小心者の杖日記

2009年7月31日

曽我部恵一BAND、空気公団、Sweet Vacation meets 初音ミク

 最近聴いたCDは、曽我部恵一BAND「ソカバンのみんなのロック!」(→amazon.co.jp)、空気公団「青い花」(→amazon.co.jp)、8月19日発売のSweet Vacation meets 初音ミク「8 bit darling project ; DELUXE」(→amazon.co.jp)です。


曽我部恵一BAND「ソカバンのみんなのロック!」

空気公団「青い花」

Sweet Vacation meets 初音ミク「8 bit darling project ; DELUXE」

[ CD ]

2009年7月30日

FIRST☆KISS B-Side@高円寺HIGH

 Cutie Paiが約14ヶ月ぶりにCDをリリースするというので、彼女たちが出演する「FIRST☆KISS B-Side」のために高円寺HIGHへ。

 チッチの脱退以降、初めて見る新体制のCutie Pai。25分程度のステージで、初登場のスージーのためのお披露目映像なども流されたため、歌われたのは「Hello!! Cutie Pai」「reflection love」、そして新曲「スピカ」と3曲だけでしたが、そのスージーの初登場や、「なんだカオリン推せるじゃん!」と思ったりとかで、いろいろ新鮮でした。スージーの歌を聴いて、「ずいぶん歌がうまい子を連れてきたなぁ」と感心していたら、ミュージカル歌手なのだとか。カオリンがギターを抱えたときには、ハレンチ☆パンチの大空さやのようなものかと思いましたが、本当に音を鳴らして弾き始めました。カオリン推せるよカオリン。

 物販時に、なんと遊びに来ていたきわサンが姿を現したことにも驚きました。あとはeyeタソを見るだけだなぁ。



 他に見た出演者は、銀河っ娘クラブHONDALADYまなみのりさMU☆MU

 まなみのりさは、さすがアクターズスクール広島出身のダンス。ワイヤレスマイクではなくラインのマイクでも頑張って踊っていました。ポンポンを使い、衣装も非常にアイドル然としていて好感を持てます。音楽面でも、「Do The Hustle」へのオマージュがあったり、Bon-Bon Blancoの「涙のハリケーン」をカヴァーしたりと、節操がないのも良いです。

 物販では、まなみのりさのけしからん水着カレンダーや、ライヴに間に合わなかった池本真緒のCDを購入。そしてCutie Paiでは、まゆちゃんが「Happy Birthday!」と書いてくれました。覚えてくれていてありがたいやら恐縮やらです。「Perfume Night」vol.5での僕ら夫婦のライヴの感想も言ってくれたのですが、そちらは忘れてください!


Cutie Pai「スピカ」

2009年7月29日

ACID PANDA CAFE公式ブログに「ぱいなっちゅる!」レポート

 7月26日の「ぱいなっちゅる!@自由ヶ丘ACID PANDA CAFE」のレポート「7/26 アクアエンジェル PRESENTS ぱいなっちゅる! DA MEGAROGOLITH 20XX」がACID PANDA CAFEの公式ブログに掲載されました。モザイクが逆に怪しい! そして赤いTシャツの奴、必死だな……。


LEOPALDON「HOMECENTER 2 GAMECENTER」

2009年7月28日

MC紳士&MAD刃物「三十路の衝動」

 一昨日の「ぱいなっちゅる!@自由ヶ丘ACID PANDA CAFE」に関連して「【レポ】アシパン四周年パーリー 前半 DA MEGAROGOLITH 20XX」を読んでいて気になったのがこの部分。


アシパンが生んだ「ガヤから主役へ」を見事に体現したMC紳士&MAD刃物。
二人ともただの日本語ラップ好きのおじさんが30歳になってラップを開始。
(中略)
そして四周年記念テーマソング「三十路の衝動」
MAD刃物のラップ処女曲であり、そこに居たほとんどの人の胸を熱くさせた名曲。
このふざけたイベントの中で、唯一感動的な空気が流れた瞬間でもあった。


 検索したところ、MC紳士&MAD刃物「三十路の衝動」はYouTubeに音源がありました。「いつか生まれ変われるかな / ラッパーになれるかな」。とにかく歌詞が素晴らしく、同じく三十路の身には実に感動的。この楽曲が披露された場にいなかったことを後悔しつつ、つい1日中聴いていました。



ZEEBRA「The Anthology」(DELUXE EDITION)

2009年7月27日

amUが8月2日にソロイベント「popcorn.Q」開催

 amUの初のソロイベントと銘打たれた「popcorn.Q」の開催が8月2日(日曜日)に迫りました。昨日の「secret! cafe 3@渋谷CLUB EFFECT」のエントリーでも触れたのですが、改めてご紹介。大事なことなので2回書きます。


「popcorn.Q」

「popcorn.Q」


 「Perfume Night」vol.5にもamUは出演してくれたので、このブログをご覧の皆さんの中には彼女たちのライヴを見たり、Ustream.tvでの中継を見たりした人もいるのではないかと思います。

