小心者の杖日記

2008年8月31日

宮崎駿監督「崖の上のポニョ」

 宮崎駿監督「崖の上のポニョ」を見ました。

 これはすごいものを見たなぁ……と感慨を抱いたのは、膨大な要素を詰め込みながらも主軸以外を大胆に削ぎ落とし、エンディングへと疾走していく豪快さにでした。それは、重要なキャラクターであるフジモトについてすら、パンフレットで「フジモトって海底で何をしてるの?」と解説しないと理解できない次元にまで達しています。

 衒学的な知識を持ち出していくらでも深読みができる作品でもありますが、それは無粋というものでしょう。パンフレットの1ページ目より引用。


少年と少女、愛と責任、海と生命、これ等初源に属するものをためらわずに描いて、神経症と不安の時代に立ち向かおうというものである。


 なんという強烈なアジテーション。ハッピーエンドに向かうために、この作品に叩き込まれた宮崎駿の悲壮ともいえる覚悟に強烈な感銘を受けました。

 そしてエンディングに涙。


崖の上のポニョ

[ 日常 ]

Yukiko OZAWA's Exhibition @ Brillia SHORT SHORTS THEATER

 小澤有希子さんの4回目となる個展「Yukiko OZAWA's Exhibition @ Brillia SHORT SHORTS THEATER」へ。会場が素晴らしく洒落ていました。

 今回はすべてが新作。相変わらず緻密にしてイマジネーションを刺激する作品ばかりです。なかでも、書籍に自作の装丁をした作品は、装幀画家を目指す彼女らしく、色使いが非常に洗練されている点でも秀逸でした。


Yukiko OZAWA's Exhibition @ Brillia SHORT SHORTS THEATER


[ 日常 ]

2008年8月30日

細野晴臣、鈴木さえ子 with TOMISIRO、Cu+Be、Ron Sexsmith、The Beach Boys

 細野晴臣「グーグーだって猫である オリジナル・サウンドトラック」(→amazon.co.jp)、鈴木さえ子 with TOMISIRO「パンダフルライフ オリジナル・サウンドトラック」(→amazon.co.jp)、Cu+Be「She is Cu+Be」(→amazon.co.jp)、Ron Sexsmith「Exit Strategy of the Soul」(→amazon.co.jp)、The Beach Boys「L.A.(Light Album)」(→amazon.co.jp)「Keepin' The Summer Alive」(→amazon.co.jp)「The Beach Boys(ザ・ビーチ・ボーイズ'85)」(→amazon.co.jp)購入。

 Cu+Be「She is Cu+Be」は、全3曲ともCutie Paiのまゆちゃんが作詞作曲、宇津山洋が編曲を担当しています。The Beach Boysの3枚は、紙ジャケット仕様再発盤シリーズの第3弾。実は再プレス分を含め、28枚全部を買ってしまいました……。


細野晴臣「グーグーだって猫である オリジナル・サウンドトラック」

鈴木さえ子 with TOMISIRO「パンダフルライフ オリジナル・サウンドトラック」

Cu+Be「She is Cu+Be」

Ron Sexsmith「Exit Strategy of the Soul」

The Beach Boys「L.A.(Light Album)」(紙ジャケット仕様)

The Beach Boys「Keepin' The Summer Alive」(紙ジャケット仕様)

The Beach Boys「The Beach Boys(ザ・ビーチ・ボーイズ'85)」(紙ジャケット仕様)

[ CD ]

日本テレビ「HAPPY!」

 日本テレビ「HAPPY!」を見ました。Perfumeのレギュラー番組です。

 今週は未公開映像を含む総集編。番組の方向性の迷走や、台本を演じるPerfumeの上達ぶりなどを確認できました。未公開映像では、利き水で思い切り間違えるのっちが良かったです。良い水道水してるからね。


Perfume「love the world」(初回限定盤)(DVD付)

Perfume「love the world」

2008年8月29日

残念なヲタたちの熱い夜、みたび

 宗像家でまたヲタ飲み会です。当初は5人ぐらいだけ来る予定だったのですが、朝になる頃には13人に増えていました。ヲタというのは現場があるとつい来てしまう生き物のようです。いろいろと無駄に盛りあがったので、2室のクーラーを24度に設定していても暑くなり、さらに温度を下げたほどでした。


Perfume「love the world」(初回限定盤)(DVD付)

