小心者の杖日記

2009年8月31日

ソウル・フラワー・ユニオン「エグザイル・オン・メイン・ビーチ」

 今日は、10月7日発売のソウル・フラワー・ユニオン「エグザイル・オン・メイン・ビーチ」(→amazon.co.jp)を聴いていました。近年のライヴ音源から編集された10年ぶりのフル・ライヴ・アルバム。


ソウル・フラワー・ユニオン「エグザイル・オン・メイン・ビーチ」

[ CD ]

2009年8月30日

ゴーヤと王政復古

 選挙に投票してからゆうぎ王家でのゴーヤの会へ。民主主義の地から王政の地へ移動です。

 豪雨も気にせずゴーヤなどを食べまくり、ゆうぎ王家の地下室の探検もしました。地下室は実在した……!


ゴーヤ

地下室への階段


 帰路、政権交代だというので、ゆうぎ王の王政復古になったのかと思ったら違うようでした。
 

ゴーヤーBOOK―この苦さが、くせになる! (別冊すてきな奥さん)

[ 日常 ]

2009年8月29日

ゆるい!! まゆちゃんとお楽しみ会@目黒区中小企業センター 第二集会室

 神崎真由美のファン感謝イベント「ゆるい!! まゆちゃんとお楽しみ会」のために目黒区中小企業センター 第二集会室へ。

 「アイドルのイベントのために中小企業センターって借りられるの?」と考えていたのですが、Office Cutie Paiはそういえば中小企業でした!


オフィスキューティーパイ


 開場すると、まゆちゃんから手作り的なものが。名前の画数が多くてすみません! 


まゆちゃんの手作り的なもの


 さらに、入場時に渡されたスケッチブックには参加者それぞれへのメッセージが描かれていました。

 イベントは、「神咲まゆみ」から「神崎真由美」への改名の正式発表、写生大会(静物とセーラー服の天野あい)、思い出しイラスト大会、ツーショットチェキ撮影、恐い動画鑑賞、ソロでのデビューからドイツ公演の頃までの写真紹介、ドイツ公演の映像、新曲「テクノ・ドール」発表など非常に充実していました。さらに、まゆちゃんの写真、花火、せっけんなどのおみやげ付き。サービス過剰なぐらいで、まゆちゃんのこういうイベントはハズレがありません。


Cutie Pai「Cutie MANIA」

TOKYO MX「涼宮ハルヒの憂鬱」22話

 TOKYO MX「涼宮ハルヒの憂鬱」22話を見ました。新作「涼宮ハルヒの溜息Ⅲ」。

 1期と比べなければこれはこれでいい気がしてきました。DVDを限定版で揃える気は、終わらない8月ですっかり失せましたが。



涼宮ハルヒの憂鬱4 笹の葉ラプソディ (第1巻) 限定版 [DVD]

涼宮ハルヒの憂鬱5.142857 (第2巻) 限定版 [DVD]

2009年8月28日

Typograffit.com

自分の入力した文章をデータベースに保存された様々な画像(看板、サイン、グラフィティ、T-シャツのデザイン、ネオン等)に変換して表示します。 画像は私たちが用意したものやユーザーがアップしたものからランダムに選び出し、ユーザーのテキスト内容にあわせて表示します。


 という、Typograffit.comがすごいです。リロードすると画像が変わるし、文章によっては複数文字がひとつの画像で表示されます。

 僕が好きな作成例は、「何事にも程度がある。その程度を見極めなければ、諸々の事象がおかしくなり・だめになり・壊れ。そして人間自身も同じことになる。 現代は何事にも程度の問題があることを忘れてはならない。それは人間が人間らしく生きるために重大事。物事の程度の見極めとは、それぞれの物事の事実の認識による。」。このフォントになった時点で程度の問題を破壊している感じがするのがいいです。


タイポグラフィ・トゥデイ

2009年8月27日

パジャマパーティーズ

 僕の好きなラッパーはパジャマパーティーズです。

 というわけで、8月22日の高円寺Club Mission'sでの「帰り際モラトリアム」での彼らのライヴ動画がYouTubeにHQ版で! 最初の動画の6分あたりからの2曲目が大好きです。「不愉快不愉快マジョリティ 気取るはハンパなマイノリティ」!


