小心者の杖日記

2011年7月22日

南波志帆、D.W.ニコルズ、カコイミク@渋谷duo MUSIC EXCHANGE

 南波志帆の主催イベント「THE NANBA SHOW 相当衝撃的なスクールポップ!! Vol.3」のため渋谷duo MUSIC EXCHANGEへ。ゲストはD.W.ニコルズ、カコイミク。

 D.W.ニコルズはフォーキー&ファンキーで、ニューオリンズ風の楽曲もあって良かったです。

 そして、夏祭りをテーマにした祭囃子が流れる会場が暗転して南波志帆が登場。約1年前に同じ会場で見たときと比べて、ヴォーカルを含むパフォーマンスやMCが格段に成長していました。ハンドマイクで歌う姿にカタルシスを感じていたら、「こどなの階段」で激しく踊る姿に衝撃を受けることに。MCも、ひとりであんなに面白いことを言えるのはすごいです。

 シュガーベイブ以降の日本のシティポップの歴史で最新型を聴きたければ南波志帆を聴けばいいでしょう。一方で、Base Ball Bearの小出祐介が作詞、サカナクションの山口一郎が作曲、矢野博康が編曲したロック色の強い「こどなの階段」も非常に魅力的な楽曲だと再認識。

 18歳の南波志帆はこうして「こどなの階段」を登っていくのか……と勝手に感慨深くなるほど成長を実感したライヴでした。


水色ジェネレーション

投稿者 munekata : 2011年07月22日
この記事に関連しているかもしれない商品
コメント
コメントはまだありません。
コメントする





保存しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.outdex.net/mt5/mt-tb.cgi/12139

月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.