小心者の杖日記

2006年1月26日

唐沢なをき「漫画家超残酷物語」

 唐沢なをき「漫画家超残酷物語」(→amazon.co.jp)は、そのタイトルの通り一部で永島慎二の「漫画家残酷物語」をパロディにしつつ、人間として大切なものを犠牲にしてその身をマンガに捧げた人々を描いた作品。

 さすが唐沢なをきだけあって薀蓄が詰まっていて、人間の悲哀も感じさせつつ、ギャグへと収斂させています。後半で若干薄口になってきてネタ切れの気配がするのも、マンガ家の苦しみを体現していると言えるかもしれません。

 全話に名前だけ出てくる「乳首たちのすけ先生」は、結局最後まで本人が登場しませんでした。そんな!


唐沢なをき「漫画家超残酷物語」

投稿者 munekata : 2006年01月26日
この記事に関連しているかもしれない商品
コメント
コメントはまだありません。
コメントする





保存しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.outdex.net/mt5/mt-tb.cgi/16240

月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.