小心者の杖日記

2006年1月 4日

NHK「第56回 NHK紅白歌合戦」

 12月31日に放映されたNHK「第56回 NHK紅白歌合戦」を見ました。毎年言ってるんですが、紅白ってムチャクチャ面白くない?

 最初の山場は、やはり旧メンバーが合流したモーニング娘。。「LOVEマシーン」を聴きながら、自分は旧メンバーによるモーニング娘。が好きだったんだと再確認してしまいました。単なる美少女度なら現メンバーの方が高いと思うのですが、エグいパワーを感じさせるのは旧メンバーなんですよね。矢口真理も歌ったことで、4月の「『モーニング娘。』リーダー「矢口真里」についての重要なお知らせ」が反故にされたとも言えますが、そんないいかげんさを積極的に支持したいです。あと、小川麻琴が遂に痩せたことに驚きました。後藤真希は痩せすぎじゃない?

 そして今回も素晴らしかったのが氣志團。去年と同じ楽曲を、基本的に去年と同じフォーマットの演出で演奏していたのに、あれほど新ネタを追加して楽しませることができるとは。若貴のそっくりさんには思わず身を乗り出してしまいました。子供を大量に登場させたのはいかにも紅白っぽいですが、子供にヅラを取られて慌てるという演出で演劇性を高めていて、結果的に去年よりも密度が上がっているのには感動すら覚えました。

 氣志團は、SMAPが「世界に一つだけの花」を歌っているときに、「世界に一つだけのハナ」と書かれた銅像を並べてわざわざハナ肇のネタを持ち出していたり、エンディングでは黒人と謎のおばさんにメンバーの服を着せていたりと、最後まで目が離せませんでした。

 凄かったもう1組がゴリエ。人海戦術もあそこまでくれば見事で、100人のチアリーダーを見た瞬間、衝撃で爆笑してしまいました。ゴリエ本人は一声しか発していなかったというのも、ある意味で斬新です。

 あんなにすごい映像を作ることには成功したのに、WaTのマイクは倒しちゃうんですから、紅白というのは不思議な番組です。その後に、山根アナウンサーが「生放送いろんなことが起こりますね」と言っていましたが、あの人はNHKの人間なのだからちゃんと謝るべきなのではないかと思いました。そんなわけで、彼女に対する心証はみのもんたより悪いです。

 松任谷由実 with Friends Of Love The Earthが登場したときには、ユーミン以外のメンバーも紹介すればいいのにと思いました。ちなみにそのメンバーは、シンガポールのDick Lee、中国のaminシュイ・クゥ、韓国のイム・ヒョンジュ。Dick Leeは、かつて「The Mad Chinaman」「Asia Major」などの傑作を生み出し、日本でもワールド・ミュージックのファンにとっては大スターでした。先日の「松任谷由実EXPOドームライブ」で語っていたように、歴史教科書問題で起きた反日運動に心を痛めたことがこのユニットを作った理由だという話もしてほしかったです。ちなみに中継場所は、「日中関係悪化でユーミン中継場所変更」にあるように、日中関係の影響を受けて直前に移動を余儀なくされたとか。

 吉永小百合の反戦詩の朗読からさだまさしや森山良子への流れは良かったし、紅白にああいう気骨があるところは好きです。その間にみのもんたが挿入されるのは微妙でしたが。

 グループ魂は、氣志團と比べるとちょっと寒い印象を受けました。オリコン最高位42位で「ケロロ軍曹」オープニングの彼らを出演させるなら、オリコン最高位99位で「ケロロ軍曹」エンディングのtoutouも出演させてください!

 前述したように、「世界に一つだけの花」を歌ったSMAPは事実上2枠でした。そして、「タイムスリップ60年 平成・昭和ALWAYS」の最後の「恋のマイアヒ」で事実上センターに躍り出た森光子が、ジャニーズ・エンタテイメントの唯一の女性アーティストであることも見落とせない事実です。

 審査員だった眞鍋かをりはブログの話題であそこまで行けたのだからすごいよなぁ。美川憲一による「愛の讃歌」は意外と良かったです。サックスを吹いていた平原まことは平原綾香の父親。演歌界、いや日本の音楽界を代表するオルガズム・ソング「天城越え」での石川さゆりは、相変わらずすごい顔面力でした。Def Techは、年末の音楽番組を見ているうちにケツメイシと並んでイメージが上がりました。

 今年は、入りのドンカマが何回も放送に流れていたり、玉置浩二作曲の香西かおりの名曲「無言坂」ではスタッフのインカムらしき話し声が放送されていたりと、ずいぶんグダグダな進行でした。しかし、年が明けてからも何度もビデオを見返してしまい、やはり日本の大衆音楽の祭典として紅白は重要なテレビ番組だと改めて確信しました。

投稿者 munekata : 2006年01月04日
この記事に関連しているかもしれない商品
コメント
コメントはまだありません。
コメントする





保存しますか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.outdex.net/mt5/mt-tb.cgi/16309

月別アーカイブ
Powered by
Creative Commons License
このウェブログのライセンス: Creative Commons License.