baritonesax1204

京都旅行記

 今回の京都は喫茶に始まり喫茶に終わりました。スタバやターリーズがある中でいろいろ喫茶店が残っているのはすごいなぁと碁盤の目になっている道を碁石になった気持ちで歩きながら思いました。

喫茶ソワレ 喫茶ソワレ
 京都に来て最初に入った喫茶店なのですが、ちょうどこのとき京都は雹が降ったとかいうくらいのすごい荒れた天気で一時的に店がにぎわってしまっていました。ゼリーポンチ、可愛い!可愛い!

錦市場
 喜久屋の魚麺花手まり可愛い!!ほかにもいろいろあったんだけどどれも可愛い!全部欲しいけど澄まし汁はそんなに作らない……。あと錦市場にはいっぱい鴨売ってて、京都は鴨が日常なんだなって思うとうらやましいです。あと鯛。

スマート珈琲店 スマート珈琲店
 美空ひばりも愛したというホットケーキのお店でフレンチトーストをいただく背徳感。

AVRIL AVRIL
 せっかく京都にきたのだから行こうじゃないか三条店!可愛い!可愛い!テンションが上がる!かわいい!かわいい!大好き!かわいい!!と、このかわいさが人生に生かされないのが問題でもある。

福井みすや針 福井みすや針
 飾り待ち針がすごくかわいいのだ!!かわいい!かわいい!かわいい!!このかわいさが以下略。

フランソワ喫茶室 フランソワ喫茶室
 ここはお店が素敵なのもあるけど店員の制服も素敵だったのだよね。でも注文を取りに来た店員さんはなんていうか秋元才加みたいな感じの人でとてもすがすがしいんだけどちょっと違うようなという気がしないでもなかったです。



04月03日アーバンギャルドの日本は、病気。ツアー@京都 MOJO

 あんれー、ついこの前静岡から新幹線で帰ってきたと思ったらまた新幹線乗って京都だよ!アーバンギャルドのツアー唯一の平日、これはおいしいはず!春の京都!桜!というわけで行ってきました。

 ライブ前に「超混雑なので荷物は荷物袋(300円)に入れて預けてください」って張り紙があったので「そーかそーか、今日はPerfume GAMEツアー仙台公演ぐらいの混雑なのだな。人が炊飯器の米のようになり、携帯のメモリーカードが読み取れなくなるほど湿度が上がり、体調が悪くなったからライブハウスを出ても息苦しいく、上げた手は二度とおろせなくなるくらいのそれくらいの混雑なんだな」と思ってがっつりと準備をしたらまだあと150人は入れるくらいの余裕があったので京都MOJOさんは混雑の概念を学びなおした方がよい。

   と、いう感じで始まったライブは冒頭5曲(プラスC&R)でがっつり二列目どセンターまで行って大はしゃぎしました。
 私はネタバレ気にしないのでセトリとか新しい曲の振付とか聞いても平気なんですが、バースデーソングは事前に聞いていたせいで「かわいい!」よりも先に「違う!これ違う!」としか思えなくてなんか半笑の変なリアクションになってしまったのが悔やまれます。
 ツアー通してのセトリを見て、なかなか自分が好きなセトリの回に当たって結構得した気分でした!ダブルバインドを福岡でやられたときは正直終わったと思っていたので「ラブクラフト来い、ラブクラフト来い!」と祈っていたのはここだけの話。
 そしてなにより赤軍派レペゼンで「あたま山荘事件」と「修正主義者」をやったのが私だけへの爆レス(だと確信している)でとても気持ち良かったです!これで「都市夫は死ぬことにした」もやれば2列目からダイブかましていたかと思うと演奏されなくてよかったです。いくのからだは宙を舞いライブのモッシュに落ちていく。あとステージの高さと私のポジションとなんかいろいろな要素が重なって「修正主義者」の最後の銃を撃つところでよこたん0ズレだったのがなんか申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 「メジャー行ってからアーバンはひよった」っていう人をみうけるんですが、私はそうとは思っていません。もともとアーバンギャルドは山手線に飛び込んで死ぬような女の子に対して「君を思ってる」と歌うバンドだから。これをひよっていると言うならアーバンギャルドは最初からひよったバンドだと。現実には私の隣の隣の人間はもう私にひどいことを言うだろう。私の隣の私達以外への想像力なんてない。そして私も誰かの隣の隣でひどいことを平気で言うような人間だからだ。だからあなたはわたし、いつかきづいて。