2009年8月26日

secret! cafe 4@カフェサンシャインスタジオ原宿

 「secret! cafe 4」のためカフェサンシャインスタジオ原宿へ。

 会場に着くと、セーラー服やチャイナドレスや巫女やメイドの女の子たちがたくさんいて、「DENPA!!!」に迷い込んだかと思いました。

 フリコピでは「ポリリズム」や「チョコレイト・ディスコ」はもはや初等科の基礎教養。「NIGHT FLIGHT」のフリコピを一列になってすると、新しい体操のようだったのは新発見でした。DJのノリーさんがフリコピのためにDJブースからダッシュでフロアに行く、というスタイルも新鮮です。

 空中分解の「MANIAC★☆」が流れたところで、DJ☆Hさんが外の階段から降りてきて登場したら面白いのに……と思っていたらその通り来た! ナイスお約束! 委員長とこなぎうむさんの誕生日ケーキを両手に持ってクマのかぶりもの、さらに空中分解と同じメガネをしているという怪しすぎる姿で登場です。

 そんなDJ☆Hさんが名古屋で回す9月23日(祝日)の「PNCL Peak!!!」は、Saori@destiny、amU、チカチカ、空中分解などが出演する事態になっているのでオススメ。


PNCL Peak!!!

PNCL Peak!!!


 そして、僕ら夫婦がDJをする9月6日(日曜日)の「secret secret」vol.3もよろしくお願いします!


Perfume in HAPPYで気になるシャンデリアハウス [DVD]

capsule「FLASH BEST」初回盤

2009年8月25日

capsule

 capsule「FLASH BEST」初回盤(→amazon.co.jp)購入。初回盤はDVD付きです。

 このベスト盤には、ある意味でcapsuleの最高傑作だと僕が考えるデビュー・シングル「さくら」が入ってないんですよね。アーティストの自己評価とリスナーである僕の評価が違うという端的な例なのでしょう。


capsule「FLASH BEST」初回盤

[ CD ]

2009年8月24日

久米田康治「さよなら絶望先生」第18集限定版

 久米田康治「さよなら絶望先生」第18集限定版(→amazon.co.jp)購入。

 限定版はDVD付きで、「懺・さよなら絶望先生」第1話Aパートのほか、これまでのアニメのオープニングとエンディングを収録。尾石達也のオープニング・ディレクターとしての天才っぷりが冴え渡る「人として軸がぶれている」は、1ヴァージョンのみなのが寂しいところ。これがベストという意味でしょうか。「空想ルンバ」が凝り過ぎてどんどんわけがわからなくなる過程も確認できます。


久米田康治「さよなら絶望先生」第18集限定版

2009年8月23日

Joe Henry、Levon Helm、BOMBA ESTEREO

 Joe Henry「Blood from Stars」(→amazon.co.jp)、Levon Helm「Electric Dirt」(→amazon.co.jp)、BOMBA ESTEREO「Blow Up」(→amazon.co.jp)購入。


Joe Henry「Blood from Stars」

Levon Helm「Electric Dirt」

BOMBA ESTEREO「Blow Up」

[ CD ]

2009年8月22日

TOKYO MX「涼宮ハルヒの憂鬱」21話

 TOKYO MX「涼宮ハルヒの憂鬱」21話を見ました。先週に引き続き、新作「涼宮ハルヒの溜息Ⅱ」。

 見終わって真っ先に考えたのは、「1期って神がかってたよなぁ」ということ。思わずDVDで「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」(→amazon.co.jp)を見返してしまいました。何あの面白さ。


涼宮ハルヒの憂鬱4 笹の葉ラプソディ (第1巻) 限定版 [DVD]

2009年8月21日

大家族・青木家の青木あざみさんのインタビューが「実録!体験談 地下社会のタブー」でマンガ化

 2006年3月以降、TBSでの特番が放送されていない大家族・青木家の青木あざみさんのインタビューが、「実録!体験談 地下社会のタブー」(→amazon.co.jp)でマンガ化されました。

 非常に衝撃的なその内容から重要なポイントだけ抜き出すと、「青木あざみさん本人が編集部に電話をした」「『父を訴えます』と発言している」「父親から近親相姦を強要された」「長女は父との子供」といった点でしょう。

 これまで青木あざみさんには、「まっすぐに。」(→amazon.co.jp)と「いつも。」(→amazon.co.jp)という2冊の著書があります。また、僕が「サイゾー」2008年3月号でしたインタビューも存在します。インタビューはインターネット上でも公開されているので、「大家族長女・あざみさんが明かす 疑惑報道の真実(前編)」「大家族長女・あざみさんが明かす 疑惑報道の真実(後編)」をご覧ください。今回のマンガには、このどれにもない情報が含まれています。