Perfume「love the world」

2008年8月28日

「別冊宝島1553 音楽誌が書かないJポップ批評55 安室奈美恵 音楽・人・センス」

 「別冊宝島1553 音楽誌が書かないJポップ批評55 安室奈美恵 音楽・人・センス」→amazon.co.jp)では、ディスク・ガイドや楽曲解説を執筆しています。


「別冊宝島1553 音楽誌が書かないJポップ批評55 安室奈美恵 音楽・人・センス」


2008年8月27日

「MUSIC MAGAZINE」9月号

 「MUSIC MAGAZINE」9月号(→amazon.co.jp)では、ROSE-UNLIMITED「picnic at cape rose」(→amazon.co.jp)とThe Souljazz Orchestra「Freedom No Go Die」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「MUSIC MAGAZINE」9月号

2008年8月26日

岡本まくずさんと飲み

 岡本まくずさんと新宿で飲み。まくずさんとはいわゆるサブカル方面で共通の友人知人が異常なほど多くて飲むことになりました。

 最近の自分はアイドルヲタとしての活動が忙しいこともあり、「オタクとサブカル」という対立項が融解した現在では、「ヲタとシャレオツ」という概念のほうが重要だと思っていました。しかし、まくずさんと話していると、1990年代のサブカル〜文壇方面の話題を自分からたくさんしていて、ああ自分は90年代サブカルという亡霊を背負っているのだな……と感じた夜でした。


ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性 (ちくま新書 683)

[ 日常 ]

2008年8月25日

Twitterクローン・riro

 「ミニブログとSNSを組み合わせた『riro』ベータ版公開」というニュースを見て、Twitterクローンであるriroに参加。当初は先着300名ということでしたが、結局2000名まで登録枠が増えました。

 基本的にはmixiっぽいインターフェイスのTwitterクローン。JavaScriptをオンにしないと会話が表示されないのですが、JavaScriptで自動リロードするのは便利です。好みは分かれそうですが、友人のログインがタイトルタグ部分に表示されて、左右に動くという仕様も。

 友人は一気に流れ込んで、そして一晩でほとんどが飽きたようです。コミュニティとして人を集める要素がいまいち弱い印象なので、Twitterやmixiエコーとも違う、Wassrのようなポジションに近づいてほしいものです。


riro


twitterコミュニケーション・バイブル―気軽に書ける1行ブログ ブラウザインスタントメッセンジャーケータイ対応

2008年8月24日

とり・みき+唐沢なをき、榎本俊二

 とり・みき+唐沢なをき「とりから往復書簡」第1巻(→amazon.co.jp)、榎本俊二「えの素 下 完全版」(→amazon.co.jp)購入。


とり・みき+唐沢なをき「とりから往復書簡」第1巻

榎本俊二「えの素 下 完全版」

「UNGA!」NO.119

 「UNGA!」NO.119では、MEG「STEP」(→amazon.co.jp)とハンバートハンバート「まっくらやみのにらめっこ」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「UNGA!」NO.119

2008年8月23日

赤松佳音さんのお誕生日祝い

 赤松佳音さんが明日お誕生日なので内輪でお祝いをするということで、サプライズ要員として馳せ参じました。要は、赤松佳音さんの仲間が仕事と思わせて彼女に着替えてもらっている間に、僕がケーキと花束を持ち込むという役割。そのために、妻から呼び出されるまで、マンションのゴミ捨て場に隠れていました……。

 結果的に成功して喜んでいただけて良かったです。お誕生日おめでとうございます!


赤松佳音さんのお誕生日祝い


赤松健「魔法先生ネギま!」第23巻


[ 日常 ]

書籍をトランクルームに運搬

 家にあまりにも書籍が多くなったので、トランクルームを借りてそこに移動することになり、今日はその運搬をしました。計ダンボール17箱分。最近はずっとこの箱詰め作業をやっていて、詰めながら入れた本やマンガのデータを記録していました。

 toutouの反省会帰りで3時間半しか寝ていませんでしたが起きて、力持ちの赤帽さんのおかげで無事に運搬完了。我が家が少し広くなりました。


トランクルーム


誰も教えてくれない「レンタル収納」商売の始め方・儲け方―レンタル収納スペース「サービスモデル約款」掲載!―トランクルーム、貸しコンテナ、バイクボックスが注目!


