小心者の杖日記

2009年9月30日

Perfumeとお好み焼き

 トモコさやわかさんいく、そして僕とでお好み焼き屋へ。「新世紀パフュームゲリオン、発信!」などと適当なことを延々と口走っていたら、トモコには「二次創作を書け」と言われ、さやわかさんには「酒も飲んでないのに」と笑われました。


絶品お好み焼き・たこ焼き・もんじゃ焼き

MiChiさんにインタビュー取材

 「UP TO YOU」(→amazon.co.jp)をリリースしたMiChiさんに、ソニーミュージックの乃木坂スタジオでインタビュー取材。記事は次号の「MUSIC MAGAZINE」に掲載されます。


MiChi「UP TO YOU」


2009年9月29日

「別冊宝島1653 音楽誌が書かないJポップ批評61 DREAMS COME TRUE 恋愛歌マジック!」

 「別冊宝島1653 音楽誌が書かないJポップ批評61 DREAMS COME TRUE 恋愛歌マジック!」→amazon.co.jp)では、楽曲解説を執筆しています。


「別冊宝島1653 音楽誌が書かないJポップ批評61 DREAMS COME TRUE 恋愛歌マジック!」

2009年9月28日

ソウル・フラワー・ユニオン「エグザイル・オン・メイン・ビーチ」にコメントを贈りました

 10月7日発売のソウル・フラワー・ユニオン「エグザイル・オン・メイン・ビーチ」(→amazon.co.jp)にコメントを贈りました。「ソウル・フラワー・ユニオン『エグザイル・オン・メイン・ビーチ』 SPECIAL CONTENTS」に掲載されています。


ソウル・フラワー・ユニオン「エグザイル・オン・メイン・ビーチ」

テレビ朝日「痛快!ビッグダディ8」

 テレビ朝日「痛快!ビッグダディ8」を見ました。ゴールデンタイムに3時間枠を張れる日本で唯一の大家族、それが奄美大島の林下家です。この島で迎える4度目の夏。ビッグダディの日記がケータイコンテンツ化されたり、初回放送や今回の放送がテレ朝動画で配信されるなど、すごい勢いでマネタイズも進んでいます。

 さて、今回は母親の佳美さんが鹿児島から戻ってきたと思ったらビッグダディと喧嘩をし、出ていくやら離婚するやらの騒ぎに。これは遂に……と思ったのも束の間、家出から2時間で元に戻るというナイス肩すかしでした。

 とはいえ、両親の喧嘩で子供の情緒が不安定になったので、ビッグダディは夏祭りへの出店を決定。握手を求めてきた人に、「俺と握手すると家庭不和が生じますよ」と言っていたのがビッグダディらしくて笑いました。

 そして、家計を支えるためアルバイトもしていたビッグダディは、民主党が政権を取ったことによる子育て手当や高校無料化に期待しつつ、なんと島を出て出稼ぎをする決心を固めます。すっかり精悍な顔つきになった長男や次男に家を任せ、家族に見送られながら船で出港。このあたりの終盤は、佳美さんの出番が少なく、雰囲気に安定感が出ていた気がします。

 ビッグダディは、愛知県豊田市の接骨院よこやまで働くことに。立派な接骨院で白衣を着るビッグダディ。そろそろこの辺で番組も落ち着いてほしいところですが、ビッグダディが出稼ぎをすることになった林下家、次回はどうなるのでしょうか。


子どもの心に風邪をひかせない子育て 7男2女 一家11人の大家族 石田さんチ

青木あざみ「まっすぐに。」

青木あざみ「いつも。」

2009年9月27日

藤子・F・不二雄、ほしよりこ

 藤子・F・不二雄「オバケのQ太郎」第2巻(→amazon.co.jp)、ほしよりこ「きょうの猫村さん」第4巻(→amazon.co.jp)購入。


藤子・F・不二雄「オバケのQ太郎」第2巻

ほしよりこ「きょうの猫村さん」第4巻

2009年9月26日

TOgether2 A→B→C@鴬谷東京キネマ倶楽部

 サエキけんぞうさん主催の「TOgether2 A→B→C」のため鴬谷の東京キネマ倶楽部へ。最終日であるこの日の出演者は以下でした。


桃井はるこ/ディアステージ・オールスターズ/ELISA/quim/miko/Chu!☆Lips/amU/MIZUKA/アイドルカフェ天球/多摩川しず香


 東京の現場では久しぶりにamUにがっつき放題でした。彼女たちの写真集「POPORO」を購入。

 そして予想外の事態だったのが、元Cutie Paiのチッチこと西村智恵子さんとの再会。煩悩丸さんから彼女が来ると聞いた時には我が耳を疑いました。久しぶりに会った彼女には、「太った?」と腹をつつかれることに。