 驚愕が一段落してから不可解に感じたのは、「今から3年前に家を逃げ出したの」「こうして私は一人暮らしを始めた」という部分。とはいえ、2008年1月25日に僕は青木あざみさんに青木家の地元で前述のインタビュー取材をしています。ふたりの子供と妹さんも一緒でした。この矛盾はどう解釈すればよいのでしょうか? そして、ここまで語られているのに、まだ触れられていない「ある一点」があることにも引っかかるのです。

 ともあれ、書籍、雑誌のインタビュー、そしてマンガと、新しい情報が出るたびに謎を増していく青木家。どんな深みまで到達してしまうのでしょうか。

 そして、実は僕が今回のマンガで一番ショックだったのは、青木あざみさんは2人の子供とは別に暮らしていて、「上のコ」は施設に預けられている、という部分です。自分を施設に預けていた両親と同じことをしちゃったね、あざみさん。


「実録!体験談 地下社会のタブー」

2009年8月20日

「MUSIC MAGAZINE」9月号

 「MUSIC MAGAZINE」9月号(→amazon.co.jp)では、クレイジーケンバンド特集でのアルバム・ガイド、電気グルーヴ「20」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」9月号

2009年8月19日

9月6日(日曜日)の「secret secret」vol.3でDJをします

 「Perfume Night」が終わった直後は燃え尽きて「もうDJでPerfumeを流さない」と公言していたのですが、あれから2ヶ月、すっかり憑きものが落ちたかのように自分の発言を忘れて、9月6日(日曜日)の「secret secret」vol.3でDJをすることになりました。


DATE: 2009年9月6日(日曜)
OPEN: 17:00
CLOSE: 22:30
CHARGE: \2000 (with 1D/Food, Perfumeコスの方は+1D無料!!)
PLACE: 新宿 CLUB ACID
DJ : DJ☆H、宗像明将、ノリー
VJ :LUKE
運営 : アオイ、Rozzy、ZIMAMI、よこゆか


 「secret secret」はフリコピをメインにしたイベントなのですが、原曲スピード厳守、楽曲丸がけ厳守を信条に、DJブースに立つなりCDJとミキサーのすべてをデフォルト値に戻す、という僕のスタイルと合致するのではないかと思います。Perfumeをめぐる文化においてフリコピは非常に重要。「Perfume Night」ではフリコピの皆さんも大いに盛りあげてくれましたし、お礼も兼ねて奉仕の精神で回させていただきます!

 お約束的に妻と何かネタを一発やる予定ですが、主催者のノリーさんに怒られない程度にします! マジ気をつけますんで! ふと気付くと9月の秋風が頬を撫でるかのように自然な流れでやりますんで! って、書けば書くほど怪しい!

 よろしくお願いいたします。


secret secret

2009年8月18日

HUKWE ZAWOSE、「Stranded in the USA: Early Songs of Emigration(アメリカ合衆国にたどり着いた〜移民たちの望郷歌)」

 今日は、HUKWE ZAWOSE「Bagamoyo」(→amazon.co.jp)、オムニバス「Stranded in the USA: Early Songs of Emigration(アメリカ合衆国にたどり着いた〜移民たちの望郷歌)」→amazon.co.jp)を聴いていました。前者はタンザニアのミュージシャン、後者は1920年代から1950年代にかけての移民コミュニティ向けSP音源の編集盤。


HUKWE ZAWOSE「Bagamoyo」

オムニバス「Stranded in the USA: Early Songs of Emigration(アメリカ合衆国にたどり着いた〜移民たちの望郷歌)」

[ CD ]

2009年8月17日

inverselive's photostream from Taipei

 TumblrのDashboardに流れてきた写真からFlickrへアクセスし、感銘を受けたのがinverselive's Photostream。台湾の台北の人とのこと。特にこれこれこれこれが素晴らしいです。


RICOH デジタルカメラ GR DIGITALII 1000万画素 GRDIGITALII

[ 写真 ]

2009年8月16日

クレイジーケンバンド、青山陽一、THA BLUE HERB、Michael Jackson

 クレイジーケンバンド「ガール!ガール!ガール!」初回盤(→amazon.co.jp)、青山陽一「GUITAR=ORGAN=DRUMS」(→amazon.co.jp)、THA BLUE HERB「FRONT ACT CD」(→amazon.co.jp)、Michael Jackson「Live in Bucharest」(→amazon.co.jp)購入。