[ 日常 ]

日本テレビ「HAPPY!」

 日本テレビ「HAPPY!」を見ました。Perfumeのレギュラー番組です。

 先週に引き続き、今週もディズニーでの野外ロケ。特にツッコミどころがなくなってきました。


Perfume「love the world」(初回限定盤)(DVD付)

Perfume「love the world」

2008年8月22日

GBA Vol.7@StudioCube326

 toutouの活動休止前の最後のステージを見るためにStudioCube326でのGBA Vol.7へ。

 入り口で妻を待っていたら、toutouがお友達と一緒にやってきて、「toutouの新メンバーです!」と紹介されました。ずいぶん大人数だな!

 そんなわけで活動休止前の最後のライヴは、toutouヲタとその周辺、toutouのお友達、そしてtoutouのご両親とお祖母さまが一堂に会する中、普段の雰囲気とは完全に違う異様な熱気とともに始まりました。toutou現場系はほぼ集結、まるで同窓会のような様相。aniotaさん率いるらじかる軍団(その歴史は『toutouと俺 - ex』に詳しいです)もやはりほとんど集合していました。

 「えいごのうた」では、麻布十番納涼まつりを上回る人数でヲタによるアーチ。あまりにも人数が多すぎて、内部では「回って、回って!」と言いながら回転していました。アンコールで「星占いの歌」をもう一度歌ったtoutouは涙声。最後は他の出演者とともに「あなたに会えて良かった」を歌い、ICHIROさんをルタッペさんがリフトしたのをはじめ、ヲタによる盛大なケチャが発生しました。僕の見た限り、toutouでは一番熱い現場です。

 終演後の物販も1時間以上に及び、終了は23時を過ぎていました。そして、toutouと最後まで残ったヲタ全員とで一緒に記念撮影。toutouの活動休止前のすべてが終わりました。


物販でのtoutou


 会場を出て、徹夜コース確定の時間からtoutouヲタとその周辺の10人以上で反省会。matekoiさんは撮影後に帰りましたが、aniotaさんICHIROさんautomanさんコーテルさん(終電で離脱)、Siさん、とびさん、モコモコさんmoteciさん、ユウキさん、ゆうぎ王さんいくというメンツで、朝まで飲み屋とカラオケをハシゴしました。カラオケでは、「星占いの歌」のビデオ・クリップに合わせてコールやフリコピ。どうかしています。


カラオケの「星占いの歌」のビデオ・クリップ


 toutouにワンマンライヴをさせてあげたかった……という無念さもわずかに残りますが、美しいひとまずの幕引きでした。2005年にtoutouの現場に初めて行ってから足掛け4年、楽しかったです。toutouのふたりもおつかれさま。来年3月の復活を信じて待ちたいと思います。


関連リンク:
SEE!!椎名りく:遠いご縁で繋がって…☆☆☆
8/18〜8/24の週 - さよなら、タオルケット side-d
2008-08-22 - 避雷針
2008-08-22 - がいにえらげななぁ〜(。・ω・。)
toutou infoblog: GBA Vol.7@芝浦Cube


toutou「toutouのアルバム」

toutou@麻布十番納涼まつり

 今日をもって来年3月まで活動休止に入るtoutouは、1日に2現場があるというスケジュールでした。というわけで、まずは麻布十番納涼まつりです。

 麻布十番納涼まつりは今年も大変な混雑で、人混みを掻き分けてライヴ会場に着くとFeamのライヴ中。MIXを打ったりしてtoutouの出番を待ちます。

 そしてチルドレンが最前で遊ぶ中、toutouが登場。toutouヲタによる激しくもせつないコールやフリコピを、子供たちは不思議そうな目で眺めていました。「えいごのうた」で、toutouの動きに合わせてヲタもアーチを作る部分では僕も初参加。toutouは4曲を歌い、終了後の物販ではTシャツを買いました。

 麻布十番納涼まつりは撮影OKなのですが、カメラがあると撮影に夢中になってしまうので、toutouの姿を目に焼き付けるべく、デジタル一眼レフは持っていきませんでした。


toutou@麻布十番納涼まつり

 2現場目へ続く。


toutou「toutouのアルバム」

2008年8月21日

David Byrne、Stereolab

 David Byrne「Big Love: Hymnal」(→amazon.co.jp)、Stereolab「Chemical Chords」(→amazon.co.jp)購入。


David Byrne「Big Love: Hymnal」

Stereolab「Chemical Chords」

[ CD ]

