小心者の杖日記

2010年8月31日

THE ARTH、Negicco、ムーンライダーズ、東京スリム、曽我部恵一、Jesse Harris、キリンジ、blue marble、Schroeder-Headz

 最近聴いたCDは、THE ARTH「CHOCOLATE OCEAN」(→amazon.co.jp)、Negicco「プラスちっく☆スター」(→amazon.co.jp)、ムーンライダーズ「ARCHIVES SERIES VOL.06 moonriders LIVE at SHIBUYA 2010.3.23“Tokyo7”」(→amazon.co.jp)、東京スリム「LIVE!」(→amazon.co.jp)、曽我部恵一「けいちゃん」(→amazon.co.jp)、Jesse Harris「Through The Night」(→amazon.co.jp)、9月1日発売のキリンジ「BUOYANCY」(→amazon.co.jp)、9月15日発売のblue marble「ヴァレリー」(→amazon.co.jp)、10月6日発売のSchroeder-Headz「newdays」(→amazon.co.jp)です。


CHOCOLATE OCEAN

プラスちっく☆スター

ARCHIVES SERIES VOL.06 moonriders LIVE at SHIBUYA 2010.3.23“Tokyo7”

LIVE!

けいちゃん

スルー・ザ・ナイト

BUOYANCY

ヴァレリー

newdays

[ CD ]

2010年8月30日

ムーンライダーズ、鈴木博文、耳鼻咽喉科、kihirohito×アーバンギャルド、pupa、青柳拓次、Maltine Records、やもり、山本精一、やけのはら、Cocco、装置メガネ、初音家賢次、山中一平&オンドリャーズ、「そめき 壱 高円寺阿波おどり」、うめ吉、Perfume、アイドリング!!!、KARA、Tomato n' Pine、夢眠ねむ、Umika as Yamako、AKB48、Brian Wilson、Andy Partridge etc.

 ブログを更新していなかった間に買ったCDを一気に挙げていきます。溜めすぎだ!

 ムーンライダーズ「moonriders LIVE at SHIBUYA AX 2009.4.21」、鈴木博文「metrotr-on-line 2010 july」、耳鼻咽喉科「偉大(はずかしく)なる復活 Live at 新宿LOFT 2010.3.5」(→amazon.co.jp)、kihirohito×アーバンギャルド「ソワカちゃんとアーバンギャルド」、pupa「dreaming pupa」(→amazon.co.jp)、青柳拓次「まわし飲み」(→amazon.co.jp)、Maltine Records「MP3 KILLED THE CD STAR?」(→amazon.co.jp)、やもり「あなたと歌おう 」(→amazon.co.jp)、山本精一「プレイグラウンド」(→amazon.co.jp)、やけのはら「ディス・ナイト・イズ・スティル・ヤング」(→amazon.co.jp)、Cocco「エメラルド」初回限定盤(→amazon.co.jp
)、装置メガネ「メガネダッシュ! 」(→amazon.co.jp)、Pudding Alamode「問題のある私たち 」(→amazon.co.jp)、オムニバス「incense」(→amazon.co.jp)、初音家賢次「旅立て俊徳丸」(→amazon.co.jp)、山中一平&オンドリャーズ「オンステージ」(→amazon.co.jp)、オムニバス「ぞめき 壱 高円寺阿波おどり」(→amazon.co.jp)、うめ吉「ALL ABOUT UMEKICHI」(→amazon.co.jp)、Perfume「VOICE」初回限定盤(→amazon.co.jp)通常盤(→amazon.co.jp)、アイドリング!!!「プールサイド大作戦」初回限定盤A(→amazon.co.jp)、KARA「ミスター」初回限定盤A(→amazon.co.jp)、Tomato n' Pine「RED SCARLET」(→amazon.co.jp)、夢眠ねむ「魔法少女☆未満」、Umika as Yamako「MajiでKoiする5秒前」(→amazon.co.jp)、AKB48「ヘビーローテーション」Type-A(→amazon.co.jp)Type-B(→amazon.co.jp)、私立恵比寿中学「朝のチャイムがなりました!」、momonaki「fallin' snow」「Hey Mr.DJ」「君さえいれば from LOCO MACK」、Brian Wilson「Brian Wilson Reimagines Gershwin」(→amazon.co.jp)、Andy Partridge「Powers」、オムニバス「Ape Sampler No1 - I Heard It Through The Apevine CD」Saravah Soul「Cultura Impura」(→amazon.co.jp)。


