小心者の杖日記

2008年2月29日

「メガネっ娘居酒屋『委員長』2008」@新宿ロフトプラスワン

 Cutie Paiが出演する「メガネっ娘居酒屋『委員長』2008」のために新宿ロフトプラスワンへ。客もメガネ率が高い!

 フリーメイソンのようなカルト集団風の衣装で伊藤伸平、小野寺浩二、神咲まゆみ、小菅真美、桜坂洋、西川魯介、はいぼく、山本夜羽音が登場。火がついた本物の蝋燭を持って登場するので、そういう意味でも危険です。そして各自がおすすめのメガネっ娘やメガネ男子を紹介。

 続いては、日本のメガネの一大産地である福井県鯖江市での一昨年、昨年の「メガネっ娘&メガネ男子コンテスト」への参加レポートの発表です。2006年から2007年で急にスケールがでかくなりすぎ。なお、現地訪問に参加していた着ぐるみ、というかドーラーの方のおひとりは会場にもいました。いちいち仕草が女性らしいです。

 さて、Cutie Paiはまゆちゃん以外のメンバーにもメガネをかけさせる小ネタを挟んでライヴへ。新宿ロフトプラスワンなのでさすがに音響は貧弱でしたが、あの狭いステージ上で歌い踊るCutie Paiに、Cutieマニアもステージの段差を乗り越えてケチャをしていました。

 その後も、メガネへの深刻な偏愛を反省するホームルーム、メガネを酒に漬けた「メガネ酒」のような狂った景品によるプレゼント大会と続いて終了。

 なお、まゆちゃん、いや神咲まゆみは「鯖江でライヴをしたい」「鯖江のマラソン大会に参加したい」と発言していたので、そうなるとファンも行かざるをえません。福井か……。


Cutie Pai「おでかけまゆちゃん」

2008年2月28日

山内崇嗣展 Takashi Yamauchi@赤坂COEXIST

 山内崇嗣さんの個展「山内崇嗣展 Takashi Yamauchi」のために赤坂COEXISTへ。

 今回は、オニグルミの葉痕と冬芽を描いた「冬芽」シリーズを展示。動物の顔のような独特の形状をした冬芽を、大胆に、あるいは繊細なタッチで描き、そこに混ぜられた白い色がアブストラクトな感覚を加えていました。さらに、本物の冬芽を液体の中に閉じ込めたドーム、そしてガラス一面に描かれた樹の絵も。

 また、COEXISTの方に教えていただいたのですが、先週発売された「週刊新潮」にこの個展の記事が掲載されていました。すごいなぁ。

 最終日である29日には、以下のようなトークイベントも開催される予定です。


2.29 (Fri) クロージング&トークイベント
「ズレとイメージ・日本近代洋画と山内崇嗣をめぐって」
山内崇嗣×蔵屋美香(東京国立近代美術館主任研究員)
19:00〜21:00 入場:500円 先着30名(予約なし、先着順に入場)


山内崇嗣展 Takashi Yamauchi

[ 日常 ]

Aira Mitsukiさんにインタビュー取材

 渋谷の「サイゾー」編集部で、3月5日にメジャー・デビュー・シングル「チャイナ・ディスコティカ」(→amazon.co.jp)をリリースするAira Mitsukiさんにインタビュー取材。「AiraMitsukiのカラフル・NO.9ブログ:サイゾー&スターデジオ」でもご紹介いただきました。


サイゾーではいつもあまり聞かれない質問もあって、突っ込んで喋れたかな〜って思うよ!


 そんな「あまり聞かれない質問」も含むインタビューは、3月5日に日刊サイゾーに掲載予定です。


Aira Mitsuki「チャイナ・ディスコティカ」

2008年2月27日

TBS「水トク! 激闘大家族スペシャル東京下町五つ子ちゃん成長記2008!」

 TBS「水トク! 激闘大家族スペシャル東京下町五つ子ちゃん成長記2008!」を見ました。「激闘大家族」といっても、登場したのは埼玉の青木家でも東京の山田家でもなく、東京の湯浅家です。しかも、制作が植木商店でもありません。

 湯浅家は子供が6人なので大家族としては人数が物足りないかな……と思ったものの、4男1女の五つ子に、さらに次女がいるという家族構成が新鮮でした。

 番組は五つ子たちの誕生から14歳の現在までを早足で紹介。手間がかからなくなったぶん、お金がかかるとは言っていましたが、家を建て替えたり、テレビが薄かったりと、それほど真剣に困窮している雰囲気でもなく、安心して見られる、というか安心できすぎてしまう大家族でした。

 終盤のハイライトは、2008年のカウントダウンに合わせて「ハッピー!」と叫んだお父さんを無視して、黙々と年越しそばを食べる五つ子たちの思春期っぷりでした。


青木あざみ「まっすぐに。」

青木あざみ「いつも。」

2008年2月26日

岡田徹さんにインタビュー取材

 市ヶ谷のソニー・ミュージックエンタテインメントで、「Yestermorrow Village」(→amazon.co.jp)をリリースしたLife Goes On岡田徹さんにインタビュー取材。これで鈴木博文さん、かしぶち哲郎さんに続いて、ムーンライダーズのメンバーの半分に取材したことになるので感慨深いです。記事は次号の「MUSIC MAGAZINE」に掲載されます。


Life Goes On「Yestermorrow Village」

Stage6が閉鎖へ

 これは衝撃的です。Stage6に「Stage6 to Shut Down on February 28」と題した英語の長文が掲載され、CNET Japanに「高画質の動画共有サイト「Stage6」が2月28日でサービス終了へ--運営コストをまかなえず」という記事が掲載されました。


 DivXの担当者は「このニュースは多くのStage6利用者に衝撃を与え、がっかりさせるであろうことは分かっている」とした上で、理由を次のように述べた。「簡単に言えば、Stage6の運営を続けるには非常に費用がかかる。膨大な手間と資源が必要で、我々は運営を続けるに足る状況にはない」


 YouTubeよりもはるかに高画質なのでユーザーに支持されたものの、そのための費用を調達できなかったという悲劇。

 動画のアップロードは停止されたものの、閲覧やダウンロードは米国時間の2月28日まで可能です。


TMPGEnc DVD Author 3 with DivX Authoring

Martin Newell

 Martin Newell「A Summer Tamarind」(→amazon.co.jp)購入。


Martin Newell「A Summer Tamarind」

[ CD ]

「電脳コイル」第6巻限定版

 「電脳コイル」第6巻限定版(→amazon.co.jp)購入。


電脳コイル 第6巻 限定版

2008年2月25日

フジテレビ「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」

 フジテレビ「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」を見ました。2月10日に観覧してきたPerfumeの収録分の放映です。

 最近のテレビのトークでは意外とのっちが前に出ている印象だったのですが、今日はあ〜ちゃんが前面に出ていましたね。頼もしい。

 「Baby cruising Love」ではご覧の通り、両手を上げながら手拍子をするいつもの方式でした。


Perfume「Fan Service ~Prima Box~」(DVD付)

