小心者の杖日記

2006年12月30日

是枝裕和監督「誰も知らない」

 是枝裕和監督「誰も知らない」→amazon.co.jp)は2004年の公開作品。

 物語の大筋は事前に知っていたので、前半を見ているときにすでに後半の展開を考えて気分が滅入りました。しかし是枝裕和による脚本は、シリアスさと子供の無邪気さを巧みなバランスで配分しながら物語を進めていきます。この映画には語り部がいないものの、解説的になる部分はありません。また、ごく日常の空気感を、柳楽優弥をはじめとする俳優の演技と演出が醸し出しているのにも感心させられました。

 そして、そうした画面の中に没入してしまうほどの作品だけに、終盤からラストでのやるせなさもひとしおでした。


是枝裕和監督「誰も知らない」

[ 映画 ]
投稿者 munekata : 2006年12月30日
この記事に関連しているかもしれない商品
コメント
コメントはまだありません。
コメントする





保存しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.outdex.net/mt5/mt-tb.cgi/15073

月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.