追記:CDの重複、抜けがあったので修正しました。


moonriders LIVE at SHIBUYA AX 2009.4.21

metrotr-on-line 2010 july

偉大(はずかしく)なる復活 Live at 新宿LOFT 2010.3.5

ソワカちゃんとアーバンギャルド

dreaming pupa

まわし飲み

MP3 KILLED THE CD STAR?

あなたと歌おう

プレイグラウンド

ディス・ナイト・イズ・スティル・ヤング

エメラルド(初回限定盤)(DVD付)

装置メガネ「メガネダッシュ!」

incense

旅立て俊徳丸

山中一平&河内オンドリャーズ オンステージ

ぞめき壱 高円寺阿波おどり(2枚組)

ALL ABOUT UMEKICHI

VOICE(初回限定盤)(DVD付)

VOICE(通常盤)

プールサイド大作戦

ミスター(初回限定盤A)(スペシャルDVD付)

RED SCARLET(写真集付)

夢眠ねむ「魔法少女☆未満」

MajiでKoiする5秒前

【特典生写真無し】ヘビーローテーション<Type-A>

【特典生写真付き】ヘビーローテーション<Type-B>

プールサイド大作戦

朝のチャイムがなりました!

fallin' snow

Hey Mr.DJ

君さえいれば from LOCO MACK

Brian Wilson Reimagines Gershwin

Powers

Ape Sampler No1 - I Heard It Through The Apevine CD

Cultura Impura (TRUCD215)

[ CD ]

2010年8月29日

焼き肉

 元Cutie Paiのきわサンの結婚を祝って、肉好きのきわサンの代わりに勝手に焼き肉を食べました。初めてiPhoneアプリの「食べログ」を活用しましたよ。


焼き肉


[瀬戸のもち豚]たっぷりお試し4点セット-しゃぶしゃぶも焼き肉も楽しめる(クール便送料込み)

[ 日常 ]

2010年8月28日

アーバンギャルド@渋谷クラブクアトロ

 アーバンギャルドのワンマンライヴ「傷だらけのアーバンギャルド」のため渋谷クラブクアトロへ。

 今回もDJは装置メガネのサミーちゃん。彼がNONA REEVESの「DJ! DJ!」を流した時点で、アーバンギャルドのライヴどころかサミーちゃんのミニライヴの前なのにテンションがブチ上がりました。

 今回驚いたのは、開演時に圧縮が発生したこと。こんな光景を初めて見ました。さらに、「ベビーブーム」で恒例のコンドーム投げでも圧縮が起きていて、現場の熱気が明らかにこれまでと違っていました。制服のコスプレというか、本当に高校生ぐらいの若い女の子がまた増えていた気がします。

 サポート・ドラムに鍵山喬一を迎えた編成によるライヴは、瀬々信のエレキ・ギターが引き立つサウンドに。2曲目の「水玉病」は終盤がドラマティックなアレンジになっていました。

 去年の代官山UNITと同じく二部構成で、幕間にやはりピチカート・ファイヴの「女性上位時代1」を連想させる「東京は好き?或いは、愛を信じる?」が流れ、松永天馬と浜崎容子のソロ・パートに。二部の浜崎容子の衣装は、ピチカート・ファイヴ時代の野宮真貴のようでした。

 iPod調べによると僕が今年一番聴いている楽曲「あした地震がおこったら」も初めてライヴで聴きました。思わず聴き入る名曲。「ダブルバインド」もやはり素晴らしい楽曲でした。

 浜崎容子が作編曲した新曲「前髪ぱっつんオペラ」もキャッチー。実は最初にアーバンギャルドのライヴを見たときは、「すごく面白いけれどもっとキャッチーな曲がほしい」と感じたのですが、それは完全に杞憂に終わり、良い意味でのキャッチーさがどんどん増しています。