 ただ「popcorn.Q」は、通常約30分1セットのライヴが多いamUが、90分間「何か」をするとアナウンスされています。しかも、イベントの枠自体は3時間用意されていて、何が行われるのか予想がつきません。



 amUは作詞からアートワーク、衣装制作までこなすユニット。しかし真に特異な点は、本拠地の大阪から遠く離れた東京で異常に人気があり、ともすれば毎週のペースで上京をしてライヴを行っていること、そしてCDやDVDはごく一部の店舗にのみ並んでいて、基本的にライヴ会場での販売がメイン、という点にあります。とにかく現場に行かないと何もわからないのです。

 今回の「popcorn.Q」も、告知が公式サイト公式ブログ以外はmixi中心で、情報自体へアクセスしづらい部分があります。

 そんな彼女たちのソロイベントが渋谷で開催されます。これは良い機会なのですが、大きな会場ではないので気を抜くと会場が埋まるレベルかもしれません。「定員オーバーの際には入場規制させて頂くことがございますので、あらかじめご了承ください」と書かれているので、事前に予約した方が確実です。僕はもちろんCD付きのプレミアチケットを予約しました。

 アイドルという位置づけのamUですが、僕個人の興味は、彼女たちの「地下アイドル」とはまた異質なアンダーグラウンドなインディーズ感にあります。「popcorn.Q」ではどんなステージを見せてくれるでしょうか。これは重要な現場です。

2009年7月26日

ぱいなっちゅる!@自由ヶ丘ACID PANDA CAFE

 「素人が一夜にしてアイドルに」をコンセプトに、アクアエンジェルの今井Pと伊藤Pが贈るイベント「ぱいなっちゅる!」のため自由ヶ丘ACID PANDA CAFEへ。伊藤Pはどこをどう見てもさっきまで「secret! cafe 3」でDJをしていたDJ☆Hさんに見えるのですが、あくまで別人だそうです。

 このイベントは疑似アイドルが人間から品性を剥ぎ取る素晴らしい内容で、まさに激賛に値するアンダーグラウンドな現場でした。

 入場してみると、DJブースを覆い隠すように石丸電気のイベント・スペースを模した紙が一面に! 2005年に初めて行ったtoutouの「ココロの問題」リリース・イベントを思い出しちゃう!


今井Pと伊藤P


 そして、あいとれいこによる「ほーるいんにゃん」が登場。なぜかふたりともゴルフウェアを着用しています。ライヴで数曲を歌った後は、客とパターゴルフ対決をするという謎の対決コーナーへ。しかも、ほーるいんにゃんと対決する客のひとりに妻が選ばれてしまいました。相手チームが知恵の輪を解いている間に、パターゴルフで点数を多く獲得した方の勝ちです。客側のチームが勝ったので、妻はほーるいんにゃんとツーショットチェキを撮影してもらいました。よくやった!

 一段落つくと、撮影タイム。客が撮って撮って撮り狂います。石丸電気でのイベントよりも流れがカオスだ……! あと写真の伊藤Pが邪魔ですが仕様です。


ほーるいんにゃん


 続いて、やまぎわあきはがメイド服姿で登場。ライヴで歌うところまでは同じですが、ゲームが今度は「やまぎわあきはが粘土で作るものを客が当てる」というもので、正解は「吸引力の変わらない掃除機・ダイソン」でした。難易度高いよ!

 なお、そのダイソンの掃除機をPL法対策のために試用したら爆発して伊藤Pがボロボロになるというショートコントも挿入されました。帰宅してから「【レポ】アシパン四周年パーリー 前半 DA MEGAROGOLITH 20XX」で知ったのですが、これ、5月からの定番ネタだったんですね……。


伊藤P


 撮影タイムでは、再び客が撮って撮って撮り狂います。「目線ください!」と言うつもりが「見下してください!」と叫んで、やまぎわあきはの目線をいただきました。


やまぎわあきは


 ここまでの2時間弱でだいぶ客の頭のネジも外れていたのですが、イベントはさらに第3部へ。なんとアイドル3人がブルマ姿の体操服に、ネコミミと尻尾をつけて登場です! その瞬間、歓声の中に客の理性が吹き飛ぶ音が聞こえたような気がします。

 ここからは「夏だから運動会」だそうで、まず競技じゃなくてお昼ご飯タイム。アイドル3人がその場で手を殺菌消毒して、パックのごはんを握ったおにぎりを食べさせてくれます。食べたい人は山下清のモノマネをしなくてはならないという条件。こんなものを食べたがるなんて……と思っていたものの、ハッと気づくと僕は前に出て、麦わら帽子をかぶって、必死に山下清のモノマネをしていました。ぼ、ぼくは、アイドルのおにぎりが食べたいんだな。その結果は……敗退。本気で悔しかったことは、もはや内緒にしても仕方のないことです。