Perfume「FAN SERVICE〜BITTER〜 Normal Edition」

TBS「王様のブランチ」

 2月23日に放映されたTBS「王様のブランチ」を見ました。約13分に渡ってPerfumeを紹介です。

 まずは、Perfumeの2月12日のSHIBUYA-AXでのライヴ・レポート。ファンのインタビューで知り合いが映りすぎです。

 さらに、Perfumeが下積み時代を過ごした秋葉原と亀戸を訪問。僕が唯一秋葉原でチラシ配りをしているPerfumeに遭遇したのは2006年7月9日のことで、メジャー・デビュー後の話です。のっちから受け取ったあのチラシはどこへ行ったのかな、と思いつつ番組を見ました。


Perfume「Fan Service ~Prima Box~」(DVD付)

Perfume「FAN SERVICE〜BITTER〜 Normal Edition」

フジテレビ「MUSIC FAIR21」

 2月9日に放映されたフジテレビ「MUSIC FAIR21」を見ました。Perfumeがmihimaru GTと共演した「I Should Be So Lucky」は、「感情を込めて歌うPerfume」をテレビで見られた点が新鮮。


Perfume「Fan Service ~Prima Box~」(DVD付)

Perfume「FAN SERVICE〜BITTER〜 Normal Edition」

テレビ東京「みゅーじん/音遊人」

 そろそろ録り溜めていたテレビ番組を消化すべく、2月10日に放映されたテレビ東京「みゅーじん/音遊人」を見ました。登場したのはcapsule。個人的には中田ヤスタカよりも、こしじまとしこの動いている姿をあれだけ見ることができたのが収穫でした。


capsule「FLASH BACK」

2008年2月24日

小石川ふに、植芝理一、羽海野チカ、漆原友紀

 小石川ふに「ゆるユルにゃー!!」第1巻(→amazon.co.jp)、植芝理一「謎の彼女X」第3巻(→amazon.co.jp)、羽海野チカ「3月のライオン」第1巻(→amazon.co.jp)、漆原友紀「蟲師」第9巻(→amazon.co.jp)購入。


小石川ふに「ゆるユルにゃー!!」第1巻

植芝理一「謎の彼女X」第3巻

羽海野チカ「3月のライオン」第1巻

漆原友紀「蟲師」第9巻

2008年2月23日

Perfume@秋葉原石丸電気SOFT 2

 冷たい強風が吹き荒れる中、石丸電気SOFT2でのPerfume「Baby cruising Love / マカロニ」(→amazon.co.jp)の発売記念イベントへ。

 2007年10月13日の「ポリリズム」のイベントと同様、今回もここがリリース・イベントの最後。イス席は減ったようで、そのぶんかなりの人が詰め込まれていました。

 冒頭は「ポリリズム」完全版、「エレクトロ・ワールド」と嫌でも盛り上がる2曲。「ジェニーはご機嫌ななめ」では、旧コールと新コールがぶつかり合うカオスが展開されました。MCでは秋葉原礼賛。これだけ観客が多いと、メンバーがステージ上を自由に動き回ってくれる「Perfume」のような楽曲の存在が嬉しいものだなと感じました。

 終了後は、2007年10月13日の「ポリリズム」のイベント後とまったく同じ店の同じ場所で約40人で反省会。


Perfume「Fan Service ~Prima Box~」(DVD付)

Perfume「FAN SERVICE〜BITTER〜 Normal Edition」

2008年2月22日

「日刊サイゾー」に赤松佳音さん会社設立の記事を書きました

 「日刊サイゾー」に、赤松佳音さん会社設立の記事「『ネギま!』赤松夫人、今度は会社設立で社長に就任!」を書きました。よろしくお願いいたします。


「サイゾー」3月号

2008年2月21日

鈴木慶一、くるり、キリンジ、Buono!

 鈴木慶一「ヘイト船長とラヴ航海士」(→amazon.co.jp)、くるり「Philharmonic or die」(→amazon.co.jp)、キリンジ「朝焼けは雨のきざし」(→amazon.co.jp)、Buono!「Cafe Buono!」初回限定盤(→amazon.co.jp)購入。


鈴木慶一「ヘイト船長とラヴ航海士」

くるり「Philharmonic or die」

キリンジ「朝焼けは雨のきざし」

Buono!「Cafe Buono!」初回限定盤(DVD付)

[ CD ]

2008年2月20日

「勝ち抜き!アイドル天国!! ヌキ天」生放送観覧

 「勝ち抜き!アイドル天国!! ヌキ天」の生放送の観覧のため、六本木の東京ミッドタウンの33階へ行ってきました。もちろん、この番組に出演するCutie Paiを応援するためです。

 「ヌキ天」は、インディーズ・アイドルが4週を勝ち抜いてメジャー・デビューを目指すという番組。リハーサルから参加したのですが、歌のリハーサル、歌抜きでの通しのリハーサル、結果発表だけのリハーサルと、かなりの長丁場でした。

 そして、21時からいよいよ本番。Cutieマニアが続々と集結し、Cutie Pai現場系女ヲタ3強が勢揃いしたほか、男女の偽まゆちゃん、偽チッチも客席に登場しました。しかも現在のCutie Paiの物販ではTシャツがないために、PerfumeやtoutouのTシャツを着ている人もいるというカオスな状況。ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスの皆さんも応援に駆けつけ、なんとパール兄弟のサエキけんぞうさんも見守る状態の中、まさに一個師団投入といった感のあるCutieマニアの総力戦が展開されました。

 その結果が……0列突入ケチャ。僕はあの前後の記憶が飛んでいて、他の誰もがなぜああいう状況になったのか把握していませんでした。ある種の必然なのでしょうか。


0列突入ケチャ


 そんなCutieマニアのやらかしはさておき、Cutie Paiは敗れたものの見事今後の出演権を獲得。ROLLY、ブラザートム、保田圭とむやみに豪華な審査員だったこともあり、高まりまくったまま番組は終了。僕は真っ白な灰になりました。

 そして反省会へ。Cutie Paiが実質的に演奏したのは「小っちゃな翼」だけでしたが、参加したCutieマニアの誰もが「良いイベントだった」と口を揃えるほどの満足感を得ていました。「アイドルヲタにとっての満足感とは何だろう?」。そう語り合いながら、僕ら夫婦は夜道を自宅へと歩きました。


Cutie Pai「小っちゃな翼」

Sexy Mafiaが踊るPerfumeの「チョコレイト・ディスコ」

 スペインのダンス集団・Sexy Mafiaが、新作としてPerfume「チョコレイト・ディスコ」を公開しました。男性2人+女性1人という構成(ekuseruさんの指摘で修正しました)で、今度はかなり衣装が凝っています。しかもカメラの台数が多い。「Fan Service〜BITTER〜 Normal Edition」(→amazon.co.jp)へのオマージュとして、次は11台で撮影してほしいです。オープニングとエンディングがあるなど、構成も凝っています。



