小心者の杖日記

2006年2月 8日

浅野いにお「ソラニン」第1巻

 青い空の見えるこの東京で自分は何がしたいんだろうか、何ができるんだろうか。そんな青臭いテーマを、成熟すら感じさせるしっかりとしたテクニックで描いているのが、浅野いにお「ソラニン」第1巻(→amazon.co.jp)です。

 乾いた感傷とシビアな視線がここには同居しています。無職になってハリが無くなった日々の描写は実にリアリティがありました。

 続巻も目が離せない作品です。


浅野いにお「ソラニン」第1巻

投稿者 munekata : 2006年02月08日
この記事に関連しているかもしれない商品
コメント
コメントはまだありません。
コメントする





保存しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.outdex.net/mt5/mt-tb.cgi/16194

月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.