- index
- 1403 !--/ last month
- 0709 !--/ いつでも隣にのっちがいるよ
baritonesax 1404

どうだいドラえもん、今生きてる世界がもっともいい時代だと言ってくれ

 とんちピクルスの「どうだいドラえもん」が好きすぎて死にそう。早く営業で仙台に飛ばされて上司のゲロ拭きたい。
 この歌は「のび太の結婚前夜」を全否定するのび太の30年後の歌なんでShoProさんも許可してくれなさそうなんですけど、でも本当にそうでしょうか?

 「東京から大阪へ向かうのに電車に乗ろうが船に乗ろうが目的地に着くことに変わりがない」というセワシ理論でドラえもんが変えた未来はしずかちゃんとの結婚までで、子供はできるけど離婚してしまって子供の年齢も覚えていないくらい会っていないという未来の先にいるセワシが過去におくるドラえもんは「しずかちゃんと離婚してしまうのび太の未来」を変えてまた少しだけ幸せになって、その先にいるセワシが過去におくるドラえもんがまたのび太の未来を少しだけ変える。そうして未来がちょっとづつだけ良くなる時間軸を私たちは見ているんじゃないかっていう並行宇宙的SFの歌「どうだいドラえもん」はすっごくいい曲!

 と、いう側面と、もう一つ「営業で10年頑張ってそれから仙台に飛ばされたのび太」がいつののび太かって考えるといろいろ考えさせられる歌に早変わり。
 「あの子も春にはもう小学生か いやもう三年生になったかな」という時間感覚のズレは今が2014年だからなんじゃないかとか、「会えなくっても全然悲しくない」のは強がりではなくて、東京で自分の子供としずかちゃんが生きている(=養育費を早く振り込んで)ってだけで充分だからじゃないのかとか。「星がきれいな晩餐」は電気が少ない場所にいて、今まで見たこともないくらいのたくさんの星が見えているからじゃないのかとか。
 そんな「仙台ののび太が」が「今生きている時代が最もいい時代だと言ってくれ」と心に悲しみを積もらせて、引き出しを見つめて発泡酒を飲みながら呟いているかと思うと、思うとなんだろう、旅は続いていくし、僕は歌を歌うんだろうな。

 そんな感じで「のび太の結婚前夜」のエンドロール的な感じの「どうだいドラえもん」という短編アニメがあればあったで素敵だと思うので誰かお願いします。



↓と、いうわけで4月9日、ロフトプラスワンで行われたBiSのイベントで総会屋をやってみたのですが。そもそもほんとうの総会屋はなにを……というか株主総会はなにをやるのか……攻撃したり仲介したり、それをすることになんの意味があるのか……だって株主総会ってPerfumeが出てくるとかだよね。で、ジェニーやりだしたら旧コールしたりコンドラでMIXうったりそういうことだから……あれ、いつもとあんまり変わらない……。



アイドルの(総会屋に)なりたい(林みきのアイドルになりたいみたいな感じで)

 とても金融に興味がなかったんですが、いろいろありまして30歳にして株に興味が出てきました。でも経済学的なものでも差異ゲーム的なものでもなくて、「その株の買い方、絶対お金をとかすあれだよね」っていう感じですが。まあ、そこは。0から0.01くらい足突っ込んだんでよしとしてくださいよ。
 そういえば株主総会といえば総会屋って今いるんでしょうか? 最近じゃ株主総会といえば、アミューズの株主総会にPerfume出るかもしれないから株主総会の招待状ヤフオクで買っておかないとっていうものですから。
 ……wikipedia見たら今はもう400人くらいになっちゃったんですって!

そもそも総会屋ってただガヤる人のことなんだよね、「ピッチャーびびってる~」とかそういうノリと同じだよね? と思ったら、それはザコのやることでいろいろとやることはあるみたいです。

●万歳屋
株主総会に出席して、企業側の発言に対してなんでも「異議なし、賛成」と叫んで会議の進行に協力し、なにがしかの金を貰って歩く連中です。総会の受付等で会社やその会社の幹事総会屋から祝儀を貰えば、そのまま帰る者も多いといわれています。

