小心者の杖日記

2008年11月30日

Saori@destiny「JAPANESE CHAOS」Release Party CHAOS NIGHT!@六本木morph tokyo

 Saori@destinyらが出演する「Saori@destiny『JAPANESE CHAOS』Release Party CHAOS NIGHT!」のために六本木morph tokyoへ。

 冒頭は、Saori@destinyの「JAPANESE CHAOS」(→amazon.co.jp)に「chemical soda」を提供したヒゲドライバー。ファミコンのリモコンを手に8bitな音を鳴らしながら、途中で「カントリーロード」も熱唱していました。無茶しやがって……。

 ニポポは、杏里の「CAT'S EYE」を流しながら、キャッツアイの衣装を着て「あなたの貴重な30分いただきます」とういうようなボードを出しながら登場。機材トラブルが起きたそうで、会場にあったという、CDを読み込んで再生するまで7秒程度かかるミニコンポを使うという逆境の中、軽妙なトークでつないでいました。終盤には小明も登場してボーカルを担当。

 こまつは音楽芸人。キーボードとトランペットを操りながら、ゲーム音楽などの音楽ネタを披露していました。

 そして、トリは当然Saori@destiny。上が和服、下がホットパンツというあの衣装をやっと見ることができました。おなじみのカバー曲はなく、「JAPANESE CHAOS」の楽曲中心の構成。「chemical soda」ではヒゲドライバーも登場しましたが、彼は終始不審者のような挙動で好感が持てました。

 アイドル歌謡色の強いこれまでのライヴのノリとは異なりますが、「JAPANESE CHAOS」は良いアルバム。今日もアルバムのトラックがそのまま使われていた「パーフェクト・ワンダーガール」から「sakura」への流れが秀逸でした。


Saori@destiny「JAPANESE CHAOS」

2008年11月29日

「Perfume Night」vol.3反省会

 渋谷で「Perfume Night」vol.3の反省会。DJ、VJ、スタッフなど20人弱での打ち上げでした。でもこの人数でもスタッフはもう足りないんだよなぁ……というような真面目な話はあまりすることもなく、漠然と来年また開催という感じで飲んで騒いで解散となりました。このカオスな集団はどこへ向かうのでしょう……。
 

Perfume「Perfume First Tour 『GAME』」

2008年11月28日

David Byrne & Brian Eno、Al Kooper、Paul Steel、SAKEROCK

 David Byrne & Brian Eno「Everything That Happens Will Happen Today」(→amazon.co.jp)、Al Kooper「White Chocolate」(→amazon.co.jp)、Paul Steel「Moon Rock」(→amazon.co.jp)、SAKEROCK「ホニャララ」(→amazon.co.jp)購入。


David Byrne & Brian Eno「Everything That Happens Will Happen Today」

Al Kooper「White Chocolate」

Paul Steel「Moon Rock」

SAKEROCK「ホニャララ」

[ CD ]

2008年11月27日

おおたか静流@駐日トルコ共和国大使館公邸

 おおたか静流のニュー・アルバム「Serenade」(→amazon.co.jp)完成記念コンサートのために駐日トルコ共和国大使館公邸へ。

 当初、なぜ自分にトルコ大使館への招待状が来たのかと驚いたのですが、「Serenade」は全曲トルコのミュージシャンとイスタンブールで録音したアルバムであるために、セルメット・アタジャンル駐日トルコ共和国大使閣下の厚意で大使館公邸でのコンサートが開催されたそうです。

 ライヴは、ウードの常味裕司、ヴァイオリオンの太田惠資、パーカッションのChristopher Hardyを従えた編成。3人のみながら、よく練られたアンサンブルが演奏に厚みを生み出していました。

 そして、おおたか静流は技術的にはコブシを駆使することも可能なのにそれをあえて避けていて、コブシを入れる箇所と入れない箇所の選択の妙が興味深かったです。太田惠資のホーミーとの掛け合いもありました。

 終演後にはビュッフェも。なんというか大使館でのパーティーというのはすごいな……と感じつつ、音楽が運んでくれた日本とトルコの縁に感謝しました。


おおたか静流「Serenade」

2008年11月26日

とり・みき、植芝理一、赤松健

 とり・みき「冷食捜査官」第1巻(→amazon.co.jp)、植芝理一「謎の彼女X」第4巻(→amazon.co.jp)、赤松健「魔法先生ネギま!」第24巻(→amazon.co.jp)購入。


とり・みき「冷食捜査官」第1巻

植芝理一「謎の彼女X」第4巻

赤松健「魔法先生ネギま!」第24巻

2008年11月25日

Perfumeが「NHK紅白歌合戦」に出場決定

 Perfume「NHK紅白歌合戦」に出場決定。Perfumeに始まりPerfumeに終わる。カウントダウンライヴから紅白初出場まで、そんな1年になりそうです。そして、Perfumeの出場決定をもって、宗像家の年末のスケジュールをやっと決めることができます……。

 出場決定を喜ぶ一方で、「紅白以降のPerfume」について考えてしまう自分もいるのですが、そんな僕を見て笑い声がするので振り返ると、そこにいるのは鬼でした。


Perfume「Perfume First Tour 『GAME』」


Sexy Mafiaの踊る「ポリリズム」

 スペインのダンス集団であるSexy Mafia。彼らが踊ったPerfumeの「ポリリズム」の、複数台のカメラの映像を編集したバージョンが公開されました。9人で踊っているのですが、基本的に3人を1セットにするなど、独自に消化している振り付けが素晴らしいです。



