小心者の杖日記

2006年2月11日

トリノ五輪開会式にRichie Hawtin、オノ・ヨーコ、Peter Gabrielが参加

 いやー、オリンピックの開会式っていつも面白いですね。トリノ五輪開会式の前半のショーでは、トリノ市民によるスキージャンプの動く人文字がすごかったです。よくあのアイデアを実現したなぁ。

 開会式の中盤は各国の選手の入場。1970年代と1980年代の大ヒット曲ばかり流されていました。オリンピックの開会式でChicの「Le Freak」とかVan Halenの「Jamp」とかを聴くとは思いませんでしたよ。

 そして後半は再びショー。イタリアの歴史と芸術をテーマにした大掛かりなショーは見応えがありました。そして未来をテーマにしていた部分の音楽は、「Richie Hawtin がトリノ・オリンピック冬季競技大会のオープニング・セレモニーの楽曲制作を担当」で伝えられていたように、Richie Hawtinが担当していました。

 驚いたのは、終盤でオノ・ヨーコが登場して平和へのメッセージを読みあげたこと。続いてJohn Lennonの「Imagine」が歌われだして、「誰このPeter Gabrielみたいな男は」と言っていたら本人でした。これも意表を突かれましたね。

 さて、いよいよ聖火が……と思ったところで録画分が終了。番組、延びてたのかよ!


Richie Hawtin「De9: Transitions + Dvd」

オノ・ヨーコ「ブループリント・フォー・ア・サンライズ」

Peter Gabriel「Up」

投稿者 munekata : 2006年02月11日
この記事に関連しているかもしれない商品
コメント
コメントはまだありません。
コメントする





保存しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.outdex.net/mt5/mt-tb.cgi/16177

月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.