小心者の杖日記

2009年1月12日

日本テレビ「7男2女11人の大家族・石田さんチが大騒ぎ!史上最大の不況脱出(秘)大作戦」

 日本テレビ「7男2女11人の大家族・石田さんチが大騒ぎ!史上最大の不況脱出(秘)大作戦」を見ました。

 と、その前に皆さんにお詫びを。1月2日に放送された「痛快!ビッグダディ お正月8時間スペシャル」をチェックし忘れるという痛恨のミスをしました。HDDレコーダーに設定したキーワード「大家族」もむなしく撮り逃し。今後は気をつけます……。

 さて、石田家の話題に戻すと、今回もゴールデンタイムで堂々の2時間特番。今回の山場は、なんといっても次男の和寛さんが結婚していたことが遂に公表されたことでしょう。2007年1月の「密着10周年!7男2女一家11人の大家族・石田さんチ長男が結婚で大騒ぎ」の最後の最後で伏線を張ってから、実に2年の歳月を費やしての発表です。しかもすでに2時の父、しかも婿入り。お父さんにちゃんと報告しないまま入籍していたことで父子の間に軋轢が生まれたそうです。和寛さんの家に初めてテレビカメラが入ったのも去年12月、つまり先月です。これまで番組中では目立たないほうだった和寛さんの自我が前面に出ていた回でした。それをうまく仲裁した長男の孝之さんはさすがです。そして、どんどん雰囲気がお父さんに似てきてるなぁ……。

 また、六男の有志くんがグレ始めたので、かつて同様だった三男の三央さんが話を聞くという場面もありました。かつてのクラスメイトとの飲み会ではモテモテだったと語られている三央さんですが、現在は駆け出しのテレビカメラマンとして厳しい徒弟制度の中に身を置いています。この辺の悲哀の描き方や、構成のうまさも含めて、石田家特番は大家族番組のひとつの理想形だと感じました。

 とはいえ、子供たちの独立が続く石田家は、現在ではすでに大家族ではないのも周知の事実。近年は、両親と子供たちが一堂に会する出来事を紹介する内容になっており、今回の「史上最大の不況脱出(秘)大作戦」というのも、食事の場でお父さんが「実家にお金を入れろ」というようなことを言うだけのものでした。

 最後は、まるで12年続いてきた石田家番組が終わるかのようなエンディング。終わってほしくないなと思うと同時に、ここで終わるのもひとつのタイミングかなと感じました。


青木あざみ「まっすぐに。」

青木あざみ「いつも。」

「花も嵐も 11男4女17人のナニワの大家族がやってきた!」

投稿者 munekata : 2009年01月12日
この記事に関連しているかもしれない商品
コメント
コメントはまだありません。
コメントする





保存しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.outdex.net/mt5/mt-tb.cgi/13272

月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.