Perfume「ポリリズム」

2008年11月24日

「第3回メガネっ娘&メガネ君コンテスト」

 本来ならばCutie Paiが出演する「第3回メガネっ娘&メガネ君コンテスト」へ行く予定で、それに合わせて終電で帰れるように「SUPERNOVA」のDJの時間も調整してもらったのですが、つい朝まで遊んでしまい、そして帰宅して起きると夕方の5時でした……。

 そんな在宅ヲタに成り果てた僕に、もっちさんから「Cutie Paiがテレビに出ている」との情報が。慌ててテレビとHDDレコーダーを点けて、「スーパーニュース」を録画しました。もてちが「不屈のメガネ」賞で映りまくりだ……! さらにゆうぎ王は「メガネっ娘の部」で準グランプリ。録画した僕は、在宅ヲタとしての仕事を果たせた気分になりました。

 ちなみに翌日の「はなまるマーケット」では、さらにゆうぎ王が多く映っていました。ベースメントオフィスのヲタ、強いな!


Cutie Pai「Cutie MANIA」

2008年11月23日

「SUPERNOVA」@渋谷EFFECT

SUPERNOVA


 渋谷EFFECTでの「SUPERNOVA」でDJをしてきました。ご来場いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

 中田ヤスタカが主催する「FLASH!!!」のDJ陣と、単なるファンイベントの「Perfume Night」のDJ陣が一緒にやるという、実現したこと自体がどうかしているイベントでしたが、無事に終えることができました。


【DJs & Performers】
JOHNSON (FLASH!!!)
MITTY (FLASH!!!)
宗像明将 (Perfume Night)
DJ☆H (Perfume Night)
HARUCA? (Perfume Night)
あやや先生(Perfume Night)
SANATTi
1(one)
Naoko a.k.a.ザンギ使い
ayk*
イマイケンタロウ(Aprils)

【VJ】
ホンマカズキ

【ENTRANCE & CAMERA STAFF】
NEGI


 僕の出番はあやや先生のミニライヴの音出しから。そして、翌日が誕生日である主催者のHARUCA?さんのためのサプライズのケーキなどを経たところで、お約束の罵倒とともに僕のDJが始まったのでした……。


01.Dream Fighter
02.edge
03.GAME
04.セラミックガール
05.シークレットシークレット
06.Baby cruising Love
07.マカロニ
08.love the world
09.SEVENTH HEAVEN
10.ポリリズム
11.エレクトロ・ワールド
12.チョコレイト・ディスコ


 今回は「from Perfume Night」なので完全にPerfumeしか回していません。さらに、事前にHARUCA?さんから冷静に「みんな新しい曲しか知らないと思う」と言われたので、「ポリリズム」以降のリリース盤に収録されている楽曲のみで固めました。ただ、どうしてもフロアにいる界隈の連中が「もっとMIX打たせろよ」と餓えた表情をしていたので、つい「エレクトロ・ワールド」を流してしまいました。いいMIX聞かせてもらったわー。

 「Dream Fighter」では独自開発のコールを入れたのですが、たぶんあれを現場でやると連行されるので真似しないでくださいね。

 ともあれ、フロアの皆さんがフリコピをしてくれたり、MIXを打ってくれたり、コールしてくれたので盛り上がることができました。ただ、次のJOHNSONさんが大変やりづらい状況にしてしまった件は、終了後に謝りました……。


JOHNSONさん


 僕の後にJOHNSONさんとMITTYさんが回したのですが、やはり「FLASH!!!」のDJ陣がcapsuleの「JUMPER」を流すと盛り上がりますね。COLTEMONIKHAの「NAMAIKI」も流れたのですが、その歌詞に登場する「Mr.JOHNSON」こそJOHNSONさんです。


イマイさん


 イマイさんは、いきなり8bitとオリジナルの「エレクトロ・ワールド」を混ぜた音源を用意してきて流したので、一気にテンションが上がってMIXを発動することに。IKUZOのような大ネタも混ぜつつ華麗なつなぎを展開していて、ミュージシャンのDJは一味違うなと本気で感心。終電を逃しても見た甲斐がありました。

 ayk*さんはシャレオツなのに、Aira Mitsuki、Saori@destiny、hy4_4yhのみを流しまくる地下アイドルタイムを展開。hy4_4yhの未CD化曲「真世紀ハイパゲリオンのテーマ」も流れ、「ミミララ未来」ではヲタの肩組みを久しぶりにやりました。

 DJ☆Hさんはディープな時間に俄然Perfumeの古い楽曲を流しまくり。こちらも踊ったりコールしたりで疲れました。

 終盤は、Naoko a.k.a.ザンギ使いさんとHARUCA?さんのDJで足がクタクタに。終了後は足を動かすのが辛い状態の中、反省会をしてから帰りました。

 なんでこんなに疲れたのか帰り道で考えたのですが、僕のDJは通常の「DJ」というよりも芝居とかコントに近いので、1ヵ月に2公演やると疲れるのだな……という結論でした。僕の単独DJは妻からさんざんダメ出しを食らったので、次の「Perfume Night」での夫婦DJでは新機軸を模索する予定です。

