小心者の杖日記

2008年3月31日

日本テレビ「知力!体力!家族の絆汗と涙の大家族クイズ」

 日本テレビ「知力!体力!家族の絆汗と涙の大家族クイズ」を見ました。北海道の緑川家(6男3女)、千葉の木内家(7男5女)、三重の関谷家(3男6女)、鹿児島の中川家(3男5女)が、クイズで200万円獲得を目指して争うという新機軸の大家族番組でした。

 衝撃度のインフレを起こした「アフター青木家」とも呼ぶべき大家族シーンの中で、こうした家族の絆を強調する番組はたしかに有効でしょう。基本的にワイルドである大家族の家の中を舞台にクイズが展開され、そこに各家族の日常風景が織り込まれる構成も面白かったです。

 キャラクター的には、ヤンキー色の強い千葉の木内家が一歩リード。その木内家では、二女が家出中とかで、戻ってきた二女に父親が「帰れよ、みんなでクイズやってるんだ」と説得するシーンがなんだかシュールでした。


青木あざみ「まっすぐに。」

青木あざみ「いつも。」 

フジテレビ「HEY! HEY! HEY! 生のお台場春一番スペシャル!!」

 フジテレビ「HEY! HEY! HEY! 生のお台場春一番スペシャル!!」を見ました。Perfumeは遂にaikoと共演。ただ、番組内では郷ひろみとの絡みが多くて、「GOLDFINGER '99」で踊るPerfumeというのも味わい深かったです。ちなみに今日Perfumeが歌ったのは「ポリリズム」。


Perfume「GAME」(DVD付) 【初回限定盤】

Perfume「GAME」

2008年3月30日

フジテレビ「11人ワケあり大家族3男6女!裸の奮闘記」

 フジテレビ「11人ワケあり大家族3男6女!裸の奮闘記」を見ました。大阪府の蓮香家の番組で、日曜の夕方という時間帯でしたが堂々の85分枠です。

 3男6女のこの大家族は、実は両親が離婚歴を持つ者同士。父親が3人、母親が5人を以前の家庭から連れてきていて、さらに再婚後に1児が生まれているという家族構成です。そのため番組の焦点は、血のつながっていない親と子供との複雑な関係に置かれていました。子供のひとりいわく、「いきなり変なオッサンがきたんだもん」。もちろん、1日の洗濯量や食費の紹介、家族旅行の様子など、大家族番組の定番メニューも揃っていました。

 ちなみに両親の出会いは、インターネットの子育てサイトだったとか。前回は16歳で結婚したという母親が腕のタトゥーを隠していなかったのも印象的でした。そして最後は、母親が新たに妊娠したと子供たちに報告するところで幕。まだまだ子宝が期待できそうな大家族です。


青木あざみ「まっすぐに。」

青木あざみ「いつも。」

フジテレビ「笑っていいとも!増刊号」

 フジテレビ「笑っていいとも!増刊号」 を見ました。目当ては木曜日に出演したPerfumeのCM中のトーク。あ〜ちゃんの「300キロって何キロですか?」に笑いました。


Perfume「GAME」(DVD付) 【初回限定盤】

Perfume「GAME」

2008年3月29日

ソウル・フラワー・ユニオン、曽我部恵一BAND@Shibuya O-WEST

 ソウル・フラワー・ユニオン主催の「闇鍋音楽祭 2008」のためにShibuya O-WESTへ。

 2日目のゲストは曽我部恵一BAND。登場とともに一気に観客の心をつかむエネルギーがみなぎっていました。ライヴの詳細は、次号の「MUSIC MAGAZINE」に載る曽我部恵一さんの記事に書きたいので、ちょっとこの場では省略させてください。

 ちなみにMCでは、高校生当時四国にいた曽我部恵一が、中川敬が大阪でバイトをしているという噂を聞きつけて、バイト中の中川敬を見に行ったという話をしていました。

 ソウル・フラワー・ユニオンは昨日と同じ編成。今日は、ソウル・フラワー・ユニオン流のジャズ歌謡の傑作「さよならだけの路地裏」が上村美保子のコブシのきいたボーカルで歌われたのにしびれました。NEWEST MODEL時代の「もっともそうな2人の沸点」が披露されたのにも興奮。そして、やはり「海行かば 山行かば 踊るかばね」では、フロアがモッシュと祭囃子ノリのミクスチャーになっていました。

 今日のMCでは、ドラムの伊藤孝喜を「YOSHIKIじゃなくてコーキです」「最後は失神します」と中川敬が紹介するなど、X JAPANネタが多数。そして中川敬の42歳の誕生日で、ケーキが運ばれてきても照れくさそうに三線のチューニングをしていたのが印象的でした。


ソウル・フラワー・ユニオン「ライヴ辺野古」

ソウル・フラワー・ユニオン「満月の夕〜90's シングルズ」

曽我部恵一BAND「キラキラ!」

A Mad Tea Party vol.6

 山下スキルさんのお宅での「A Mad Tea Party vol.6」へ。心優しい音楽マニアの集まる場で、容赦なくPerfume、Aira Mitsuki、Saori@destiny、Cutie Paiを流してきました。Perfumeの「Baby cruising Love / マカロニ」はそのままスキルさんにプレゼント。お誕生日おめでとう! 久しぶりに風街まろんさんにもお会いできました。祝ブログ再開。そして山下家の猫はみんなフォトジェニックです。


[ 日常 ]

2008年3月28日

テレビ朝日「タモリ倶楽部」

 テレビ朝日「タモリ倶楽部」を見ました。Perfumeが「若いお坊さんに人気のグループ」として出演したからです。若いお坊さんたちが各自の好きな楽曲とともに最新ファッションで登場していたのですが、Perfumeではなくなぜか村田陽一ソリッド・ブラスから選曲していたお坊さんがいて推せました。


Perfume「GAME」(DVD付) 【初回限定盤】

Perfume「GAME」

ソウル・フラワー・ユニオン、ミドリ@Shibuya O-WEST

 ソウル・フラワー・ユニオン主催の「闇鍋音楽祭 2008」のためにShibuya O-WESTへ。

 初日のゲストはミドリ。まずは、ボーカルとギターの後藤まりこ抜きで、完全にジャズのインストゥルメンタルを1曲演奏しました。そして、突然後藤まりこのセーラー服コスプレの女の子が客の頭上にのぼってステージまで渡ったかと思ったら、後藤まりこ本人。この登場には衝撃を受けました。