 6時間もあったのでさすがに疲れましたが楽しかったです。

 詳しいレポートは「奇跡の"アングラ"アイドルフェス鴬谷に降臨でヲタ芸師たちが乱れ舞う!! - メンズサイゾー」をご覧ください。


桃井はるこ「へんじがない、ただのしつれんのようだ。」

2009年9月25日

鈴木慶一 Captain HATE and The Seasick Sailors feat.曽我部恵一@Shibuya CLUB QUATTRO

 鈴木慶一 Captain HATE and The Seasick Sailors feat.曽我部恵一のライヴのためShibuya CLUB QUATTROへ。メンバーは、鈴木慶一、曽我部恵一、上野洋子、Pすけ、伊賀航。

 今日の山場は中盤。「SUZUKI白書」の「JAPANESE 一次好 SONG」と「WORDS, COLOURS, NOISES AND BOOMS」から、20分はあるかと思われた曽我部恵一のDJを軸にしたインプロヴィゼーションを経て、曽我部恵一BANDのような勢いの演奏による「おー、阿呆船よ、何処へ」への流れが秀逸でした。DJからは、はちみつぱいの「塀の上で」やThe Beach Boysの「God Only Knows」の断片も。時空を歪めるようなパートでした。

 アンコールは、メンバーが客席後方から演奏しながら再登場して、完全アンプラグドで「物恋う Waltz」、そしてステージに戻って「スカンピン」。2度目のアンコールは「悲しきタンバリン」で、僕が最新作「シーシック・セイラーズ登場!」(→amazon.co.jp)で一番好きな曲でした。


鈴木慶一「シーシック・セイラーズ登場!」

松澤友和さんにインタビュー取材

 MiChiのプロデューサーの松澤友和さんに、ソニーミュージックの乃木坂スタジオでインタビュー取材。記事は次号の「MUSIC MAGAZINE」に掲載されます。


MiChi「UP TO YOU」

2009年9月24日

アーバンギャルド「コンクリートガール」ビデオクリップ

 10月9日にニュー・アルバム「少女都市計画」(→amazon.co.jp)をリリースするアーバンギャルドが、その新作から「コンクリートガール」のビデオクリップをYouTubeで公開しました。



 前作の「水玉病」は冗談抜きで100回ぐらい見たほど好きなのですが、「コンクリートガール」では新機軸の魅力が詰まっていて、今回もYouTubeをリピートしています。派手な曲ではないのに、冒頭の歌詞の「つかみ」から始まって、Perfumeやcapsuleの曲名のパロディを挟み、しかし胸に刺さるものがあって感銘を受けました。まさに「切ったら血の出るテクノ」


アーバンギャルド「少女都市計画」

2009年9月23日

義妹とケーキとプレゼント

 この間誕生日だった義妹が遊びに来たので、ケーキとプレゼントで祝おうとしたのですが、姉妹でまずmixiのサンシャイン牧場をパソコンで見ながら語り合っていました。どうしたものでしょう。そんな義妹へのプレゼントは、倉田真由美の「だめんず・うぉ〜か〜」でした。


ケーキ


だめんず・うぉ~か~ 究極のダメ男・ダメ女編 (扶桑社ムック)

[ 日常 ]

2009年9月22日

かなちゃん結婚式

 ふだんの週末ならまだmixiでサンシャイン牧場をしている時間に起床して、妻の和服の着付けなどを2時間待ち、名古屋でのかなちゃんの結婚式に出席。

 かなちゃんは妻の高校生時代のクラスメイトで、僕も彼女が高校生だった頃から知っているので非常に感慨深かったです。バージンロードをかなちゃんと歩いてきたお父さんが、途中で新郎と代わる瞬間は泣けます。でも本当に泣いてしまったのは、披露宴での新婦から家族への手紙でした。

 その披露宴で、友人代表として祝辞を担当したのは僕の妻。出番の前には緊張で顔が土気色になっていたものの、僕に代筆させた浪花節の祝辞をすべて没にして結局自分自身で書いた祝辞に、しっかり笑いとちょっといい話を込めていました。

 二次会ではゴーヤ栽培セットが当たったので、サンシャイン牧場廃人から普通のゴーヤ農場主になりたいと思います。

 ともあれ、若いカップルに幸多かれ!


チャペルにて


結婚披露宴のBGM ベスト

[ 日常 ]

2009年9月21日

妻の実家へ

 明日の名古屋でのかなちゃんの結婚式のため、前乗りで妻の実家へ。

 妻の実家にあるWindows 98のノートパソコンでニフティ経由によりインターネットへの接続に成功したものの、Internet Explorer 5ではmixiでサンシャイン牧場をするどころかトップページの時点で崩壊。このブログもまた表示が崩れていたので、おとなしく寝ることにしました。


できるInternet Explorer 5 Windows版 (できるシリーズ)

[ 日常 ]

「MUSIC MAGAZINE」10月号

 「MUSIC MAGAZINE」10月号(→amazon.co.jp)では、MiChi「UP TO YOU」(→amazon.co.jp)とBassekou Kouyate & Ngoni ba「I speak fula」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」10月号

