最前列で二部の終わりまで耐えられました。体力の限界を迎えていても、現場に行くと元気が出てくる現象はヤバいですよね......。

 そして、バンドじゃないもん!の5人編成初ライヴ。新しい3人のメンバー、新しい歌割、新しい振り付け、そして新曲。ハモりまでしていて驚きました。ディアステージ界隈の皆さんの多大なるご協力により最後の花束の贈呈もでき、良い新スタートを切れたと強く感じました。

 会場には劔樹人さんや、新婚の奥さん連れのミナミトモヤくんもいて、久しぶりにバンドじゃないもん!のオリジナルメンバーが揃ったのを見ました。グッときたね。


ショコラ・ラブ(初回限定盤)

ショコラ・ラブ(通常盤)

2013年6月 7日

BiS(新生アイドル研究会)非公式ファンイベント@阿佐ヶ谷ロフトA

 「BiS(新生アイドル研究会)非公式ファンイベント "君の瞳は1万ボルト ~地上に降りた最後の電流爆破デスマッチ、オール電化でエレキテルイ!!!☆彡~ ちだちゃんさん生誕&成人祭!!!"」に出演するために阿佐ヶ谷ロフトAへ。タイトル長い......!


<イベント内容(予定)>
○ユフちゃんありがとう乾杯
○ちだちゃん成人&生誕のお祝い~所信表明
○ユフちゃんのBiSストーリーを語る会
○100kmマラソン裏話
○新メンバーについて
○ガメ村隆一スペシャルディナーショー
○CYBORG KAORI&CYBORG がすぴーさんによるヒューマンビートボックスパフォーマンス
○ナグリアイライブ

【出演】
ナグリアイ
ガメ村隆一
CYBORG KAORI
CYBORG がすぴー
研究員の皆さん


 ちだは今回並々ならぬやる気を見せていたものの、突然一気飲みして完全に自滅。早かった......。

 今回意外だったのは、ゆふぃすととのトークパートで、ばくもんをはじめとするゆふぃすとたちが「ユフちゃんは辞めて良かった」と言い切ったことでした。しかし、たしかにそうなのかもしれません。

 ユフちゃんの話題がやや重くてうまく展開させられなかったのは僕の失敗です。USTREAMを見ていたミッチェルにもTwitterで「暗い」と笑われていました。いいからお前は早く寝ろよ......。後日ミッチェルは、電撃ネットワークのギュウゾウさんと僕が完全に音声を切って話していたパートを気にしていました。寝ろよ......。

 最後はサイボーグかおりさんとサイボーグがすぴ~の対決で終了。不条理演劇のようなわけがわからない終わり方で良かったです。



ナグリアイ

[ BiS ]

2013年6月 6日

「出れんの!?サマソニ!?」にテラシマユフ

 「出れんの!?サマソニ!?」のための「ゴーゴーふっかちゃん振り付け」と題された動画に、元BiSのテラシマユフが出演。脱退後のソロワークの第一弾。ゆるキャラの振り付け動画を見て感情が揺さぶられている自分がいます。ウェルカムバックです。



不思議! カワイイ! 深谷のふっかちゃん (ゆるBOOKS)


2013年6月 5日

ディアステージ点胡界隈、BiS研究員、バンドじゃないもん!ヲタ懇親会

 突如ディアステージから新メンバーを迎えることになったBiSとバンドじゃないもん!。そのファン同士が文化の違いから揉めないように懇親会をしてはどうかということで、新宿のめだかでディアステージの点胡界隈、BiS研究員、バンドじゃないもん!ヲタで飲みました。点胡界隈の物語、熱かったです......。


日本の若者は不幸じゃない (ソフトバンク新書)

[ BiS ]

2013年6月 4日

畠山美由紀

 今日は、畠山美由紀「rain falls」を聴いていました。


rain falls

[ CD2013 ]

2013年6月 3日

きゃりーぱみゅぱみゅ

 今日は、きゃりーぱみゅぱみゅ「なんだこれくしょん」を聴いていました。


なんだこれくしょん(通常盤)

[ CD2013 ]

2013年6月 2日

山田稔明 with 夜の科学オーケストラ@恵比寿 天窓.switch

 山田稔明 with 夜の科学オーケストラのライヴ「夜の科学」vol.41のため恵比寿 天窓.switchへ。

 やはり山田稔明の声質は天性のものですし、今日先行発売の新作「新しい青の時代」からの新曲群もメロディーが一段と研ぎ澄まされたものでした。

 アルバムタイトルの由来は、ピカソが友人を亡くた後の「青の時代」で、そこに震災以降の自分自身の気持ちを希望とともに込めて「新しい青の時代」とした、というMC。新作の楽曲たちは、たしかに日常の息遣いを投影した言葉で綴られた歌詞で、何度となく耳を奪われました。


新しい青の時代

2013年6月 1日

ヲタとビッチが昼から終電まで飲む会

川茶屋たぬきや稲田堤で、ヲタとビッチが昼から終電まで飲む会。多摩川の河原の飲み屋で延々と飲んで話していました。



京王稲田堤(けいおういなだづつみ)京王線KEIO駅名キーホルダー京王電鉄【鉄道グッズ/鉄道雑貨】

[ 日常 ]

BiSの皆さんにインタビュー取材

 渋谷のカフェ・ミヤマでBiSの皆さんにインタビュー取材。記事はメンズサイゾーに掲載されます。


DiE (SG+DVD)(LIVE盤)

DiE (CDのみ盤)


「BiSのビッスン?」公開収録

 「BiSのビッスン?」の公開収録のため渋谷のソラハウスへ。お洒落な内装なのに、ヲタが70人も集まるとビニールテント感覚で暑くなることがわかりました。


DiE (SG+DVD)(LIVE盤)

DiE (CDのみ盤)

 

[ BiS ]
記事一覧
月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.