2008年8月20日

HASYMO、鈴木博文、クレイジーケンバンド、朝崎郁恵、「The Rough Guide To The Music Of Japan(ラフ・ガイド・トゥ・ザ・ミュージック・オブ・ジャパン 第2弾)」、Big Blue Ball、Randy Newman、Samira Saeed

 HASYMO「Tokyo Town Pages」(→amazon.co.jp)、鈴木博文「metrotr-on-line 2008 july」、クレイジーケンバンド「ZERO」(→amazon.co.jp)、朝崎郁恵「朝崎郁恵 Featuring Best おぼくり〜ええうみ」(→amazon.co.jp)、オムニバス「The Rough Guide To The Music Of Japan(ラフ・ガイド・トゥ・ザ・ミュージック・オブ・ジャパン 第2弾)」→amazon.co.jp)、Big Blue Ball「Big Blue Ball」(→amazon.co.jp)、Randy Newman「Harps And Angels」(→amazon.co.jp)、Samira Saeed「Ayaam Hayati」(→amazon.co.jp)購入。ライヴでの物販も含みます。


HASYMO「The City of Light」

鈴木博文「metrotr-on-line 2008 july」

クレイジーケンバンド「ZERO」

朝崎郁恵「朝崎郁恵 Featuring Best おぼくり〜ええうみ」

オムニバス「The Rough Guide To The Music Of Japan(ラフ・ガイド・トゥ・ザ・ミュージック・オブ・ジャパン 第2弾)」

Big Blue Ball「Big Blue Ball」

Randy Newman「Harps And Angels」

Samira Saeed「Ayaam Hayati」

[ CD ]

2008年8月19日

五十嵐大介、榎本俊二

 五十嵐大介「海獣の子供」第3巻(→amazon.co.jp)、榎本俊二「えの素 中 完全版」(→amazon.co.jp)購入。


五十嵐大介「海獣の子供」第3巻

榎本俊二「えの素 中 完全版」

2008年8月18日

Rail Band「2 Mansa(マンサ〜黄金時代のレイル・バンド 第2集)」

 今日は、Rail Band「2 Mansa(マンサ〜黄金時代のレイル・バンド 第2集)」(→amazon.co.jp)を聴いていました。マリのバンドの1970年から1983年までの音源の編集盤。


Rail Band「2 Mansa(マンサ〜黄金時代のレイル・バンド 第2集)」

[ CD ]

上野洋子「TOKYO HUMMING」

 今日は、9月10日発売の上野洋子「TOKYO HUMMING」(→amazon.co.jp)を聴いていました。


上野洋子「TOKYO HUMMING」

[ CD ]

2008年8月17日

「レコード・コレクターズ」9月号

 「レコード・コレクターズ」9月号(→amazon.co.jp)では、オムニバス「Nigeria Rock Special」(→amazon.co.jp)とオムニバス「Nigeria Disco Funk Special」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」9月号

2008年8月16日

義妹からの誕生日プレゼント

 義妹が宗像家に来て、1ヵ月遅れの誕生日プレゼントをくれました。チョコレートが詰まっていたので、嬉しいけれど糖尿病にならないように気をつけます。


チョコレート詰め合わせ

[ 日常 ]

日本テレビ「HAPPY!」

 日本テレビ「HAPPY!」を見ました。Perfumeのレギュラー番組です。

 今週は久しぶりにスタジオの外に出て、東京ディズニーシーへ。水とかかぶってました。


Perfume「love the world」(初回限定盤)(DVD付)

Perfume「love the world」

2008年8月15日

「STUDIO VOICE」9月号

 「STUDIO VOICE」9月号(→amazon.co.jp)では、細野晴臣特集でディスクガイドを執筆しています。


「STUDIO VOICE」9月号

2008年8月14日

しずのん王国晩餐会

 名古屋のアイドルであるしずのんさんがライヴの後に食事会「しずのん王国晩餐会」を開催するというので参加してきました。ライヴは開演が15時台からだったので、さすがに見られなかったのです。

 幸い食事会でもグッズを売ってくれたので、迷わず全買いしてきました。写真集CD-R、生写真4セット、同人誌2冊で計3500円、しかも握手付きとか安いです。やはり推せます。

 肝心のしずのんさんのライヴはまだ見たことがないので、いつか必ず!


