baritonesax0506

 ゴリエすごいね。「赤い衝撃」最終回の裏で新曲のPVを公開していたんだけど、どうみても大学生(18〜22)に見えないチアリーディング部をバックにロサンゼルスのいろんなところで踊っていたんだけど、歌に、音にゴリエの声が一切入ってないの!(セリフのような形では一言あったけれども)完全にゴリエは記号として存在しているだけ、その記号はなんだ?サセコ?チアガール?よくわからないけれどこれってすごい最先端!

 中学生のころから疑問だった、GLAYってドラムがいないんだけど歌番組では一応ドラムも一緒に撮影っていうか放送してるっていうこと。GLAYの中にはドラムがいないんだから、そのドラムの人は別に歌番組に出なくていいんじゃないかなあと思っていたのです。だってバックバンドがついていないで一人で歌う歌手だっているんだから。視覚で捉えないと音の因果関係が理解できないほど馬鹿でもないし、ドラムの人はGLAYという記号の中には入っていないんだし、映ってることは変なことじゃないのかしらー?
 この感じで考えていくと、椎名林檎と東京事変なんかもっと奇妙でやってることは同じなのに記号が形を変えてしまったから東京事変の椎名林檎以外のメンバーは必要不可欠なんだけど、印象が薄いっていうか。ミスチルとかスピッツと似ているけれど椎名林檎はソロ活動していたからなおのこと奇妙さが際立つよね。だったらバーチャルアイドルみたいにひとつの記号を作ってしまえばビジュアルも歌も形態もなんでもありってこと?ピチカートファイブのような感じ?というのを最近バンド形式の曲を作ってライブで披露しているソニンを見て考えていました。

 って考えていただけにこのゴリエは衝撃的。前回はまだ既存のアイドル的な感じがあったけれども、今回は完全に記号化されていた。歌もパクリ、じゃなくて歌詞替えただけのカバーってのも相乗効果でゴリエの記号化を後押ししている感じすらあるよ。
 どうやらゴリエはロサンゼルスの親善大使らしくて、PVでもロサンゼルスを存分に使ったしあがりになっていました。前回はハワイだったよね?アメリカ人はこういう記号化されたものが好きなのかしら?少なくともこの記号は「日本」ではないと思う……けどそうなのかもしれない。
 私はゴリエを追ってないから解らないけれども、CanCamだかなんだかの表紙だかモデルだかになったのも充分おかしいよね。だって男(5月に第二子も生まれたよ!)がティーン誌に載ってるってのも充分に記号化されてるよね。あーロンドンハーツの芸能人をだますためにメルアド渡したり会ったりする名もなき女の子達も記号としてのゴリエに近い存在なのかな。50年後に「アイドルの転換期はゴリエであった」とか言っちゃう大塚英志とかがでてきちゃうのかも。

 調べてみたらカリフォルニア州親善大使だった!意味わからねぇ。番組最後に証書みたいなものを貰っていたんだけど、それにはシュワちゃんのサインがあるんでしょ?なおのこと意味が理解できません!





 女子バレーのポーランドの選手がビアンと略すことが失礼なほどレズビアンな感じで、高級なt.A.T.u.とも言えるような。なんで急にt.A.T.u.が聴きたくなりました。そんなものです。黒い髪のほうは英語を喋れないのに歌は英語ってちょっと可愛いかも。歌詞にはロシア語でルビをふるんだろうか?

