小心者の杖日記

2012年10月12日

A day in the life@新宿ロフト

 「A day in the life」のために新宿ロフトへ。上野祥法さんがロフトを辞める前にブッキングした最後のライヴは、ソウル・フラワー・ユニオンとTHA BLUE HERBの対バンです。


121012a.jpg


 THA BLUE HERBの終了時には放心してしまいました。フロアで見知らぬ者同士が「ヤバい!」と言い合っていたほどです。僕も含めて。

 1MC、1DJでソウル・フラワー・ユニオンと一騎打ちする気合いに満ちたステージ、しかし礼節は尽くすスタイル。冒頭の前説のようなMCの部分からしてフロウが決まりまくっていました。最新アルバム「TOTAL」ではその重さに気圧されましたが、ライヴはシリアスながら硬軟取り混ぜた展開。そして「未来は俺等の手の中」のメッセージと、タイトでソリッドなラップに完全にやられました。

 最後の最後でイベント名に合わせてThe Beatlesの「A Day in the Life」のフレーズを鳴らす完璧な構成。撮影したらもうそのまま映画になりそうなステージでした。札幌からの強烈な刺客。

 呆然としたなか、さらにソウル・フラワー・ユニオンとか、牛丼大盛りニ杯目みたいな気分です!

 THA BLUE HERBが歌いきれなかったことをソウル・フラワー・ユニオンに託すと言っていたら、中川敬は「託すなよ!」。とはいえフロアの異常な昂揚感を受けとめながら、自分たちの世界へしっかり持っていくスタイルはさすが。彼らはどんな場でも聴く者の感情の扉を開けて引き出してしまいます。

 そして、「うたは自由をめざす!」「平和に生きる権利」「極東戦線異常なし!?」という流れは、THA BLUE HERBから託されたものへの明確な「回答」でした。

 ステージの後ろには「がんばっぺ女川!」のタオルが掲げられていました。「満月の夕」も「キセキの渚」も、先日の女川でのおながわ秋刀魚収穫祭で聴いたときとはどうしても自分の中で感覚が異なります。それは演者の彼らの側が一番わかっていることでしょうし、そこを平然と乗り越えていくのがソウル・フラワー・ユニオンの真の凄さだとも感じました。

 それにしてもソウル・フラワー・ユニオンのミホちゃん(上村美保子)は痩せすぎで驚きました、もっと食べて!


TOTAL

キセキの渚

投稿者 munekata : 2012年10月12日
この記事に関連しているかもしれない商品
コメント
コメントはまだありません。
コメントする





保存しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.outdex.net/mt5/mt-tb.cgi/11517

月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.