 クレイジーケンバンド「ガール!ガール!ガール!」初回盤はDVD付き。


クレイジーケンバンド「ガール!ガール!ガール!」初回盤

青山陽一「GUITAR=ORGAN=DRUMS」

THA BLUE HERB「FRONT ACT CD」

Michael Jackson「Live in Bucharest」

[ CD , DVD ]

2009年8月15日

TOKYO MX「涼宮ハルヒの憂鬱」20話

 TOKYO MX「涼宮ハルヒの憂鬱」20話を見ました。あれ、今夜は「エンドレスエイト」じゃなかったんですが、なぜでしょう? 放送事故?

 それはともかく、今夜は新作「涼宮ハルヒの溜息Ⅰ」。しかし、テンポや作画はあれでいいのでしょうか。脚本が谷川流だっただけになおさら複雑。「エンドレスエイト」のループからやっと脱した後だけにさらに複雑な気分です。


涼宮ハルヒの憂鬱4 笹の葉ラプソディ (第1巻) 限定版 [DVD]

2009年8月14日

amU シャレコメッツTV 【vol.3】

 amUのYouTube番組「amU シャレコメッツTV 【vol.3】」が公開されました。今回は「グレック・グレック」などの作曲をし、ライヴでのマニピュレーターも担当しているCodiが登場しています。


2009年8月13日

南半球から北半球を見る視点

 オーストラリアのLynceeさんの新しい動画は、「I LOVE YAOI」Tシャツがまぶしいです。

 しかも、Perfumeだけではなく韓国の少女時代のCDまで買って「Gee」を踊っているではありませんか。南半球から北半球の文化を見る視線はとても自由です。



girls' generation Mini Album: Gee

2009年8月12日

「レコード・コレクターズ」9月号

 「レコード・コレクターズ」9月号(→amazon.co.jp)では、オムニバス「IL ETAIT UNE FOIS LE RAI l'age d'or 1985-1995(黄金時代のライ 1985〜1995)」(→amazon.co.jp)とCheika Remitti「Intemporelle(永遠のシェイハ・レミッティ)」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」9月号

2009年8月11日

動くRocket or Chiritori

 Rocket or Chiritoriが動く姿を初めて見ました。彼女のMySpaceで知ったもので、映像は5月6日の廃校フェスでのライヴです。1997年の「Tokyo Young Winner」(→amazon.co.jp)から12年後に初めて見る柴原聡子の姿。


2009年8月10日

インターネット・ベイビーズ

 ふぁるさん出産おめでとう! 彼女のインターネットを通じたリアルタイムな出産の記録は、インターネットを介したもっともエキサイティングな通信のひとつでした。

 もうすぐへその緒の代わりにインターネット上のフローを残す時代が来るのです。あるいはすでに来ています。

 夏生ちゃんに幸多かれ! すべての鐘よ鳴り響け!


ちりめん へその緒入れ さくら

2009年8月 9日

キリンジ、ももいろクローバー、松田聖子

 キリンジ「KIRINJI 10th Anniversary〜SPECIAL SHOWCACE FINAL @Billboard Live TOKYO」(→amazon.co.jp)、ももいろクローバー「ももいろパンチ」初回盤(→amazon.co.jp)、松田聖子「ユートピア」(→amazon.co.jp)「風立ちぬ」(→amazon.co.jp)購入。

 キリンジ「KIRINJI 10th Anniversary〜SPECIAL SHOWCACE FINAL @Billboard Live TOKYO」はライヴDVDとCDの2枚組。ももいろクローバー「ももいろパンチ」初回盤はDVD付きです。松田聖子「ユートピア」「風立ちぬ」はBlu-spec CDによる再発盤で、1曲収録のDVD付き。


キリンジ「KIRINJI 10th Anniversary~SPECIAL SHOWCACE FINAL @Billboard Live TOKYO」

ももいろクローバー「ももいろパンチ」初回盤

松田聖子「ユートピア」(DVD付)

松田聖子「風立ちぬ」(DVD付)

[ CD ]

2009年8月 8日

ケーキと日本産チョコレート

 義妹が誕生日祝いのケーキを持って遊びに来てくれました。僕が「海外産より日本産のチョコレートの方がおいしい」と言うような人間なので、わざわざ日本製のチョコレートを使っているケーキを探してくれたそうです。なかったそうですが。貧乏舌の義兄でごめんよ……。