 しかし、このコーナーはまだ続き、組体操をするというのです。アイドル3人による2段ピラミッド。無茶するね! さらに3段にするからと客から参加者を募集し、若干の必死な混乱の末に3人がM奴隷、いやピラミッドの土台として参加しました。最初はアイドル3人がその上に乗り、もう一回やると言って、今度は今井Pと伊藤Pが乗って崩れるという見事なお約束を展開していました。

 この後もライヴや撮影会があったのですが、あまりにも撮影会はひどいことになったので写真は自粛します……。

 というわけで、3時間弱の長丁場はあっという間に終了。お約束を随所に入れて笑わせながら、客をお約束に巻き込んで参加させ、次第に正気を奪っていき、最終的にとんでもなくヒート・アップした現場を生み出すという見事なイベントでした。物理的にも会場の暑いこと。

 冷静に考えると、ここまでやってくれる疑似アイドルの女の子を探したり、全体のシナリオを考えたりと、とんでもない手間がかかっているのではないでしょうか。疑似アイドルとはいえ、久しぶりに充実感に満ちた現場でした。このイベントはヤバいです。


エレクトリックパーク

secret! cafe 3@渋谷CLUB EFFECT

 「secret secret」と「Happy!Cafe」の合同イベント「secret! cafe 3」のために渋谷CLUB EFFECTへ。

 開場すると、DJ☆Hさんがアイドル色皆無のダンス・エレクトロ攻めの硬派なDJを展開していて驚きました。あそこから徐々に盛りあげていく手腕は、さすが場数をこなしているだけのことはあります。

 Mikofuさんは、冒頭がいきなり韓国のBIGBANGという大技。Perfumeと韓流とジャニーズを混ぜるDJは個性が輝いてました。

 フリコピ中心の「secret secret」を主宰するノリーさんのDJ時には、フロアのほぼ全員がPerfumeのフリコピをするという光景に。圧倒されながら、思わずストックホルムのフラッシュモブを連想したほどです。



 あと、東京事変の楽曲でケチャが起きていたのは僕の幻覚ではないはずです。

 takaさんと840さんのDJまで見て、「ぱいなっちゅる!」へ現場を回すために離脱。

 840さんがスタッフを務めるamUのソロイベント「popcorn.Q」は8月2日開催です。


「popcorn.Q」

「popcorn.Q」


 フリコピの熱気、そして「I still love U」や「エレクトロ・ワールド」で僕ら夫婦が打たなくてもMIXが起きることに驚きました。こういうDJの個性が反映されて方向性が特化されたイベントは楽しいです。


capsule「FLASH BEST」(DVD付)【初回生産限定】

2009年7月25日

新宿→静岡

あの3人も来たんだね。

2009年7月24日

藤子・F・不二雄「オバケのQ太郎」第1巻

 遂に刊行がスタートした「藤子・F・不二雄 大全集」。その第1期の1冊として発売された、藤子・F・不二雄「オバケのQ太郎」第1巻(→amazon.co.jp)を購入。2年前に「2007年にほとんど封印されている『オバケのQ太郎』『新オバケのQ太郎』を求めて」というエントリーを書いた頃からすると、夢のような状況がこれから待っています。


藤子・F・不二雄「オバケのQ太郎」第1巻 (藤子・F・不二雄大全集)

元Cutie Paiのチッチがソロで活動再開

 元Cutie Paiのチッチが、西村智恵子名義でソロとして活動を再開させました。現在MySpaceで公開されているのは、西村智恵子作詞、百八つ煩悩丸ひろし作曲編曲による「夢のジュース屋さん♪」。高音質版はSound Design & Web Publish Label 108recordでダウンロードできます。


Cutie Pai「Cutie MANIA」

2009年7月23日

Blue Asia、neco眠る、Aira Mitsuki、中川翔子、God Help The Girl、Tinariwen、CALYPSO ROSE

 Blue Asia「Sketches Of Myahk」(→amazon.co.jp)、neco眠る「Even Kick Soysauce」(→amazon.co.jp)、Aira Mitsuki「PLASTIC」初回盤A(→amazon.co.jp)、中川翔子「心のアンテナ」CD+DVD(→amazon.co.jp)、God Help The Girl「God Help The Girl」(→amazon.co.jp)、Tinariwen「Imidiwan: Companions(イミディワン〜アフリカの仲間たち)」初回盤(→amazon.co.jp)、CALYPSO ROSE「Calypso Rose」(→amazon.co.jp)購入。

 Aira Mitsuki「PLASTIC」の初回盤Aは、他に初回盤B、通常盤と全部で3種類あるうちDVD付きのもの。

 中川翔子「心のアンテナ」は松本隆作詞、細野晴臣作曲で、カップリングでは同じく松本隆と細野晴臣コンビによる松田聖子の「硝子のプリズム」をカヴァー。名曲っぷりを再確認しました。