 改めて、ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。


capsule「MORE! MORE! MORE!」(初回生産限定)(DVD付)

capsule「MORE! MORE! MORE!」

「SUPERNOVA」は11月23日(日曜日)開催

 11月23日(日曜日)に渋谷EFFECTでの「SUPERNOVA」でDJをします。翌日は祝日なので安心。

 今回は中田ヤスタカが主催する「FLASH!!!」のDJの皆さんと一緒にやるという冗談のような状況です。ははは……。助けると思って遊びにきてください。僕は終電前に回します(翌日がCutie Paiの現場のため)。

 エイプリルズのイマイケンタロウさんと、「可愛いは正義!!」が合言葉のイベント「joli maniaque*」のayk*さんも参加しますよ。


【DJs & Performers】
JOHNSON (FLASH!!!)
MITTY (FLASH!!!)
宗像明将 (Perfume Night)
DJ☆H (Perfume Night)
HARUCA? (Perfume Night)
あやや先生(Perfume Night)
SANATTi
1(one)
Naoko a.k.a.ザンギ使い
ayk*
イマイケンタロウ(Aprils)

【ticket】
2,000yen / 1drink

【Access】 
渋谷EFFECT


capsule「MORE! MORE! MORE!」(初回生産限定)(DVD付)

capsule「MORE! MORE! MORE!」

2008年11月22日

「MUSIC MAGAZINE」12月号

 「MUSIC MAGAZINE」12月号(→amazon.co.jp)では、「中田ヤスタカ / capsuleの時代」の特集記事と、鈴木博文「凹凸」(→amazon.co.jp)とVITAMIN-Q featuring ANZA「VITAMIN-Q」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。「中田ヤスタカ / capsuleの時代」では、中田ヤスタカ作品がヒットしてからのJ-POPシーンの変化と、こしじまとしこのアイコン性についての記事を担当しました。高橋修編集長によるPerfumeインタビューも掲載されているのですが、冒頭でいきなりゲームをさせるなど、ある意味で「MUSIC MAGAZINE」史上に残りそうな内容です。

 売り切れになっていた、「Perfume現象」特集の「MUSIC MAGAZINE」10月号(→amazon.co.jp)も緊急増刷され、すでに書店に入荷しているようです。こちらもよろしくお願いします。


「MUSIC MAGAZINE」12月号

2008年11月21日

capsule、鈴木亜美、清浦夏実、Juaneco y Su Combo、YOUSSOU N'DOUR

 capsule「MORE! MORE! MORE!」初回限定盤(→amazon.co.jp)、鈴木亜美「Supreme Show」CD+DVD(→amazon.co.jp)、清浦夏実「僕らの合言葉」(→amazon.co.jp)、Juaneco y Su Combo「Masters of Chicha, Vol. 1」(→amazon.co.jp)、YOUSSOU N'DOUR ET LE SUPER ETOILE I DE DAKAR「VOL.12 : JAMM - LA PAIX」、YOUSSOU N'DOUR ET LE SUPER ETOILE DE DAKAR「VOL.14 : GAINDE」購入。

 capsule「MORE! MORE! MORE!」初回限定盤は、「JUMPER」のビデオクリップを収録したDVD付きです。鈴木亜美「Supreme Show」は中田ヤスタカによるプロデュース。清浦夏実「僕らの合言葉」は、昨日タブロイドで聴かせてもらったつじあやの作詞作曲による楽曲で、驚くほどボーカルが魅力的です。Juaneco y Su Comboはペルーのグループ。YOUSSOU N'DOURの2作品は、それぞれ1986年と1988年のセネガル版のカセットテープで、EL SUR RECORDSにあったものを幸運にも入手できました。


capsule「MORE! MORE! MORE!」初回限定盤

鈴木亜美「Supreme Show」CD+DVD

清浦夏実「僕らの合言葉」

Juaneco y Su Combo「Masters of Chicha, Vol. 1」

YOUSSOU N'DOUR ET LE SUPER ETOILE I DE DAKAR「VOL.12 : JAMM - LA PAIX」

YOUSSOU N'DOUR ET LE SUPER ETOILE DE DAKAR「VOL.14 : GAINDE」

[ CD ]

2008年11月20日

「『テクノ歌謡』ディスクガイド」打ち上げ

 11月30日に扶桑社から発売される「『テクノ歌謡』ディスクガイド」(→amazon.co.jp)の執筆陣による打ち上げ。一次会は人形町の寿司屋、二次会はタブロイドで労をねぎらいました。参加者は、一次会が坂本寛さん瀧坂亮さんピロスエさん、僕で、二次会は澤田大輔さん、冨田明宏さん、そしてタブロイド社長の久保内さんと京都土産を渡しに来たユービックの高木さん。

 この書籍と連動して、11月26日には「テクノ歌謡 アルティメット・コレクション1」→amazon.co.jp)も発売されます。今日聴いていたのですが、おすすめは高橋幸宏が最初から最後までドラムを叩きまくるピンク・レディーの「Last Pretender」ですね。そして、やはり安田成美の「風の谷のナウシカ」は名曲。