●分割屋
入手した株を多人数に細分割譲渡し名義の書替を要求する連中です。こうした行為を「株付」といいます。この分割要求は企業にとって最も事務量の多い期末を狙って行うのが多く、企業にとってはこの手口を使われると事務の複雑化に加え、不要な維持費を要することになるので、勢い分割要求をされた株を時価以上で買い取ったり、何がしかの金で解決を図ることになりがちです。それが彼らの狙い目で、総会屋としては初歩的な手口であるといわれています。

●事件屋
企業の弱点やスキャンダルを探し出して、それをたねに株主総会や出版物等で公表するとして企業側を追求し、その解決金として、企業から不法利益を得ることを目的として活動している連中です。

●総会荒し屋
自分の名前を売り出すために、総会の場で企業側を攻撃し、やり込め、企業側に「手ごわい存在だ」と認識を持たせようとする連中です。総会屋を稼業として行くために、総会荒しの手口を売出しの手段としているわけです。

●進行屋
企業側の株主となって株主総会に出席し、反対派の発言を封じ、企業側の有利となるよう株主総会をリードし、その報酬として金員を得る連中です。総会屋としての経験と実力を備え、総会屋としては相当上位にランクされている連中です。株主総会の進行屋としての報酬のほか、慰問料、賛助金名下に月々金品を得ている場合もあるといわれています。

●出版屋
「○○経済研究所」「○○通信社」などの看板を掲げ、新聞、雑誌等を発行して、その購読料、賛助金、広告料等名下に金員を得ている連中です。総会屋の多くは、こうした新聞、雑誌等を出版しているようです。

●仲裁屋
別名「まとめ屋」といわれ、総会が紛糾した場合に仲に入って妥協案を出し、総会を無事に進行させ、謝礼名目の金品を得る連中です。攻撃屋と馴れ合いで動く場合もあるといわれています。

●攻撃屋
企業内部の一部の派閥や、株の買占屋等の手先となって総会に乗り込み、企業側を執拗に攻撃追求することによって、依頼者から謝礼を貰う連中です。

●防衛屋
総会で企業側に攻撃をかけてくる連中に対して、企業側からの依頼を受け、総会を守る立場をとる連中で、相当の人数を揃えて総会に出席することもあります。

暴力団ミニ講座その6から

 なんか、この手口……すっごく既視感がある……。なんだろ。これBiSの現場とかで見たことある……。荒し屋とか攻撃屋とか、あの人とかあの人とか顔が浮かんでくる……。出版屋とか「脱法ロリキャップ問題」に近いものがあるような気がするのは、私だけなのかな……。あれ、BiS研究員って、おまいつって、総会屋?
 だとすると、総会屋って楽しくない? 総会屋オタ。もうお金の払い具合で厄介度が変わるの。今日はなんかコンディションも良くないし、客も大していないから「盛り上げガンガン系で」って入場するときに指示書とお金が入ってる封筒渡されるの。とか。あ、もうそれに近いころあるかもね!

   それでそれで「つながり屋」とか出てくるのね。実際につながるのもそうだけど、「私(もしくは第三者)はあのアイドルとつながっている」というブラフを流しておいて事務所をゆすって金をとる「つながり屋」。これはアイオタにしかできませんな。総会屋2.0やで。
 なんか新参は古参が嫌いなんでしょ? だったら「防衛屋」として頑張って現場制圧したらどうですか? BiSだけがライブできるようにリフトであがるやつ片っ端から地面にたたき落として規制発する奴の喉笛かっきってやればいいんじゃないですか? そしたらその功績が認められて「次もお願いします」って言われるかもよ。
 あれあれ、なんか楽しくないですか? なんか能動的にアイドル楽しめる感じになりませんか? アイドルってやっぱ夢見させてくれるんだなって気持ちになりますよ。女の子が歌うことも踊ることも溢れすぎてて、もっと強い刺激じゃないと私はとべないんです。夢見がちなくせが今も抜けなくて、酒を飲んじゃあ「とんでる」わ。

*

 アイドル戦国時代の次はアイドルミナミの帝王時代ですよ。ミナミの帝王ってウシジマくんみたいな話ですよね。そういう感じのアイドル現場になったら楽しいなー。オタもアイオタで利益出す時代ですよ。
 あと、リアルでアイドルがオタにトイチお金借りるリアルウシジマくんになったらほんとデトロイトみたいな末期感で「金券! 金券! 換金!」どころじゃないんで、そんな近未来くるといいなあ。もうオタがオタにお金借りて悲惨なことになってるってあるじゃないですか。アイドルにお金貸すって新しいですよ。(DVDやCDを握手会のときに『貸して』、アイドルから返してもらうってのを考えたオタは天才だと思う)