ケーキ


ハーシー チョコレートシロップ 623g

[ 日常 ]

TOKYO MX「涼宮ハルヒの憂鬱」19話

 TOKYO MX「涼宮ハルヒの憂鬱」19話を見ました。新作「エンドレスエイト」の8回目。6回目と7回目は見ていませんが、やっとループを脱出するというので見てみました。たしかに終盤は盛りあがるし、京都アニメーションの作画と演出の多芸さは確認できたものの、8回も費やしたことに見合うカタルシスが得られたかというと釣り合わない気がします。


涼宮ハルヒの憂鬱4 笹の葉ラプソディ (第1巻) 限定版 [DVD]

2009年8月 7日

白井良明、ワッツーゾンビ、GEMINI INFINITY、JEBSKI&YOGURT

 最近聴いたのは、8月18日発売の白井良明音楽監督「20世紀少年 オリジナル・サウンドトラック vol.3」(→amazon.co.jp)、9月5日発売のワッツーゾンビ「WE ARE THE WORLD!!!」、9月16日発売のGEMINI INFINITY「Love Chase Dream」(→amazon.co.jp)、9月18日発売のJEBSKI&YOGURT「JEBSKI&YOGURT」(→amazon.co.jp)です。


白井良明音楽監督「20世紀少年 オリジナル・サウンドトラック vol.3」

[ CD ]

2009年8月 6日

原爆の日の桃

 「桃もすももも桃のうち♪|西脇 彩華オフィシャルブログ」を読んだらこんな記述が。


東京に来て驚いた中の1つですが、毎年東京ではあまりニュースなどで取り上げられてません。


今日は広島に原子爆弾が落ちた日です。

広島では毎年原爆の授業を行うし、8月6日の朝はほぼ全ての局が中継をつないで、広島県民全員でお祈りをします。

ちゃあぽんは東京に来てからも毎年変わらず8月6日の8時15分にお祈りしています。


 こういうことをしっかり書ける16歳、そしてアイドルのちゃあぽんにちょっとした衝撃と感銘を受けました。



Ordinary Venus「Ordinary Venus」

2009年8月 5日

酒井法子と短歌とレイヴ・パーティー

 「『くり返し酒井法子』 | 枡野浩一公式ブログ」にある歌詞に適当なメロディーをつけて歌っていたところ、友人から酒井法子を過去に何度かレイヴ・パーティーで見たという話を聞き、なんだかモヤモヤしてきた日でした。


酒井法子 Best Selection

[ 日常 ]

2009年8月 4日

クレイジーケンバンド

 今日は、8月12日にニュー・アルバム「ガール!ガール!ガール!」(→amazon.co.jp)のリリースをひかえたクレイジーケンバンドの「青山246深夜族の夜」(→amazon.co.jp)「肉体関係」(→amazon.co.jp)「CKBB - OLDIES BUT GOODIES」(→amazon.co.jp)「iTunes Originals」「middle&mellow of CRAZY KEN BAND」(→amazon.co.jp)を聴いていました。


クレイジーケンバンド「ガール!ガール!ガール!」(初回限定盤)(DVD付)

クレイジーケンバンド「CKBライヴ 青山246深夜族の夜 〜 Special Guest 野坂昭如」

クレイジーケンバンド「肉体関係」

クレイジーケンバンド「CKBB - Oldies but Goodies」 (初回限定盤)

クレイジーケンバンド「iTunes Originals」

クレイジーケンバンド「middle&mellow of CRAZY KEN BAND」

[ CD ]

2009年8月 3日

電気グルーヴ「20」

 今日は、8月19日発売の電気グルーヴ「20」(→amazon.co.jp)を聴いていました。


電気グルーヴ「20」(初回生産限定盤)(DVD付)

[ CD ]

2009年8月 2日

amU@渋谷タンジェリン

 amUのファースト・ソロ・イベント「popcorn.Q」のため渋谷タンジェリンへ。

 会場に着くと、ラウンジにはこれまでのamUの衣装や靴などが展示されていて、会場内に置かれていたものも含めて12着。さらに今回のイベントのために用意された「Q」というボードが何ヶ所にも飾られ、トイレの中にまであって驚きました。そして、イベントのタイトルにひっかけて用意されたのであろうポップコーン製造機からは甘い香りが。どれだけ金をかけてるんだよ、無茶しやがって……。