 Tinariwen「Imidiwan: Companions(イミディワン〜アフリカの仲間たち)」の初回盤はDVD付き。


Blue Asia「Sketches Of Myahk」

neco眠る「Even Kick Soysauce」

Aira Mitsuki「PLASTIC」初回盤A

中川翔子「心のアンテナ」CD+DVD

God Help The Girl「God Help The Girl」

Tinariwen「Imidiwan: Companions(イミディワン〜アフリカの仲間たち)」初回盤

CALYPSO ROSE「Calypso Rose」

[ CD ]

2009年7月22日

さくら水産

 新宿のさくら水産で、「E3!!!」の班長とKASAIさん、「Happy!Cafe」のDJ☆Hさん、MEGイベント「MIRACLE」のシゲルさん、そして「Perfume Night」の僕、という中田ヤスタカ周辺クラブイベント界隈のメンツで飲み会。「E3!!!」の人たちは、なぜさくら水産となると僕にサインを書かせますか。


さくら水産


capsule「FLASH BEST」(DVD付)【初回生産限定】


2009年7月21日

「MUSIC MAGAZINE」8月号

 「MUSIC MAGAZINE」8月号(→amazon.co.jp)では、特集「Perfume現象は続く」の巻頭言4ページと楽曲ガイドのほか、Amadou & Mariam「The Magic Couple」(→amazon.co.jp)のアルバム評、「LAFORET SOUND MUSEUM 2009」のライヴ評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」8月号


2009年7月20日

NHK「川の光」

 NHK「川の光」の再放送を見ました。「電脳コイル」などへの参加で知られる平川哲生の初の監督作品です。

 2009年的な目新しさよりも、美術の細かさなど、確実に地に足をつけることを志向した作品。豪華な声優陣を抱えて若干29歳にしてこの作品を作り上げた平川哲生に感嘆しました。音楽は栗原正己、主題歌は遊佐未森で編曲が渡辺等と、こちらも豪華。

 なお、放送中にTwitterでオーディオコメンタリーならぬTwitterコメンタリーが平川哲生によって行われたのも前代未聞でした。


遊佐未森「I’m here with you」(DVD付)【初回限定生産盤】

2009年7月19日

Aira Mitsukiオフ会"Colorful"@渋谷ANTHEM&GREEN'S LINE

 Aira Mitsukiのファンイベント「Aira Mitsukiオフ会"Colorful"」のため渋谷ANTHEM&GREEN'S LINEへ。

 会場は洒落たバーで、イベントもフリー・ドリンク、3フード付きと、オフ会とクラブイベントの中間の感じ。DJだけではなくVJもありました。

 「イエロー・スーパーカー」がトリガーになって盛り上がりが加速し、トリを務めた我らがもてち(from ベースメントオフィス)によってヒート・アップ! Aira Mitsukiコスプレの女の子たちによるフリコピ大会も華やかでした。良い現場でした。



Aira Mitsuki「PLASTIC」(初回盤A)

Aira Mitsuki「PLASTIC」(初回盤B)

Aira Mitsuki「PLASTIC」(通常盤)

2009年7月18日

TOKYO MX「涼宮ハルヒの憂鬱」16話

 TOKYO MX「涼宮ハルヒの憂鬱」16話を見ました。新作「エンドレスエイト」も遂に5回目です。ええ、同じ話を5回ループしているのです。

 と、ここまでの文章は、ループし続ける作品と同様に、先週分の文章を数字だけ変えてコピー&ペーストしました。今回は小泉のビキニパンツが見どころでしょうか……。作画や演出を毎回新しくするパラノイアのような情熱には敬服しますが、いつまでたっても話が進行せず、カタルシスがまったく訪れない点がつらいです。



涼宮ハルヒの憂鬱4 笹の葉ラプソディ (第1巻) 限定版 [DVD]

2009年7月17日

元toutouの西村紗也香の個人ブログ開設

 元toutouの西村紗也香の個人ブログ・さーやんブログが開設されました。最初のエントリーの「☆紗也香でーす☆|さーやんブログ」のこの第一声に笑いました。


元…t●ut●uの西村紗也香です(゜∀゜)!!!!!!


 伏字かよ! ともかくおかえり!


toutou「toutouのアルバム」

2009年7月16日

「IL ETAIT UNE FOIS LE RAI l'age d'or 1985-1995(黄金時代のライ 1985〜1995)」、Cheika Remitti

 今日は、オムニバス「IL ETAIT UNE FOIS LE RAI l'age d'or 1985-1995(黄金時代のライ 1985〜1995)」(→amazon.co.jp)、Cheika Remitti「Intemporelle(永遠のシェイハ・レミッティ)」(→amazon.co.jp)を聴いていました。


オムニバス「IL ETAIT UNE FOIS LE RAI l'age d'or 1985-1995(黄金時代のライ 1985〜1995)」

Cheika Remitti「Intemporelle(永遠のシェイハ・レミッティ)」

[ CD ]

2009年7月15日

誕生日

 誕生日に帰宅すると、妻が鯛を一匹おろしてくれていたので度肝を抜かれました。こうくるとは思わなかった!