ユービック「テクノ歌謡」研究チーム「『テクノ歌謡』ディスクガイド」

「テクノ歌謡 アルティメット・コレクション1」

2008年11月19日

11月23日の「SUPERNOVA」にエイプリルズのイマイケンタロウさんらが参加

 11月23日に渋谷EFFECTで開催される「SUPERNOVA」ですが、エイプリルズのイマイケンタロウさんと、「可愛いは正義!!」が合言葉のイベント「joli maniaque*」のayk*さんが新たに参加することが決まりました。シャレオツ度が上がったので、僕は自分のDJについてますます悩んでいるところです……。


【DJs & Performers】
JOHNSON (FLASH!!!)
MITTY (FLASH!!!)
宗像明将 (Perfume Night)
DJ☆H (Perfume Night)
HARUCA? (Perfume Night)
あやや先生(Perfume Night)
SANATTi
1(one)
Naoko a.k.a.ザンギ使い
ayk*
イマイケンタロウ(Aprils)

【ticket】
2,000yen / 1drink

【Access】 
渋谷EFFECT


capsule「MORE! MORE! MORE!」(初回生産限定)(DVD付)

capsule「MORE! MORE! MORE!」

2008年11月18日

Perfume「Dream Fighter」

 Perfume「Dream Fighter」初回限定盤(→amazon.co.jp)通常盤(→amazon.co.jp)購入。

 「Dream Fighter」、そして初のバラードらしいバラードであるカップリングの「願い」と、PerfumeがJ-POPの王道へと踏み込んだ感のあるシングル。詳細は別のところで書いたのですが、とりあえず「Dream Fighter」のインストルメンタルでは3分20秒のギターが好きです。

 同じ中田ヤスタカによるプロデュース作品でも、同日発売のcapsule「MORE! MORE! MORE!」(→amazon.co.jp)と聴き比べると、Perfumeの現在の立ち位置が明確になるシングルです。

 というわけで、「Perfumeディスコグラフィー完全版」を地味に更新しました。


Perfume「Dream Fighter」(初回限定盤)

Perfume「Dream Fighter」

[ CD , Perfume ]

2008年11月17日

「レコード・コレクターズ」12月号

 「レコード・コレクターズ」12月号(→amazon.co.jp)では、浜口茂外也「月影の恋」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」12月号

久保田洋司「ゆめゆめ」

 今日は、久保田洋司「ゆめゆめ」(→amazon.co.jp)を聴いていました。


久保田洋司「ゆめゆめ」

[ CD ]

2008年11月16日

Saori@destiny@SPACE SHOWER TV Digital Archives X

 Saori@destinyのライヴが生中継されるというのでSPACE SHOWER TV Digital Archives Xを見ていました。

 11月19日発売の「JAPANESE CHAOS」(→amazon.co.jp)の楽曲のほか、まったく新作に関係ないランカ・リー=中島愛の「星間飛行」(→amazon.co.jp)を歌うなど、ヲタ心をつかむ選曲が相変わらず素晴らしかったです。

 そして、このライヴの生中継では、自分が現場にいなかったからか、普段よりもヲタのMIXに魂を打たれました。アイヌ語のMIXも覚えようという気になるレベル。Saori@destinyと彼女のヲタには、「そこに行きたかった」と思わせられる良い現場を見せてもらいました。


Saori@destiny@SPACE SHOWER TV Digital Archives X


Saori@destiny「JAPANESE CHAOS」

2008年11月15日

古謝美佐子、栗コーダーカルテット、原田郁子、中川翔子、amU、Taj Mahal

 古謝美佐子「廻る命」(→amazon.co.jp)、栗コーダーカルテット「遠くの友達」(→amazon.co.jp)、原田郁子「銀河」初回限定盤(→amazon.co.jp)、中川翔子「綺麗ア・ラ・モード」CD+DVD(→amazon.co.jp)、amU「デビルズステップ・デビルズキッス」、Taj Mahal「Maestro」(→amazon.co.jp)を最近買いました。


古謝美佐子「廻る命」

栗コーダーカルテット「遠くの友達」

原田郁子「銀河」初回限定盤

中川翔子「綺麗ア・ラ・モード」CD+DVD

amU「デビルズステップ・デビルズキッス」

Taj Mahal「Maestro」

[ CD ]

2008年11月14日

古谷実

 古谷実「ヒメアノ〜ル」第1巻(→amazon.co.jp)購入。


古谷実「ヒメアノ〜ル」第1巻

2008年11月13日

とり・みきの公式ブログ「TORI MIKI'S BLOG」

 とり・みきの公式ブログ・TORI MIKI'S BLOGが開設されていることに今頃気付きました……。簡単な英訳が添えられている点が、海外にもファンを持つとり・みきらしいです。


とり・みき、唐沢なをき「とりから往復書簡 」第1巻

2008年11月12日

11月23日に渋谷EFFECTでの「SUPERNOVA」でDJをします

 11月23日に渋谷EFFECTでの「SUPERNOVA」でDJをします。

 テクノ系という点では「Perfume Night」と同じなのですが、今回は中田ヤスタカが主催する「FLASH!!!」のDJの皆さんと一緒にやるという冗談のような状況です。ははは……。助けると思って遊びにきてください。僕は終電前に回します(翌日がCutie Paiの現場のため)。


JHONSON (FLASH!!!)
MITTY (FLASH!!!!)
宗像明将 (Perfume Night)
DJ☆H(Perfume Ngiht)
HARUCA?(Perfume Night、UnLimited Questions)
あやや先生(Perfume Night)
もか(ピコニカ)
SANATTi
1(one)
Naoko a.k.a.ザンギ使い
and SPECIAL GUEST!!!