2009年9月20日

SCHOOL OF LOCK! LIVE TOUR "YOUNG FLAG 09"@Zepp Tokyo

 Perfumeが出演する「SCHOOL OF LOCK! LIVE TOUR "YOUNG FLAG 09"」のためZepp Tokyoへ。

 ライヴを見るのは5月の代々木第一体育館2DAYS以来だったので、やや緊張しながら見ることに。すると眼前に広がっていたのは、掲げられるウチワ、電池式のサイリウム、マキシムザホルモンのタオル、スケブらしき紙など。ダイヴする人もいましたし(2人いたそうです)、水を撒き散らしながら飛ぶペットボトルは4本まで確認しました。今の現場のノリがスタディングに持ち込まれるとこういう状況になるわけですか……。

 救われたのは、あ〜ちゃんの圧縮を緩和させるトーク・スキルが上達していたことです。

 さて、かつて中田ヤスタカは「JAPANCOUNTDOWN」のインタビューで「Dream Fighter」について、「あれで今年終わりたくなかった本当に。いい人みたいになっちゃうじゃないですか何か。夢です!みたいな感じの曲の後に直ぐに嘘でした!みたいなやつ出したかったんですけど」と、あの楽曲に込めた、ある種のアイロニーを匂わせていました。

 ただ、今日のあ〜ちゃんのMCや、そこから続く「Dream Fighter」でのフロアの反応を見ていると、彼女たちはまさに「Dream Fighter」の世界観をストレートに突き進むことを決めて、そのようにファンからも受容されているのだなと感じました。それは非常に険しい道のりであり、相当な覚悟を背負っているのでしょう。そんなことを考えながらライヴを見ていました。

 ところで。「ポリリズム」でペットボトルが一気に2本ぐらい飛んでいて、僕も水をかぶったのですが、あれはAC広告機構とNHKの「リサイクルマークがECOマーク。」っていうCMの楽曲だったんだぜ? その楽曲でゴミを会場に撒き散らすとは、とんだ皮肉もあったものです。

 ともあれ、のっち、21歳の誕生日おめでとう。

 Perfume終了後は反省会をして帰宅。


Perfume「トライアングル」(通常盤)

2009年9月19日

amUがiTunesで配信開始

 amUがiTunesで楽曲の配信を開始したそうで、「amU | eo Music Tribe(イオ・ミュージックトライブ) | iTunes Debut Artist」に特集記事が。amU Planetのメンバーを含む6人編成、と記されています。

 今回配信されたのは「Glueck Glueck」と「Secret Call」。前者はCDも持っていて、この間のDJでも使った楽曲ですが、ご祝儀的に両方とも買ってみました。流通網が広がるといいなぁ。

 ちなみに、今週は「amU シャレコメッツTV 【vol.4】」も公開されましたよ。



amU「Glueck Glueck / Secret Call」

ソウル・フラワー・ユニオン@恵比寿LIQUIDROOM

 ソウル・フラワー・ユニオンの「メイン・ビーチのならず者」のため恵比寿LIQUIDROOMへ。

 河村博司が脱退し、高木克が加入してからのライヴを初めて見たのですが、高木克はブズーキーなども弾いていて、ソウル・フラワー・ユニオンというバンドの雑食性が不変であることを確認。今日も心地良く痛快な闇鍋音楽が大盛りでした。

 最新ライヴ盤「エグザイル・オン・メイン・ビーチ」(→amazon.co.jp)の楽曲が中心であったのものの、意表を突かれたのが上村美保子が歌った「霊柩車の窓から」。その演奏は、ニューエスト・モデルやメスカリン・ドライヴのオリジナル・メンバーが減っても、ソウル・フラワー・ユニオンの精神性は変わらないことを宣言しているかのようでした。

 「海行かば 山行かば 踊るかばね」での満員のファンの解放されきったテンションは強烈で、成熟したバンドと成熟した観衆のあれほど幸福な空間はそうそう見られないでしょう。

 ところで今回、光栄にも「エグザイル・オン・メイン・ビーチ」へのコメントを依頼されたので、書かせていただきました。フライヤーを貼っておきます。クリックで拡大!


エグザイル・オン・メイン・ビーチ

エグザイル・オン・メイン・ビーチ


ソウル・フラワー・ユニオン「エグザイル・オン・メイン・ビーチ」

「Happy!cafe」ver.8@カフェサンシャインスタジオ原宿

 「Happy!cafe」ver.8のためカフェサンシャインスタジオ原宿へ。

 今日は主催者のtaKaの誕生日ということで、もうひとりの主催者であるDJ☆Hさん=伊藤Pによるサプライズ企画連発。バースデイケーキは序の口で、USYNさん、空中分解のPOCOさん、そしてDJ☆Hさんによるユニット「てばさき分解」で「MANIAC★☆」を熱唱とか! プロを巻き込んで何してるんだよ!