しずのんグッズ

2008年8月13日

Yahoo!動画で「HASYMO スペシャル」公開

 「Yahoo!動画 - 音楽 - HASYMO スペシャル」で、HASYMOからのコメントと「Tokyo Town Pages」(→amazon.co.jp)が配信されています。

 「坂本龍一です、高橋幸宏です、細野晴臣です、3人揃ってHASYMOです」という挨拶は、8月10日のWORLD HAPPINESSへあえてPerfumeのTシャツを着ていった僕への爆レスという電波を受信しました。


HASYMO「The City of Light」

2008年8月12日

「レコード・コレクターズ」編集長、Perfumeを語る

 MediaSaborというサイトに「アイドル・ソングを超えたPerfume『ポリリズム』の『作り込み度』」という記事が掲載されていたのですが、執筆者が「レコード・コレクターズ」編集長の寺田正典さんで度肝を抜かれました。


Perfume「ポリリズム」

2008年8月11日

オムニバス「デイジー・ホリデー presented by 細野晴臣」

 今日はオムニバス「デイジー・ホリデー presented by 細野晴臣」を聴いていました。コロムビアから再始動したデイジーワールドのコンピレーション盤。


オムニバス「デイジー・ホリデー presented by 細野晴臣」

[ CD ]

2008年8月10日

WORLD HAPPINESS@夢の島公園陸上競技場

 「WORLD HAPPINESS」のために夢の島公園陸上競技場へ。出演者は、anonymass、東京スカパラダイスオーケストラ、LASTORDERZ、鈴木慶一 Captain HATE and The Seasick Sailors feat.曽我部恵一、口ロロ、pupa、naomi & goro、BONNIE PINK、リリー・フランキー、GANGA ZUMBA、NRT 320 guest. 野宮真貴、シーナ&ロケッツ、東京ブラボー、HASYMO。

 曇天のおかげもあり、6時間以上の野外フェスを乗り切ることができました。入場者にはこのようなレジャーシートが配布されます。


WORLD HAPPINESS


 会場では、GOMES THE HITMANの山田稔明さん四方宏明さんいおりん夫妻などの皆さんに会うことができました。

 ライヴレポートは次々号の「MUSIC MAGAZINE」に掲載される予定です。


anonymoss「anonymoss」

東京スカパラダイスオーケストラ「Perfect Future」(初回限定盤)

鈴木慶一「ヘイト船長とラヴ航海士~鈴木慶一 Produced by 曽我部恵一~」

口ロロ「snowflake」

pupa「floating pupa」

naomi & goro「Bossa Nova Songbook 1」

BONNIE PINK「鐘を鳴らして」(初回限定盤)

GANGA ZUMBA「GANGA ZUMBA」(DVD付)

シーナ&ロケッツ「JAPANIK」

HASYMO「The City of Light」

2008年8月 9日

鈴木博文@渋谷公園通りクラシックス

 鈴木博文のライヴ「all alone」のために渋谷の公園通りクラシックスへ。

 今日は鈴木博文だけによる完全ソロ・ライヴ。本人はMCで「飽きるでしょ?」と言っていましたが、僕は鈴木博文のライヴではこの編成が一番好きです。彼の弾き語りが持つ緊張感に深く魅了されていますから。

 途中に休憩を挟んだ二部構成で、一部も二部も前半がピアノ、後半がアコースティック・ギターによる弾き語り。一部でピアノとともに歌われた「どん底人生」と「どん底天国」というどん底二連発に久しぶりに胸を揺さぶられ、アコースティック・ギターで歌われた「Fence」も胸に刺さるものがありました。彼の歌やプレイは微妙にリズムを崩す部分があり、不意にMio Fouのようにアヴァンギャルドな側面が顔を出すのも面白いです。

 二部は、一部に比べて穏やかな雰囲気。アンコールの「風におどる」がまた泣けました。

 終演後は、物販購入者を対象にサイン会。今日「metrotr-on-line 2008 july」を買ったのでサインの列に並んだところ、鈴木博文さんは「もういらないでしょ」と笑いながらサインをしてくれました。いえいえ、10年以上ライヴに通っていても俄然サインをもらいます。


鈴木博文「metrotr-on-line 2008 july」

フジテレビ「VS嵐」

 フジテレビ「VS嵐」を見ました。Perfumeがゲスト出演。

 身体を張ってゲームをして嵐と得点を競うという番組でしたが、さすがにPerfumeはあんだけ踊っているだけあって身体能力が高いです。あ〜ちゃんのマイペースぶりも磨きがかかっていました。