Perfume「Fan Service ~Prima Box~」(DVD付)

Perfume「FAN SERVICE〜BITTER〜 Normal Edition」

2008年2月19日

渡辺勝、渡辺勝&川下直広、Dengue Fever

 渡辺勝「枯葉」、渡辺勝川下直広「逢えてよかった」、Dengue Fever「Venus on Earth」(→amazon.co.jp)購入。渡辺勝「枯葉」、渡辺勝&川下直広「逢えてよかった」はMD録音によるライヴ音源のCD-R。ライヴ会場で販売されているほか、通信販売も可能です。


渡辺勝「枯葉」

渡辺勝&川下直広「逢えてよかった」

Dengue Fever「Venus on Earth」

[ CD ]

岡崎京子、かわかみじゅんこ、上連雀三平

 岡崎京子「東方見聞録」(→amazon.co.jp)、かわかみじゅんこ「100%オレンジピンク」(→amazon.co.jp)、上連雀三平「わたしを有明へつれてって!」(→amazon.co.jp)購入。岡崎京子「東方見聞録」は初の単行本化です。


岡崎京子「東方見聞録」

かわかみじゅんこ「100%オレンジピンク」

上連雀三平「わたしを有明へつれてって!」

2008年2月18日

「サイゾー」3月号

 「サイゾー」3月号(→amazon.co.jp)では、大家族・青木家の青木あざみさん、東京メトロちゃんのインタビューを担当しています。

 表紙とグラビアは鳥居みゆき!


「サイゾー」3月号

「MUSIC MAGAZINE」3月号

 「MUSIC MAGAZINE」3月号(→amazon.co.jp)では、Think Of One「Camping Shaabi」(→amazon.co.jp)とLife Goes On「Yestermorrow Village」(→amazon.co.jp)のアルバム評、東京ローカル・ホンクのライヴ評と撮影を担当しています。


「MUSIC MAGAZINE」3月号

「レコード・コレクターズ」3月号

 「レコード・コレクターズ」3月号(→amazon.co.jp)では、杉真理「魔法の領域 」(→amazon.co.jp)のアルバム評を執筆しています。


「レコード・コレクターズ」3月号

2008年2月17日

アイドル・ステーション Vol.8 〜女神達から愛を込めてバレンタインスペシャル〜@新宿村ライブ

 「アイドル・ステーション Vol.8 〜女神達から愛を込めてバレンタインスペシャル〜」のために新宿村ライブへ行ってきました。西新宿の荒涼とした空き地の向こうに、突如としてライヴ会場が出現します。

 会場に着くと、すでに鈴音光りのステージ中。今日は「山中湖をさまよっていました」というようなモノローグはなかったと聞きました。

 今日の目的のtoutouは2番目に登場です。ベースがファンキーで西村姉妹のラップも挿入される「Revolution」を初めて聴きました。途中で西村紗也香が転ぶアクシデントもあったのですが、すぐに体勢を直してステージを続行していました。偉い。

 なお、「toutouと俺 - ex」ではaniotaさんとtoutouとの関係の歴史が紹介されていますが、ここに出てくる「らじかる軍団」の残党のうち、今日のステージのときにいたのは僕ら夫婦だけ。ICHIROさんはステージが終了していることを知りながら物販だけのために遅れて来ました。泣かせます。

 Saori@destinyは、今日もファンのヲタ芸が炸裂。ヲタがヲタを持ち上げるヲタ芸も繰り出していて、誰が上がるかを数秒で打ち合わせて決めている姿に感心しました。ケチャも相変わらず壮絶でしたが、ロープをくぐってステージに上がり、土下座をしているファンもいました。僕の角度からは土下座に見えたのですが、あれはケチャだったのでしょうか。また、AKB48「会いたかった」のカバーのときにフロア後方でコールしまくる人など、会場はもはやダンスフロアというよりテーマパークの様相を呈していました。

 そんな状況を見ながらも笑顔を絶やさないSaori@destiny。健気です。

 pinkishは埼玉県の大利根町から登場した、童謡をアレンジして歌う4人組。春菜が推せます。

 Survivёは、メンバーが3人から4人に。DANCENUTS'は、以前見たときよりもメンバーの背が伸びていました。

 あまりにも長丁場なので途中で退場。Feammimikad-trance雅千夏も出演したはずです。今日はICHIROさん、耳さん、僕ら夫婦でしんみりと反省会をして帰りました。


toutou「toutouのアルバム」

Saori@destiny「My Boy」

2008年2月16日

Perfume@高田馬場ESPミュージカルアカデミー12号館

 TSUTAYA RECORDSでの「Baby cruising Love / マカロニ」(→amazon.co.jp)購入者を対象にしたPerfumeのイベントのため高田馬場ESPミュージカルアカデミー12号館へ。そう、会場はESP学園という音楽専門学校なのですが、会場はそこらのライヴハウスよりも立派な施設でした。

 セットリストは、「Fan Service 〜Prima Box〜」(→amazon.co.jp)の収録曲を入れるつもりが忘れたそうで、結果的に最近の楽曲を中心としたキラー・チューン尽くしという様相に。12日13日に続いて「マカロニ」も披露。最後の「ポリリズム」では、またあの変拍子部分のダンスを見られるかと思って高まったのですが、残念ながら今日はポリループ抜きのバージョンでした。今後全部完全版になるわけじゃないんですねぇ。 

 終了後は、午後4時頃だというのにさっそく反省会。


Perfume「Fan Service ~Prima Box~」(DVD付)

Perfume「FAN SERVICE〜BITTER〜 Normal Edition」

2008年2月15日

久米田康治

 久米田康治「さよなら絶望先生」第12集(→amazon.co.jp)購入。


久米田康治「さよなら絶望先生」第12集

「日刊サイゾー」に中川翔子ブログ完全移籍についての記事を書きました

 日刊サイゾーに、しょこたんこと中川翔子のブログ完全移籍についての記事「しょこたん涙目? ブログ完全移籍と大人の“裏”事情」を書きました。よろしくお願いいたします。


「サイゾー」3月号

2008年2月14日

Cutie Pai presents "チョコとYシャツと私とバレンタイン・ランデブー"@渋谷CYCLONE

 渋谷CYCLONEでの「Cutie Pai presents "チョコとYシャツと私とバレンタイン・ランデブー"」へ。Cutie PaiSOUL SOURCE鈴音光りが出演するイベントです。

 会場への階段を降りていたらCutie Paiのまゆちゃんの声が聞こえてきて、なんとCutie Paiのメンバーが入場者にチョコを配っていました。そう、今日はバレンタインデーなのです。

 まずはCutie Paiが登場して数曲を披露。久しぶりに「Hello!! Cutie Pai」で幕を開け、風船が飛んできました。

 SOUL SOURCEは双子の姉妹によるバンド。幕が上がってみると、ボーカルとドラムだけという編成なので驚きました。エレクトロなサウンドに生ドラムを鳴らすロック。