 私は今井紀明くんのことを思い出して面白おかしく文章を綴るとき、こんな面白い文章を書いている自分は天才かもしれないと興奮することもありますが大抵は自分について考えているのです。私は今井くんを経ないと自分を見つめることができないのかと思うとちょっとばかだなぁと思いますが。
 そして日本が世界に誇るマスメディアのダークサイドの頂点、激闘大家族!青木家が最終章と銘打って二ヵ月後に再びブラウン管もしくは液晶にお目見えです!視聴者が勝った瞬間です。今回はスタジオに全員集合だよ。東京の磁場がまたひとつ歪んだね。
 まあ、内容はいままでのものを見ながら大家族がワイプで出てくるだけのものなんで、昨年からおっかけてる私たちにはぬるくてぬるくてしょうがないです。しかもスタジオの司会者が薬丸裕英だよ?もう体が弛緩しまくりです。がしかし、昔の気が狂ったような映像(例えば失踪した母親の左手にかかるモザイク)を見た上で隣にいるお父さんに「あのときはどんなことをかんがえていましたか?」って聞かなきゃいけないってよく考えると大変な仕事だよね。てか同じ空間にいるだけでもいや!目の前に三男とよく似た長女の長女がいたら目が頭蓋骨を飛び出して空気中を楽しげに遊覧しちゃう。でも薬丸裕英は持ち前の几帳面さでほぼ二時間を乗り越えたんだよ。あいつは偉いよ。
 青木家と呼ばれる共依存の症例に私も組み込まれてしまったと前回の感想で書いたけれども、別にあざみちゃんは私に依存してないよね。でへへ、ちょっと言い過ぎました。このなんの共通点もない「青木あざみ」ちゃんを通して自分を見つめてしまうんです。なんでかわからない、わかりたくもない。しかもすごくダウナーな自分の見つめかたになってしまうから嫌なんだけど、一度見てしまったら青木家から目を離せないし、どうしたらいいのかわからない。自分を見つめなおすときでも楽しい方がいいよ……。うつとも違うこの感情を誰がいつから「大家族」と呼んでしまったのだね。





 Musical Batonがmixiでもまわり始めたよ。mixiの日記上でバトンに答えているのはよしとしても「ミュージックバトン」って!あんたそれ別物になってるよ!音声の伝言ゲームじゃないのにどうやったら間違えられるの?カタカナでミュージックバトンって書いちゃうのも馬鹿だけど、Music Batonって可笑しいでしょ。どうやったらalを抜いてしまうのか問いつめたい、小一時間問いつめたい!ひょっとしてMusical Batonとは別の、同じ質問同じシステムなんだけどアメリカ人あたりからまわり始めたMusic Batonなるものが存在しちゃってるの?

 ところでこれってチェーンメール系に分類されるの?私はチェーンメールが来たことないんでよくわかりませんが、まぁ少なくともMusic Batonって渡しちゃうのはチェーンメールだよね!私の場合、(迷ったけれども)お伺いメールは送らずに相手のアクセス解析待ちという非常に受身な態度だし、それよりなによりちゃんとMusical Baton表記だしね!これってチェーンメールなの?結果的に五人の方は質問に答えているってことはそう嫌なものでもないんだよね?例えばこれがメール上でのやりとりで、一通のメールに自分の答えを書き込んで次に回すというタイプならばチェーンメールになるんじゃないかしら?
 マヌケ、というか感動した日高さんへのバトンの話。こうしてバトンが収束していって最後の人に最後の一つのバトンがまわってきたよ、なーんて話になったらロマンティックだなー。(そのときのバトンの数はいくつになるんだ?最後の人の知り合いという知り合いが最後の人にバトンを渡すのだろう……)

 mixiって一般的なサイトにあるものは全てあるのね。aboutがプロフィールでlinkがマイミクシィ、ニッキは日記でコミュニティは例えばnovelとかphotoとかbbsの役割もはたしているよね。ほんの数年前、みんながサイト持ってればいいのにーと思っていたんだけどそれがこういう形で現実になったのだと今気付きました。未来になってみるものだなぁ。





 Musical Baton の亜種がそうとう沢山でているようですが、皆さんそんなにリレーの選手になれなかったコンプレックスがお強いよいですね。私は小学三年生のときにリレーの選手になったことがあるのでそんなに気にならないですわ。

 またソニンのライブに行ってきたわけだが、そして会場に向かうために竹下通りをまっすぐ歩いたのだが、あの場所に一時間以上いるとエイズになると思うので通る方は気をつけてと叫びたくなります。この日は少し余裕を持ってゴスロリ屋を見てまわりました。見ると見た分だけゴスロリになりたくなります。一旦網膜から離れるとそんな気はさっぱりなくなります。竹下通りにあるゴスロリ屋は一見上級ゴスロリと低価格ゴスロリしかないので、つーかちゃんと消費者心理を意識した価格層ができてるってのがゴスロリの普及度を感じさせます。これも嶽本野ばらとゴシックロリータバイブルのおかげなんだね。
 ゴスロリといえば、今は「NHKでゴスロリ演歌」に勝るものなしって感じですよね。想像していた以上のゴスロリと演歌だったのでびっくりしたよ。誰が考えたかわからないけれども、ゴスロリってものをわかっているなぁ。「長生きしてねおじいちゃん」の後に持ってるカッターで手首をすぱーっと切ればなおよし!だ。