090715a.jpg

090715b.jpg

090715c.jpg


鯛 (柴田ブックス)

[ 日常 ]

2009年7月14日

鈴木祥子

 鈴木祥子「romances sans paroles~bande originale du film~」(→amazon.co.jp)購入。映画「無言歌〜Romances sans paroles〜」のオリジナル・サウンドトラック盤。


鈴木祥子「romances sans paroles~bande originale du film~」

[ CD ]

2009年7月13日

YouTube動画いろいろ

 最近見たYouTubeで面白かったものを紹介します。

 まずスウェーデンのストックホルムでのフラッシュモブ。Michael Jacksonの「Beat it」を突然踊り出すという追悼フラッシュモブです。



 以前「Perfumeの海外ファンによる『Dance Cover』」でも紹介したオーストラリアのLynceeさんの新作「Twinkle Snow Powdery Snow」と「シークレットシークレット」。編集もがんばっています。



 7月4日にライヴを見た岡大介の映像も2本を。カントリー風味の「東京節」と、先日のライヴのアンコールでも歌われた「東京」。



 SOURの「日々の音色」のビデオクリップは、「ビデオで使われている映像は全て、ラップトップのwebcamによって撮影しています」という凝った作品で、「どうやって作っているんだ?」と考えてしまうほどです。



YouTube 完全攻略マニュアル

2009年7月12日

鈴木祥子、大城美佐子&よはな徹、月乃家小菊+井筒家小石丸+月乃家会、「EXIT TUNES PRESENTS Vocalostar feat.初音ミク」、はっぴいえんど、Mio Fou、「池間島 古謡集」「宮古西原 古謡集」「波照間 古謡集1」「宮古 多良間 古謡集1」、Hukwe Zawose、The Zawose Family

 鈴木祥子「I’LL GET WHAT I WANT(超・強気な女)」(アナログ盤)「I'LL GET WHAT I WANT(超・強気な女)」(カセット・テープ)、大城美佐子よはな徹「ふたり唄〜ウムイ継承」(→amazon.co.jp)、月乃家小菊+井筒家小石丸+月乃家会「踊れ大阪総おどり」(→amazon.co.jp)、オムニバス「EXIT TUNES PRESENTS Vocalostar feat.初音ミク」→amazon.co.jp)、はっぴいえんど「はっぴいえんどLIVE ON STAGE」(→amazon.co.jp)、Mio Fou「Mio Fou 25th Anniversary Edtion」(→amazon.co.jp)、オムニバス「池間島 古謡集」(→amazon.co.jp)、オムニバス「宮古西原 古謡集」(→amazon.co.jp)、オムニバス「波照間 古謡集1」(→amazon.co.jp)、オムニバス「宮古 多良間 古謡集1」(→amazon.co.jp)、Hukwe Zawose「Bagamoyo」(→amazon.co.jp)、The Zawose Family「Small Things Fall From The Baobab Tree(バオバブの木からの贈り物)」限定盤(→amazon.co.jp)を最近購入。

鈴木祥子の「I’LL GET WHAT I WANT(超・強気な女)」は7インチアナログ盤とカセット・テープでのみ発売。カセット・テープはボーナス・トラック4曲追加。galaboxで購入可能です。

 オムニバス「EXIT TUNES PRESENTS Vocalostar feat.初音ミク」は「炉心融解」を収録。

 一時はリリースが中止になったはっぴいえんど「はっぴいえんどLIVE ON STAGE」は、未発表音源を収録しています。

 Mio Fou「Mio Fou 25th Anniversary Edtion」は最新デジタルリマスタリング音源使用、紙ジャケット仕様による再発盤。ボーナス・トラック7曲のうち5曲は新録です。

 オムニバス「池間島 古謡集」「宮古西原 古謡集」「波照間 古謡集1」「宮古 多良間 古謡集1」は今回の目玉。久保田麻琴が1970年代の音源を発掘したのが「池間島 古謡集」「宮古西原 古謡集」。EL SUR RECORDSで先行発売中です。「波照間 古謡集1」「宮古 多良間 古謡集1」は、久保田麻琴がフィールド録音した音源集。


鈴木祥子「I’LL GET WHAT I WANT(超・強気な女)」(アナログ盤)

鈴木祥子「I'LL GET WHAT I WANT(超・強気な女)」(カセット・テープ)

大城美佐子&よはな徹「ふたり唄〜ウムイ継承」

月乃家小菊+井筒家小石丸+月乃家会「踊れ大阪総おどり」

オムニバス「EXIT TUNES PRESENTS Vocalostar feat.初音ミク」

はっぴいえんど「はっぴいえんどLIVE ON STAGE」

Mio Fou「Mio Fou 25th Anniversary Edtion」(紙ジャケット仕様)