 鈴音光りは、いきなり「私は山中湖をさまよっていました」というようなモノローグから始まって、昔のソニンかと思いました。

 最後は再びCutie Pai。今日はポップス路線、歌謡曲路線からテクノポップ路線の楽曲まで幅広いチョイス。そしてアンコールの最後は、いまだに曲名不明のあの新曲でした。高まるわぁ。この楽曲を「DAFT PUNKっぽい」と形容することは避けていたのですが、ステージから去るときにきわサンが「One More Time」とワンフレーズを歌っていました。やるなぁ。Cutie Pai、強度が高いです。

 なお、今日はアニマモ放送局!マモウのブログ Cutie Pai Love!でも告知されているように、Cutie Paiの携帯コンテンツが「Cutie Pai大作戦!」と題してソニー・デジタルエンタテインメント・サービスのバックアップでスタートしました。僕の古いpreminiだとQRコードを読み取るカメラすらないのでまだ見られないままなのですが、そのうち妻の携帯電話を借りて見てみます。

 終演後は物販を経て反省会へ。


Cutie Pai 大作戦!

Cutie Pai 大作戦!

はてなが本社を京都に移転

 「【プレスリリース】株式会社はてな、本社を京都に移転、ものづくりの拠点を結集 - はてなプレスリリース - 機能変更、お知らせなど」が発表されました。つまり、はてながまた京都に戻るのです。一瞬、プレスリリースの日付を凝視して確認してしまいました。


以下、代表取締役近藤のコメントです。


「はてなは2001年に京都で創業、2004年に東京移転、2006年にシリコンバレー、パロアルト市にHatena Inc.を設立しました。今回、Hatena Inc.が米国にて一つの法人としての体制が整い、今後の足がかりとなる準備ができたことや、現在の規模の会社で複数の拠点で開発を進めることの難しさなども分かり、今後の開発拠点をどこに置いて事業の発展を目指すかの検討を行ってきました。京都、東京、シリコンバレーの各候補の中から、今後のはてなの長期的な成長を考えた上で、ものづくりに集中するためには創業の地である京都が最適であると考えました。


 東京オフィスは営業拠点として残すそうですが、最近はPerfume関連ではてな社員の皆さんと遊ぶことも多かったので、本社が京都に移るとなると寂しい限りです。


「へんな会社」のつくり方 (NT2X)

2008年2月13日

Perfume@恵比寿LIQUIDROOM

 恵比寿LIQUIDROOMでのPerfumeのファンクラブイベント「P.T.A.発足前夜祭 『パッと楽しく遊ぼうの会』」へ。

 まず3曲を歌ってフロアを熱くしてから、一気にユルい世界へ突入です。まずは3人のトーク。モテ期の話題で、あ〜ちゃんが中学生時代に7人から同時に告白されたというのがすごかったです。どういう風習だよ。

 そしてプレゼント大会へ。ここで、なんとフランクさんがタオルをゲットしたのですが、フロア後方にいた彼をあ〜ちゃんがバッチリ把握して「かしゆかじゃなくてごめんね〜」とまで発言。さすがあ〜ちゃんだ。

 続いて、整理券番号でファンを呼び出してステージに上げ、かしゆか、あ〜ちゃん、のっちの3チームにそれぞれふたりずつを配置してクイズ大会です。ヲタ晒し来たわぁ。しかも、ファンを変えて3セットも繰り返したんですから、これはさすがに長かったです。

 しかし、ステージに上がったtentさんが、Twitterやはてなダイアリーの話題を出して「おかしな人たちがいっぱいいて『Perfume Night』とか変なことやっていて」などと話し出したときには、僕のテンションが急激に上がりました。いきなりこの場で「Perfume Night」の話題かよ! 便乗して、帰りにカバンの中にあった「Perfume Night」のフライヤーをスタッフの方に託しておきました。

 また、クイズで「1年前の2月13日は何をしていた?」という質問があったのですが、すぐに僕はわかりました。2007年2月13日は僕がPerfumeに2回目のインタビューをした日でしたから。1年後にこんな大変な状況になるとは思いませんでしたよ、自分の頭の狂い具合も含めて。

 長いクイズ大会が終了し、さらに3曲、そしてアンコールで2曲。昨日のSHIBUYA-AXでのライヴに続いて、今日も「ポリリズム」完全版や「マカロニ」が披露されました。今日だけのために上京した菜さんのような人もいたので、この2曲が披露されて本当に良かったです。

 「ポリリズム」完全版では、今日は変拍子の部分が来た瞬間に腕組みをして凝視し、そしてそのパートが終了するのと同時に咆哮。あの複雑なダンスを文章で表現できる奇才はどこかにいないでしょうか。

 また「マカロニ」の振り付けは、歌詞にそった具体性と抽象性、そしてダンスそのものの快楽性が同居しているところに魅力を感じました。手短に言って、もっと見たい。

 最後は、2月15日に誕生日をひかえたあ〜ちゃんのためにバースデーケーキのサプライズ。Perfumeとファンとの写真撮影もあったのですが、のっちがしゃがんだところ「女の方が『エロい』って」と言っていて、案の定それは頭のおかしいのっちファンによる発言であることが後に判明しました。ええ、叱っておきましたので。

 終了後は、例によって反省会。


Perfume「Fan Service ~Prima Box~」(DVD付)

Perfume「FAN SERVICE〜BITTER〜 Normal Edition」 

Perfume

 Perfume「Fan Service 〜Prima Box〜」(→amazon.co.jp)、「Fan Service〜BITTER〜 Normal Edition」(→amazon.co.jp)購入。


Perfume「Fan Service ~Prima Box~」(DVD付)

Perfume「FAN SERVICE〜BITTER〜 Normal Edition」

[ CD , DVD , Perfume ]

南Q太

 南Q太「スロウ」(→amazon.co.jp)購入。


南Q太「スロウ」

2008年2月12日

Perfume@SHIBUYA-AX

 PerfumeのライヴのためにSHIBUYA-AXへ。会場近くの路上にPerfumeの写真商が店を開いていて、「Perfumeも遂にここまできたか」という妙な感慨を抱きました。

 今日のステージは、従来のVJに加えて、照明によるセットも。予算が増えたものです。

 2月13日に「Fan Service 〜Prima Box〜」(→amazon.co.jp)、「Fan Service〜BITTER〜 Normal Edition」(→amazon.co.jp)という再発アイテムが同時発売されることもあって、今日のセットリストは東京インディーズ時代の楽曲や、「カウンターアトラクション」「イミテーションワールド」「スーパージェットシューズ」といったDVDのみに収録されている未CD化楽曲が多めでした。

 幕開けは、前奏のピアノが長い「SEVENTH HEAVEN」。この楽曲でのフロアの盛り上がりを見た時点で、早くも満足感を得てしまいました。次は「エレクトロ・ワールド」で、高まりすぎたGAIさんが隣で歌い出しましたが、もう僕も高まっていたので気になりません。