 ゴスロリというものの本質を充分調べた上でちょっくらゴスロリやってみっか?みたいなカジュアルゴスロリはともかく、本気で自分はゴシックなんです。退廃で耽美で陰鬱なんです……すぱー(リストカット音)のような女の子は正直ぬるいと感じる。以前は私を面白くさせてくれる魔法の生き物だったんだけど、その価値がなくなってしまった。なぜならどんな漫画や本や音楽にも影響されない本物のゴシックが現れたからだ!それは今世間を騒がせている貴乃花親方その人だ!
 その風貌はまさに逮捕されたショーケンを彷彿とさせ、日本語の崩壊を嘆く暇すら与えないその貴乃花語の応酬に横隔膜に多大な損傷をうけ、マスコミが勝手に分析してくれる彼の心情はまさにメンヘル!きっと骨に「アダルトチルドレン」って彫ってあると思います。まぁこれだけなら魔法の生き物と同等かもしれないけれども、先日衝撃のセミヌード公開で私のつーか(既婚女性板の)世論は動いた。これってまんま拒食症の人じゃんか!てか心の病気が身体にまで影響しちゃったよ!てか、これは余命が五年以下の人だよね?これはやばい。ゴシックにもほどがあるよ。自分を大切にしていない?自分を大切にしているんだけれども自分が見えていない?自分と他人の区別がつかないからこそ自分が見えていない?もう常人の理解を超えたところにいると思うとそこらへんのメンヘルやゴスロリに用はなくなるでしょ?大好きな「私、アートな写真の被写体なの、カメラマンさんとふたりでアートを作るっていう作業が崇高なの」ウォッチもそこそこにできるだけテレビをつけては消し(直視できないから)の繰り返し。○○で御飯三杯はいけるように、当分は私もこれでいいかなって感じ。
 もし本当のゴス少女になりたかったら、貴乃花親方を参考にするといいよ。





 我が家は今「EXPO'70」だよ!

 おそらく私の大阪万博熱は2月に行ったアーキラボ展からスタートすると思う。思い出すとアーキラボ展の前半のワクワク感と後半のダルダル感は万博というものを象徴している気がする。
 「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」のレンタル、愛知万博を経てついに関東地方でもタイムスリップグリコ大阪万博編が発売されました!この時点でもまだコンプできておりません。

 万博の前に、こういった食玩をセット販売で買うな!すくなくとも大人はそういうことするな!私たちはこの食玩を作ってくれた中国人の女の子達一人一人に感謝をするつもりで何度月の石が出てこようともコンビニやスーパーで箱をさすったり重さを量ったりしながら買っていかなければいけないのだ。それが一見先進国日本の使命、いや義務であると思う!私なんてキャラメル嫌いなんだよ?ダブろうがダブらまいが代金のキャラメル分を常に損し続けているんだよ?それでも私は買うことで海洋堂にありがとうと言い続けたいのだ。感謝して大量消費するべきなんだ!それからヤフオク出品のやつら、シークレットだけ値段上げるのやめろ。

現時点での大阪万博 いやー言い尽くされただろうけど、よくできてるねー。並べてると本物の建築模型みたいで家が万博みたいだよ。お気に入りはガスパビリオン。この曲線に未来を感じます。
 まぁ十種類も出てくるとダブるの恐いからヤフオクで単品買いするんだけど、シークレットは値段を上げてくるやつらばかりで、せめてシークレットは自分で出したい……と思ったら出ました!太陽の塔2005です!

太陽の塔2005? うーん、なにか小さいなぁ。塔っていうか日時計?って塔部分が入ってないじゃんかー!いや最初は太陽の塔と兼用かと思ったんですけど、ささらないんで違うようです。って梱包ミスか、こんなにグリコ買ってやってる私らに対してその仕打ちか!ちくしょう、交換してください。
 そんな私の怒りがわかったのか送付用の封筒は速達で次の日とどきました。
 あのときはグリコに対して憤怒の念が溢れていたのですが、よくよく考えると梱包しているのは中国の子達……?ひょっとして反日運動?中国ゆするまじ!食玩に国境なしだ!