 そして10月8日にはアルバム「少女の証明」リリースの発表が。11月23日の赤坂BLITZでのワンマンライヴと合わせ期待が高まります。

 松永天馬の朗読で、西野カナから天皇までカヴァーしてしまう異端の存在。しかし、そうしたパフォーマーとしての側面だけではなく、アーバンギャルドは「テクノを通過した東京のポップス」として音楽ジャーナリズムにもっと正当に評価してほしいと願わずにいられません。

 次のワンマンライヴもぜひ多くの人に見てほしいです。アーバンギャルドはこの1年以上、期待値以上の作品を見せつけてくれています。



少女の証明

2010年8月27日

紅龍さんにインタビュー取材

 9月22日にソロ・アルバム「バルド」(→amazon.co.jp)をリリースする上々颱風の紅龍さんにM&Iでインタビュー取材。次号の「MUSIC MAGAZINE」に掲載される予定です。


バルド

2010年8月26日

打ち合わせ

 渋谷のルノアールでビバ彦さん、モコモコ、澤田さん、瀧坂くん、ピロスエさん、イワキリさんと打ち合わせ。


「テクノ歌謡」ディスクガイド

[ 日常 ]

2010年8月25日

a filetta@銀座 王子ホール

 フランス領コルシカ島から来たa filettaの来日公演のため銀座の王子ホールへ。


ブラカーナ 〜地中海コルシカ島 奇跡のアカペラ

2010年8月24日

山本直樹、日本橋ヨヲコ、久米田康治

 山本直樹「堀田」第4巻(→amazon.co.jp)「世界最後の日々」(→amazon.co.jp)「レッド」第4巻(→amazon.co.jp)、日本橋ヨヲコ「少女ファイト」第7巻特装版(→amazon.co.jp)、久米田康治「さよなら絶望先生」第22巻(→amazon.co.jp)購入。


堀田4巻 (F×COMICS) (F COMICS)

世界最後の日々

レッド(4) (イブニングKCDX)

少女ファイト(7)特装版

さよなら絶望先生(22) (少年マガジンコミックス)

2010年8月23日

ももいろクローバーがキングレコード移籍

 ももいろクローバーがキングレコードに移籍。AKB48と同じレコード会社になるという展開ですが、それよりも公式サイトに「あの衣装」が掲載されたことに驚きました。


行くぜっ!怪盗少女(通常盤)

2010年8月22日

HMV渋谷閉店

 知人のある音楽学者はつぶやきました。「最近は物事の始まりよりも終わりが語られる」、というようなことを。たしかに僕もそのひとりであることをHMV渋谷閉店に際して感じました。

 HMV渋谷が閉店のBGMにPerfumeの「wonder2」を使う、とTwitterのアカウントから#prfmへ事前に再三アナウンスをしていたことには、ふたつの点で違和感を抱きました。

 ひとつは、いわゆる太田コーナーの渋谷系で名を馳せたHMV渋谷の最後がそれでいいの?という違和感でした。そのツイートを見ていた僕の背後にあるCD棚にある渋谷系のCDの大半はHMV渋谷で買ったものです。閉店イベントに出演するのも渋谷系のアーティストが多いのに。過去だけではなく現在の楽曲も……と考えるにしても「wonder2」はもう2006年の楽曲です。

 もうひとつは、事前のアナウンスに反応してPerfumeのファンたちが集まって「感動」を共有するためのツールに「wonder2」はされてしまったのだなぁ、という嘆息に近い感覚でした。昔のPerfumeは「面白い」存在だったけれど、現在は「感動」を求められる存在なんだなぁ、と。ところで皆、レディメイドな感動をそんなに体験したいの?