 「ファンデーション」は良い曲だなぁ……と感じていたら、続いて「マカロニ」の初披露。スローなのでダイナミックな動きこそないものの、細かな動きにMIKIKOらしさを感じさせる振り付けです。この楽曲をやっとライヴで聴くことができました。

 さて、中盤では「Prima Mix」という過去のライヴ、CDジャケット、シンセサイザーなどが混ぜられた映像が流され、続いて東京インディーズ時代の楽曲を中心にしたメドレーへ。なんと「シークレットメッセージ」まで入っていました。音楽とシンクロしていたバックの映像も凝っていましたね。

 そして驚愕したのが、まさかの「ポリリズム」完全版。そう、これまでは「ポリループ」と呼ばれる変拍子の部分が省かれたバージョンがライヴで披露されてきたのですが、その部分を含んだオリジナルのままの「ポリリズム」が突如として初披露されたのです。驚きと興奮に包まれながらもそのダンスに見入ってしまい、そしてポリループが終了すると、賞賛するために叫んでしまいました。いまさら完全版にする必要などないのに、あえてそれに挑むPerfume。それは進化と呼ぶにふさわしいものです。

 アンコールのMCでは、4月16日発売のアルバムのタイトルが「GAME」に決定したこと、10ヶ所にものぼる全国ツアーが決定したことが報告されました。これは大変な春になりそうです。

 終演後は、40人以上で反省会。おつかれさまでした。


Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」初回限定盤

Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」通常盤

Perfume「Fan Service ~Prima Box~」(DVD付)

Perfume「FAN SERVICE〜BITTER〜 Normal Edition」

2008年2月11日

Live "Girl's CAMP vol.11"@渋谷eggman

 渋谷eggmanでの「Live "Girl's CAMP vol.11"」へ。Cutie PaimarinoAira MitsukiSaori@destinyが出演するイベントでした。2月9日の「Perfume Night」で僕が流したアーティストのうち3組も出るイベントです。別にこのイベントを意識して選曲したわけでもないのに。

 風船をつけた動く動物のオモチャがステージを歩き、こいつがオープニング・アクトかと思ったら、ダンサーをふたり連れたmarinoが登場。傘を持って歌い踊りながら、中田ヤスタカプロデュースの「フレイバー」のロング・バージョンでスタートです。高まるわぁ。さらに、最前列にいたmoteciさんうさ山さんを見るなり「知ってる!ブログも見た!」と常軌を逸した爆レスが発生。予想外すぎる展開でした。

 中田ヤスタカ、Plus-Tech Squeeze Boxのハヤシベトモノリといったプロデューサーの違いがはっきりわかるサウンドながら、それを違和感なく吸収してしまうキュートで洒落た世界。途中からは、エイプリルズのイマイケンタロウと、2メートルはある巨大なクマの着ぐるみ(主に頭がでかい)が登場してステージを盛り上げました。

 なお、marinoが2006年にリリースした5曲入りミニ・アルバム「lollipop」(→amazon.co.jp)はなんだかレア盤化しているらしいので、店頭で見つけたらすぐ確保することをおすすめします。

 2番目は、3月5日に強力なメジャー・デビュー・シングル「チャイナ・ディスコティカ」(→amazon.co.jp)をリリースするAira Mitsuki。僕は「カラフル・トーキョーサウンズ・No.9」(→amazon.co.jp)がリリースされた当時に彼女のライヴを見て肯定的な印象を持たなかったのですが、「チャイナ・ディスコティカ」はそんなものを吹き飛ばすクオリティの楽曲とサウンド・プロダクションです。

 ただ、残念ながら今日は「チャイナ・ディスコティカ」は歌われず、いわば「チャイナ・ディスコティカ」以前のAira Mitsukiの変遷を紹介するようなステージ。テクノポップな楽曲もあれば、microKORGなどを弾きながらコーネリアス「Star Fruits Surf Rider」やカヒミ・カリィ「Mike Alway's Diary」のカバーも披露していました。後者は意外と彼女の声質に合っていますね。最後は「カラフル・トーキョーサウンズ・No.9」。

 意表を突かれたのは、デートピアのアーティストで僕が唯一ライヴを見ていなかったSaori@destinyです。いきなり何事かと思うようなヲタ芸の嵐。あまりの激しさに感心して僕も参加してみたのですが、ケチャは特に壮絶で、ファンの半身以上がステージに突入する凄まじさでした。僕もエビ反りケチャを初体験。あまりの事態に、最初の「My Boy」(→amazon.co.jp)などよく聴いていなかった始末です。

 もうひとつ驚いたのがカバーの選曲。Aira Mitsukiはまだ狙いがわかるものの、Saori@destinyになると、AKB48「スカート、ひらり」、カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。)「恋人は心の応援団」、藤本美貴「ブギートレイン'03」といった具合です。ちなみにメジャー・デビュー・シングルは、河口恭吾「桜」のカバーだと言ったように聞こえました。

 Saori@destinyは、ダンスも抑え目で、どことなく1980年代のアイドルのような雰囲気。そういう風情のアイドルが好きな人にはおすすめです。客席が狂騒状態ですが。

 デートピアのアーティストが2組続いた後に、トリとしてCutie Pai。以前のように「Hello!! Cutie Pai」で幕を開けない、新しい段階に進んだ感のあるステージでした。「ミュージック・ランデヴー」「cosmic少女」「プラモガ」とテクノ路線のキラー・チューンを連発。最後はいまだに曲名未発表の新曲で、ボーカルにエフェクトをかけまくったテクノ+ロックなサウンドがやはり痛快です。

 しかもアンコールが発生して、もう一度「ミュージック・ランデヴー」を披露。今夜はソニーデジタルエンタテインメントによる着うた配信、携帯電話向け公式サイトの開設などが告知され、さらにビデオカメラが5台も入るなど、2008年がCutie Paiにとって激動の年になる予感すらしました。

 終演後は、Cutie Paiの皆さん、marinoさん、Aira MitsukiさんにDJで曲を流したことをご報告。

 もちろん今夜も反省会で、いつものようにPerfume界隈とtoutou界隈が約20人ほどで飲むことになりました。


marino「lollipop」

Aira Mitsuki「チャイナ・ディスコティカ」

080211a.jpg

Cutie Pai「ミュージック・ランデヴー」

2008年2月10日

「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」収録観覧

 「Perfume Night」の反省会から徹夜のまま、フジテレビ湾岸スタジオでの「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」Perfumeの収録観覧へ。

 本編は2月25日にテレビで見ていただくとして、問題はかしゆかの髪型です。前髪パッツンになっており、老人形師が最後の傑作を生み出した直後にこの世を去り死蔵され、400年後に遂に発見された少女人形のような可愛らしさでした。登場した瞬間に会場のファンに激震が走ったほどです。今後のヲタ業界勢力図を塗り替えかねません。

