- index
- 1401 !--/ last month
- 1212 !--/ BiS卒業してんの
baritonesax 1402

アイドル的手法に落とし込むなら廃業しろ、クソ。

えー、芝居で見るオタ芸が苦痛で苦痛でたまらないbaritonesaxです。こんにちは。
2度目に見たときはテメーけちょんけちょんに叩いてやる! ネットで叩いてやる! と思ったら別の要因で炎上してしまって結局解散にまで追い込まれてて私の気持ちが完全に置いてけぼりで「私愛されていないな……」みたいな気持ちになったんですけど、その主催? 代表? がまた新しいやつやっていて、その名も革命だとかバーサーカーだとか言ってて。……見てもないけど、叩いていいよね? 置いてけぼりの私、見つかっちゃったみたい。

あのね、私やっぱり2012年末にBiS卒業してんの。そのくせ国技館をあの場所にいた誰よりも、踊る大捜査線の監督よりも良い席で見て、なんだかんだぐずぐず「アプガとBiSはヤンキーに受ける」とか心こめて書いてたりするけど実はBiS48以降ライブ行っていないの。ごめんなさい、やっぱ面白くないの。でも「スク水着てアイドルライブを模倣して水とか塩とかぶっかけてるクソみたいな」演劇が税金使ってヨーロッパ公演とかしてるの見ると、だったらBiS階段とか国から補助受けてしかるべきだろって拳上げる程度には好き。
BiSがアイドルかどうかって、やっぱりBiSはアイドルなんだよ。でなきゃ全裸もスク水も車中泊も意味がないんだよ。それが飽和してるとか消費されつくしてるとかそういうのは置いておいて、もしアイドルならば同じように全裸になろうがスク水着ようがダイブしようが話題ではなくて一つの「常識」として動き出しただけにすぎないわけ。だから10年後の僕らは目を細めて全裸になるアイドルを「懐かしいな」なんて見ることになるかもしれない。そう、BiSはすごかった。

竹中先生が「ダンスは鑑賞するものでダンスの舞台では観客は誰も一緒に踊ってはくれなくて、でもアイドルのライブでは客が踊ることが普通にあることに感動した」的なことをインタビューだか単著だかで言っていて、演劇で行き詰っている「ステージと客席の関係性」もアイドルライブは簡単に崩している。だからって、だからって演劇にアイドル的な手法入れるのはバカだし、そんなことしなくちゃいけないならライブやれよ。演劇面すんなよって話。演劇においてステージと客席の主従関係を壊せない行き詰まりを感じるなら演劇やめろ。そんなことしてないで働け。しかもスク水とか我が物顔でやるな。
私は私のことすごくつまらない凡庸な人間だと思ってる。13年近く続けているこの日記だって結局はなにかのつぎはぎでオリジナルなんてないもん。この「オリジナルなんてない」もエヴァのパクリだもん。でも私の頭の中はもっとパクリでもっとオマージュでもっとインスパイヤのすごく面白い世界で、橋本環奈に「いつものように黙って大人しくしていてくれ。何かキツい事があっても文句言わずに静かにしていればそれでいいからね」っていう自分を想像して1日愉快に過ごせるそういう頭なの。この日記はその氷山の一角。隣がのっちになるのも、AKBがあさま山荘で銃撃戦して鉄球であけられた穴の先が東京ドームのサイリウムの海だとかそういうのも全部全部私が私のために愉快になるだけの話。私はそれをお金に変えられるとは思ってない。我が物顔する気にならない。
その我が物顔にできる厚顔さが金持ちになる秘訣なんだろうけど、私にとってその報酬は割に合わない。でまたこういうやつらはたいてい曲のセンスが古いんだよね。あいつら2年後にアプガとか使うぜ。

どーせこいつら脱げないぜ。そもそもダイブもできないもん。なんでかって? だって客席に飛び込むだなんてそういう危険なことしたらまた劇団が一つつぶれちゃうもん。そして気づいていないんだろうな、ステージと客席の関係性を取っ払った先になにがあるかって。今BiSはそれで悩んでいるっていうのに、ほんとにお気楽ね。



ソチオリンピックの公式キャラクターのクマ、通称ガンギマリグマの影響で日本のゆるキャラにもガンギマリ旋風ふきあれないかなー。閉会式の聖火消灯の一連の流れがきぐるみ好きにとってはまったくもって喜ばしい、近年まれにみる良いきぐるみだった! やっぱロシアだなー。超大国ロシアだなー。日本まだまだだなー。
社会はゆるキャラ一色ですが、私が好きなのは「きぐるみ」なんです。ゆるキャラという言葉の氾濫で勘違いされたくないんですが、私は二次元が三次元に屹立したときその変化に魅力を感じる「きぐるみ」好きなのです。そう、「きぐるみはその国の国力を表す」。と、いうわけでのるるん可愛い。 僕ののるるん