Perfume「love the world」(初回限定盤)(DVD付)

Perfume「love the world」

テレビ朝日「業界技術狩人 ギョーテック」

 テレビ朝日「業界技術狩人 ギョーテック」を見ました。Perfumeがゲスト出演。

 とはいえ、メインの芸人たちとPerfumeは別の場所にいて、さらにエド・はるみが登場すると三元中継になっていました。いつもこんな調子の番組なのでしょうか……。

 番組で紹介されていた企業はgooで、日本独自のポータルサイトという点をアピールしていました。たしかに社内が日本企業っぽかったです。


Perfume「love the world」(初回限定盤)(DVD付)

Perfume「love the world」

日本テレビ「HAPPY!」

 日本テレビ「HAPPY!」を見ました。Perfumeのレギュラー番組です。

 今週はまた芸人が登場。のっちとかしゆかの小芝居もすっかり板についてきました。

 なお、今週ののっちの打楽器はでんでん太鼓でした。良い民芸玩具してるからね。


Perfume「love the world」(初回限定盤)(DVD付)

Perfume「love the world」

2008年8月 8日

コシミハル@初台新国立劇場・小劇場

 コシミハルの「ミュージックホール『覗き窓』」のために初台の新国立劇場・小劇場へ。

 コシミハルが歌や演奏はもちろん、ダンスや演出も担当するステージ。3人のバレリーナが舞い踊り、ピアノとファゴットが生演奏をします。

 アルバム「覗き窓」(→amazon.co.jp)の世界をさらに立体化した舞台。失われた1920〜1930年代のミュージックホールやキャバレーの世界を独自の想像によって再構築したこのようなステージは、世界でもコシミハルしか実現していないものでしょう。深遠さと楽しさが交差する構成。そして、「覗き窓」のあの曲がこう使われるのか……という驚きもありました。コシミハルは今日も美しかったです。

 終演後、先日のコシミハルさんの取材の際にお会いした細野晴臣さんにご挨拶したら、僕の名前を覚えていてくださって恐縮しました。


コシミハル「覗き窓」

2008年8月 7日

NHK「MUSIC JAPAN SUMMER EXTRA」

 NHK「MUSIC JAPAN SUMMER EXTRA」を見ました。放送が延期されてこの日に放送です。

 Perfumeは「ポリリズム」完全版を歌い、ダンサーとしてエコライヴでも活躍したダストボックスブラザーズが登場! リサイクル的な観点からも正しいですね。中央のダストボックスの手の可動範囲が狭いようで、手をピョコピョコさせていたのが可愛かったです。

 歌では、CDではコブシのようなエディットが施されていた「とても大事な」という歌詞の部分を、あ〜ちゃんが生歌でそれっぽく歌っていたのが新鮮でした。頑張ったなぁ。


Perfume「love the world」(初回限定盤)(DVD付)

Perfume「love the world」

2008年8月 6日

RYOさん死去

 トモコさんから僕の携帯電話に着信があったのは、8月2日の23時近くでした。僕が「どうしたの、羞恥心?」と開口一番に軽口を叩いてもトモコさんから反応はなく、そして彼女が伝え始めたのはRYOさんの訃報でした。あのいつもタフだったRYOさんの。

 午前1時過ぎ、終電に乗った僕といくはトモコさんの家にいました。やり場のない思いを抱えた10人が集まり、笑いもしましたが、しかし全員が沈痛な思いなのは隠せないまま朝に。

 いくはそのままトモコさんの家で寝て仕事に向かうことになり、僕は朝に一旦家に帰って昨夜するはずだった原稿仕事をすることにしました。そして数時間の仮眠の後、Zepp Tokyoでの「GIRLPOP FACTORY 08」へ向かったのです。

 開演の後、やがてPerfumeが登場。「GAME」に続いて「エレクトロ・ワールド」が始まった瞬間、やりきれない悔しさが噴き出すのを止められませんでした。僕は2段目からファンの熱狂するフロアを見ていたのですが、そこにはもうRYOさんはいません。なぜだ。死というものの圧倒的な不条理さを痛感させられた瞬間でした。「SEVENTH HEAVEN」で泣き出して止まらなくなったいくの肩に手を置きながら、しかし泣いてないでRYOさんの分までPerfumeを見ろ、と心の中で思いました。そして、まさかの「スウィートドーナッツ」。なんという偶然。