「Q」のボード

過去の衣装


 入場時に渡されたのは、レア音源CD、封書に入ったなんと手書きの手紙、すべてmeruちゃんが手作りしたという缶バッジとその説明書、チラシ「amU times」、アンケートなど。しかも、CDの盤面は触れると文字の部分が盛りあがっているのです。どこまで凝り性なのでしょう。

 新衣装で登場したamUがこの記念すべきライヴの幕開けに歌ったのは、そのレア音源CDに収録された、このイベントのための新曲「popcorn.Q」。途中でヴォーカルにコブシみたいなエフェクトをかけているのがユニークです。「グレック・グレック」での興奮は気が触れる寸前のレベル。

 そして4曲歌ったところで、小道具がステージに乗せられて「amU研究所」なる施設を舞台にした寸劇に。豚のマスクをかぶった博士が登場して客いじりをした後、amUが「amU Planet」のメンバーを紹介。Codi星に;願いを、guchiko、フクヤマヒロキ、そしてacoとmeruがそのメンバーとして紹介されました。

 ここで10分程度の休憩を挟んで後半へ。「カプセルガール」のMIXもブチ切れるぐらいのテンションで打ちました。

 そしてacoが涙ぐんで一瞬歌えなくなったのが本編ラストの「LiNK U」。この楽曲で泣いていたファンも多かったと後に聞きました。

 その「LiNK U」を聴きながら、僕はamUとの出会いを思い出していました。そもそも、大阪の彼女たちの存在が東京でも知られ出したのは、2008年10月19日に名古屋で開催された「世界のFUN! FUN! FUN! Big17」だったと認識しています。このとき、Cutie Paiを見るために遠征したファンから「amUというグループが凄かった」という評判が広まり、その話を聞いた僕もYouTubeで動画を見て一気に魅了されます。そして「MUSIC MAGAZINE」2008年12月号の(→amazon.co.jp)「中田ヤスタカ/capsuleの時代」特集の巻頭にはこんな一文が。


大阪のamUの「カプセルガール」も、コアなテクノポップ好きの間で話題になっている。


 これを書いたのは当の僕自身なのですが、それほどamUという存在が気になりだしていたのでした。

 やっとamUのライヴを見たのは、2009年1月7日のあさがやドラム(追記:本当は2008年12月14日の高円寺HIGHでした)。同じくあさがやドラムでの2月21日のライヴ前後から、僕は「amUは希望」という言葉をいかれたように言いはじめます。


 acoちゃんが全部の赤のドットを描いたというふたりの衣装、楽曲とサウンド、そしてCDやグッズのアートワーク。最近、地下アイドルをめぐる商業的な構造の問題点について考えることが多いのですが、amUにはそういう壁を軽く突き抜けてしまいそうなクオリティがあります。

 彼女たちのライヴには未来へつながるものが存在して、だからこそ今日も僕の口からは自然と「amUは希望」という言葉がこぼれおちていたのです。

 amUを最前中央で見ながら、どんな場でもいいからひとりでも多くの人に彼女たちを見てほしいと思いました。汗と涙でぐちゃぐちゃになりながら。


 僕は「Perfume Ngiht」vol.5にamUを呼ぼうと決心し、オーガナイザーのmatekoiも賛成してくれ、amUも快諾してくれて出演が決定します。ただ、同時期に「EXTRA!!!」への出演が決まるなど、Perfume以降のテクノポップ・シーンの「青田刈り」のような状況にamUを巻き込んでしまった……という責任すら感じる事態にもなりました。

 しかし、生のamUのライヴを見たら、もっと多くの人に見てほしくなるのです。それはamUの魅力ゆえに。先に引用した「amUを最前中央で見ながら、どんな場でもいいからひとりでも多くの人に彼女たちを見てほしい」という記述は、そうした僕の当時の心情の反映であり、そのまま僕たちはamUを招く6月6日の「Perfume Ngiht」vol.5へと突き進みはじめます。

 「LiNK U」は、彼女たちが2008年の末から東京に進出し、徐々に固定ファンが増えてきた年末に、「そういえば!|amU Blog」などでタイトルの公募がスタートし、1月末に「amU Title Recruit!! project 完結|amU Blog」でタイトルが決定した楽曲です。地元である大阪で決して恵まれていると言える状況ではなかったamUが、東京でライヴが増えはじめた時期で、当時の現場に通っていたファンを意識してつづられた歌詞に与えられたタイトルは、「Link You」もとい「LiNK U」でした。

