小心者の杖日記

2007年6月11日

こまっちゃクレズマ+おおたか静流「すっぽんぽん」

 こまっちゃクレズマおおたか静流「すっぽんぽん」(→amazon.co.jp)は、梅津和時、多田葉子、松井亜由美、張紅陽、関島岳郎、新井田耕三からなるこまっちゃクレズマとおおたか静流の共演盤。

 バンド名の通り、東欧系ユダヤの音楽であるクレズマーをベースにしつつも、日本的でノスタルジックな情感も醸し出している、不思議な無国籍サウンドです。おおたか静流のボーカルを包むのは、クラリネット、サックス、バイオリン、アコーディオン、テューバ、ドラムスといったアコースティック楽器。

 なかでも民謡をアレンジした「迷うのやめよう」での、ジャズっぽい奔放な演奏は特に気持ち良いです。一方、「エクレール」などでは緊張感のあるプレイも聴かせます。また、梅津和時が作曲した歌謡曲色の濃い「ヴェトナミーズ・ゴスペル」は、おおたか静流のボーカルの魅力をグッと引き出していました。


こまっちゃクレズマ+おおたか静流「すっぽんぽん」

[ CD ]
投稿者 munekata : 2007年06月11日
この記事に関連しているかもしれない商品
コメント
コメントはまだありません。
コメントする





保存しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.outdex.net/mt5/mt-tb.cgi/14547

月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.