 収録は一発OKで、その後になんとPerfumeから挨拶がありました。

 終了後は十数人で反省会。さすがに疲労(作詞作曲:あ〜ちゃん)で意識が朦朧としてきたので中座しました。


Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」初回限定盤

Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」通常盤

Perfume「Fan Service ~Prima Box~」(DVD付)

Perfume「FAN SERVICE〜BITTER〜 Normal Edition」

2008年2月 9日

Perfume Night@恵比寿Hiroki-mode

Perfume Night


オーガナイザー:matekoi
DJ:taibane、DHS、DJ☆H、ヘルムスリー、宗像明将yas yasバリサンド
VJ:Q、ほんま(やぶれ春巻)
中田ヤスタカ楽曲大賞:taibane、のりしろ、matekoi、大塚幸代(ゲスト)
スペシャルメッセージ:ekuseru
フライヤーデザイン:pinksun
ブログデザイン:まりん
お手伝い陣:あやや先生あーる、IZMI、うさ山l3lKemp-Emoコーテルhaniwa2k


 恵比寿Hiroki-modeで、matekoiさん主催のPerfumeのクラブイベント「Perfume Night」にDJとして参加しました。

 同じくPerfumeのクラブイベントである「Chocolate Disco」が偶然に同時開催、折からの降雪、そして一夜明けての「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」のPerfumeの収録観覧と、もはや3重苦というべき最悪の状況。どうなることがと思いましたが、結果として大成功を収めることができたと思います。「Chocolate Disco」と重なっているのに2時を過ぎてもお客さんがとぎれないなど、予想外の集客に。盛況でした。ご来場いただいたみなさん、本当にありがとうございました。

 僕のセットリストは以下です。


01.Perfume / ポリリズム(代官山UNITバージョン)
02.Perfume / チョコレイト・ディスコ
03.Aira Mitsuki / チャイナ・ディスコティカ
04.Perfume / スウィートドーナッツ
05.あ〜ちゃん / 疲労 - Perfume A-CHAN (Electro Mix) Shortcut Edit - K.466
06.Cutie Pai / ミュージック・ランデヴー
07.Perfume / Baby cruising Love
08.marino / フレイバー
09.Perfume / リニアモーターガール
10.Perfume / コンピューターシティ
11.Perfume / エレクトロ・ワールド(Rough Mix)


 Cutie Paiの「ミュージック・ランデヴー」を流しながらヘッドバンギングをし続けた時点で、僕は体力のほとんどを消耗してしまいました。ええ、ヘッドバンギングの合間に壁にもたれかかっていましたから。

 僕を含めた今回のイベントのスタッフは、「リニアモーターガール」でのメジャーデビュー以降から「Perfume〜Complete Best〜」初回盤までの時期にファンになった、いわゆる「新古参」と呼ばれる層の人間が中心。そういう僕らが、古参の方から新しいファンの方まで一緒に踊って楽しめる場を提供できたことはとても幸福でした。

 来場者の中でたぶん最古参のtomocoさんの「Perfume Night - 適当」より。


フロアごとそのまま亀戸やラクーアにタイムスリップすればいい! とマジ泣いた。新宿でもPerfume関連のイベントがやっているという状況でこんなにたくさんの人がPerfumeを楽しんでいる。それを見て本当に泣けてしょうがなかった。


 気がついたらtomocoさんが泣いていて、一緒に冷たい夜風に当たるためにTシャツ姿のまま雪の積もった外へ出て、そこでも泣いているtomocoさんの姿に僕も心の中で泣きました。他人から見られたらきっと嘲笑されるであろう感傷に浸りながら。

 「Perfume Night」は、2画面で展開されたVJ、「中田ヤスタカ楽曲大賞」の同時開催、matekoiさん入魂の「中田ヤスタカ楽曲大賞」の映像、スペインのekuseruさんから送ってもらったメッセージ映像、コーテルさんたち技術班によるUstream.tvでのリアルタイム配信など、スタッフの現在進行形の熱狂と情熱が過剰に詰め込まれたイベントでした。ひとりで来ても楽しめるように「Perfume Night」というイベントを構成し、結果として見知らぬ誰かと誰かとが話す機会にできたのなら、とても素敵なことだと思います。

 コーテルさんの「Perfume Night volume 1 にいってきた - (ノ^^)八(^^ )ノ」より。


ust 見ておもしろそうだったから来たよ、って云う人がいたんだ。


 そう、Ustream.tvでのリアルタイム配信を見て、「面白そうだ」と会場へ駆けつけてくれた人がいたのです。

 個人的には、yas yasさんのDJテクニックとバリサンドさんのMCによる煽りに圧倒されました。Ustream.tvでも質問が出ていたDJとVJのシンクロは、Qさんが持参した膨大なデータから人力でシンクロさせたものです。そして、DJ☆Hさんによる午前4時台後半の異常な盛り上がりは爽快なほど。いい感じに現場が狂った瞬間を体験しました。

 改めて、「Perfume Night」にご来場いただいた皆さん、本当にありがとうございました。Ustream.tvで見てくれた皆さんにも感謝を。よかったら次はぜひ会場へ来てくださいね。ekuseruさんにも感謝のメッセージをこれから下手な英語で書きます。「Chocolate Disco」のスタッフの皆さんへも勝手にリスペクトを。そして、「Perfume Night」のスタッフのみんな、おつかれさま。楽しかったよ!


Perfume Night

Perfume Night

Perfume Night

Perfume Night

Perfume Night


Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」初回限定盤

Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」通常盤

Perfume「Fan Service ~Prima Box~」(DVD付)

Perfume「FAN SERVICE〜BITTER〜 Normal Edition」

2月9日の「Perfume Night」でDJをします

Perfume Night


 2月9日(土) 23:00から恵比寿Hiroki-modeで開催されるPerfumeのクラブイベント「Perfume Night」でDJをします。Perfumeはもちろん、capsuleなどの中田ヤスタカ周辺などを朝まで流しまくるイベントです。「中田ヤスタカ楽曲大賞」の結果発表もありますよ。 ぜひ遊びに来てください。 僕はたぶん0時ぐらいから回します。


日時:2008年2月9日(土) 23:00〜all night!!!
場所:恵比寿Hiroki-mode地図
入場料:2,500円(with 1drink)
mixiコミュニティ:イベント『Perfume Night』
フライヤー印刷用PDF

オーガナイザー:matekoi
DJ:taibane、DHS、DJ☆H、ヘルムスリー、宗像明将yas yas
VJ:Q、やぶれ春巻、matekoi
中田ヤスタカ楽曲大賞:taibane、のりしろ、matekoi
フライヤーデザイン:pinksun
ブログデザイン:まりん
その他、あーるうさ山l3lKemp-Emoコーテルhaniwa2kなど豪華お手伝い陣!