 そう、ほんの半年前は、20人にも満たない人数で現場をどうしたら盛りあげられるかの試行錯誤が行われていたのです。「カプセルガール」でロマンスが発動されていた現場なんて、想像できるでしょうか? amUの東京現場のいわば創成期であったその頃に、amUを目の当たりにした僕は、だからこそ過剰な思い入れがこの「LiNK U」に対してあり、その感情を今なおMIXやコールによって表出せずにはいられないのです。

 これは後付けの「物語」なんかじゃなくて、俺たちが生き抜いたリアルな歴史の「体験」なんだ、と。

 アンコールでは秋にアルバムがリリースされることが発表され、そこから新曲「Moco」が披露されました。これは「いける」感触です。約90分のライヴの後、amUによるファン全員のお見送りが行われてライヴを終了しました。

 後半のMCで「もっとたくさんの人の前で歌いたい」という趣旨の発言をacoはしました。現在のamUの体制が優れているだけに、ファンは必然的にこの先を考えることになります。

 「観覧記録 amU ファーストソロイベント - Aerodynamik - 航空力学」より。


秋にはアルバムをリリースするとのこと。この楽曲群は地下にしておくにはもったいないが、これからどう展開させていくつもりなのだろうか。やはり地道にライブハウスの対バンイベントで集客を増やし、レコード会社に拾ってもらうしかないのか。このユニットはどうもそういうものとはあまりそぐわないような気もする。ネットを使って独自の展開が出来ないものだろうか。


「105... : Q」より。


amUのDIYで等身大的なステージの作り込みっぷりと、まだ手の届くのような距離感の近さと、節度を持ちつつも程良くネジが飛んだような熱狂的な盛り上がりを見せる模範的なパーティーピープルに囲まれた、他のどこにも無いような(もちろん探せばあるのだろうが)ひたすら楽しい今のライヴ空間の状態が、今後いつまでも続いてくれればと願いたい。が、しかし、それはきっと儚いものであり、今が一番面白い瞬間なのかも知れないという思いが頭をよぎる。たぶん近いうちに彼女らはもっと大きな存在になり、今のライヴの見せ方やフロアのヴァイブスなどは(良くも悪くも)しだいに変化していくのだろう。そう思うと、どうしても一抹の淋しさが心に残ってしまうのだが、DIYに満ちた今のamUならではの独自の世界は崩さない形で活動を拡大させていくような、今までに無い上手い展開を期待したい。


 今回のファースト・ソロ・イベントは、企画がamU Planet、現場のスタッフがファン有志によるものでした。「Perfume Ngiht」vol.5と「popcorn.Q」は、スタッフと最前列のファンが完全に入れ替わっていたことに気づいた人もいるかもしれません。

 そうした手作りのライヴでも、amUは会場の徹底した装飾から、ファンへのグッズ配布、そしてこれまでになかった長時間のライヴなど、期待を見事に超えるステージを見せてくれました。今後もamU Planetが中心となった同様の体制で、amUの活動を支えてくれることを願わずにいられません。

 なんと105人だったという動員も、Perfume以降のテクノポップ・シーンの隆盛が彼女たちを押しあげた結果だと見ることもできるでしょう。しかし、amUとamU Planetは結局のところずっとそんな周囲の状況に左右されない高いクリエイティヴィティを維持しています。僕は、amUは実質的に6人組のインディーズ・バンドだと思いつつも、アイドルとして受容しているので、この幸福な時間が少しでも長く続いてほしいと願っていますし、それをamU Planetが実現してくれるであろうことを信じています。

 物販では、「カプセルガール」の新装版、「LIVE @ SHIBUYA DESEO」を購入。

 amUによるお見送りが終わるのを見届け、反省会へと向かいました。


amU「popcorn.Q」

amU「LIVE @ SHIBUYA DESEO」

amU「カプセルガール」新装版

2009年8月 1日

blur、Zizek

 blur「Midlife: A Beginner's Guide to Blur」(→amazon.co.jp)、Zizek「ZZK Sound, Vol. 2」(→amazon.co.jp)購入。


blur「Midlife: A Beginner's Guide to Blur」

Zizek「ZZK Sound, Vol. 2」

[ CD ]
記事一覧
月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.