 昭和歌謡風のメロディーとジャズのフィーリングの漂う演奏が同居する楽曲には、服部良一をハードコア化したかのようだと感じました。また、和風のメロディからフリージャズのような展開を聴かせる楽曲も。ソウル・フラワー・ユニオンがミドリを呼んだのにも納得しました。

 一方では、後藤まりこがマイクスタンドを投げたり、飲んだ水を口から垂らしたり、背面ダイブをしたり。大変なステージでした。

 そしてソウル・フラワー・ユニオンは伊丹英子が不在で、コーラスに桃梨の上村美保子を迎えた編成。「エエジャナイカ」での幕開けに俄然高まりました。

 がんと闘っているという舞踏家・歌舞伎昌三に捧げた新曲「愛を総動員」(正式な表記は不明)は陽性なパワーに満ちた楽曲。6月18日発売のニュー・シングル「海へゆく」も渋味がきいた良い曲でした。

 通常の縦ノリと横ノリに加えて、祭囃子ノリが同居しているのがソウル・フラワー・ユニオンのライヴの面白いところ。終盤の「風の市」「神頼みより安上がり」「海行かば 山行かば 踊るかばね」では、モッシュと祭囃子ノリが同居するという特異な状態のフロアになりました。

 アンコールでは、JIGENがベースを三味線のように演奏。このプレイにも驚きました。


ソウル・フラワー・ユニオン「ライヴ辺野古」

ソウル・フラワー・ユニオン「満月の夕〜90's シングルズ」

ミドリ「清水」

Saori@destinyさんにインタビュー取材

 3月26日に「sakura」(→amazon.co.jp)でメジャー・デビューしたSaori@destinyさんにインタビュー取材。野外で写真や動画の撮影も行ったのですが、一時は雨でどうなるかと思ったものの、やがて晴れてくれて本当に良かったです。記事は来週ぐらいに講談社の「MouRa」に掲載されます。


Saori@destiny「sakura」

2008年3月27日

ピエール・イヴ・ボルジョー監督「Return To Goree」

 渋谷のシネカノン試写室で、ピエール・イヴ・ボルジョー監督「Return To Goree」の内覧試写会。ユッスー・ンドゥールの音楽プロジェクトを描いたドキュメンタリー映画です。

 ユッスー・ンドゥールは母国セネガルで、かつて奴隷売買の地であったゴレ島を訪れ、そこからアフリカ音楽が伝播し変容していった痕跡を追う旅へと向かいます。一緒に旅をするのは、スイスの盲目のジャズ・ピアニストであるモンセフ・ジュヌ。

 ゴスペル、セカンド・ライン、そしてジャズのミュージシャンたちとセッションしながら、アメリカからヨーロッパへと渡り、ジャズへとアプローチしていきます。そして、出会ったミュージシャンたちをセネガルに招き、彼らとゴレ島でライヴをするまでを描いた作品です。

 その旅が文化的、宗教的な壁に直面したこともこの映画は記録しています。W.マイケル・ターナー Jr.らのゴスペル・グループに、ユッスー・ンドゥールは「イエス」という言葉を置き換えてくれと頼み、グループ内は議論に。その後に、ホテルでイスラムの礼拝をするユッスー・ンドゥールの姿が挿入されているのは意図的なものでしょう。

 そしてゴスペル・グループも最終的にはユッスー・ンドゥールの提案に同意し、さらにゴレ島にあるかつての奴隷館で過去を伝えている活動家、ブバカル・ジョセフ・ンジャイの前で、ゴレ島をテーマにしたオリジナル楽曲を歌うシーンはこの映画のハイライト。カメラはその歌に聴き入るブバカル・ジョセフ・ンジャイの顔をアップで撮り続けます。

 なお、楽曲はフルでは収録されていないので、サウンドトラック盤の発売が待たれます。ジャズに接近しつつもフュージョンっぽくなっていないのでは、グルーヴ重視のサウンドに仕上がっているためでしょう。

 日本での公開時期はまだ未定だそうですが、2008年のロードショーが予定されています。


Youssou N'Dour「Rokku Mi Rokka」

フジテレビ「笑っていいとも!」

 フジテレビ「笑っていいとも!」を見ました。Perfumeが「タモリ倶楽部」に出演すると聞いたときには、「『笑っていいとも!』より先かよ」と思ったものですが、放送順は「笑っていいとも!」のほうが先になりました。次は「徹子の部屋」を目指していもらいたいです。

 さて、どこかで見た顔が映ったオープニングを過ぎて「テレフォンショッキング」へ。SHO軍団の花など、大量の花を見ただけであ〜ちゃんが泣きそうになっていたのが良かったです。あとタモリとのっちの鉄道トークも。


Perfume「GAME」(DVD付) 【初回限定盤】

Perfume「GAME」


「電脳コイル」第7巻限定版

 「電脳コイル」第7巻限定版(→amazon.co.jp)購入。


「電脳コイル」第7巻限定版

2008年3月26日

TBS「CDTV×赤坂sacas」

 昨夜に続いて、TBS「CDTV×赤坂sacas」を見ました。

 今夜はPerfumeの「エレクトロ・ワールド」と「チョコレイト・ディスコ」が放映されましたが、「エレクトロ・ワールド」は驚愕のショート・バージョン。5曲収録されたうち、結局「パーフェクトスター・パーフェクトスタイル」は放映されませんでした。


Perfume「GAME」(DVD付) 【初回限定盤】

Perfume「GAME」

「細野晴臣と地球の仲間たち〜空飛ぶ円盤飛来60周年・夏の音楽祭〜」、玉置浩二

 オムニバス「細野晴臣と地球の仲間たち〜空飛ぶ円盤飛来60周年・夏の音楽祭〜」→amazon.co.jp)、玉置浩二「玉置浩二 CONCERT TOUR 2007☆惑星☆」(→amazon.co.jp)購入。「細野晴臣と地球の仲間たち〜空飛ぶ円盤飛来60周年・夏の音楽祭〜」は2枚組DVD、玉置浩二「玉置浩二 CONCERT TOUR 2007☆惑星☆」はCD2枚とDVD1枚からなる完全生産限定盤です。


オムニバス「細野晴臣と地球の仲間たち〜空飛ぶ円盤飛来60周年・夏の音楽祭〜」

玉置浩二「玉置浩二 CONCERT TOUR 2007☆惑星☆」

[ CD , DVD ]