 そして次の万博は「公式長編記録映画 日本万国博」です。ついにDVDに手を出してしまいました!
公式長編記録映画  やばい。見る人が見れば大々的に号泣してしまうのではないかと心配になるほどやばい。太陽の塔の顔の部分が取り付けられる冒頭のシーンも圧巻だけど、初めて日本に来て初めて雪を見たと思われる子供達が一生懸命雪を口に入れようとするその様子は万博云々というより前世紀の素晴らしき思い出として私に感動を与えてくれた、もちろんそれも実は万博マジックであるということは後になって思い知るのだが。

 まず映像を見て愛・地球博は非日常空間からなるアトラクションパークであることは間違いないけど万博ではないなぁと思いました。やはり「未来」が必要なんじゃないかなぁ。35年の歳月は未来の形を多少は変えたけれど、それは万博の存在を否定する形で変わってきたと思う。未来の形が変わったってのは言い換えると私たちの形も変わったってことだと思う。大阪万博のワクワクする未来感はもちろん、あの万博の良さはいい人間っているんだなぁってこと。外国からきたホステスのためにお祭り広場いっぱいに屋台が出されたり、たどたどしくもお客さんとコミュニケーションをとろうとしてくれたり。みんながみんな万博を好きなんだなぁってのが伝わってくるのです。いいなぁ。
 この万博、共産主義的な人海戦術で盛り上げているんだけど、来てそのまま帰るわけにもいかないから前後二日は泊まっていると考えるとそうとうな出費。どこが出しているのか知らないけれども、そういうのを厭わずやってくれた人の優しさと財力に愛・地球博の人は頭があがらないよね。

 フィギュア化されたパビリオンが映ると、もうフィギュアみたいでこれが実際に建っていたなんて可笑しくなってしまいます。個人的にきたのは日本館。ガスタンクみたいな白い円柱状のものが五つ、大阪万博マークと同じように並んでいて、殺伐というか素っ気ない感じが日本だなぁと思いました。
 私にとって万博といえば、太陽の塔の下の階段を警察が横一列に手を繋いでその後ろを膨大な人が降りてゆくというあの光景がまっさきに思い浮かぶのです。DVDにも収録されていましたが、やはりすごい。一触即発の均衡ってぇの?すっごくどきどきする。そして文系メカ派の私はコントロールセンターにしびれました!オトナ帝国の逆襲の管制室はここからきていたのね。昔テレビのモニターに意味がわからないほどのスイッチ、そして箪笥みたいなコンピューター群!今見ると特撮とか映画のフィクションの世界でしかないよ。大好きだ!
 目玉男や当時最長寿のおじいちゃんの訪問や現皇太子の訪問やらのイベントはおさえてつつ、外国パビリオンの紹介とお祭り広場で行われた出し物も見せつついろいろ詰まったお得なDVDです。愛・地球博へ行くならこっちのDVD買った方がいいよ!





 Musical BatonってHTML手書き派を馬鹿にしてたの?改行はいちいちbrってばーかってこと?だったら私は馬鹿でけっこうです。

 アドルフ=ヒトラーの「わが闘争」を読んでいます。読もうと思って上を買ったのは一年程前なんですが、途中読みで放置していて、最近また発掘し下まで到達したというわけです。

 話というか意見はニーチェとかバタイユとか「アドルフに告ぐ」とか固有名詞が頭をよぎって消えていきます。そして私の知っている強烈なユダヤ陰謀論ってここからスタートしているんじゃないかなぁと、元ネタを知った気分です。
 ヒトラーは若者を教育するには軍隊が一番!と言うのです。というのも自分自身が軍隊によってアイデンティティを確立できたからみたいなこと言っていて、そのアイデンティティも探している最中でも自分を大人として認めてほしい、っていうか僕ってアイデンティティ見つけたら偉いんだから今からもっといい扱いしてよ!っていうわがままに軍隊という特殊業務はうってつけだったようで。まぁ韓国も徴兵されて帰ってきてから男として認められるみたいな風潮が代表するように徴兵による兵役が自分探しの側面も担うのだなぁと。
 でもすでに自分見つけた人にとってはいい迷惑だよね。ここで思い出すのが恋愛レボリューション21のPVを完コピした韓国の軍人さんなんだけど、彼らはアイドルが好きで適当に働いて、帰ってきたらあぷろだからモー娘。の動画落として掲示板に「なっち素敵だなって思う!」とか書き込みして少しエロゲやって寝る生活で充分なんだと思うよ。徴兵も「なんだか面倒だけど、逆らってもめるのもややこしいし、あーなくならないかなぁ」ってぼんやり考えているんじゃないかな。
 なんとなく兵役で自分探しに成功した人間は、例えばジェンキンス氏の帰郷を反対する運動起こしちゃう人とかじゃないかなぁ。朝鮮戦争に出兵したという退役したおじいちゃんは、退役してもなお兵役で見つけた自分であったと感じました。もし仮に日本で徴兵制度が採用されたらある一定数はそこで自分を見つけて生き生きすると思うよ。でも日本には徴兵制度なんてないからイラクに行っちゃったりするんだよねー。