てばさき分解


 さらに、委員長、あやや先生、こなぎうむさんによる「Happy!StaffGirls」がダンス。みんなが盛り上がってると伊藤Pが前に出てきて邪魔するというお約束付きです! 一番感心したのは、この角度90度のおじぎのコピーでした。


Happy!StaffGirls


 今日は現場を回したので、ゲストのPOSIMOのパンダ着ぐるみによるライヴを見られなかったのですが、それでも「楽しかった」と充実感を与えてくれる企画力はすごいなと思いました。


空中分解「COCOLO COLOR」

2009年9月18日

Aira Mitsuki@Shibuya O-EAST

 Aira Mitsukiの「Aira Mitsuki LiVE TOUR 2009『PLASTIC』」のためShibuya O-EASTへ。

 まず驚いたのは、最新アルバム「PLASTIC」のジャケットを模した、上段もあるセット。さらには開演前にすでにシンセ・ドラムのセットが置かれており、この時点で高まります。

 ところが、Aira Mitsukiがドラムを叩いてライヴがスタートしたと思ったら、ドラムと映像はシンクロするものの、肝心のドラムの音が出ないというトラブル。結局、オープニングをやり直したのですが、こういうトラブルをさっと笑いに変えるAira Mitsukiはライヴ慣れしたなと感じました。

 その代わりにセットリストは充実したもので、彼女の持ち駒の多さを感じます。DAFT PUNKをマッシュアップに取り入れる、という大ネタも。さらには、また鬱ポエム映像が流れて、やはり客席から笑いが起きていました。ところが肝心なのはそこからで、一気にヴォーカルの少ないハードなエレクトロを連発する流れとなり、ここは秀逸。本編ラストの「イエロー・スーパーカー」でMIXが起きるときのカタルシスも相変わらずでした。

 Aira MitsukiのMCは少なくて、ドラム、キーボード、ショルダーキーボードなどを弾く場面が多く、なんだかアーティストっぽいという彼女の不思議な立ち位置を見た気がしました。ダンサーは4人。和傘を使うなどケレン味も効いていました。

 ステージングといい、フロア全体の盛り上がりといい、充実した現場でした。

 終演後は反省会をして帰宅。


Aira Mitsuki「PLASTIC」(初回盤A)

Aira Mitsuki「PLASTIC」(初回盤B)

Aira Mitsuki「PLASTIC」(通常盤)

2009年9月17日

ECD、「沖縄・宮古の神歌」、Rayhon

 ECD「天国よりマシなパンの耳」(→amazon.co.jp)、オムニバス「沖縄・宮古の神歌」→amazon.co.jp)、Rayhon「Orzuinga Ishon」購入。

 オムニバス「沖縄・宮古の神歌」は久保田麻琴による2008年現地録音盤。Rayhonはウズベキスタンのアーティストです。


ECD「天国よりマシなパンの耳」

オムニバス「沖縄・宮古の神歌」

Rayhon「Orzuinga Ishon」

[ CD ]

2009年9月16日

海猫沢めろん「全滅脳フューチャー!!!」

 海猫沢めろん「全滅脳フューチャー!!!」(→amazon.co.jp)読了。コメントを頼まれて太田出版に送ったので、どこかで使われるかもしれません。


海猫沢めろん「全滅脳フューチャー!!!」

[ 書籍 ]

2009年9月15日

「レコード・コレクターズ」10月号

 「レコード・コレクターズ」10月号(→amazon.co.jp)では、HUKWE ZAWOSE「Bagamoyo」(→amazon.co.jp)、オムニバス「Stranded in the USA: Early Songs of Emigration(アメリカ合衆国にたどり着いた〜移民たちの望郷歌)」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


レコード・コレクターズ 2009年 10月号 [雑誌]

Lounes Matoub、Keletigui Et Ses Tambourinis

 今日は、Lounes Matoub「Une Vie(軌跡 1983-1998)」(→amazon.co.jp)、Keletigui Et Ses Tambourinis「THE SYLIPHONE YEARS」(→amazon.co.jp)を聴いていました。前者はアルジェリア、後者はギニアのアーティスト。


Lounes Matoub「Une Vie(軌跡 1983-1998)」

Keletigui Et Ses Tambourinis「THE SYLIPHONE YEARS」

[ CD ]

2009年9月14日

とり・みき+唐沢なをき

 とり・みき唐沢なをき「とりから往復書簡」第2巻(→amazon.co.jp)購入。


とり・みき+唐沢なをき「とりから往復書簡」第2巻

2009年9月13日

Malignant Co.@渋谷CYCLONE

 ゆうぎ王が参加するMalignant Co.が出演する「supernova presents "一期一会 sn2009b"」のため渋谷CYCLONEへ。

 今日のMalignant Co.は12人編成。ヘヴィメタル・バンドなのにアフリカの打楽器・ジャンベが2人もいるのはもとより、フロントメンバーがOAD、ロマンス、PPPH、サンダースネークなどをすることで、ヘヴィメタルの楽曲構造でもヲタ芸が可能であることを示す画期的なパフォーマンスを展開していました。僕がそれに全力の背面ケチャで応えたことは言うまでもありません。


Malignant Co.