 閉店の模様はTwitCastingで生中継されていたのですが、繰り返し流される「wonder2」に、HMV渋谷が閉店するのも時代の必然のように感じました。その程度の「感動」なら別に着うたでいいのではないでしょうか。

 僕は新しい物事の始まりを探しに行くことにします。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2007年 09月号 [雑誌]

[ 音楽 ]

2010年8月21日

「MUSIC MAGAZINE」9月号

 「MUSIC MAGAZINE」9月号(→amazon.co.jp)では、安藤裕子さんのインタビュー、クレイジーケンバンド「MINT CONDITION」(→amazon.co.jp)「HONMOKU MASSIVE」(→amazon.co.jp)評を担当しています。

 この雑誌で読んできた今野雄二さんの連載が、突然終わってしまったことが残念です。ご冥福をお祈りいたします。


MUSIC MAGAZINE ( ミュージックマガジン ) 2010年 09月号

2010年8月20日

南波志帆@渋谷duo MUSIC EXCHANGE

 南波志帆の初のワンマン・ライヴ「THE NANBA SHOW 『FANTASTIC STORY』」のため渋谷duo MUSIC EXCHANGEへ。

 この南波志帆のライヴで、日本のシティ・ポップスの歴史は更新されました。わずか17歳の少女によって。「レコード・コレクターズ」9月号の「日本のロック・アルバム・ベスト100」ではシティ・ポップスとニュー・ウェイヴが一騎打ちの様相を呈していましたが、あの雑誌を愛読しているようなシティ・ポップス愛好者に南波志帆の音楽、ライヴに触れてほしいです。ホリプロとポニーキャニオンのマーケティングの対象にはならないでしょうから、なおさらそう思います。

 前半、ティアラを頭に載せて登場した南波志帆は、歌いながら軽く踊ると、今にも召し使いのウサギが現れそうな雰囲気。しかし、柔らかなヴォーカルの声質が注目される彼女ですが、NONA REEVESの小松シゲルのドラムと約2時間タメを張れるリズム感の良さを見せつけました。さらにキーボードは渡辺シュンスケと、バック・バンドが猛者揃いです。

 ひとりで原田知世の「天国にいちばん近い島」を弾き語りした後、ゲストのおおはた雄一を迎えて歌われた、キリンジの堀込高樹作詞作曲の「お針子の唄」は強烈にエモーショナルな演奏でした。

 後半の彼女はちょっとカジュアルな着こなしになり、「クラスにいる話しかけづらい可愛い子」的な雰囲気に。アップテンポの楽曲で観客に立ちあがることをうながし、「ごめんね、私。」などで疾走感のあるステージを展開していきました。

 世間はカテゴライズされやすいものを好みます。しかし、南波志帆のアイドル然とした雰囲気がまったくない、非常にしっかりとしたシンガーぶり、そしてKAOSSILATORも鳴らしたりするパフォーマーぶりは、分類しがたい特異にして魅力的な存在でした。あのみずみずしさが輝くうちに、ぜひライヴを見たほうがいいです。

 南波志帆をプロデュースするのは矢野博康。渋谷系の流れをくむ日本のポップスの良質な部分が、南波志帆へ継承されたことを印象付けた記念すべき夜でした。


ごめんね、私。

2010年8月19日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」番外編はChu!☆Lipsです

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」番外編では、「『ヲタがアイドルの活動を支えられるかどうかは、現場を見ればすぐに分かる』Chu!☆Lipsとチュッパーの幸福な関係」と題してChu!☆LipsのライヴDVD「ワケあって結成日から1ヶ月遅れで6周年突入! ワンマンライブだよ全員集合!!」を取りあげました。

 よろしくお願いします。


コンプリート・ベスト 赤盤

2010年8月18日

ATEETA「Chapters」

 今日は、9月1日発売のATEETA「Chapters」(→amazon.co.jp)を聴いていました。


lat.55°N

[ CD ]

2010年8月17日

「レコード・コレクターズ」9月号

 「レコード・コレクターズ」9月号(→amazon.co.jp)では、Etoile de Dakar featuring Youssou N'Dour「Once Upon A Time In Senegal - The Birth of Mbalax 1979-1981(ンバラの誕生 1979−1981)」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2010年 09月号

2010年8月16日

「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第12回はアイドリング!!!です

 メンズサイゾーでの連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」第12回では、「おニャン子クラブの正当な後継者はAKB48ではない――『アイドル戦国時代』の行く末」と題してアイドリング!!!「プールサイド大作戦」→amazon.co.jp)を取りあげました。「TOKYO IDOL FESTIVAL 2010」の総括も兼ねた内容です。