覚えていますか?今井紀明です  そう、彼、彼なんだよ!「わが闘争」を読んでいていつも思い出すのは彼のことばかり。
 なんだか名誉毀損で訴えられそうだけど、私は彼の望むように彼を公人として見ている世界で唯一の人間なんで、写真掲載と名前掲載はやめられないです。彼のためにもやめちゃいけないと思うんです。なんてったって精神的姉ですから。
 そう、彼はヒトラーに類似する点が多い!自分への過大評価とその裏返しの劣等感とか楽して人から崇められたいとか、「わが闘争」前半部分のヒトラー自身が書くヒトラーの半生なんて、今井くんの著書「僕がイラクにいった理由」に似てるの!映画「風の谷のナウシカ」の意味がわからないから嫌いだったとかそういうところじゃなくて、生徒会長になって毎日ゴミを拾いながら学校に通ったとか一見できるやつっぽいけれどもその生徒会長っていじめの延長と同じようなやり口でなったんじゃないの?とかそういう裏読みが可能なデキる俺ストーリーの部分。
 自伝には往々にてそういった脚色があるからヒトラーと今井くんを結びつけるのはどうなの?っていう意見もありますでしょうが、きいてください。彼らのもう一つの共通点は、仮想敵を憎む仲間に自分を愛することを強要するっていうところです。「わが闘争」で出てくる「ゲルマン民族」という言葉は読みすすめていくうちに「ヒトラー」に置き換わるような気がしてきたのです。認められることはも で今井くんは後々ヒトラーのようになっちゃうからみんなもっと愛そうよ!ってことじゃなくて、ヒトラーはなんとなく体育会系文系で、今井くんはただの文系って感じなの。ヒトラーは突撃兵でも、目立つんだったらなんでもやるよ!って感じだけど今井くんも同じかと考えるとちょっと疑問が。今井くんは伝令兵とか軍事報道部(最近フルメタルジャケット見ました)って感じなのよ。だって彼、体力なさそうだから。戦争から離れて例えば、今井くんは体育でサッカーやるにも野球やるにもどうにもこうにも使えない、班分けしてるときに最後まで残っちゃうようなやつだと思うんだー。100m走全力疾走なんだけど、やっぱり遅い今井くんを想像すると面白いよ!
 特に小学校中学校は体育ができることもモテる要素の一つということは男の子側も知っているから、きっと今井くんは劣等感に陥りやすかったと思うのよね。バスケなんてさパスが来ないのにゴール下を行ったりきたりして、息が荒くなってゾンビみたいにダラダラやっぱり走ってると女の子の視線が濁る瞬間とか。で、ボール貰うことを諦めて足を止めた瞬間とかにパスが回ってきて「あひゃぁ」ってよけちゃったりすると、男の子からは罵倒されるは女の子からは悪口が音声になって出てくるとか踏んだり蹴ったり。
 水泳なんかもだめそう!25mの最後の方でクロールとも平泳ぎともつかない格好であぶあぶ言いながら泳いでいる今井くん!やべー、どんどん思いつくよ。これって萌えってやつかな?いや、これは愛だ。





Musical Batonが回ってきたよ!

What is "Musical Baton"?
 音楽に関するいくつかの質問が「バトン」として回ってきたら、自分のブログ上でこれらの質問に答え、次の 5 人を選びその人にバトンを渡す、というルール。
 ブログじゃないんですけど、なにか?とつっけんどんになるのもよくないと思うし、こうして外界と触れ合う機会なんてコレが最後だと思うので精一杯頑張ります!ぼんやり上手さん、あたい頑張る!