TOCA ABMD-7 ジャンベ

2009年9月12日

「TOgether2 A→B→C」、9月24〜26日開催

 サエキけんぞうさんから、9月24〜26日に開催される「TOgether2 A→B→C」の情報をいただいたので転載します。

 今回は僕からも何組かアイドルを推させていただいたのですが、特に26日はヤバい状態になっているので今から楽しみです。


NEO アイドルフェスティバル「TOgether2 A→B→C」
はばたけ、新しい妖精達!見守る☆熱い動きもよし!座って☆見つめるもよし!

チケット発売

・ローソンチケット Lコード 72332
・JOYSOUNDが運営する電子チケットサービス「うたスキTicketStore」でも
チケット絶賛発売中!詳しくはこちら。
https://tstore.utasuki.jp/top/index

場所:東京キネマ倶楽部
東京都台東区根岸1-1-14 - 03-3874-7988
http://www.kinema-club.com/

日時:
2009年9月24日(木)
18:00開場 18:30時開演
9月25日(金)
18:00開場 18:30時開演
9月26日(土)
14:30開場 15:00時開演


出演

24日
桃井はるこ 
ディアステージ・オールスターズ
<ピヨラビ(うさぎのなみ平、吉河順央)、黒崎真音、古川未鈴、西村めめ、霧島若歌、松下リク、夢眠ねむ、他>
バニラビーンズ
Starmarie
銀河っ娘クラブ
ぴなふぉあ
ルチル&みぃち

MCアシスタント
桃知みなみ(aka:レジェンドオブフェイス)

DJ:掟ポルシェ


25日
桃井はるこ 
ディアステージ・オールスターズ
Red Pepper Girls
アフィリア・サーガ・イースト
Saori@destiny
太田ゆうき

MCアシスタント
桃知みなみ(aka:レジェンドオブフェイス)

DJ:ギュウゾウ(From 電撃ネットワーク)


26日 
桃井はるこ 
ディアステージ・オールスターズ
ELISA
quim/miko
Chu!☆Lips
amU(from大阪)   
MIZUKA(from名古屋)
アイドルカフェ天球 
多摩川しず香

DJ:DJシーザー


料金:
通常チケット:
1公演につき 前売り¥3,500 当日¥4,000(別途ドリンク代)

通し券特別販売<前売りのみ>
(以下、通し券についてのみ、pearlnet@nifty.com にメールでお願いします。)

3日通し券(通常チケット)
      ¥10,000(別途ドリンク代)
3日間通しVIPシート:2階部バルコニー最前列、限定40席(残部僅少)、¥15,000(別途ドリンク代)

produced by Kenzo Saeki(Pearlnet)
Pearlnet.Inc


TOgether2 A→B→C

TOgether2 A→B→C


サエキけんぞう&クラブ・ジュテーム「パリを撃て」

2009年9月11日

「分別ざかりの無分別」vol.1@高円寺Club Mission's

 高円寺Club Mission'sでの「分別ざかりの無分別」vol.1でDJ。

 今夜はryuto taonと抱擁家族との対バンが遂に実現するほか、DJもマンガ家の山本直樹さん、イシハラシンゴ a.k.a. onanieCEOさんなどが集まるという、よくわからないけれどサブカルな感じのイベントです。

 「サブカル文化人枠で」DJをやれと主催のかちゃくちゃくんに言われたものの、久しぶりの非PerfumeイベントでのDJだし、出版関係者も多く集まるであろうイベントなので、音楽評論家らしい穏健なセットリストでいくか……と考えかけた僕を目覚めさせたのが、かちゃくちゃくんによる檄文でした。「2009-09-09 - 大衆決断」より転載。


たとえば、仕事の合間を縫って、一生かけて手づくりで奇妙な城を建てたフランスの郵便配達夫シュヴァルみたいに、あるいは橋本治が『巡礼』(新潮社)で緻密に描いたゴミ屋敷の主人みたいに、自分で定めた生き方をまげない、まげられない人たちがいる。道のりが険しくても生き方をひとつにしぼりきった人たちがいる。だれに言われたわけでもないのに。

それらの生き方は、極端にこっち側から逸脱したものと映るけれど、こちら側と完全に切れた世界とは言えないはずで、人によっては、どこかに哀切と共感をおぼえるところもある。

たとえばブラウザがフリーズするまでタブを増やして使ってみたり、新譜コーナーや新刊台、雑誌売場にへばりついて、前傾姿勢で汗をふき出しながら生きていく。蜂の巣みたいな社会のなかで、そんな生き方をしぜんにえらんだ人たちがいる。テレビで見るガラパゴス諸島の恐竜みたいな生き物みたく、周りの風景を気にもせず、自分らの流儀で退屈をとり鎮め、生きるバランスを獲得している人たちがいる。

つぎの十年に向けて、さらに深くいっそう孤独に、見える人にしか見えないものばかり見つづける人たちの、おだやかな持久戦がつづく。『分別ざかりの無分別』は、それぞれの場にある人たちを支持して肯定するだろう。なぜなら彼らとは、我々、そしてあなたのことなのだ。