 反省会には、ライヴに来ていなかった界隈の人々もたくさん来てRYOさんを偲びました。その場で、僕はヲタ仲間から「自分の病気は治らない、だから現場に行くしかない」とRYOさんが語っていたという話を聞き、彼がなぜあれほどまでに現場にこだわっていたのかを初めて理解しました。まさに命懸けだったのか……と。

 僕といくがRYOさんと話すようになったのは2007年の夏頃からで、僕ら夫婦が「ポリリズム」の東京と名古屋のリリースイベントに全部参加したり、同じように2008年の「Baby cruising Love / マカロニ」の東京と名古屋のリリースイベントに全部参加したりするようになってから、現場や反省会で話すことが急速に増えました。RYOさんはほとんどすべての現場にいたのですから、必然だったのです。

 3月にPerfumeヲタ13人が宗像家に集まって飲み明かしたときにもRYOさんは来てくれて、あのときPerfumeが終わる日についてみんなで話したことが不意に思い出されます。僕が6公演を見たGAMEツアーでは、RYOさんは全公演を見るという荒技をしていて、特に地獄の仙台ライヴの後の反省会ではRYOさんとそれまでになくたくさん話した記憶があります。

 RYOさんと最後に会ったのは、「Perfume Night」Vol.2のあった6月28日から29日にかけて。僕は自分のDJ時にビデオカメラを回しっぱなしにしていたのですが、そこには「おいしいレシピ」で渾身のジャンプをするRYOさんが記録されています。

 厄介、必死、残念。そうした僕たちヲタの価値観をすべての人に理解してほしいなどとは言いません。故人を無理に美化しようとも思いません。ただ、もし8年のPerfumeの歴史を知って感動する人がいたとしたら、彼女たちの上京後、1位を獲得するまでの間ずっと命懸けで応援し続けて、そして死んだヲタがいたことを伝えたいのです。

 RYOさんの今年6月30日のブログより。


それにしてもゆかママの

死ぬまで頑張らなきゃダメ!

はどうにかならないテンプレなんですか?顔見る度に言われても・・・頑張ってますって!


 そう言われて、RYOさんは本当に死ぬまで応援し続けたんですよ。どんなヲタ芸だよ!

 RYOさんは、死んでもきっとあ〜ちゃんや、當山奈央や、仲の良かったヲタ友達を見守らないといけないので、きっと現場系は死んでも現場を回すのに忙しいんだよ……と笑って見送りたいのです。本当は。ただ、僕の中では、Perfumeが「GAME」や「love the world」で1位を取ったことや、11月の武道館ライヴと同じぐらい、「RYO生前 / RYO死後」という区分が大きな意味を持ちそうな予感がするのです。

 RYOさんは、結果的に彼の命を奪うことになる持病についてブログでも書いていましたが、周囲に持病の重大さはあまり語っていなかったようです。だからこそ僕らは訃報に呆然としたし、そして彼がこの世を去ってから、生前の彼の発言の中に「死」を意識していた部分があったことに初めて気づきました。

 RYOさんが生涯の最後の時期、僕やいくと仲良くしてくれたことに感謝します。本当にありがとう。3人の天使に導かれてSEVENTH HEAVENへ行った後も、気が向いたら現場を回してくれよ。やりきれないから、そう願うよ。


今日はなんだかため息ばかりついていた - 適当
最前センターの男 - ex
728日目と595日目と56日目 - 高山えみりを応援するピカ(-∀-)の日記
2008-08-03 - 赫い一匹狼の遠吠え。
2008-08-03 - げんじろう

2008年8月 5日

The Souljazz Orchestra「Freedom No Go Die」

 今日は、The Souljazz Orchestra「Freedom No Go Die」(→amazon.co.jp)を聴いていました。カナダのアフロビートのバンド。


The Souljazz Orchestra「Freedom No Go Die」

[ CD ]

ROSE-UNLIMITED「picnic at cape rose」

 今日は、ROSE-UNLIMITED「picnic at cape rose」(→amazon.co.jp)を聴いていました。


ROSE-UNLIMITED「picnic at cape rose」

[ CD ]

Googleマップ日本版に「ストリートビュー」機能追加

 Googleマップ日本版に「ストリートビュー」機能が追加されました。まだ東京や大阪などの一部の都市に限られているものの、道路から見える光景を写真に撮影し、各地点で360度を見られるという狂ったかのようなサービスです。実際に、自分の行き慣れた場所を見てみると、驚愕するべきものがあります。