 「Perfume Night」のようにヲタのノリでやるか、テクノポップを流して無難に乗り切るかは悩み中です……。

 mixiコミュニティもありますのでどうぞ。

capsule「MORE! MORE! MORE!」(初回生産限定)(DVD付)

capsule「MORE! MORE! MORE!」

2008年11月11日

明日は妻の誕生日

 義妹が遊びにくるというので、注文しておいたバースデイケーキを帰り道に受け取って、1日早い妻の誕生会を3人で。


バースデイケーキ


バースデイ・ストーリーズ

[ 日常 ]

2008年11月10日

capsuleが渋谷PARCOをジャック

 ヲタは武道館が終わっても反省会。そんなわけで、今日はPerfumeが出演した「MUSIC JAPAN」の公開収録の反省会に行ってきました。収録は見てないのに。

 その行き帰りに見て驚いたのが、capsuleの渋谷PARCOのジャックぶり。イルミネーションツリーでは、11月19日発売の「MORE! MORE! MORE!」(→amazon.co.jp)から「JUMPER」が流れていました。


渋谷PARCOのイルミネーションツリー


 そして帰るときに通ると、渋谷PARCOの横の壁はcapsuleで埋められている状態。


渋谷PARCOの横の壁


capsule「MORE! MORE! MORE!」(初回生産限定)(DVD付)

capsule「MORE! MORE! MORE!」

[ 音楽 ]

2008年11月 9日

スペインからようこそ東京タワーツアー

 スペインから来日中のekuseruが東京タワーに行きたいというので、彼と一緒に来日したSexy MafiaのAnibal、そして日本のPerfumeヲタで東京タワーへ行くことになりました。

 浜松町駅に集合して、東京タワーを横に輝かせる増上寺を抜け、そして東京タワーへ。首都圏に住んでいると、東京タワーの展望台へ行く機会など逆にないので新鮮です。


東京タワー


 東京タワーを出るときに雨が降り出したのですが、そのときにAnibalが井上陽水の「傘がない」を歌いだしたので度肝を抜かれました。「僕らはオタクだから」と言っていたのですが、そういうレベルじゃないよ! その後に飲み屋へ行ったのですが、そこでも「乙女ロード」などの単語が自然に通じるなど、ふたりの日本文化についての詳しさを痛感しました。

 そして、ekuseruからガウディのモニュメントをもらいました。ありがとう。「エクセル・モニュメント」として宗像家に飾っています。


エクセル・モニュメント


Perfume「Dream Fighter」(初回限定盤)

Perfume「Dream Fighter」

2008年11月 8日

Perfume「Dream Fighter」のビデオクリップがYahoo!動画でフル配信

 武道館2DAYSの終了を待っていたかのように、Perfume「Dream Fighter」(→amazon.co.jp)のビデオクリップのフル配信がYahoo!動画で始まりました。武道館で「Dream Fighter」を歌うときに流れていた映像と同じものですね。「コンピューターシティ」を連想させる、ダンスをメインにしたビデオクリップ。


Perfume「Dream Fighter」(初回限定盤)

Perfume「Dream Fighter」

2008年11月 7日

Perfume@日本武道館

 Perfumeの日本武道館での初のワンマンライヴ「BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!」の2日目のため日本武道館へ。

 今日は、入場してみるとアリーナの花道の先のブロック。昨日よりも、レーザーの使い方などを俯瞰できました。

 2日目は収録が入るとのことで、ダンスの間違いが多かったと初日のMCで言っていたので、勝手に心配しながら見ることに。セットリストは初日と同じでした。

 MCで「君が代」を歌いだして、観客が一緒に合唱する状況には心底萎えたなぁ。「シャレオツ」とか言い出して、やっと笑えましたが。

 また、観客にウェイヴをさせる際に、昨日はなかった3人の役割分担が新たに決まっていたのは、向上心のあるPerfumeらしかったです。

 今日は、中田ヤスタカも来場していて照明に照らされることに。

 終演後は、遠征してきた高校生の女の子が深夜バスで帰るのを見送り、うさやまりん会へ。その終了後は界隈の反省会に合流。結局、2夜連続でオールナイトでした。


Perfume「Dream Fighter」(初回限定盤)

Perfume「Dream Fighter」

2008年11月 6日

Perfume@日本武道館

 Perfumeの日本武道館での初のワンマンライヴ「BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!」の初日公演のため日本武道館へ。

 2007年11月8日に恵比寿LIQUIDROOMで開催された「Perfume 〜SEVENTH HEAVEN イイ気分♪〜」のキャパシティが約1000人だとすると、ほんの1年のうちに武道館2DAYSで観客数が約20倍に増えたことになります。すごい状況だなぁ。2007年12月1日に同じ日本武道館で「ActAgainstAIDS」に出演したときも、大半がポルノグラフィティのファンだったことを考えると、隔世の感があります。まだ1年弱なのに。