 ならば、私は私であるべきだ。そう考えた末の演目は以下です。このセットリストを郵便配達夫のシュヴァルに捧げます。ええ、シュヴァルもいい迷惑でしょうけど。


00.【寸劇】「STUDIO VOICE」最終号を見てから、死ね。
01.【The Ms a.k.a 宗像夫婦ライヴ】βぱふゅーむ / ネットでたたいてやる!
02.Chu!Lips / とびっきり!恋の大ジャンプはK点越え!
03.ランカ・リー=中島愛 / 星間飛行
04.toutou / すっぱいのはニガテ
05.Cutie Pai / 小っちゃな翼
06.marino / パン・ダ marinopp
07.amU / グレック・グレック
08Saori@destiny / EZ DO DANCE
09.******* / Bucky China Discotica(mushup)
10.広末涼子 / 明日へ Remixed by TIM GANE from STEREOLAB


 「ネットでたたいてやる!」をカヴァーしたのは、原曲である「ネットで叩いてやる!」を歌った大正九年について「大正九年ってサブカルっぽくね?」と話したから、という単純な理由です。個人的には手堅すぎるぐらいの選曲のつもりでしたが、冷静になると非ヲタには知られていない楽曲ばかりでした。盛りあがってくださったみなさん、ありがとうございました! 帰り際に知らない人から「皆さんで練習したんですか?」と真面目に質問されたので、地下アイドルの現場はいつでもあんな感じですから、と説明しておきました。


The Ms a.k.a 宗像夫婦


 妻は、セーラー服、「造反有理」のテープ文字のヘルメット、拡声器、ゲバ棒代わりのライトセイバー。山本直樹さんの「レッド」への勝手なオマージュですが、後から山本直樹さんが妻の写真を撮っていたと聞いて高まりました。

 ちなみに、僕は広末涼子の武道館ライヴTシャツを着用。そう、かちゃくちゃくんと初めて会ったのは、1999年の広末涼子の武道館ライヴの終了後だったのです。人が多かったので、「電灯の下でTシャツを頭に乗せてるのが俺なんで」と電話で伝えて、そんな僕を見て笑いながら近づいてきたのがかちゃくちゃくん。それが10年前の話で、僕は今夜そのTシャツをDJブースで着たのでした。

 山本直樹さんにはサインもいただきました。娘さんからマジックをお借りして恐縮です……。山本直樹さんのDJは「レッド」な時代からの選曲でしみました。


山本直樹さん


 ryuto taonと抱擁家族は、以前見たときよりもはるかにクオリティが上がっていました。MCは文学性をより増しつつもフリースタイルな要素も操り、言葉を明確に届けてきます。サウンドも、エレクトロニカのみならず、ジャジーなドラムやアフロなリズムをサンプリングするなど幅が広がっていて、非常に興奮させられました。

 一番良かったのは、福屋書店で握手会をしたアイドルがブログで引退を表明するという内容の楽曲です。曲名聴き忘れた!


ryuto taonと抱擁家族

ryuto taonと抱擁家族


 来てくださった皆さん本当にありがとうございました!


山本直樹「レッド」第3巻

山本直樹「レッド」第2巻

山本直樹「レッド」第1巻

2009年9月10日

オクノ修、Chu!☆Lips、加山雄三/谷村新司、TAXI TAXI!、ECD、Subliminal Calm

 オクノ修「オクノ修」(→amazon.co.jp)、Chu!☆Lips「コンプリート・ベスト 赤盤」(→amazon.co.jp)、加山雄三/谷村新司「サライ」(→amazon.co.jp)、TAXI TAXI!「Still Standing At Your Back Door」(→amazon.co.jp)購入。中古盤では、ECD「SUMMER MADNESS / LIVE at SLITS」(→amazon.co.jp)、Subliminal Calm「Subliminal Calm」(→amazon.co.jp)を買いました。

 オクノ修「オクノ修」は、ファースト・アルバムのリマスタリング、紙ジャケット仕様による再発盤。


オクノ修「オクノ修」

Chu!☆Lips「コンプリート・ベスト 赤盤」

加山雄三/谷村新司「サライ」

TAXI TAXI!「Still Standing At Your Back Door」

ECD「SUMMER MADNESS / LIVE at SLITS」

Subliminal Calm「Subliminal Calm」

[ CD ]

2009年9月 9日

オクノ修、ムーンライダーズ、サエキけんぞう&クラブ・ジュテーム、曽我部恵一BAND、Mario Canonge、Anyango

最近は、オクノ修「帰ろう」(→amazon.co.jp)、9月16日発売のムーンライダーズ「Tokyo7」(→amazon.co.jp)、10月7日発売のサエキけんぞう&クラブ・ジュテーム「パリを撃て」(→amazon.co.jp)、10月9日発売の曽我部恵一BAND「プレゼント」(→amazon.co.jp)、Mario Canonge「Rhizome Tour」(→amazon.co.jp)、9月20日発売のAnyango「Nyatiti Diva」(→amazon.co.jp)を聴いています。

 オクノ修「帰ろう」はリマスタリングと紙ジャケット仕様による再発盤、ムーンライダーズ「Tokyo7」はBlu-Spec CD。


オクノ修「帰ろう」

ムーンライダーズ「Tokyo7」

サエキけんぞう&クラブ・ジュテーム「パリを撃て」

Mario Canonge「Rhizome Tour」

Anyango「Nyatiti Diva」

[ CD ]

2009年9月 8日

落合尚之、志村貴子

 落合尚之「罪と罰」第6巻(→amazon.co.jp)、志村貴子「放浪息子」第9巻(→amazon.co.jp)購入。


落合尚之「罪と罰」第6巻

志村貴子「放浪息子」第9巻

2009年9月 7日

GyaO!