 

 この右見て左見てアイドル見ての時代がいつまで続くのか私にはわかりませんが、なんかあさま山荘みたいなド派手な花火をあげて(オタが)そうしてブームの終焉を迎えてほしいなって思います。
 学生運動のピークは70年代で、総会屋が70年からバブル時代の80年代末までだったという。ああ、私の70年代。
 そんな夢のような日本は今、アイドル現場にあるかもしれない。と、思うと商法(にあたるものはなんなのだろうか……?)の改正の前に楽しみ尽くさなくちゃ。アイドルになりたいとかプロデューサーになりたいとかもう古い! 時代は総会屋! これで決まり!      



 新年度ですね。新入生だったり新社会人になられる皆さま。新しい環境に不安もあるかと思います。こうした別れと出会いの繰り返しが人生ですので頑張りましょう。かくいう私も3月からアルバイトを始めまして、今労働しています。働くと君に会うとき嬉しいし。
 で、毎朝満員電車に乗っています。座れない満員電車は人生で初めてで、頑張れるのかなとちょっと不安だったのですが意外と大丈夫でした。GAMEツアーの仙台とか横浜最終日とかBiSの最初のワンマンとかそういうのに比べたら余裕でした。酸素が足りなくなることもないし、誰も殴ってこないし、自分のポ主が少しでもぬるいとはがされたりだとかそういうのなくて、ただ立っているだけでいいから。立てノリでスカートがずり上がってパンツ丸出しで1時間近く立っているってこともないし。

 で、最近のライフハックとしてラッシュ時に「bitter」を聴いています。あの時の感動が甦りすぎて泣きそうになりながら出社してます泣きそうっていうか、泣いていることを体の外へ出さないようにしているだけなので泣いているといっても差し支えがないのですが。
 エレワーのイントロでぎゅうぎゅう(だと当時は思っていた)隙間から一生懸命見ようとして視点が定まらなくてまさにDVDの冒頭みたいにカットインしすぎてる私の視点やレシピからのシティの流れに震えて初めて見たリニアモーターガールに感動して棒立ちだったり。ジェニーが旧コールなだけで、それだけで涙が出そう。スイドーであ~ちゃんが「盛り上がれ~!」って言ったときに高まる気持ちだとか、wonder2のあとにかしゆかの誕生日祝ったことだとか、パーフェクトスターパーフェクトスタイルでの白いサイリウムだとか! 本当に本当にあのサイリウムはきれいだったなあ。……という当時の気持ちが程よい圧縮で甦るんです。身体的に!
 ポリ嵐のツアーも懐かしさが溢れ出して止まらないですよ。「Perfumeの掟」を初めてみたときはすごすぎてヤバイヤバイとしか思っていなかったなとか。ポリ嵐広島が凱旋公演だというあ~ちゃんにまついさんのことを思い出して笑いが止まらなくなったり。「OMAJINAIペロリ」。そしてカウントダウン、あ~ちゃん新コール泣きの一回。そうした思い出が溢れて思わず最前に行きたくなって前の人を殴りそうになるんだけど。旧コール叫びたくなるんだけど。そこはただの電車の中なのでじっと我慢して涙が空気に触れないようにじっとこらえて、でもそんなときにコンドラが流れてきて電車がブレーキをかけて「ゆれてー」を疑似体験してしまって、もうたまらなくなる。

   あのときのPerfumeは絶対に私たちのものだった。あのライブは誰でもない私たちのライブだった。誰が何と言おうとも私たちは本当に一番だった。つまらなくなったPerfumeにいらだった時期もあったけど、今ではこんな素敵な思い出を作ってくれたことに対しての感謝の気持ちでいっぱいだ。思い出はいつも私に優しい。

 これを読んだら試してもらいたい。お気に入りのライブの音源を聴きながら朝の電車に乗って目を閉じてほしい。そうするとあの景色がもう一度現れてくる。私はいつだってリキッドルームにもZEPPにも、最前で見た、今はもうないHMV渋谷にも行ける。

 私はどこにだって行ける。

   目を閉じてしまえば。