津野裕子

 津野裕子「一角散」(→amazon.co.jp)購入。8年ぶりの新刊にして、描き下ろし作品を2本収録しています。まさに待望の単行本です。


津野裕子「一角散」


「PLAYBOY日本版」の「ロック・ベスト100」のアンケート詳細が公式サイトで公開中

 「PLAYBOY日本版」5月号(→amazon.co.jp)の特集「ロック・ベスト100」のアンケート回答の詳細が公式サイトで公開中です。音楽評論家やミュージシャンなど103人がベスト・アルバム10枚を回答しており、中村とうようと中村雅俊というW中村が並ぶ独特のラインナップとなっています。


「PLAYBOY日本版」5月号

[ 音楽 ]

2008年3月25日

TBS「CDTV×赤坂sacas」

 TBS「CDTV×赤坂sacas」を見ました。公開収録がかなり盛り上がったという、Perfumeが出演した番組です。

 今日放送されたのは「ポリリズム」と「Baby cruising Love」の2曲。「ポリリズム」はいわゆるポリループの部分はありませんでした。セットの照明がかなり派手で、ワンマンライヴでもこのぐらいやってほしいものです。

 他にもTRFなどが出演。俄然高まりました。


Perfume「GAME」(DVD付) 【初回限定盤】

Perfume「GAME」

ロクロク星人グッズが六本木ヒルズから消える?

 ROKUROKUSEIJIN.comにいただいたメールで、六本木ヒルズの公式キャラクター・ロクロク星人のぬいぐるみが、現在は3種類しか販売されていないことを知りました。MAC MUSEUM SHOP.COMで販売されているこの3種類のみです。

 さらに六本木ヒルズへ行ってみてショップで確認したところ、ロクロク星人グッズの今後の生産、販売は未定で、店頭在庫をもって今後は「いつの間にか消えたキャラクター」になりそうな雰囲気でした。そんなわけで、持っていなかったグッズを店頭にあるだけ購入。これで、高額なリトグラフ以外のグッズはほぼすべて収集できたと思います。



 下の写真の中央のぬいぐるみは「とんがり君」。正確にはロクロク星人ではありませんが、関連グッズとして押さえておきました。


 ご存知の通り、ロクロク星人は村上隆のデザインによるもの。朝日新聞の記事「価値を伝える技はあるか<村上  隆が語る仕事・2>」で彼はこう語っています。


 陣頭で総指揮を執っていた森稔さんからもらったテーマは、未来の大人の街造り、みたいな感じでした。そこで私が案出したことは未来の大人は今の子供、という意味の裏返し。子供への真剣なメッセージ!として66星人というキャラクターを作りました。街のオープンのコマーシャルはアニメーションで66星人たちがキャ〜って叫んでいたりして、幼稚だ、と新聞のコラムで揶揄(やゆ)されたりしました。しかし私は絶対に革命をお手伝い出来たと思っているんです。だって、未来の大人となる今の子供たちには、しっかりとメッセージが伝わっていて、ヒルズには当初予想していなかった幼児たちが大挙して押し寄せたんですから。革命は未来にやってくるんです。届けたメッセージは「信じろよ!」でした。


 こうして子供向けのキャラクターとしてロクロク星人は誕生し、2003年4月25日の開業以降、グラフィック、着ぐるみ、人形などで常に前面に登場していました。同年のクリスマス前後には、パレードも開催されています。

 そうした状況が変わったのは、2004年3月26日に男の子が回転ドアで事故死した事件でした。当時、森ビルはテレビ朝日で「六本人になろう」という短い番組を持っていたのですが、事件の発生した日から放送を中止。番組で流れていた、おそらく細田守によるアニメーションも見ることができなくなりました。

 その後もグッズの販売は続いていたのですが、徐々にショップの奥になり、そして生産、販売未定という事態に。森ビルと村上隆の間に何があったのかは知る由もありません。ただ、ロクロク星人が消える覚悟とともに、ROKUROKUSEIJIN.comのデザインを変え、データベースとして強化しておこうと思います。


六本木ヒルズ×篠山紀信

[ 日常 ]

2008年3月24日

曽我部恵一さんにインタビュー取材

 4月15日に「キラキラ!」(→amazon.co.jp)をリリースする曽我部恵一BANDの曽我部恵一さんにインタビュー取材。ふたりの娘さんが遊ぶROSE RECORDSのオフィスで取材をして、最中をおみやげにいただいて帰りました。記事は次号の「MUSIC MAGAZINE」に掲載されます。


曽我部恵一BAND「キラキラ!」

「日刊サイゾー」で森山花奈さんのインタビュー記事を担当しました

 日刊サイゾーで、DVD「ミラクル★アイドル」(→amazon.co.jp)をリリースした森山花奈さんのインタビュー記事「この美尻にナマで○○!? 異色アイドルのキワどい魅力とは?」を担当しました。トップページから見るとお尻しかない斬新な構成は、プロデューサー生命を賭けた川原崎さんの英断によるものです。よろしくお願いいたします。


森山花奈 「ミラクル★アイドル」

「MUSIC MAGAZINE」4月号

 「MUSIC MAGAZINE」4月号(→amazon.co.jp)では、坂本龍一とコモンズの特集記事、「Yestermorrow Village」(→amazon.co.jp)をリリースしたLife Goes Onの岡田徹のインタビュー記事、ソウル・フラワー・ユニオン「満月の夕〜90's シングルズ」(→amazon.co.jp)のアルバム評とソウル・フラワー・ユニオン&モノノケ・サミット「ライヴ辺野古」(→amazon.co.jp)のDVD評を担当しています。

 電気グルーヴ特集では、TGV渡辺兵馬くんが「オリジナル・アルバム以外の重要作」のページを担当。まさに適材適所です。


「MUSIC MAGAZINE」4月号

アイドルダンスのアムロレイが新ユニット「広島℃utie girlz」結成

 これまで逐一その活動をご紹介してきた広島のアイドルダンスの奇才・アムロレイが、新ユニット「広島℃utie girlz」を結成し、3月16日にライヴをしていたことがわかりました。



 アムロレイ以外のふたりも男性のようですが、やはりブレイクダンス出身かと思われる高い身体能力で、℃-uteの「大きな愛でもてなして」と「まっさらブルージーンズ」を華麗に踊りこなしています。