 GyaOとYahoo!動画を統合したGyaO!がスタート。

 なにげなくトップページからAKB48の「言い訳Maybe」のビデオクリップを見たのですが、冒頭の小芝居が素晴らしすぎました。ベタさに感動したり、郊外の学生寮で生活している雰囲気に「1999年の夏休み」を連想したり。

 自分のDJにこういう小芝居をもっと導入したくなりました。


AKB48「言い訳Maybe」(DVD付)

2009年9月 6日

「secret secret」vol.3@新宿ACID

 新宿ACIDでの「secret secret」vol.3でDJ。呼んでくださったスタッフの皆さんも、フロアの皆さんもありがとうございました!


secret secret


 以前から「Perfume Night」が終わったら遊びに行こうと思ってたイベントなので、シャッフルダンスのコーナーは真剣に見てしまいました。やっぱりフリコピを見るのは楽しいですよ。2008年春の「PTV」でのダンス企画「集まれ!SECRET SECRET DANCERS」、そしてPerfumeクラブイベントの隆盛を経て、フリコピの文化はひとつの成熟を迎えたと感じるぐらいです。宗像家には、フリコピ史上を語る上で、深味さんの登場の衝撃を物語る「アフター深味」という単語があるぐらいなのです。

 そんなフリコピ系のPerfumeクラブイベントの代表格が「secret secret」。とはいえ、僕ら夫婦のDJは、自分たちでパフォーマンスをしている部分が大きいので、フリコピの皆さんには居場所のない思いをさせてしまったかな……と恐縮しているのですが、ああいう珍しい生き物もこの世にはいるのだなと思っていただければ幸いです。マイクが生きてるうちにフリコピの人たちをDJブース前に呼びこめば良かったな。


The Ms a.k.a 宗像夫婦


 akeさん撮影。夫婦で赤い衣装を着用して、「この人たちはキチガイです」と注意を喚起するわかりやすいカラーリングです。僕が手にしているのは19ページに及ぶ台本の1枚。

 今回は冒頭で1曲ライヴしたのですが、「Perfume Night」vol.4で妻が口上を入れた「Butterfly」に、さらに僕がラップを入れたものでした。歌の部分以外のほぼ全編、宗像夫婦がシャウトしていました。胡蝶の夢をヲタは見た!

 あの長大な詞を作るにあたって、いとうせいこうの1989年の傑作「MESS/AGE」(→amazon.co.jp)に付属している韻の索引「副韻書」を参考にしました。だから俺たちオールド・スクール。

 しかし、4曲目の「ワンルーム・ディスコ」終盤でマイクから音が出ない事態に! 宗像夫婦はマイクがないとDJができない特殊なユニットなんです! MIXとかコールとかホワホワとかやりすぎた!?

 それでも、「マカロニ」でロマンスが起きたり、「セラミックガール」や「パーフェクトスター・パーフェクトスタイル」でMIXが起きたりする状態まで盛りあげてくださったフロアの皆さんに深く感謝。本当にありがとうございました! 演目は以下です。


01.【The Ms a.k.a 宗像夫婦ライヴ】Perfume / Butterfly
02.Perfume / Dream Fighter
03.Perfume / NIGHT FLIGHT
04.Perfume / ワンルーム・ディスコ
05.Perfume / スウィートドーナッツ
06.Perfume / マカロニ
07.Perfume / セラミックガール
08.Perfume / エレクトロ・ワールド
09.Perfume / コンピュータードライビング
10.Perfume / パーフェクトスター・パーフェクトスタイル


 なお、次回から不測のマイク・トラブルに備えて、「Perfume Night」vol.4で使用した拡声器をDJに常に持参することが決定しました。 あるいは、マイクの音が切れたら、いっそ音を全部止めて、肉声のみでやるぐらいを目指したいです。

 三十路のラップと言えばこの曲ですね。MC紳士&MAD刃物「三十路の衝動」。



 とはいえ、そもそもは桃井はるこのUNDER17の「もっと、夢、見よう!!」の口上に感動したのがすべての始まりでした。ヲタラッパー(ラップの内容もヲタについてのことだけ)として初心を忘れずにいたいです。

 「secret secret」vol.3に来てくださった皆さん、ありがとうございました!


