僕たちはロクロク星人なんだなぁ。僕たちの仲間をわたくし、しゃちょうが紹介するんだなぁ。
 僕たちの始祖村上隆大先生も僕たちのことを紹介してくれている……はずだったんだなぁ。村上隆先生、しゃちょうたちのこと忘れちゃった。



 
マサムネマサムネ masamune
 個展のタイトルにくるりの歌詞を引用していた村上隆さんが、今度はスピッツの草野マサムネから名前を取ったんだなぁ。なにはともあれ主人公キャラなんだなぁ。
スピカスピカ spica
 村上隆さんの設定書には「女の子キャラ」とだけ書いてあって、田嶋陽子が知ったらマジ切れしそうなんだなぁ。この子の名前もスピッツからなんだなぁ。
チェリーチェリー cherry
 設定書には「マン(ヒーロー)キャラ」と書いてあるんだなぁ。まっすぐな性格だからまっすぐにしか飛ばないんだなぁ。この子の名前もスピッツがらみなんだなぁ。
ミャンミャンミャンミャン myanmyan
 頭の青い部分が何でできているかはちょっとした謎なんだなぁ。ヨガ好きでインド好きなインナートリップ系キャラなんだなぁ。
ポヨヨンポヨヨン poyoyon
 三瓶が声を務める食いしん坊キャラなんだなぁ。この「なんだなぁ」という口調は本当はしゃちょうではなくこの子のものなんだけど、今気づいてもすでに時遅し、なんだなぁ。
しゃちょうしゃちょう syacho
 モデルは森ビルの森稔社長なんだなぁ。ロクロク星人の手によってかわいく進化させられた地球のオオサンショウウオなので、ロクロク星人なのかどうかははなはだこころもとないんだなぁ。
よしことゆうこよしことゆうこ yoshiko & yuko
 よしこは森ビル社長の奥さんで森ビル美術館館長の森佳子さん、ゆうこは二人の娘さんから名前をとってるんだなぁ。ボゲボゲ鳴くんだなぁ。
ピーちゃんピーちゃん pi-chan
 生き物にして宇宙船なんだなぁ。ロクロク星人たちを体内に入れて移動するので、胃液の分泌が多い日は大変なことになりそうなんだなぁ。
マム マム Mam
 森美術館のオープンに合わせてプロモーション来日したぴーちゃんのママなんだなぁ。洒落にならないほど巨大で、頭の上に発着場が完備されているほどなんだなぁ。
村上隆村上隆 Murakami Takashi
 六本木ヒルズのキャラクターを作ったのがこの大先生なんだなぁ。先生はオタク文化で海外から高い金額で評価されたんだなぁ。それにともなってルックスもこういう感じからこういう感じへ大胆に変化したんだなぁ。巨乳フィギュアを作りながら一方で「kawaii」キャラを作って女子をメロメロにさせているんだなぁ。
 でも一番かわいいのは誰が見てもわかるとおりロクロク星人なんだなぁ。
細田守 細田守 Mamoru Hosoda
 アニメ版「時をかける少女」が絶賛されている細田守監督は、六本木ヒルズのオープン時のCMと、5分ほどの「66」というロクロク星人のアニメーション作品も監督してくれているんだなぁ。村上隆先生やルイ・ヴィトンとコラボレーションした作品「SUPERFLAT MONOGRAM」にもロクロク星人と似てるキャラが出てくる気がするんだけど、きっと気のせいで使い回しなんかじゃないんだなぁ。
浅田君と田中君 浅田君と田中君 Asada & Tanaka
 第十一回「続・憂国呆談」番外編Webスペシャルで森ビルを批判してるんだなぁ。ロクロク星人のことも「村上隆にしても間の抜けた作品」呼ばわりなんだなぁ。でもいつの日かロクロク星人の間の抜けた魅力でとりこにするんだなぁ。
スーパーフラ美スーパーフラ美 super flat-me
 このサイトを無許可で運営するほどロクロク星人が好きな管理人なんだなぁ。メールがくると喜ぶんだなぁ。最近はお祝いイラストとかほしがっているんだなぁ。


Home