 よろしくお願いします。


プールサイド大作戦 初回限定盤B

プールサイド大作戦 通常盤

本橋麻里がチーム青森を脱退

 本橋麻里がチーム青森を脱退。旧常呂町の北海道北見市に戻って新チームを作るとのこと。しかしチーム青森はどうなるのか……と激しく動揺しましたが、女子カーリングの世界が活性化し、環境がさらに改善されることを願ってやみません。


本橋麻里 Days off [DVD]

2010年8月15日

コミックマーケット78@有明ビッグサイト

 Perfume同人誌「Go! Go! Perfume!」の委託販売をお願いした「No Knowledge Product」のブースへお邪魔するために、人を殺しそうな陽射しの中、有明ビッグサイトでのコミックマーケット78へ。

 「No Knowledge Product」は、せきねさん、NEGI、肉彦のサークルで、「メロン記念日解散寄せる」「What Is Idol」Vol.2などのアイドル同人誌が売られていました。居心地いい。

 ブースに着くと、「What Is Idol」Vol.2でインタビューを受けていたあやや先生とトーニャ・ハーディングさんがいたほか、まりんさんも差し入れとともに来てくれました。


No Knowledge Product


 サークル回りは、JIMMYさん神薫さんうしじまさん夢眠ねむさんのブースを回るのが精一杯。遂にお会いできたうしじまさんは、初めての三村翔子仲間です。夢眠ねむさんのブースには、もふくちゃんと冨田明宏さんも来ていました。また岡島紳士さんにanimeさんを紹介してもらえたのも嬉しかったです。


うしじまさん

うしじま「The Ushijima is a Harsh Mistress」

夢眠ねむさん

夢眠ねむ「魔法少女☆未満」


 「Go! Go! Perfume!」もたくさん売れました。お買い上げいただいた皆さん、ありがとうございました。

 コミケ終了後は、水上バスに乗って有明を離脱。ヲタと同人誌の重みで船が沈まないか不安でしたが、無事に地上に。タクシーで新橋に移動して、非コミケ組と合流して反省会。皆さんおつかれさまでした。

[ 日常 ]

2010年8月14日

spoon+@高円寺HIGH

 spoon+の「fly high4」でのデビュー・ライヴのために高円寺HIGHへ。とはいえ、出番が21時頃からだというので、ヲタ14人で飲み屋で0次会をして待機していました。

 そして、いよいよaco(amU)、guchico.(amU Planet)、地獄によるspoon+のライヴ……となるのですが、まず高い脚立を出して、巨大なスクリーンを天井から床まで張って準備をするという、学園祭が始まるかのような状況に。現場が「ビューティフルドリーマー」っぽい光景で、「終わらない夏休み」感がありました。

 0次会では「どんな風に見ればいいんだろ?」と相談していたものの、いざ音が鳴り始めてみると、一気に狂騒状態に。3月31日のamU活動休止以降、魂の行き場を失っていたamUヲタが、遂に再び解放されて暴発するのを感じました。

 そのステージは、地獄がサウンド、guchico.が映像を担当し、acoが歌い踊るというもの。音楽と映像とダンスによるパフォーミング・アートのようであり、僕のほうも多面的に正気を失っていきました。中華風味の2曲目でacoがカンフーみたいなダンスをするのが可愛かったです。

 そして中盤では、スクリーンを効果的に使ったパフォーマンスも。スクリーンのシルエットの男性にacoが寄り添ったり、スクリーンの裏にacoが隠れると入浴シーンのシルエットが写され、「全部見えてるよー!」などとヲタが騒いでいるとacoが衣装を換えて出てくる、といった演出です。また、客をステージに上げさせる部分は、amUでライヴの場数をこなした成果をうまくいかしているなと感じました。一方、acoがスクリーン裏からトイピアノを持ってきて、会場が静まりかえるなか弾くのは新機軸。