1.Total volume of music files on my computer
 0byte

2.Song playing right now
 T Connection 『At MIDNIGHT』

3.The last CD I bought
 SYMPHONIC BAND WORKS OF ROBERT W. SMITH『THE DIVINE COMEDY』

4.Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)
 HOLST『The Planets;Jupiter』
 夏木マリ『ミュージシャン』
 黛ジュン『天使の誘惑』
 椎名林檎『歌舞伎町の女王』
 DA PUMP『Rhapsody in Blue』

5.Five people to whom I'm passing the baton
 ネコっちさん
 マイカタさん
 日高さん
 ゴセッキーさん
 ヒラヤマさん

 事前にお伺いを立てるべきなのかどうか迷いましたが、そこまでの強制力を持たせるのもなんだなぁと思ったのでリンクに気付いて暇だったら書いてみてください。


1.コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量について
 パソコンは夫と共用で、夫が保存するものに不満はあっても不足を感じないので、自分から音楽をデータにして保存したことがありません。

2.今聞いている曲
 夫が今日買ってきたCDのようです。私の知らない曲です。時間が時間なので私の選曲したものではありません。今日聴いていた、私の選曲した曲は中島みゆき『化粧』です。明日カラオケに行ってくるので。

3.最後に買ったCD
 最後っていってもだいぶ前で、本当は『カレーライスの女』二枚目かもしれないんですけどそれは恥ずかしいから。夫がCDをいっぱい買ってくるので、自分で欲しいと思わなくなりました。

4.よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
HOLST『The Planets;Jupiter』
 いわずもがな、定期演奏会で演奏した曲であります。サックス娘は早く切腹するべきだと思う。
夏木マリ『ミュージシャン』
 ヴィレッジ・ヴァンガードで流れているのを聴いて、今はなきOUTDEX MLで「昔の話よ。私はボーカルで歌っていて、そのバンドのギターと暮らしていたわ。よくある話ね。そして、そいつは可愛い女の子に声をかけてその日は帰ってこなかった。そしてずっと帰ってこなかった。よくある話ね。私はギターとバイブとドラムで歌い、ドラムの男に抱かれているわ。よくある話ね。昔の話よ。って歌のタイトルってなんですか?」って質問をしたら10分で答えが返ってきたのでとても驚いたなぁという思い入れ。
黛ジュン『天使の誘惑』
 知らない人がCDを五枚おいていって、8年ほど寝かせていたのですが聴いていようと思って取り出したらCD-Rが重ねてあって、その中の一曲にこの『天使の誘惑』が入っていたのでした。インターネットを駆使して曲のタイトルを調べて、ふーんで終わりました。がその後友達が「これって黛ジュンみたいな髪型じゃない?」って言ったときに、あれだ!と解ったときの嬉しさは今でも忘れられません。
椎名林檎『歌舞伎町の女王』
 私がエヴァンゲリオンというアニメを見た結果として得たものの一つとしての椎名林檎。失ったもの(友達とかお金とか)と天秤にかけると良いのか悪いのかわかりません。(ほかに得たもの;村上龍、エヴァのビデオやサントラ、cowboy bebop→サックスを吹きたいと思う気持ち)
DA PUMP『Rhapsody in Blue』
 中学三年の夏、有線から流れるこの曲をBGMに毎日三時間ほど立ち読みしていました。

5.バトンを渡す5名
 幅広く選んだつもりです。あ、でももう答えていたり答える予定があったりするのかな?





 親戚の結婚披露宴に行って来たよ。私は結婚式もしくは結婚披露宴に出席する前に人を招く立場に立ったので、後から見た2chの冠婚葬祭板で「親しくもないのに結婚式に呼ばないで」とかいうスレを見ると、恐ろしくてたまりません。ごめんなさい!
 で、そんな私の想像する結婚披露宴ってのは「三つの袋」で「てんとう虫のサンバ」で「民謡or浪曲」の三本柱で補足としての「新郎胴上げ」です。

