小心者の杖日記

2007年8月19日

新Aiai Music Carnival vol.11 in AKIBA_SQUARE@秋葉原UDXアキバスクエア

 秋葉原UDXアキバスクエアでの「新Aiai Music Carnival vol.11 in AKIBA_SQUARE」へ。出演者は、THE ポッシボー林未紀toutouAira MitsukiChu!☆Lipsキャナァーリ倶楽部でした。

 トップバッターはいきなりtoutou。歌われたのは3曲だけでしたが、8月22日に発売される「toutouのアルバム」(→amazon.co.jp)に収録されている新曲「夢見るインベーダー」の初披露を聴けたのは収穫でした。これが素晴らしい楽曲なのです。

 2番目は、80★PAN!が所属するデートピアが「テクノポップ・アイコン」として送り出した新人、Aira Mitsuki。「Perfumeフォロワー」と話題の彼女ですが、個人的にはまだ楽曲にもサウンドにもPVを含めたビジュアル面にも魅力を感じません。今後クオリティの高い作品を生み出してくれることに期待したいです。

 3番目は、やはり新人の林未紀。事務所はワタナベエンターテインメント、レコード会社はコロムビアミュージックエンタテインメントです。8月22日発売のデビュー曲「アイドルになりたい。」(→amazon.co.jp)は小西康陽のプロデュース、常盤響によるアート・ディレクションで、力が入っていることを感じさせます。「アイドルになりたい。」はいかにも小西康陽がアイドル向けに書いたという雰囲気の楽曲。それに対して驚いたのが、カップリングの「マスカット ココナッツ バナナ メロン」で、なんとムーンライダーズのカバーです。これには意表を突かれました。まさにアキシブ系だなぁ。

 そんな余韻を吹き飛ばしたのが4番目のChu!☆Lips。彼女たちのステージが始まるやいなや、「一体感のある騒乱状態」というべき状況が客席前方中央で発生します。いわゆる「チュッパー」の皆さんで、今日も強烈なエネルギーでした。

 5番目のTHE ポッシボーとなると、つんく♂プロデュースのグループということで、騒乱状態から一転していかにもハロー!プロジェクトなヲタ芸がメインに。THE ポッシボーは、楽曲や振り付けを含めたアクションがいかにもつんく♂プロデュースらしいクセを感じさせます。途中ではゲストとして時東ぁみが登場。彼女もTHE ポッシボーと一緒に「ヤング DAYS!!」を歌い踊っていて、さすが同じTNXだと感心しました。

 最後は司会進行も務めたキャナァーリ倶楽部。つんく♂プロデュースですが事務所はスペースクラフトで、デビュー・シングルはかつてスペースクラフトに所属していた南青山少女歌劇団のカバーだったグループです。そうしたことも関係しているのか、THE ポッシボーにある良い意味での野暮ったさは薄くて、洗練された雰囲気でした。ポテンシャルを感じさせるグループです。個人的には小川真奈推し。

 物販タイムではもちろん「toutouのアルバム」(→amazon.co.jp)を夫婦分購入して並び、勢い余って人がいない林未紀の列にも走ってしまいました。生で見るとすごい美少女だったので。

 終了後は、今回お世話になったICHIROさんSiさんゆうぎ王さん、妻と僕でコスプレ居酒屋のLittleBSDへ。閉店後は、チラシを見ながらあきば女子寮という店やルドイア☆星惑三第というアイドル・ユニットがあるのか……と秋葉原のディープさを感じながら帰路につきました。


toutou「toutouのアルバム」

Aira Mitsuki「カラフル・トーキョーサウンズ・NO.9」

林未紀「アイドルになりたい。」(初回盤)(DVD付)

Chu!☆Lips「アラビアンナイトde決めナイト!」

THE ポッシボー「風のうわさ」

キャナァーリ倶楽部「青春万歳!」

投稿者 munekata : 2007年08月19日
この記事に関連しているかもしれない商品
コメント

>ナポリさん
そういう人が身近にいたとは……。今度いろいろ聞かせてください。

投稿者 munekata : 2007年8月22日 02:08

このエントリででてきた
デートピアにちょっとだけ
勤めてたことがあるのは秘密です。
アイドル達には関係ないですが
ひどい会社でした。。。。

投稿者 ナポリ : 2007年8月21日 00:55
コメントする





保存しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.outdex.net/mt5/mt-tb.cgi/14288

月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.