オムニバス「波照間 古謡集1」

オムニバス「宮古西原 古謡集」

オムニバス「波照間 古謡集1」

オムニバス「宮古 多良間 古謡集1」

Hukwe Zawose「Bagamoyo」

The Zawose Family「Small Things Fall From The Baobab Tree(バオバブの木からの贈り物)」限定盤

[ CD ]

2009年7月11日

妻の友達の来訪

 妻の高校時代の吹奏楽部仲間が宗像家に遊びにきてくれました。妻と同学年だった子たちは、最近になってどんどん結婚を決めていくなぁ。


ベスト吹奏楽100

[ 日常 ]

TOKYO MX「涼宮ハルヒの憂鬱」15話

 TOKYO MX「涼宮ハルヒの憂鬱」15話を見ました。新作「エンドレスエイト」も遂に4回目です。ええ、同じ話を4回ループしているのです。

 今回使われていた「夏の雲とおもちゃの飛行機」というモチーフのように、同じ話を毎回演出を変えて見せる手腕には感心するのですが、残り時間を見ながらループからの脱出を待つのはさすがに苦痛になってきました。DVDかブルーレイディスクでこれ買うことになるわけで……。いや買うのかな俺は……。



涼宮ハルヒの憂鬱4 笹の葉ラプソディ (第1巻) 限定版 [DVD]

2009年7月10日

図書館「図書館の新世界」

 7月24日発売の図書館「図書館の新世界」(→amazon.co.jp)を聴きました。

 イトケン近藤研二田中亜矢宮崎貴士というメンツが揃えば、もうある程度のレベルは保証されたようなものですが、そうした期待値以上でした。 アコースティック楽器とエレクトロニクスを繊細に紡ぎ合わせたサウンドに陶酔。そして、終盤の「図書礼讃」で強烈な感動が一気に押し寄せてきます。

 聴いていると、空気公団の諸作品を連想したりもしました。最上級の褒め言葉として。


図書館「図書館の新世界」

[ CD ]

2009年7月 9日

とり・みき30周年記念企画

 とり・みきさんの30周年を記念したシークレット企画をSF大会でするというので、錚々たる皆さんに混ざって僭越ながらメッセージを送らせていただいたのですが、無事にご本人に渡り、お礼のハガキまでいただきました。なんと律儀な……。ありがとうございます。そして、改めておめでとうございます。

 この企画に声をかけてくださったkabooさん、ありがとうございました。


とり・みき「時事ネタ」

2009年7月 8日

Michael Jackson追悼式

 Michael Jacksonの追悼式の生中継をMySpaceで見ました。

 Stevie Wonder、Lionel Richie、Smokey Robinson、黒人指導者、政治家、そしてジャクソン・ファミリーまで、アメリカのショービジネスと黒人社会が渾然一体となったイベントでした。

 Michael Jacksonの子供たちは、父親の死後に素顔を公開するようになったわけですが、だとしたらあの美少年、美少女たちもまたショービジネスの世界に巻き込まれていくのかな……と最後に挨拶をして泣き崩れた長女・Parisの姿を見ながら複雑な気持ちになりました。


ビデオ・グレイテスト・ヒッツ~ヒストリー [DVD]

[ 音楽 ]

2009年7月 7日

Perfume「⊿」

 Perfume「⊿」初回限定盤(→amazon.co.jp)通常盤(→amazon.co.jp)購入。

 「Perfumeディスコグラフィー完全版」を更新しました。


Perfume「⊿」初回限定盤

Perfume「⊿」通常盤

[ CD , Perfume ]

2009年7月 6日

Amadou & Mariam「The Magic Couple」

 今日は、Amadou & Mariam「The Magic Couple」(→amazon.co.jp)を聴いていました。マリの夫婦デュオの編集盤。


Amadou & Mariam「The Magic Couple」

[ CD ]

「Perfume Night」公式ブログでvol.5のレポート公開

 ”Perfume Night” Official blogで最終回であるvol.5のレポート「Perfume Night vol.5 レポート公開 - ”Perfume Night” Official blog」が掲載されました。

 最後の僕の枠の写真では、僕が歌っている写真はあってもCDJに触れている写真は1枚もない点が「宗像枠」の性質を非常に的確に物語っていると思います。

 ちなみに、この「小心者の杖日記」でのレポート「『Perfume Night』vol.5@Club EVER 青山」も写真や記述を追加しているので、よかったらご覧ください。

2009年7月 5日

庵野秀明総監督「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(2回目)

 庵野秀明総監督「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」をまた見てきました。今日は僕ら夫婦に、初見の義妹を加えた3人です。

 劇場では「EVA-EXTRA 04」、書店では貞本義行の「新世紀エヴァンゲリオン」が2話掲載された「ヤングエース」Vol.1(→amazon.co.jp)を買って帰宅。