 さらに可笑しいのが、途中で振りコピならぬMCコピをしている点。ライヴ音源のMCに合わせて延々とMCの真似をしています。


℃-ute「キューティークイーン VOL.1」

2008年3月23日

Aira Mitsuki@HMV横浜VIVRE

 Aira Mitsukiの「チャイナ・ディスコティカ」(→amazon.co.jp)リリース・イベントのためにHMV横浜VIVREへ。

 整理番号順に並んでミニ・ライヴを見る形式で、しかもサイン会があるというので、ついいつもの癖でCDを購入してしまいました。もういただいているのに。

 ライヴは「チャイナ・ディスコティカ」「ROMANTIC ROPE」「カラフル・トーキョーサウンズ・NO.9」の3曲。「チャイナ・ディスコティカ」では、Aira Mitsukiのちょっとたどたどしいダンスが愛らしいです。間奏でのロボット・ダンスも面白いですね。

 また、すでに今回のリリース・イベントを見ていた人たちから「ダンサーが推せる」と何度も聞いて首をひねっていたのですが、「カラフル・トーキョーサウンズ・NO.9」のとき向かって右のダンサーはたしかに推せました。

 そしてサイン会。日刊サイゾーでインタビュー(前編後編)したお礼や、妻も昨日名古屋のApple Store Nagoya Sakaeでイベントを見た話などをして、握手をしてきました。

 終了後は、名古屋から戻ってきた妻も含めて4人で反省会。うっかり4時間ほど話し続けてしまいました。


Aira Mitsuki「チャイナ・ディスコティカ」

音楽センターアコーディオン科南部教室 2007年度修了演奏会 スプリングコンサート@川崎市総合自治会館

 ayumiさんに誘われて、川崎市総合自治会館での「音楽センターアコーディオン科南部教室 2007年度修了演奏会 スプリングコンサート」へ。ayumiさんのお友達で、ブラジル音楽のバンド・フォホー・レガウで活動しているMi-Tchanさんが出演すると聞き、以前ayumiさんの結婚パーティーでバンドの演奏を見たことがあるので行ってみました。

 会場内は予想以上の動員、そして平均年齢の高さ。僕が聴いた中ではMi-Tchanさんが一番うまく、人により巧拙はあったものの、アコーディオンという楽器の響きを有名曲のメロディーとともに楽しんできました。

 Mi-Tchanさんの出番が終わった後は、近くのカフェでayumiさんとkayaさんとお茶。


初心者のための アコーディオン教本 池田輝樹/著

2008年3月22日

キリンジ、大滝詠一、Roger Joseph Manning Jr.、The Feeling、The Lovin' Spoonful、広末涼子

 キリンジ「7-seven-」初回限定盤(→amazon.co.jp)、大滝詠一「ナイアガラ・カレンダー 30th Anniversary Edition」(→amazon.co.jp)、Roger Joseph Manning Jr.「Catnip Dynamite」(→amazon.co.jp)、The Feeling「Join With Us」(→amazon.co.jp)、The Lovin' Spoonful「Do You Believe In Magic?(魔法を信じるかい?)」(→amazon.co.jp)、中古盤で広末涼子「Soup up! Hirosue」「RH Singles & ●●●」初回限定盤(→amazon.co.jp)購入。

 キリンジ「7-seven-」初回限定盤はDVD付き。大滝詠一「ナイアガラ・カレンダー 30th Anniversary Edition」はボーナス・トラック12曲。The Feeling「Join With Us」 は、レコファンで2枚組仕様のものを買いました。The Lovin' Spoonful「Do You Believe In Magic?(魔法を信じるかい?)」は紙ジャケット仕様、ボーナス・トラック5曲追加の初回限定生産盤。

 広末涼子は持っていないアイテムを揃えるために買ったもので、「Soup up! Hirosue」は味の素「クノールカップスープ」の抽選による非売品CDです。


キリンジ「7-seven-」初回限定盤

大滝詠一「ナイアガラ・カレンダー 30th Anniversary Edition」

Roger Joseph Manning Jr.「Catnip Dynamite」

The Feeling「Join With Us」 (Spec)

The Lovin' Spoonful「Do You Believe In Magic?(魔法を信じるかい?)」(紙ジャケット仕様)

広末涼子「Soup up! Hirosue」

広末涼子「RH Singles & ●●●」初回限定盤

[ CD ]

志村貴子、やまむらはじめ

 志村貴子「青い花」第3巻(→amazon.co.jp)、やまむらはじめ「神様ドォルズ」第2巻(→amazon.co.jp)購入。


志村貴子「青い花」第3巻

やまむらはじめ「神様ドォルズ」第2巻

The Beach Boys、バンド名の使用権について和解

 ZAKZAKに「ビーチ・ボーイズ名称で和解…再集結ライブが実現も?」という記事が。


ロイター通信によると、米サーフミュージックの大御所バンド「ビーチ・ボーイズ」のオリジナルメンバー3人が21日までに、バンド名の使用権について和解した。


 この記事の「3人」とは、たぶんBrian Wilson、Mike Love、Al Jardine。近年和解ムードが漂っていたメンバーの関係ですが、記事に書かれているようにライヴまで発展するでしょうか。


The Beach Boys「Sounds of Summer: The Very Best of the Beach Boys」

[ 音楽 ]

2008年3月21日

くるりと高校の吹奏楽部が共演する動画が配信中

 くるりが、卒業する高校生の門出を祝うために浜松海の星高等学校吹奏楽部と共演している動画が「MY GENERATION 卒業ライブ × くるり」で配信中です。心が高鳴るような「Bremen」の演奏風景。くるりのふたりだけで名曲「春風」を演奏する部分も良いです。


Philharmonic or die


Cutie Pai「ミュージック・ランデヴー キューティーリズムマニアリミックス」が無料ダウンロード可能

 Cutie Paiの「ミュージック・ランデヴー キューティーリズムマニアリミックス」が、この楽曲のリミキサーであり、108recordを主宰する百八つ煩悩丸ひろしさんの「mF247 | gR² | 百八つ煩悩丸ひろし」で無料ダウンロード可能です。

 この「ミュージック・ランデヴー」のリミックスは、講談社の「MouRa」の「『魔法の国からやってきたお人形』アイドルユニット『Cutie Pai』が講談社にやってきた!」でも話題が出た、8分の6拍が途中で出てくるリミックス。12分もあるので2分割されていますが、ぜひ続けて聴いてみてください。