 可笑しいのは、まったく同じ日の同じ時間から、Perfumeのクラブイベントがもうひとつ新宿であるんですよね。その「Chocolate Disco」は真面目にエレクトロなイベントのようなので、「Perfume Night」ではアレやコレやの音源を流しまくり、よりヲタ臭い感じで差別化を図りたいと思います。僕がひとりでそう考えてるだけなんですけどね。

2008年2月 8日

「Perfume Night」、いよいよ明日です!

 「Perfume Night」の開催が、いよいよ2月9日23時に迫りました。僕を含む6人によるDJ、2画面によるVJ、そして入魂の映像とともに結果発表される「中田ヤスタカ楽曲大賞」、スペインのekuseruさんからのスペシャル・メッセージなど、盛りだくさんの内容。Perfumeはもちろん、capsuleなどの中田ヤスタカ周辺などを朝まで流しまくります。ぜひご来場ください! 僕はたぶん0時ぐらいから回します。


Perfume Night


日時:2008年2月9日(土) 23:00〜all night!!!
場所:恵比寿Hiroki-mode地図
入場料:2,500円(with 1drink)
mixiコミュニティ:イベント『Perfume Night』
フライヤー印刷用PDF

オーガナイザー:matekoi
DJ:taibane、DHS、DJ☆H、ヘルムスリー、宗像明将yas yas
VJ:Q、やぶれ春巻、matekoi
中田ヤスタカ楽曲大賞:taibane、のりしろ、matekoi
フライヤーデザイン:pinksun
ブログデザイン:まりん
その他、あーるうさ山l3lKemp-Emoコーテルhaniwa2kなど豪華お手伝い陣!


Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」初回限定盤

Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」通常盤

Perfume「Fan Service ~Prima Box~」(DVD付)

Perfume「FAN SERVICE〜BITTER〜 Normal Edition」

They Might Be Giants

 They Might Be Giants「Here Come the 123's」(→amazon.co.jp)購入。


They Might Be Giants「Here Come the 123's」

[ CD ]

「菅谷梨沙子写真集 Ring3〜リンリンリンッ!〜 」

 川田洋司撮影「菅谷梨沙子写真集 Ring3〜リンリンリンッ!〜 」→amazon.co.jp)購入。


川田洋司撮影「菅谷梨沙子写真集 Ring3〜リンリンリンッ!〜 」

2008年2月 7日

「Perfume Night」にスペインからスペシャル・メッセージ

 2月9日に開催される「Perfume Night」。その公式ブログでも告知されたように、世界にPerfumeファンを増やしているスペインのPerfumeファンサイト・Perfume Cityの管理人であるekuseruさんからスペシャル・メッセージが届きました。イベント当日に公開します!

 僕のひどい英語による突然の打診を快諾してくれて、すぐに撮影、編集をして送ってくれたekuseruさん。本当にありがとうございました。


Perfume Night


日時:2008年2月9日(土) 23:00〜all night!!!
場所:恵比寿Hiroki-mode地図
入場料:2,500円(with 1drink)
mixiコミュニティ:イベント『Perfume Night』
フライヤー印刷用PDF

オーガナイザー:matekoi
DJ:オレンジ、taibane、DHS、DJ☆H、ヘルムスリー、宗像明将yas yas
VJ:Q、やぶれ春巻、matekoi
中田ヤスタカ楽曲大賞:taibane、のりしろ、matekoi
フライヤーデザイン:pinksun
ブログデザイン:まりん
その他、あーるうさ山l3lKemp-Emohaniwa2kなど豪華お手伝い陣!


Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」初回限定盤

Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」通常盤

Perfume「Fan Service ~Prima Box~」(DVD付)

Perfume「FAN SERVICE〜BITTER〜 Normal Edition」

フジテレビ「ショーパン」

 フジテレビ「ショーパン」を見ました。お察しの通りゲストはPerfumeです。

 番組が短かったので説明も短くすると、Perfumeと女性アナウンサーがクイズ対決してPerfumeがデザートにありつくという内容。ポイントは、のっちが怒ったことを示すために頬をふぐのように膨らませていたことでした。あんなのっち、初めて見ましたよ。


Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」初回限定盤

Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」通常盤

Perfume「Fan Service ~Prima Box~」(DVD付)

Perfume「FAN SERVICE〜BITTER〜 Normal Edition」

2008年2月 6日

大岡山ACID PANDA CAFE

 2月9日の「Perfume Night」に向けたウォーミング・アップとして、DJブースを開放している大岡山ACID PANDA CAFEでDJをしてきました。僕が着くとすでにDJ☆Hさんがいて、しばらく経ってからカウンターにいたのがhaniwa2kさんだと判明。話しかけてよ!

 来るはずのDHSさんが来ないなーと思いつつも、先に店内にいたグループの皆さんにDJブースを譲っていただいてDJを開始。ありがとうございます。僕はともかくとして、DJ☆Hさんのテクニックはすごいので「Perfume Night」にご期待ください。

 そして僕とDJ☆HさんのDJが終わってもDHSさんが来ないので、DJブースを先述のグループの皆さんに返したところでDJ☆Hさんが到着。23時半は遅いだろ!

 そんなわけで、これを書いている現在もDHSさんはまだACID PANDA CAFEにいると思います。快調にスピンしてるかな。

 そういえば、今日はmixiのmiklyPerfumeが登場。業者乙です。


Perfume Night


日時:2008年2月9日(土) 23:00〜all night!!!
場所:恵比寿Hiroki-mode地図
入場料:2,500円(with 1drink)
mixiコミュニティ:イベント『Perfume Night』
フライヤー印刷用PDF

オーガナイザー:matekoi
DJ:オレンジ、taibane、DHS、DJ☆H、ヘルムスリー、宗像明将yas yas
VJ:Q、やぶれ春巻、matekoi
中田ヤスタカ楽曲大賞:taibane、のりしろ、matekoi
フライヤーデザイン:pinksun
ブログデザイン:まりん
その他、あーるうさ山l3lKemp-Emohaniwa2kなど豪華お手伝い陣!


Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」初回限定盤

Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」通常盤

Perfume「Fan Service ~Prima Box~」(DVD付)

Perfume「FAN SERVICE〜BITTER〜 Normal Edition」

2008年2月 5日

佐井好子、安倍なつみ&矢島舞美(℃-ute)

 佐井好子「タクラマカン」(→amazon.co.jp)、安倍なつみ&矢島舞美(℃-ute)「16歳の恋なんて」初回限定盤(→amazon.co.jp)購入。


佐井好子「タクラマカン」(紙ジャケット仕様)

安倍なつみ&矢島舞美(℃-ute)「16歳の恋なんて」初回限定盤

[ CD ]

2008年2月 4日

藤井誠二「学校は死に場所じゃない―マンガ『ライフ』で読み解くいじめのリアル」

 藤井誠二「学校は死に場所じゃない―マンガ『ライフ』で読み解くいじめのリアル」(→amazon.co.jp)は、ノンフィクションライターがすえのぶけいこのマンガ「ライフ」を通していじめについて書いた書籍。

