小心者の杖日記

2006年10月12日

ファティ・アキン監督「クロッシング・ザ・ブリッジ〜魅惑の音楽を奏でる場所で〜」

 渋谷のシネカノン試写室で、ファティ・アキン監督「クロッシング・ザ・ブリッジ〜魅惑の音楽を奏でる場所で〜」の初号試写会。サントラ盤がEL SUR RECORDS周辺で話題になったあの映画が、2007年春にシアターN渋谷で日本公開されることになったのです。

 内容は、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのアレキサンダー・ハッケがイスタンブールの音楽の魅力の謎を解くべく、録音機材とともに現地を訪れるというもの。ときにアレキサンダー・ハッケも演奏に加わりつつ、歌謡曲、ロック、フォーク、DJ、ラップ、古典音楽、民謡、ジプシー音楽、クルド民謡など様々なイスタンブールの音楽とそれに関わる人々が紹介されていきます。そして、やっとあのサントラ盤「Crossing the Bridge: The Sound of Istanbul」(→amazon.co.jp)の背景がわかりました。

 終盤にはあのトルコの大スター、セゼン・アクスが登場。そしてエンディング・ロールでは、Madonnaの「Music」のトルコ語カバーが流されました。

 まさにイスタンブールの街の猥雑さに魅了されてしまった92分間。ドキュメンタリーとしてもカメラワークが巧く、静と動の対比のついた編集にも好感を持ちました。


Crossing the Bridge: The Sound of Istanbul

[ 映画 ]
投稿者 munekata : 2006年10月12日
この記事に関連しているかもしれない商品
コメント
コメントはまだありません。
コメントする





保存しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.outdex.net/mt5/mt-tb.cgi/15413

月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.