Cutie Pai「ミュージック・ランデヴー」

2008年3月20日

Perfumeをカバーするオーストラリアの男性2人組「COLOGNE」

 MySpace.comで、Perfumeをカバーしているオーストラリアの男性2人組・COLOGNEの楽曲を聴くことができます。現在聴くことができるのは「ポリリズム」と「Baby cruising Love」の2曲。男性の声で歌われるとなんだか新鮮です。


Perfume「GAME」(DVD付) 【初回限定盤】

Perfume「GAME」

Perfumeの振りコピをする「BEE-5戦隊」

 Perfumeの振りコピをするBEE-5戦隊がニコニコ動画に動画を3本アップロードしています。撮影場所は、スタジオだったり、自宅だったり、住宅街の空き地だったり。覆面ユニットながら、メンバーの個性も出ていて面白いです。また、2月3日の段階で「ポリリズム」完全版に自前のアレンジで挑戦している点に感心しました。


Perfume「GAME」(DVD付) 【初回限定盤】

Perfume「GAME」

2008年3月19日

kiyohero飲み

 高円寺でkiyohero飲み。京都に移るはてなkiyoheroさんの送別会でした。というか、昨日から2日連続で彼を送別しています。

 今日はkiyoheroさん、日刊サイゾーの川原崎さん、岡沢宏志さん、そして僕という日刊サイゾー関係者での送別会でした。


「サイゾー」4月号

[ 日常 ]

「勝ち抜き!アイドル天国!! ヌキ天」生放送観覧

 「勝ち抜き!アイドル天国!! ヌキ天」の生放送の観覧のため、六本木の東京ミッドタウンの33階へ。Cutie Paiが再出演したためです。

 最初はリハーサルだけ見るつもりだったのですが、今回は「ミュージック・ランデヴー」が披露されるというのに歌のリハーサルが終了していたので、結局本番も見てしまいました。

 今回は、20人以上ものCutieマニアとその周辺が集まる状況に。ナチュラルに集まりすぎだろ。なぜかtoutouのTシャツを着ている人が多かったです。偽まゆちゃん(男女)、偽チッチに加えて、遂に偽きわサンも揃いました。

 「ヌキ天」では前回から勝ち抜きシステムが変更。そして、Cutie Paiもチッチのアフロが数倍に増量され、メイクも大人っぽい雰囲気になるなど、気合を感じさせました。特にアフロの毛量が。

 そして「ミュージック・ランデヴー」を歌ったCutie Paiは、審査員5人全員から「勝ち抜き!!」のボードを獲得して圧勝。ブラザートムの「アフロヘアー、大好きなの!」など、絶賛されまくっていました。気持ちいいなぁ。ただ、キラー・チューンを繰り出したことで次回の審査基準が上がってしまったのもたしかなので、次にどう出るか期待したいです。

 なお、2月20日の出演時にヲタが0列突入した放送事故寸前の映像は、「CutiePai|ヌキっ娘カタログ」で見ることができます。1分27秒以降。ページを開くと同時に再生がスタートするのでご注意を。


Cutie Pai「ミュージック・ランデヴー」

2008年3月18日

Cutie Paiのインタビュー記事を「MouRa」で担当しました

 Cutie Paiの皆さんのインタビュー記事を、講談社の「MouRa」で担当しました。記事は「『魔法の国からやってきたお人形』アイドルユニット『Cutie Pai』が講談社にやってきた!」。約1万字のインタビュー、写真、メッセージ動画と盛りだくさんの内容です。

 5月17日にニュー・アルバム「Cutie MANIA」がリリースされるという情報は、この記事が初出でした。Cutie Paiの皆さん、ありがとうございます。他にも、モバイル公式サイトの「Cutie Pai大作戦!」、3月31日にスタートする映像配信サービス・brancoといった今後の展開のほか、Cutie Paiの音楽面にも字数を費やしました。

 よろしくお願いいたします。


Cutie Pai「eve」

はてなお別れ会

 渋谷ではてなお別れ会。京都に移るはてなの社員の皆さんのうち、Perfumeの現場でよく一緒になった人たちの送別会です。

 2006年から、Perfumeのライヴ後にIT業界のPerfumeファンで飲み会をしてから帰るようになりました。まだ大規模反省会がなかった時代の話。今日はその当時のメンバーを中心にした、12人での飲み会でした。その模様は、IT業界らしくUSTREAM.TVで中継です。

 はてなガムをもらって、最後はPerfumeの「wonder2」と秋川雅史の「千の風になって」のマッシュアップ「千のwonder2になって」を合唱して終了。なんであんな歌が即席で生まれたんだろう?

 ともあれ、はてなの皆さん京都でもお元気で!


はてなガム


Perfume「GAME」(DVD付) 【初回限定盤】

Perfume「GAME」

オムニバス「マグレブ音楽紀行 第1集〜アラブ・アンダルース音楽歴史物語」

 今日は、オムニバス「マグレブ音楽紀行 第1集〜アラブ・アンダルース音楽歴史物語」→amazon.co.jp)を聴いていました。田中勝則選曲によるアラブ・アンダルース音楽の2枚組編集盤。


オムニバス「マグレブ音楽紀行 第1集〜アラブ・アンダルース音楽歴史物語」

[ CD ]

Tanburi Cemil Bey「Vols.IV&V(オスマン・トルコ古典の最後の英雄 第3集)」

 今日は、Tanburi Cemil Bey「Vols.IV&V(オスマン・トルコ古典の最後の英雄 第3集)」(→amazon.co.jp)を聴いていました。


Tanburi Cemil Bey「Vols.IV&V(オスマン・トルコ古典の最後の英雄 第3集)」

[ CD ]

Tanburi Cemil Bey「Vol.II&III(オスマン・トルコ古典の最後の英雄 第2集)」

 今日は、Tanburi Cemil Bey「Vol.II&III(オスマン・トルコ古典の最後の英雄 第2集)」(→amazon.co.jp)を聴いていました。


Tanburi Cemil Bey「Vol.II&III(オスマン・トルコ古典の最後の英雄 第2集)」

[ CD ]