 ふりがなの多さや敬体で、一読してこの本が若い読者に向けて書かれていることがわかります。携帯電話、ブログ、「学校裏サイト」と呼ばれる掲示板などが存在するために、学校という場の同調圧力から24時間逃げられない現状を指摘し、ときに「ライフ」のリアルさと現実との違いについても言及しつつ、藤井誠二は学校は「通過すればよい」と明確なメッセージを発しています。

 「学校にクラスや固定席はいらない」「すべての学校にソーシャルワーカーを」といった提言を盛り込みつつ、相談を誰にすればいいのかも具体的にアドバイスしており、単なる「ライフ」の便乗本ではない重みがありました。少年事件のルポタージュを書き続けている藤井誠二らしい内容です。

 名越康文、宮台真司との対談も収録。ただ、前述のような本書の性格を考えると、宮台真司の発言はやや難解でバランスを悪くしているようにも感じました。


藤井誠二「学校は死に場所じゃない―マンガ『ライフ』で読み解くいじめのリアル」

[ 書籍 ]

2008年2月 3日

岡大介、小林寛明「かんからそんぐ 添田唖然坊・知道をうたう」

 2月3日にオフノートから発売された岡大介、小林寛明「かんからそんぐ 添田唖然坊・知道をうたう」(→amazon.co.jp)でライナーノートを執筆しました。

 添田唖然坊などの大正演歌を、ともに1978年生まれの岡大介と小林寛明がカバーした異色作。岡大介がカンカラ三線、小林寛明がラッパ二胡という編成も特異です。参加ミュージシャンは、中尾勘ニ、関島岳郎戸次和歌子熊坂路得子。「東京節」「復興節」といった有名曲に岡大介の自作曲も織り交ぜ、日本の忘れられた音楽の再生を試みた意欲作です。


岡大介、小林寛明「かんからそんぐ 添田唖然坊・知道をうたう」

Think Of One「Camping Shaabi」

 今日は、Think Of One「Camping Shaabi」(→amazon.co.jp)を聴いていました。


Think Of One「Camping Shaabi」

[ CD ]

Life Goes On「Yestermorrow Village」

 今日は、Life Goes On「Yestermorrow Village」(→amazon.co.jp)を聴いていました。


Life Goes On「Yestermorrow Village」

[ CD ]

2008年2月 2日

日本テレビ「エンタの神様」

 日本テレビ「エンタの神様」を見ました。

 今日は、出演前からファンを騒然とさせた鳥居みゆきの初登場。彼女はいつもの白装束ではなく普通の服でしたが足は裸足でした。中島みゆきの「わかれうた」が流れるなか倒れている状態から始まって、同じく中島みゆきの「うらみ・ます」を歌いながら一発ネタを繰り出す構成。しかし、「サイゾー」の「危険なポップさをまとう鳥居みゆきは、友達募集中!!」にも書いたように、これまで地上波ではNGだった「マサコ」のネタを、刃物ではなく野菜に変えて遂に使ったのには快哉を叫びたい気分になりました。そして「ヒット・エンド・ラーン」の絶叫も。もちろん殴るシーンでは、中島みゆきの「ヘッドライト・テールライト」を歌いました。中島みゆきばかり3曲も使用かよ!


中島みゆき「愛していると云ってくれ」

中島みゆき「生きていてもいいですか」

中島みゆき「地上の星/ヘッドライト・テールライト」

フジテレビ「脳内エステ IQサプリ」

 フジテレビ「脳内エステ IQサプリ」を見ました。こんな番組を僕が見るときは、Perfumeが出るからだと相場が決まっています。

 そう、この番組はクイズ番組。しかも、Perfumeがゴールデンタイムのバラエティ番組にフル出演したわけです。目の前の現実をうまく理解できないまま見ていると、有名芸能人たちとPerfumeは一緒に出演し、のっちがクイズに苦悶の表情を浮かべながら回答して、Perfumeと森三中との対決も。

 のっちがキティーちゃん(サンリオ所属)と会話したシーンには、上京後のPerfumeがサンリオピューロランドで下積みをした伏線が回収されたかのような気分になりました。

 なお、「脳内エステ IQサプリ」の次に放映された「めちゃ×2イケてるッ!」には引田天功が出ていて、これはあ〜ちゃんとの縁を感じさせました。広島時代にテレビ新広島「広島もてなしキング」という番組の企画で、引田天功があ〜ちゃんの家を訪れていたからです。そして、あ〜ちゃんは「プリンセスあ〜ちゃん」というキャラクターを生み出した、という流れだったはず。


Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」初回限定盤

Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」通常盤

Perfume「Fan Service ~Prima Box~」(DVD付)

Perfume「FAN SERVICE〜BITTER〜 Normal Edition」

「Perfume Night」の会場の下見と打ち合わせ

 2月9日の「Perfume Night」のため、スタッフで会場の下見と打ち合わせに行ってきたので、会場の写真をご紹介します。 「Perfume Night」の詳細はこちらをどうぞ。



 会場の恵比寿Hiroki-mode。両サイドのアートワークとライトアップが洒落た建物です。



 会場に入ると、まず1階のフロア。ここのシートで話したり休んだりできるので、「オールナイトなんて体力が持つかな?」という方も、安心して遊びに来てください。



 そして光る階段を降りて、いよいよ地下のフロアへ……。



 メインのフロアです。DJブースからのサウンド、2画面によるVJが展開される予定です。


080203f.jpg

 もちろんバーカウンタもあるので、好きなだけ飲んで踊ってください。

 というわけで、会場の下見が終わった後は反省会、ではなく真面目に打ち合わせ。しかし、Perfumeの出演する「IQサプリ」に合わせて解散しました。そういうスタッフによるイベント、お待ちしています!


Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」初回限定盤

Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」通常盤

Perfume「Fan Service ~Prima Box~」(DVD付)

Perfume「FAN SERVICE〜BITTER〜 Normal Edition」

2008年2月 1日

反省会

 金曜の夜の渋谷でかんいちさんフランクさん耳さん、僕ら夫婦で反省会。何の反省をするのか? 別に前後に何のイベントもないのにとにかく反省会です。こんな日常に何の疑問も持たなくなってきました。

 HMVのPerfumeドアで、フランクさんがかしゆかに、耳さんがのっちに頬を寄せてから居酒屋へ。これは反省すべきでした。後からイトウさんも参加。

 なお、耳さんのTumblrであるSUBSTANCEでは、現在followしてくれる人を大募集中です。個人的には、ハイセンスすぎるのが納得いきません。


Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」初回限定盤

Perfume「Baby cruising Love / マカロニ」通常盤

Perfume「Fan Service ~Prima Box~」(DVD付)

Perfume「FAN SERVICE〜BITTER〜 Normal Edition」

[ 日常 ]

The Mars Volta、林英哲

 The Mars Volta「The Bedlam in Goliath」(→amazon.co.jp)、林英哲「光年の歌」(→amazon.co.jp)購入。


The Mars Volta「The Bedlam in Goliath」

林英哲「光年の歌」

[ CD ]
記事一覧
月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.