小心者の杖日記

2008年11月18日

Perfume「Dream Fighter」

 Perfume「Dream Fighter」初回限定盤(→amazon.co.jp)通常盤(→amazon.co.jp)購入。

 「Dream Fighter」、そして初のバラードらしいバラードであるカップリングの「願い」と、PerfumeがJ-POPの王道へと踏み込んだ感のあるシングル。詳細は別のところで書いたのですが、とりあえず「Dream Fighter」のインストルメンタルでは3分20秒のギターが好きです。

 同じ中田ヤスタカによるプロデュース作品でも、同日発売のcapsule「MORE! MORE! MORE!」(→amazon.co.jp)と聴き比べると、Perfumeの現在の立ち位置が明確になるシングルです。

 というわけで、「Perfumeディスコグラフィー完全版」を地味に更新しました。


Perfume「Dream Fighter」(初回限定盤)

Perfume「Dream Fighter」

[ CD , Perfume ]
投稿者 munekata : 2008年11月18日
この記事に関連しているかもしれない商品
コメント

>Leoさん
10月号に続いてご購入ありがとうございます! ついでに、Perfumeは出てきませんが「レコード・コレクターズ」もぜひ買ってください。
「Dream Fighter」については、11月30日に扶桑社から出る「『テクノ歌謡』ディスクガイド」に執筆していますので、これも買っていただけると嬉しいです。詳しい内容はまた後日このブログで紹介しますね。
12月号はPerfumeの次がThe Rolling Stonesでしたが、10月号はPerfumeの次がBrain Wilsonでした。Brain Wilsonの音楽を愛してやまない僕としても、えらい状況だったと思います……。
Perfumeとcapsuleの新作は、それぞれの方向性がまるで違うので、聴き比べると面白いと思いますよ。

投稿者 munekata : 2008年11月22日 03:10

 こんばんは。Leoです。
 本日は出張だったのですが、その帰りに音楽誌を2冊購入してしまいました。1冊目は「10月号の続編」と編集者の方自らがおっしゃっていたもの、いや回りくどいですが、MUSIC MAGAZINE12月号(中田ヤスタカ・・・略)をさっそく購入いたしました。しかし、多くの記事を出されている宗像さんにはとても失礼なコメントになってしまうのですが、一番音楽を聴いていた時に買わなかったMUSIC MAGAZINEを年に2冊も!買ってしまうとは!やられました(笑)
 冗談はさておき、宗像さんの記事も興味深く拝見させて頂きました。あともちろんPerfumeインタビューとライヴ速報も。ちなみに宗像さんのDream Fighterレビューはどこにお書きになったのでしょうか?ブログの「別のところ」という意味が理解出来ず・・・。
 しかし、Perfumeライヴレポートの次の記事がストーンズの「シャイン・ア・ライト」のレビューなんですね!ストーンズとPerfumeが間髪入れずに出てくるのが並べ方として面白かったです。我々世代を狙った意図的編集?では無いかも知れませんが、そんなこともふと思ってしまいました。そうだ「シャイン・ア・ライト」も観に行かないと。
 あともう1冊はROCKIN'ON JAPANです。こちらも目的はPefumeライヴレポートでした。MUSIC MAGAZINE、ROCKIN’ON JAPANの2つのレポートとも客観的なレポートと言うよりもなんだか一部もうファン目線となっている感じで面白く読みました。他の方々は分かりませんが、僕は「そうだった。そうだった。言われなくてもそうでしたよ。」と改めて言われなくても分かってるのに、記事で感動を再確認して楽しんでおりました。
 Dream Fighterまだ予約したCDを受け取っていません。「願い」の音源はまだ聞いていないので、楽しみにしてます。capsuleの新譜も思わず?買っちゃいました。こちらもまだ予約のみで購入しておりません。宗像さんの言われる「立ち位置」の違いと、MUSIC MAGAZINEの記事を意識しつつ、聴き込んでいこうかな?と思っています。
 となんだかまた長くなりました。いつもながらに恐縮です。

投稿者 Leo : 2008年11月21日 00:47
コメントする





保存しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.outdex.net/mt5/mt-tb.cgi/13334

月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.