2008年3月17日

「別冊宝島1520 音楽誌が書かないJポップ批評52 X JAPANの全軌跡」

 「別冊宝島1520 音楽誌が書かないJポップ批評52 X JAPANの全軌跡」→amazon.co.jp)ではコラムを執筆しました。


「別冊宝島1520 音楽誌が書かないJポップ批評52 X JAPANの全軌跡」

Perfume出演CMが配信中

 V-VISIONPerfumeが出演しているVAIOのCMが配信中です。Perfumeのセーラー服姿、そして新曲「セラミックガール」。


Perfume「GAME」(DVD付) 【初回限定盤】

Perfume「GAME」

2008年3月16日

ゴージャス宝田

 ゴージャス宝田「お兄ちゃんクチュクチュしすぎだよっ」(→amazon.co.jp)購入。


ゴージャス宝田「お兄ちゃんクチュクチュしすぎだよっ」

2008年3月15日

残念なヲタたちの熱い夜

 Perfumeヲタ仲間3人が宗像家に遊びに来ることになっていたのですが、実際に集まってみたら10人でした。僕ら夫婦も含めると、家の中にPerfumeヲタが12人。なぜか我が家がダンスフロアに、というよりも部室のような状態になってしまいました。ヲタが10人以上集まると、アイドルがいなくてもそこが「現場」になってしまいます。

 そんな残念な状況の中、ヲタ仲間向けにUSTREAM.TVで放送。宗像家にいる人数が多すぎて、見ている人数とほぼ同数です。結局8時間半ほど中継していました。

 終盤はさすがにダレてきましたが、別の家に集まっていたヲタ3人もUSTREAM.TVを午前4時から始めたので、俄然こちらもヒート・アップ。テレビ電話状態で無駄にテンションを上げた後、始発とともにみんなは帰り、ひとり残された僕のみ(妻は途中で寝ました)で、目的を見失ったまましばらく放送を続けていました。

 さて、今夜はテクノポップ好きが大挙して大阪へ遠征。その様子は随時Twitterでうかがえました。大阪では、Aira Mitsuki→「POP STEP PICNIC」(エイプリルズ、Hazel Nuts Chocolateなどが出演)→capsuleと現場を回したそうです。capsuleの会場に入りきれなかった人が、ネットカフェから宗像家USTREAM.TVに参加したりもしていました。

 また、土曜から日曜にかけては℃-uteのバス・ツアー「キューティー観光社 Bus Tour in CHUKYO」も開催され、Twitterやmixiで宿、夕食、イチゴ狩りなどの模様が実況されていました。

 皆さんおつかれさまでした、楽しかったです。


Perfume「GAME」(DVD付) 【初回限定盤】

Perfume「GAME」

ARMAN HOVHANNISYAN、Huong Thanh & Nguyen Le

 ARMAN HOVHANNISYAN「GITEM」、Huong Thanh & Nguyen Le「Fragile Beauty」(→amazon.co.jp)購入。

 Huong Thanhは、フランス在住のベトナム系アーティスト。問題はアルメニアのアーティストのARMAN HOVHANNISYANで、珍しい現地盤です。しかもビデオ・クリップがすごい。EL SUR RECORDSで買えます。



ARMAN HOVHANNISYAN「GITEM」

Huong Thanh & Nguyen Le「Fragile Beauty」

[ CD ]

世界の音楽を聞く@渋谷国境の南

 蒲田耕二さん北中正和さん田中勝則さんによるレコード・コンサート「世界の音楽を聞く」のために渋谷国境の南へ。「こんにちはー」と言いながら入店したところ、皆さん静かに聴き入っている最中でした。すみません……。

 今回のテーマは「レンベーティカ――東西の接点、アナトリアで生まれたギリシャ底辺層音楽の特異な魅力」。第1部が「トルコ・ギリシャ共生時代1〜アナトリア録音」「トルコ・ギリシャ共生時代2〜アメリカ録音」、第2部が「住民交換以後〜アテネ録音」「ピレウス派の台頭〜2大国民歌謡」「レンベーティカからライカへ」という構成で、戦争、移民、闇社会といった社会的、文化的背景の解説を受けながら、1900年頃からの音源をたっぷり聴くことができました。ある意味、聴けば聴くほどイメージが固まりづらくなるほどレンベーティカの世界は深いです。

 ところで終了後、同じ店内で続いて「FB/DJ PARTY VOL.15 - WHITE DAY SPECIAL : BIRI BIRI NIGHT」が開催されるのかと思っていたら、それは前日だったとわかって愕然。サカキマンゴーさんのライヴを聴き逃しました……。


オムニバス「レンベーティカ」

北中正和「Jポップを創ったアルバム―1966~1995 必聴disc徹底ガイド」

鳥居みゆきさんの公式プロフィール写真を担当しました

 鳥居みゆきさんの公式プロフィールである「サンミュージック プロフィール 鳥居みゆき」が更新されてプロフィール写真が新しくなりましたが、僕が撮影した写真を使っていただきました。

 この写真は「サイゾー」1月号の「危険なポップさをまとう鳥居みゆきは、友達募集中!!」に掲載された写真と同じもの。記事掲載時にサンミュージックさんからこの写真に指定がきて、後から鳥居みゆきさんご本人が気に入っているので宣材資料に使わせてほしいという連絡をいただきました。光栄です。

 他にも「サイゾー」では、2月号の「大正時代の演歌の旋律が、日本人の古き良き魂を呼び覚ます?」、3月号の「癒し系?地下アイドル・東京メトロちゃんの秘めたる野望とは!?」の写真も僕が撮影しています。

 また、「MUSIC MAGAZINE」3月号(→amazon.co.jp)の東京ローカル・ホンクのライヴ評でも、写真撮影を同時に担当しました。

 デジタル一眼レフカメラを購入してから約2年。今後も精進したいと思います。


鳥居みゆき ハッピーマンデー

2008年3月14日

Perfumeが地上波テレビ番組に初レギュラー出演

 Perfumeが地上波テレビ番組に初レギュラー出演することになりました。出演するのは、日本テレビのバラエティ番組「HAPPY!」で、共演は徳澤直子とにしおかすみこ。4月4日の24時25分スタートです。


Perfume「GAME」(DVD付) 【初回限定盤】

Perfume「GAME」

Perfumeのニュー・アルバム「GAME」のジャケット公開

 Perfumeのニュー・アルバム「GAME」初回限定盤(→amazon.co.jp)通常盤(→amazon.co.jp)のジャケットが公開されました。それにともなって、アミューズ徳間ジャパンの公式サイトもリニューアル。どこか和風の衣装です。


