小心者の杖日記

2007年11月17日

NHK教育「電脳コイル」第24話

 NHK教育「電脳コイル」第24話を見ました。

 今回のサブタイトルは「メガネを捨てる子供たち」。しかし、子供たちが自発的にメガネを捨てるのではなく、イサコの事件をきっかけに親たちにメガネを取りあげられてしまいます。そして、その展開が第24話の感動的なふたつのシーンへとつながるのでした。

 ひとつはヤサコの母親が、触れられるものこそがリアルだとヤサコを抱きしめながら語るシーン。そしてもうひとつは、触れられない電脳ペットであるデンスケが消えたことへの痛みや悲しみをヤサコが否定しようとしつつ、やはりその気持ちはリアルなものなのだという結論に至る流れです。実はこのふたつのシーンの内容は相反するものであり、磯光雄はどちらをこの作品の結論として提示するのかが楽しみです。あるいは別の何かでしょうか。

 物語の伏線の回収も次々と行われていますが、あと2話しかないのに新たな謎が登場しています。まるでパラノイアのようなめまぐるしさ。イサコの過去とヤサコの祖父との関係が明かされたのもつかの間、「22」という新たな謎が。ヤサコの父はこのタイミングで金沢に出張し、ハラケンは覚醒、さらにまさかの新キャラクター「マユミ」が登場してしまいました。磯光雄は、相当アクロバティックな最終回を用意しているのではないでしょうか。

 これだけの情報量を詰めこみながらも、メガばあやダイチで笑いも織りこんでいる点にも感心しました。

 ところで、猫目はあの袖なしの格好で市役所に勤務しているのですか?


電脳コイル デンスケ(M)

電脳コイル オヤジ(M)

電脳コイル (1) 限定版

電脳コイル (1) 通常版

電脳コイル (2) 限定版

電脳コイル (2) 通常版

電脳コイル 第3巻 通常版

電脳コイル 第4巻 通常版

電脳コイル 第5巻 通常版

投稿者 munekata : 2007年11月17日
この記事に関連しているかもしれない商品
コメント
コメントはまだありません。
コメントする





保存しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.outdex.net/mt5/mt-tb.cgi/14038

月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.