 入場してみると、座席はアリーナ中央最前部という幸運さ。そしてライヴが幕を開けると、CGを使いまくったオープニング映像をはじめとするVJ、低音を重視した音響、先が回転する花道、ステージの一部が上昇する豪華なセット、ミラーボール、スモークの噴射、舞い落ちる銀色テープなど、金のかかったステージに圧倒されました。ライヴハウスの何もないステージ上でライヴをするのが当たり前だった頃が嘘のようです。

 冒頭の「コンピューターシティ」で、ステージの柵の向こうにPerfumeがいるのかと思ったら、花道の先に現れて歌いだす不意打ちには完全にだまされました。良い演出。

 「edge」「plastic smile」「Puppy Love」と初披露の楽曲も多く、完全な静止と3人の細かい動きが対照的だった「edge」が一番良かったです。ふと横を見ると、妻が泣いていました。

 MCは、オープニングでは実は花道の下を台車に乗って移動していたという話のやり取りは、台本があるのかと思うほど面白かったのに、岩井マネージャーの話になると冗長になるなど、ムラがあるのもPerfumeらしかったです。trfの「survival dAnce」を歌っていましたが、小室哲哉の逮捕後に彼の作品を最初に歌ったのはPerfumeではないでしょうか。

 アンコールでは新曲「Dream Fighter」も初披露。聴くよりも大音量で踊るほうが合う曲ですね。そして最後には、2009年5月9日、10日の代々木第一体育館でのライヴが発表されました。また会場が広がるのか!

 終演後に感想を聞かれて、僕が最初に言ったのは「思ったより良かった」でした。とにかくステージに金をかけていて、演出も凝っていて、あの広い会場で3人だけでライヴをする不利さが埋めていました。すると、「あの場所で見てダメだったら解散しなきゃダメだよ」と突っ込まれたのですが。あれは完璧な計算で作られた楽園だったんだよなぁ。武道館は、その計算で作られた楽園から続く道のまだひとつの過程でした。

 反省会には、スペインから来日したekuseruとAnibalも参加。結局、初日からオールナイトで飲みました。


Perfume「Dream Fighter」(初回限定盤)

Perfume「Dream Fighter」

2008年11月 5日

鈴木博文「凹凸」

 今日は、鈴木博文「凹凸」(→amazon.co.jp)を聴いていました。メトロトロン・レコードからのオリジナル・アルバムとしては、99年の「Birds」以来となる新作。


鈴木博文「凹凸」

[ CD ]

VITAMIN-Q featuring ANZA「VITAMIN-Q」

 今日は、12月3日発売のVITAMIN-Q featuring ANZA「VITAMIN-Q」(→amazon.co.jp)を聴いていました。加藤和彦、小原礼、土屋昌巳、屋敷豪太、ANZAによるバンド。


VITAMIN-Q featuring ANZA「VITAMIN-Q」

[ CD ]

2008年11月 4日

Yahoo! JAPANの新しいSNS「CU」

 Yahoo! JAPANがスタートさせた新しいソーシャル・ネットワーキング・サービス・CUに参加しました。同じYahoo! JAPANによるYahoo! Daysが一般的なソーシャル・ネットワーキング・サービスだとしたら、CUは人脈管理や人脈拡大を目的としたビジネス・ネットワーキング・サービス。

 CUでは実名登録が求められ、そして日記などもありません。ただしコミュニティ機能はあり、ここで同じビジネスや趣味の人とつながれるきっかけはあります。非常にドライなソーシャル・ネットワーキング・サービスなので、どのぐらい盛り上がるのか注目されます。mixiとは別の方向で、案外細く長く続くかもしれません。


CU


SNSマーケティング入門 上客を育てる23の方法

2008年11月 3日

「Perfume Night」vol.3の夜は明けて

 「Perfume Night」vol.3を終えて原宿のジョナサンで反省会。それから帰宅して、起きるとすでに外は暗くなっていました。またこのパターンか……。

[ 日常 ]

2008年11月 2日

「Perfume Night」vol.3@表参道ever

「Perfume Night」vol.3


オーガナイザー:matekoi
メインフロアDJ:taibane、DJ☆HHARUCA?、ヘルムスリー、宗像明将いくyas yasバリサンド
セカンドフロアDJ:DHS、DJ セクシーポリス、もてち
VJ:Q(from Champadelic)、ホンマ(a.k.a やぶれ春巻き)、ノボル
スペシャル・ゲスト:Cutie Pai(ライヴ)、tofubeats(リモートDJ)
1曲ライヴ:あやや先生ゆうぎ王
フライヤーデザイン:pinksun
フライヤーイラスト:まりん
スタッフ:RJFK、否、l3ltanaka3、Cherry(from Champadelic)、nEgihaniwa2kfewpoco


 表参道everで開催された「Perfume Night」vol.3は、前回を上回るお客さんに来ていただきました。本当にありがとうございました。そして、ゲストのCutie Paiのメンバーとスタッフの皆さん、toufubeatsさんにも深い感謝を。

 打ち合わせに入った店で料理が出てこないトラブルから始まり、会場に着いたら着いたで、Ustream.tvによる生中継のために100メートルものLANケーブルを地下深く配線したり(中継準備が完了したのはスタートの10分前)、Cutie Paiのリハーサルをしたりと、バタバタと準備をすることに。

 そして僕は、急遽客入れ時のDJ、さらにはCutie Paiのライヴでの音出しを担当することになったのでした。正直、後者は自分のDJよりもプレッシャーが大きかったです。

 シャレオツな会場のever。


会場のever


 これが100メートルのLANケーブル。


100メートルのLANケーブル


 VJには今回ノボルさんが初参加し、3人体制でリップシンク重視のVJが展開されました。


VJ機器


 まりんさんのイラストを多用したVJの映像は、セカンドフロアやエントランスにも流れていました。


エントランスに流れるVJの映像


 客入れ時のDJが終了すると、toufubeatsさんによるリモートDJがスタートし、さっそくフロアのテンションが上がります。しかし、DJブースにいたのはmatekoiでtoufubeatsさんではありません!