追記:両公式サイトで、CD、DVDの収録曲も発表されました。


Perfume New Album
「GAME」

1.ポリリズム ※NHK環境・リサイクルキャンペーンソング
2.plastic smile
3.GAME
4.Baby cruising Love
5.チョコレイト・ディスコ
6.マカロニ
7.セラミックガール ※BSフジ連続ドラマ「スミレ 16歳!!」主題歌
8.Take me Take me
9.シークレットシークレット
10.Butterfly
11.Twinkle Snow Powdery Snow
12.Puppy love

[初回限定盤DVD]

1.ポリリズム
LIVE at LIQUIDROOM Nov.8 '07
2.SEVENTH HEAVEN
LIVE at LIQUIDROOM Nov.8 '07
3.マカロニ-Original Version-
4.セラミックガール-Drama Another Version-
5.マカロニ-A-CHAN Version-
6.マカロニ-KASHIYUKA Version-
7.マカロニ-NOCCHI Version-


Perfume「GAME」(DVD付) 【初回限定盤】

Perfume「GAME」

[ CD , Perfume ]

Cutie Paiのまゆちゃん参加の「CLO CLO MADE IN JAPAN」のビデオ・クリップ公開

 Cutie Paiのまゆちゃんがコーラスで参加している、サエキけんぞうプロデュースによるクロード・フランソワのトリビュート盤「CLO CLO MADE IN JAPAN」(→amazon.co.jp)のビデオ・クリップが公開されました。


 そのサエキけんぞう&クラブ・ジュテーム「マグノリア・フォーエヴァー」。



 他に、YMCK、かしぶち哲郎、ELEKTEL featuring 松尾清憲なども参加しています。


オムニバス「CLO CLO MADE IN JAPAN」

2008年3月13日

広末涼子が離婚

 広末涼子岡沢高宏と離婚したことが、公式サイトの「関係者の皆様へ」で発表されました。タイトルタグが間違っている気がするのですが、慌ててページを作成したのでしょうか。


突然のご報告になりますが、この度、私 広末涼子は、岡沢高宏さんとの結婚を解消することになりました。
それぞれの仕事、大切にする想いなど、歩幅を合わせていくことが難しくなってきた結果の決断です。


 2003年12月15日の妊娠、結婚発表から実質的に4年強。

 講談社の「MouRa」での「ネット幸福論」第1回にも書いたように、この「小心者の杖日記」の最初の更新は、1996年12月14日の広末涼子メーリングリストのオフ会の話題でした。あれから11年以上。これであと10年は広末涼子ファンを続ける自信が湧いてきました。


広末涼子「広末涼子Perfect Collection」

2008年3月12日

yanokami、℃-ute

 yanokami「yanokamick」(→amazon.co.jp)、℃-ute「3rd〜LOVEエスカレーション〜」初回生産限定盤(→amazon.co.jp)購入。


yanokami「yanokamick」

℃-ute「3rd〜LOVEエスカレーション〜」初回生産限定盤(DVD付)

[ CD ]

2008年3月11日

山名沢湖

 山名沢湖「つぶらら」第3巻(→amazon.co.jp)購入。


山名沢湖「つぶらら」第3巻

2008年3月10日

NHK「MUSIC JAPAN」公開収録

 NHK「MUSIC JAPAN」の公開収録をNHKホールで観覧してきました。

 今回の収録分は3月28日から5回に分けて放映するそうで、しかも4月からは木曜日に移動するそうです。ステージ入れ替え時の音楽は、やはりDJ SHOUでした。NHK職員なのでしょうか……。

 さて、今回出演したのは13組。青山テルマ feat.SoulJa、中孝介、アリス九號.、w‐inds.、大橋卓弥、ORANGE RANGE、木村カエラ、GOING UNDERGROUND、ゴスペラーズ、タカチャ feat.ACO、Perfume、FUNKY MONKEY BABYS、Berryz工房というメンツでした。

 Perfumeと青山テルマだけは2曲を収録。Perfumeはまず「Baby cruising Love」を歌い、後半で「ポリリズム」を披露しました。この「ポリリズム」は、変拍子のいわゆる「ポリループ」部分があったものの、随所がカットされた初めて聴くバージョンでした。

 冒頭はORANGE RANGEで、やり直しで2回収録。w‐inds.のときには、鼓膜が痛くなるほどの歓声が響き渡りました。木村カエラは石野卓球プロデュースの「Jasper」ではない楽曲。GOING UNDERGROUNDは村下孝蔵の「初恋」をカバーしていて、ストレートにバンド・サウンドにしたアレンジがメロディーの良さを引き出していました。FUNKY MONKEY BABYSは、DJ ケミカルが機材をいじっていなくて清々しいほど。Berryz工房は「ジンギスカン」を歌い、「熊井ちゃん」こと熊井友理奈の背の高さが遠目にも確認できました。


Perfume「Fan Service ~Prima Box~」(DVD付)

Perfume「FAN SERVICE〜BITTER〜 Normal Edition」

2008年3月 9日

「アニソンマガジン」Vol.4

 「アニソンマガジン」Vol.4(→amazon.co.jp)をいただきました。

 巻頭インタビューは、新作「Sunday early morning」(→amazon.co.jp)が話題の桃井はるこ。「『らき☆すた』音楽大特集!」での神前暁×畑亜貴対談も面白く、「曖昧ネットだーりん」(→amazon.co.jp)が全部生音だったという事実も確認できます。


「アニソンマガジン」Vol.4

[ 雑誌 ]

2008年3月 8日

BUFFALO USB2.0 ウェブカメラ BSW3K01HSV

 BUFFALO USB2.0 ウェブカメラ BSW3K01HSV→amazon.co.jp)購入。

 UVC対応なので、USBに差すだけで設定不要で使えます。ラバースタンドでカメラの角度を工夫できるのも便利。


バッファローコクヨサプライ BUFFALO Webカメラ Cmos30万画素 UVC対応 ヘッドセット付 シルバー BSW3K01HSV

ELECOM アンプ内蔵ダイナミックマイクロフォン MS-STM88SV

 ELECOM アンプ内蔵ダイナミックマイクロフォン MS-STM88SV→amazon.co.jp)購入。

 電池を使うタイプのスタンドマイクです。無指向性なので、夫婦で同時に話したりする我が家には非常に便利。


ELECOM スタンドマイク MS-STM88SV

2008年3月 7日

森山花奈さんにインタビュー取材

 森山花奈さんに所属事務所でインタビュー取材。記事は日刊サイゾーに掲載される予定です。


森山花奈 「ミラクル★アイドル」

「ロマンアルバム 電脳コイル」

 「ロマンアルバム 電脳コイル」(→amazon.co.jp)購入。


「ロマンアルバム 電脳コイル」

2008年3月 6日

ayumiさん来訪

 宗像家にayumiさんが来訪。彼女が妊娠してから会うのは初めてで、しかもすでに8ヶ月。一見したときには意外とお腹が大きくないなと思ったものの、いやしかし充分大きいです。ayumiさんは我が家に内田春菊の「私たちは繁殖している」をドーンと置いていってくれました。