 「Google幹部の自宅をプライバシー保護団体がさらしものに - ITmedia News」のように問題視する人が出てくるのも、ある意味で納得。妙なところにボカシが入っているのも気になります。

 この写真を撮影したと言われているのが「ぺんぎんどっとコム | Google Maps号、発見!」で紹介されている自動車。今日もどこかを走っているのでしょうか。


ストリートビュー


Googleマップ+Ajaxで自分の地図をつくる本  Google Maps API徹底活用

2008年8月 4日

Cutie Pai@タワーレコード新宿店

 Cutie Paiのインストアイベントのためにタワーレコード新宿店へ。

 とはいえ僕は遅刻して、やっと7階のフロアに着いたときに流れていたのが、今回のイベントが決まったときにまゆちゃんが喜びのあまり作ったという「recorded Tower」。きわサンとチッチのマイクが不調ながら、「イエスノウ」とアンコールの「小っちゃな翼」も聴くことができました。

 会場には、サエキけんぞうさん山本夜羽音さん森沢音さんも。マイクの不調は手痛かったものの、このイベントで興味を持ってくれた人がいたら良かったと思います。

 終了後は、Cutieマニアで反省会。


Cutie Pai「Cutie MANIA」

mixi、Twitterクローン「エコー」を公開

 mixiで「エコー」がインディーズ機能として9月1日までの期間限定で公開されました。いわばTwitterクローンであり、Twitterが不安定になるたびに「mixiがやればいいのに」と思っていたことが実現したことになります。

 特徴は、プロテクト機能がなく誰からも見られるらしいことと、返信するとTwitterのように共通の友人だけに見られるのではないこと。これらはマイミクシィを増やす機会を多くするための判断なのかもしれません。

 Twitterの避難所的な位置づけから、次第に独立した文化圏になってきたWassrはエコーの余波を受けてやや静かになった気もします。Twitter、Wassr、エコーのどれにユーザーが一番集まるのか見守りたいです。一ヶ所に集まってくれたほうが見るのは楽なのですが……。


mixi完全攻略マニュアル 改訂新版

[ mixi ]

2008年8月 3日

GIRLPOP FACTORY 08@Zepp Tokyo

 Perfumeの出演する「GIRLPOP FACTORY 08」のためにZepp Tokyoへ。今年何度目のZepp Tokyoだ。他の出演者は、中川翔子いきものがかり青山テルマHALCALI倖田來未、MCにPUFFYの吉村由美。

 Perfumeは「GAME」を使って登場し、いきなり「エレクトロ・ワールド」へと流れ込む展開に一気に興奮することに。「love the world」はやっとフル・バージョンを見ることができました。「SEVENTH HEAVEN」、そして以前「GIRLPOP FACTORY」に出演したときのリベンジとして披露された「スウィートドーナッツ」という予想外の選曲も素晴らしかったです。最近のライヴとしては、かなり秀逸なセットリストによる約45分でした。

 終演後は、新橋で反省会。あの店も今年何度目だ。


中川翔子「Shiny GATE」(DVD付)

いきものがかり「ブルーバード」

青山テルマ「DIARY」(通常盤)

HALCALI「サイボーグ俺達」

Perfume「love the world」(初回限定盤)(DVD付)

Perfume「love the world」

倖田來未「MOON」(DVD付)

2008年8月 2日

日本テレビ「HAPPY!」

 日本テレビ「HAPPY!」を見ました。Perfumeのレギュラー番組です。

 今週は珍しく芸人は登場せず、浴衣姿の出演者たちが視聴者の女性の恋の悩みについて議論するという内容。各議題の最後にのっち議長がアドバイスをしていて、Perfumeも台本をこなすのにすっかり慣れてきた印象でした。良い議会してるからね。


Perfume「love the world」(初回限定盤)(DVD付)

Perfume「love the world」

2008年8月 1日

「Cutie Pai recorded Tower ver.1」

 brancoで「Cutie Pai recorded Tower ver.1」放送。ライヴ映像を見ながら、Cutie Paiとチャットができる企画でした。

 事前にアナウンスされていた6月9日の映像のほか、早くも一部で伝説化している6月8日のデパートメントHの映像も! 後者での0列突入の異常事態っぷりをやっとカメラからの視点で確認できました。


Cutie Pai「Cutie MANIA」

記事一覧
月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.