 こちらはDJ中のバリサンドさん。


バリサンドさん


 バリサンドさんとyas yasさんのコンビが終わると、Cutie Paiのライヴに。この時点でメインフロアはギュウギュウの状態でした。そして、Cutie Paiは「ジェニーはご機嫌ななめ」のカバーなど、テクノポップ路線の楽曲で攻め、最後はいつもの「小っちゃな翼」で終わるという彼女たちらしいステージ。サポートメンバーの徳さんにもがんばっていただきました。僕の音出しも無事に終わって良かった……。

 「Perfume Night」のvol.1では「ミュージック・ランデヴー」、vol.2では「イエスノウ」と、このイベントでCutie Paiを流し続けてきた僕としては、その本人たちにライヴをしていただけて感激でした。「神咲まゆみ メガネダイアリー | パフューム☆ナイト」「Cutie Pai official web site ★ Snapshots」を見ると、まゆちゃんにも喜んでいただけたようで嬉しいです。Cutie Paiのライヴを盛り上げてくださった皆さん、ありがとうございます。

 リハーサル時のまゆちゃんのmicroKORG。


まゆちゃんのmicroKORG


 さて、Cutie Paiのライヴが終わったら僕のDJです。ふと気がつくと、いくが横で「ファン・サーヴィス[bitter]」ののっちのコスプレをして立っていました。いつのまに……。

 僕はとりあえず、特にお客さんを罵倒する理由がないのにマイクでの煽りから入り、イロモノ夫婦としてDJを始めました。「Perfume Night」なんだからPerfumeばっかり流すぞ!


Perfume / エレクトロ・ワールド
Perfume / おいしいレシピ
Perfume / コンピューターシティ
Perfume / リニアモーターガール
Perfume / パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
Perfume / コンピュータードライビング
Perfume / スウィートドーナッツ
Perfume / ポリリズム
Perfume / Twinkle Snow Powdery Snow
Perfume / Baby cruising Love
Perfume / シークレットシークレット
capsule / JUMPER
Perfume / edge


 僕がDJブースに立った瞬間にフロアの皆さんが、さっきまでCutie Paiのいたステージに押し寄せてきて、一気に異空間へ。後日、自分の出番のDJ時の映像を見てゲラゲラ笑いました。なんだよこの空間、みんな本当にありがたいよ!

 「コンピュータードライビング」で「揺れてー!」だの「暴れろー!」だのと煽ったら、遂にはケチャの部分でフロアの人々が押し寄せてくる事態に。人々が「崖の上のポニョ」の大波のように押し寄せ、DJブースは後方に動いてしまい、さらに記録用のビデオカメラとICレコーダーが全部落ちました。そして、僕はフロアから押し寄せた人と頭をくっつけた状態のまま、クロスケチャをしているという状態に。


「コンピュータードライビング」における大波のようなケチャ


 他のDJのときも同じでしたが、別に誰かにダンサーを頼まなくても、Cutie Pai用のステージにお客さんが自由に乗ってフリコピをしてくれたのは、イベントとして独自の方向に成長したな……と感じてありがたかったです。「ポリリズム」のときなんて、お客さんがステージでポリループをちゃんと踊ってくれました。「Perfume Night」は、今後はお立ち台ならぬ「ヲタち台」を常設するといいと思います。

 いくのマイクパフォーマンスは、「BcLでMIX打てる奴だけ前に出てこい!」などおおむねメチャクチャ。ちなみにあのときの「Baby cruising Love」は、TSUTAYAイベントでたった一度だけ発動されたMIXと、女子イベントから発生したコール、そして「Perfume Ngiht」vol.2で発生した旧コール方式のあ〜ちゃんコールを全部まとめて再構築した、実際の現場には存在しないヴァーチャルヲタ芸版「Baby cruising Love」でした。過去にも未来にも現場には存在しない「Baby cruising Love」。

 僕ら夫婦が担当したDJは完全なヲタパートで、しかもPerfumeが売れていなかったら存在したかもしれない架空の現場のようでした。歴史の分岐点がどこかに存在し、現実にならなかったほうの幻の現場のような。最前列にいてくれたのが、現在あまり現場に来ない人も含む、ブレイク前からの最前列のヲタのメンバーの皆さんだったことも、そんなことを考えるきっかけになりました。最後の「edge」は、そこにいなくなってしまった人に捧げたものです。

 capsuleの「JUMPER」では、ビデオクリップを模してヤスタカ千手観音とヤスタカ雑巾絞りを夫婦で再現したのですが、妙にスムーズな点に練習の後がうかがわれて残念度が高かったです。公式サイトのレポートもどうぞ。