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック SPECIAL EDITION

2009年7月 4日

岡大介、小林寛明@浅草木馬亭

 岡大介、小林寛明の「岡大介・小林寛明 浅草木馬亭独演会」のために浅草木馬亭へ。「かんからそんぐ 添田唖蝉坊・知道をうたう」(→amazon.co.jp)の録音メンバーが遂に全員集合して開催されたライヴです。満員どころかパイプイスを出してもまだ立ち見が出る大盛況ぶり。客層も老若男女、実に幅広かったです。

 軽快にして味のある「東京節」の演奏とともにステージに登場したのは、歌とカンカラ三線とアコースティック・ギターの岡大介、ラッパ二胡と二胡の小林寛明、クラリネットとドラムなどの中尾勘二、チューバの関島岳郎、トランペットとゴロスの戸次和歌子、アコーディオンの熊坂路得子。6人中2人が元コンポステラにして独特の編成での演奏は、スウィング・ジャズやカントリーの要素も感じさせました。

 今日のライヴは二部構成。全員での演奏、岡大介と小林寛明に誰かを加えた編成、岡大介と小林寛明のデュオ、そして岡大介のソロと様々な側面を見せました。

 そして、岡大介がただひとりになって浅草木馬亭のステージでアコースティック・ギターを抱えて歌ったのは、ビートたけしの超名曲「浅草キッド」。選曲に度肝を抜かれました。浅草から旅立った芸人の人生の悲哀を歌ったこの楽曲は、ビートたけしの作詞作曲。岡大介のカバーはまさに絶品、深く感動しました。

 そもそも岡大介は筋金入りのフォークマニアです。吉田拓郎のファンであった彼がフォークを愛し、やがて高田渡を通じて大正演歌と出会い、今日のステージを迎える。そうした彼の個人史と、本来は和洋折衷の音楽であった明治〜大正の演歌の歴史が重なる非常に充実したステージでした。

 アンコール、岡大介と小林寛明がマイクを通さずに演奏したのも心憎かったです。胸にしみました。


岡大介と小林寛明&かんから楽隊


岡大介、小林寛明「かんからそんぐ 添田唖蝉坊・知道をうたう」

TOKYO MX「涼宮ハルヒの憂鬱」14話

 TOKYO MX「涼宮ハルヒの憂鬱」14話を見ました。新作「エンドレスエイト」の3回目です。

 止め絵が多く、ガムラン風の楽曲が多かったです。そしてさすがに飽きてきました。また来週も「エンドレスエイト」……。



涼宮ハルヒの憂鬱4 笹の葉ラプソディ (第1巻) 限定版 [DVD]

2009年7月 3日

アーバンギャルド、ロマンポルシェ。、エイプリルズ、装置メガネ@渋谷 club asia

 「アーバンギャルド対ロマンポルシェ。」のため渋谷 club asiaへ。この2組のほか、オープニングアクトとしてエイプリルズ、DJとして装置メガネも出演しました。

 装置メガネはオープニングやステージ転換時にサミーちゃんがDJをしたほか、「メガネジェネレーション」や光GENJIの「ガラスの十代」のカバーによるミニライヴも! テンションが嫌でも上がります。

 エイプリルズは、スクリーンやラップトップなど7面も映像を出力してのステージ。その映像担当のナカマノリヒサは終始フロアを煽ります。「パン・ダ」や「ステンレスガール」で盛りあがっていたら、終演後にイマイケンタロウさんに「ステージからすぐわかった」と言われました。だって原田知世の「時をかける少女」のカバーとか反則ですよ! パンダの着ぐるみの中に入っていた人も気合いが入っており、ムーンウォークも披露していましたが、終演後には「足場がもっと広ければあんなもんじゃなかった」と語っていました。

 ロマンポルシェ。は、ライヴ前に職務質問を受けたという掟ポルシェが包丁とともにキャベツを取り出して刻んで撒き、観客に食べさせていました。2008年4月4日のライヴに続いて、今回もキャベツを食べ損ねましたよ。

 アーバンギャルドは、フルセットのライヴでの演奏になると、谷地村啓のキーボードを中心に意外とフリージャズの要素を感じさせました。そして大ネタを容赦なく投じながら、全曲に映像を用意し、綿密な演出と構成によるステージ。まさに「切ったら血の出るテクノ」です。

 ステージで朗読された「神様にお願い」という詩を「神様にお願い-松永天馬の記憶の記録(アーバンギャルド)」より引用。


もし生まれ変われるなら
マイケルジャクソンの鼻になりたい
最近は華がなくなった、ないしは鼻がなくなったと
言われるマイケルに、三角形の鼻をつけたい
マイケル復帰のツアーはもちろん、
直角二等辺三角形ツアー
ニューアルバムのタイトルはトライアングル
今までの楽曲も、顔も、
全てを整形して臨みたい
オープニングアクトは、叶姉妹
新曲のタイトルは「ありあまるマイケル」
マイケルがマイケルを演じるため、
よりマイケルに近づくために
マイケルは顔を変えていく
マイケルの鼻のベクトルが示すのは未来だ
ピーターパンはネバーランドから
抜け出すことができなかったけど
君ならきっと、スランプから抜け出せるよ
この世界からも、抜け出せるよ
別の世界に、生まれて、死ねるよ


