小心者の杖日記

2006年10月10日

GoogleがYouTubeを買収

 梅田望夫さんによる「My Life Between Silicon Valley and Japan - GoogleがYouTube買収!!! 圧倒的に正しい戦略が迅速に執行された」というエントリーが。

 ひとつ確実に言えることは、僕がかつて「YouTubeが面白い3つの理由(今日話したことそのまま)」で書いたような、「カオスの場」としてのYouTubeの魅力は薄くなってしまうだろうということです。良くも悪くも。

 今後に期待したいのは、Googleを通してコンテンツ制作側から簡単かつ正規にユーザーがデータの提供を受け、安価で自由に公開できるようになることです。要は、合法的に動画を公開をできるようになること。その動画をブログに堂々と貼れるだけでも著作権の観点からは大きな進歩でしょうし、著作権の啓蒙にも役立つかもしれません。もちろんそのためには、コンテンツ制作側は大量のコンテンツをデジタル化して提供しなくてはならないでしょう。

 それにしても気になるのはGoogle Videoの今後です。Google Videoが動画の販売も手掛けているように、今後はYoTubeもユーザーの制作した動画の販売をしていくのでしょうか。どの程度販売に値する動画が制作されるのかは気になりますが、そういえばYouTubeの副題は「Broadcast Yourself.」なのです。

 人気を武器にしてグレイ・ゾーンを突っ走ってきたYoTubeは、とうとう陽の当たる大通りに出ようとしています。はたして日差しの強さに勝てるでしょうか?


落とせる!遊べる!YouTube超絶テクニック大全

投稿者 munekata : 2006年10月10日
この記事に関連しているかもしれない商品
コメント
コメントはまだありません。
コメントする





保存しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.outdex.net/mt5/mt-tb.cgi/15420

月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.