小心者の杖日記

2012年7月28日

ロンドンオリンピック開会式

 昨夜のオールナイト反省会から帰宅中にロンドンオリンピック開会式の話題になって、耳が「21世紀にもなってビートルズはないだろー」と言った瞬間、TwitterにPaul McCartney出演の情報が流れてきました。彼による最後の「Hey Jude」は感動的で、閉会式感がヤバかったです。そして、オリンピック代表選手はPaul McCartney現場が無銭!




 他にはWorldWideWebの考案者であるTim Berners-Leeが出てきて驚きましたが、「インターネットを開発したのはイギリス」という誤解を世界に与える戦術かと疑うほどの演出でした。




 開会式の演出になんとエリザベス女王が協力し、Underworldが音楽監督を務める国。イギリスです。




Isles Of Wonder: Music For The Opening Ceremony Of The London 2012 Olympic Games

[ 日常 ]
投稿者 munekata : 2012年07月28日
この記事に関連しているかもしれない商品
コメント
コメントはまだありません。
コメントする





保存しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.outdex.net/mt5/mt-tb.cgi/11632

月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.