 ネタに使われているのがMichael Jackson、Perfume、叶姉妹、椎名林檎とメジャーどころばかりなのに、松永天馬が朗読するとアンダーグラウンドな雰囲気になるから不思議です。「アングラ」ではなくアンダーグラウンド。朗読の後に浜崎容子が「マイケルも草葉の陰で喜んでると思います」と言っていたのも絶妙でした。

 松永天馬と浜崎容子の掛け合い漫才のようなMC、次のアルバムに収録予定の「ラヴクラフトの世界」から「水玉病」という本編終盤の流れは最高。「水玉病」では、もう何度見たかわからない秀逸なビデオクリップがもたらすカタルシスが、相乗効果のようにライヴでも一気に襲ってきました。



 アンコールは「コマーシャルソング」と「セーラー服を脱がないで」。「セーラー服を脱がないで」のビデオクリップはアーバンギャルドの知名度を上げた作品だと思いますが、「コマーシャルソング」のビデオクリップも素晴らしいので見ておいたほうがよいです。ピチカート・ファイヴをネタにしながら、終盤までダレずに見せるこのセンス!



 秋にはニュー・アルバム、そして代官山UNITでのワンマン・ライヴへと突き進むアーバンギャルド。今後の展開が楽しみです。


装置メガネ「めがねメガネ」

エイプリルズ「パン・ダ」

ロマンポルシェ。「10周年記念BEST ALBUM『もう少しまじめにやっておくべきだった』」

アーバンギャルド「少女は二度死ぬ」

2009年7月 2日

福満しげゆき、小田扉、ゴージャス宝田

 福満しげゆき「うちの妻ってどうでしょう?」第2巻(→amazon.co.jp)、小田扉「団地ともお」第14巻(→amazon.co.jp)、ゴージャス宝田「そんっなに妊娠させたいの?」(→amazon.co.jp)「プププププリンセス!!」(→amazon.co.jp)購入。


福満しげゆき「うちの妻ってどうでしょう?」第2巻

小田扉「団地ともお」第14巻

ゴージャス宝田「そんっなに妊娠させたいの?」

ゴージャス宝田「プププププリンセス!!」

2009年7月 1日

ムーンライダーズ、tobaccojuice、Clammbon、たむらぱん、GENERAL HEAD MOUNTAIN、曽我部恵一BAND、中村まり、木村カエラ、ソウル・フラワー・ユニオン、Lantern Parade、Perfume、島津田四郎、鈴木慶一、RED SPIDER、Sweet Vacation

 最近聴いたCDは、ムーンライダーズ「Here We go'round the disc」、tobaccojuice「ゆめのうた」(→amazon.co.jp)、Clammbon「Re-clammbon2」(→amazon.co.jp)、たむらぱん「ノウニウノウン」(→amazon.co.jp)、GENERAL HEAD MOUNTAIN「木漏れ日にツキル」(→amazon.co.jp)、曽我部恵一BAND「ハピネス!」(→amazon.co.jp)、中村まり「Beneath The Buttermilk Sky」(→amazon.co.jp)、木村カエラ「HOCUS POCUS」(→amazon.co.jp)、7月2日発売のソウル・フラワー・ユニオン「ルーシーの子どもたち」(→amazon.co.jp)、7月3日発売のLantern Parade「a selection of songs 2004-2009」(→amazon.co.jp)、7月8日発売のPerfume「⊿」(→amazon.co.jp)、7月17日発売の島津田四郎「つぶやきタシロー」(→amazon.co.jp)、7月22日発売の鈴木慶一「シーシック・セイラーズ登場!」(→amazon.co.jp)、7月29日発売のRED SPIDER「KRAZY LOVE MIX」(→amazon.co.jp)、8月5日発売のSweet Vacation「pop save the world!!」(→amazon.co.jp)です。


ムーンライダーズ「Here We go'round the disc」

tobaccojuice「ゆめのうた」

Clammbon「Re-clammbon2」(予約限定盤 DVD付)

たむらぱん「ノウニウノウン」(初回限定盤)(DVD付)

GENERAL HEAD MOUNTAIN「木漏れ日にツキル」

曽我部恵一BAND「ハピネス!」

中村まり「Beneath The Buttermilk Sky」

木村カエラ「HOCUS POCUS」(DVD付)(初回限定盤)

ソウル・フラワー・ユニオン「ルーシーの子どもたち」

Lantern Parade「a selection of songs 2004-2009」

Perfume「⊿(トライアングル)」(初回限定盤)

鈴木慶一「シーシック・セイラーズ登場!」(初回生産限定盤)(DVD付)

Sweet Vacation「pop save the world!!」(初回盤DVD付)

[ CD ]
記事一覧
月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.