小心者の杖日記

2008年4月11日

カーネーション@渋谷CLUB QUATTRO

 渋谷CLUB QUATTROでのカーネーションのライヴ「Carnation 25th Anniversary 25年目のカーネーション『シュガータウンの荒馬』」へ。

 今回は、久しぶりにサポート・メンバーなしで、メンバー3人だけによるステージ。3人のアンサンブルの強力さ、それにまったく揺らがない安定感を持つ直枝政広のボーカルは、特に「ANGEL」などで堪能できました。本人たちが「じっとり、じっくり」と語ったように、ソリッドな演奏からタメのきいたプレイまで聴かせるライヴ。現在のカーネーションは、日本の3ピース・バンドとしては最高峰のバンドのひとつでしょう。

 中盤では、このバンドの特殊性を浮きあがらせるために、ドラムの矢部浩志がキーボードに移り、変則的な編成でも演奏。

 2008年に「モーレツな人 モーレツな恋 -うちにかぎってそんなことはないはず-」が聴けたのには驚きました。鳴りやまない歓声にアンコールは3回もあり、最後を飾ったのは島倉千代子のカバー「愛のさざ波」でした。

 物販では、ライヴ会場のみで販売されている7インチアナログ盤「WILD FANTASY」、コピーコントロールCDなのでアナログ盤しか買っていなかった「スペードのエース」(→amazon.co.jp)を購入。


カーネーション「スペードのエース」 (CCCD)

カーネーション「WILD FANTASY」

カーネーション「The Sounds of ROCK LOVE」

投稿者 munekata : 2008年04月11日
この記事に関連しているかもしれない商品
コメント
コメントはまだありません。
コメントする





保存しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.outdex.net/mt5/mt-tb.cgi/13705

月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.