小心者の杖日記

2006年1月10日

毎日新聞「縦並び社会・格差の現場から」

 すでにご存知の方も多いと思いますが、毎日新聞の特集記事「縦並び社会・格差の現場から」が読み応えのある記事を立て続けに掲載しています。


 「一億総中流」時代は終わり、格差が広がりつつあります。効率追求の競争はますます激しく、会社も人も「勝ち組」「負け組」にはっきり分かれようとしています。自殺は毎年3万人以上、生活保護は100万世帯を超すという現実が私たちの眼前にあります。これが「頑張れば報われる」新しい社会像なのか。それともセーフティーネット重視の相互扶助型の社会を選ぶのか−−。海外にも目を向け、日本の目指すべき針路を読者とともに考えます。


 IT関連では、クレイフィッシュ元社長の現在についての「ヒルズ族になれなかった男」や、中国にあるライブドアグループのコールセンターを紹介した「時給は288円」も。

 昨年の衆議院選挙で小泉政権の自民党が圧勝し、三浦展の「下流社会」(→amazon.co.jp)がベストセラーになる現在の日本だけに、注目に値する連載記事です。


山田昌弘「希望格差社会―『負け組』の絶望感が日本を引き裂く」

三浦展「下流社会 新たな階層集団の出現」

[ 社会 ]
投稿者 munekata : 2006年01月10日
この記事に関連しているかもしれない商品
コメント
コメントはまだありません。
コメントする





保存しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.outdex.net/mt5/mt-tb.cgi/16287

月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.