baritonesax1307

 「ハダカの美奈子に送る井脇ノブ子物語」ってテレビで見かけたら見ざるを得ない。と、いうかその字面だけで十分面白いから画面とかいい。文字の力!

 さて、井脇ノブ子をご存じない方がけっこういらっしゃるのと同様にてっきり今も政治家やってるかと思ったらあの小泉チルドレン大量当選以降当選していないという事実をあまりご存じでないくらいの皆さまもけっこういらっしゃると思います。詳細はやるき、げんき、いわきドットコムを見ていただくとして、真面目に井脇ノブ子という人間に対して思うところがある方もいらっしゃるらしく、彼女が設立した二つの学校についてその経緯などを説明し不審なところを丁寧に説明しているサイトがインターネット上にありました。

   要約すると金回りが不自然ってことで、このサイトを作った方も「大物政治家がバックについているのでは」と推測していらっしゃいましたが、これ例えば片山さつきだったらみんなきっとこういいますよね「枕営業だ」って。たぶん男でも「枕営業だ」って言われる場合があるんじゃないでしょうか?そこで私は皆様にご提案したい。井脇ノブ子、枕営業の可能性を。
 だってあんだけみんな枕枕って言うんだから、この場合だってその可能性が示唆されてもおかしくはないと思うんです。しかもこのご提案は枕営業の可能性を押し広げる画期的な提案だと自負しております。

 私、枕営業ということに懐疑的なんです。本当に枕営業は有効な営業なんでしょうか?
 さすがに枕営業するのにマグロってことはないと思いますが、なんかいまいちってこともあると思うんです。まあ、セックスだった。みたいなセックス。しかも枕営業で仕事を割り振るような人間ですよ。いっぱいやってるじゃないですか。あんまり満足度がなければそれは営業として成功しないんじゃないか。そしてこの満足は外見の美醜とは無関係なのでやってみるまでわからない。シュレディンガーの枕ですよ。いろいろな営業と同じように相手をリサーチし、相手が好んでいるセックスを提供する……ってセックスって言葉が変わるだけで普通の営業と変わりないじゃないですか。だからそこまで「最終手段」とか「決定打」とかそういう万能なものではない、だったらもっと確実な、金で顔をはたくとかコネとかそっち方面頑張ったほうがいいんじゃないの?って思うんです。

 そんな私の考えを覆すのが井脇ノブ子の枕営業ですよ。この言葉で枕営業の無限の可能性が広がりました!反省しました!

 こういうことを考えて一日が終わる日本の夕日はとても美しいなと思います。





 アイドル産業が飽和して弾ける直前のバブルと言われておりますが、私としましてはまだのびしろがあると思っております。
 そののびしろというのは「意識高い」と揶揄される方々の存在です。

 日本の末期資本主義と末期民主主義と超高齢化社会の不安を煽られ、耳当たりのいい「一期一会」だとか「一日一善」とかでごまかされて、なんの目的もなく起業を促され、騙されて自費出版させられちゃうようなそんな「意識高い」方々は2000円、3000円払って街の会議室や公民館に集まって騙され、無意味な名刺交換をしています。
 本当に彼らは真面目に話を聞く。幻想的な理想論を大真面目にノートにとって、頷き、目を輝かせている。夏休み前のプリントに書いてあるようなことがあなたの仕事にどんな参考になるの?さっきFX始めたって言ってたけど、人にありがとうと言うと売り時がわかるの?

 私はそんなことより「前に用事があるんです」って言いながら人を殴って最前でアイドル見て、にやつきながら握手して、終わった後ビール飲んでいるほうが健全だと思います。クソみたいにアイドルが出てきて一組当たり20分くらいしかライブやらなくて物販も同じものしか売ってなくてってそんな負の連鎖を、なんだかなあとは思うけど、でも自己啓発系講演会に行くよりかはよっぽどいいお金の使い方だと思うんです。
 そういう身のない講演会で搾取する側の人間はコミュニケーションが大事だというけれど、初めて会って30秒ほど話した人間となにができるっていうんでしょうか。同じ現場で何度も顔を合わせてリフトされたり支えたりしながら仲良くなっていって、何度か飲んでいくうちに気づいたら5年くらいの付き合いになっていてお互い助けたり助らたりして仕事が生まれたりしてそういうのが本当にコミュニケーションだと思います。
 そんな彼らを新しいオタとして取り込む余地があるのは、彼らが求めているものがオタをやることで提供できるからです。

 でもきっと彼らはなにもしたいことなんてないんです。企業だってキャリアアップだって興味ないんです、ほんとは。なんにも好きなものがなくて、鳴らない電話がさみしくて、会社と家の往復が空しくて、でもなにもほかに好きになれるものがないに決まっています。私はアイドルがまあ好きでこうして7年くらいライブに行っているのでホントに良かったけど、何も楽しみがない人は大変だと思います。今日は有り難う御座いました。私はbaritonesax。あなたに買われに来たの。