 全曲に映像が用意され、しかも巨大なスクリーンを使うという手間のかかるユニット。これは大変なことを始めたものだと思いましたが、まずはspoon+の始動を祝いたいです。どんどん僕らの予想のつかないほうに突き進んでほしいのです、spoon+には。


spoon+@高円寺HIGH


prism

2010年8月13日

Peter Gabrielがライヴ音源を無料配信

 「ピーター・ガブリエル(Peter Gabriel)、最新セッション音源を無料ダウンロード配信中! - CDJournal.com ニュース」を見て、Peter Gabrielの公式サイトへ。メールアドレスを登録すると、「Here Comes the Flood」のピアノ弾き語りによるライヴ音源をダウンロードできます。


Scratch My Back

Perfume同人誌「Go! Go! Perfume!」 がコミックマーケット78で委託販売されます

「Go! Go! Perfume!」


 公式サイト的なものでご案内している通り、Perfume同人誌「Go! Go! Perfume!」 がコミックマーケット78で委託販売されます。


コミックマーケット78 委託
10/08/13 東4ホール ル-22b「ワールプール」様
10/08/15 東2ホール R-35b「No Knowledge Product」様


 よろしくお願いいたします。

2010年8月12日

テクノ妹子 with Chii☆「恋と革命」(Ver.2.0)

 テクノ妹子が「テクノ妹子 with Chii☆『恋と革命』(Ver.2.0) 」をYouTubeで公開しました。ずいぶん芸風というかサウンドが変わりました。これのCD化も早く……!



テクノポップ・ルネサンス (TECHNOPOP RENAISSANCE)

2010年8月11日

「Go! Go! Perfume!」の本文執筆者の飲み会的なもの

 新宿歌舞伎町の上海小吃で、Perfume同人誌「Go! Go! Perfume!」の本文執筆者の飲み会的なもの。みんな木本彩乃
を知りませんでした。


VOICE(初回限定盤)(DVD付)

VOICE(通常盤)

2010年8月10日

Cutie Pai@渋谷club asia

 Cutie Paiが出演する「EARTHBOUND 10」のため渋谷club asiaへ。今日もUSTREAM中継があるというので、現場からiPhoneアプリのIRChonを使ってチャットに参加したのですが、現場とチャットの両立は無理、という至極当たり前の結論に達しました。


空想活劇

2010年8月 9日

【3DアニメPV】TECHNO DoLL PROJECT 「プラモガ」

 「【3DアニメPV】TECHNO DoLL PROJECT『プラモガ』」が公開されました。楽曲はCutie Paiの「プラモガ」。新録のヴォーカルに思わず聴き入りました。



Cutie MANIA

2010年8月 8日

TOKYO IDOL FESTIVAL 2010@品川ステラボール

 アイドル・フェスティヴァル「TOKYO IDOL FESTIVAL 2010」のため品川ステラボールへ。

 会場に着いたはいいものの、どこがどの会場なのかわからず、一般人の行楽客と混ざってしばらく右往左往。歩いていると、みにちあ☆ベアーズとバニラビーンズに遭遇し、ヲタよりもアイドルに先に会うような状況でした。

 まず行ったのは物販エリア。ももいろクローバーの椅子取りゲームを見たのですが、蒸し暑すぎて一旦移動。つらい! しかしアメーバなうで小桃音まいが物販に行くと書いていたので再び坂を上って、チェキと握手。この段階で暑さで猛烈に消耗しました。

 17時過ぎまでは、集まってくるヲタ仲間たちとともにフードコートで休憩。そしてメインステージでの最後のライヴである「NIGHT LIVE」を見るために移動しました。会場は、ガラガラでもなくギュウギュウでもないちょうどいい塩梅。7000円というチケットのせいで、現場慣れしたスキルのあるヲタが多かったのも過ごしやすかった理由だと思います。

 エイベックスのSUPER☆GiRLSは、開拓時代風の衣装に身を包んだ12人組。モータウン風のコード進行の楽曲や和風テイストの楽曲が良かったです。

 アミューズのさくら学院はすごい盛り上がり。制服姿の10人組で、元可憐Girl'sの中元すず香が在籍しています。メンバーの身長差が40センチもあるというユニット。ダンスも良いです。マイクを持つ手が震えているほど緊張しまくりの子がおり、これは推せると思いました。

 東京女子流はチアガール風の衣装をきた5人組。エリート感が半端ないです。1曲目のソウル・ファンク路線の曲が非常にかっこ良く、全部ソウル路線にしてくれ! と思いました。踊って汗をかきましたよ。

 ぱすぽ☆は10人組。楽曲はロック路線で勢いがあります。ローティーン色の薄い雰囲気が、ここでは逆に新鮮。僕らは搭乗している設定のようでした。

 Tomato n' Pineは新体制の3人編成。テンションが異常に上がりました。当人たちはPUFFYの「渚にまつわるエトセトラ」などをゆるく踊っているだけなのに、なんでこっちは正気を失いそうになるのでしょう?