 僕のDJが終わって、フロアの皆さんに握手を求められたりしながらメインフロアから出ると、matekoiに一言「やりすぎ」と言われました。とはいえ、DJ陣のうちなぜ僕ら夫婦だけがメインフロアのヲタパート担当になっているのでしょう……。いくいわく、「曲を丸がけしてるんだから誰がやっても同じなんだよ、あとは叩かれるのが恐いとか言わない気合いの問題」とのことで、僕も同意しますが、「誰がやっても同じ」の部分に関しては涙目です。


「Perfume Night」vol.3


 さて、しばらく休んでから今回から設置されたセカンドフロアへ行ってみると、hy4_4yhの「ミミララ未来」が流れており、狂ったような騒ぎになっていました。ここもか……。本人がアイドルと言えるもてち、「エレクトロ・ワールド」のイントロを容赦なく延々とループさせるDJ セクシーポリス、そしてトリのDHSによって、セカンドフロアもまた特殊な空間と化していました。

 メインフロアでは、今回もあやや先生のミニライヴが唐突にスタート。こういうカオスを今後も維持したいです。歌っている写真ではないのは、もちろん僕が撮影に失敗したから。


あやや先生


 そして今回初登場の地下室アイドル・ゆうぎ王は、地下で本領を発揮して、セカンドフロアを熱狂の渦にしました。上映されたビデオクリップも驚愕のクオリティ。セカンドフロアのアンダーグラウンドぶりはすごかったなぁ。ゆうぎ王のライヴも含め、あれは重要な現場です。


ゆうぎ王


 終盤のメインフロアは、相変わらずステージにお客さんが上って踊り、そして光るライトセイバーが振り回されるという、ハイテンションな光景が繰り広げられました。


「Perfume Night」vol.3


 午前5時にイベントは終了。2フロアあったので、ひとりでも休んでいたらスタッフが足らないほど大変だったそうで、この巨大化し続けるイベントはどこへ向かうのだろうと終了後の反省会で話し合いました。

 遠方から来てくださった皆さんをはじめ、ご来場いただいた皆さん、本当にありがとうございました。懲りずにvol.4があったら、ぜひまた遊びにきてください。もちろん、今回来れなかった皆さんも。

「Perfume Night」vol.3、11月2日(日曜日)開催

*最新のエントリーはこのエントリーの下になります。


「Perfume Night」vol.3


 「Perfume Night」vol.3が11月2日(日曜日)に開催されます(翌3日は文化の日で祝日)。前回同様に、Perfumeはもちろん、capsuleなどの中田ヤスタカ周辺などを朝まで流しまくるイベントです。

 今回はスペシャル・ゲストとして、ライヴにCutie Pai、リモートDJにtofubeatsさんをお迎えします。

 会場のClub EVER 青山は、メインフロアとセカンドフロアがある構造。それをいかして、シャレオツとヲタの交錯するカオスを目指します。

 Vol.1Vol.2はこんな雰囲気でした。ぜひお気軽に遊びに来てください。


日時:2008年11月2日(日) 22:30〜all night!!!
会場:Club EVER 青山Googleマップ
入場料:2,000円(including 1drink)
mixiコミュニティ:イベント『PerfumeNight』
主催者連絡先:matekoi@hotmail.com

オーガナイザー:matekoi
メインフロアDJ:taibane、DJ☆HHARUCA?、ヘルムスリー、宗像明将yas yas
セカンドフロアDJ:DHS、DJ セクシーポリス、もてち
VJ:Q(from Champadelic)、ホンマ(a.k.a やぶれ春巻き)、ノボル
スペシャル・ゲスト:Cutie Pai(ライヴ)、tofubeats(リモートDJ)
1曲ライヴ:あやや先生ゆうぎ王
フライヤーデザイン:pinksun
フライヤーイラスト:まりん
スタッフ:RJFK、否、l3ltanaka3、Cherry(from Champadelic)、nEgihaniwa2kfewpoco

*未成年の方の入場はできません。また入場する際には身分証の確認をいたします。免許証など身分を証明できそうなものをご持参ください。

2008年11月 1日

「Perfume Night」vol.3は日曜日の夜に開催です!(翌日は祝日)

 「Perfume Night」vol.3の開催が、いよいよ11月2日(日曜日)22時30分に迫りました。翌日は祝日なので安心です。

 そして、公式ブログではタイムテーブルが公開されました。


メインフロア
22:40〜23:00 リモートDJ / TOFUBEATS
23:00〜23:50 ヘルムスリー
23:50〜00:40 yas yas&バリサンド
00:50〜01:20 ライブ / Cutie Pai
01:30〜02:20 宗像明将
02:20〜03:10 taibane
03:10〜03:20 ミニライブ / あやや先生
03:20〜04:10 DJ☆H
04:10〜05:00 HARUCA?

セカンドフロア
23:00〜23:30 DJ セクシーポリス
23:30〜00:00 moteci
00:00〜00:20 HARUCA?
00:20〜00:50 DJ☆H
01:20〜01:50 DHS
01:50〜02:20 ヘルムスリー
02:20〜02:50 DJ セクシーポリス
02:50〜03:00 ミニライブ / ゆうぎ王
03:00〜03:30 moteci
03:30〜04:00 DHS


 図にするとこんな感じです。ロックフェスかよ。


タイムテーブル


「Perfume Night」vol.3

記事一覧
月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.