 妙齢の親戚がいなかったから結婚式に呼ばれたことがないっていうか、親戚そのものが少ないからどうしようもないのですよ。だからお年玉も少なくってさ、年明けに学校で「お年玉、全部で10万貰ったー!」とか言うやつの経済事情がよくわからなかった。もしこれを私に置き換えると祖母と伯父から5万づつ貰わないといけないんですけど。たしかにバブル期だったかもしれなくても私にとってはありえねえよ。親戚が少ない理由はわかっているのですが、田舎なら田舎らしくもう少し親戚多目がよかったなぁと思います。

 それでその披露宴なんだけど100人もきてるの!さっきのお年玉の例と同じでどうしたらそんなに来るのか想像できない。私が50人呼ぶってことでしょ?45人も友達よべねえ!ほんと人いっぱい、私たちは一応親族に分類されているので高砂が遠い!これだけでもう興奮します。
 料理を目の前にして、乾杯の前の来賓の長い挨拶は高校を4年前に卒業している私としては懐かしい感覚でした。それすらも披露宴というイベントの一部なのでワクワクしてしょうがないのです。御飯を食べてさぁいつ出し物が始まるかとドキドキして待っていますと始まりましたよ、浪曲が!高砂に近い、新郎新婦の友人と思われる人々は無視して写真(カメラ付き携帯)を撮っています。もう絵に描いたような披露宴!開始早々私、感動しております。しかしこれだけじゃ終わらなかった!郷土舞踊、日本舞踊、民謡、歌手活動をしていらっしゃる方によるカラオケともう最後のほうでは新郎新婦はお色直しでいないんですけど、私の中では大盛り上がり!正直言ってここまでしてくださるなんておもってもみませんでした。ありがとうございますとお礼が言いたいです。
 お色直し後には新郎新婦友人の出し物コーナーになり、「てんとう虫のサンバ」に「さくらんぼ」「乾杯」「関白宣言」などのカラオケオンパレード。オンパレードなのはいいけど、みんな新郎に歌わせちゃって、それってどうなの?と思いました。そういえば入場とか退場とかの曲も(オレンジレンジの)「花」とかドリカムとかいかにもな曲ばかり。この式場の隣にTSUTAYAがあったんですけど、そこで借りてきたんじゃないかっていうラインナップでした。
 そして最後はおきまりの新婦による「お父さんへの手紙」です。嗚呼、いい結婚式だなぁと思ったら前の席のおじさんや向こうの席のおじさんが号泣してました。号泣ですよ!席次表で見ると前に座っているのは新郎の近隣の方です。ちょっとこれは予想していなかったので驚きましたが、それも含めていい結婚式だなぁ。みんな泣いた次には残した食べ物(引き出物の一つとして入っている)タッパーにつめていたんだけどね。

 で、新郎新婦はできちゃった結婚で、子供は二歳の女の子。もう結婚式場ではお姫様ですよ。なんてったって可愛かったし。いやぁ本当に可愛かった。そんな可愛いゆうなちゃんと打ち解けようと果敢に攻めるわけですが、まったくもって心を開いてくれません。泣かれたりはしなかったんだけど、なんだかね。お姉ちゃん2ちゃんねらだからこういう言い方しかできないけど、>>>>越えられない壁>>>>って気分よ。





ミュージックマガジンの500枚  私はあまり音楽を聴くことを熱烈な趣味としていないので、この「ミュージックマガジンの500枚」に掲載されているほとんどのCDは知りません。でも500人分の「このCDいいよ?」は充分聴きたくなる説得力があります。今こうして文章を書いている後ろのCDの棚には掲載されているCDがあるんだろうけど取り出すまでの力はないのですー。
 こうして人の好きなものの話を読むってのはいいもんだなぁと思った次第であります。そして普段、悪口とか「こいつマジでつまんねー、超ウォッチ対象!」とか言っているのとは反対の、とても環境によい文章なのだなぁと痛感しました。

 っていう感想と、これが紹介している500枚のCDを集めて、その棚の隣にこの本があると素敵だなと思いました!(この前なんとなく入ったお店で素敵なシャツを見つけて『素敵だな』と思いました。人間、ほんとに『素敵だな』って思うのね……)
 収集癖そしてコンプリート快感に溺れている私としては、この発想は素晴らしいの一言につきます。でもあまり誉めるとほんとにやりかねないのでこの調節がむずかしいのです。そこで応用として自分の持っているCDのレコ評と賛美の中間のような文章をはてなダイアリーに綴ってそれを本にしてCD棚の横においておくの。これってちょっと素敵だよね。