 YGAはアイドル然とした衣装の9人組。アイドル然としすぎて、このなかでは地下っぽいほどです。ある意味で王道。ヲタのアグレッシブなジャンプがエモーショナルで、ブレイクでは最前のヲタが飛び散りました。あれは凄い光景。

 ももいろクローバーは衣装の上から三角ビキニを付けた衝撃的な衣装で登場。そしていきなり自己紹介! 小芝居の後の4曲連続は圧倒的なパフォーマンスでした。ラップもしていましたが、あの熱量はロックンロール。汗だくになりました。

 バニラビーンズは、いつもの感じで北欧の風。フロアのテンションが正常化しました。ところでつい先日まで、あのふたりがウィッグだと知らなかったのですが。当人たちは「ビーチク」がどうのと言っていました。

そしてトリのアイドリング!!!への激しいコールは、おニャン子世代の僕の胸を打ちました。ある意味で、アイドリング!!!はAKB48よりおニャン子っぽいです。最後の曲を聴きながらそう感じていました。

 帰路、「WORLD HAPPINESS」でのYellow Magic Orchestraの出し惜しみなしのセットリストを見て、悔しくなったことは内緒です。


頑張って いつだって 信じてる(DVD付)【ジャケットA】

Let It Go!!

BLUE SPLASH(写真集付) [DVD]

RED SCARLET(写真集付)

キャプテンは君だ!(通常版)

ファイティングガール [DVD]

行くぜっ!怪盗少女(通常盤)

Def&Def

プールサイド大作戦 初回限定盤B

2010年8月 7日

ソニンのよさこいドキュメント

 ソニンのYouTube公式チャンネルで「ソニン/よさこいドキュメントvol.1」が公開されています。驚いたのは、冒頭でソニンがコブシを回していること。彼女のこの喉でソロ・アルバムが制作されないものか……と改めて思いました。


華

2010年8月 6日

まゆちゃんに会う

 Cutie Paiのまゆちゃんにお会いして、アンケートに回答をいただいたPerfume同人誌「Go! Go! Perfume!」と、本屋になかったという「MUSIC MAGAZINE」7月号(→amazon.co.jp)をお渡ししました。まゆちゃんは現在、オリジナルメガネの制作中です。



空想活劇

[ 日常 ]

2010年8月 5日

綿矢りさ新刊「勝手にふるえてろ」8月28日発売

 待望の綿矢りさの新刊「勝手にふるえてろ」(→amazon.co.jp)が8月28日に発売決定。河出書房新社以外から発売される彼女の初の単行本です。「文學界」2008年8月号に掲載された「しょうがの味は熱い」も収録されるのでしょうか?


勝手にふるえてろ

[ 書籍 ]

2010年8月 4日

Perfume同人誌、コミケ初日でも販売します

 Perfume同人誌「Go! Go! Perfume!」 、コミケ初日の8月13日にも販売します。東4ホール ル-22b「ワールプール」様です。


「Go! Go! Perfume!」

2010年8月 3日

クレイジーケンバンド「MINT CONDITION」「HONMOKU MASSIVE」

 今日は、クレイジーケンバンドの8月11日発売のCD「MINT CONDITION」(→amazon.co.jp)を聴いて、ライヴDVD「HONMOKU MASSIVE」(→amazon.co.jp)を見ていました。後者はDVD4枚組。


MINT CONDITION(初回限定盤)(DVD付)

HONMOKU MASSIVE(初回限定生産)[DVD]

[ CD ]