Perfume in HAPPYで気になるシャンデリアハウス [DVD]

2009年9月 5日

渡辺勝@吉祥寺 武蔵野公会堂

 渡辺勝の「渡辺勝40周年記念コンサート」のために吉祥寺の武蔵野公会堂へ。


渡辺勝40周年記念コンサート


 会場に入ると、開演前からすでにオープニング・アクトとして松倉如子が渡辺勝の演奏で歌っている最中でした。しかも、ステージから客席の一番後ろの通路まで走り回り、ヘッドマイクで踊りながら歌うのです。

 ライヴの随所に登場した松倉如子は、渡辺勝の40年の過去と現在を混濁させ、すべての楽曲を現在のものとして響かせるシャーマンのような存在でした。

 さらに戸張大輔が歌ってからいよいよ本編へ。松倉如子、竹田裕美子、川下直広、山田せつ子とステージを展開。ガット・ギターの弾き語りによる「ハッティ・キャロルの寂しい死」も素晴らしかったですが、「ジャン・ジョーレスは殺された」でエレキ・ギターを掻き鳴らす渡辺勝の姿にも痺れました。

 後半は、今井忍、竹田裕美子、松田幸一、村上律、そして渡辺勝によるアーリー・タイムス・ストリングス・バンド。川下直広を加えて演奏された「東京」は40周年にふさわしい名演でした。


渡辺勝「渡辺勝」

松倉如子「パンパラハラッパ」

2009年9月 4日

MiChi、Bassekou Kouyate & Ngoni ba

 今日は、9月30日発売のMiChi「UP TO YOU」(→amazon.co.jp)、9月6日発売のBassekou Kouyate & Ngoni ba「I speak fula」(→amazon.co.jp)を聴いていました。


MiChi「UP TO YOU」

Bassekou Kouyate & Ngoni ba「I speak fula」

[ CD ]

2009年9月 3日

パジャマパーティズ「degital nativ EP」

 パジャマパーティズ「degital nativ EP」Maltine Recordsからリリース。2MCによるラップユニットのデビュー・シングルを無料ダウンロードできます。

 これを聴いて、8月22日の「帰り際モラトリアム」のライヴ動画の2曲目が「マテリアル」だという曲名だとわかりました。というか、「図書館の中で和姦だなんて / そんな恋空みたいな絵空事」って歌詞なんて普通思いつかないよ! 最高!



パジャマパーティズ「degital nativ EP」

2009年9月 2日

山本直樹、植芝理一、榎本俊二、落合尚之、古谷実、羽海野チカ

 最近マンガの新刊を買わないままでいることが多かったので、山本直樹「レッド」第3巻(→amazon.co.jp)「夕方のおともだち」(→amazon.co.jp)、植芝理一「謎の彼女X」第5巻(→amazon.co.jp)、榎本俊二「思ってたよりフツーですね」第1巻(→amazon.co.jp)、落合尚之「罪と罰」第5巻(→amazon.co.jp)、古谷実「ヒメアノ〜ル」第3巻(→amazon.co.jp)、羽海野チカ「3月のライオン」第3巻(→amazon.co.jp)をまとめて購入。


山本直樹「レッド」第3巻

山本直樹「夕方のおともだち」

植芝理一「謎の彼女X」第5巻

榎本俊二「思ってたよりフツーですね」第1巻

落合尚之「罪と罰」第5巻

古谷実「ヒメアノ〜ル」第3巻

羽海野チカ「3月のライオン」第3巻

2009年9月 1日

9月11日(金曜日)の「分別ざかりの無分別 vol.1」でDJをします

 9月11日(金曜日)の「分別ざかりの無分別 vol.1」でDJをします。DJには、マンガ家の山本直樹さんも! こんな展開になるとは予想していませんでした。ryuto taonと抱擁家族は、ナンバーガールをエレクトロニカとポエトリーリーディングで解体して再構築したかのようなユニットで、彼らと共演できるのも嬉しいです。


●Club Mission's & ryuto taonと抱擁家族共同企画「分別ざかりの無分別 vol.1」
9月11日(金)
24時00分〜29時00分(all night event)
高円寺Club Mission's(http://www.live-missions.com/ JR高円寺北口徒歩5分)
LIVE  忘れらんねえよ(http://www.myspace.com/wasureranneyo)、Silicon cat'(http://www.myspace.com/siliconcats)、ryuto taonと抱擁家族(http://www.myspace.com/hoyokazoku
DJ 山本直樹、宗像明将(小心者の杖日記)、イシハラシンゴ a.k.a. onanieCEO(良かれ悪しかれ)、木下満也、かちゃくちゃ(大衆決断
料金 \2000+1drink
info http://d.hatena.ne.jp/breaststroking


 また、主催者のかちゃくちゃくん、イシハラシンゴさん、僕という顔触れが揃った時点で、最盛期は1日200通のトラフィックを誇った広末涼子メーリングリストのオフ会も同然。と、電波を受信しました。

 そのため僕は、以前妻に捨てられそうになったとき、「おまえは俺の青春を否定するのか!」と叫んだ、広末涼子の武道館ライヴTシャツを着てDJブースに立つ予定です。

 よろしくお願いいたします。


山本直樹「夕方のおともだち」

記事一覧
月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.