内田春菊「私たちは繁殖している」第7巻

[ 日常 ]

「日刊サイゾー」でAira Mitsukiさんのインタビュー記事を担当しました(後編)

 日刊サイゾーで、3月5日にメジャー・デビュー・シングル「チャイナ・ディスコティカ」(→amazon.co.jp)をリリースするAira Mitsukiさんのインタビュー記事「Perfumeから餃子問題まで Aira Mitsukiの本音に迫る!(後編)」を担当しました。前編に続き、今回は中国ギョーザ問題の話題が出てくる後編です。2枚目の写真のポーズ、好きだなぁ。


Aira Mitsuki「チャイナ・ディスコティカ」

アイドル・ダンスのアムロレイ、新作発表

  以前「広島から現れたアイドル・ダンスの新星 アムロレイ」「アイドル・ダンスのアムロレイ、華麗に復活」で紹介した広島のアイドル・ダンサー、アムロレイの新作「アイドル界の新星 アムロレイ 〜第7幕〜」が公開されました。



 2007年11月10日に撮影された「アイドル界の新星 アムロレイ 〜第4幕〜」と同様に、「喜び組」を従えてBerryz工房の「21時までのシンデレラ」と「スッペシャル ジェネレ〜ション」を踊る構成。狭い空間ながら、アムロレイのキレのあるダンスと喜び組のダイナミックな動きを楽しめます。


Berryz工房「スッペシャル!ベストミニ〜2.5枚目の彼〜」

2008年3月 5日

友部正人、原田郁子、高田みち子、平山みき、ソウル・フラワー・ユニオン&モノノケ・サミット

 友部正人「歯車とスモークドサーモン」初回限定盤(→amazon.co.jp)、原田郁子「気配と余韻」初回限定盤(→amazon.co.jp)、高田みち子「TOKYO GIRLS TALK」(→amazon.co.jp)、平山みき「鬼ヶ島」(→amazon.co.jp)、ソウル・フラワー・ユニオン&モノノケ・サミット「ライヴ辺野古」(→amazon.co.jp)購入。

 友部正人「歯車とスモークドサーモン」初回限定盤は、レコーディング風景やインタビューを収録したDVD付き、原田郁子「気配と余韻」初回限定盤はブックCD仕様です。

 平山みき「鬼ヶ島」は、近田春夫プロデュースによる1982年作品の1000枚限定紙ジャケット仕様による再発盤。

 ソウル・フラワー・ユニオン&モノノケ・サミット「ライヴ辺野古」を買ったのは、サンプル盤に「辺野古節」4バージョンを収録したCDが付いていなかったからなのでした。


友部正人「歯車とスモークドサーモン」

原田郁子「気配と余韻」初回限定盤

高田みち子「TOKYO GIRLS TALK」

平山みき「鬼ヶ島」(紙ジャケット仕様)

ソウル・フラワー・ユニオン&モノノケ・サミット「ライヴ辺野古」

[ CD , DVD ]

「日刊サイゾー」でAira Mitsukiさんのインタビュー記事を担当しました(前編)

 日刊サイゾーで、3月5日にメジャー・デビュー・シングル「チャイナ・ディスコティカ」(→amazon.co.jp)をリリースするAira Mitsukiさんのインタビュー記事「Perfumeから餃子問題まで Aira Mitsukiの本音に迫る!(前編)」を担当しました。日刊サイゾーのオリジナル記事には珍しい前後編で、まずはPerfumeの話題が出てくる前編です。


Aira Mitsuki「チャイナ・ディスコティカ」

2008年3月 4日

Cutie Paiにインタビュー取材

 講談社でCutie Paiの皆さんにインタビュー取材。写真や動画の撮影も行われました。記事は、3月17日頃にMouRaに掲載される予定です。


Cutie Pai「eve」


2008年3月 3日

ソウル・フラワー・ユニオン&モノノケ・サミット「ライヴ辺野古」

 今日は、3月5日発売のソウル・フラワー・ユニオン&モノノケ・サミット「ライヴ辺野古」(→amazon.co.jp)を見ていました。2007年2月24日のソウル・フラワー・モノノケ・サミット、25日のソウル・フラワー・ユニオンのライヴを収録したDVD。


ソウル・フラワー・ユニオン&モノノケ・サミット「ライヴ辺野古」

[ DVD ]

ソウル・フラワー・ユニオン「満月の夕〜90's シングルズ」

 今日は、3月19日発売のソウル・フラワー・ユニオン「満月の夕〜90's シングルズ」(→amazon.co.jp)を聴いていました。キューン・レコード在籍時のシングル、ミニ・アルバムの音源にボーナス・トラック6曲を加えた編集盤。


ソウル・フラワー・ユニオン「満月の夕〜90's シングルズ」

[ CD ]

2008年3月 2日

HASYMO「HAS/YMO」

 今日は、3月12日発売のHASYMO「HAS/YMO」(→amazon.co.jp)を見ていました。2007年5月19日のライヴを完全収録した2枚組DVD。


HASYMO「HAS/YMO」

[ DVD ]

坂本龍一「PLAYING THE PIANO/05」

 今日は、3月19日発売の坂本龍一「PLAYING THE PIANO/05」(→amazon.co.jp)を見ていました。2005年12月に開催されたソロ・ピアノ・コンサートを収録したDVD。


坂本龍一「PLAYING THE PIANO/05」

[ DVD ]

坂本龍一「koko」

 今日は、3月19日発売の坂本龍一「koko」(→amazon.co.jp)を聴いていました。3曲入りシングル。


坂本龍一「koko」

[ CD ]

2008年3月 1日

福島聡

 福島聡「機動旅団八福神」第7巻(→amazon.co.jp)「鵺の砦」(→amazon.co.jp)購入。


福島聡「機動旅団八福神」第7巻

福島聡「鵺の砦」

記事一覧
月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.