2010年8月 2日

「弾き語り四人衆〜朧月夜編〜 大音源」が24曲収録に

 9月22日にメトロトロン・レコードから発売される白井良明、武川雅寛、和嶋慎治、鈴木博文「弾き語り四人衆〜朧月夜編〜 大音源」(→amazon.co.jp)について、メトロトロン・レコード社主の鈴木博文がTwitterでこんなつぶやきを。


うう、残念、1か月ネバってみたが許諾を得られず。4人衆ライブ盤25曲完全収録の夢は破れたり。ザ・バンドの壁は厚かった。楽しみにしていた方々、すいません。24曲になりました。でもカントリー・クリムゾンは聴けますよ。(社主)


 The Bandの「The Weight」のカヴァーは許諾が下りなかったとのこと。残念ですが、それを省いても「弾き語り四人衆〜朧月夜編〜 大音源」の24曲は充分な聴き応えがありますよ。


弾き語り四人衆~朧月夜編~ 大音源

[ CD ]

2010年8月 1日

渡辺勝@新宿 白龍館

 渡辺勝のライヴ「〜渡辺勝を歌う。還暦おめでとう!〜」のために新宿の白龍館へ。

 レストランを貸し切りにして、店内にファンとミュージシャンがギュウギュウに詰まってのライヴ。それもそのはず、出演順に書き出すと、以下のような顔ぶれを迎えてのライヴでした。

 松田幸一、松倉如子、今井忍、有馬忍、竹田裕美子、大庭珍太、中川五郎とEarly Times Strings Band、鈴木常吉、川下直広、村上律、シバ、渚ようこ、三上寛。総勢14人のミュージシャンによる豪華なライヴでした。

 高校時代にはちみつぱいを図書館から借りてカセットテープで聴いていたと話して、アコーディオンで鈴木常吉が歌った「夜は静か通り静か」は短かったけれど実に味わい深かったです。渡辺勝のグランド・ピアノと川下直広のサックスの緊張感に満ちたセッション3曲には、妻も感銘を受けていました。村上律がバンジョーを弾きながら歌った「僕の家」は、カントリー風にアレンジされていて新鮮。「僕の倖せ」を歌ったシバ、「逢えてよかった」を歌った三上寛を生で見られて僕は感激しました。ふたりともヴォーカルが素晴らしかったです。渚ようこの「あなたの船」も。

 全員によるにぎやかな「祭りの夜」でライヴは幕を閉じました。



 帰り際、渡辺勝さんが「誕生日おめでとう」と渡してくれて驚いたのがマRECORDS「はるのうた」。渡辺さん、ありがとうございました。


マRECORDS「はるのうた」

渡辺勝

アーバンギャルド@タワーレコード新宿店

 アーバンギャルドのインストア・イベントのためタワーレコード新宿店へ。

 正午からという日曜にしては早い時間のイベントでしたが、アーバンギャルドがもはやオリコンシングルデイリーランキングで20位になるようなバンドだということを忘れていた……と思うような混み具合。

 「公開処刑はレコードの刑だ!!!!!!」より。


聞くところによると400人ぐらい。かつてPerfumeが新宿店でインストアしたときと匹敵するぐらいだったとか。


 「新宿インストア『公開処刑3』ありがとうございました :: 浜崎容子の普通の恋(アーバンギャルド)」より。


タワレコスタッフさんによると、Perfumeが『ポリリズム』の発売インストアの時以来の観客数だったとか...
比較的早い時間だったので、不安だったのですが嬉しかったです。


 そんな状況で始まったイベントは、撮影とmixi、Twitter、ブログへの掲載OKとのアナウンスが! 思わずiPhoneを取り出し、WiFiを飛ばしました。


アーバンギャルド@タワーレコード新宿店


 ニュー・シングル「傷だらけのマリア」を含む4曲を聴かせた後に、長時間に渡る握手会。その後、キューピーはビルを出て炎天下の広場へと宣伝に向かいました。倒れなくて良かった……!


アーバンギャルド@タワーレコード新宿店



アーバンギャルド「傷だらけのマリア」(初回限定盤)(DVD付)

アーバンギャルド「傷だらけのマリア」


記事一覧
月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.