メンヘラ。あゝメンヘラよ、メンヘラよ。
私は君たちのことを割と愛しているかもしれないよ。

そもそも私は彼女たちのことを「自傷系」って呼んでいた気がするのも忘れるくらい遠い昔になってしまった。そういえばあのときすごく熱心に毎日毎日通ってみていた自傷系サイトの女の子たちは今何をしてるのかな? って思ってもテレビみたいに「あの人は今」って番組で取り上げられるわけでもなく、そもそもサイト名もHNも忘れてしまって手がかりがジオシティーズしかない状態で私は何をしたらいいのか……。
そんな懐古厨全開でメンヘラのネットでのアクティビティを全肯定するのもあれですが、私の中で一つ変わったことがあって昔はネットで死ぬことで伝説になったけれども、今は生き残ることが伝説になることなんだと。
もうこれは完全に卯月妙子以前/以後の時代区分だけど、昔は「終わる世界」だとか「高速回線は光うさぎの夢を見るか?」(この元ネタのサイト名がどーしても思い出せない……!)だとか、(実際には見てはないけど)死に接する機会がネットで手に入るタブー感が当時のああいうサイトを伝説にしたけれど、やっぱ「人間仮免中」なんて読んじゃうと生き残ってるほうが伝説。顔から飛び降りて片目失明して目の位置が1ブロック分ずれても体は異常なしだなんて、そっちのほうがすごい、ヤバイ。
例えば「終わる世界」的に「これから100日後に死にます」と宣言して始められたブログと。「死のうと思って飛び降りたら生き残っちゃって、顔はグチャグチャだけど体は健康そのもの、そんな入院生活のブログ」っていうのとどっちがアクセス数稼ぐかっていったら私は卯月妙子のブログを読みたい。どこまでが現実でどこまでが幻覚なのかわからない支離滅裂な妄想の世界を少し垣間みたい。あと、そこでボビーとの純愛がどーのとかいう「このマンガすごい」の煽り文が逆に凄い。

メンヘラになるって地域格差がない。サブカル教養のネット学習にも限界があるし、amazonさんも頑張ってはいるけれどマンガの1日の遅れは重大な損失だし、なにより田舎に現場がない! 為末大も言っていた。「努力すれば成功する、は間違っている」と。東京のアドバンテージを努力では埋められないんだ。あと生まれた年代によっても埋められないんだ。既得利権なんだ。「ああ東京いいな、東京に行きたい」っていう感覚は古くなりつつはあるけどそれが解消されることは決してない。なぜならばそれがサブカルを支えているからだ!
 と、まあこういうくだらないあれやこれやでめんどくさくなっちゃうのがサブカルだけど、でもメンヘラは簡単だよね。薬はどこでも貰えるし、死にたくなってればいいんだし。リストカットももうしなくても大丈夫なくらい写真はいっぱいどこにでもあるし。そういえば青酸カリを持ち歩いているクイックジャパンに特集された女性はどうなったのかな? 死んだかな? 生きてるかな?
そしてたとえ南条あやを知らなくってもメンヘラライター志望気取りもできるから! 意外とそれで面白いとか言ってもらえちゃったりするんだね。女がオナニーの話するっていうと私はやっぱりニガシオを思い出すよ! 懐かしいね。

みんなみんなWayback Machineが見守っていてくれるからね。
あなたも。
わたしも。



オリンピックが始まりましたね。ソチオリンピック開会式冒頭で五輪マークの赤いところが開かなかったとか公式キャラクターのクマがガンギマりだとかラリってるだとかヤク中だとかトリップしてるだとかみんな好き勝手言ってるけど、2020年のこと思うと明日は我が身。まじ我が身。だから開会式が全然楽しめない。2020年のこと考えてげんなりすること思うとまだソ連の共産主義時代をロシアアバンギャルドでオシャレにしちゃうことなんて愉快にすら思えてくる。
だからオリンピックなんてやるもんじゃなくて見るもんだ。頭の中でオリンピックしてるほうが絶対楽しいのに。入場行進でtofubeatsがいろんなマッシュアップで繋げていくけどぜったいPerfumeは流さない、ポリリズムのremix削除しやがったPerfumeは絶対流さないという男気を頭の中で再現してニヤニヤする私のオリンピックが世界で一番楽しい。

最近、あん肝が簡単に調理できることを知って、魚屋さんであん肝を見かけても買わないように自制しなくちゃいけない苦しさと戦っています。あと白子をちょっと干してからオリーブオイルにつけて蒸すっていう食べ方がとてもおいしいことも知って魚屋さんで白子を見かけても以下略。痛風、明日は我が身。wikipediaによると遺伝的なあれらしいんで遺伝子検査すればなりやすい/なりにくいがわかるとからしいんで、いっそのこと調査していただいて心置きなくプリン体摂取できるようにしたほうが精神衛生上いいのかなって。で、それで「痛風なりやすいですよ」と言われたところであん肝と白子を捨てることが出来るのかと言われるとそれはそれで別。
あ、あれだよ。私って痛いのすごく嫌いだから「痛風」なんて痛々しい病名におびえ過ぎなだけで、そんなそこまで痛くないかもしれないよね。とか現実逃避の準備もしておきます。

と、「明日は我が身」の精神汚染がひどい。今までさんざん下とか外とかに見て笑っていたものが急に自分事になってしまう可能性が出て来るっていう私の蹂躙がはんぱないっす。そんなやっぱ人の気持ちとか想像力とか限界ある。俯瞰した視点とか無理、だって私、地に足つけて私の範囲内で見てるもん。
なんか老害を感じさせるものがにじみ出てきているな……。それでは聴いてください中島みゆきで「傾斜」。

……って動画貼ろうとしたらなかった! YouTubeにはカバーしかなかった! クッソ、この私の想い共有できない。私とあなたのコモンセンスを繋ぐことができない。お互いの差異があることを知っている程度に老害じゃないけど、一方的に共有させて知らしめたい程度には老害なのに! それもできないなんて! 20世紀のほうがとっても近未来だったわ、こんちくしょう!